FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
レコード屋探訪(大阪) 2019年8月
DSC_2349.jpg

 このタイトルと写真を見て、「おおっ、来たー!」と思ってくださる方はいますよね(^0^)

 今回は色々とあって、こっそりと大阪訪問をしてきましたよ~♪




<はじめに>

 まず、このブログを始めて読まれる方もいるかもしれないので、今回の記事の背景を紹介しておきましょう・・・

 2011年からですが、私の夏休みの期間を利用して、普段、なかなかレコードやテープを掘りにいけない「関西圏+名古屋を徹底的に掘りに行こう!」というコンセプトのもと、私の掘り旅行の模様をブログで公開しておりました・・・
 おかげ様で、結構な方が楽しみにされている記事になり、これまで7回のツアーを敢行し、ある意味で、私のブログの夏の風物詩になっておりました・・・
 各記事は、以下のリンクをご参照ください~

● レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2011年8月 
● レコード屋探訪(京都・大阪・名古屋) 2012年8月 
● レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2013年8月
● レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2014年8月
● レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2015年8月
● レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2016年8月
● レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2017年8月


 ただ、ここ数年、私の仕事が忙しくなったこともあり、昨年である2018年は、同じぐらいの時期に仕事で大阪に行っていたものの、旅行としては行くことが出来ず、残念な思いをしていたところです・・・

 後でも紹介をしますが、なぜか大阪に行くと、街から元気を貰えるというのでしょうか、気持ちがリフレッシュし、夏以降の仕事や生活が頑張れるようになるんですね・・・
 まあ、昨年は、数日間だけでも大阪の空気を味わえたから、まだ、良かったのでしょうか・・・


 そして、今年です・・・色々とあり、約1日だけ大阪で掘ること出来ました(^0^)

 今回は、金曜日の午後に大阪で仕事があり、夕方に終わった後、自分だけ大阪に一泊し、翌日の土曜日(8月10日)をフリーの日にして大阪ディグを楽しんできましたよ~

 仕事としては、本当は私が行かなくても良いレベルで、部下の後輩でもOKだったのですが、部下&上司から「MTTさんは、最近仕事をしすぎだから、たまには楽しんできてくださいよ!」的な後押し(?)を受け、今回の大阪出張に繋がりました・・・これはちょっと嬉しかった!

 そんなわけで、メインは仕事で大阪に行くことだったので、ブログやTwitterでは報告せずに、今回の突然の紹介になりました・・・

 ただ、やっぱりイイ息抜きになったので、普段の「俺の旅」スタイルで、大阪掘りの模様を紹介したいと思います・・・





<8月9日(金)夕方>

DSC_2355.jpg

 まずはメインとなる8月10日(土)の前日からディグが始めることができたので、そこから紹介しますね~

 9日は、午前中が東京からの移動、午後は大阪で仕事という感じで、サクっと仕事が終わってしまい、上司様と新大阪でお好みを食べながら祝杯を上げてたら、上司様が思いの外、早い便で帰るとのことが分かり、18時にはフリーになりました・・・
 
 これは予想外・・・もう、レコ屋に行くしかないじゃん(^0^)

 というわけで、ホテルに入って荷物を置く時間も勿体ないので、重たい荷物を持ったまま向かった先は・・・梅田のユニオンでした!

 昨年、別のタイミングで大阪に行った際、奇跡的に時間が空いたので、コッソリと掘りに行った経過がありますが、今回は大手を振っていけるので、ちょっと嬉しいぞ・・・

 ほろ酔い気味で梅田に到着し、大荷物を抱えながら大汗かいてユニオンへ・・・

 まず、テープがあるかな~と思い、CD系のコーナーに向かったら多少はあったけど、欲しいのはなし・・・

 ううっ、この旅のジンクスである「初陣が悪いと、その後もあまり当たらない」があるから、この流れはちょっと怖い・・・

 ただ、レコ売り場に行ったら・・・


DSC_2353.jpg

 ここで出会うとは!(^0^)

 さりげなく探していた「Three Shades Brown (3 Shades Brown)」のドイツオンリーのLPです・・・歌モノでは屈指のレア盤で、やっぱり未シングルカットな極上NJSな「Let's Spend The Night Together」の素晴らしさに魅了されてて、いつかは欲しいな~と思っていたレコです。

 もちろん、東京のユニオンでもたまに遭遇しますが、ボチボチな高額盤だし、セールで出てもすぐに売れてしまうことが多いので、なかなか手が出なかった一枚が、大阪の壁に鎮座されています・・・
 どうやら、前の週にセールがあった際に放出されたようで、誰の手にも渡らずに1週間ぐらい、お店におられたようです・・・

 そして、レコを買っている方なら分かるかな・・・

 レコのコーナーに行って、壁を見たら、このレコの3人娘と目が合ってしまいました・・・そして、その目にロックオンしてしまい、気づいたらレコを手に取っていました・・・

 もう、この出会い方だけでプライスレスですね・・・購入確定です(^0^)

 やっぱり、旅の掘りは、こういった「出会い」があるからイイですね!!


DSC_2356.jpg

 そして、この夜は、その「出会い」も含めて、「人のやさしさ」に感謝を感じた夜でもありました・・・

 ユニオンの後、まだギリで時間がありそうだったので、大阪に行ったら必ず寄りたい「upriseMARKET」さんに地下鉄を乗り継ぎ、ダッシュで移動・・・
 ほんと、40前のオッサンが、大荷物抱えて必死に小走りし、大汗かきながら、なんとかお店に到着・・・よかった、ツグさんがおられた!!

 もう、このお店は、名物店主であるツグさんがあってのお店で、いつも歓迎して出迎えてくれるのが凄い嬉しいです・・・

 そして、今回も、閉店間際だったにも関わらず、顔をクシャクシャにして喜んでくれたのが嬉しかったです・・・

 ただ、もっと嬉しかったのは「その後」でした・・・

 ツグさんがおもむろにバックヤードからテープを出してくれました・・・見たことがない海外産のミックステープです・・・
 なんと、「そろそろMTTさんが大阪に来られる時期かと思い、実家にあったミックステープを用意していました」とのこと・・・もう、嬉しいじゃないですか!!

 内容的には、95~98年ごろにNY系の現地で売っていたミックステープで、オリジナルプレスかどうかが真偽がつきにくい市販テープもので、確かに、これはお店に出しづらいブツだ・・・
 ただ、USコピー特有のジャケの粗さや色気が最高で、問答無用ですべて買わせていただきました(^0^)

 ツグさん、また大阪に寄ったら、必ずお伺いしますね!!


DSC_2357.jpg
DSC_2359.jpg
DSC_2362.jpg

 そして、嬉しさ2連発の気持ちを引き連れ、なんとなく行きたかった夜の「道頓堀」へ・・・街に元気があっていいな~

 私が大阪に行きたい理由は、レコードやテープを掘ることが中心ではありますが、大阪特有の「街の元気」を吸収したいというのも大きいです!

 特に、道頓堀なんかは、べたな観光地ではありますが、少し歩いただけでも、なんか気持ちが高揚するんですよね・・・
 それは、夜の街の煌びやかさや、その街を歩く人たちの活気など・・・東京にはない、不思議な魅力があって大好きです・・・

 うん、夜の道頓堀を歩いていると、「おっし、明日からも頑張るぞ!」となるのが不思議です(^0^)

 今回も歩いたら元気になり、急にお腹がすいてしまい、好物な金龍ラーメンを立ち食い・・・更に大汗をかきながら食べるラーメンは格別でしたよ(^0^)


DSC_2364.jpg

 そんなわけで、わずか2時間の掘り×2店舗だけで、こんな感じでガッツリと掘れました!!

 ホテルにチェックインし、お風呂で汗を流し、ポーっとしながら缶酎ハイをチビチビと飲みながら、今日の戦利品を並べてみる・・・幸せだな~

 皆さんには申し訳ないですが、普段の旅ならこの後に記事を書く時間になるところ、記事を書かずにユッタリできるのがラクチンでした(^0^)
 正直、堀り終わり&飲み終わりの後の執筆作業は、地味に地獄だったのです・・・次の日も早いのに、遅い時間まで気合を執筆するのは結構大変だったのです・・・

 おかげ様で、なんと11時過ぎには寝られましたよ・・・

 翌日は、本番みたいなもんなので、しっかりと休みを取りましょう・・・




<8月10日(土)>

DSC_2380.jpg
DSC_2376.jpg

 そして、2日目となる土曜日は、朝から動き始め、この時期の大阪にいたら必ず行きたい「甲子園」に行ってきました!!

 私自身、野球が凄い好きというわけではないのですが、この旅をしていて、レコ屋が開く昼前までの時間が勿体ないので、気づいたら甲子園に行って高校野球を観戦するのが定番です・・・

 ただ、やっぱり、ここも大阪ならではの「パワースポット」です!!

 もう、この青空の下で朝から飲むビールと言ったら、なんて美味しいのでしょうか・・・

 そして、甲子園がもつ、独特の空気が最高ですね・・・なかなか言葉に言い表しづらいのですが、もう、格別です!!

 試合的には、東京の関東一高vs新潟の日大文理になり、関西圏の学校でないことから外野席はゆったりであったものの、なかなか面白い試合で、さらに「甲子園のグルーブ」を高めてくれました(^0^)

 いつも通り、甲子園についたら「どこvsどこ」の試合を知るパターンで、今回ばかりは、問答無用で「関東一高」いや「関一(かんいち)」側に座りました!!

 関一・・・私達世代なら、なかなか思い出深い学校かと思います。

 私が中高生だった95年前後は、東京~東京近郊では「高校生ブーム」というのがあり、その中で関一は東葛地域では大変人気があった学校で、東葛地域(正確に書くと、東京寄りの千葉)に住んでいた私としては、関一は大変思い入れがあります・・・
 
 まず、高校生ブームについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください・・・

●  90年代中ごろにHipHop/DJなどの情報が載った昔の雑誌


 当時の関一は、関一の制服を着ているだけで女子にモテるぐらい、イケイケな方が多く、更に東葛地域のHipHop~Rapを育てた存在だよな~と思っています。
 モテの話では、中学時代に今でいう陰キャな男子が、関一に入った瞬間にヤリ●ンになれた(笑)とか、当時の中高生からすると夢の学校だったのですが、結構DJやラップをやっている子が多く、当時、始まったばかりの日本のHipHop~Rapシーンに積極的に参加をして、シーンを盛り上げていた印象があります。

 そんなわけで、関一側に座り、ビールを飲みながら観戦します・・・

 男子校で、武骨な校風が重要だった関一に、女子のチアリーダーがいることに衝撃を受けつつ(笑)、両行の一進一退の攻防、その中で関一の1本のホームランで流れが変わり、そのまま自力で点数を積み重ねる関一の試合に、やっぱり元気を貰いました!!

 もう、卒業生でもないのに、気分はOB気分で、最後のフライをキャッチした時、ちょっと泣きながら拍手をしてしまいました・・・(^^;)

 ただ、甲子園の醍醐味になるのかな、試合が終わったあと、大阪のレコ屋に向かうために外を出たら、試合をしてた日大文理のチームの子が号泣しながら、チームメートに肩を支えられ、歩いています・・・

 もう、この姿もプライスレス・・・心の中で「少年、涙がお前を強くするんだぞ!」と根拠のないメッセージを少年に送りながら、大阪に向かいました・・・


DSC_2389.jpg
DSC_2395.jpg

 10時30分には甲子園を出発し、11時30分前には大阪に戻り、手始めに日本橋周辺のレコ屋から攻めることにしました・・・

 いつもなら、甲子園の後は神戸の高架下に行くのが定番でしたが、今回は時間が限られていることから、大阪のみに絞ってディグをすることになりました・・・
 もう少し時間があれば、神戸か京都をプラスしたかったですけどね・・・これは次回にとっておきましょう!

 んで、日本橋はそこまでレコもテープも出ないだろうと思い、割とブラブラモードで各店を巡回・・・でも、それなりに見つかるんですよね~
 
 昔からコアな和物が強く、テープも充実しているナカ2号店さん、そして、2年前に探してた女子プロのレコをツモ引きしたことから、一方的に縁があると思っているサウンドパックさんでは、和物のテープを数本ゲット・・・やっぱり、縁があるんだな~

 ただ、色々と突っ込みどころ(?)もあり、ナカさんは看板が割れていたり(何かあったのかな?)、サウンドパックさんの1Fのレコオブジェの1枚が、山下達郎さんのFor Youだったことに衝撃を受けたり・・・と、レコ屋を回るだけで、いろいろと刺激を受けますね!
 なお、達郎さんのレコは、大阪でも軒並み5000円オーバーの高騰ぶりですが、昔はオブジェにしちゃうぐらい、余ってたレコなんですよね・・・後でも書きますが、大阪の和物熱はかなり熱いですよ~


DSC_2402.jpg
DSC_2401.jpg

 そして、日本橋周辺を攻めたあとは、心斎橋~アメリカ村に移動し、本格的に掘り始めます・・・

 いやいや、なかなかの釣果だったし、刺激も多いディグになりました(^0^)

 まず、アメ村について真っ先に向かったのは、私の中では「大阪のテープの聖地」になりつつある「キングコング」さんです・・・

 いつもの売り場には微妙な和物しかなく「アレっ、きょうはダメか・・・」と思ってレコ棚の方にいったら、クラブ系テープはこちらにストックされてたようで、思わずガッツポーズ!
 見た瞬間、私が探してたシリーズ物のテープの抜け番のがボンボンとあり、もう、喜びながら購入させていただきました!!

 正直、大阪でミックステープを掘ってる方は少ないんだろうな~と思いつつも、昔と比べると「売り物」にしてくれるお店が多く、ちょと嬉しいですね~
 
 ただ、嬉しさもあれば、悲しみもありました・・・

 実は、キングコングの隣にあるレゲエの名物店「Rocker's Island」さんが今月で閉店され、Webのみになるそうです・・・大阪でレゲエを買われてた方からすると寂しい話ですね・・・
 私も、大阪に来るたびに覗いてはいましたが、昔と比べると、若い子たちがミックスCD欲しさにお店に来てない感じになってて、時代が変わったのかな~と思いました・・・


DSC_2407.jpg
DSC_2403.jpg
DSC_2405.jpg

 んで、キングコングの後は、ひたすら心斎橋~アメ村にある中古レコード店を攻めました!!

 それなりに探してたDisco12unchが見つかり、ニンマリな収穫です~

 まず、こちらも大阪に行ったら必ず行きたい「Groovenut Records」さんに訪れ、バックストックから探してたDisco12inchを抜いて、ガッツポーズ!
 ここ最近、GroovenutさんはDiscoに力を入れているみたいで、頼もしいですね~

 また、毎年の大阪旅行では、阪神百貨店で開催しているレコ祭りに出店しているため、私がなかなかお店に入れなかった「Perfect Pitch Records」でも、バックストックから探してたDisco12inchを抜いて、ニンマリです(^0^)
 Perfectさん、昔は同じ場所にBoon Coonさんがあり、Boon Coonさん時代からいい思いをしてたので、やっぱりあそこの場所は何かがあるんだな~と思ったりしています(^0^)


 んで、レコの釣果は以上になるのですが、心斎橋~アメ村のレコ屋さんって「面白い」ですね!!

 色々と刺激を受けたことがあるのですが、やっぱり今は「和物」ですね・・・いやいや、品ぞろえの層の厚さが半端ないです!!

 ある程度前から和物に力をいれているお店が多かったのは事実ですが、先月、発刊された和物ディスクガイド「WA B・O・O・G・I・E」の執筆者の数名が、心斎橋~アメ村のレコ屋のスタッフ(オーナー)さんであり、読ませてもらったら相当濃い内容だったので、どうなったかな~と思ったら・・・恐ろしい品揃えになっていますね!
 
 私が感じたのは①お店によって独自性のあるセレクション、②レア盤をガッツリ確保、③海外向けにも強く対応、になり、それなりに金額はしますが、東京以上に品ぞろえが良かった印象がありました。

 それこそ、コアなレコ屋さんがあつまる通称・珉珉ビルのレコ屋さんだと、名店なRareGrooveさんは、昔から強かったバレアリックな視点で和物を用意してたり、もともと歌モノのレア盤が強かったMorpho Recordsさんでは、レアな和物レコのほかに、アニメ系のサントラや人気なCity Popのテープ・アルバムを出してたり・・・和物一つをとってもお店の攻め方が違うんだけど、相当「攻めてる」品ぞろえにヤラれます!
 やっぱり、海外向けの需要が大きいんでしょうね・・・これらのお店は、お店を構えつつも、メインはWeb販売(Discogs)になっており、お店で出しているプライスカードも全て英語になっており、しっかりと時代の流れに合わせているんだな~と思いました。

 う~ん、やっぱり商売の街・大阪ですね・・・流石です!!


DSC_2415.jpg
DSC_2414.jpg

 そして、自分が考えていたより早く大阪ディグが終わってしまったので、普段は攻めない梅田周辺の街レコのお店も攻めようと思い、梅田方面に移動します・・・

 なんとなくですが、大阪の古くからある駅ビル「大阪駅ビル」の地下にレコード屋があったよな~と思いながら、レコ屋さんがある方に歩いてみると・・・衝撃が!

 古くからここでお店を営んでおられた「名曲堂梅田店」さんが、ちょうど私が訪れた日(8月10日)にお店を閉められるとのことです・・・

 正直、趣味が違うレコ屋さんなので、利用したことはなかったけど、こういうのは少し寂しいですね・・・

 このお店、割とクラシック、イージーリスニング、ジャズ、歌謡曲、演歌などが中心のお店で、すこし年齢が高いお店になり、当日は、おそらく常連らしきお爺ちゃんたちが、店主さんと「寂しくなるね~」的な会話をしながら、狭い店内は大変混みあっていました。
 私も、一応は掘ってみましたが、流石に演歌中心のテープ群の中から胸腺にふれるテープはなく、写真だけ撮らさせていただき、次のお店に移動をしました・・・

 どの業態もそうですが、需要と供給の関係以上に、お店を運営する側の体力も必要なんでしょうね・・・

 名曲堂さん、お疲れさまでした!!


DSC_2419.jpg
DSC_2421.jpg

 そして、18時前にはレコ堀りをフィニッシュし、最後の目的である「串カツ」です・・・

 いやいや、なんで大阪の串カツはこんなに美味しいんでしょう!!

 私は、梅田となんばの地下にある「ヨネヤ」さんが大好きで、この日の夜は「ヨネヤ」さんと決めており、昼は少なめにして、お腹と喉を空かせておきました・・・だった、こうした方がビールも串も美味しいですからね(^0^)

 んで、梅田の店は凄い並んでたので、大急ぎでなんばのお店に地下鉄で急行し、待望の串を・・・美味しいな~

 普段、食が細いで御馴染みの私ですが、この時ばかりは食欲全開です・・・もう、嬉しい満腹です(^0^)


 んで、20時前の新幹線で新大阪を出発し、日付が変わる前には家に着き、安堵の眠りにつきました・・・





<さいごに>

IMG_0616.jpg

 いやいや、実質1.5日ぐらいな堀りになりましたが、大阪を満喫させていただいたお休みでした(^0^)

 釣果的には、レコが5枚、テープが27本で、なかなかの釣果でしたね・・・

 さすがに、疲れは残っているけど、こういうの疲れは買ってでも欲しいものです(^0^)

 唯一、辛いのが、最近、日に焼けるのが極端に弱く、今回はあまりケアしてなかったので、腕の焼け方がちょい失敗です・・・もう、お肌の曲がり角なのか、日焼け止めを塗らないとダメなアラフォーのようです・・・(^^;)

 ただ、大阪で元気を貰ったからか、帰宅した翌日である11日(日)も、前日に渋谷の色々なお店でDiscoの放出があったことから、前日の大阪堀りの疲れを忘れて、狙ってた物を回収しに行きました・・・この力強さは、下期も維持したいものですね(^^;)



 ではでは、今回はこんなもんで・・・

 またの機会をお楽しみに~





------------------------------------------------
<独り言>

DSC_2427.jpg

 ああっ、あまりいい写真にならなかった・・・

 ここ最近の記事で紹介をしている、和物のトップディガーである「やる夫」さんが、MUROさんのDiggin' Iceのアンサーとして作った和物作品が、先週末に無事にリリースされたので、さっそく購入しましたよ~
 それも、今回は、近年の夏の風物詩であるMUROさんの「Chillin' Ice」と同じ日の発売とあり、MUROさんの方も購入させていただきました!

 ● やる夫 / Another Diggin'Ice - Genkai Madness -

 ● DJ MURO / CHILLIN' ICE 2019


 内容は聞いてのお楽しみなので、詳細は避けますが・・・夏の熱さを和らいでくれる、素晴らしい作品になっています!!

 やる夫さんに関しては、やっぱり深い選曲なので、これから聞きこんでいきますが、きっと、収録された和物のレコを買うんだろうな~と思うと、これからが少し怖いです(^^;)

 両方とも、数に限りがある作品だと思いますので、気になる方は早めに確保してくださいね~








スポンサーサイト
Flourish on the Chainsaw 「Memory of Aaliyah」
IMG_0607.jpg

 月並みな表現ですが・・・暑いですね(^^;)

 今週に入り、朝起きたときの寝汗の量が半端なく、ああっ、夏になったんだな~と思っています・・・

 ただ、やっぱり夏は嬉しいもので、休みの日に、仕事を忘れて半ズボンになると、なんか開放感があってイイですね・・・まだ、夏は終わらないで欲しいな~

 そんなわけで、個人的には「永遠の夏」を象徴する曲が光った作品の紹介です~


IMG_0608.jpg

 今週は、00年代前半には渋谷~都内を中心にDJをされていた「Flourish on the Chainsaw(フローリッシュ・オン・ザ・チェンソー)」さんによる、アリーヤ追悼ミックスの紹介です!!

 まず、Flourishさんの詳細ですが、イメージとしては渋谷の丸山町のクラブ(Harlem、Vuenosとか)でHipHop~R&Bの新譜系のDJをされてた方で、当時は結構精力的に活動をされていましたね。

 今となっては詳細が分からない部分もありますが、01年ごろまで(?)はNYのクラブでDJをされてて、本場のDJをそのまま日本に持ち込んだ・・・そんな感じの方ですかね?
 ただ、円山町周辺のDJ/MC/関係者とは親密だった印象で、後でも紹介するニトロのBigzamさんがFlourishさんの個人レーベルからミックステープを出すなど、ある意味で業界の中心近くで活動をされていたかと思います。

 そんなFlourishさんの名前を広めた一つが「ミックステープ」だったと思います。

 まだ、完全に集めきれてはいない状況なので、曖昧な部分もありますが、初期は「What Woman Want」というR&Bミックスシリーズからスタートし、その後、このシリーズを引き継ぎ、レーベル名となる「Basement Booth」シリーズとして多くのテープをリリースしており、新譜系HipHop~R&Bのテープでは結構有名でした。

 特にポイントとなるのが、Flourishさんの「NYっぽさ」と言うのでしょうか、現地のブラザーやガール達に受ける感じのHipHop~R&Bがプレイでき・・・なかなか日本人には表現しづらい「現地の黒っぽさ」をミックステープに落とし込めたところだと思います。
 上手く表現できないのですが、普段はラグドなTシャツでいるブラザーやシスター達がパーティーの時はバッチリとオメカシしてくる感じな黒さというか・・・う~ん、ブラコン感というか・・・とにかく「現地の黒さ」が表現できた方かと思います。

 こういった黒さを出せるDJって、やっぱり日本だと少なく、多くの新譜系ミックステープが出されていた中で、Flourishさんのテープはその黒さを表現できたことから、結構売れていた印象はあります・・・
 それこそ、クラブで出会ったイケイケの男女の車の中に、このテープがある感じで・・・陳腐な表現ですが、当時のクラブの空気感を上手く吸収してたテープを作られていたのかな~と思います。


IMG_0612.jpg
IMG_0610.jpg

 そして、Flourishさんの作品紹介においては、初期作である「Aaliyah(アリーヤ)」の追憶ミックステープで紹介します。

 Aaliyah・・・個人的には8月になると、その歌声を聞きたくなるお方です・・・

 ご存知の通り、Aaliyahさんは、2001年8月にRock The Boatという曲のPVを撮影した帰りに、飛行機トラブルにより22歳でお亡くなりになられたR&B歌手です・・・
 当時、ほんと多くの方が悲しみましたね・・・特に、アメリカ本土では、多くのアーティスト、そしてファンたちが彼女の死を心の底から悲しんでおられましたね・・・

 この表現があっているかどうかは分かりませんが、アメリカのブラザーやシスターたちにとっては、彼女が「俺たち/私たちの大切なお姫様」だった部分があったのかな~と思います。

 それは、子供のころから活動してたAaliyahが、いろいろな苦労を重ねながら大人に成長し、成熟した大人の女性として飛び立ってくれたことから、自分たちの「希望」を具現化してくれる存在だったと思うからです・・・
 そう、ストリートのブラザーやシスターたちにとって、自分たちの理想と言う名の希望を叶えてくれる小さなお姫様が天に召されたことは、悲しい以外の何物ではないですよね・・・

 
 そして、Flourishさんのテープに話を戻すと、今回紹介するテープは、亡くなられた直後に作られたと思われるテープで、やっぱり、彼の持ち味である「現地の黒さ」を上手く表現しつつ、Aaliyahを追悼するかの如く、過去の楽曲を選曲したテープになります。

 正直、新譜系のミックステープなので、凄い良い作品とは言い切れないですが、Aaliyahの良さが伝わる作品かと思います。

 それこそ、デビューをした15歳の時の傑作「Age Ain't Nothing but a Number」からは、名作スローの「Aaliyah / At Your Best (You Are Love)」から、生前最後の作品とも言える「Aaliyah / Rock The Boat」まで、割とスロー~ミディアムを中心とした選曲になり、大変素敵ですね・・・

 私としては、やっぱり「Aaliyah / Rock The Boat」ですね・・・

 当時、Aaliyahが亡くなられ、MTV(当時はVibeだったかも?)で、繰り返し「Rock The Boat」のPVが流れてて、夏の記憶と共に、段々と好きになったような記憶があります・・・

 当時の、メジャーなHipHop&R&Bの音楽手法(音楽感)はそこまで好きではなかった中で、この曲は別格で、その無機質なんだけど、Aaliyahのコケティッシュな歌声が入ることで、極上の「チル」を与えてくれる感じは素晴らしいですね・・・
 ただ、亡くなられたことの悲しさも、そこにはやっぱりある複雑さ・・・確かにチルなんだけど、どこか切ない部分もありますね・・・



 テープとしては、Aaliyahの良さが光り、結果的に夏の熱さを忘れさせてくれる作品になっており、なかなかな作品です・・・

 こういった「現地の黒さ」を表現できる日本人DJって、意外といないので、Flourishさんの作品は、結構貴重かもしれないですね??

 なお、収録曲資料の写真では、「Age Ain't Nothing but a Number」はテープで紹介です・・・週末のディグで、At Your Bestが買えなかったのです・・・
 また、その奥は、お亡くなりになられた後にリリースされたベスト盤のテープです・・・こっちのベストテープと、今回のミックステープは重なるところはあるのですが、やっぱり、ミックステープに落とし込むと、ストリート感がプラスになりますね~




<Release Date>
Artists / Title : Flourish on the Chainsaw 「Memory of Aaliyah」
Genre : R&B・・・
Release : 2001年~2002年ごろ
Lebel : Basement Booth No Number

Notice : Basement Boothからの意外な作品

IMG_0613.jpg

 本文でも紹介した通り、なぜかニトロのBigzamさんが、Flourishさんのレーベルからミックステープ(写真の白)をリリースしています。
 それも、Flourishさんと同じく、現地っぽい真っ黒なR&Bミックスで、あの大きな体でラバーズをプレイする感じは最高ですね~
 なお、ジャケは上記の2種類があり、赤の方は、Bigzamさんのレーベル「b.b.inc」からになり、内容は全く同じになっています。




--------------------------------------------------------
<独り言>

IMG_0615.jpg

 いつもお世話になっている、DJ Yoshifumiさんより、大人気歌モノクラシックシリーズの第5弾のサンプル版を頂戴しました(^0^)

 今回はUKモノが中心で、もう、最初の「The Affair / The Way We Are」から素晴らしく、ほんと上手いな~と思う作品です!

 ちょうどこの時期にピッタリなリゾート感(避暑地感?)が秀逸で、朝のブログ作業がサクサク進みましたよ!

 そして、Yoshifumiさんのお話だと、唯一お店での販売をしているユニオンでの売れ行きも好調とのことで、嬉しい追加プレスをしているとのこと・・・
 なんか、このご時世で、リアルな店舗で、お金を出したミックス作品を買うことは、結構ハードルが高い中で、こうしてそのハードルを越えてくれるYoshifumiさん、そして購入された方がいることは、大変心強いな~と思いました。

 ぜひ、気になる方はYoshifumiさんのインスタから連絡、またはユニオンで購入してみてね~


● DJ Yoshifumiさん インスタ

● ユニオンでの販売ページ



IMG_0614.jpg

 そして、次は、先取り情報ですよ~

 先日、ブログでも紹介をした「やる夫」さんのブランニューで和物Diggin' Iceな作品をリリースするとのことで、ユニオン下北クラブ店限定で、このようなシールがつくそうですよ・・・

 もう、「No Diggin' No Genkai」なんて・・・分かってらっしゃる!!

 今日、昨日のテープセール(仕事で行けなかった・・・)が気になり、下北のユニオンに行ったら、N村さんからこのシールを頂きました・・・
 N村さんというか、下北らしく、下北限定のフライヤーとしてのシールだそうです・・・もう、下北で買うしかないじゃないですか(^0^)
 
 私としては、今の和物人気って、今に始まったことではなく、「和物」がDJ的に面白いかどうかを早く理解したDJや関係者がいたことが重要だと思います。

 それこそ、DJ吉澤dynamite.jpさんの諸作品や、Crystalさんの諸作品が巻いた種は、やる夫さんもそうだし、N村さん(aka ピラニアブラザーズ)が、更に広めたと言えます・・・
 そう、今の和物人気は、考えれば考えるほど、先駆的な「DJ」と「レコード店スタッフ」の存在が大きいのです!!

 その意味でも、ユニオンで真っ先に和物の面白さを広めていたN村さんに、この作品を「売らせる」ことが、和物ファンの責務かもしれません・・・

 うん、予約はしてないけど、浮気はせずに、下北で買うからね・・・色々な意味で、久ぶりに楽しみな作品になりそうです!!

● やる夫「Another Diggin'Ice 〜Genkai Madness〜」




 こうやって、Yoshifumiさんだったり、やる夫さんだったり、意欲的なDJ達が、元気にミックス作品を出されている姿は頼もしいですね!!

 なんか、自分も頑張んなきゃ!っと思ってしまいます・・・ブログも何かボムな企画をやりたいところですけどね~

 では、今週はこれまで!

 お盆休みまで、頑張りましょう!!








Ken Sport 「Original #5」
IMG_0593.jpg

 いやいや、先週はすみません・・・久しぶりにサボってしまいました(^^;)

 あんまり作品を聞いていなかったことから、作品紹介をするのが難航してしまい、結果的にお休みにしました・・・

 もう少し、聞き込みだったり、作業が出来る時間があるといいんですけどね~

 では、作品の紹介です~


IMG_0597.jpg
IMG_0594.jpg

 今回は、90年代を代表するネタものテープシリーズであるKen Sport(ケン・スポーツ)さんの「Original(オリジナル)」を紹介しますね~

 まず、ケンさんのことはご存じでない方も多いかと思いますので、私の分かる範囲で簡単に紹介しますね~

 ケンさんは、90年代初期に渡米して、NYで活動をしていたDJ/Producerで、かなりマニアックな曲になってはしまいますが、Buddha BrandのNippsのソロ曲「Island」をプロデュースしたお方になります・・・
 詳しくは「こちら」をご参照ください・・・プロデュースについては、Original Flavorで活躍していた名プロデューサー「SKI(スキー)」から教わったそうですよ!

 そして、ケンさんと言えば、Dev Large~Buddha Brand勢と活動を共にしていたDL人脈のお方で、一般的には「ネタ師」として有名です・・・
 そのネタ師の代名詞になるのが、今回紹介するミックステープ「Original」になります。

 Originalは、ケンさんがNYで作っていたミックステープで、いわゆる「HipHopの元ネタ曲」を収録したものになり、私の手持ちだと35まであるというロングランシリーズになります。
 一貫して、ブルース・リーのカッコイイジャケを使った手製テープになり、主にNY周辺でアンダーグラウンドに流通していたそうです。

 そして内容は、その当時にリリースされていたHipHopの楽曲の「元ネタ」を収録したテープで、時期的にはMUROさんの「King of Diggin'」Kon & Amirの「One Track」なんかと同じ90年代中頃(おそらく95年頃)から作っていたシリーズになります。

 MUROさんやKon&Amirのテープと同様に、当時は口外されることがなかった「元ネタの曲」を選曲していることが評価され、HipHop系のプロデューサーやDJ達から「お前、なんで元ネタを知ってるんだよ!」といった感じで賞賛を受けていたそうです。

 当時のHipHop界隈では、使用した元ネタを隠す傾向があり、それを知ることは難しかったんですね・・・このような背景がある中、ケンさんは独自にレコードを掘り、その元ネタをテープで披露していたんですね・・・
 ただ、MUROさんと同様に、その元ネタ曲の良さ、そして、その元ネタ曲をサンプリングしたプロデューサーやDJへの敬意があってミックステープが作られている点がポイントで・・・この点がストリートで評価されていたのだと思います!


IMG_0602.jpg
IMG_0601.jpg

 では、作品紹介です・・・今回は、たまたま聞いたら内容が良かった「5番」で紹介をしますね~

 まず、選曲面ですが、HipHopの元ネタという前提で、Soul、Jazz、RareGroove、R&Bなどが選曲されており、聞いてて「ニヤっ」としてしまう内容です!!

 私が持っているレコードの範囲ですと、Biggieネタの「Minnie Riperton / Take A Little Trip」や、Mary Jネタの「Curtis Mayfield / You're So Good To Me」など、94~95年ぐらいの元ネタ曲が多く選曲されています。

 なお、写真のレコだと、割と有名なLPになりますが、かなり深い曲も選曲してて、One LoveネタのThe Heath Brothersなんかを余裕で選曲されていますよ!!
 個人的には、A面の最初でNASのネタ繋ぎ(Memory Lane→One Love)をしてるのですが、それが収録アルバムでのプレイ順(B1→B2)になっているのにグッときました・・・こういうところにHipHop愛を感じるんですよね~


 そして、選曲の紹介をもう少し広げると、全体的に「黒さ」を前面に出した選曲/DJプレイで、これが最高に良いですね!!

 それこそ、MUROさんであれば、ネタにした部分を前提にしたクイックなDJミックスをしていましたが、この作品では元ネタの曲の良さを光らす選曲/DJプレイをしており、どの曲も長めにプレイしています。
 うん、ケンさんはネタ曲である以上に、そのネタ曲の良さや黒さに惚れ込んだからこそ、ミックステープに落とし込んだんでしょうね・・・個人的には、DLさん的な黒さ(=甘さ?)を感じてしまい、聞きながら癒されてしまいました~



 Originalシリーズは、私自身も全部は集めきれていないし、あまり聞いていないテープなので、紹介はここまでにしますね・・・ただ、ケンさんの独特の「黒さ」は格別です!

 市場では、結構人気なテープなので、気になる方は探してみてね~



<Release Date>
Artists / Title : Ken Sport 「Original #5」
Genre : Soul、Jazz、RareGroove、R&B・・・
Release : 1995年ごろ
Lebel : No Label No Number

Notice : 別ジャケについて
IMG_0596_20190728145908c33.jpg

 今回紹介をした「5番」は、写真左のような別ジャケも存在しています・・・私の手持ちだと、5、6、7は別ジャケを確認しています。
 想像の域ですが、別ジャケが1stプレスで、ブルースリーのは2ndプレスになるのかな・・・自信がないです(^^;)




----------------------------------------------------------
<独り言>

IMG_0604.jpg

 え~、関東は、なかなか梅雨明けしない天気が続きましたが、今週末はやっと天気が夏空になりましたね・・・

 んで、今日は、ここ最近、週末が晴れなかったこともあり、家の中の掃除を疎かにしてたので、セッセと家の掃除をしていました・・・疲れたけど、なんか天気がいい日の掃除は、色々と出来るので嬉しいんですよね~(^^;)

 ただ、掃除をしたことで、衝撃の事実が判明しました・・・

 湿気が溜まっているだろうと思い、靴箱の中を掃除していたら、私のクラブ用のスニーカー君が大変なことになっていました!!
 
 スニーカーの裏が、写真に写せないほどのカビで覆われていました・・・

 ううっ、あえなく、このスニーカー君は退役することになりました・・・

 このスニーカー君、私のダンスを支えてくれた相棒だったので、こういった形でお別れするのは少し寂しいです・・・

 考えてみれば、クラブの床って、お酒がこぼれていることが多いので、靴の裏がベトベトになることが多く、そのままにしておけば、カビの温床になるわけですよ・・・
 なので、あまりにもひどい時は、掃除をしてから収納するのですが、5月のダニーの後は、どうやら掃除をするのを忘れてたみたいで、今回の衝撃になったんでしょうね・・・

 ただ、救いというか、奇跡なのは、前の日に、普段使いのスニーカーが古くなったので、新しいのを買った直後だったので、そのお古のスニーカー君がクラブ用に就任していただくことになりました(^0^)
 大して踊りに行ってないので、大きなことも言えないですが、ダンスするのに合わない靴で踊ると、膝に負担をかけたりするので、意外とスニーカー選びは大切ですね・・・その点では、お古君は合格でしょうか??

 ああっ、こういうことを書くと、踊りに行きたくなるな~

 夏が終わる前には、一度踊りに行きたいですね・・・


IMG_0606.jpg

 あと、今週は、楽しみだったMUROさんの新作CD和Boogieなガイドブックがリリースされたので、さっそく購入しましたよ~

 MUROさんの新作は、師匠であるDJ Krushさんとの初共演作で、Blue Note音源を選曲した作品です・・・悪いわけがないですよ!!

 作品全体では、今回のケンさんの作品にも通じる「ネタ感」や「黒さ」がありつつも、どこかレイドバックした感じが最高で、流石だな~と思いました。
 傾向的には70年代のJazz FunkやSoul Jazzなんかが中心ですが、Krushさんはアブストラクトな匂いをつけつつ、王道なネタ繋ぎを出してきたり、MUROさんはグルービーな感じを全体に出しつつ、あまり知られていない曲を多めに選曲してたり・・・素晴らしいです!!
 今年の夏のエアコン代わりになりそうだ・・・やっぱりJazz Funkっていいな~


 また、ガイドブックの方は、これから読むのでアレですが、執筆者の中に「やる夫」さんのお名前が・・・やる夫さん、今週、特大ボムをアナウンスしてくれましたね!!
 8月リリースの新作は、なんとDiggin' Iceのオマージュ作品を和物で出すそうで、それも、Kingからのお墨付きを頂いた上でのリリースです・・・も~、ボム以外の何物でもないですね!!
 
 ● やる夫「Another Diggin'Ice 〜Genkai Madness〜」


 実は、やる夫さんの作品は「あえて買うのを避けて」いました・・・

 まあ、店頭のBGMでかかっていて、良かった作品は耐えられずに買わせてもらうのですが・・・買ったら収録した和物曲が異様に欲しくなり、探すのが結構大変なので、あえて避けていました・・・

 でも、Diggin' Iceは別格でしょう・・・かなり本気で作ったと思うので、今から聞くのが凄い楽しみです(^0^)


 では、今週はこんなもんで・・・今週もがんばるぞ!!





Dimitri from Paris & DJ MURO 「Super Disco Fiends」
IMG_0576.jpg

 今年は初夏の梅雨が長く、もう7月の半ばなのに、なかなか「夏」にならないですね~

 天気予報を見ても「曇~雨マーク」ばかりで、なんか気が滅入ります・・・

 そんなときは、気持ちがスカっとする作品を・・・と言うことで、この作品の紹介です~


IMG_0577.jpg

 今回は、日本が誇るKing of Diggin'こと「DJ MURO」さんと、フランス~世界を股にかけるDisco番長こと「Dimitri from Paris」さんによる夢の競演盤を紹介します!!

 ちょうど先週、待望の日本ツアーをしていたDimiさんですが、渋谷で開かれたパーティーでは、サブフロアーでMUROさんが、NoriさんとのCaptain VinylとしてDimiさんの援護射撃をしてたので、旬な紹介かな~と思っての紹介です・・・
 まあ、正確に言うと、本当は、このパーティーに行きたくて行きたくて仕方がなかったのですが、翌日がガッツリ仕事だったのでスルーとなり、その悔しさ(?)を払拭すべくの紹介でした・・・ああ、Cotactのパーティー、凄く良かったんだろうな~

 では、作品の紹介に進みましょう~

 まず、両者の説明は不要かと思いますので割愛をしますが、両者ともワールドクラスのトップディガーであり、トップDJによる共演ということで、リリース当時の2005年は結構盛り上がった記憶があります!

 両者とも生粋の掘り師だからか繋がりが深く、それこそ2003年には写真のミックステープ「WKOD - The Golden Era of Disco」をリリースしており、その間柄は大変深いですね・・・
 マニアックな話ですが、2003年リリースのMUROさんのヒット曲「Chain Reaction」のPVにおいて、最初のレコード屋さんのシーンで、Cazalのサングラスを自慢(?)する店員役にDimiさんが登場するなど、MUROさんとは昔から仲が良かったです・・・

● MURO & Dimitri from Paris 「WKOD - The Golden Era of Disco」


 そんな旧知の仲の二人が、前述したミックステープの続編の位置づけで2005年にリリースしたのが今回のCDになります。

 ミックステープはMUROさんが企画したアンダーグラウンドのリリースであったのに対し、こちらはDimiさん側が企画したと思われるメジャー作品になり、ミックステープと遜色がない内容で、いや、それ以上の価値観もあり、最高です!!


IMG_0592.jpg

 2005年・・・もう15年近く前の話になりますが、私としては大切な思い出があります。

 2005年というと、私自身が本気で「クラブって面白いな!」と心の底から感じた時期で、その「面白さ」を教えてくれた一人が、今回の主役でもある「DJ MURO」さんに他なりません!

 この辺の話は「俺の履歴書」にも書きましたが、私自身、クラブを本気に通い始めたのは24~25歳頃で、当時のDJ~クラブファンからすると奥手な方でして・・・
 ただ、当時、社会に出たばかりで、悩みも多かった時期です・・・クラブで素晴らしい音楽と戯れ、日常を忘れることの素晴らしさを知り、何かに導かれるように、暗いフロアーに導かれ、そして明日への生きる喜びを得ていたようです・・・

 その中で、2005年ぐらいのMUROさんの凄さといったら、今思うと「ほんと、贅沢な体験」をさせていただきました!!

 この当時のMUROさんは、HipHop的に言うとクルーを従えて、必ずサイドMCを横に付け、そのMC達が、MUROさんの珠玉の選曲に合わせて、ガンガンにマイクを入れながら盛り上げていくという、まさに「Super Disco Breaks」なスタイルのDJで・・・これが本当に素晴らしかったです!
 個人的には、渋谷Harlemで不定期開催をしていた「Back to the Old School」が衝撃的で、5時間のロングセットの中に、MUROさんがミックステープを通して広めた様々な楽曲をアッパーにプレイし、ほんとヤラれました・・・あの場で、初めてSuper-Wolf Can Do ItからのI'm So Hotを聞いたときは、立ちながら失神(笑)をしたぐらいです。

 そして、この作品には、その「2005年のMUROさん」がおられ、ほんと素晴らしい作品です・・・

 Dimiさんも、そのグルーブに合わせて、MUROさん寄りのセットを披露していて、最高です・・・

 では、オッサン話から始まり恐縮ですが、作品の紹介です~



● Dimitri from Paris

IMG_0579.jpg
IMG_0578.jpg

 この作品は2CDになり、DimiさんとMUROさんがそれぞれミックスを担当しています・・・
 そのため、紹介は両者に分けて紹介します!

 まず、Dimiさんのサイドですが、普段のHouse~Disco的なセットではなく、MUROさんのセットを意識したセットで、相当深いプレイで感涙です!!

 序盤は、レアなHipHopのOld Schoolから入りつつ、ローカルDisco~Modern Soullの連発で、流石、世界屈指のコレクターだな~と思わせる選曲です。

 収録曲は、かなりコアで、私の持っている範囲だと「Mantus / Boogie To The Bop」のようなローカルなDiscoなど、ほんと深いところを「カッコよく」プレイします!!

 それこそ、普段のHouse~Disco的なセットだと4つ打ちのリズムを意識してる中、この作品では腰にくるベースラインやドラムブレイクを意識した感じで、一言で「ファンキー!」な選曲、そしてDJプレイになっています!
 最後の方では「War / Good Good Feeling」を選曲するなど、選曲が異様に「黒く」って素晴らしいですね・・・なんか、普段はバッチリと着飾ってDJをしているDimiさんですが、この作品ではTシャツでプレイしている感じがしました(^0^)

 また、大半の曲はDimiさん印のEditが施され、フロアーで踊りやすいように調整してて、この辺も素敵ですね・・・
 それも、7inchであれば、両面でPart1→Part2となっている曲を繋げたEditをしてたりしてて、ヤラれます・・・こういった細かい配慮があるのもDimiさんらしいですね!!



● DJ MURO

IMG_0583.jpg
IMG_0584.jpg

 そして、我らのMUROさん・・・個人的にはMUROさんの優勝です!!

 MUROさんのサイドも、スタートはレアなOld Schoolから選曲をしていくのですが、Dimitri以上に「ディスコ・ブレイク」を意識した選曲とDJで、ほんとカッコよすぎです!!
 
 まず、選曲から紹介をすると、Dimiさんと比べると割と定番な曲を並べてくるのですが、流石だな~と思うのが、選曲した曲の「ブレイク」を意識した選曲/DJをしてて、これが、この作品の肝になるかと思います。

 それこそ、ブレイクビーツの権家ともいえる「Ultimate Breaks & Beats」にも収録されたクラシックブレイクを兼ね備えた曲を多く選曲してて、MUROさんが好んでプレイしてた「Eastside Connection / Frisco Disco」「In Search Of Orchestra / Phenomena Theme」などを選曲しています。

 ただ、普通の選曲と違うのは、やはり「ブレイク」を強調した選曲で、そしてその「ブレイク」を生かすDJになっていることです!

 ブレイク・・・ちょっと言葉の説明をしましょう。

 一般的には、楽曲における歌と歌との間奏部分で、歌がなく、それこそドラムだけが演奏されている部分を「ブレイク(=間奏)」と言います。
 この説明だけだと「なぜ、そんな地味なところを・・・」と思うかもしれませんが、この「ブレイク」は、聞き方によっては躍動的なリズムになっているので人を躍らす効果があるとされ、この「聞き方」を発見したからこそ、HipHopが誕生したり、Houseなどのクラブ音楽に繋がるDiscoが発展したと言われています。

 つまり、ブレイクとはクラブ音楽の「基礎」だと、私は考えています。

 MUROさんのこの作品では、そういった「ブレイク」の部分を強調する選曲をしてて、それこそ、本来は中心とされる歌部分をカットし、ブレイクの部分だけを選曲している部分もあり・・・全体的にファンキーなグルーブを作っています。
 そして、上手いな~と思うのは、ブレイクからブレイクに繋ぐなど、足を止めないDJミックスもしてて、これが上手い・・・House~Discoのグルーブではない、あくまでも「Super Disco Breaks」というグルーブだからこそ出来るDJミックスで、余裕のブレイク・カットインミックスなどが炸裂しています!


IMG_0590.jpg

 その上で、MUROさんが上手いのは、作品の中での「ピーク・タイム」の作り方で、この作品では「ブッこみでボムを選曲」が光ってますね!!

 個人的には、写真の「Nice & Nasty 3 ‎/ The Ultimate Rap」への流れが強力でした!

 前曲では、これまたMUROクラシックなEdwin Starrをファンキーにプレイするのですが、Edwin Starrの盛り上がりが最高になりそうなところまで引っ張り、そこからブッこみでUltimate Rapへ・・・もう、最高の一言です!

 それもUltimate Rapですよ・・・こんなレア曲でボムるとは!!

 古くはBuddha Brandの大怪我ネタとして有名な同曲ですが、MUROさんがDJプレイをし始めて途端に注目を集めた曲で、昔は死ぬほど高額なレア盤、いや幻盤でしたね~
 今でも、オリジナルはほとんど出ないけど、私もMUROさんからこの曲の良さを叩きこまれ、近年にやっとゲットできたレア盤です・・・

 うん、ほんと、MUROさんのプレイを通して「カッコイイ!」と思った曲って多いですよね・・・

 これこそが「DJ」である証だと思います・・・

 そう、聞いた人が「カッコイイ曲だ!」と思わせる選曲とDJプレイ・・・これが出来るから「DJ」なんです!

 このUltimate Rapのように、時代の影に隠れてしまった曲を、自分の選曲とDJプレイで光らすことこそが「DJの仕事」なんだろうな~と思います・・・




 そんなわけで、最後はあまりまとまりませんでしたが、聞いてると「ファンキー=熱くなれる」作品です!

 CDは、中古でも買いやすいと思いますので、気になる方は探して聞いてみてくださいね~





<Release Date>
Artists / Title : Dimitri from Paris & DJ MURO 「Super Disco Fiends」
Genre : Disco、Funk、Modern Soul、HipHop、RareGroove・・・
Release : 2005年
Lebel : Headphone Heroes(UK) HER01CD





-------------------------------------------------------------
<独り言>

DSC_2267.jpg

 え~、いきなり地方の駅の看板が・・・今週は、来年の仕事の下見を兼ねて、久しぶりに「仙台」に行ってきました!

 仙台については、以前は1年に1回ぐらいは行っていて、レコ屋も、美味しい料理&お酒を堪能していましたが、部署異動があってからは、なぜか行けなくなってしまった所です・・・

 このブログにおいても、「こんな出張報告」があるぐらい、以前は頻繁にお伺いしていましたね・・・
 また、東日本大震災直後も、復興仕事関連で行ったりと、なかなか思い出がある場所です・・・

 んで、日帰りでの出張だったので、日中にタイトに仕事をこなし、帰りの新幹線までは地元の方と飲み対応(笑)もこなし、結果的にベロベロになって帰りました・・・

 んっ、レコ屋は?

 まあ、仕事なので、今回も行ける時間がありませんでした(^^;)

 ただ、久しぶりに仙台のレコ屋のことを調べたら、だいぶお店の数が少なくなってしまったようですね・・・

 私が初めて仙台に伺った約10年前は、まだ市内に結構なレコード屋さんがあったのに・・・

 こればかりは時代の流れだから仕方がないですね・・・

 仕事的にも行けそうじゃなかったし、お店も少ない(というか、市内の中心部から移動がしにくい)ので、今回はスルーでした・・・

 ただ、来年も含め、あと何回かは行くので、仙台のレコ屋さんをどこかで堪能したいな~


DSC_2273.jpg
DSC_2272.jpg

 そんな「地方のレコード屋さん」が恋しくなった週末、東京では恒例の「全日本レコード&CDサマーカーニバル(aka 浅草レコード祭り)」が開催されるとあって、久しぶりに浅草に訪問してきましたよ~

 私は2日目の日曜日に訪問、ただ、別の嬉しい用事の合間での訪問だったので、そこまで本気にはなれず、見学モードで覗いてきました・・・
 まあ、当日は、なかなか雨雲が取れず、肌寒い中での訪問だったので、そこまで気分が乗らなかったのもありますが・・・

 んで、レコ祭り、今年も色々な地方のレコ屋さんが集結し、なかなか面白い品揃えでしたね~

 ただ、ここは「レコード運」の問題もあり、今回は食指が動くものは無しでした・・・最近、ユニオンに行っても、欲しいレコードと巡り会えないんですよね~


 んで、少し思うところがあり、写真の話をしますね・・・

 今回、レコ祭りは上の写真で、下の写真は、レコ祭りの隣で開催をしていたエアガンの即売会の会場です・・・あれっ、エアガンの方が混んでますね??

 毎年、浅草のレコ祭りに行かれる方だと、ご存知の方は多いかと思いますが、会場となる浅草の施設(浅草 産業貿易センター 台東館)は、いわゆる貸し会場的な場所で、レコ祭りのようなイベントもあれば、洋服屋メーカーのアウトレットセールなんかを開催している場所なんですね。
 そして、なぜか毎年、レコ祭りと同じ日に、別会場でエアガンの競技大会が開催されてて、今年は、レコ祭りの横で即売会があったようです・・・

 う~ん、レコ祭りの方が、たまたま混んでいない時間帯だったのかもしれないですが、レコードってやっぱり「マイナーな趣味」なのかな~と思ってしまいました。

 まあ、エアガンと比較するのはどうかと思いますが、昨今のレコードは「全世界的にレコードブームが!」なんて話題になるけど、隣り合わせた会場で、ここまで様子が違うのを目の当たりにすると、少し考えるところがありました・・・
 むしろ、エアガンの方がブームが来ているんですかね・・・というか、やっぱり浅草はレコ好きが集まりづらい場所である方がアレなのかもしれないです・・・

 なお、レコ祭りの後は、実は浅草訪問の目的だった、洋食の名店「ヨシカミ」さんに初めて訪問しましたよ・・・グレイトでした(^0^)


IMG_0591.jpg

 んで、レコードがマイナー、いや「マニアックな趣味」を象徴するブツも紹介・・・やっと、紙のリストが手に入った(^0^)

 こちらは、我らのユニオンが、全店舗共通で作ったレコードの買い取りリストで、今回出たのは7inchと12inchの合同リストです・・・Discoの12inchのリストがこんなに大々的に出るのは初めてかも?

● SOUL・FUNK・DISCO 7 & 12inch WANT LIST


 んで、今回のリストは、Discoにおける王道レーベルのレアものを中心にピックアップしてて、ほんと「分かってらっしゃる」内容で、眺めていてもウットリ(?)してしまう内容でした!
 割とDisco系のWantだと、なかなかでないドマイナーなタイトル(それこそ、今回の作品紹介のDimiさんがプレイしてたモダンソウルとか)をリスト化することが多いけど、ここ数年の傾向では、こういった王道レーベルのレアものの方が即売れしちゃうので、いいところを突いているな~と思いました。

 んで、今回、このリストを見てて思ったことがあります・・・

 「おおっ、1/3は持ってるぞ・・・俺もここまで来たか・・・」

 こういうリストって、お店側が欲しい商材をランダムに選んでいるだけですが、コレクター側としては、自分のコレクションを見比べて、持っている枚数を確認し、自分のコレクター戦闘力(笑)が高いか低いかを判断することがあるかと思います・・・
 当然ながら、得意じゃないジャンルでなければ太刀打ちすらできないですが、ある程度、得意とするジャンルであれば、戦闘力が上がってくると、リストに1枚、2枚と徐々に入ってくるようになり・・・その枚数が増えてくると、心の中でほくそ笑んでいる自分がいます・・・

 ほんと、コレクターという人種はダメ人間ですね(^^;)

 ただ、私としては、こういったDiscoの12inchを市場の人気・不人気に関係なく、15年近く追い続けている経過があると、こうやって持っているレコが多くなってくることに対して、自分を少し褒めたくなった部分もありました。

 それは、結果的に時間と手間をかけて、1枚1枚購入したモノが多いのもあるでしょう・・・

 特に、こういったレア盤の場合は、それこそユニオンのセールでないと買えないのも多いので、朝から並んで勝ち取ったモノも多いので、褒めたくなった部分もあるのかもしれません・・・

 なんとも、まとまらない話ですが・・・まとめるのであれば「こういったレコをお持ちなら、是非、レコード屋さんに売ってください」になるのかな?(^^;)




 では、今週は以上です~

 今週も頑張りましょう!!




Atsushi 「Dog Run Series 1 - Mellow Sunshine - 」
IMG_0566.jpg

 え~、今週は、梅雨空が続き、あまり晴れやかな気分になれなかったですね・・・

 早く、カラッとした夏にならないかな・・・そんな思いのもとで聞いてたら、最高の作品でしたよ~


IMG_0567.jpg

 今回は、ドマイナーな作品で、私としては「Another Diggin' Ice」としても差支えがない作品の紹介です~

 まず、この梅雨の時期は、聞いただけで気持ちがカラっとなる「Diggin' Ice」が無性に聞きたくなります・・・

 これは、私だけではないですよね??

 先週の更新で、Diggin' Iceの新作が良かったことを書きましたが、やっぱり「Diggin' Ice」の世界観は素晴らしいですね・・・

 Diggin' Iceというのは、日本が誇るDJである「DJ Muro」さんが作った名作ミックステープで、聞いたら誰でも「涼しくて心地よい」気持ちにさせてくれる内容になります。

 私としてはDJの「ジャンルを超えた選曲」と「的確なDJミックス」が織りなす上で生まれる「グルーブ」がDiggin' Iceの肝と思っており・・・やっぱりこの時期は外せません!
 また、製作者のMUROさんとしても、もはや自身のライフワークになり、気づいたら結構な量の作品を発表してたり、Diggin' Iceを聞いて影響を受けた方が良い意味で似た作品を作ったり・・・DJミックス業界において「Diggin' Ice」というジャンルがあるかのごとく、人気なジャンルかな~とも思います。

 詳しくは、以下の作品をご参照ください・・・

● DJ MURO 「Diggin' Ice - summer of 96」(完全版)

● DJ Watarai 「Saudade - Another Diggin' ice - 」


 そして、今回の作品は、明らかに「Diggin' Ice」に影響を受けたと思われる作品で、Diggin' Iceファンなら「間違えなし!」と言わせる好内容の作品となっております!!

 製作者のAtsushiさんについては、一切詳細が不明(岡山の津山の方かな??)ですが、聞いているだけで「ああっ、絶対にDiggin' Iceを聞いて、Diggin' Iceが好きになった方だな!」と思う内容です(^0^)

 では、さっそく、作品の紹介です~♪


IMG_0570.jpg
IMG_0573.jpg
IMG_0569.jpg
IMG_0571.jpg

 では、作品の紹介です~

 この作品は、インデックスの情報では「DJが構成した、音で綴る一つの物語」としており、サブタイトルの「Mellow Sunshine(穏やかな日差し)」がイメージする、心地よさを重要視した選曲が楽しめる作品になっています。
 
 それこそ、タイトルの「Dog Run」からすると、自分の愛犬を、自然豊かな「ドッグラン」に連れて行き、愛犬が嬉しそうに走り回っている中で、ご主人は木陰の下でカフェオレでも飲みながらくつろいでいる・・・そんな感じでしょうか?

 では、選曲面から紹介しましょう!

 まず、前述したような「チル」っぽさを要点とした内容なので、チル系の曲を選曲するわけですが、かなり範囲が広く、なかなかな内容になっています。

 それこそ、「Lowrell / Mellow Mellow Right On」「Curtis Mayfield / Tripping Out」のようなSoul~Rare Groove~Dance Classics~R&B周辺の曲を幅広く使い、素敵な空気感を作っていますね・・・
 また、「Latoya Jackson / Camp Kuchi Kaiai」のような深い選曲や、「Dennis Brown / Since You Came Into My Life」のような別ジャンル(Reggae~Lovers)なども選曲し、選曲に壁がなく、堀が深いのも印象的です・・・

 もう、ここまで説明してたら、まさに「MUROさん」ですよね!!

 AtsushiさんがMUROさんに影響を受けられたかどうかは分からないし、もし、そうでなかったら失礼ではありますが・・・もう、このテープで選曲された曲や、選曲される曲の方向性、そして選曲の姿勢などが「MUROさん」なんですね!!

 例えば、写真では3枚目に当たる「Latoya Jackson / Camp Kuchi Kaiai」は、実際にDiggin' Ice 96で選曲された名曲で、MUROさんがプレイされて以降、私たちに愛されるようになった名曲かと思います。
 また、写真4枚目の「Dennis Brown / Since You Came Into My Life」であれば、Iceの冬版とも言える「Diggin' Heat」で選曲されたことで知られた名曲だし・・・この2曲だけでもMUROさんですね!

 さらに、マニアックな指摘ですが、2枚目の「Curtis Mayfield / Tripping Out」については、この次の選曲が日本の曲を選曲してくるんですよね・・・
 この部分を聞いて、この作品が「ああっ、Diggin' Iceへのオマージュなんだな」と思いました・・・

 つまり、Diggin' Iceの96年版では、Cutis Mayfieldの別の曲(You're So Good To Me)をプレイして、そのグルーブを生かして選曲を続けたあと、素晴らしいタイミングで日本の曲、それもCutisから多大な影響を受けたであろう山●達郎さんの曲をプレイするのですね・・・
 この作品では、達郎さんではなく、達郎さんのレーベルメイドである「A●’s」の曲を入れてくるのですが、もう聞いてて「あんた、最高だよ!」と唸ってしまいました(^0^)


IMG_0575.jpg
IMG_0574.jpg

 そして、DJミックスについてもMUROさんの影響が感じさせ、大変素晴らしいです!!

 個人的には、B面のラス付近がグレイトで、この2曲で見事に「殺して」くれました(^0^)

 詳しく説明をすると、ややマイナーなR&B曲である「Lutricia McNeal / Ain't That Just The Way」から、クラシックな「DeBarge / I Like It」に流れで、もー、DeBargeの光らせ方と言ったらMUROさん譲りで素晴らしすぎます!
 実際には、DJミックスにおける「あえてグルーブを落とす」を行っており、前者の曲(12だとアルバムバージョン)のメロウさと寂しさを前に出し、その流れのまま、サビ終わりのビートレスになる部分を上手く使い、DeBargeのグッとくるイントロをカットイン・・・もう即死です(^0^)

 MUROさんがそうであったように、DJミックスにより「プレイした曲を光らせること」はDiggin' Iceの素晴らしいところであり、そしてDJであれば忘れてはならない心得だと思います。
 
 特に、Atsushiさんのこの作品では、こういった殺しのミックスを入れつつも、全体的な選曲の流れ、つまり「ストーリー」作りも秀逸で、このDeBargeに向かうストーリーに仕上げており・・・きっと、ご自身も「ミックス作品だからこそ作れる世界」を表すため、このような作品を作られたんだろうと思いました。
 
 そう、インデックスに書かれた「DJが構成した、音で綴る一つの物語(ストーリー)」を素直に作られたんですね!!



 聞いてみるとMUROさんの影響、そしてリスペクトがあって作られたことは手を取って分かります・・・
 ただ、それが真似とかではなく、MUROさんへの感謝があり、その上で「自分のミックス作品=自分の世界」に昇華させている点は、大変素晴らしいと思います!

 この作品は、私自身もどうやって買ったかは記憶がないぐらい、マイナーな作品になるため、入手するのはかなり大変かもしれません・・・

 ただ、ミックステープを掘っていると、有名無名を問わず、最高にカッコイイ作品と出会うことがあり、やっぱり掘ることが止められません(^0^)
 
 なので、皆さんも、名前だけでテープを買わず、自分を信じで色々な作品を掘ってくださいね~




<Release Date>
Artists / Title : Atsushi 「Dog Run Series 1 - Mellow Sunshine - 」
Genre : Soul、Rare Groove、Jazz Funk、Dance Classics、R&B、Reggae、City Pop・・・
Release : 不明
Lebel : バーリング・ダンバーズ No Number
Notice : インデックスを読むと、このシリーズの2があるような書き方をしていますが、2があるかどうかは不明・・・というか、本当にあるのであれば聞きたいです!!





-----------------------------------------------------------
<独り言>

IMG_20190707_115914.jpg

 いきなり脈略がない写真で恐縮です・・・今回はコーヒーの話です(笑)

 え~、私自身、もう40代の扉が見えてきてる年齢になってきましたが、「大人の嗜み(たしなみ)」というのでしょうか、ここ最近は「コーヒー」が好きになっています・・・

 それこそ、20代はタバコも吸ってたし、今でもお酒は好きだけど、楽しい日のためにとっておく(=週で飲む日を1~2日にしている)など、大人の嗜みというのは、年齢の経過とともに変化をしています。

 その中で、ここ数年は「コーヒー」が急浮上しており、よくブログで「コーヒーを飲みながらブログを書くのが幸せだ」なんて書いていましたね・・・

 実際に、今回の記事を書くのも、日曜日の午前中、自宅でインスタントのコーヒー(カフェラテ)を飲みながら書いていますが、気づいたら好きな飲み物になっていました・・・
 なんでしょう、飲んでると「ホッとする」んですよね・・・コーヒー特有の豊かさというのでしょうか、口に含んだ時の香りやコクに、つい「ホッと」してしまい、好きな飲み物になっているようです。

 そんな中、ついに開けてはいけない扉を開けてしまったようです・・・

 そうです、コメダ珈琲店です(^0^)

 いや~、コメダさんのコーヒーは美味しいですね~

 もちろん、これまでチェーン店のコーヒー屋さん、それこそドトールやスタバなんかも何となく行っていましたが、コメダさんは「美味しいコーヒーを飲みたい」という気持ちがあれば、つい、足が向いてしまいます・・・
 なんでしょう、やっぱりプロが淹れたコーヒーは味が違うな~と思いつつ、気づいたら行く回数が徐々に増えていきます・・・

 コメダさんは、コーヒーチェーンの中でも、少し値段がするお店(東京だと、ブレンドが480円ぐらい)ですが、コーヒーの味も、居心地の良さも、店員さんの心地よさも、素敵なお店ですね!
 コレ系だと、ルノアールさんも好きですが、コメダさんだと普段着で行ける感じが良く、ここ最近は日曜の朝にモーニングを食べに行ったり(小倉派です~)、出張や飲み会の後、疲れた体を癒すために行ったり、知り合いとの懇談の場にしたり・・・着実にお世話になっています(^0^)

 若い頃は、コーヒー1杯に500円ぐらい払うことは「ありえない」と思っていましたが、この500円が「心のマッサージ」だと思うと、そんなには高くはないな~と思っております・・・

 
 では、何もまとまらない独り言でした~

 ちなみに、私は夏でもコーヒーは「ホット」です(^0^)