HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Kogataroo 「Looking For The Breakers Beats 4」
koga_bb_041.jpg

 え~、先週はすみません・・・日曜日に途中まで書いてましたが、作業終わらずでヤケ酒(?)したらツブれてしまい、更新を断念しました(^^;)

 それもこれも、日々の仕事の忙しさが問題っすね・・・いや~、一生懸命に働いてますよ(^^;)

 特に今月は、来月の月末にある大きな仕事の前準備等があり、日々の残業&土曜出勤で対応したおかげで、自分の時間が殆どなく、ブログの更新に力が割けなかったです・・・
 これが意外と重要なのですが、平日は、作品聴きこみ、そして、下調べ&作品紹介の方向性の草案しており、今回はこれが出来なかったので、日曜日の作業が進まなかったようです・・・ 

 7月前ぐらいまでは仕事の忙しさは変わらないようですが、ブログはなんとか更新していきますね・・・本当は、何か企画系の記事を書きたいんですけどね~
 
 では、2週間ぶりの作品の紹介です~


DSC03891.jpg

 今週は、なぜか紹介してなかった作品で、DJ Kogataroo(コガタロー)さんによる人気シリーズ「Looking For The Breakers Beats」を紹介します!

 まず、コガさんは、現在は人気オンラインショップ「Breakwell Records」の店主さんで、DJとしても青山蜂の「Extra Extra」等でプレイをしてたりするので、ご存知の方も多いかと思います。

 特に、コガさんについては、今回紹介するミックステープ「Looking For The Breakers Beats」シリーズがポイントで、このテープを通してコガさんのことを好きになった方も多いかと思います!

 記憶では、DMRでは力強くプッシュしてて、2002年~05年辺りは、必ずお店のラインナップにあり、ダンサーの人が「ダンス練習用のお勧めはどれですか?」と尋ねられたら絶対にコレを勧めてた感じがあり、結構売れていたシリーズになります・・・

 このシリーズは、イメージとしては「ダンサー/ブレイカー」向けにノリの良い楽曲を選曲・ミックスした作品で、それこそ、B-Boyバトルなんかでかかったら、踊らずにいられないようなノリの良い曲が多く選曲され、当時から人気だった作品になります。
 ジャンル的には、とにかくノリの良いHipHopや、ジャンルとしてのBreakbeats、そしてオリジナルのブレイクが含まれているSoulやFunkといった様々なジャンルの曲を選曲し、とにかく「ノリ」を重視した作品になっており、ブレイカーでなくても体が動いてしまう内容になっています。

 コガさん自体、DJは90年代中期ぐらいからされていたようですが、伝説のお店「Breakbeats」の店主をされてたことから、元々「ブレイカー」に明るかった部分はあり、この作品に繋がっていると思います。


koga_bb_000.jpg

 話を少し脱線して「Breakbeats(ブレイクビーツ)」というお店についても触れておきましょう・・・

 このお店は、渋谷から原宿へ抜けていく明治通りにおいて、洋服店エディフィスの裏手通りの2Fにあったお店で、イメージとしてはHipHopにおける「オールドスクール」に特化した洋服/雑貨/レコードetcのお店になります・・・記憶では、90年代末(?)から2005年ぐらいまで営業をしてたかと思います。

 取り扱い商品としては、オールドスクールな洋服やジャラジャラなアクセサリーが所狭しと陳列され、特にHipHopの4大エレメントである「DJ・MC・ブレイクダンス・グラフティー」において「ブレイクダンス」と「グラフティー」にはめっぽう強かったお店と記憶しています。
 歴史的な流れを考えると、90年代中ごろからHipHop最高会議周辺でオールドスクールが盛り上がり始め、そのへんの流れを汲んで動いていたお店になり、一時期はYou The Rockさんなんかが利用していたお店で、後輩筋のZen-La Rockさんも通っていたかと思います。

 そして、このような流れがあったことから、オールスクールなレコードやテープも結構扱ってて、私も何回か訪問をしたことがあります・・・

 特に、テープは結構充実してて、それこそ、オールドスクール時代の実況録音テープや、今回紹介するような「ブレイカー」向けのテープを販売してて、ブレイカー向けの音源を求めて、このお店に通ってが方も少なくはないかと思います。
 
 以前、「DJ Mar / 三度の飯よりBreakin' Vol,3」という作品の紹介で触れましたが、ダンスの練習用に「とにかくノリのよいビートが流れ続けるテープ」というのは需要が高く、結構売れていたジャンルのテープになります。
 ただ、この辺は面白い部分なのですが、いわゆる「DJ」ファンとは趣向が若干異なることから、ごく初期はレコード店では販売されていなく、今回のBreakbeatsのような洋服屋さんで売ってたケースの方が強く、その辺の事情があって、Breakbeatsでも割と意識的に販売をしていたのだと思います。
 特に、00年代初期だと、そこまでブレイカー熱は高まっていなく、00年にWaseda Breakersが世界大会で準優勝(Battle of the Years)したあたりからブレイカー人口が増えていった様相もあるので、ニッチな需要をフォローしていた側面もあったかと思います・・・その後、市民権を得るようになってから、DMRなんかが買いやすく売っていた記憶があります。


 そんな背景において、コガさんのテープシリーズは、ブレイカーにも、そしてDJファンにも人気があり、かなり売れていたシリーズになるかと思います。

 シリーズとしては第8段までリリースされていたようで、繰り返しになりますが、DMRが結構プッシュしてたので、興味を持って買われた方も多いでしょう・・・
 残念ながら、私に関しては、リリース当時は聴いていなかったのですが、テープを掘り始めて聴いたら、それまでは「ただのブレイカー向けミックス」と思ってたら、しっかりと「ミックステープ」になっており、最高にドープなのにビックリしました!

 では、今回は結構好きな第4段の紹介を通して、コガさんのDJの良さを紹介しますね~


DSC03904_20170423144505226.jpg DSC03901.jpg
DSC03903.jpg DSC03902_201704231445023f7.jpg

 まず、先に選曲面から説明すると・・・かなり良いです!

 残念ながら、この作品の良さを説明する為に必要なレコードが揃わず、私の手持ちだけで紹介になりますが、選曲の幅の広さと深さ、そしてバランスの良さ等が折り重なり、飽きのこない「ノリの良さ」が上手く表現されていると思います。
 ジャンル的にはMo'wax~Cut Up系のBreakbeatsと、Middle~New Schoolを中心としたHipHopを主軸に選曲し、かなり深い選曲でありながら、ストーリー感のあるノリの良さが気持ちよく、気付いたら何度も聴いていました!

 それこそ、序盤では「DJ Shadow / What Does Your Soul Look Like」のようなBPM遅めだけど腰のあるBreakbeatsから始まり、ミドルクラシックな「Uptown / Dope On Plastic」などのHipHopの曲を上手く織り交ぜつつ選曲が進んでいきます。
 途中では「DJ Shadow / Organ Donor」「Pete Rock & C.L. Smooth / Creator」のような、ブレイカー殺しな必殺曲も上手くプレイし、聴いてて飽きない展開も織り込まれているのが上手いっすね!

 そして、この選曲面を引き立てているのはミックスの上手さで、聴いていると「確実に次の曲にグルーブを繋げる」ミックスをして、次の選曲に繋いでくるのが上手いです!

 例えば、前述した「DJ Shadow / What Does・・・」では、ロービートな雰囲気を出しつつ、程よいところで出る声ネタ切れで「Uptown / Dope On Plastic」にカットインをするのですが、BPMのズレも、グルーブのズレも全くなく、このカットインを聴いただけで「上手い!」と思いました!

 今回、他のシリーズ作品は深く聴きこんでいないので、比較はできないですが、コガさんの上手さは「ブレイカーの足を止めない」選曲とミックスがポイントだとおもいます・・・

 私自身、ブレイカーではないのでアレですが、次の曲にチェンジした際に全く雰囲気の違う曲だと踊りづらいです・・・特に10~15分程度のバトルであれば、その選曲一つで踊る方のテンションも変わるでしょうから、かなり重要だと思います。
 また、聴いてると、段々テンションが上がってくる選曲をしてて、その辺もブレイカーの足を止めさない技でしょうね・・・踊っているブレイカーとしても、段々とテンションを上げてった方が踊りやすでしょうからね!

 この辺を意識して聴くと、他の部分でも細かい上手さが光ってて、ブレイカーが踊りやすい「ストーリー」も上手く構築してる印象がありました!

 全体的には上向きなBPMに設定されていますが、「Pete Rock & C.L. Smooth / Creator」であれば、次の曲は同ネタで繋いでいき、同じグルーブでも転換を作ったり、「DJ Shadow / Organ Donor」であればあえてブレイクレスな部分を活用してショー的に美味しい展開にしてたり・・・ダラダラと同じグルーブは作らず、流れの中でメリハリを作っているのも上手いですね!



 持ってるレコードで強引に説明しちゃいましたが、やっぱりこのシリーズは素晴らしいです!

 一般的には「ブレイカー向け」なイメージでリリースされていましたが、今回、改めて聴いてみて、選曲もDJミックスも素晴らしく、しっかりと「ミックステープ」であることが分かり、コガさんの良さがしっかりと出た作品(シリーズ)だと痛感しました。
 特に、選曲面が深くって、聴いてて「あっ、この曲カッコいい」と思わせる渋い曲が多いですね・・・おかげさまでウォントリスト入りした曲が多いです(^^;)

 割と本数はあるので、買いやすい作品かと思います・・・お好きな方は探して聴いてみてね~




<Release Date>
Artists / Title : DJ Kogataroo 「Looking For The Breakers Beats 4」
Genre : HipHop、Breakbeats・・・
Release : 2000年ごろ?
Lebel : Breakbeats No Number


Notice : 別ジャケについて

koga_bb_040.jpg

 この第4段には、上記のような別ジャケが存在しています。イメージとしては、上記の文字のみのは1st Press絵がついているのは2nd Pressで、絵付きのテープの方が圧倒的に市場には多いですね?

 全てのテープを把握してないのでアレですが、6番までは1st Pressの文字ジャケと2nd Pressの絵ジャケがあり、7と8は絵ジャケのみのようです・・・
 恐らく、最初は自分のお店(breakbeats)で販売しているレベルだったのでシンプルな文字ジャケだったのが、DMRなどの他のお店で取り扱うようになったことから、プレスの際に絵を追加したんだろう、と思います?

 私も、まだ全て集めきれていなく、どのようなリリース状況だったのかは分かりません・・・それこそ、1と2が未入手なので、全容が分かってきたら、改めてご報告しますね~





---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
<独り言>

DSC03905.jpg

 え~、日々の仕事が忙しい状況ではありますが、レコード&テープ掘りは何とか敢行しており、割と好調な状況が続いています・・・

 今年は1月~2月は不調で、そこまで買ってなかったのですが、3月ぐらいから出物が増えてきたので、嬉しい散財が上り調子です・・・
 そういう状況なので、意識的に攻めてて、会社帰りに掘りに行ったり、休みの日に無理して出かけたり・・・掘りも頑張っていますよ~

 そんなわけで、2週分の釣果報告を紹介です~

 まず、先週である4月22日ですが、業界的には「Record Store Day」で、色々と盛り上がっていたようですね・・・そう、「ようですね」がポイントで、その日は休日出勤で、仕事が終わったら参加したので、どれぐらい盛り上がったのかがが良くわかりません(^^;)

 まあ、結果的にはいつもと変わらない週末で、普通に今回の更新用に必要なレコを探したり、欲しかったレコを掘りに行ったりと、皆さんが盛り上がってる限定の新譜レコードには興味を示さずで、普段通りな週末でした・・・
 新譜系のレコードって、どうも性に合わないんですよね・・・それこそ、H Jungleであれば、当時、Avexがプロモで12を切ってるので、私はそっちを掘るんでしょうね・・・こればかりは趣味と環境の問題ですかね??

 RSDについては、今年も色々と賛成・反対な意見が出ていますね・・・

 私としては、レコードが盛り上がることはイイことだと思ってるし、もっと大切なのは、この日だけ盛り上がるのではなく、継続してレコードを楽しむことだと思うので、RSDがその「きっかけ」になればイイのかな~と思います・・・

 そんなわけで、先週の土曜日は仕事帰りに渋谷→新宿を周り、今回のコガさんのレコを中心に捜索を行っていました・・・

 土曜夜の捜索掘りは結構危険(?)で、なんとしても閉店する9時までに店を周り、目当てのブツを回収しないといけないので、凄い必死です・・・先週もスーツ姿のオッサンがイルなオーラを出しながら必死に捜索をしていたと思います(^^;)
 それも、ダメだな~と思ったのが、渋谷のHMVに寄ったら、あのタキシードのインストアDJがあるということで、開始前のすし詰めな店内をかきわけ、普通にHipHopの棚を掘り掘りしてました・・・うん、タキシードはドン無視で掘ってましたよ(^^;)

 まあ、結果的にコガさんのテープの紹介で必要そうなレコは見つかりませんでした・・・まあ、レコードってヤツは、こんな「気まぐれい」も伴います・・・

 だけど、売り切れたかな~と思った某店のRSDに連動した和物の放出で、日本国民なら知らない人はいない「西城秀樹 / YMCA」のプロモ12が残っててくれ、嬉しい購入です!

 ここ最近、中間●理職らしく(?)、週末も仕事をしないと追いつかないので休日出勤してて、土曜の夜に無理してレコ屋に行くことが続いていますが、先週のI'm So Hotしかりで、やっぱりレコードの神様が見守ってくれてるんですね・・・
 秀樹も視聴したら、音の太さが半端なく、45では聞こえないドープなベースラインが最高で、やっぱり12っていいな~と思いつつ、こうやって「継続してレコ屋に通う」ことの大切さを再認識しました・・・


DSC03911.jpg

 そして、今週ですが、仕事が一山超えたこともあり、嬉しいDiggin' Holidayな感じで、土曜日は久しぶりにユニオンを中心にレコ屋巡りをしましたよ~

 昨日は、夕方に天気が悪くなった時間がありますが、春らしい穏やかな一日で、レコ屋周りがホント気持ちよかったですね・・・
 作品紹介用のレコ探しという目的はあったものの、特に大きな目標もなく、ブラブラと回っていただけですが、頭をからっぽにしてレコ屋巡りができたので、日々の生活から気分転換が出来た一日でした(^0^)
 
 特に、昨日に関しては、ユニオン的には昨日からGWセールが始まり、各店とも気合いが入っており、その「雰囲気」がよく、ディガーの心を洗ってくれました・・・
 私自身は狙いのモノはなく、何となく回ってただけですが、目的のブツを探している人のオーラがイイですね・・・オープン直後の取られまいと必死に掘ってる顔や、ゲットした時のニヤっとした顔だったり、それを見てるだけで、こっちも嬉しくなります(^0^)

 そんなわけで、昨日は「レコードの風」にまかせて、渋谷→下北→吉祥寺→中野と攻めてみました・・・おかげさまで、ボチボチ探してたのが掘れ、嬉しい散財です!

 特に、レコであれば、マイメンN村さんがおられる下北クラブ店で、地味に探していた「DJ Shadow / Lesson 4」の完全オリジナル盤がセール残りであり、格安でゲットです(^0^)
 
 Shadowのは、セールで出ることは知っていましたが、そこまで気張って買うレベルではなく、行って残ってたら嬉しいかな~と思っていたレベルなので、無事に残ってて良かった・・・なんか、こういう遭遇の仕方も嬉しいですよね?
 中身的には驚愕の書きこみ(笑)があり、盤はミントだけど相場の半値ぐらいでニンマリっすね・・・これは、ホント出ないレコなので、やっと買えて嬉しいです(^0^)


 あと、タワーのポイントが良い日だったので、やっと楽しみにしていた新作ミックス作品も購入です!

 まずは、我らのMURO先生の新作は、なんと「和物AOR」に焦点をあてた作品で、かなり良い作品でした!
 なんでしょう、春のホンワカした空気感にマッチした選曲でありながら、ド渋な深堀の数々にヤラれますね・・・まさか竹下●子が出てくるとは!
 
 また、これも楽しみにしていたDazzle Drumsさんの初のオフィシャルミックス作品もゲット・・・これも素晴らしい作品で、もう、聴いてて「ああ、クラブに行って踊りたいな~」と思わせる内容でグッときました!
 特に、エンディングへの持ってき方が素敵で、あのカバー曲を入れてくる辺りが、現場を知り尽くしたお二方だからこそな仕上がりです・・・家で聴いてて思わず「おわ!」と叫んでしまいました(^^;)
 Dazzleさんにはホント期待をしているので、次の作品も楽しみです・・・提案ですが、次はDannyへの恩返しを込めてSalsoulで行きましょう!!


 個人的には「メジャーリリースのミックス作品」は、そのDJや、その作品を作っているレコード会社の人を「応援」したく、しっかりと購入をしています。

 今の時代、ネットで簡単にミックス音源がアップできる状況です・・・

 ただ、こうして、しっかりと権利をとり、様々な壁を乗り越えながら作った作品には、その製作者たちの「熱い思い」が入っており、何よりも「ミックス作品という芸術」になっているので、まずはそこを応援したいと思います・・・
 そして、こういったメジャーリリースを通して、もっと「ミックス作品」が一般化し、もっと面白い作品がでることも望んでいます・・・

 うん、この応援の先には、MUROさんが「山下達郎さんの曲のみでミックス作品」を作れることがゴール設定になっています・・・こういった応援を通して、よい「DJ環境」が作れることを切に願います!!


DSC03908_20170430132618402.jpg

 最後は、先週~今週の釣果写真で〆ますが、仕事が忙しかった割には、かなり買えて嬉しいです!

 とりあえず、私のGWは、旗日だけのお休みなので、適度な休日になりそうですが、来週は渋谷でテープセール、同日開催で新宿とお茶でディスコセールを頑張りたいと思います!
 
 では、また来週です~





※愚痴にもならない愚痴
 え~、自宅のネット環境は、某社のモバイルルーターを使っているのですが、ここ最近、月のデータ量が多いみたいで、月末になると速度制限がかかってしまい、困っています・・・
 今月も、数日前に制限になり、今回の更新作業は別の意味でも大変でした・・・そのため、記事でのリンク貼りが微妙になっています・・・URLを調べるのが大変です(--;)

 んで、日々のネットの利用状況を考えると、ブログの更新作業とユニオンの各店舗の情報をチェックするぐらいで、少ないはずなのですが、気付くとオーバーになっています・・・
 ここ最近、仕事が忙しいので、ボヤーっとYouTubeの適当な動画を眺めることもなくなったのに・・・なんでだろう?

 この点を私なりに考えると、最近、どのサイトも広告が多いことがポイントかな~と思いましたが、私に関しては、ユニオンでセール告知記事の際に張られる「YouTube」の貼り付けがアレかな~と思っています・・・

 特に、今月はGWセールに向けて、どこのお店も気合いを入れた告知をしてて、そのレコードの収録曲の紹介をご丁寧にしています・・・今月は異様に速度制限がかかったのが早いので、関係はありそうですね・・・

 ただ、あの音源貼り付けって必要なんでしょうか・・・

 例えば、ここ最近、高額傾向にあるソウル名盤の未開封&美品レコード、そしてその名盤のプロモ盤であれば、YouTubeの音源は要らないでしょう・・・そもそも、その曲を知ってて、更に付加価値のあるレコードを買う訳ですから・・・
 まあ、目的としては、その曲を知らない人に注目を集める為の措置かと思います・・・ただ、例示したようなハイエンドな世界においては、知識がある猛者ばかりだと思いますし、分からなければ自分で調べますよね・・・

 ユニオンの皆さん、この音源の貼り付けについて、ちょっと考えてみませんか?

 私としては、必要であれば、自分でググって調べるし、それよりも、サクサクと見れる方が良いと思います・・・スマホで見ても重くなるので、これ以上、丁寧にしなくても良いかと思います。

 是非、ご検討ください・・・






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお、battle of the yearをご存知とは!当時ブレイキンにハマってたオレも結構見てました。00年あたりから、ヨーロッパ、アジアが本場USに負けず劣らずの台頭してきてアツかったですね。特に当時はフランスが強く、あと韓国の化け物じみたパワームーヴが猛威を振るってましたf(^_^;
あと、とにかくエアートラックスが流行ってましたねー。懐かしい・・・。

話変わりますが、オレもdazzle drumsさんのcd買いました!音にハメて踊らせるような場面もありつつ、終盤のエモーショナルな展開にはヤラれました。garage~body&soulと続くsoulful dance musicの系譜を感じさせます。
新譜主体ですが、参加アーティスト、例のカバー等過去を感じさせる要素もあり、よかったです。
他のmixも、それこそ出来れば現場で聴いてみたいですね!
ではまた!
2017/05/01(月) 15:52:17 | URL | Kyk #-[ 編集]
たしかに新譜のレコードってあまり買わないですね。
Lord echoの限定とか、カクバリズム関係のcero、videotapemusic、ビルエバンスの発掘系は買いますね。
Frank oceanのblondオフィシャル盤は新譜で買いましたが、存在感が格別ですね。

GWセールは値段との戦いが大変ですね(笑)
2017/05/01(月) 18:23:32 | URL | 暗黒舞踏おっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

コメント、ありがとうございます!
当時からDance Delightを熟読してたおかげで、この辺のブレイカーの歴史は把握してて、ワセブレ~モーコンの流れで、日本のシーンが盛り上がっていったのが懐かしいですね~
この辺の流れも、本当、大切で、あまりフォローする人がいないですね・・・この辺の回想録とか歴史本が有ってもいいかもしれないですね~

あと、Dazzleさんの作品は流石ですね!
もう、我慢してトラックリストを見なかったことが良かったです・・・ただ、あのカバーがデータのみというのが悔しいです(^^;)
こういう曲こそ、RSDとかでアナログを切って欲しいですね~

ではでは、引き続き、宜しくお願いいたします。


>暗黒舞踏おっさんさん

いつも、コメント、ありがとうございます!
おおっ、結構買われてるじゃないですか・・・私は本当に買ってないっすよ(^^;)
つい最近だと、川上つよしさんの「How Deep is Your Love / One on One」の45を買ったぐらいです・・・
これには凄い思い入れがあり、One on Oneが出た時(2001年?)、凄いイイカバーだったのでアナログを切るだろうと思ったら切らず、絶対にプロモぐらいは刷ってるだろうと思い(思いこみ?)、馬鹿の一つ覚えで探し続けてたんですね・・・それも15年も・・・(^^;)
んで、そろそろ「プロモも切ってないか?」と感じ始めた矢先に、こうして45になったんですね・・・そりゃー買いますね(^^;)

ただ、ここ最近、こういった曲や、90年代前半の短冊時代のJポップが45になるのはちょっと嬉しいですが、出来れば12インチで、それもエクステンドをして出してほしいかな~

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします。
2017/05/02(火) 00:13:00 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック