HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ MURO 「From King's Bin」
DSC05788.jpg

 また、動画ネタになりますが、やっと発掘した一本のご紹介!!
 これは発掘して大正解・・・クオリティーの高さが違いすぎます・・・(^0^)


DSC05785.jpg DSC01493.jpg

 今回は、ミックステープやミックスCDではなく・・・いわゆる「VHS作品=ビデオテープ作品」をご紹介します。

 以前紹介した「DJ MURO / From King's Bin」の元ネタ(?)作品で、VHSオンリーの動画作品です。
 DVD時代の今となってはポピュラーですが、いわゆる「ビデオ・ミックステープ」な作品で、レコードの音源が有名な昔の映画を、その映画の音楽と共にミックスをした素晴らしい作品で・・・制作者は我らのキングこと「DJ MURO」です!! この時点で悪いわけがありません!!

 テープ版を紹介してから、ずーとこのVHSのことが気になっていて、ここ最近の「DJ動画」紹介の流れでDig熱が再発し・・・やっと某ユニオンで捨て値で救出し、視聴と動画吸い上げ&編集をし・・・やっと公開になりました・・・
 個人的には、VHSとテープ版が同じ内容だったのが分かり、一安心だったのですが・・・テープ版以上にヤバい出来なので、気合を入れて紹介しますね(^0^) 


 まず、テープ版を紹介した時に、この作品の経緯を紹介しましたが、ちょっと整理しましょう・・・

 このVHSの作品は2002年1月にリリースされました・・・アンダーグラウンドリリースなので、CiscoとかDMRのようなレコード店のみで取り扱っており、ちょっと話題になりましたが、そんなにはバカ売れはしてなかったと思います。
 その後、2002年11月に、MUROさんと親交のある大阪の「RD Records / Shout!」より写真右のようなテープがリリースされ、今回紹介するVHSの音源をそのままテープ化した内容でした。
 VHSはKODPとしてリリースされたようですが、テープの方は外注仕事になり・・・テープの紹介の時にも書きましたが、個人的にはテープの内容が良かったから音源化の打診があった・・・のかな~と思っています??
 テープに関しては、以前紹介した記事を参照してくださいね・・・

 ・ 「DJ MURO / From King's Bin」



 MUROさんに関しては、旧来より「映画好き」として有名で、今年は和物映画音源だけでミックスした「やさぐれファンク 番外地」をリリースしてますよね・・・

 特に、今回のVHSで多くフューチャーされている「ブラック映画」は、相当好きなようで、サントラ盤のレコードをネタとして知り合ったのがきっかけだと思いますが、レコードを掘ることに留まらず、実際の映像(ビデオ)を掘ったり、その映画のポスターを掘ったり・・・誰にも出来ない「掘り」をしていたようです。
 影響も大きいと思われ、MUROさんのお店であった「Savage」もブラック映画のタイトルだし、そのSavageにはブラック映画のポスターが沢山ディスプレーされてたり・・・また、PVなんかでもアイデアをサンプルしてたり・・・MUROさんの中で「映画」という存在は相当大きいと思います。


 この作品が、どういう経緯でリリースされたのかは分からないですが、MUROさんの「映画愛」をMUROさん流に披露した作品であることには間違えなく、作品を見る限りでは結構気合をいれて作った・・・と感じます!!

 以下で実際の動画も交えて紹介しましょう・・・



「Native Son」「Death Wish」「Three The Hardway」「Come Back Charleston Blue」

 手始めに、イントロから数分間を紹介しましょう・・・イントロからはあんまりメジャーなタイトルではないですが、音楽は聞いたことがありますかね・・・

 この作品では、RareGroove/FreeSoul~HipHop/サンプリング以降に評価された「映画音楽/OSTモノ」の中で、ネタ感だったり、ブレイク感がある曲をDJミックスし、そのミックス音源に「元映画の映像」を当てはめた・・・そんな感じの作品になっています。
 選ばれた曲は、クラシック曲やMUROさんらしい掘りの利いた曲だったり・・・その映画の映像よりも前に「レコードジャケット」が思い付く・・・そんな感じの曲が多く、上の動画を見ていても、そういう方が多いかな~と思われます。

 ただ、この作品に関しては「音楽と映像の融合」がスゲーヤバいですね!!

 個人的には、この作品の音源だけを抽出したテープ作品の方を先に聞いていたので、内容は分かっていましたが・・・耳からだけでなく、目からも作品を感じることが出来るのは、その音源の魅力を更に生かしている・・・と感じました。
 映画音楽な訳ですから・・・その映画の為にある「音楽」なので、その元映像が合わない訳は絶対にないのですが・・・MUROさんにおいては、映像のコダワリもハンパなく、MUROさんにしか作れない「音楽と映像の融合」が素晴らしすぎます!!
 
 例えば、上の映像であれば、イントロの後にすぐ始まる「Death Wish」という映画(40秒目)の「Do A Thing」という曲であれば、ドラムレスなイントロから、ドラムが始まると・・・ドラムのスネアが一発一発と鳴るたびに、映画の発砲シーンで拳銃が発砲する瞬間を合わせていて・・・曲と映像の融合を果たしています。
 また、上の動画の最後の方にある「Come Back Charleston Blue」の3:45ぐらいでは・・・スローな曲調からホーンが突然展開する曲調に合わせ、映像は爆発シーンを入れてます・・・もう細かすぎ!!


 恐らく、映像はMUROさんが持っているVHSを使用し、実際の映像編集は・・・MUROさんがアイデアを出しつつ、映像編集に長けている方が編集をしたんだと思いますが・・・各映画ごとに細かいアイデアがあり、ミックスの良さを引き立たたせています!!
 映像を見てると、あくまでも主題は「DJミックス=音」なんですが、その音を盛り上げるべく、色々とアイデアや編集をした映像を入れている感じで・・・プレイしてる「音楽」が本当に躍動しています(^0^)
 


「Savage!」「Shaft」「Shaft in Africa」


「Across 110 Street」「Cool Breez」「Fantastic Planet」「Pink Panther」「Heavy Traffic」

 他の動画もアップしましたが・・・どの動画もアイデアにあふれた映像編集を行っており・・・「音楽と映像の融合」が素晴らしすぎで、収録されている「音楽」に命を与えてます!!
 細かい編集もかなり多いですが、実際のミックスにおいても拘った繋ぎをしたり、色んなアイデアを出したり・・・早送りが出来ません!!

 上の動画では、MUROさんのお店の名前にもなった「Savage!」から、ド定番の「Shaft」に繋ぎ、その次には続編の「Shaft in Africa」に繋いでます・・・流れの点においてもしっかりと「ツボ」を押さえてますね!!
 ちなみに、この辺りの映画には「エロ」が多く含まれており、MUROさんはこの辺もしっかりと押さえつつ、映像をミックスしていますが・・・YouTubeでは無理っぽいので、アップしませんでした(^^;)
 
 下の動画では、ド定番のAcross 110 Street(Buddhaのジャケネタね)をプレイしつつ、後半ではアニメーション繋ぎをしていますね・・・
 その出だしで「Fantastic Planet」を持ってきてるのは渋いですが、その次の「Pink Panther」では、原曲をネタにしてる「Grand Puba / I Like It」のインストを巧みにブレンドしつつ、声ネタのヒット音に合わせて、PinkPantherチャンが声を出してるような画像をカットインしてます・・・渋いな~(^0^)



 こんな感じで、全編60分程度のミックスが進みます・・・流して見ててもイイですが、真剣に見れば見るほど、MUROさんの映画愛が分かり・・・素人では作れない驚異の作品になっていると思います!!

 結論としては、「DJミックス/音楽を盛り上げるべく映像を融合している」作品なのかもしれないですが、その映像に関してのセンスやアイデアがハンパなく、今見返してもこのレベルの作品を作れる人は・・・そう簡単にはいませんよ!!
 市場では、HipHopやR&Bを中心に、新譜系の曲をミックスしたものや、クラシックな曲をミックスしたものなど・・・ここ最近では海外・国内を問わず、多数のミックスビデオが流通していますが・・・ここまで「気合い」が入った作品は無いと思います・・・

 また、音楽的な視点から考えても、戦略的に編集した映像を入れることで、基礎となるDJミックスを更に盛り上がり、音楽の楽しみ方を更に広げているし・・・映像だけを主眼に見てもしっかりとした世界観(HipHop感とかブラックネスとかレコード愛とか・・・)をアピールしてるし・・・この作品が市場で評価されてないのが不思議で仕方がありません!!


 私自身も、リリースした時に買わなかったのでアレですが、ホント「早すぎた作品」だったのかもしれないですね・・・
 VHSというフォーマットでリリースしたことで、市場から忘れ去られた作品になってしまったかもしれないですが、適当なPVを集めただけのDVDとは「格」が違いすぎます!!

 また、この作品に関しては・・・DVD再発は絶対に反対です!!
 VHSのローファイな画質の方が、収録されている音楽だったり映画の質感が上手く表現出来る・・・と思います。
 市場ではあまり見かけませんが、VHS作品自体に高値がつかない今であれば、絶対に安く買えると思うので・・・興味があれば、VHSのデッキを買ってでも見てください!! それだけの価値はあると思います・・・


 あんまり文章が上手くまとまりませんでしたが、今回の文章では「!」が多いので、個人的にはメチャクチャお勧めですよ・・・
 素人さんにはお勧めしませんが、MUROさんが好きな方、レコードを相当掘ってる方であれば絶対にヤラれると思いますので・・・頑張って掘ってくださいね(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : DJ MURO 「From King's Bin」
Genre : Soul、Funk、RareGroove、HipHop
Release : 2002年1月
Lebel : KODP No Number
Notice : インデックスは無いですが、最後の方で、スタッフロールに模して作品のトラック紹介があります・・・これはカッコいい!! あと、おまけでシールが付いていますね(^0^)



<追伸>
YouTubeにはYouTube独自の住人さんが・・・世界的におられるんですね!! 普通に動画を上げて、海外の方と思わしき方に「Dope」とか言わると、なんか嬉しいですね(^0^)





スポンサーサイト
Jif Rock 「Funky Fresh!!!!!」
jiffrock_dvd

 今日は帰宅時に飲んで帰り、家で飲みながら、先週末に救出したこのDVDを見たたら、急に書きたくなったのでレコメン!(^^;) 酔っ払ってても、ちゃんと写真が撮れてよかったっすww

 言わずと知れた日本屈指のターンテーブリスト「Jif Rock」さんをフォーカスしたDVDで、昨年、ユニオンのノベルティーで配布されたものになります。 ただ、このDVDに関しては、恥ずかしながら、ノベルティーではゲットできず、先週末にユニオン・某「茶」店で100円で救出してきました・・・ ただ、これから褒めるのでなんですが、100円で売るなよww

 ユニオンのノベルティーって、ここ最近クオリティーが異常に高く、個人的にはヒットの連続です。 しかし、世間的にはあんまり注目されない印象もあり、ちょっと私がプッシュしないと・・・なんて思ったりもしていますww  大体のノベルティーが、5000円以上でプレゼントなのですが、ここ最近は5000円を超える買い物をすることが多いので(それだけ品揃えがいいってことですね!)、今後もよい作品はプッシュしていきたいと思います(^0^)
 ちなみに、個人的に思ってることですが、今現在、東京のレコード屋で一番「活気」があるのはユニオンだと思います。 特に中古分野では、他の専門店よりも凄いと思います・・・ 渋谷RareGroove/Jazz館のセールなんて、どの分野でも世界トップクラスだと思いますし(セール時に外国からのお客さんも来るようになりましたね!)、新宿Soul&Blues館のダンクラ関係のセールもヤバいし、その他各店とも「かなり」お世話になってます。 
 最近だと、新宿Soul&Blues館のダンクラセールで「Sunshine Sound」のケボーキアンものが出品され度肝を抜かされました(Disco Patrickの本が出たからだと思いますが・・・ただ、しっかりと仕入れちゃうところはすごいっすね!!)。 高すぎるのか(知りたい方はお店にゴーww)、まだ売れてないですが、あれを仕入れて販売しちゃう辺りは世界的に見てハイレベルだと思います。 実際、海外の店だと、本当にレアなのはeBayに流れちゃうので、店舗運営的な側面だとちょっと面白くないですよね・・・
 ユニオンに対しての思いをまとめると、何よりも、中古の回転が速く、レコードを買う側にとって「新鮮」な品物が多く、レコードハンティングをすることが楽しく思える営業展開はもっと評価すべきだと思います。 また、レコードハンティングにおける「抜け(=おいしい買い物)」も多いので、お店を行くのが本当に楽しみですね(^0^) 中古品などの値段の付け方も悪くないですよね^^ 
 これらの点は、優秀なスタッフが多数在籍してる点が大きいと思いますが、私個人も今後ともお世話になるので、頑張ってほしいお店です・・・そして、もっと評価されるべきお店だと思います。

 おっと、話題がユニオンの方に脱線しちゃったww 気になる、内容の紹介をしますね^^
 ここ最近のクラブプレーやショーケースでの実技映像をメインとし、合間に氏のインタビューを挟む内容で、短い時間(40分ぐらい)ではありますが、個人的にはかなり楽しめました^^
 DJスキルについては、自分自身がトランスフォーマー止まりなので、詳しく解説できないですが、見てて「あ~上手だな・・・」と悶絶し、「俺も、もっと上手になりたいな・・・練習しよ・・・」と思わせる内容です。
 DJテクが上手な方って、手の動きや、体の身のこなしなどに「無駄」がなく、効果的に音を出すことが出来て・・・憧れてしまいますww Jif氏もその点は間違いなく、見てて憧れてしまいました(^^;) さらっとクラブスクラッチができるようになりたいものですww

 また、昔っからバトル大会のビデオなんかや教則ビデオなんかがありますが、理解するまで時間がかかり、楽しめない方も多いと思いますが、このDVDに関しては、Jif氏のもつ「Funky感」が多分に収録されており、DJテクニックを知らない方でも楽しめると思います。 
 特に、インタビューを見てる限り、Jif氏の真摯な姿勢には好感をもて、素直に映像が楽しめる点は特筆すべきだと思います。 今後もぜひ頑張ってほしいですね(^0^)

 んなわけで、ターンテーブリスト関係に興味のない方でもお勧め出来ますので、お手に取る機会があればどうぞ~です(^0^)
 私個人は、これを見て、Jif氏に好感を持ってしまったので、彼の作品を買わなくちゃな~と思いました。 ミックス作品は少ない(1作のみ?)なので、あれですが、まだ持ってないので、見つけ次第購入をしたいと思います。
 
 あと・・・本当は、このDVDを見て、即座にスクラッチの練習などをすべきだと思いますが、なぜかこの文章を書き始めてる私には・・・クラブスクラッチの壁は越えられそうもないです(^^;) なんであんあなに指が動くんだろうww

<Release Date>
Artists / Title : Jif Rock 「Funky Fresh!!!!!」
Genre : Skratch
Release : 2007
Lebel : ???
Notice : Disk Union ノベルティー 

 DVD関係は、自宅で見れるのが、パソコンのみ(家でテレビってほとんど見ないです・・・)なので、手持ちは少ないのですが、今後も紹介していきますね~