FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Watarai 「Chaos the Mix Tape Vol,1」
watarai_chaos

 調子がいいので、本日2本目のご紹介(^0^) 昨日ご紹介したワタさんの第2弾です~ 第1段と同様に、写真がピンボケしてますね(--;)

 前作の「DJ Watarai Mix Tape'97」のリリースより約8年後の2004年4月に突然リリースされた1本で、前作同様HipHop満載な一本です。 レコード購入台帳をみると、CISCOで買った模様です。
 2004年ごろは、ミックステープ業界もテープからCDに移行が完了したかな・・・という時期で、記憶ではテープとCDが併売されていたギリギリの時期だったと思います。 作品によってはテープとCDを同時に出してるのもありましたが、リスナー側の「テープを再生する機械がねーよ」の声に応えた結果なんでしょうね。
 私個人は、そのころは「まだまだテープ」だったので、ミックス作品がテープでリリースされなくなり、しぶしぶCDの購入を始め、今に到ってる感じです。 まあ、「テープ」というフォーマットが好きだった(AとBで違う世界が作れるとか、デザイン的なところ)のですが、時代の足並みには負けてしまい、今はミックスCDもガッツり買っています(^^;)

 では、作品のご紹介・・・
 前作「DJ Watarai Mix Tape'97」同様、HipHop黄金期・ニュースクール関係のミックスを披露してるのですが、選曲的にはちょっと面白いです。 なぜなら、前作と似てる部分が多く、まるで前作を発展させた内容みたくなってるからです。
 自分も若かりし頃に自分用(友人配布用でもあり)にミックステープを作っていましたが、ある時期に作ったものが気に入らなくって、数年後にその時の内容にプラスアルファして作ったりしてたので、このテープもそんな感じなのかな~と妄想していますww きっと、ワタさんも悔しかったんでしょう・・・たぶんそうだと思います(責任感なしww)

 ただ、ワタさんも8年経ったことで、スキル面は大幅に向上し、聞いていて大変気持ちよく、首をふりながら聴くことができます。
 しつこくならない程度に2枚使い、スクラッチをかまし、効果を出してると思います。 スキル面で見せ場は少ないのですが、やっぱりワタさん、上手だな~と好印象を与えてくれます。

 そして選曲的には、やっぱりPeteRock関係の曲が多く、さらに増えていると思います。 レアなMecca & Soul Brother (Wig Out Mix) をはじめ、PeteRockプロデュース関係もしっかりと増量されており、ワタさん、本当にPeteRockが好きなんだな~と思ってしまいます。
 また、選曲順はけっこう考えているようで、EPMD関係で固めてみたり、Premier関係で固めてみたり・・・、あと雰囲気が似てる曲(Runnin'とか93 'Til Infinityとか)を固めたりとかで、しっかりと構成面も考えたな・・・と印象があります。
 あと、1曲目に、前作のところでちょっと紹介した、自身の「Beat集な12inch」の上でのコスリは結構来ましたよww 覚えていなかったので、聞いた時にちょっとびっくりしちゃいましたww こういう楽曲を入れることが出来ちゃうのは、DJとして「粋」だし、DJとしての「格」が出ますね(^0^)

 結局のところ、上手なDJが「みんなが大好きな曲」「みんなが必ず通過した曲」をミックスすれば悪いわけがない・・・という結論もあるのですが、スキルなり選曲面を考察すると、ワタさん自身の個性を十分に生かした、かなり高内容なテープだと思います。
 前作がパワーアップしたと考えてもいいですが、これ単体で聴いても十分に「満腹」になる一本です! 私も久しぶりに聞いて、気づいたら首を振ってたり、一緒にラップしたりしてました(^^;) きっと、何年か先に聞いても「あ~、HipHop最高!」と思ってしまったり・・・するんだろうなww いわゆる「一生もの」といっても過言ではないですね(^0^)

 また、初心者にもかなりお薦めが出来ると思います。 もう、黄金期の「美味しいところ」が満載なので、変なコンピCDを数枚買うよりも、これ一本で十分です! 黄金期のミックス作品って、このところ、いろんなDJが出してるので、乱雑気味ではありますが、納得できる内容のものは意外と少ないので、このテープが、初心者にはよい「勉強」になると思います。 CDで復活すれば、広く流布されるんでしょうけどね~

 んなわけで、高濃度なHipHopを披露してくれる1本のご紹介でした(^0^)

<Release Date>
Artists / Title : DJ Watarai 「Chaos the Mix Tape Vol,1」
Genre : HipHop
Release : 2004年4月
Lebel : ???
スポンサーサイト



DJ Maki The Magic 「The Magic vol,1」
maki_magic_01

 超ベテランDJ、Makiさんの初期作(処女作)のご紹介です~ 
 多作すぎちゃって記憶が曖昧なものが多いですが(失礼!)、テープに関しては、ほぼコンプしてるので、順を追って紹介しますね~(^0^)


 このテープは、Makiさんのミックス作品の中で一番最初にリリースされたと思われるもので、リリース時期は調査の限りだと1997年の夏ごろだと思います。 

 私自身は、当時のMakiさんに対しては、DJなどはあまり聞いたことがなかったので、その当時のインタビューやラジオでの発言などから印象を受けて「面白い人」という印象でした。 
 特に覚えているのが、サイファーで自己紹介をする時に「キース・スウェットです!」とか言ってましたね(^^;)

 ただ、Makiさんの作品やDJなどを聞く機会が増え、氏の持つポテンシャルの高さにやられ、また自分の音楽嗜好がダンクラなりGarageなどによってきたことがあり、選曲に関しては「間違いない!」方と思っています。
 Makiさん自体、キャリアは相当長く、80年代中ごろよりDJを開始し、混沌としたクラブ創世記にDJを開始しただけに、ダンクラ、Garage、House、R&B、HipHop、Reggaeなどはすべてプレイ&昇華し、かつ90年代初期よりProduce業も行っているのでSoul、RareGrooveなどの「ネタもの」の知識もかなりあるとDJさんですね。

DSC00396.jpg DSC00397.jpg

 何か資料を・・・とすぐに見つかったのが上記の写真になります。
 まず、左の記事は「BLAST誌2000/oct」の記事で、Disco関係の特集が組まれ、レコード選者としてMakiさんが担当しました。 
 私個人は、当時、興味を持ち始めた頃なので、コピーして資料として使っていましたが、今見返してもかなり「濃い」内容ですね(^0^) 
 HipHopフィールドでGarageに対しての理解が少ない中、Makiさんはこの辺もしっかりと網羅・理解し、紹介してる辺りは流石です! 
 でも書いてる文章は「Makiさん」なんだよな~ww 憎めないです(^^;)

 んで、右は言わずと知れた日本語HipHopの名盤「You The Rock / Free」ですね。 
 Makiさんは表題曲をProduceし、個人的にはかなり好きな作品です・・・とにかくドラムの出し方がカッコよく、今でも使える1枚です(^0^) 
 Produce業ではあまり評価されたないですが、個人的には好きな方でしたね・・・
 ちなみに、当時はよく、このインストと何かのアカペラをブレンドしてミックスしてましたよ・・・Groove Theory / Tell Me とか、YouさんのPersonal Effects Onlyとかをブレンドしましたっけ・・・


 んなわけで、やっとこのテープのご紹介(^^;)
 A面が定番なダンクラミックスで、B面がチルアウトな80'sSlowJamになっています。

 ちなみにタイトルの「Magic」は、資料によると、Makiさんが好きな言葉だそうで、現在のDJネームである「DJ Maki the Magic」とつけるほど好きなようですよ・・・
 90年代中ごろまでは「DJ Maki」の名前で活動してたわけですが、このテープがリリースした時期に放送してたらしい渋谷FMでの番組名も「Magic」だそうで、なかなかいい「言葉」ですね(^0^)
 
 A面はNu ShoozeとかJenny Burtonなどの定番にまぎれて、けっこう渋い曲(というか私が知らなかった曲)もあり、久しぶりに聞くと勉強になりますね!

 B面は80'sSlowJam中心で、まだ不勉強な点もあり、知らない曲が多数ですが、聞いていて気持ちいい楽曲が収録されています。
 SlowJamって、定番曲に集まりがちですが、見事に知られてない曲を連発するあたり、Makiさんの技量があってのことだと思います・・・きっとLP Onlyの曲なんだろうな・・・勉強しよっと(^0^)

 そして、ミックスに関しては、失礼な話で書きづらいのですが、あんまり上手ではないと思います・・・ロングミックスはほとんどなく、カットインか、ボリュームを上げ下げしながらのミックスで、結構ザクザクした印象です。 
 ただ、このつなぎ方はテープの印象を下げるのではなく、逆に現場感を盛り上げる意味で効果的に生かされていると思います。
 Houseの流れでダンクラなりGarageを聞いてる人にはちょっとつらいかもしれないですが、HipHopを通過した者にとっては馴染み易いミックスだと思います。
 まあ、分かりやすく説明すると「カプリ」的な感じですね!

 そういうわけで、けっこうお勧めな1本のご紹介でした(^0^) Makiさんのテープはほかにもいっぱいあるので、随時ご紹介をしますね~


 <Release Date>
Artists / Title : DJ Maki The Magic 「The Magic vol,1」
Genre : DanceClassics、Garage、SlowJam
Release : 1997年夏ごろ?
Lebel : Groove Serchers No Number


<追記> 2009年7月13日
資料がいろいろと見つかったので、内容を一部変更&追加をしました。