HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Maki the Magic 「good Old Days」
DSC07025.jpg

 いや~、長い文章を書いた後だと、パソコンの前に座るのが億劫になり、更新が遅くなったりします・・・
 今回もちょっと逃避をしてましたが、そういう訳にもいかない(?)ので、サックリと書けそうなのを選んでしまいました(^^;)

 んなわけで、今回は久しぶりの「Maki作品」のご紹介です・・・なんか、作品の選定に困った時もMaki作品を選ぶことが多いっすね(^^;)
 なお、今回は収録曲を全く持って無かったので、男らしく「写真無し」での紹介です・・・この辺の曲は意外と持ってないっすよね~(--;)



 今でも多作なMakiさんの作品で、タイトルの「good Old Days」が表す通り、クラッシックな「Soul」系の曲で、HipHop以降(=サンプリング以降)の有名曲をミックスした・・・気持ちいい作品になります。
 聞き方によっては「ネタ系」の選曲とも取れますが、Soul系のメローな曲を中心にミックスしており、流石の選曲で聞いてると「心がホッ」っとしてしまう・・・そんな温もりのある選曲かな~と思います。

 
 まず、選曲面の話をしておくと、サンプリング以降のチョイスが感じられる選曲で、UBBにも収録されたブレイク・クラシックである「Pointer Sisters / Yes We Can Can」や、イントロホーンにヤラれる「Marlena Shaw / California Soul」などの古典(=Classics)が多く選曲されています。
 その他にもド定番なメロークラシックな「Ohio Players / Sweet Sticky Thing」や、Swing Out Sistersがカバーして有名になった「Barbara Ackyin / Am I Same The Girl」などの有名曲が選曲されており・・・聞き方によっては結構「ベタ」な選曲になってますかね??

 ただ、この作品においては、上記で一例を紹介した曲達の「統一感」が素敵で、クラシックなSoul/Funkの曲達が醸しだす「温もり」みたいなのを抽出した選曲になっており・・・聞いてるとなんか「ほっこり」して暖かくなってしまいます(^0^)
 個人的には「君の瞳に恋してる」のオリジナル曲(Frankie Valliっすね)がツボで・・・なんか目頭が熱くなってくるんだけど、暖かく包んでくれるみたいな感じにさせてくれました。


 んで、DJミックスの側面ですが、Makiさんらしいザックリとしたミックスをしており、特別に指摘する所は無いかな?
 ただ、ネタ系の選曲をしてるので、ブレイク部分やネタ部分で珍しく2枚使いを地味~にしてたり、ネタ系の曲を連続でプレイしたり、要所要所で細かい遊び心があるのがイイっすね。
 


 ンなわけで、かなり短い説明になってしまいましたが、今の寒い時期には最適な作品のご紹介でした(^0^)
 ただ、アレっすね・・・最近、なんでも長く書いてるので、こんなに短い文章で終わってしまうと・・・なんか不安です(^^;)





<Release Date>
Artists / Title : Maki the Magic 「good Old Days」    
Genre : Soul、RareGroove・・・
Release : 2003年4月
Lebel : Groove Serchers No Number




スポンサーサイト