HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Denka 「Stinky Flavor(青色)」
DSC07049.jpg

 いやいや、更新が遅れてすみませんね・・・ここ最近は馬車馬の如く働いていました(--;) 
 今日も休日出勤で某所へ出張してきましたが・・・春まで仕事地獄の予定なので、こんな感じの愚痴が多くなりますよ(^^;)

 そんなわけで、脈略は全くないのですが、久しぶりに真面目(?)なHipHopのミックステープを紹介です!


p1.jpg DSC07052.jpg

 今回は、言わずと知れた「DJ Denka」さんの初期作品を紹介します・・・多分これがオフィシャルでは一番最初の作品だと思います。

 今までコメントをくれたりした中でDenkaさんの作品をプッシュしたり、リクエストを下さった方が結構いたし、中古価格もボチボチレアな作品なので、ミックステープ業界では結構定番作かもしれないですね・・・なので影響を受けたり、好きな方は多いと思います。

 ただ、私自身は・・・正直に言うとそんなには影響を受けてなく、これらが発売された頃はスルーしてました・・・

 ミックステープ全盛の頃、今は亡きCiscoがDenkaさんやDenkaさん周辺の水戸関係のDJの作品をかなりプッシュしてて、作品は見てはいたのですが、なぜか食指が動かず・・・つい最近まで触れずにいました(^^;)
 まあ、テープ馬鹿なので、ここ最近は「とりあえず揃えておこう(最近はこういう理由が多い)」って思い、あれば買うようにはしてますが・・・私自身の趣味が最近はHipHopではないので、買ってもあんまり聞いてなかったです(--;)

 でも、ふっとしたキッカケでこの作品を聞いてみたら、かなりミックスのレベルが高いことに気付き、ここ数日は通勤時に聞いてました・・・特に冬はこういうHipHopが合いますね!!


 んでは、前置きが長くなりましたが、作品の紹介に行きたいと思います~♪

 ちなみに、私のレコード趣味も最近はHipHopでないので、収録曲のレコが一切ないので、レコ写は男らしくどっかで借りてきました(^^;)


R-8511.jpg R-8416.jpg

 この作品はタイトルのとおり「Stinky(=臭い、不快な)」が表す通り、普通のHipHopとは「ちょっと違った」視点で作られているように思えます。
 まあ、HipHop的な意味で行けば「ILL」に近い意味がある感じで、Denkaさん自身も良く使ってる単語なので、あまり詮索する必要がないかもしれないですが・・・その「違い」がこの作品の肝になっているかと思います。

 その違いの一つが「選曲」で、LPオンリーの未シングル曲を積極的にプレーしてて、面白いぐらい定番を外してる選曲をしてます!!

 上の写真に貼ったようにGangstarrOCのアルバムだと、シングルになった曲(GangstarrだとMassApealとか)を連想する方が多いかと思いますが、面白いぐらいにそれらを外してきて、知らないLPオンリーの曲をプレイしてきます・・・
 それもこのテープの半分近くがLPのみの曲をプレイしてて、有名なLPオンリーの曲(EPMDのFunkyPianoとか)もプレイしてますが、BiggieやShowbizなどの有名どころや、Smooth Da Hustlerあたり渋いアーティストのLPオンリー曲をプレイしてるのにはヤラれます!!
 また、個人的には90年代中頃に乱発してた微妙なサントラ(色んなHipHopアーティストの曲が映画と関係なく集合してやつ)からも未シングルな曲をプレイしてて、CommonやATCQなどをプレイしてます・・・ホント掘ってますね!!

 MUROさんなんかもLPオンリーの曲を結構プレイ(ATCQ / Show Businessとか)してましたが、LPオンリーの曲って、ちゃんとアルバムを聞いてないと気付かないことが多く、この点はDenkaさんの手腕の高さが分かると思います!!
 きっと、Denkaさんはシングルだけでなくアルバムもしっかりと聞いてたんでしょうね・・・本当に掘ってる人って、LPから良曲を探せることが出来る人だと思うので、こういう所は大変素敵です!!


 また、これらの選曲を通しで聞いてると・・・HipHopらしい「黒さ」や「太さ」が存分に発揮されてて・・・この点もDenkaさんの良さかな~と思います。

 この点はなかなか表現しづらいのですが、全体を聞いてると独特のグルーブがあるんですよね・・・上手く言えば「気づいたら首を振っちゃう」みたいな感じなのかな??
 選曲面ではアッパーな曲を使用してないのに、ベースラインやドラムがドープな曲を多く選曲してることがポイントだと思いますが、こういった雰囲気作りも上手いですね!!


organ.jpg RIMG0049AW.jpg

 あと、Denkaさんと言えば「2枚使い」でしょう!!

 この作品でも、ド派手ではないですが、カッコよく2枚使いが炸裂しています!!

 Denkaさんの2枚使いはカプリみたいな豪快な感じではなく、割と丹精な感じな2枚使いが多く、この作品でも写真左の「Organized Konfusion / Stress」なんかで2枚使いが炸裂してます・・・
 2枚使い自体はターンテーブリストのような作りこんだ感じではなく、結構ラフな感じもあるんですが・・・個人的には「つい真似したくなる2枚使い」が多いように思います!!

 これも曖昧な表現だと思いますが、ミックスの流れの中でサラッと決めてくることが多く、聞いてて違和感がない感じなんだけど・・・ちゃんと聞いてると「上手い!」って思ってしまう辺りが素敵で・・・クールなんだけど骨がしっかりとある感じかな??
 個人的には、選曲をメインに置きつつ、その流れの中でクールに決めてくるんだけど・・・選曲の黒さや太さをしっかりと含んだ2枚使いで・・・この辺はDenkaさんの特色じゃないかと思います!!

 また、当時としては万越えどころか、全然レコ屋で見ないレア皿を2枚使い(=2枚買ってる)って点もヤラれますね!!
 この作品がリリースされた頃(1999年頃?)は、HipHopの12inchの値段はバブル真っただ中で、今は安くなり、手に入りやすい作品が多いですが・・・よく2枚を揃えたな~と感心したりもしますよ(^^;)


 あと、2枚使い以外にも「細かい仕掛け」があり、この点も結構ヤラました・・・

 分かりやすいところだと写真右の「Diamond D / Beat Kept Secret(45king Remix)」なんですが、オリジナルミックスのイントロをプレイしてから45kingのRemixにカットインしてきたりしてました・・・
 このほかにも「Wu-Tang Clan / Methodman(Remix)」から、メスの声ネタ繋ぎで「Kenny Dope / Get On Down」に繋いできたり・・・細かい仕掛けがあるのもイイですね!!
 特にWu→Kenny Dopeの繋ぎは、ベタといえばベタですが、なぜかトラックリストに書いてなく、予備知識が無い状態で聞いてると、聞いてて「うっ、上手い!」って唸ってしまいます(^^;)



 んなわけで、ややザックリとした紹介になりましたが、大変良い作品だと思います!!

 個人的には、もうちょっとミックス作品における「ストーリー性」が欲しいな~とは思いましたが、作品全体の「太さ」や「黒さ」が素敵で・・・冬の寒い時期には首振り必死な感じが玉乱っす(^0^)

 でも、中古だとレアな部類になると思いますので・・・・お好きな人だけ買ってくださいね??





<Release Date>
Artists / Title : DJ Denka 「Stinky Flavor(青色)」  
Genre : Hip Hop
Release : 1999年頃??
Lebel : Beat Town Production No Number




<同タイトルについて>

DSC07051.jpg

 この作品のタイトルである「Stinky Flavor」なんですが、上記写真の黒色のテープ(写真が見えづらいのはご愛嬌?)も同タイトルになります・・・

 ただ、某氏の情報提供や、各種調査によると、今回紹介してる青ジャケが第一弾で、黒色が第2弾のようです??
 断定は出来ないのですが、青ジャケが最初だと思われるので、黒よりも先に紹介しました・・・間違えてたらすみません(^^;)




<過去記事の再編集情報>

 特に意味はないですが、以前紹介したDenka作品の中で、下の作品を再編集しました・・・お暇なら読んでね(^0^)

・ DJ Denka 「The Stinky Japanese Cuts」



スポンサーサイト