FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Seiji 「Old School Hip Hop 2」
DSC08464.jpg

 ミックステープというと「Hip Hop」がメインな感じがありますが、このブログではHip Hop系のテープをあんまり紹介していないんですよね・・・現在の私の趣味の問題もありますが、自分でもビックリするぐらい紹介していないです(^^;)
 ただ、HipHop系はガンガン買っており、溜まる一方なのが現実・・・なので、すこし真面目にHip Hop系も紹介しないといけないな~と思っていたら、今回紹介するテープと目が合いました。

 ンなわけで、今でも「頼れる現役DJ」であるSeijiさんの初期作品をご案内です!!


seiji_01.jpg DSC08466.jpg

 今回は、北海道・札幌が誇るベテランHipHop系DJである「DJ Seiji」さんの初期作品で、恐らく95年頃に作られた・・・いわゆる「手製」時代のかなりレアな作品の紹介です。

 Seijiさんに関しては、昨年にソロアルバムを出したり、盟友であるDJ Tamaさんと共同に近い形で年代別のHipHopミックス作品をリリースしたり・・・現在でも多忙な活動をしておられるのでご存知の方は多いかと思います。

 元々は80年代中期より東京で活動をしてて、原宿のホコ天時代のDJ Krushさんなんかと活動をしてた位なお方で、95年頃には地元である札幌に戻り、現在の活動があるのですが、若い頃はバトルDJとして有名だったし、ネタ系の知識もメチャクチャ高いし・・・ある意味「Hip Hopの生き字引」みたいな方かもしれないですね。
 ただ、Seijiさんに関しては、そういった「ベテラン」という風味はなく、常に「フレッシュ」な活動をしてる方だと思います・・・特に近年にリリースをしまくってるミックスCDのリリース量はとてつもないし、Seijiさんにしか出来ない感じが素敵ですね!!


 そんなSeijiさんですが、ミックス作品に関しては、かなり初期の頃よりリリースをしてたDJの一人だと思います。

 昨年、私が書いた「ミックステープを考える」でもちょっと書きましたが、日本においてミックステープが「作品(=商業作品)」として流通し始めたのは95年前後からになり、Seijiさんに関してはその頃から作っていたと思われます。
 私自身も、DJ業界に足を踏み入れた95年頃に、あのVeataxの直営店であった「Paco」でSeijiさんのテープを買ったことがある(このテープとは別で、買ってから暫くして友達に奪われました)ので・・・多分合っていると思います。

 ただ、この頃は、まだミックステープの市場も明確にないし、何よりも「テープをどうやって作るか?」や「テープをいかに流通させるか?」といった諸問題もあり・・・結果として「手製」に近いテープが流通してた頃だと思います。

 MUROさんや辰緒さんのテープ位だと、ちゃんと業者に依頼してプレスをしていましたが、それ以外はほぼ手製の世界で、まさに「アンダーグラウンド」な流通をしてました・・・今回紹介するのもその範疇のもので、市販のテープにダビングした作品になっています。
 そうなると、流通面でもアンダーグラウンドな部分もあり、売ってる店もかなり限られ、当時としてはその一部のレコード屋や洋服屋が主になっていました・・・私もSeijiさんのテープはPacoで買った訳ですが、明らかにスクラッチ関係の繋がりがあってたので売ってたんでしょうね。

 まあ、この時期のミックス作品は、まだ「作品」としての意識は少なく、新譜ミックスに近いのも多いので、ミックス作品としてはレベルが落ちる部分も多いのですが、当時としては貴重な情報源だったので、大変活用されてたと思います・・・
 個人的にはNishimiyaさんなんかのテープもたまに買ってましたが、新譜の情報を得るのにも役立ったし、レアな旧譜の情報もかなり得ていたと思います。


 ちなみに、この頃のSeijiさんのテープに関しては、手製のテープだったので、ジャケの裏面(何も印刷がされていないところ)には「せいじ」と書かれた手製のハンコが押されていました・・・ブート防止のタメですかね??

 また、私が当時Pacoで買ったSeijiさんのテープには、Blue Herb結成前のBossの曲が収録されていたと記憶しています・・・確かBest of Japanese Hip Hopのコンピに入ってた「悪の華(?)」だったと思いますが、当時は、なんかゴモゴモしたラップだな~と思いながら聞いていました(^^;)
 まあ、記憶の話になるので曖昧な部分もあるのですが、今回紹介するテープにおいても、インデックスのSpecial Thanks欄にBossの名前が書いているので、間違ってないかな~と思います・・・それにしても、そのBossの曲が入ってるテープ、なんでパクられたんだろう??


seiji_01_02.jpg seiji_01_01.jpg

 そんなわけで、テープのご紹介です!

 タイトルの通り「Old School」なので、Hip Hopの昔の曲を題材にした作品になっています。
 時期的には80年代中期から後期のMiddle期の曲を多くプレイしてるので、現代的な解釈だとOld Schoolからはちょっとズレる印象がありますが、95年の時点で「ド渋」な選曲をしてて、そのレベルの高さにヤラれます!!

 この辺もレコ的には弱いジャンルになるので、借り物写真になりますが、A面の最初の方には「Rammelzee vs K-Rob / Beat Pop」をプレイしてて、これ以降もド渋な曲の連発にヤラれます。
 選曲に関しては「ほぼ」と言っていいほどメジャーな曲はなく、808のビートが鳴り響くマイナー曲の連発になり、今となってはレコ知識も増えてるので有名な曲も多いですが、ド渋な選曲の連発には感涙です!

 95年ぐらいだと、HipHopの世界に足を踏み入れた輩がドッと増えた時期なわけで、旧譜の知識がある方は皆無に近かったと思います・・・その限りにおいて、80年代から活動をしていただけがあり、ド渋な選曲には「流石」の一言です!!
 また、A面の最初には、なんと「Red Alert」からのシャウトも入れてて・・・手製のミックステープの「域」を楽勝で超えてますね!!


 んで、ミックスに関しては、正直に書くとメリハリがなく、聴きずらい内容かな~とも思いますが、要所要所で渋い技が出てて、グッときます。

 例えば、「MC Shan /Down By Law」では、曲のブレイク部分で、あの名作HipHop映画の「Wild Style」のクラシック曲である「Down By Law」のワード部分をパンチイン的に擦ってて・・・グッときました!
 Seijiさんのスクラッチスキルなり、曲に対する知識の高さが表れた例示だと思いますが、こういった「いぶし銀」的な技を95年の時点で出してる辺りには感涙です・・・ホント、素敵なスクラッチ&2枚が渋く炸裂してて、流石です!!



 ンなわけで、何も知識がなく聴くと、凡庸なミックスな作品かもしれないですが、95年頃という時代性を考えると、とてつもなくドープな作品であることが分かるかな~と思います。

 手製作品につき、流通量はとてつもなく少なく、入手するのはかなり難しい部類のテープではありますが、欲しい方は気合で掘ってくださいね・・・
 私自身も、この時期のテープはトップウォントの部類なので、気合を入れて掘りたいと思います!!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Seiji 「Old School Hip Hop 2」
Genre : Hip Hop・・・  
Release : 1995年ごろ
Lebel : No Lebel No Number


 

---------------------------------------------
---------------------------------------------
<毎度の釣果報告>

DSC08467.jpg

 今月は、ボチボチとレコ屋に行っていますが、レコードもテープもあんまり掘れないな~と思ってたら、今週末にかけて爆釣で、万々歳でしたので、報告しておきます!

 まず、週末恒例のレコ屋行脚の一軒目に寄った渋谷の某ユニオンでは、MUROさんの鬼レアテープ「Funky Potion 95 to 96」が有り得ない値段で告知なしに売られてて、救出買いをしておきました!
 既に持ってるテープだったので、アレですが、トレードの予定がないのにトレード用に買いました・・・ただ、こういう鬼レアなのが出てくるのは嬉しい限りですね(^0^)

 んで、そのラッキーな勢いを武器に、下北で見たことないのをドマイナーなテープ(最近は見たことないテープを見るとつい買ってしまう)をゲットしたり、新宿では、毎度の見切り品テープでHouse系のテープがゴソッと出てたのでまとめて買ったり・・・土曜の時点で爆釣りでした!

 そんなわけで、帰りは一人祝杯をし、帰宅の途中にある池袋のユニオンに行き、なぜか私が酔っぱらった時にしか会えないN村さんと話をしていたら・・・ボムな話がありました!
 なんと、大口のテープの入荷があったらしく、良かったら見ませんか?というお誘いでした!!

 もー、二つ返事でお願いし、土曜は在庫が倉庫から出せなかったので、今日である日曜日に見させてもらったら・・・鬼ボムで、皆さんには申し訳ないですが、10数本を買わせて貰いました(^0^)
 本数的には50本程度でしたが、かなり探していたPaulさんの弟子筋に当る「Ruka」さんのテープや、辰緒さんの「Organ Bar No.00」という謎の作品(もしかしたら鬼レアな部類かも?)や、個人的には勉強中な海外スクラッチ系DJの作品などを買いました!!
 
 こういう裏取引的なことを書くのはどうかと思いますが、今回の放出は、売って頂いた方のセンスがメチャクチャ良かったのに救われます・・・恐らくDMRを中心に買ってたんだろうな~という感じで、ホント嬉しい限りです。
 テープって、レコードと違い、意外と「タンスの奥」に隠れていることが多く、タンス預金的な在庫(不必要なのに売られてない在庫)が多いジャンルだと思います・・・なので、こういった放出がたまにあり、出るときはその売った人のセンスが出てることが多く、その辺も面白いです。
 
 もし、このブログを読んでる方で、タンスの奥にミックステープが沢山あるのなら、私みたいな輩がいますので、是非、放出して頂けると助かります!
 正直、割と真面目に買い取ってくれるユニオン辺りでも、メジャー作品以外は底値かもしれないですが、意外な作品が高かったりしますので、是非お願い致します!!

 あと、池袋の件については、私が買わなかった分の話をすると、かなりイイ作品が多く、それこそSpinbad関連だったり、Paulさん関連、Organのスーさん関連などが、まとまって出てましたよ。
 レアどころで行くと、Ill Vibesの第2弾だったり、クボタタケシさんの第1弾などがあり、かつ値段もお手頃な感じでした・・・いつ放出するのかは分かりませんが、テープがお好きな方は是非「池袋」をチェックしてくださいね!!


 そんなわけで、釣果報告でした~ 
 N村さん、いつもどうもありがとうございます!!

 ちなみに、今週末は某所に出張予定なのですが、テープ関連で楽しみな話があります・・・どうなるのか、いまからワクワクしています(^0^)






スポンサーサイト