HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Hikaru 「Sunset Milestone」
DSC08539.jpg

 いや~、暑いっすね~
 暫くはこんな書き出しで始まりそうですが、夏本番になってきたのかな・・・嬉しいようで嬉しくないのが本音ですかね(^^;)

 そんなわけで、先日のKayaさん繋がりで「沖縄」モノのご案内です~


hikaru_00.jpg

 先日のKayaさんの作品でもちょっと引用をした「DJ Hikaru」さんの作品で、独特のグルーブが心地よい素晴らしい作品のご案内です!
 2010年にリリースの作品ですが、気づいたらCDの収納箱には入らず、常にCDが聴けるような場所に置かれており・・・昨年からかなり聞いてた作品で、今の時期には超お薦めですよ!!

 まず、Hikaruさんの紹介をしておきましょう。

 Hikaruさんは、現在は沖縄在住のDJで、日本全国を飛び回ってるお方で、ミックス作品も多数リリースされ、御存じの方も多いかと思います。

 元々は、90年代初期よりDJを開始し、東京/高円寺にあった「Grassroots」というクラブで長くDJをされていた方で・・・個人的な印象だと割とオルタナティブな方向の音楽をプレイしている方かと思っていました。
 一方的な印象でもあるのですが、それこそアンビエントっぽいTechnoやBreakbeats、そしてその類のHouseなんかをプレイしてるんだろうな~と思っていたし、DJと同時に活動をしていた音楽活動では、盟友であるDr.Tetsuさんとのユニット「Blast Head」として多数のアルバムをリリースし、そっちも割と同じ方向なので、中央線っぽい(?)オルタナな感じかと思っていました。

 ただ、たまたまですが、どこかのユニオンの店内BGMでコレがかかってて、レコを掘りながら数十分だけ聴いただけで「イイ内容だな~」と思い、調べてみたらHikaruさんだったことに気付き、即購入し・・・私が抱いていた「Hikaruさん像」が間違えだったことに気付きました。

 Hikaruさんって、ホント「音楽の人」で、ジャンルの壁がまず無く、その上で「独自のグルーブ」がしっかりとある方なんですよね!

 私自身もそんなには作品を聞いてないし、現場のDJを聞いたことがないので明言が出来ないのが心苦しいですが、この作品を聞いただけでもそれは分かるし・・・何よりもレコード屋さんやクラブ、そしてファンの人からの「信頼」が強い点で明白だと思います。


 そんなHikaruさんの良さは、この作品でも強く光り、大変良い作品になってます・・・以下で上手く紹介出来るか分かりませんが、紹介をしたいと思います。
 なお、レコは持ってるのも有りますが、持ってない曲も紹介したいので、借り物でいきます・・・

hikaru_01.jpg hikaru_02.jpg
hikaru_03.jpg hikaru_04.jpg

 この作品は2010年2月の夕方に、Hikaruさんが現在在住をする沖縄の「Milestone」というクラブでライブ録音をした音源で、きっと美しい夕焼けを背に、沖縄の美しい海を眺めながら作ったミックスで・・・独特のレイドバックした空気が大変素敵で、聴いてて本当にリラックスが出来る作品になります。

 出だしは「Ramp / Daylight」よりプレイするのですが、出だしの時点で「何か違う」感じがあり、一気にHikaruさんのミックスの世界に引き込まれます・・・

 選曲的にはHikaruさんらしいオールジャンルミックスで、Soul、RareGroove、Garage、Jazz、Brazil、House、Breakbeatsなんかをプレイしており、トラックリストが無いので分からない曲も多いのですが、分かった範囲だとGarageクラシックである「Wally Badarou / Mambo」とか、レアイタロな「G.A.N.G / KKK.」のようなちょっとダブっぽい曲を多くプレイしています。
 それこそ、後半ではビックリな「Marvin Gaye / Mercy, Mercy Me」をプレイするのですが、ダブっぽい空気感でプレイ(エディット版?)をしてて、ある意味、ゆっくりとした空気感を作ることを念頭において選曲/ミックスを行っている感じですかね?

 ダブっぽいというのは抽象的な表現ではありますが、割としっくりとくる表現で、とにかくBPMを上げない感じで、まるで、沖縄の海の匂いや、夕暮れの美しい色合いに身を任せてミックスしてるような・・・感じでしょうか?

 そう、Kayaさんのミックスでも書きましたが、ミックス自体が「沖縄感」がある感じです・・・それこそ「バレアリック」的な感じなんだと思いますが、バレでは決してなく「沖縄」なんだと思います!
 沖縄の空気と自然に身をまかせながらミックスした世界観ってところだと思いますが、これは誰にも真似できないですよ・・・Hikaruさんも沖縄に住み、沖縄に身を任せないと出来ない世界観を取得したのかな~と思いました。




 あんまり上手く紹介が出来ませんでしたが、ホント素晴らしいミックスです!!

 簡単に書けば「極上のチルミックス」なんですが、選曲の幅だったり、独特の空気感だったり・・・何よりも「沖縄の匂い」が心地よいミックスになり、これからもズーッと聞いていきたいと思います。

 Hikaruさんのミックス作品は、基本的にプレス数が少なく、市場では結構値段が付いているのが多く、決して買いやすい作品ではありませんが、ご興味のある方は聴いてみてくださいね!
 特にHikaruさんって、House/Breakbeats方面のファンの方には定評がありますが、HipHop方面の方には馴染みが無い方も多いかと思います・・・聞いたらかなりヤラれると思いますので、どうぞ!!

 なお、私自身は、あんまりHikaru作品を掘ってなかったのですが、この記事を書いて、ちゃんと揃えようかな~と思いました・・・けっこう高いタイトルもあるんだよな~(^^;)




<Release Date>
Artists / Title : DJ Hikaru 「Sunset Milestone」
Genre : Soul、RareGroove、Garage、Jazz、Brazil、House、Breakbeats・・・
Release : 2010年4月
Lebel : Sleeping Bugz Records SOS_MIX1




スポンサーサイト
DJ Kaya & Kamaxwell 「Lure Music - Shiromaru & Akamaru」
DSC08523.jpg

 梅雨が明け、暑い日が続き、寝苦しい日が続いていますが・・・と書きたいところでしたが、週末は天気がさえず、ちょっと寒いですね。
 なんか、今年は年間を通して週末の天気が悪いような気がします・・・週末にまとめて洗濯をする立場からすると困りもので、今日も全然乾かないっすね(^^;)

 そんなわけで、天気の悪さの話はおいといて、寝苦しい夏の夜には最適なミックスのご案内です!!


DSC08530.jpg DSC08528.jpg
DSC08526.jpg DSC08524.jpg

 紹介するのは久しぶりになってしまいましたが、大好きな「DJ Kaya」さんモノの紹介で、チルアウト系オールジャンルミックス作品の紹介です。
 ここ最近になり、久しぶり聴いてみたらツボにハマり、ここ最近は家でも外でも聴いてました・・・この時期にはバッチリな内容で、かなりお勧めですよ!!

 作品としては2002年5月頃にリリースされたもので、kayaさんと、Kayaさんが運営していたプロダクションである「Freee-K production」の関係者(共同運営者?)であるKamaxwellさんとの共作になり、トップの写真の通り「白」「赤」の2作品が同時リリースされました。
 Kamaxwellさんに関しては、今となっては情報がなく、詳細が分からない方なのですが、ミックスを聞く限りだと、Kayaさんと同様に、選曲の広さと奥深さがあり、独特のグルーブ(沖縄感?)があり・・・この作品においては片面ずつミックスをしてるのですが、両者とも息の合ったプレイは流石です!

 内容としてはタイトルの「ルアー・ミュージック」ということがポイントで、テープのインデックスに『音楽という素敵なルアーで恋を釣り上げる男と女の恋のフィッシング』と書いてあるので・・・まあ「男と女のラブBGM」系作品って言えばイイんですかね(^^;)
 一応、白(白丸)の方は「あっさり味」な内容で、赤(赤丸)の方は「こってり味」な内容になっており、白と赤とでは少しだけ温度差がある感じに仕上がってます・・・ちなみに白丸/赤丸は一風堂のことだと思いますが、私は白丸派ですかね~(極稀にしか食べないけど・・・)


 んでは、作品の紹介に行きましょう!

 白と赤とでは、ちょっとだけ違いはありますが、全体的には新旧の歌モノを中心としたチルミックスになっており、選曲の幅や独特なグルーブの出し方が素敵で・・・個人的にはかなり大好きな作品です。

 まず、選曲的には写真に上げた「Gwen Guthrie / Close To You」のような80年代R&B/ダンクラ系の曲や、「Adriana Evans / Reality」のような90年代以降のR&B/UK Soulなんかを軸に選曲をしています。

 この辺の曲を見ただけで選曲の傾向は分かるかと思いますが、素敵なのが「選曲の深さ」で、割とマイナーな曲や、他のDJがあまりプレイしない曲を多くチョイスしており、その辺はグッときます。
 私が持ってるレコの範囲だと、HipHopの曲をJazzカバーした隠れた名シリーズ「Unwrapped」からATCQのBonita Applebumのカバーをプレイしたり、意外と忘れがちな名曲「Towa Tei / Lov Connection」をプレイしたり・・・それ以外にも00年~02年位のマイナーなUK SoulやR&B、Reggaeなんかを多数プレイしててヤラれます!!

 また、そういった渋い選曲をしつつ、一定のグルーブを作っているのも最高で、この辺なんかはKayaさんらしいですかね・・・

 なんか「沖縄の夜」といったら陳腐な表現になりますが、気温は高く、湿度もあるんだけど、綺麗な星空の下で奏でられる「静かで優しい時の流れ」みたいのが前面に出ています・・・
 何とも表現が難しいのですが、不思議な空気感で、クーラーで冷やした冷涼感ではなく、その土地が持つ心地よさみたいのが出てるかな~と思います。




 紹介的には以上になりますが、ミックスもかなり上手く、グルーブのコントロールも素敵で、長く聞ける作品だと思います。
 ここ最近であれば、やっぱり沖縄在住のDJ Hikaruさんの諸作品に近い空気感があり、気づいたら長く聴いてる・・・そんな感じの作品で、これからの時期なら「天然のクーラー」みたいな効果があると思いますよ!! 

 ちなみに、私自身は中古で買いましたが、Kayaさん関連の作品は出るときは出るけど、意外と出ない感じなので、気になる方は頑張って探してみてくださいね!!



<Release Date>
Artists / Title : DJ Kaya & Kamaxwell 「Lure Music - Shiromaru & Akamaru」
Genre : 80'sR&B、DanceClassics、R&B、UK Soul、HipHop、Reggae・・・
Release : 2002年5月
Lebel : Freee-K Productions / Oh! Tape Joint  OTJ-19&20



------------------------------------------
------------------------------------------
<毎度の独り言>

DSC08536.jpg

 写真を見ただけでは、分かる人にしか分からないですが、久しぶりに「レコード祭」に行ってきました!

 レコード業界的にはよく「催事(さいじ)」と呼んでる類のもので、全国の色んなレコード屋さんが、商品を持ち寄って即売会をする・・・みたいな感じで、全国で定期的に開催をされています。

 私の住む東京近郊では、昔は後楽園のレコード祭が有名でしたが、最近だと池袋のレコード祭が有名で、ここ最近は池袋に近いところに住んでるので、時間があったら池袋のには行ったりしています。
 まあ、今までは色々と理由があってあんまり行かなかった(視聴が出来ないことが多かったり、品ぞろえがロックとかJazzとかに偏ってたり・・・など)のですが、最近は割とクラブ寄り(?)なお店も多く出店するようになり、時間があればチェックをするようになりました。

 そんなわけで、本日ですが、スカイツリーで盛り上がってる「浅草」で開催をしたレコード祭に行ってきました!!
 
 業界的(?)には、浅草というレコードとは縁遠い場所でなぜ開催をするのか?という感じもありましたが、発表直後からちょっと話題になってたイベントで、我らのMUROさんも金曜日に行ったみたいですね・・・
 私自身も浅草は滅多に行くところではないので、ちょっとだけ観光気分で行ってみよう・・・ということで、地下鉄に乗って行ってきました。

 会場的には池袋の2倍以上の広さで、参加したお店も多く、レコ掘り的には結構面白かったですね・・・私がメインにしてるDisco系のレコは少なかったですが、あんまり掘らないジャンル(ロックとか)もチラ見したり・・・何よりも池袋以上に「のんびり」した雰囲気が面白かったです。
 なんか、出張で行くレコ屋さんと同じ感じなのですが、そんなに掘れるのは無いとは思っていても、いつも行ってるユニオンとかとは違う雰囲気が新鮮で、なんかイイ気分転換になったような気がします(^0^)

 結果的には、小一時間ぐらい掘り、ちょっと探してたDisco系の12inchを横浜の某店さんから2枚ほど購入し、大漁という訳ではなかったですが、なかなか良い一日でした。
 ちなみに横浜の某店は、全国の催事に行かれてることが多く、私が横浜にレコ掘りに行く時は必ず閉まっている・・・というお店です(^^;)

 一応、その後に久しぶりに浅草をブラつき、ベタにスカイツリーの方まで歩きましたが・・・スカイツリー効果か浅草は賑わってますね!
 天気があまり良くなかったのは残念でしたが、夏の浅草はイイっすね・・・美味しいお店も多いし、風情もあるし、飲み屋も多いし・・・また時間があったら行こうかな??





 
Sadar Bahar 「Japan Tour 2012」(@表参道cay 2012/7/15)
DSC08512.jpg

 いやいや、久しぶりに踊ってきたので報告ですよ~
 個人的には「超期待大」だったSadar先生の来日DJ・・・最高でした(^0^)


P8090051.jpg DSC08492.jpg

 昨年の11月に一度作品紹介をしたことがあるお方ですが、Disco系DJである「Sadar Bahar(サダ―・バハ―)」さんの来日DJを紹介したいと思います。

 Sadarさんの詳細は、昨年の記事をご参照していただければ幸いですが、紹介した後も、すっかり「Sadar病」にかかってしまい、リリースしたミックスCDを掘り(もう少しでコンプです!)、ことあるごとに聞き続け・・・大好きなDJになりました。
 私自身の現在の音楽趣味が「Disco」ということもあり、ドストライクな方であることには間違いないのですが、その奥深い掘り師根性と、独特でFunkyな選曲&展開など・・・なかなか存在しないタイプのDJで、生のDJを是非聞きたかった方でもあります。


 そんなわけで、昨日、東京でのDJがあるとのことで、3連休の中日に行って参りました・・・場所は表仙道の「Cay」で、16時オープンのデイ・イベントでした。

 私自身は、ここ最近の仕事が醜くって、ストレス溜まりまくりの毎日で、休日も上手く取れなかったり、持病の腰痛が晴れなかったり・・・で、またクラブへ足が遠のいていましたが、今回のイベントは超楽しみで、気づいたら16時ぐらいには現地についていました。
 ちなみに、場所的には通常はタイ風レストラン(?)なんですが、Noriさんがやってた「Gallery」とか、その繋がりでDavid Mancusoの「Loft」を開催してたり・・・私自身は初めてで、箱自体もちょっと楽しみでしたよ。
 
 では、詳細は以下になります・・・


dj_kensei.jpg DSC08514_01.jpg

 まず、現地についてちょっと失敗したな~と思ったのが「早く着き過ぎてしまった」ことですかね(^^;)

 普通、夜10時オープンのイベントなら、夜の12時ぐらいに現地についているのですが、デイ・イベントって普段は行かないので、具合が分からず、気づいたら16時頃についてて・・・誰も並んでなく、1番乗りで入ってしまいました(^^;)
 まだ、お客さんよりもスタッフの方が多い店内で、一人でいるのは意外と辛いのですが、踊る気満々だったので、上着をクロークに預け、夏仕様のタンクトップで店内に入りました・・・

 そんなアウェー感がある店内において、凄い救われたのが・・・オープンからウォームアップであの「DJ Kensei」さんがプレイしてて、それが最高に良かったことですかね!!

 このブログを読んでいる方ならKenseiさんの名前を聞いて反応しない人は少ないかと思いますが、SadarのようなDisco系のパーティーでDJするなんて・・・と思っていました。
 Kenseiさんと言ったら、一時期は日本のHipHopの中心人物といっても過言ではないし、HipHopから離れて行った(?)後も、音響系なBreakbeatsをプレイするなど、割と違う方向に行ってしまった印象がありましたが・・・その印象は間違えだということに気付きました!

 入った16時ごろには、気持ちのいいJazz FunkやAOR/Fushion系の曲をプレイしてたのですが・・・それがメチャクチャ良かったです!!

 店内は、なぜか今回の内装関係を担当していたあの「永井博さん」の夏っぽい素敵な絵が飾られ、それこそ小粋にトロピカルな感じなんですが、それに合わせた選曲が気持ちよく、フラフラと浮遊するように踊っていました・・・観客は殆どおらず、ほぼ独占状態で聴けて、凄い贅沢な時間を味わえたかも?
 正直、プレイした曲は分からないのですが、頃合いをみて「Chic / Le Freak」をプレイするなど、終始飽きさせない展開が素晴らしく、かつ気持ちいいグルーブは秀逸で、ビール片手に踊るのは大変気持ちよく・・・6時前の時点で3本は空けさせて頂きました!

 正直、Kenseiさんがこういうプレイをするなんて・・・と思った部分もありますが、流石のベテランです・・・プレイの後半では、Sadarがプレイしやすいように4つ打ちで上げてきたり、また、終わった後も凄い楽しんでパーティーに参加されていて、ホント最高ですね!!
 こういうブログをやってる立場として書くと、今回のプレイのようなミックスCDとかを作ってほしい・・・と思いました(^0^)

 
DSC08520.jpg DSC08515.jpg
DSC08517.jpg DSC08516.jpg

 そんなわけで、18時40分ごろには、本日の主役であるSadar先生にバトンタッチ!

 一曲目に何が来るのかな~と思っていたら、ミックスCDをお聴きな方なら分かる、Denise LaSalleのあのイントロからスタート!!
 この展開は間違えなく、一気に引き込まれ・・・そこから「Disco地獄」の始まりです(^0^)

 この日のセットは、ここ最近のクラブ業界では珍しい「完全アナログプレー」のセットで、2タンテにダイヤルミキサー×アイソレ―タ―のみで、CDタンテやエフェクターもなく、あるのは「アナログ」のみというある意味「男らしい」セットでした!
 Kenseiさんもアナログのみでしたが、Sadarもアナログのみで、12インチと7インチのレコードのみを駆使していました・・・なので、音はメチャクチャよく、PA系が追いつかない部分(本数が足りず、低音が低く、高音が上げすぎだったような気がします)もありましたが、素晴らしい内容だったと思います。


 選曲的には、いつものミックスCDの通り「ドマニアック」な展開で、知ってる曲が殆どかからない・・・そんな感じなんですが、とにかく「ファンキー」なグルーブで押してくるのが秀逸で、ヤバ過ぎっすね・・・

 記憶で行くと「The Tramps / That's Where the Happy People Go」とか「Stephanie Mills / Put Your Body In It」なんかをプレイしてましたが、殆どの曲は分かりませんでした・・・ただ、どの曲もグルーブのあるDiscoが中心で、曲名を知らなくっても楽しめる感じは素敵です。
 ただ、流れの中で、客を飽きさせないために、たまにボムを入れてくる感じもあり、クラシックな「NuYorican Soul / It's Alright, I Feel It!」をプレイした時は、跳ねあがってしまい、近くにいた分かっているダンサーさんとハグをしちゃいました・・・この辺は分かってますね!!


 んで、もっとヤバいのが「プレイの仕方」かと思います。

 まず、Disco/Houseのラインにおいて7インチでプレイしたり、自分の顔の汗を拭いたタオルでプレイするレコードを拭いてたり(!)ノイズがレコに入っててもそのままプレイしたり・・・という豪快さにヤラレました!!
 また、DJプレイにおいても「豪快さ」が出てて、繋ぎはロングミックスは少なく、ガツっと繋いでくる感じで、暫くHouseのミックスで耳が慣れていたところにおいては、かなり「黒人的」な感じが素敵でした。 

 ただ、それは決して悪い方向に働いてなく、段々とSadarの世界にハマってくるとグッときます・・・

 とにかく、どの曲もプレイしながらSadarは歌いながらプレイしたり、感情を込めてアイソったり・・・まるで、Sadarの前にあるタンテから音が流れるのではなく、Sadarの心の中から音が流れている感じが素敵で・・・細かいことなんて気にしない姿勢が大切で、聴いてて本当に体が動いてしまう感じが素敵です!!

 考えてみれば、私はDimitriだったり、Dannyだったり、昔からのDiscoフィーリングを失わないDJが好きで踊りに行ってる訳ですが・・・Dimiなどは決してそれが悪い訳ではないのですが、プレイする昔の曲をある程度「現代風にアップデイト」してプレイしてるんですよね・・・
 ただ、Sadarに関しては、りエディット系の曲もプレイしてるので、全くとは言えないですが、昔の曲を、昔のままプレイしてる・・・といった表現になり、結果として「ファンキーさ」を出してるのかな~と思います。

 なんとも、答えがまとまらないのは心苦しいのですが、この「自然体」な感じは唯一無二で、素晴らしいですね・・・


DSC08518.jpg DSC08519.jpg

 んで、10時ぐらまで鬼渋い展開で踊らし続け、頃合いをみて「Ashford & Simpson / The Boss(Mark Seven Edit)」をプレイ! コレには激上がり&会場が一体になりましたね(^0^)
 写真左のLive版からEditした曲で、Sadarのミックスではよく登場をする曲だけに、個人的にも激上がりで、曲中に叫ばれる「Love!」という声をみんなで叫ばせ・・・あの一体感といったら堪らなかったです。

 ただ、あの後、普通に違う曲に繋いじゃうのはもったいない・・・ベタでもイイから「Diana Ross / The Boss」に行って欲しかったな~
 そういえば、踊ってて、その曲のリズムやグルーブを聞いて「次にアレが来たら気持ちよさそうだな~」と思っていても、次の曲は予想と異なることが多く、違う展開の曲に持っていくことが多かったですね。
 私も最後までいなかったのでアレですが、鉄板系の曲をもう少しプレイして欲しかった・・・そんな気がしました。


 でも、そんなことはすぐに払拭してくれました・・・10時30分位には、なんと「吉田美奈子 / Town」をプレイ・・・もう感涙で、踊りまくりました!!

 それもグッとくるのが、今回の内装関係を手伝った「永井博さん」がいる前でコレをプレイする根性といったら・・・Sadarスゲーよ!! 
 永井博さんと言えば「大滝詠一 / A Long Vacation」のジャケ絵を手掛けた方で有名で、夏を彩る絵を書かせたら右に出る者がいないお方で・・・そんな80年代の音楽シーンに影響をした方がいる前にプレイしちゃうんだから・・・グッときます!

 永井さん自身も、長くSoul系のコレクターをされていたので、このイベントの手助けをし、実際に会場にも来られ、椅子に座りながら楽しんでおられ、Townがかかった時の印象は見えませんでしたが、内心喜んでいたのかな~と思いました。
 私もリスペクトを込め(ここ重要!)て永井さんの真横まで行き、気合を入れて踊ってみました・・・音楽が日本語だろうと英語だろうと、その曲が古いか新しいかではなく、そこに「Funk(=魂)」があれば踊れるってことが伝わっていたら幸いです・・・ただ、ヤケに元気な30男が一人で一心不乱に踊ってる姿にも見えたかもしれないっすね(^^;)

 ちなみに、Townは最近でたリエディット12でも、オリジナルの12でもなく、日本盤のLPでプレイしてました・・・プレイ後に、ブース横にいた人に「この曲だよ」っという意味で、LPを渡していたので、分かりました・・・
 今回のプレイ、ホント分からない曲が多かったので、マニアな方はブース横にくぎ付けで、プレイ曲を見続けていた人も多かったっすね~



 ンなわけで、流石に4時から踊ってたので、11時頃にはアウトしました・・・最近、そうなんですが、無理して最後まで残るよりも、余韻を残して去ることが多く、今回もそんな感じです・・・

 個人的な感想を言うと、満足した部分もあれば、足りないところもあったかな~と思います。
 満足な部分は、SadarやKenseiさんのレポになるのですが、全体的な考えで行くと、音響面だったり、運営面だったり・・・気合を入れて踊れる環境がなかったのは辛かったかな~と思います。

 せっかく、アナログでやってるんだから、もっといいシステムでプレイしたらもっと良いと思うところが多く、人が増えてきて音を上げ始めた辺りから、音が物足りなかったり、高音が痛い感じにもなってた(スピーカーの真横とか)ように思えます・・・ベタですがelevenとかairとかの音で聴けたらもっとイイのかな~と思います。
 また、Bar営業という形でのパーティーなのでかなり明るい状況でやってたのも踊りづらかったっすね・・・逆にちょっと明るい方がSadarの動きが見れて良いのかもしれないですが、明るいとなんか踊りづらいんですよね・・・

 あと、これは大変失礼な話にもなるのかもしれないですが、このパーティーでは、カメラマンやビデオ係の方がやけに多く、場を和ませていたけど、ダンサーの足を止めるという意味では逆効果だったと思います。
 また、その流れからか、iPhoneなどでSadarの写真を撮ってる人が多く、あんまり良くないと思いました・・・踊ってる立場でもああいうのがあると緊張が切れちゃうので、ドアの時点で止めるべきなんじゃないか・・・とも思いました。
 実は、私も一時期はクラブの写真を撮り、店員に見つかって怒られる・・・みたいなことが多々ありましたが、上記なような緊張感的な考えから、撮らなくなったんですよね・・・というか、踊ってる時に写真を撮るのは面倒臭いので撮らなくなりました(^^;)



 そんなわけで、最後は愚痴ってしまいましたが、楽しい1日でしたよ・・DJを聞いた感じだと、DimitriとDannyの中間位なDisco感なんだけど、Funkの度合いはケタ違いで、まさに「Ghetto Funk」といった感じが素敵です・・・
 次はいつ来日するのかは分かりませんが、次回の来日も楽しみにしております!!




-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
<オマケ> 物販で買ったCD

DSC08522.jpg

 Sadar先生と言えば、来日に合わせて手製の新作Mix CDを持参することで有名で、先週末から、ユニオンでガンダムジャケの新作ミックス「Wired for Games」を発売しました。

 ただ、昨年書いた記事で、実際にSadarの来日プレイに行っていた方(来てたかな?)から、クラブでは更に別のCD(前回来日でのプレイ音源)を配布していた・・・という情報があり、現場では一般流通とは異なるCDがあるのでは?と期待していたら・・・上記のホワイトCDにSadarのサイン入りCDが発売されていました!!

 当然、購入した訳ですが・・・内容的にはガンダムジャケのと全く一緒で、むしろワントラックになっている・・・謎の作りでしたが、ファンには堪らない御馳走ですね(^0^)

 ちなみに、ファン心理って怖いもので、ガンダムジャケのも内容は同じなのに、急に欲しくなって近くの池袋のユニオンに先ほど買いに行ってきました(^^;)
 ただ、SadarのCDは、どれも手製の作品で、流通量が少ないので、ある時に買わないと出会えないことが多く、欲しい方は早めに買った方がイイっすよ!!


 あと、蛇足ですが、昨日のパーティーでは、なぜかユニオンの店員さんが多く、下北にいたI岡さん(辞めちゃってのにはビックリ!&一緒にいた方にもビックリ!!)や、お茶の水の女性の方とか・・・結構業界関係者(?)が多かったようですね・・・
 個人的には、先日の高田馬場報告の最後にチラッと書いたオマケCDを貰い損ねた際にいた池袋の店員さん(T嶋さん)がいて、T嶋さんから「この間はすみませんでした・・・」と声をかけてくれたのには嬉しかったです!
 私も踊っている時は素気ない態度を撮ることが多く、あんまり話が出来ませんでしたが、お心遣い、ありがとうございます・・・本日、上司のN村さんからオマケCDはしっかりと頂きましたよ!!




Maki the Magic 「Magic Sound Works R&B Vol.2 - the sweet mango of Maki the Magic」
DSC08486.jpg
 
 最近は、意識的に5日に一回ぐらい更新してましたが、久しぶりに更新が遅れました・・・すみません(^^;)
 なんか、早くも夏疲れがきてるみたいで、パソコンの前に座るのも億劫になってしまいました・・・

 そんなわけで、何となく聴いてたテープのご案内です・・・最近はこういうノリが多いっすね(^^;)


DSC08488.jpg DSC08487.jpg 
DSC08491.jpg DSC08489.jpg

 久しぶりな紹介ですが、Makiさんの人気ミックステープシリーズ「Magic Sound Works R&B」の第2弾をご紹介します。
 いわゆる「R&B」選曲のシリーズになるのですが、Makiさんらしい安定感のある選曲とミックスが聴きどころで、今でもしっかりと聞ける作品かと思います。

 内容的には、割とHipHopノリな跳ねたビートのものから、ミッドテンポな落ち着いた曲までを、流れを意識してプレーしており、聴きやすいです。

 前半ではHipHop的なビートが利いた曲を選曲し、それこそ「Yashin / Wanna Dance」から「Bobby Brown & Whitney Houston / Something in Common」に繋ぐなど、ノリをキープした選曲が光ってますね。
 んで、割と後半(B面)になると、ミッドテンポの落ち着いた曲でしっかりと聞かせてくる感じで、期せずして同じAtlanticモノの名カバー系の曲で「Deblah / Free」「Nicki Richards / Summer Breeze」なんかを選曲してて、つい和んでしまいます・・・

 傾向的にはガン上げでもないし、ラウンジ的なプレーでもないし・・・なんとも言い難い選曲/ミックスになってるかもしれないですが、適度なテンションと流れのある選曲の「塩梅」が上手いな~と思います。

 Makiさんのミックスを聞いていつもこういうことを思っているのですが、正直ミックスがメチャクチャ上手い訳でもないし、また選曲が突出して良い訳でもないのですが・・・聴いてると「安心」して聞ける・・・のがMakiさんの特徴で、その裏にはMakiさんらしい「さじ加減(=塩梅)」があるんだと思います。
 最近のミックスは殆ど聴いてないのでアレですが、Makiさんにしか出来ない不思議なグルーブが気持ちいい・・・そんなところですかね??



 そんなわけで、安心して聞ける作品のご案内でした~




<Release Date>
Artists / Title : Maki the Magic 「Magic Sound Works R&B Vol.2 - the sweet mango of Maki the Magic」
Genre : R&B、UK Soul、Hip Hop・・・  
Release : 2004年8月
Lebel : Magic Sound Works 005T

Notice : CD版について
 同時発売でCD版もリリースされていますが、テープのインデックスには「Smooth Mix Version - Cassette Tape Only」と書いてあるので、ミックスが微妙に違うようです・・・??






----------------------------------------------
----------------------------------------------
<毎度の独り言> 高田馬場ユニオンについて

DSC08482.jpg

 先月の初めにチョロっと書きましたが、私のホームグランドである高田馬場に我らのユニオンがオープンしたので、オープン直後の先週末に行ってきましたよ!

 場所的には、駅前からちょっとずれた所にありますが、行きやすい距離にあるので、なかなかの立地に作ったな~と思います。
 それも、写真のようにルノアールの上階に作ったのが面白いですね・・・なんか馬場らしくって良いですね(^^;)
 ただ、自分の生活圏(職場という意味で)にあの赤と黒の看板があるのはなんか気恥ずかしく、お店に入るのはなんか落ち着かなかったです(^^;)

 お店的には中古メインの総合店っという感じで、新宿とお茶の水にある「中古センター」的な品ぞろえで・・・いわゆるCDメイン/ロック系が強い感じなのですかね??
 ただ、アナログもしっかりとあり、HipHopとSoulはボチボチ量を揃えてあり、今回の来店では買うものがなかったですが、今後にはちょっと期待が出来るかな~と思います。
 
 ちなみに、テープも数本置いてありましたが、テープを買ってる姿を知り合いとかに見られたら・・・と考えてしまうと、周りを見回しながら買わないといけませんね(^^;)
 レコードを買ってることはカミングアウト(?)をしてるのですが、流石にテープを掘ってることは言えないっすよね・・・言ったら引かれるんだろうな~


DSC08485.jpg

 そんなわけで、ココからの方が本題かも??

 ユニオンの後は、ちょっと先にある、最近よく行く飲み屋(焼きトン系)で一人打ち上げをし、線路の反対側にある写真の店に行きました・・・
 恐らく、このブログを読んでいる方であればドストライクな店で、場合によっては狂喜乱舞しちゃうお店ですよ!!

 このお店は、いわゆる「ゲームセンター」なんですが、そこらへんのゲーセンとは桁違いなお店で、ある意味「イルマティック」なお店です。

 どういうことかというと、昔のゲームの取り揃えが異常にあり、かつそれらの昔のゲームを現行のゲームと同等の目線で運営している点が熱すぎるからです。

 例えば、名作カーレースである「Outrun」の筐体型のが普通に置いてあったりするのですが・・・その流れでスペースハリアーとかアフターバーナーのオリジナル筐体も稼働させてたり、シューティングゲームの代名詞ともいえる「雷電」であれば、シリーズを全て稼働させてたり・・・ラインナップを見ただけでもヤラれます!
 また、ドマニアックなゲームも多く、子供の頃にプレイした、微妙なゲームも普通に置いてあり・・・グッときます。

 私は実はゲーセン子で、子供の頃からゲーセンが好きで、大人になってもたまに行ってたのですが、現代的なゲームには付いて行けず、離れていた時もあったのですが、この店を知ってからは、飲んだ勢いでよく通っております。
 レコードとかと同じ考えになるかもしれないですが、昔のイイものを遊ぶ(=オーセンティック)的な発想が生きており、缶チューハイ片手に色んなゲームに興じております・・・いつもそうなんですが、気付くと崩した1000円が無くなってるんですよね~

 また、スタッフの方の熱意もメチャクチャ熱く、昔の基盤も気合で修理してたり、シューティングであれば連射機能を必ず付けたり、そのゲームを盛り上げるべくイベントを開催したり・・・メチャクチャ頑張っています!

 特にイベントはイルすぎで、私の行った土曜の夜は、なんと「スーパーリアル麻● pt3(脱●麻雀っすね)」のイベントで、トップゲーマーの方のプレイを披露する・・・という内容で、明らかにゲームバランスがオカシイ内容(プレイすれば分かります)で、いかにネーちゃんを脱がしていくか・・・をみんなで見守るというイルなイベントでしたよ!!
 スタッフの方がMCをしながら進んでいくのですが、その内容も軽快で面白く、私も酒を飲みながら観戦してましたが、ゲーマーの方が全部脱がす寸前のツモハイを見た時の観客の一体感と言ったら素晴らしかったです(^0^)


 そんなわけで、あまりこの店の魅力を伝えることが出来なかったのですが、ご興味のある方は馬場のユニオンの帰りにでも、訪問をしてくださいね!

 ちなみに、週末の夜に、缶チューハイ片手に脱●麻雀とか雷電をやってる人がいたら私の可能性が高いのでご注意ください(^^;)

 あと、ココで更に酔っぱらい、池袋に移動して、池袋のユニオンに行き、N村さんがいたら絡む・・・というのが最近の定番コース(?)ですかね~
 先週末もそうでしたが、CDをまとめて買い、配布が開始になったオマケのCDが付かないことを若い店員さんに愚痴って(=絡んで?)ました・・・いつもすみません(--;) 




出張報告(福島・仙台)
DSC08477.jpg

 え~、今週末は休日返上で仙台に出張があり、レコ関係で色々と面白いことがありましたので、報告をしたいと思います(^0^)
 出張帰り(お疲れ&ほろ酔い)なので、あんまり文章がまとまってないですが、読んでくださいね。


 まず、今回も前乗りなので、移動日である土曜日は空いてて、夕方までに仙台につけばよいので・・・途中下車をして福島に伺いました。
 福島ということは・・・そう「Little Bird」さんに伺うためです!!

 昨年の秋に一度訪れ、その時は帰りの新幹線の時間が間際だったので、あまり長い間いなかったのですが、なかなか濃い話が出来たので、今回の訪問も大変楽しみでした。
 特に、先日の訪問の際、店主のMarcyさんより「探せばミックステープもあるかも?」的なお話を頂いていたので、今月の最初に連絡を取り、もしテープがあれば購入をしたい・・・という旨を伝えた上で伺う予定でしたので、かなり楽しみでした!!

 んで、結果は・・・

DSC08481.jpg

 残念、テープは無しでした!

 お話だと、テープが伸びてたり、私が持ってそうだったり・・・といった感じで出せるのがなかったようです・・・
 ただ、結構探してたけど、なかなか見つからなかったレコード(Wayne Wonder / One Loveとか)がポンと出たり、お店に来店した方にプレゼントしてるらしいMarcyさんのMix CD(!)を頂いたり・・・福島に途中下車した甲斐がありました!!

 今回も色々と濃い話が出来、私のテープ馬鹿っぷりに引かれた(?)部分もありましたが、テープ関連で貴重な情報(辰緒さんのテープは深いっすね!)を頂いたり、レアなレコードの話だったり・・・短い時間でしたが、大変貴重な時間を頂きました。

 福島は、これからも仕事で行きそうな予感(?)がするので、Little Birdさんには、また時間があったら伺いたいと思います・・・テープは切れてても、コンディションが悪くても買いますので、宜しくお願い致します!!


DSC04669.jpg

 そんなこんなで、仙台に移動し、夜から業者飲みがあったので、それまでの間は仙台のレコ屋を回りました。

 知ってる方は多いかと思いますが、仙台って、一時期はレコ屋の多い地区として有名でしたが、ここ最近は閉店&移転などでレコ屋が急に少なくなった地区です・・・
 縦置きレコードが圧巻なParadise Recordsは移転したり、J&Bも一部店舗が閉鎖されたり・・・ちょっと淋しいですね。

 ただ、まだまだ頑張ってるお店も多く、ボチボチ回ってたのですが・・・写真の「Mail Man」がボムでした!!

 駅からだと結構遠い店なので、2年ぶりに行きましたが(上の写真は2年前の時)・・・店内に入ったら見たことある方がDJをしてる・・・なんと「Mitsu the Beats」さんがDJをしてるじゃないですか!!

 お店の方にチラッと聞いたら、ミックスCDの収録をお店の営業中にしてた(!)そうで、店員さんたちも外に出て、Mitsuさんだけが店内で収録をしてる・・・という状況で、レコは普通に掘ってよいとのことで、Mitsuさんの邪魔にならないようにレコを掘ってみました。
 ブログのネタ的には写真がないとアレですが、真面目にDJしてる姿を断りなしに撮影するわけにはいかなかったので・・・写真は無しです・・・すみません(^^;)

 んで、残念ながら買いたいレコはありませんでしたが、Mitsuさんの生DJをBGMに掘るレコードは格別で、なかなか貴重な経験でした。
 本当は、仙台の中でこの店あたりなら濃そうなミックステープを持ってそうかな~と思ってたので、お店の方に交渉をしたかった部分もありましたが、お店の方も忙しそうだったので、そっちの方が攻められなかったのはちょっと残念ですね~


 そんなわけで、仙台での釣果はゼロで、その後の業者飲みも、親しい知り合いと上手くコンタクトが取れず、国分町に行けなかったり・・・微妙でした(^^;)
 でも、帰りにE5系に初めて乗れたり、新幹線に乗る前に何気に購入した「伊達の牛タン弁当」が異常に旨かったり、結果オーライというところですかね~

 では、報告でした~