HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
V.A. 「Black Monday Forever」
DSC08674.jpg

 いやいや、今月は更新が遅れてすみませんね・・・結構な仕事地獄でブログの更新を放棄していました(^^;)
 久しぶりに車出張で福島某所へ弾丸出張したり、突然入社してきた後輩の指導をしてたり・・・愚痴りたいことは山の如しです(--;)

 ただ、メチャクチャ嬉しいことがあり、緊急入稿しますね・・・詳細は一番下になりますが、超嬉しいっす(^0^)


41GNYA7E3BL__SL500_AA300_.jpg DSC08676.jpg

 今回は、夏の時期とはあまり関係ない作品になりますが、日本語ラップマニアには「たまらん御馳走」な作品のご紹介です!

 この作品は1999年8月ごろにリリースされた作品で、1994年前後に西麻布のZoaというクラブで開催されていた伝説的なパーティー「Black Monday」のライブ録音を収録した作品になります。

 主催者の一人である「You The Rock」さんを中心に、さんぴん時代以降を賑わした実力派ラッパーが多数参加したイベントで・・・クソ熱いフリースタイルが炸裂しまくりで、発売当時、結構話題になった作品かと思います。
 分かりやすい例えかどうかは分かりませんが、Youさんの1stソロに収録されている鬼熱ポッセカット曲である「Black Monday」のオリジナル版とも言える内容で・・・日本語ラップが好きな方には堪らない作品かと思います。

 こういった「日本語ラップ創世記のライブ録音作品」は、探してみると結構あり、今年もBen The Aceさんの当時のライブ音源CDが発売されていますが、どの作品もクソカッコいいフリースタイルが入っており、耳を貸すべき作品が多いかと思います。
 作品の内容からいくと、どうしてもメジャーリリースが出来ず、アンダーグラウンドリリースになってしまいますが、今回の作品は鉄板でヤバく、特に参加ラッパーのフリースタイルが濃過ぎで、超お薦めですよ!!




 そんなわけで、作品の紹介に行きましょう!!

 作品は、このイベントの最終日の音源を中心にまとめられており、Youさんを始めとするラッパーが多数参加し、激熱なフリースタイルの連続にヤラれまくりです!!
 詳しくは、資料用に上げた上のYouTubeを聞いてほしいのですが、現場でしか成し得ないマイクの応酬にはグッときます・・・スタジオ録音とは違うテンションの高さはヤバ過ぎっすね!!

 参加する面子としては、Youさんの他に、盟友とも言えるTwigyや、Egg-Man、Hab、Shiki、Muro、Rino、Gama、G.K.Maryan、Patrick、Boy-Ken、Mammy-Dなどが参加しており、面子も超豪華ですね・・・

 YouさんのNight Flightでちょっと触れたような気がしますが、日本語ラップシーンを作り上げたラッパーやDJ達が献身的に参加しているのが印象的で、お互いが切磋琢磨してる感じが素敵です!
 なんかこういう音源を聞いてると、音楽が「一つの形」になる前の「いびつ」な状態なんだけど、それゆえに各人が不器用に熱くなってて、それがカッコよすぎですよね・・・Twigyなんかはギラギラしまくりでカッコいいです!!



 作品としては、ミックス作品ではないので、語るべきところは少ないのですが、さんぴん頃の日本語ラップブームに向けて、各アーティストが急激に熱くなり始めた・・・まるでマグマが沸騰する直前のカッコよさが如実に出ているかと思います。

 また、こういうのを聞いてると、ラップほど「現場」が重要な音楽は無いんだな~と思います。

 それも、その現場というのが、大きなライブ会場ではなく、場末のクラブにこそ真髄があり・・・こういう音源を聞けば聞くほど、クラブ活動の重要さを痛感します・・・
 日本語ラップって、一時期よりは縮小してしまいましたが、現場で頑張ってる野郎どもはまだまだ多いと思います・・・なんか、今となってはそういう野郎どもの心の支えになりそうな作品かな~と思います!!


 う~ん、まとめるのが難しいのですが・・・『ここにいる俺たち・・・』といったら『全員、ヒップホップジャンキーズ!!』と叫べる人で有れば絶対聴いた方がイイ作品です(^0^)
 一時期は値段がついていたテープですが、プレス数が結構多いので、中古では簡単に入手が出来るかと思います・・・是非、聴いてみてね!!



<Release Date>
Artists / Title : V.A. 「Black Monday Forever」
Genre : Japanese Hip Hop・・・
Release : 1999年8月
Lebel : No Lebel No Number

Notice : Black Mondayの背景について(2012/9/2)
 この記事の下の方にある「コメント」に、いつもお世話になっているソロバンさんより、Black Mondayに関する情報(Youさんの当時のインタビュー記事)を頂きました!! 興味のある方は読んで見てくださいね。





-------------------------------------------------
-------------------------------------------------
<今回の記事の本題>

DSC08675_001.jpg

 今回の記事は、先週末に突発的に起こったことが発端で書いてみました・・・

 実は、このテープ作品がCD化されることになり・・・その制作者さん側から、私にこの作品の「レコメンド」依頼があり、CDの紹介文章に私の文章が採用されました!!
 それも、制作者さんからのお話だと、この作品の首謀者とも言えるYouさんより御指名があったようで・・・超嬉しい悲鳴を上げつつ、先週の出張前の朝に気合を入れて集中して書いてみました(^0^)

 既にユニオンなどの販売サイトでは、事前告知として私の文章が載っている(参考に池袋ユニオンさんの記事を)のですが、普通にユニオンのブログを見てたら、私の文章が突然出てきてビックリしましたよ・・・なんか、自分の歌声を、録音したテープで聴いてるみたいな恥ずかしさがありますね(^^;)

 ただ、それ以上にYouさんが、このブログを読んでくれてたみたいで・・・人づてに読んでるかもしれないみたいなことは聴いてたのですが、これは嬉しいですね・・・
 私の世代としては、ほんとYouさんの存在は大きく、色んな事を学びました・・・なんか、変な形かもしれないですが、やっと恩返しが出来たかな~と思いました(^0^)

 某社のKさん、そしてYouさん、ありがとうございました!!


 ンなわけで、CD自体は月末に出るそうです・・・それもフクロウTシャツ付き(私の世代だとClip13を思いだします)もあるそうですよ・・・
 なんか、久しぶりに宣伝文章みたくなりましたが、興味のある方は月末まで待ってね・・・

 なお、こういうレコメンド記事の制作は、書いてみて分かりましたが、意外と難しいですね・・・いつものシツコイ文章しか書いていないので、簡潔に書くのが難しかったっす(^^;)



スポンサーサイト
DJ Kenta 「Sky Ride - The Beautiful Experience」
DSC08549.jpg

 え~、今年の京都・大阪・名古屋のレコ掘り旅行の記事について、沢山の拍手を頂きありがとうございました(^0^)

 昨年もそうでしたが、アレを書いてる時は、結構テンションが上がってたり、飲んでたりするので・・・後で読み返すと、自分でも引いちゃうことが書いてあり、結構恥ずかしいです(^^;)
 まあ、来年も行けるかどうかは分かりませんが、今後も精進をしていきたいと思います・・・


 そんなわけで、旅行記事でもチラッと書いた、やっと紹介が出来る作品のご案内です!!


DSC02245.jpg zz_dj-kenta.jpg

 この作品は、昨年ぐらいから凄い好きになってきたDJである「DJ Kenta」さんの作品で、昨年の年末に新宿のユニオン・クラブ店のみでリリースされた作品です!
 ユニオンの他の店舗では流通していない作品なので、知らない方も多いかもしれないですが、メチャクチャ内容が良く、夏の時期までには紹介したいと思っていましたが、やっと紹介する為のレコが揃ったので紹介です!!


 まず、この作品がリリースされた背景ですが、どういう訳か、ユニオンの新宿クラブ店だけで販売をしました・・・

 コレは、恐らくですが、現在の新宿店にはKentaさんが所属するZZ Productionのメンバーである「マイク大将」氏が勤務されているからだと思います。
 店頭でもよくお見かけしますが、現役ラッパーとあって、人脈が広く、新宿店のブログなんかを見てると、知り合いのラッパーやDJが来店した記事が載っており、コレは結構楽しみな記事だったりします。
 
 んで、Kentaさんに関しても、大将氏と当然近い関係な訳で、その流れがあって限定リリースをしたんだと思います。
 ブログで紹介した範囲だと、今年のGW辺りにはKentaさんのレアなミックステープが出ててたり、最近もKentaさんが過去に作ったミックステープの再発CD(凄くイイです!是非テープが欲しい!!)を新宿店だけで限定リリースしたり・・・ユニオンの中では一番Kenta熱が高く、もしかしたら昨年の4枚組再発シリーズも大将氏の糸引きがあったかもしれないですね??

 
 ンなわけで、作品の紹介をしますね~


DSC08550.jpg DSC08551.jpg

 この作品は、Kentaさんの名物ミックスシリーズ「Beatiful」の続編にあたる作品(シリーズ)のようで、Kentaさんらしいグル―ビーなミックスに仕上がっています!

 特に、この時期にピッタリな冷涼感がありつつも、気持ちいいグルーブで高揚していく感じが秀逸で・・・ジャケットの雲の上を滑空する飛行機のように、上質なグルーブが大変素敵なミックスです。
 また、選曲面も素晴らしく・・・流石Kentaさんな感じで、個人的には色々と唸ってしまいました!!

 以下で出来る限り詳しく紹介をしたいと思います。


 まず、出だしでは、Alton Ellisの名曲をバックにスムースに歌い上げた「Bitty McLean / Walk Away From Love」のダブ版からスタートし、いわゆるレゲエ的なユッタリとしたグルーブからスタートします。

 スタートの時点で非常にレイドバックした空気の作り方が上手く、レゲエ的な涼しさを演出してるのですが・・・凄いのが本道のレゲエはプレイしてなく、現行のSoulやFunk系のバンドの曲などからレゲエっぽい雰囲気の曲を選んでプレイしています!!
 私も、トラックを良く見ずに聴いてた限りだと、イイ感じのレゲエをプレイしてるな~と思ってたのに、よく調べたら非レゲエの曲ばかりでヤラれました・・・

 象徴的かな~と思うのが、名曲ラバーズのカバーではありますが、横浜繋がりで「Luvraw & BTB / Give Me Little More」のプレイが素敵で、ユッタリとした空気を煌びやかにしつつ、少し上げ気味な展開にし、選曲の次の展開にグルーブを進めてるのが上手いっすね~

 後で紹介をするDisco Dub関係の話にも繋がるのですが、こういう選曲の深さがKentaさんの魅力の一つだと思います・・・
 レイドバックしたグルーブを作るべく、レゲエというグルーブを選んでおり、最高に気持ちいい展開でプレイしてるんだけど・・・実は、そこで作られているのが非レゲエの曲っていう意外性が最高で、この辺はホント秀逸だと思います!!


 ちなみに、超蛇足な話ですが、この作品を聞いて、Luvrawの曲が欲しくなり、この作品の大半がアナログでプレイしてるので、きっとこの曲もアナログで出てるんだろうと思って春ぐらいから探してたのですが、全然見つからない・・・どんなに掘っても見つかりません・・・
 それは当り前で、この曲が入ってるCDアルバムは去年の晩夏にリリースされて、アナログは遅れて先月末にプレスされたんですね・・・その事実を知り、そりゃー見つからないよ!と一人ツッコミをしつつ、アナログを無事に購入しました(^^;)


DSC08659.jpg DSC08554.jpg
DSC08552.jpg DSC08553.jpg 

 んで、レゲエ的なユッタリとしたグルーブを進め、段々とKentaさんのグルーブに聴く者を引きつけたら・・・中盤以降、徐々にBPMを上げて行きます。

 そこでプレイするのが・・・なんと「Disco Dub / Disco Re-Edit」系の曲で、個人的にはこういうのまでプレイするの?と驚きつつ、流石のKenta印なグルービーな展開が秀逸で激上がりです!!


 まず、展開的な話をしておくと、それまでレゲエ的なグルーブで進む中で、レゲエの「Dub」的なグルーブを抽出し、それをDisco Dubな曲のDubっぽいグルーブとクロスさせ、選曲の方向性を違和感なく変えてくる辺りは秀逸です・・・
 それも、レゲエ→Disco Dubのクロスの仕方に更にヒネリがあり、実は名曲カバー/名曲Re-Editの曲で繋いでおり、聴いてる者の耳を馴染ませながらグルーブを変えているのが上手すぎです・・・
 Re-Edit系の序盤では、Hey Mr,DJネタのRe-Editである「The Revenge / Looking Up To You」をプレイし、馴染みのあるメロディーで4つ打ちの流れに持っていくのは流石です!!


 また、Disco DubとかRe-Edit系の曲もチェックしてるのにも負けました・・・

 この辺って、私もDiscoが好きなので、気にはなっていましたが、割とオルタナティブなHouseの流れがあり、HipHopサイドの近い立場だとあまりチェックしてる人が少ない印象がありました・・・なんらかんら言って、ネットかアナログ中心のジャンルで、マニアックな部類ですからね・・・
 Kentaさんに関してはDisco/ダンクラ系の曲も割とプレイしてるので、プレイしてても間違えは無い訳ですが、そういったマニアックな曲を、しっかりとKentaさんの腕の中でプレイしてる辺りは流石です・・・

 実際にプレイしてる曲は割と大ネタ感が強く、比較的ユッタリとしたグルーブの4つ打ち曲を選んでる感じがあり、あの有名ネタ師であるKon&AmirのKon氏が作成したRock With YouのRe-Editと言える「Kon & The Gang / Sunlight」なんかを選曲の流れの中でサラッと選んでくる辺りは流石です!

 また、それらの曲の一辺倒にならかったり、センスの良いヒネリを入れてくるのがKentaさんの深さですよね・・・
 実際の選曲で行くと、流れの中でPhilly Discoクラシックな「Montana Sextet / Heavy Vibes」のオリジナルから、数年前にリリースされたRoy Ayersの調べが美しい「Bah Samba feat Roy Ayers / Positive Vibe」に繋ぐのですが、流れになっいるDisco Dubとはちょっと異なる流れの曲を、Disco Dubの流れでプレイしつつ、かつ「バイブ繋がり」でミックスしてる訳で・・・この辺もイイです!!
 それも、Bah Sambaは12もありますが7inch版を選んでくる辺りも素敵・・・Kentaさんって、飄々としてる感じは有りますが、しっかりと掘ってるんでしょうね!!


 んで、後半のDisco Dub的な流れは、適度な跳ね具合を維持しつつ、気持ちいい展開を維持するプレーが秀逸です・・・

 ラウンジーなプレイと言えばそれまでですが、4つ打ちが基本なんだけど、4つ打ちな感じを前には出さず、その曲のメロディーを念頭に置いたプレイが印象的で・・・聴いててホント気持ちいいですね!!
 久しぶりに頭をひねって比喩表現をしますが、まるで、人が沢山集まり、電灯などが華やかな夜の遊園地で、そんなにハードでないジェットコースターに乗ってるみたいな・・・適度なBPMがあるハッピー・グルーブが素敵過ぎます!




 そんなわけで、前半・後半で流れが違うミックスになっているのに、不思議と流れがしっかりと繋がり、この熱い時期にな大変重宝する気持ちいいミックスに仕上がっていると思います。
 チルでも行けるし、アップでも行ける・・・まるで何も遮るものがない天空を、気持ちよく滑空(正にSky Ride!)してる感じは・・・まさにKentaさんにしか作れないグルーブで大変秀逸です!!

 今回は、割と選曲面やテクニカルな方向を説明し、KentaさんのDJの深さを考えてしまいましたが、何も考えずに聴いて頂いても(それが本当の聴き方ですよ!!)全然イケますので、興味のある方には是非聞いていただきたい作品です!!
 ちなみに、ユニオンのネットだと売り切れになっていますが、先月の記憶だと・・・新宿で、ちょっと売れ残っていた記憶があります(自信がないけど・・・)ので、気になる方は新宿に行ってみてくださいね!!

 あと、この話の流れに近いのですが、KentaさんがDisco界においては名門レーベルの一つである「West End」のオフィシャルミックスをリリースするようですね!!
 DJ Spinnaが素晴らしいミックスを出していましたが、Kentaさんのがどんな素晴らしいミックスをカマしてくれるのかが凄い楽しみです(^0^)





<Release Date>
Artists / Title : DJ Kenta 「Sky Ride - The Beautiful Experience」
Genre : Reggae、New Soul、New Jazz、New Funk、HipHop、Disco Dub、Disco Re-Edit、House、Breakbeats・・・
Release : 2011年12月
Lebel : ZZ Production BHE-014




------------------------------------------------
------------------------------------------------
<オマケ> 夏のヘビーローテーション♪

 いや~、夏はやっぱり暑いですね・・・暑いです(^^;)

 そんなわけで、夏は割と涼しいミックス作品を聞いているのですが、なぜか今年は豊漁で、夏を涼しくしてくれたり、彩ってくれる素敵な作品が手に入ることが多く、色んな作品を愛聴をしています・・・
 特に、会社から帰ってきて、風呂上がりにクーラーで少し冷やした室内で、冷たいビールを飲みながら聴くのには最適で・・・気づいたら寝てることも多いですね(^^;)

 そんなわけで、本当は紹介をしたいんだけど、夏が終わるまでに紹介出来る自信がないので、今年の夏に聞いてる作品を軽く紹介をしたいと思います~

DSC08667.jpg

 まず、今回のKentaさんもそうなるのかもしれないのですが、横浜系の方の作品に結構ハマってて、よく聞いております!!

 今回のレコ紹介でも登場したLuvraw & BTBさんなどが属する「Pan Pacific Playa」周辺の作品は特に聴いており、イイ作品が多いですよ・・・

 特にMr,Melodyさんの作品は好きなのが多く、基本的にはオールジャンルミックスなんだけど、横浜らしい「海の風」みたいな匂いがしてイイですね・・・説明が難しいのですが、ミックスを聞いてると、自然と落ち着いてくる感じがあり、大変好きです!
 Mr,Melodyさんもちゃんと紹介をしたい方なんですが、私の聞き込みが甘くって、まだ紹介が出来ないです・・・頑張ろっと(^^;)

 また、去年の年末辺りにリリースされた某Doo-Wopな7inchのオマケについていたCystalさんとJintanaさんによるDoo-Wopのミックス作品も素敵で、Doo-Wopでミックスを作る発想も最高ですが、夏の夜に意外とピッタリで愛聴してます!
 かなり異色な作品だとは思いますが、不思議と夜の静けさを引っ張ってくれ、結構イイです・・・ちなみに、Doo-Wopは達郎さんの影響なのかな??

 ちなみに、PPP系の作品はCDが不織布に入っていますが、私は不織布が好きではないので、速攻で自前のプラケースに入れ替えています(^^;)


DSC08668.jpg

 んでコレ以外に聞いてるのもあるので、順不同に紹介をします。

 まず、写真左上の緑色のヤツは、非レゲエアーティストによるレゲエミックスでお馴染みな「Strictly Rockers」で、ズーッと探してたECDさんのミックスがやっと買えて、激ハマり中です(^0^)
 ECDさんらしい和物ミックスなんですが、和物をダブ的解釈でミックスしてて聴いてて不思議とチルって来るのが不思議です・・・初めて聞いた時の「アップル殺人事件」がプレイされた時の衝撃も込みでかなり聞きこんでいます!!

 そして、右上のは、5月末にも紹介した関口紘嗣さんの新作(さくらんぼの実る頃)で、これも予想通りに聴きまくってます(^^;)
 関口さんらしいオールジャンルっぷりも素敵ですが、それらのまとめ方と、涼しげな空気感の作り方、展開のあるグルーブが素敵で、聴いてるとホント和んできます・・・
 また、細かく聞くと、選曲面の広げ方やミックスの丁寧さなど、かなり秀逸な部分が多く、現状で今年のMixtape Troopers大賞の候補に入っております(^0^)

 んで、最後はホント最近出た新作で、昨年から注目をしているMarrowsさんの新作(Paraiso)ですが、今年の夏物も予想通りヤバいです!!
 買ってからそんなには聴きこんではいないのですが、昨年リリースの「Melting Pot」と同様、趣向に満ちた幅広い選曲と、バックボーンとしてのレゲエ感が素敵に光るグルーブ作りなど・・・今回も夏には最適で、次世代のDiggin' Iceと言ってもいい出来だと思います。
 特にMarrowsさんと言えば「仕掛け」が作品上散りばめており、今回も和物系の仕掛けには完敗・・・達●さん(及びMーミン)系もそうだし、某歌謡曲もそうだし、Monday●ちるの隠れ名曲を入れてきてたり・・・流石です!!



 そんなわけで、どれも本当は普通の作品紹介として紹介したいんだけど、もっと聞き込みたいし、何よりもレコードを揃えないといけない(こっちの方が問題?)ので、軽く紹介してみました(^0^)
 なかなか買えない作品もありますが、ユニオン辺りだったら普通に買える作品が多いので、夏のお供にしていただければ幸いです・・・

 ではでは、皆さん、暑さに負けないでね!!







レコード屋探訪(京都・大阪・名古屋) 2012年8月
DSC08548.jpg


 え~、突然ですが、お盆休みなので、レコードマップを持って旅に出たいと思います!

 昨年の同じ時期にも行きましたが、自分を褒めるための旅行で、今年は昨年行ったので行くつもりじゃなかったですが、ここ最近、仕事がムカつくほどあったので、急遽ですが、行くことにしました・・・もー、ストレス発散が目的で、遊んできますよ(^0^)
 チケットも今週初めに取り(一人だと普通に取れるのね)、殆ど準備なしでの旅行になりますが、今年で紙での発行が最後の「レコードマップ」をお供に、一人で珍道中をしたいと思います。

 んで、これまた昨年同様ですが、旅行期間中は、一日ごとにその日の報告をしていきたいと思います・・・スマホでは長文が書けないので、モバイルPC持参し、その日の夜辺りに飲んだくれながら更新をする予定です(^^;)


 んでは、これから自宅を出発し、某所へ向かいます・・・どんな旅になるのかな?   



<1日目> 2012年8月12日 23:55

DSC08556.jpg

 おおっ、前ふりの段階で拍手とかコメントを頂けるとは・・・嬉しい限りです(^0^)

 そんなわけで、飲んだくれながら更新をしたいと思います・・・


 今日の朝、前ふり記事を自宅でアップした後は、東京駅に向かい、新幹線に乗り、向かった先は・・・京都です!

 えっ、去年と一緒じゃん!と思う方も多いかと思いますが・・・人生はそういうもんだと思ってください(^^;)

 この旅行自体、ほんと思いつきで計画されたようなもんで、休日出勤で行った高松の後、平日も馬鹿みたく仕事をし、疲れて帰っていたときに、JRの新幹線のチケットが買える券売機と目が合ってしまい・・・なんか逃避したいな~と思い・・・とりあえず京都行きのチケットを買ってしまったのが原因です(--;)
 う~ん、まさに「そうだ、京都に行こう!」なんですが、私にも降りかかってくるとは思いませんでした・・・まあ、私自身も裕福な仕事はしていませんが、そういうことが出来てしまう券売機がいけないと思います(^^;)


DSC08563.jpg
DSC08564.jpg
DSC08574.jpg

 そんなわけで京都の報告です~

 昨年も回りましたが、今年は昨年行かなかった店も行こうと考えたり、少ない時間でしたが、その店のストック調査をネットで事前にしたり・・・昨年以上に気合を入れて掘ろう!と考えていました。
 その甲斐あってか、昨年はテープが爆釣でしたが、今年はテープもレコも爆釣で万々歳です!!

 京都には11時ちょいにつき、とりあえず一杯飲みたいな~と思い、新京極へ移動し、吉田類さんの酒場番組にでたらしいお店(写真上)と出くわし、大変素晴らしいお店で感涙しながら大ジョッキを流し込み、レコ掘り開始です!!

 取り合えず、その店から近かった「Super Milk」というお店(写真中)に行きましたが・・・昨年同様、テープがヤバくって、初陣で爆釣でしたよ!
 昨年と在庫はそんなには変わって無かったのですが、こちらのレゲエ系テープの知識が増えてきたので、良いのをガツっと抜いて、レコードマップ割引もしてくれ、嬉しい買い物ができました(^0^)
 店主さんも「テープは今後もっと出しますよ!」的なことを言ってくれたので、来年も行きたいな~と思いましたよ・・・テープは市場に出ていないモノが多く、変な意味で「あぶりだし」が必要なので、テープ馬鹿な私としては、これからも布教活動(?)をしていきたいと思います。


 んで、今回は回ったことのない店を多く回ったり、事前に在庫確認をしてたこともあり・・・昨年は坊主だったレコが爆釣をさせていただきました!!

 特に爆釣だったのが、大阪時代は大変お世話になった「Vinyl 7」さん(写真下)で、Disco系の12inchをガツっと買わせて頂きました(^0^)
 たまたま持っていなかったタイトルが多かったのも理由ですが、今年の春より、大好きなUlticut Up!の未発表ミックスCDをノベルティーで配布していることも理由で・・・意識的にガっつりと行きました!!
 本当は万越えじゃないともらえないCDではありますが、お店にいた某M氏がサービス(ありがとうございます!)していただき、無事にCDをゲットしました・・・通販でも同じことができるかもしれないですが、実際にお店に行き、こういうサプライズがあると嬉しいですね!!

 
DSC08592.jpg

 そんなわけで、6時ぐらいに京都を出て、大阪にある某宿に移動し、風呂で一汗流してから、某ダウンタウンの生誕地にある某所で男遊び(?)をし、ホテルに帰ってほろ酔いで記事を書いています(^^;)

 今日の成果はこんな感じですが、なかなか良い買い物ができたかな~と思います。
 気になる方は、写真をクリックすると大きくなるので、確認してみてね!!


 レゲエ系のレアなテープがゲットできたり、念願のUlticutのレアなCDがゲットできたり・・・欲しかったレコがボチボチ抜け・・・写真的にもいい感じに仕上がったかな??

 追加で書いておくと、某レコ屋で、MUROさんの「Super Disco Breaks 銀」のCD版を相場の1/3でゲットしたり、ネットで目星をつけておいたのが無事に買えたり・・・嬉しい限りでございます。
 あと、個人的には、初めて行ったお店で、いろいろとカルチャーショックを受けたり(京都はお店の構造面で衝撃的な店がいっぱいありますね!)、凄い可愛い女の子が必死にレコード掘ってたり(足元系のレコを正座で掘ってて可愛かった!)・・・レコ馬鹿冥利に尽きる感じですね!!

 正直、今日訪れた店の大半は通販で買えたりするのですが、実際にお店に行くと、いろいろとサプライズがあるんですよね・・・こういうことがあるとヤメられませんよね!!


 そんなわけで、きょうの報告は終わりです。

 まだまだ書きたいことはありますが、明日も早いのでコレにて終了・・・明日は何をするのかな?? では、明日も夜更けに登場しますので、よろしくお願いいたします~





<2日目> 2011年8月13日 23:00アップ

DSC08597.jpg

 んでは、二日目の更新です・・・昨日の更新は、記事を1時間ぐらい書いてたのに、書いた記事がFC2に空送信だったみたいで、書き直した記事なので、ちょっと短い文章でした・・・すみません(^^;)
 そんなわけで、今日も色々とありましたので、今日は長めに書きたいと思いますよ!!

 初日は京都経由で大阪に入り、大阪でいつも泊まってる某ホテルで一泊し、朝起きて、飯を食って、向かった先は・・・甲子園です。
 はい、昨年とまったく同じ日程ですね・・・読んでる方も薄々気づいてきてるかと思いますが、ノープランで決めた旅行なので、日程的には昨年と同様ですね・・・すみません(--;)

 ただ、今回の旅の目的は甲子園に行きたかった・・・というのも大きな理由かもしれないです。

 昨年は、ほんと時間つぶしに近い形で甲子園に高校野球を見に行ったのですが、思いのほかヤバくって、あの独特な空気感は比類するものはないぐらいで・・・今年も朝一で行ってきましたよ!!

 今年は「和歌山・智弁和歌山 vs 鹿児島・神村学園」という試合で、あえて下調べをせず、会場について初めて知るスタイルで観戦しましたよ・・・ミックステープと一緒ですが、作品を聞く前からトラックリストを読んじゃうと、選曲の面白さが半減しちゃう・・・みたいな理論(?)があったので、あえて下調べをしませんでした(^0^)
 ただ、セオリー通りで行くと、絶対に地元開催側の方が面白い・・・というのを昨年知ったので、問答無用で智弁側の3塁外野に座りました!

 結果としては、地元な智弁が負けてしまいましたが、なかなか良い試合で、個人的には超満足でした!!

 まず、朝っぱらから生ビールが飲める状況が最高で、晴天ではなかったですが、あの開放感の中で飲めるのは最高ですね・・・このために1年頑張ってきたともいえる美味さでした(^0^)
 今回は、両サイドが中坊というナイスな状況でしたが、おっさんは関係なく飲みまくり、智弁の悪さを愚痴りながら観戦していました(^^;)

 あと、甲子園の醍醐味というと、アルプススタンドにいる応援団の存在で、両校とも素晴らしい応援歌(?)を熱演され・・・これも最高でしたよ!!
 これは絶対に現地で聞かないと分かりませんが、人と人が織りなす、地鳴りのような応援で、どんなに優秀なスピーカーでも再生できず・・・これを聞きたかったのもあったと思います(^0^)
 個人的には、負けてしまいましたが、智弁がヤバくって、流石に常連校だけに、ブラスの音の厚さがヤバくって、バスドラの鳴りと、ホーン系の鳴りが迫力満点で、良いですね・・・選曲的にも、なんと「コパカバーナ」をチョイスしたり、隠し味にカウベル系のハイハットを足してきたり・・・流石の一言です!!
 智弁に関しては、「Chicago / Street Player」とか、「Jackson Sisters / I Believe in Miracles」なんかをプレイしてほしいです・・・こういう視点は、このブログなので外せないかな~と思います(^^;)

 んで、昨年同様に、次の予定があったので、第一試合が終わったら退散してしまいました・・・是非とも、また行きたいっすね!!
 甲子園には魔物が住んでいる・・・なんて言いますが、客席側にも魔物がしっかりとおり、その虜になってしまったら抜け出せないんでしょうね・・・機会があったら、また行こう!!


DSC08609.jpg
DSC08612.jpg
DSC08615.jpg
DSC08614.jpg
DSC08616.jpg


 そんなわけで、甲子園から大阪市内に戻り、本業(?)なレコ掘りを開始します!

 昨年は、甲子園の後に神戸に行き、その後に大阪に戻ったので、かなり少ない時間で大阪(心斎橋周辺)を掘ったのですが、ここ最近の心斎橋のレコ屋の密集っぷりにヤラれ、心斎橋を集中的に掘るべく、超気合を入れて掘りましたよ!!

 ご存知の方も多いかと思いますが、ここ数年で心斎橋周辺のレコ屋が集中しはじめ、かつ優秀なレコ屋さんが集まってて・・・今となっては渋谷以上に「レコ村」になったのが心斎橋だと思います!!
 まあ、その人のレコ好みにもよりますが、全盛期の渋谷みたく、凄いレベルの高いレコ屋が右に左にある感じで・・・レコ馬鹿なら来ないといけない街になりつつあります!!

 んで、お昼ぐらいから夕方まで集中して掘りましたが・・・枚数はないですが、個人的には超爆釣でした!!


 まず、一時期の渋谷DMRのビルみたく、レコ屋が密集してる一番上の写真のビルに行きましたが・・・超最高でした!!

 もともと、素敵なレコ屋が点在してる雑居ビルでしたが、神戸にあったネタ系が強いレコ屋「Vinyl Chamber」が今年になって移転したらしく・・・だんだんと「レコ屋・九龍城」になりつつあり・・・真剣に掘ったら、欲しかったタイトルが買えましたよ!

 特に、2Fにある「Morpho Records」さんでは、けっこう探してたレコが買えた他に、巨漢の店主さん(失礼!)と色々とお話してたら・・・店主さんがあの「DJ Paul」さんのお知り合いのようで、色々とお話が盛り上がり、実りがありましたよ!
 個人的には、レジ横にあったPaulさんの見たことのないミックステープが収穫で、アレは絶対に欲しいですね・・・もしかしたら、売ってくれるかな~と思い、私の存在(?)を伝え、やんわりと「売ってください電波」を送りましたが・・・入手ができませんでした(^^;)
 あのテープや諦めていないので、次回に大阪に行ったときは口説けるといいな・・・頑張りたいと思います!!


 んで、その後も爆超&楽しいことが多く・・・今回の心斎橋周りは大変有意義な時間でした!!

 大阪に行ったら、絶対に行ってる「Boon Coon Records」さんでは、店主さんが、夏休み中のご子息さんとスマホのゲームで和気あいあいとしてる中、掘り掘りしてて・・・たまたま探してたSadarプレイの曲を発見し、レコードマップを見せたらグッと割引してくれました(^0^)
 これは褒め言葉になりますが、本当は子供に見せてはいけない場所(大の大人が、今となっては無価値なレコードに数千円払ってる姿は毒ですよ!)だと思うのですが、ご子息さんも、かかってる曲にハミングしてたりしてて・・・次のDJ Kentaがいたような気がしましたよ(^0^)


 そして、こちらも大阪に行ったら必ず行ってる「Afro Juice」さんでもボムが!
 お店に入ったら、なぜかウエルカムドリンクでドクターペッパーを貰うサプライズもあったり、今回は1枚しか買わなかったですが、あんまり出ないジャンルだったみたいで大幅に引いてくれたりしましたが・・・あの強面の店主さんと近づけたような気がし、凄い嬉しかったです。
 会計の際に、そのレコと関係のある12inchってありますか?と尋ねたら、もはやカオスとなりつつある店内(ストック棚)を探してくれたのですが、正直に「あると思うけど分からない」と豪快に答えてくれ・・・このお店がほんと好きになりました!
 レコ屋さんって、品ぞろえも大切ですが、その店の「売り」も大切で、その一つに店主/店員さんの「顔」があるんだと思います・・・これからもAfroには絶対に行きますよ!!


 んで、最後ではないですが、今回の心斎橋巡りは、回れば回るほど、欲しいレコなんだけどレートが高くなってくる様相があり・・・最後の方で行った「Groovenet Records」さんで大爆発しました!!
 お店自体は、超怪しい雑居ビル(1階の謎の料理店&コインランドリーが怪しすぎ!)の2階にあり、入ると白塗りで天井が高く、非常に開放感のある店内に、濃いレコが陳列してるのですが・・・値付け前のレコで、どうしても欲しかった万越えアイテム(The Brothers / Under the Skin)があり、結構悩んだ末に購入しました!!
 よく、ネット店舗を持ってる中古レコ屋さんで、買付直後で、値付けをしてないタイトルを、店舗優先で値札を付けずに陳列してるお店がありますが、Groovenetさんはまさにそうで、ネットには出さずに置いておいたそうです・・・正直、自分が思ってた相場よりやや高かったですが、旅の開放感なのか思わず買ってしまいました!
 旅先でレコードを買うことって、いいこともあり、普段以上に「冷静さを失う」ってところがそうだと思います・・・このレコも結構するレコードで、もしこの値段でユニオンに出てたら手を出さないのですが、旅先だと解放感(?)があるのか、結果として「後押し」してくれますね・・・


 あと、Groovenetさんと同系統な感じのお店だと、心斎橋を外れたところにある「Revolution Time」さんも素敵ですね!
 こちらも、人っ気のない雑居ビルの上階にひっそりとあるのですが、Disco/Reggae系の品ぞろえが素敵で・・・昨年もけっこう探してたタイトルが買え、今年もたまたま欲しかったレコを一枚だけ買えたり・・・個人的な趣向にピッタリなお店です!!
 品ぞろえももちろん良いですが、あの空気感は素敵で、お店に入っただけで異世界にいる感じが素敵です・・・なかなか言葉に言い表せないのですが、大変好きなお店ですね!!


DSC08620.jpg

 そんなわけで、夕方に心斎橋巡りを終え、ホテルの大浴場で汗を流し、日本橋周辺のレコ屋を閉店ギリギリまで巡ってたら、突然の大雨と遭遇し、これ以上は巡れないので、地下鉄の地下街にあった串カツ屋で舌鼓し、ホテルに帰ってこの文章を書いてます。
 最近、東京でも串カツ屋が増えてますが、大阪のレベルには色々な意味で勝てないっすね・・・土地の雰囲気というんでしょうか、串は大阪で食わないと美味くないです!!

 今日に関しては、テープはまた坊主でしたが、昨年の旅行以上に大物引きで・・・大阪のレコ屋の集合っぷり&濃さを肌で感じた一日でした!!
 心斎橋というか、大阪のレコの濃さは、今となっては東京以上で、旅費を払っても回る価値があるので、お暇な方はレコードマップを片手に旅行してくださいね・・・レコードマップを見せると、条件次第では大幅に引いてくれ(=大阪イズムでしょうか!)るので、必須ですよ!!



 では、本日の更新終了です・・・もう、もろばれですが、明日はどこに行くんでしょう・・・某中京地区のみなさん、短パン&半袖で、ユニオンのエコバックを持ってるおっさんがいたら要注意ですよ~
 んでは、酔いがかなり回ったので失礼・・・明日もどこかで紹介をしますね~




<三日目> 2012年8月14日 21:00アップ

DSC08625.jpg

 そんなわけで、三日目です・・・もうバレバレですが、昨年同様に名古屋に朝一で向かいました(^0^)
 
 今年の旅行は晴天とはいかず、時折雨が降る感じで気分も晴れないところもありましたが、今朝は大雨で、ニュースを見ると関西地区で電車が止まってる話が出て、ちょっとビビりましたが、無事に名古屋に着きました。
 まあ、名古屋も1年ぶりですが、行きたいお店が多かったので、この旅の最後としては間違えない日程ですかね・・・というか、京都行きの新幹線を思いつきで買った後、その後はどうしようかな~と2秒ほど考えて、やっぱり最後は名古屋かな~と思い、問答無用で去年と同じになりました(^^;)


DSC08626.jpg
DSC08629.jpg

 昨年同様、近鉄のアーバンライナーでのんびりと移動し、お昼前に名古屋につき、地下鉄で中心部へ移動し・・・名古屋観光を全くせずにレコ掘り開始です。
 昨年は、大阪・神戸・名古屋の名物タワーを登るなど、割と観光的なこともしてましたが、今回の旅ではそういう時間があれば、レコ掘りに回したいな~と考えていたので、旅行中はレコ掘りモードが強かったかな~と思います。

 そんなわけで、今回の名古屋は、あのMurakamigoさんもスタッフに名を連ねる「Greatest Hits」さんからスタート・・・
 昨年は、結構期待して初入店したら、レコは坊主でしたが・・・今回は、たまたま探してたDiscoの12inchが2枚ほど見つかり、会計でもレコードマップ割引でニンマリでした(^0^)
 なんか、レコ掘りで旅行に出ると、どの都市でも初陣が大切で、初陣が当たると、その後もゴツいのが引けるケースが多いので、この当たりは大きいっすね!!


 んで、こちらも期待をしてた「Banana Records 大須店」ですが、昨年同様、見たことのないテープが結構あり、強気な値段もありましたが、お店の兄ちゃんがビビるぐらい買ってやりました!!
 在庫を見る限りだと、昨年からは在庫は回転してて、おそらく名古屋でしか出会えなさそうな初見のタイトル(たとえばTaki-Shitさんモノ)もあり、来店した甲斐がありました(^0^)
 本数的には10本程度ですが、名古屋の中古テープ市場はまだまだ眠ってるな~と思います・・・昔っからReggaeとHipHopとWest方面でテープが熱かった地区だけに、もっと出てきて欲しいっすね!!


DSC08637.jpg
DSC08635.jpg

 んで、その後は、名古屋に行った大きな目的の一つである「Mega-Mix Records」さんへ行きました・・・
 昨年、かなり抜いたし、ブログでも「ミックステープの聖地」と書いたので、その後、誰かが抜きに行ったかな~と思い、今年はあまりないだろうと思っていたら・・・流石「聖地」です、昨年ほどは買いませんでしたが、昨年見かけなかったタイトルもあり、気づいたら16本購入です(^0^)

 お店は、昨年以降、同じビル(倉庫?)の2階に移動したのですが、レコードしかない異常な光景(また隠し撮りをしてました、すみません・・・)はそのままで、レコの方は、少しだけ欲しかったHouseのタイトルを探すも頓挫し、本丸のテープ掘りに集中をしました。
 在庫の実数で行くと、昨年よりも減っていましたが、かなりのタイトルが残っており、空調があまり効いていない(失礼!)店内で、汗と埃にまみれながらテープをチェックし・・・断腸の思いでWest系は手をつけず(かなりの量がありました!)、私にしか分からない(?)テープを多数ゲットしました!!

 んで、お会計の際、店主さんとお話をしてたら、私のブログを知ってたみたいで、その後、色々と情報交換ができました!!

 店主さんも、ああいうブログを書いてる人だから普通じゃないんだろうな~と思ってたそうで、私の姿が普通(一般社会に溶け込むと、かなり普通な人だと思います??)だったのに驚いていたことや、私以外にもう一名、テープをドカ掘りしてた人がいた(そっちの人を私と思ってたみたい、そっちの人は名古屋発でヤフオクの出品をガンガンやってる人??)とか・・・なかなか面白い情報を頂きました。
 おかげで、私も気が動転したのか、お店を出た後、買い忘れたテープ(多分持ってるけど、持っているかどうかが判断つかず、とりあえず買っておこう系)があることに気づき、あわてて戻り、追加購入をしたぐらい嬉しかったです!!

 私自身は、あんまり存在を明かすのは好きではなく、一人の客として商品を買いたいところの方が強いのですが、こういうブログをやってる以上、それはそれで武器になる部分があるかと思います。
 たとえば、顔が知れることで先に品物を拝見することができたり(ユニオンのN村さん、ありがとうございます!)するわけですが、それ以上に、各地のレコ屋さんに「テープ」が商品になることを伝えたいんですよね・・・

 テープっていうと、レコード以上に忘れられた存在になっていますが、色々な意味で「存在価値」があると思います・・・その魅力は、断片的にですが、このブログで伝えているので、読んでいる方であれば多少は分かると思います・・・
 なので、その「良さ」を配給側であるお店に伝えたい・・・なので、Mega-Mixさんや大阪のMorphoさんには存在を伝えた次第です・・・私みたいなマニアが多少はいますので、もっと売ってくださいね!!


DSC08639.jpg

 そんなわけで、旅の〆は、名古屋に行ったら絶対に食べたい「ひつまぶし」の店で一人打ち上げをし、駅に戻って新幹線の出発時間まで一杯飲みながら今日の更新の下準備し・・・飲んだくれながら東京行の新幹線の車内で更新をしています(^^;)

 旅慣れてくると、レコを掘りすぎて汗まみれになるので、帰りの新幹線で快適に更新ができるように、着替えをしっかりと用意しておいたり、今日の記事を更新するはずなので、新幹線は窓側のコンセントがある方を予約したり・・・旅における「野生のカン」が当たりまくりで、ちょっと嬉しいです(^0^)
 ただ、毎度そうなんですが、私が新幹線とかに乗ると、隣の席は絶対に野郎かオッサンかお婆ちゃんになるんですよね・・・今回の旅行では3連ちゃんで野郎が横にいます・・・いつか、可愛い女子が横にいることを夢見つつ、今日の更新は終わりたいと思います。

 明日は明日で、この旅行の清算的な記事を書くと思いますが、財布の減り具合からいくと、恐ろしい金額を費やしたみたいです・・・今日の時点でも、レコードをまとめるバックが異常に重いので、帰ってから清算をするのが大変怖いです(--;)
 まあ、今年は、テープはそこそこ(それでも30本ぐらいは買ってるかな?)ですが、レコードが異常に当たっており、それが原因かも・・・嬉しい悲鳴ってところなんですかね~


 んでは、なんと今年は名古屋から書き始めて熱海で書き終える・・・という奇跡(昨年は東京に着くギリギリで書き終わりました)が起きつつ、今日の更新は終わります。
 東京までは飲んだくれつつ、旅の疲れを癒したいと思います・・・ではでは・・・




--------------------------------------------
--------------------------------------------

<釣果報告> 2012年8月15日 22:10アップ

DSC08645.jpg

 いやいや、何らかんら言って疲れました・・・昨夜は9時頃に東京駅に着き、駅の近くの飲み屋で一杯し、そのまま家に帰り・・・疲れてたのか速攻で寝てました(^^;)
 今日も今日とて、洗濯やら、買ってきた荷物の整理やら、髪を切りに行ったりや・・・色々と忙しく、やっと更新が出来ました。

 とりあえず、戦利品を並べてみましたが、どうでしょう?
 金額的なことは書けませんが、レコが17枚、テープが39本で、金額的には去年より買っています・・・暫くは節約の日々になりそうです(--;)
 ただ、昨年以上にレコは欲しかったのが集中的に買えたし、テープも39本もまとめて買えた(ダブりは1本だけだった!)ので、万々歳ですかね・・・

 ンなわけで、昨年同様で、戦利品の紹介をしましょう・・・昨年はテープだけでしたが、今年はレコとテープを、伺ったお店順に紹介したいと思います。


DSC08647.jpg

 まず、京都の初陣だった「Super Milk」さんでは、昨年同様にレゲエ系の濃いテープをゲットし、個人的にボムだったのが「Muro / Super Reggae Breaks」のブートテープです!!

 どうやら、共演をしてたZoo-Shimiさんのミックスのみを勝手に取り出し、本当の意味での海賊版として作られた1本組みのテープで・・・ある意味、衝撃のテープですね?
 私個人としては「コレもブートがあったの?」という感じで、喜んで買ってしまったところがあります・・・実はレゲエ界では、ある時期、既存の国内産ミックステープを勝手にダビングして売ってた店があったようで、そのブートの研究をしてたところなので、資料用に購入をしました。

 このブートテープの話や、レゲエ界のテープコピーの話はもうちょっとで書けると思いますが、ココまで掘ってる人は相当「おバカさん」なので、あまり真似はしないでくださいね・・・
 ちなみに、同時に購入したMightyがやってた「Casette China」モノも、厳密に書けば「ブートもの」なんですが、しっかりと選ばれた音源を、素敵なジャケットをつけてリリースしてたので、コレはブートの域を超えたテープかな~と思って現在収集中です!! 


DSC08641.jpg

 んで、次はVinyl 7ですかね・・・旅行中の記事でも書いたUlticut Upsの限定ノベルティーCDですね!!

 今年の春から京都市内のある洋服屋さんで配布をしてたようで、Vinyl 7が製造元みたいなものなので、Vinyl 7でもノベルティーとして配布をしてたようです。
 Ulticut中毒者としては、絶対に欲しい1枚だったので、コレだけは狙っており、気合で1万円近くまでレコを買い、無事にゲット出来ました(^0^)

 内容的にはHouseミックスらしく、まだ聴いていないのでアレですが、Ulticut印のハイパーなプレイが入ってるのかな?? 聴くのが超楽しみっすね!!
 あと、早く新作が出ないですかね・・・春先だかに新作が出る的な話があったのですが、どうなったんだろう??


DSC08664.jpg

 んで、今度はレコードの話ですね。

 レコは、旅行中の記事でも書きましたが、昨年はレコが坊主だった京都では、レコが結構買え、個人的には嬉しい悲鳴でした。
 特に、東京で探してたんだけど、意外と見つからなかったレコが見つかったケースが多く、こういうのは嬉しいっすね。
 何枚かは事前にネットで調査をしてて在庫があることを知ってたのもありますが、実店舗に行って本当にあるかどうか分からないケース(売れてたことが更新されてない場合もありますよね)もあるので、在庫があるんだろうけど、本当にあるのかな~と思いながら、ドキドキしながら掘ってたレコもありました(^^;)

 例えば、写真左の「Ashford & Shimpson / The 12inch Collection」ですが、数年前に新譜としてリリースされたシングル盤のボックスセットで、ここ最近になり急に欲しくなり(Ashford系のオリジナルを揃えるのは不可能と感じたので)、結構探したけど意外と出ない逸品で、京都のJet Setでゲットしました。
 ネットで在庫があることを知ってて、店内を探してもなく・・・コレは無いのか?と思い、店員さんに在庫を聞いたらストックがあったみたいで無事にゲットです。
 ただ、間違いが一つ・・・レコ掘りの序盤で「ボックスセット」を買うのは間違いでした・・・5枚組ですが、超重く、帰りの時の荷物の重さの原因になっていました(--;)

 その他だと、右の「The Revange / Looking Up To You」は、DJ Kentaさんがプレイしてた新譜系のDisco Editモノ(タイトル通りHey Mr,DJネタのエディット)で、これもかなり探してたレコで、京都のJaponicaさんでゲットしました・・・これが揃ったので、やっと紹介出来る作品がありますので、お楽しみに!
 ただ、コレもネットで事前調査してたのですが、オチがありまして・・・お昼をちょっと過ぎた位にお店に伺ったら、バーも併設してるお店なので、貸切パーティーがあり、入れませんでした・・・和やかに記念撮影をされてましたよ(^^;)
 こういうケースは珍しいと思いますが、夕方近くになれば終わるだろうと思い、他の店を回った後に行ったら、貸し切りが終わってて、無事に買えました・・・ネットで知ったのなら、ネット通販で簡単に買えると思いますが、こういう苦労とかオチがあると、店舗で買う価値があるのかな~と思います。


DSC08665.jpg

 んで、今度は2日目の大阪ですね・・・テープは相変わらず坊主でしたが、レコは爆釣で、万々歳です!!

 まず、大阪も在庫の事前確認をしたのもありますが、その場で出会ってしまった系のレコが結構あり、その話からしましょう・・・

 旅行中の記事でも書いた「Morpho Records」さんでは、レコをめくってたら、かなり探してた「Phillip Leo / Hypnotic Love」と遭遇し、無事にゲットしました!!
 MUROさんが、Cypherでプレイしてたのを聞いて、ズーと欲しかったレゲエ系R&B(?)で、15年越しでゲットというところですか・・・レコをめくってて、目があった時の感覚といったら堪らないっすよね!!
 この発見した時の感覚が好きで、レコ屋周りしてるのもあるのですが、コレってその時に状況なんかによっても反応が違うので中々言葉に出来ないですよね・・・Morphoさんは歌モノに強いので、もしかしたら・・・と思ってPの行をめくってたらレコがあり、心でガッツポーズをしてました(^0^)


 また、お子様と和み中だった「Boon Coon Records」さんでは、これも最近になって探してた「Touch / Keep On」というUK Jazz Funkの12inchと遭遇・・・これはマニアック過ぎて、全然見つからなかったので、嬉しいです!
 ただ、コレは家に帰ったらオチがありました・・・実は、この曲はSadar BaharがあるミックスCDでプレイしてて、気になった曲で、色々と調べてたらこのレコだろうということになり、事前に視聴が出来ない状態で探していました・・・
 お店で視聴した時も「アレ?ちょっと違う??」と思いましたが、Sadarなのでピッチアップしてプレイしてるのかな~と思い買いましたが・・・家に帰って聞いてみたら違う曲でした(--;)
 う~ん、Sadarのトラックリストって、あえて間違えて書いてる部分もあるので、正にそれなんでしょうね・・・買ったこのレコはレコで良い内容なのでOKなんですが、捜索の旅は続きます・・・


DSC08655.jpg

 んで、これは清水の舞台から飛び出しましたよ・・・

 文中でも触れた「Groovenet Records」さんで購入した「The Brothers / Under the Skin」のアメ盤12inchです。
 個人的には、Dannyがelevenのパーティーでプレイしてて、イイ曲だな~と思い、ズーッと欲しかった一枚で・・・家に帰って聞いたらホントイイっすね!!

 このレコは、値付前のレコだったみたいで、レジ前の段ボールにむき出しで入っており、レコを掘ってて目が合い、電気が走りましたよ・・・ただ、その反面、値段が書いてなかったので、店主さんに値段を聞くのが凄い不安だった記憶があります。
 値段を伺ったら、妥当な値段を教えてくれ、個人的なプライスラインよりは高かったのですが、視聴をしたらやっぱり良くって・・・つい買ってしまいました。

 旅行中で、判断力が鈍る(?)ので、そんなに高くないのは買ってしまうのですが、高額のになるとやっぱり考えます・・・今回に関しては、私の性分を考えると、きっと買わずに帰って、やっぱり買おうと思っても、大阪なんて簡単に行ける訳ではなく、きっと後悔をするんだろうな~と思い・・・最終的には「ええい、買ってしまえ!」とヤケッぱちに近い形で買いました(^^;)
 でも、これもイイ思い出ですね・・・なんか、ここで書いてること自体が、思い出を日記に書いてるみたいなところがあると思います・・・


DSC08661.jpg

 んで、大阪のレコ話は、コレで最後かな??

 今現在、猛烈な勢いで掘っている「MURO / Elegant Funk」の収録曲のレコですね!!

 右がファラオネタで有名な「R.E.P / Look Up (See Whats Going Down)」で、左が「Atmosfear / Motivation」ですね・・・両方とも、東京で結構探してたんだけど見つからなかった曲で、R.E.PはRere Grooveさんで、AtmosfearはRevolution Timeさんで購入をしました。

 私の悪い癖で、聴いたミックス作品がホント良かったら、その作品に入ってる収録曲を集める・・・という悪い癖があり、その最悪(?)なのが、収録曲を「全部」集める・・・になります。
 ただ、これって、その作品が好きだから集めたいことの裏返しでもあり、作品の話をする上でも外せないことだし・・・何よりも「リスペクト」があっての行為になります。
 
 MUROさんのElegant Funkは、聴き始めた瞬間からヤラれた作品で、いつかは紹介をしたい・・・と思っていた作品で、ここ最近、絶対に入手できないだろうな~と思ってたレコが偶然手に入り、紹介に向け、エンジンが入った感じになっております。
 いつ、紹介が出来るかは分かりませんが、残り2枚なので、頑張りたいと思います!!


DSC08654.jpg

 んでは、今度は3日目の名古屋の話です。

 記事にも書きましたが、名古屋も初陣がバッチリで、お昼過ぎに伺った「Greatest Hits」さんで、こちらも結構探していた「MFSB / Let's Clean Up The Ghetto」のアメ盤12inchをゲットしましたよ!
 それも、盤査定が低く(実際は全然イケる)、レコードマップの割引が合ったので、結構お買い得な値段でゲットしましたよ・・・いや~、ベースラインがカッコよすぎですね(^0^)

 2日目の大阪の時点で、かなり運良く欲しいレコがゲット出来てたので、昨年同様、名古屋のレコはダメかな~と思ってたら、いきなりの大モノで嬉しい限りです・・・
 
 なんか、こういうことが続くと考えてしまうのですが、レコ周りをしてると「初陣」って大切なんですかね??
 考えてみると、東京でユニオンを回ってても、最初のお店でイイのが当ると、次から次へと爆釣な日があるんですよね・・・皆さんもそういう日ってないですか??
 きっと、レコ掘りの「バイオリズム」がマックスな日なんだと思いますが、今年もそんな感じで、ラッキーだったのかな・・・きっと、日ごろの行いが良かったか、Greatset Hitsさんに行く前に、大須観音で頭を下げてきたからかな~と思いました(^0^)

 ちなみに、この日の夜、新幹線で東京に帰り、一人お疲れさま会と称して、東京駅付近のスタンドバーで飲んでたのですが、有線のBGMでコレのボーカル有り版がかかってて、ちょっとビビりました(^^;)


DSC08650.jpg
DSC08651.jpg

 んで、やっとテープの話に戻ります。

 Greatestさんの後は、昨年、テープが爆釣だった「Banana Records 大須店」に移動し・・・記事にも書きましたが、昨年同様に爆釣でした!!

 特に当ったのが「現地モノ」のテープで、初めて見たテープも多く、値段を無視して買いましたよ・・・こういうのと出会うために新幹線代を払ってる訳ですからね!!

 詳細を入れておくと、写真上の左は、あのSeamoの相方だった「DJ Taki-Shit」さんのテープで、名古屋にある「Oh! the Guilt」という洋服屋さんのノベルティー作品のようです・・・昨年はカシさんのを入手しましたが、こういう現地モノは嬉しいっすね!
 また、写真上の右は、厳密に言うと名古屋モノではなく、大阪のになるのですが「In the Paint」というアメリカのHipHopレーベルのオフィシャルミックステープみたいで、詳細は全く分かりませんが、Ryo.comさんとDJ Georgeさんがミックスをしています・・・感じ的には、大手のレコード会社でリリースされたCDの販促用テープって行ったところだと思いますが、こういうのは欲しい部類なので、嬉しいっす!!

 んで、写真下は、流石に名古屋だけあり「G系」のテープもあり、「DJ King Dick」(凄い名前ですね)という全く詳細不明な方のテープで・・・意外と値段がついていましたが、勢いで買ってしまいました。
 テープの内容はまだ聴いてないのですが、お店で見つけた時、どのテープのジャケットにも「熱い文章」が書いてあって、それがイイ味出してるんですよ・・・
 例えば、写真の真ん中のヤツ(Dirty Moneryというタイトル)だと『金に汚いやつは恨まれる。だが死ぬほど、金をもっている。お前もBallersになりたいか!!』と書いてあり・・・なんかG-Luvな匂いがしてイイですね(^^;)
 

DSC08646.jpg
DSC08653.jpg
DSC08652.jpg

 んで、紹介的には最後になりますが、ミックステープの聖地ともいえる「Mega Mix」さんも、昨年同様、レアななのが沢山掘れましたよ!!
 レアと言っても、私が見たことのない部類とか、マイナーなんだけどかなり探してたのとか・・・一般的には?マークがついてしまう部類なんですが、個人的には爆釣だったので、紹介しますね!!

 まず、写真一段目は、House系DJである「Toshiyuki Goto」さんのミックステープです・・・House系のDJの人ってミックステープを出してる人が少なく、まさかトシさんが出してたとは・・・と驚いてしまったテープです。
 内容はまだ聴いてないですが、トシさんは好きなDJ(Houseが好きになったのはトシさんのロングセットを聞き、自然に踊ることが出来たので!)なので、これは嬉しい部類のテープですね!!

 んで、2段目は、結構探してたテープ系で、右がKing3LDKさんのテープ、左があのFunkmaster Flexが日本ツアーを行った時のライブ音源(?)のテープです。
 3LDKさんのテープは、まだ紹介したことがないのですが、結構好きで、いつかは紹介したい・・・だけど、本数が中々集まらないので、まだ紹介してない・・・というところで、このジャケのはズーッと気になってたので、嬉しい限りです。
 また、Flexのは、存在は知ってたけど、中々買えなかったテープで・・・個人的には大好きな「ライブ録音モノ」らしいので、聴くのが楽しみです・・・ライブ録音系も結構あるのですが、全然紹介したことがないので、これも紹介しないといけないっすね・・・

 3段目は、どこの誰だか分からないDJの作品で、トラックを見たら良さそうだったので、冒険買いをしたテープです・・・
 どれも00年前後のレコ熱が熱い時期の作品で、個性的なオールジャンルミックスになっていたので、これも聴くのが楽しみですね・・・こういう類は、ミックステープにおける「Rare Groove」的な位置になると思いますが、有名じゃなくても内容がイイのに当る場合もあり、掘りたい部類のテープですね!!
 いつだかも書きましたが、00年代前後の作品って、無名のDJでも、レコ馬鹿な人がワンサカいた時期なので、内容がメチャクチャイイのがあるので、この辺は今後も掘っていきたいと思います。


---------------------------------------------------------

DSC08644.jpg

 いや~、書きましたね(^^;)

 本当は、旅の途中経過で書きたかったことも多いのですが、時間的にきつかったので、帰宅後にまとめて書きましたが・・・なんでこんなに書くことがあるんでしょうか??
 ただ、久しぶりに私らしい「しつこい文章」になり、個人的には満足ですよ(^^;)

 んで、最後にですが、ちょっと「まとめ」として書きたいことがあるので、書いておきます。


 まず、今回は京都・大阪・名古屋と回った訳ですが、ホント個性的で掘り甲斐のあるお店が多く、旅費を払っても行く価値があるお店が多く・・・嬉しい限りです。
 今回の旅で購入したお店のレコード袋を集めてみましたが、未だに袋を作ってるお店も多く、それだけでグッときます・・・

 よく、東京ではないレコード屋さんに行き、お話をしてる過程で、私が東京から来た・・・と伝えると「東京はユニオンがあるからイイっすよね~」的な話があります。
 確かに、ユニオンの存在はでかく、私もホントお世話になってるし、日々の生活の活力を頂いているところなので、その考えは正しいと思います・・・ただ、今回の京都・大阪・名古屋のような個性的な「個人店/小規模店」は少なく、コレが魅力になっていると思います!!

 個人店/小規模店なお店って、イイ意味でその店主さんの考えがダイレクトに表れ、品ぞろえもそうだし、お客さんとの接し方も表れます・・・また、今回の旅では爆発しましたが、レコードマップを持ってると、歓迎してくれ、大幅に割り引いてくれたりするのも嬉しいですね!
 まあ、どのお店もネット通販を主軸にしつつ、店舗運営もしている・・・みたいな感じなのですが、こういったお店が東京にはなくなりつつある中、地方で頑張ってる姿をみると大変嬉しく、日本のレコード界をしっかりと支えてくれてるんだな~と思います。


 また、今回もこうして長い文章を書いた理由にもなるのですが、やっぱり「お店で買うことは最高」ということを伝えたかったこともあります。

 私自身は、実物を見ないと買わない性分なので、店舗に必然的に行くし、その労力も苦にならないので・・・こうして弾丸旅行をする位に「おバカさん」です(^^;)

 ただ、今回紹介をしたお店やレコって、どのお店も通販をされてるので、変な話、お店に行かなくっても買える訳で・・・今回の旅費とか飯代とかを考えたら、通販で買った方が相当安いです。

 でも、どうしてお店に行くかというと・・・そこには「何か」があるからだと思います。 

 それは人によって違うと思いますが、探してたレコードが見つかった時の喜びや、思いがけない出会いや発見、そして憂さ晴らしや気分転換・・・色々と「何か」があります。
 私自身もその「何か」をまとめることが出来ないので、こうして長ったらしい文章を書くしか方法がなかったので、とりあえず書いてみています・・・私自身は今回の旅で、また「何か」を喜んだり、発見したり・・・自分にとってはプラスな旅だったと思います。

 なかなか、時間を割いたり、旅費を払ってまでレコ屋に行こうとは思わないですが、是非興味がある方は旅立ってくださいね・・・


DSC08663.jpg

 そんなわけで、レコードマップをお供にした旅のお話は終わりにしたいと思います。

 あえて、最後まで触れませんでしたが、レコードマップは先月発売された分で、紙での販売は最後になるそうです・・・

 私自身は、今の会社に入って、地方に出張することが増えてから利用することが多くなった存在で、ここ5~6年のお付き合いかもしれないです。
 ただ、ホント役立つ存在で、地方のレコ屋巡りには欠かせず、この本を通してお店を知り、現地に実際に行って出会ったレコードやテープは沢山あり、ホント頭が上がりません。

 色々と思いではありますが、一番好きなのは、地方に行くことが決まると、その地区のことを本を見ながら調べ、事前にメモとか目印を書いたり・・・そういう時間は凄い好きでした。
 まるで、電車少年が時刻表を見ながら夢想旅行をしてる・・・そんな感じなんですかね??

 んで、良いところと言うと、レコードマップを見せると割引してくれるお店が多く、コレもいい思いをしたことが多いです(^0^)
 今回の旅でもそうなのですが、結構豪快に引いてくれることもあり・・・先ほど紹介した京都・大阪・名古屋周辺に行くのであれば絶対に持っていった方がイイと思います!!

 また、この本は、ボロボロになればなるほど「良い」だったと思います。
 それこそ、本に書き込みや目印を書くこともそうですが、現地に着いたら、片手で鷲掴みをしながら闊歩したり、夏場だと汗を沢山吸収したり、突然の雨が降ると傘代わりになったり・・・今回の旅でも、ほぼ新品だった本が、かなり酷使されました(^^;)
 

 あんまりまとまらないので、これで終わりにしますが、レコードマップに関しては感謝の念しかありません!!

 多分、スマホとかで使えるようになると、もっと便利になるんだろうとは思いますが、私が体験してきたことが出来るとは・・・残念ながら思えません。
 ただ、時代の流れがあるので仕方がないですね・・・今まで、ホントありがとうございました!!



 では、これにて終了です・・・お盆休みも終わり、明日から普通に仕事です(^^;)

 仕事的には、近いところで、大きな山が一発あるのと、地獄の出張が一本あるので、それをこなしつつ、秋~冬の出張シーズンをこなしてく感じで・・・気づいたら年末になってそうです(--;)
 ただ、今回の旅も、お金はかなり使いましたが、気分転換と元気は沢山貰ったので、これからも頑張ろうと誓いましたよ・・・

 ブログの方も、色々と紹介したい作品もあるし、大ネタもあるので、お楽しみにしていただければ光栄です・・・近いところで、10月の初めに4周年記念(そんなにやってるんだ!)の大ネタを考えてますので、お楽しみに・・・

 では、ありがとうございました!!




<追記>
2012年8月15日 22:10
 記事を書くのに疲れたので、記事の細かいチェック&修正は明日以降に行います・・・すみません


2012年8月18日 9:30
 記事の文章チェックを行い、誤字の修正や黒強調を行いました。
 また、勢いで書いてしまった恥ずかしい文章(●俗1回分とかパン●ラで萌とか)を修正しました・・・旅先だと馬鹿なことを書いてますね~(^^;)

 あと、後日談ですが、UlticutのCDを聞きましたが・・・これは激ヤバです!
 もしかしたら新作用にテストで作ってミックスかもしれないですが、流石の出来で、何度か悶絶をしました・・・ホント、早く新作を出して欲しいです!!
 また、文中でご紹介したトシさんのテープもヤバかった・・・これはホント嬉しい収穫です(^0^)













DJ Double-K 「弐」
DSC08543.jpg

 いやいや、久しぶりにブログの更新が出来ませんでした・・・すみません(^^;)

 まあ~、普通は8月と言えば「ニッパチ」というだけあって、暇なはずなんですが、なんか忙しいんですよね・・・週末は高松に出張してきましたが、びっくりするぐらいのトンボ帰りで何もなく、地味に仕事をする日々が続いております(--;)
 ただ、お盆休みはちゃんと取れそうなので、それまでは気合で頑張りたいと思います!

 そんな訳で、夏とは全く関係ないですが、やっと紹介が出来る作品のご案内です!!


DSC08545.jpg

 この作品は1997年頃大阪/堺で活動をしていた「DJ Double-K」さんという方が制作したミックステープで、この時期には珍しい日本語ラップのミックス作品になります。
 基本的には既存曲とフリースタイルで構成されたテープなのですが、分かりやすく説明すると「DJ Kensei / Ill Vibes」のように、その当時のラッパーが多数協力をし、ラッパーのショーケース的な作品になり、さながら「関西版Ill Vibes」のような存在で、知る人ぞ知る作品かと思います。

 このテープ自体は、当時のFrontでも取り上げられていたこともあり、テープを掘り始めた頃から探してて、数年前に無事にゲットしたのですが、この作品の前作(壱)があることが分かり、それがゲット出来るまで紹介出来ないな~と思っていました。
 んで、この度、下北のユニオンで超格安で壱をゲットしたので紹介をしたいと思います・・・こういう超探してたのが手に入ると超嬉しいですね(^0^)


 んでは、作品の紹介をする前にDouble-Kさんの紹介をしましょう。

 今となっては全然詳細が分からない方なのですが、どうやら90年代中期~後期ぐらいにかけて関西圏で活動をしていたDJのようで、関西のHipHop業界では名の知れていた方のようです。
 どうやら堺で「Blast from the Past」という洋服屋(レコード屋)を営んでいた(??)ようで、自身のプロダクションである「Slow Cut Production」としてこのテープをリリースされたようです。

 まあ、作品を聞いてる限りだと、関西圏のラッパーや、東京のラッパーなど、かなりの実力者が参加しているので、業界ではかなり顔の知れた存在だったのかな~と思います・・・う~ん、情報がなさ過ぎて困るので、詳しい方は是非教えてください!

 ちなみに、以前紹介をした「三木道三 / Miki-FM」のテープは、Double-Kさんのレーベルよりリリースされたものになります・・・



『フリースタイル Desperard / UBG』

 んでは、作品の紹介をしましょう!

 いわゆる日本語ラップミックスになるのですが、DJミックスというよりも「テープアルバム」的な構成で、既存曲の合間を縫ってフリースタイルやシャウトが入ってくる感じで、当時の空気がバシバシと伝わる作品になっているかと思います。

 曲としては、96年~97年の日本語ラップの曲が多数収録され、それこそ「Illmariachi / 荒療治(トコナのシャウト入り!)」とか、「餓鬼レンジャー / 言葉の刃」とか、「Naked Artz / 巨塔」とか・・・割とマイナーな曲が多いのですが、グッとくるのが結構ありますね!
 シャウトも、三木道三やPushinのような関西圏の人から、MUROさんやMakachinのような関東圏の人、そしてなんとNASからもシャウトを貰っており、かなり凄いっすね!

 特にイイのがフリースタイルで、久しぶりにYouTubeに上げてみましたが、今となっては関西の伝説的なグループ「Desperard」のフリースタイルがイイっすね!
 動画の後半にはライムヘッドとウジの関東勢(というかUBG)のフリースタイルを入れてますが、Desperardは茂千代とKentwildのコンビで、この時期に関西で日本語ラップが好きな方なら反応をするのではないでしょうか・・・彼らの明言である「身構えな~」が炸裂してますね(^0^)

 正直、Desperardの存在は関東にいた者としては縁遠い存在ではありますが、関西圏にお住まいな方ならグッとくるんじゃないでしょうか?

 この作品的にも関西圏のアーティストが多数参加してて、関西クラシックである「DJ Kensaw / Owl Nite」も当然プレイ(それもバカデゲスのシャウト入り!)されてたり、渋いところだとMad Tiger Ponの曲が入ってたりするのですが・・・個人的には当時の日本語ラップが「現場」で作られていたのが分かります。
 どうしても、日本語ラップというと東京が中心に動いていた部分があるかと思いますが、関西でもしっかりと動いていた証拠みたいなのがこのテープにはあり・・・特に関西で日本語ラップを追っていた方には堪らない感じはあるかと思います。

 色々と関西のHipHopを調べていたら「このブログ(もっと更新して!)」にめぐり合い、管理人さんの熱い思いにヤラれたのですが・・・やっぱり関西においては「茂千代」さんの存在は相当大きいみたいですね。

 茂千代さんがKrevaにフリースタイルバトルを挑んだ話など、グッとくるところも多いのですが、ラップがイイ意味でアンダーグラウンドな音楽なのが分かり、その土地で頑張ってる人がいるから後が着いてくる・・・そんな観点で聴いてると、このフリースタイルは本当に素敵だと思います!!
 関西ノリって言えばそれまでなんですが、なんか言葉の端にユーモアがある感じでイイっすね・・・こういうテープは、ミックス作品というよりも、その土地の「空気」を伝えてて、それだけでお腹いっぱいです(^0^)




 作品の紹介に関しては、あまりまとまらず、コレで終わってしまうのですが、Kenseiさんと同様に、リスペクトがあって初めて作られたような感じで・・・大変イイですね!
 個人的には、ホント「裏Ill Vibes」と思っており、歴史的な価値はIll Vibesに敵いませんが、関西における日本語ラップの空気を伝えてくれる貴重なテープかと思います。

 本数的にはかなり少なく、探すのはかなりキツイかもしれないですが、お好きな方は是非探してみてくださいね~

 

<Release Date>
Artists / Title : DJ Double-K 「弐」
Genre : Reggae、HipHop・・・
Release : 1997年3月頃??
Lebel : Slow Cut Production No Number




------------------------------------------------
------------------------------------------------
<おまけ>


『Desperado / Cannon Ball』

 オマケと言ってはなんですが、このテープの『壱』には、文中で紹介をしたDesperadoの未発売曲である「Cannon Ball」が収録されております。
 先ほど触れた「関西圏の日本語ラップが詳しいブログ(こういう記事を書いて頂き感謝です!)」で指摘があったのですが、彼らの名文句「身構えな!」はコノ曲で生まれたらしく、歴史的に価値があるかな~と思い、ついでに上げておきますね(^0^)

 ちなみに、壱は完全な日本語ラップミックスではなく、日本語曲と海外の曲が半々でミックスされてるのですが、レアなフリースタイルなどもあり、マニアには堪らんですね・・・
 ただ、遭遇率で行くと・・・鬼レア級ですかね~ 関西圏には埋もれてそうですけど、関東圏で手に入れようと思ったらかなり厳しい部類ですかね??