HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Hyashi 「Groovy Mix Show Vol.00」
DSC09571.jpg

 え~、お盆休みも終わり、日常生活に戻ったら戻ったで、微妙に忙しい日々が始まり、夏の暑さも相まって、疲れちゃいますね(^^;)
 ただ、旅で見つけたニューディスカバーなテープを聞いてると、色々な発見があり、刺激になります・・・ほんと、テープってマイナーな存在ではありますが、面白いですね!!

 そんな訳で、今年の夏、なぜか再び聞き返していたグットミックスの紹介です!!


hayashi_00.jpg

 今回は、私もあまり詳しくは知らないお方ですが、神戸におられる「DJ Hayashi」さんという方のミックスを紹介です。

 Hayashiさんは、現在も元気に活動をしているお方で、Hip Hopを軸に、様々なジャンルがプレイできる感じのDJのようです・・・さながらMUROさんやUlticut Ups!に似た感じですかね。
 ネタもの系ミックスで有名な「Still Searchin'」とも関係があるようで、関西圏の濃いレコードをプレイ出来る存在なのかな~と思います。

 んで、このテープとの出会いになりますが、ちょっと面白い話があります・・・

 2005年の夏だと思いますが、たまたま大阪へ出張し、アメ村に移転したばかりの「Vinyl 7」で、UlticutのCDを購入した際、店員の方に「他に面白いミックスはありますか?」と質問したところ、この作品を教えて頂き、後で紹介をするCD版を購入しました。
 まあ、多く買えばオマケが付くという裏事情(?)もありましたが、流石Ulticutのお店の方が勧めるだけあって、Ulticutに似た質感が最高で、すぐ好きになり、後日、探してテープ版を買った次第です・・・ここで、テープを探しちゃうのが私の悪い癖ですね(^^;)

 なお、Hayashiさんのミックス作品は、これ以外、持ってはいないのですが、ボチボチ出しているようです・・・というか、今回の調査で、他の作品もあることを知り、今後、掘っていくことにしました(^^;)
 どれも、今回の作品のように素敵な作品のようなので、お勧めが出来るかと思います・・・


 では、作品紹介に行ってみましょう!!


DSC09575.jpg DSC09577.jpg
DSC09576.jpg DSC09579.jpg

 内容的にはMUROさんのSuper Disco Breaksだったり、Ulticut Upsのようなパーティーミックスだったり・・・HipHop以降の掘り視点でミックスしたオールジャンルなパーティーミックスで、かなり上がるミックスになっています!!

 それこそ、ジャケネタにもなっている「Casper / Groovy Ghost Show pt.1」のようなOld School系の楽曲や、その延長で「Postive Force / We Got The Funk」「John Davis & The Monster Orchestra / I Can't Stop」のようなGarage/Disco系の楽曲、また、新譜系も押さえてて、当時大ヒットした「The Rebirth / Evil Vibrations」のような曲も流れでプレイしてて・・・幅の広さが素敵です。
 選曲に関しては、言葉にするのが難しい部分もありますが、MUROさんのSuper Disco Breaks以降の視点というのでしょうか・・・Break感の強い曲を中心に、ファンキーに選曲をしており、グッときます!! 

 また、レア曲も定番曲も上手く選曲をしつつ、味のある2枚使いなんかをして、曲の良さを深めているのが印象的で、こういうところも上手いっすね。
 先ほど、例示した「John Davis & The Monster Orchestra / I Can't Stop」であれば、オリジナルではなく、ブレイクが美味しいKenny Dope Editの方でプレイしつつ、その美味しいブレイクを上手く2枚使いやミックスをして、上手い展開を作っているのが素敵です。


DSC09581.jpg DSC09580.jpg
DSC09582.jpg DSC09583.jpg

 そして、この作品がいいな~と思うのは「展開の良さ」で、ULticutのようなパンチラインのあるミックスが上手いですね!!

 上の4枚は、B面の中盤ぐらいでピークを作っている部分になるのですが、割とシンプルなミックスなんだけど、プレイする曲の良いところを光らせ、流れを作っている感じが素敵です・・・

 例えば、カットインで「Central Line / Walking into Sunshine」のイントロ・オルガンフレーズを突っ込み、聴いている者に期待をさせつつ、ベースラインが始まるブレイクの前で、さらにベースラインが太い「Direct Current / Everybody Here Must Party」にカットイン・・・
 これには「おおっ」となりつつも、グルーブの出し方が上手くって、つい踊らさせられちゃいますね!!

 また、その流れで「Life / I'm Caught Up」(写真はInner Life名義のPreludeプレス)に繋いだと思ったら、数ブレイク後に、もっとアタックが強い「Terri Gonzalez / Cautht Up」に繋ぎ直し、ファンキーにピークを繋ぎます・・・これは上手いな~
 先ほどのCentral Lineと同様に、ネタ的にショートミックスをしつつ、本命をガシっとブチ込んでくる辺りは秀逸で、Terri版のCaught Upの光らせ方が上手過ぎですね・・・シンプルなんだけど、その曲の良さを光らせる感じが秀逸です!!




 そんな訳で、誰でもノレる選曲をしつつも、シンプルなんだけど展開の上手いミックスが光った好作品だと思います!
 Super Disco BreaksやUlticutがお好きな方なら直球だと思いますので、探してみてくださいね~





<Release Date>
Artists / Title : DJ Hyashi 「Groovy Mix Show Vol.00」
Genre : HipHop、Disco、DanceClassics、Garage、Funk、Soul、Breakbeats・・・・
Release : 2005年
Lebel : Nagato Urban Recordings / Acmedia Production NUCT-000


Notice : CD盤について

DSC09572.jpg

 この作品にはCD盤もあり、恐らくテープと同時販売をしていたと思われます。
 ミックス的には、テープ的な製作方法(A面とB面の2ミックス)を取りつつも、A→Bの部分はグルーブ的に切れ目が無く、ワンミックスとしても聴けるので、CD盤でもOKです。




--------------------------------------------------
<毎度の独り言>

DSC09589.jpg

 え~、ほんと、どうでもいい話なんですが、私は「Tシャツ」があんまり好きではありません(^^;)

 特に理由はないのですが、ある時期からあんまり着なくなってしまい、普段はポロシャツとか半袖のシャツなど、襟のある服を着ることが多いです・・・
 まあ、家の中や、クラブに踊りに行ったりする時は着ますが・・・オッサンになり、お腹が出てきたことで、途端に似合わなくなり、ここ最近はあまり着てません・・・きっと、たまにしか着ない服なので、上手な着方が分からなくなったようです(--;)

 なので、Tシャツというモノをここ数年買った記憶が無く、自分の中でギリで合う同じTシャツを着続けている・・・そんな日々が続いております(^^;)

 もー、読んでいる方にとっては、ホントどうでもいい話ですが、私自身は「Tシャツ」というモノに拘りが全くなく、新作のレコードやCDなどでよくある「Tシャツ付きセット」などは、一切無視して、レコやCDのみを買っています(--;)
 MUROさんので、一度買ったことがあり、勿体ないな~と思い、一度着てみましたが、やっぱり似合わず・・・保管庫行きです・・・

 また、ユニオンだと、たまに「5000円以上購入でTシャツプレゼント」のようなイベントがあり、それで貰ったりするのですが、これまた一応は袖を通すけど、全然似合わないので、保管庫に収納されるTが多いです・・・
 Soul/Disco系のTはカッコいいのが多く、それ欲しさで金額を合わせたりするのですが、家に帰って着たら、全然イケてなく・・・そういうTがタンスの奥で眠っています・・・すみません(--;)


 そんな、Tとは無縁な私ですが、久しぶりに買ってしまいました(^^;)

 たまたま、お伺いした新宿のユニオン・ソウル店で、少し前から気になっていたけど、どこで売っているのかが分からなかった「Danny先生のミックスCD付きTシャツ」が販売してて、CD欲しさに買ってしまいました・・・
 店員さんに聴いたら、TシャツのオマケでミックスCDが付くそうで、当然ながらCDのみの販売は無しらしく・・・レコードで高額盤を買うよりも悩んだ(?)上で、つい購入してしまいました・・・

 ただ、店員さんも親切で、Tシャツの在庫を出してくれ、ちゃんと肩を合わさせてくれたり、デザインも悪くは無かったので購入しましたよ・・・まさか、レコ屋で洋服屋さん的な会話をするとは思いませんでした(^^;)


 私としては、ミックスCDを買ったらTシャツが付いてきた・・・という意味合いで買ったのですが、久しぶりに買ったTシャツ・・・勿体ないので着たいと思います(^^;)
 似合わなくっても、保管庫には送らず、クラブ用として着ようかな・・・おかしな表現ですが、頑張りたいと思います・・・・



 
スポンサーサイト
レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2013年8月
DSC09445.jpg

 え~、今回は事前に告知をしたのでアレですが、今日から行ってきますよ「地獄の旅」へ・・・(^^;)

 もはや、毎年の恒例行事になりました、関西+名古屋のレコード屋さんを回る弾丸旅行にこれから行ってきたいと思います!!
 短パン姿の30男が、ユニオンのエコバック片手に徘徊をしますので、該当地区の方々にはご迷惑をおかけするかと思います・・・宜しくお願い致します!!

 なお、今年も、相棒に「レコードマップ」を持参しての珍道中になります・・・

 今となってはスマホでもイイのかも知れないですが、やっぱり「レコードマップ」が片手に無いと、気合が入らないので、あえて昨年版の最終号を持参での旅行になります・・・今年もイイ出会いがあるとイイですね(^0^)

 また、今年は天気が大変恵まれているどころか、酷暑になりそうな勢いで、体調面には気をつけつつ、日々のストレス発散をしに行きたいと思います・・・晴れた京都や大阪は、凄い好きな場所なので、心の洗濯もしたいですね!!

 では、とりあえず、これから移動をして某所へ向かいます・・・

 夜にその日の出来事を報告しますので、お暇な方はお付き合いください(^0^)





<1日目 8月14日> 2013/08/14 22:30up

DSC09447.jpg


 おおっ、今年も前振りの段階で拍手を頂きましたね・・・ありがとうございます!!
 
 少し飲んだ状態で、かつ書きづらいサブPCで書くので、ちゃんと書けるかが不安ですが、今日の報告を書きたいと思います(^^;)

 朝一で、自宅を出発し、東京駅より新幹線で向かったのは・・・今年も「京都」でした(^^;)
 
 今回も、あんまり深く考えずに旅行の計画を考えたので、とりあえず初陣は「京都」にしてしまいましたが、旅行の流れだと一番具合がいい(?)ので、今年も京都です・・・
 ただ、京都自体は、レコ屋さんの数も多いし、個人的にも当たりが多い地区だし・・・色々と外せない地区なので、問答無用で京都スタートです(^^;)


DSC09448.jpg
DSC09449.jpg
DSC09450.jpg
DSC09452.jpg

 11時ちょいに京都に到着し、外に出たら京都らしい盆地的な暑さを噛み締めつつ、掘り旅を開始します・・・
 とりあえず、駅から近い東本願寺さんで頭を下げて、昼のビールを美味しく飲むために、あえて汗をかきながら徒歩で北上し、京都の暑さを大変実感をしました・・・今年の夏は本当に熱いですね(^^;)

 今回、京都のレコ屋さんは、特に狙いのレコを事前調査をせずに、行くべきお店だけ狙いをつけて目星をつけてましたが・・・ちょっと面白い展開(?)でした。

 いつもは、到着して一杯してから本格的に掘る感じなんですが、今回は飲む前に掘りが当たってしまい、飲んだ以降は微妙な展開でした(^^;)

 初陣は、昨年も実は初陣(昨年はチラッと見ただけ)だった六角堂の横にある「Poco a Poco」さんだったのですが、ちょっと埃のかぶった12icnhコーナーより、最近、けっこう探している70年代後半の国内プロモオンリー12inchモノで、あの「pink Lady」の知られざる12をゲットしました!
 また、その次に行った「Art Rock No,1」さんでは、けっこう探していた小林径さんの名物ミックステープ「Rotine Jazz」の第10作で、限定500セットだけ制作されたCD付きのテープをゲットしました・・・なんか、飲む前にこんなに調子イイと「これでイイのかな~」と思いました(^^;)

 でも、イイことは続きませんね・・・

 その後、昨年、初めて行って、色々と調べたら最高な飲ん兵衛の聖地だった新京極の「スタンド」さんで、高校野球の中継と、素朴なんだけど超グレードが高いツマミを肴にして大ジョッキを飲みほし、レコ屋周りをしましたが・・・ちょい不調でした(^^;)
 けっこう探してたレコが買えたりもしましたが、私の経験で行くと、今までの京都の実力がなかった感じでした・・・

 特に残念だったのが、個人的に京都での「テープの聖地」だった某店では、普通に店頭に出てた「ノド手なテープ」があったけど、そのテープの所持者だった店員さんが不在で、数時間後に来るので、来た後に確認をしましょう・・・という話で、予定よりも長く京都に滞在し、その店員さんが来るタイミングでそのお店に行ったら「売れません」の一言で、残念でした・・・
 大変暑かったので、頭がポーっとしてた際に、その話を聞き、なぜか簡単に「ああ~、そうですか」と諦めてしまいましたが、あのテープ欲しかったな・・・時間的には、予定を変更して京都にいた(京都を軽く見て神戸に行こうと思っていた)のですが、その店を出ながら、心の中では、せっかく都合を合わせたのに「そりゃないだろう!」とか「売らないだったら、店に出すなよ!」とか思いました・・・運がながったんですね(^^;)


DSC09473.jpg
DSC09479.jpg
DSC09480.jpg

 そんなわけで、傷心を背負って京都から新快速に乗り、本当は神戸に行くはずでしたが、時間が押していたので、大阪で下り、定宿にチェックインし、風呂に入って一休みし・・・予定変更で、大阪の日本橋周辺のレコ屋を回りました・・・

 日本橋に着いたのは19時前で、本当に少ない時間でしたが、和物が狙える面白い地区だけに、結構、気合を入れた回りました・・・

 Disc JJをはじめ、いい意味で「味のある」レコード屋さんが多い地区で、どうしても欲しかった和物45(Marrowsさん、まだ探してます!)があるかもと思い、結構、気合を入れましたが・・・レコはボツでしたけど、和物テープアルバムでツボな発掘がありましたよ!!

 各店とも滞在時間が数分でしたが、東京でも中々無い和物専門店(?)な「ナカ2号店」さんでは、YMOのテープ版ベストアルバムをゲット・・・ここ最近、高橋さんのドラミングのヤバさに気づき、個人的な再評価をしてたので、いいタイミングでゲットしました(^0^)
 また、ナカさんより近くな「Mint Records」さんでは、閉店間際ではありましたが、快く迎えてくれて、大阪地区で一番多い和物テープアルバムの在庫にびっくりしつつ、Stevie御大のベストアルバムを2種ゲットし・・・ヤラれました!!

 大阪って、今までミックステープが少ない地区と思っていましたが、個人的な視点が変わり、テープアルバムも視野に入れると、結構、イケますね・・・まあ、実は和物が生きがイイ(角松氏の12が爆安で普通に売ってる!)地区なので、当然なのかもしれないですが、奥が深いです・・・
 明日は、本丸なアメ村周辺を行きますが、色々と掘れるとイイな~と思います!!


DSC09485.jpg
DSC09486.jpg

 そんなわけで、夜の8時でレコ屋が閉まり、ベタに道頓堀周辺を散策し、ナンバの地下にある純ハイでおなじみの串の名店で一人打ち上げをし、ホテルに帰って、明日に備える意味で水を飲みながら、報告を書いています。

 まず、串カツの話から・・・東京でも「でんがな」が多く出店をしてて、馴染みになってきましたが・・・大阪で食べる串カツは次元が違いますね!!
 もー、持って生まれたレベルが違いすぎるというのか、ほんと美味すぎです・・・個人的には「タコ」のレベルが違いすぎで・・・明日も行こうと思うぐらい美味すぎです!!
 大阪に行くと、食べ物や飲み、そして街の雰囲気から元気を頂いていますが、ほんと、色々な刺激があって嬉しいです・・・明日も一杯元気をもらいますよ(^0^) 

 ただ、肝心なレコ&テープの釣果ですが、正直、今日イマイチですかね・・・

 一応、並べてみましたが、もっと買いたかったです・・・明日は神戸とアメ村周辺に伺いますので、爆発して欲しいな~と思います!!


 では、明日も元気に旅をしますので、宜しくお願いします(^0^)





<2日目 8月15日> 00:40up

DSC09488.jpg
DSC09493.jpg

 いや~暑かった・・・そんな2日目の更新です(^^;)

 申し訳ないですが、以前の旅行と全く同じ日程を組んでしまったので、今年も朝一で甲子園に行き、高校野球を観戦してきました・・・というか、高校野球を甲子園で見たいが為に、今回も大阪に行ったかもしれないです!!

 文系一直線な私ですが、甲子園という特別な場所で、熱い高校野球を見るのはホント最高で、コレが見たいが為に旅行の計画をしたとも言っても過言ではありません。
 酔っ払いながら書いているので、上手く書けませんが・・・あの唯一無二な空気感は最高で、今年も堪能してきましたよ(^0^)

 レコ屋まわりの都合上、第一試合だけの観戦でしたが、今年も素晴らしかったです・・・朝っぱらなのに、ビールを2杯頂いてしまいました!!

 試合的には、福井の福井商業と、福島の聖光学院の一戦で、正直、甲子園的には地味な2回戦でしたが、今年もかなり楽しみました。
 
 両校とも投手と守備陣の上手さがが目立つ、1点を取る・守るの展開が痺れ、1打のヒットで試合が決まってしまう感じが素晴らしく、外野から見てても緊張感が伝わる内容でした。
 また、このブログ的な「音(=応援)」の話もすると、福井商業の応援団は、手堅い楽曲と演奏が上手いブラバン隊&チア隊のコンビに対し、福島の聖光は、サッカー的な声を主体にした構成で・・・どちらも悪くなかったです!

 正直、地味な試合ではありましたが、あの「空気」はプライスレスで・・・今年も沢山の元気をもらいました!!


DSC09494.jpg
DSC09498.jpg

 そんなわけで、甲子園が10時ごろに終わり、移動したのは・・・2年ぶりの「神戸」でした!

 本当は、昨日に行く予定でしたが、京都で色々あったので2日目に変更をしたわけですが・・・結構、悪くはない結果でした!!

 レコ屋的には、今までの相性で行くと、相性が悪い地区でしたが、今回は「テープアルバム」が爆釣でしした!!

 事前に、某氏より「あそこの店でシングルテープが置いてありました!」の情報を頂いていた(そのお店は私が行った昼には閉まっていました・・・)ので、期待をしてたら・・・どのお店も、さりげなくテープアルバムを演歌に交じって置いてあり、個人的にはツボなタイトルが買えました!!

 特に、熱かったのが元町の高架下にあるレコ屋で、商品が残骸のように陳列(?)している「Freak Out」さんでは、大量なテープアルバムがあり、だれも掘らない状況で陳列をしていましたが、気合で掘り返し、結構面白いタイトルが買えました。
 一般的なミックステープは皆無でしたが、頭がおかしい私にはグッとくるタイトルが多く、東京ラブストーリーの中国ブートなテープや、オメガトライブのDJミックスがあるテープなど・・・結構イイのが買えました!!
 
 詳細は、旅行後にお話ししますが、いわゆる「ミュージック・テープ」のカテゴリーであれば、各店にそれなりに在庫があり、神戸は日本一の品ぞろえと言っても過言ではなく、大量な演歌のテープを避けて探せば、なかなか面白いタイトルにブチ当たる感じがありますよ!!
  

DSC09509.jpg
DSC09512.jpg
DSC09521.jpg
DSC09520.jpg

 そんなわけで、神戸で結構な刺激を受け、大急ぎで大阪に戻り、今回の旅でも本丸な「アメ村周辺のレコ屋」を日が暮れるまで攻めてみました!!

 結果的には超ゴツイのは抜けませんでしたが、もはや渋谷以上の「レコ村」だけに素敵でしたよ!!

 初陣は、大阪の顔だったBoon Coonさんの跡地に出店をした「Perfect Picth Records」さんに行きましたが、店主さんが色々と親切で、Boon Coonさん同様に、暖かい雰囲気が素敵でした。
 ゴツいのとは巡り会えませんでしたが、こんなご時世に店をだす気合は最高です・・・これからもがんばってくださいね!!

 そして、その次は、昨年もゴツいのに巡り合えた「Groovenut Records」さんに伺い、今年もレアなタイトルが抜けた他に、嬉しい話を頂きました!!
 会計後に店主さんとお話ししたら、店主さんがVinyl 7の元バイヤーさんだったのが分かり、大好きなUlticutさん関連の話で盛り上がりました・・・あんなに深く、Ulticutの話が出来たのは初めてですが、色々な裏話が聞けたのが嬉しいです・・・Yuuさんのあのテープ、そろそろ出会いたいですね!!

 んで、テープネタだと、久しぶりにお伺いした「especial records」さんで面白い話を聞きました!
 お店には、沖野好洋さん(!)がおられ、たまたま欲しかった12inchが安く出てたので購入したときに、お店の壁に飾ってあった見慣れないPatrick Forgeのテープのことを聞いたら、いろいろと面白い話を聞けました・・・本当は、もっとEMTシリーズのお話を聞きたかったのですが、まだまだ知らないテープがありましたね・・・あのテープ、絶対にゲットしますよ!!

 あと、毎回、楽しみにお伺いをしている「Afro Juice」さんで、雑多なはずの店内が、びっくりするぐらい綺麗になっており、超ビビりました・・・今回は、購入なしでしたが、いつも驚きを与えてくれて流石です!!
 某店さんからの話だと、不要なレコをすべて売り払ったようで、新たに買い付けたレコのみで仕切り直し(?)をしたそうですが、レベルの高さは流石で、ゴツいのが多かった・・・王者の余裕と行ったらアレですが、流石のですね!!


DSC09525.jpg
DSC09526.jpg

 そんなわけで、アメ村周辺のレコ屋を探索し、日が落ちた頃には宿に戻って、ひと風呂あび、某所で男遊び(?)をした後に、まさかの二日連続の「串」を堪能し、超酔っ払いながら記事を書いてみました(^^;)
 
 今日も、超ゴツいのは抜けませんでしたが、やっぱり大阪・・・いろいろとありますね!!

 正直、レコもテープも抜いていますが、ミックステープは一本も抜いていない(!)点から行くと、このブログ的にはアレですが・・・大阪は面白いですね!!
 
 かなり酔っ払いながら、書きましたが、ちゃんと書けたのかな・・・明日は名古屋に行きますが、名古屋も面白い出会いがあればイイですね!!
 特に、ミックステープは、そろそろ欲しいところなので、イイのが抜きたいところです・・・期待してますよ!!

 では、そろろそ限界なので、落ちます・・・明日も宜しく!!





<3日目 8月16日> 20:40up

DSC09527.jpg
DSC09528.jpg

 では、最終日の報告です。

 今年の旅も全く持って変化がなく、3日目は問答無用で「名古屋」に行きました・・・旅行の日程上、このルートが一番効率よく、何も考えずに名古屋に行きました。

 ・・・というか、今回の旅も、以前の旅と全く同じで、何も考えずに決めちゃいましたが、効率は一番良く、移動やレコ屋周りはかなり効率よく回れたと思います。
 ただ、新鮮味がないのも事実・・・何も考えずにもイケちゃうので、旅行独特のドキドキ感は少ないです(^^;)

 とりあえず、朝一で定番の近鉄の特急で移動し、お昼前には名古屋に到着し、前回も頭を下げたらご利益(?)があった大須観音に赴きました・・・
 名古屋も、ニュースで聞いた通り、めちゃくちゃ熱いですね・・・まあ、雨よりもいいかな??

 そんな訳で、掘りの開始です~


DSC09530.jpg
DSC09531.jpg

 とりあえず、大須スタートだったので、昨年は当たった「Greatest Hits」さんからスタートしましたが、全体的には厳しい感じでした。

 Greatestさんは、昨年のようなご利益品はなく、ちょこちょこ買ったぐらいで、その足で期待して行った「Bananaの大須店」も、毎年、奇跡を生んでいる(?)ミックステープコーナーが無くなり、ちょっとがっかりですね・・・

 Bananaは、視聴時に少し嫌な思いもしましたが、意外な和物45が買え、ちょっとは嬉しいですが、今回の旅は全然ミックステープが買えず、どうしたものでしょう・・・
 お話ができたお店の方も「テープが売れるの?」と思っている方も多く、実際に売れるわけがない(冷静に考えたら売れません)ので、扱っているお店がないのは当然です・・・東京でも買える店がかなり激減しているので、頭が痛いです・・・

 ただ、そのBanana付近の怪しいゲーム屋さん(何でも中古屋さん?)では、演歌系のミュージックテープに混ざって、奇跡的にレゲエのレアなテープを2本爆安でゲットし、ディガーの本領発揮というところでしょうか?
 ただでさえ、ミックステープが売っている店が少なく、更に10年近く前に死滅(?)した存在を探すわけですから、探す方も頭を使います・・・とりあえず、店頭に「テープ」が見えたら、外れ覚悟で見た方がいいですよ(^0^)


DSC09533.jpg
DSC09532.jpg

 そんな、微妙な傷心(?)を負いながら、名古屋に来た目的である「Mega Mix」さんへ行きました・・・結果は「超爆釣」で、40本近くを購入しました(^0^)

 知らない方も多いお店かと思いますが、名古屋の中心部から外れたところにあるお店で、お店というよりも「倉庫」な感じ(失礼!)で、異常なまでのレコードがストックされたお店で、レコ好きなら一度は行った方がイイお店です・・・探しているレコに巡り合えるかはアレですが、あの「空間」には圧倒されます!!
 特に、真夏に行くのがお勧めで・・・構造的にそんなに冷房が利かないので、汗をかきながら掘らないといけず・・・掘り終わった後の爽快感はイイですね・・・ただ、熱中症的な場合にもなります(^^;)

 店主さんも、どうやら私のことを覚えておられ、在庫はあまり変わってないよ~みたいなことを言われましたが、ニューディスカバーの連続で、やはりこの店は「テープ馬鹿の聖地」ですね!!

 私もこの旅で、ほとんどミックステープが買えてなかったので、気合を入れて掘りまくり、普段は買わなさそうなタイトルにも手を付け・・・だんだん、店内の暑さとともに頭がおかしくなり、気づいたら一杯買ってました(^^;)
 また、掘ってるときに「これもキープ」としてたテープが、会計時にどっかに行ってしまい、会計後に探し直しましたが見つからず・・・久しぶりに我を忘れていましたね(^^;)

 んで、会計後に「私以外にいっぱいテープを買う人っているの?」と質問をしたら、もう1名、名古屋に在住の方で、結構買う方がいるようで・・・仲間がいて嬉しいです。
 昨年も、それっぽい話をしましたが、もしかしたらヤフオクで多くのテープを出品されている方なのかな・・・頑張ってくださいね!!


DSC09536.jpg

 そんなわけで、その後も、軽くレコ屋を回り、旅の〆は、これも名古屋での楽しみの一つな「ひつまぶし」を美味しく頂き、行き忘れたレコ屋を数件回り、駅で着替えて、喫茶店でブログの記事の準備をしつつ・・・新幹線に乗って、ビールを飲みながら報告を書いています。

 今回の旅、現時点での実感でいくと、昨年よりは買えませんでした・・・これはタイミングの問題もありますが、テープに関しては、もう買うのがきついのかな~と思いました。

 ただ、この旅は、レコードやテープを買うことが中心ではありますが、観光したり、食べたり飲んだりすることも中心なので、結果的には心の洗濯にはなりました!
 基本、旅の日程的にもそうで、食べに行ったお店も同じ店ばっかりですが、外しのないお店が多く、表現的には「やみつき」ってところなのかな・・・やっぱり、素直に「美味い!」と思うお店はイイですね(^0^)


 
 では、今回も、ちゃんと準備をしてから新幹線に乗って記事を書いているので、なんと静岡の手前で書き終わるというミラクルがおきつつ、旅を〆たいと思います。
 東京に着くまでは、ゆっくり飲みながら、旅の疲れを癒したいと思います・・・そして、明日は、旅の清算記事を書きたいと思います。

 読んでいただき、拍手を頂いた方には心より感謝をしたいと思います・・・ありがとうございました!!



 
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------

<旅の清算> 2013年8月17日 17:30up

DSC09542.jpg

 いや~、疲れました(^^;)

 毎度の弾丸旅行なので、かなりタイトな日程でしたが、かなりの店に回れたし、釣果も昨年ほどではないですが、ボチボチ買えました・・・テープは最後のMegamixさんの爆発があり、合計50本オーバーで大満足です(^0^)
 先ほどまで、戦利品の整理をしつつ、旅を思い返しましたが、男の自由な一人旅・・・やっぱりイイですね!!

 そんな訳で、今回、掘ってきたレコ&テープを色々と紹介をしたいと思います~


DSC09543.jpg

 まず、毎度の「初陣は調子がいい」理論が上手く働いた京都の「Poco a Poco」さんでゲットした1枚で、あのPink Ladyの国内Disco/ラジオ向けと思われるプロモ12inchです・・・
 Pink Ladyの本格Disco曲というと「Kiss in the Dark」がお馴染みですが、この「Strangers When We Kiss」も、曲は知らなかったですが、視聴したらダニエル辺りが好きそうなミュンヘンらしいDiscoトラックに、たどたどしい英語が素晴らしい曲で、即購入です!!

 最近、私の和物ブームがあり、日本産12inchにもヤバいのがある!と気付き、特に国内Disco/ラジオ向けのプロモ版は、日本プレスとしてはかなり音圧が良く、あれば買ったりしています。
 これもその流れで反応をしましたが、自分の目と耳を信じて買って、内容が良かったら嬉しいですね!!


DSC09544.jpg

 そして、これも国内プロモで反応してしまった一枚で・・・ついに手を出してしまった「有線プロモ」です!!

 内容は、あの松田聖子さんのクラシック「抱いて・・・」で、調べてみたら88年にリリースされたCDアルバムのみに収録された曲で、アナログプレスはこの有線プロモのみのようで、残念ながらキズ&ノイズがありますが、名古屋のBananaで購入しました。
 曲としては知らない方が多いかも知れないですが、私よりも一回りちょっと上の世代なら直球な曲で、名バラードの一つでしょう・・・私自身は、私よりも一回りぐらい上の女性の先輩が、酔った勢いで会社連中といったカラオケで絶唱してて「イイ曲だな~」と思ったのが出会いで・・・結構好きな曲で、まさかアナログであるとは知らなかったので、買えて嬉しかったです(^0^)

 ちなみに「有線プロモ」のことを知らない方もいると思うので、補足しましょう・・・

 いわゆる、お店などでBGMとして流れている「有線」で使用されていたレコードのことで、今回の聖子さんの曲のような80年代末~90年代初期の曲に関しては、一般の社会ではCDが主流になり、音楽会社もCDしかプレスしなくなった中で、おそらく有線側が「まだアナログでしかプレイが出来なかった」ことが理由で作られていた完全内部プロモなレコードです。
 言葉は私が作った言葉なのでアレですが、和物を掘っている方だと注目の一分野で、一般的にはCDしかプレスされていないはずの曲が、この有線プロモだけアナログが出ていることもあり・・・モノによっては高額なレコードもあります。

 私自身も、この分野に手を出したら「新たな扉」を開けちゃうな~と思って、あまり触れないようにしてましたが・・・ついに買ってしまいました(^^;)
 この分野、ホント未開拓で、詳しい本やサイトも全くなく、どんな曲があるかが分かりませんが、またイバラの道を通りたいと思います(^^;)


DSC09546.jpg

 そんな訳で、次は「やっと発掘」系のレコードで、写真を見ただけでは「?」な方も多いですが、「Dannie McClurkin / We Hall Down (Get Back Up)」というゴスペル歌のHouseリミックス(Boot ミックス?)な曲で、先日報告をしたelevenのクローズの日、Joeが超パワープレイしてて、欲しかった1枚です!!

 内容的には、メッセージがあり、熱いソウルがこもった名曲で、Joeが「(お店が終わって、みんなが)落ちちゃっても、再び起き上がろう!」みたいな感じでプレーしてたのが熱く、最後の方では、elevenのシステムが飛ぶぐらい音を上げて、とてつもない空間をこの曲で作っていたのが印象的です。

 当時、ちょっとはヒットしたそうですが、東京では全然見つからず、今回の購入は、別の狙いで行った京都の「Bootsy's」さんで、奇跡的に安価でゲットです!!

 お店のことが分かる方だと「えっ、なぜあそこで??」と思うかも知れないですよね・・・Jazzや古いSoulやRockが中心なお店ですが、クラブ系のレコードも買い取の都合で流れてきて、意外と穴レコが入っていることもあるので、そういったジャンル外のレコ屋も掘って成功をしましたかね(^0^)
 同じ感じだと、名古屋のGreatestさんの2Fのセールコーナーで、知らなかったLuther Vandrossの「Ain't No Stoppin' Us Now」のハウスカバーのを爆安しました・・・家に帰ったら、カビがひどく、それでセール行きだったみたいですが、ちゃんとカビは除去でき、曲も良かったので嬉しいです!!


DSC09547.jpg

 んで、レコ系の話の最後として、一番探していたDisco系のレコードの話をしましょう。

 正直、この手のレコードを直球で売っているのは関西だとアメ村周辺のレコ屋しかなく、品揃え的には申し分が無かったですが、今回はタイミングが悪かったかも??

 釣果的には、探してた「Mass Production / Welcome to our World」がGroovenutさんで結構お買い得価格(ありがとうございます!)で買えたり、探してたのがチョクチョク見つかったりしましたが、流石に去年のBrothers級にゴツいのは巡り合えませんでした・・・
 色々と話を聞くと、Discoのレコードの扱いを辞めちゃったり、縮小をしたお店があったようで、もうちょっと数を見たかったですね・・・Discoに関しては、ほんと値段が下がったジャンルの一つで、買い手としては嬉しいですが、お店としてはキビしいですよね・・・そんなのが理由なのかな??

 でも、文中でも書きましたが、お店が大変綺麗になった(?)Afroさんでは、値札なしでレコ箱に「One More Try」の12とかが入ってるし(いくらだったんだろう・・・)、お世話になったGroovenutさんも値付けなしでゴツいのがイッパイ入ってたし・・・やっぱりアメ村周辺のレコ屋さんの実力は凄いっすね!!

 なお、家に帰って気付いたことがあるのですが、旅行前の先週、東京のユニオンで、個人的に欲しかったゴツい12inchを買ったので、それで運を使い果たしたのでは・・・とも思いました(^^;)


DSC09551.jpg
DSC09553.jpg

 では、そろそろ本丸なテープの話をしましょう!!

 今回の旅では、旅の前半でいわゆる「テープアルバム」を中心にボチボチゲットし、旅の最後でミックステープを大量ゲットした感じでした。

 まず、テープアルバム・・・色々と見たことないのが買え、嬉しいです(^0^)

 割と一般的なテープだと、上の写真の3枚で、YMOのベストテープや、Stevie御大のベストテープなど・・・テープで聴きたい!と思ったテープを中心に掘りました。
 先日の「波の数だけ・・・」の時も書きましたが、演歌のテープをかいくぐって、こういうテープと遭遇すると嬉しいですね・・・

 また、一般的なテープアルバムだけではなく、ミックステープ的に聴けるテープも多く発掘が出来ました。

 下の写真のですが、両者とも、神戸の魔界(?)な高架下のFreak Outさんで発掘をしましたが、左は、あの「わたせせいぞう」さん作のヒット作「Heart Cocktail」のイメージテープで、三枝成章さんの演奏が微妙(?)でナイスなイージーリスニングでした。

 また、ボムは右で、あの「Omega Tribe」の曲を、おそらくハワイのFMのDJ風にトークをはさみつつ、一応はDJミックスされたテープで・・・この時期には最高な一作です!!
 こういう「DJトーク入り作品」は、80年代には結構あり、小林克也さんが大活躍していました・・・これもその一つかと思いますが、こういうのほどテープで聴きたい所です!!


DSC09552.jpg
DSC09555.jpg

 んで、今回のテープアルバム系においての裏ボムは「海外生産モノ」でした。

 主にアジア圏ですが、CDが主流な90年代~00年代でも、テープが利用されていて、この手のテープを探してるとアジア産のも見つかります・・・

 その中で、上の写真の2枚は「えっ、テープがあるの?」と思った方も多いはず・・・左は「Orage Pekoe」のファーストで、右は大ヒットしたリラックス系コンピ「Feel」のテープ版です!!
 両者とも、ここ数年、テープの釣果が全くなかったKing Kongでゲットしましたが、この手のアジア圏だけで流通してたテープがデットストックで入荷してたようで、ミックステープ的に行けそうな、これらをゲットしました。

 そして、もっともボムだったのが、下の写真ので「中国製の無断編集テープ」で、家に帰って開けたら超ヤラれました!!

 これも元町のFreak Outさんで購入をしましたが、中華街が近いだけに、こういう中国産のも多いんですかね・・・詳しく内容を調べると、初日に書いた「東京ラブストーリー」のサントラではなく、そういった日本のトレンディードラマの楽曲を、無断でコンピ化した、一回りして「最高!」な作品でした!!
 もー、ジャケも選曲も最高で、無断でSonyのロゴや、なぜか花王のお月さまマークが印字されててイルだけど、選曲は意外とツボをついてたり、カセットの収納方法が、超斬新だったり・・・色々とヤラれました!!

 ただ、本当にヤラれたのは、テープの中身でした。

 なんと、入っていたテープが全く別のテープで、それもグランジロックのカリスマである「Nirvana」のライブアルバムのテープでした・・・おそらく、前の持ち主が入れ間違えたんだと思いますが、とてつもなく真反対なテープを入れましたね(^^;)
 ちょっとだけ聴きましたが、それはそれで悪くはなかったですが、出来ればLoveの方が聴きたかったですね・・・ちなみに、中国なのでテープには漢字で「涅槃」と書いてあったり、なぜかavexのロゴが印刷されていてグッときました(^^;)


DSC09561.jpg
DSC09557.jpg

 そして、今度はミックステープの釣果ですね・・・やっぱり聖地だったMega Mixさんで購入をしましたが、ほんとアソコは何かがありますね・・・今回も、ニューディスカバーを沢山ゲットしましたよ!!

 適当に順不同に紹介をしますが、まずはプロモものですかね・・・

 写真の上ですが、DJ Hondaさんの99年に出たアルバムのUSアドバンスや、DJ IchikawaさんのR&Bミックスの恐らく視聴用のプロモテープ、そして、なんとKiyoさんがコンパイルしたらしいZacroというアーティストのサンプラーテープなどが発掘出来ました!!
 Kiyoのは、全く詳細は不明で、DJミックスはしてなく、そのZacroというアーティストの曲のなかでラウンジーな曲を選んだ感じのテープで、部類的には珍品なのかな??

 んで、DJミックスモノでも、この人がテープ出してたんだ!みたいのに遭遇し、現在も活躍している「DJ樹美」さんや、Master周りで活躍してた「O-ken」さんなどのテープがゲット出来ました。
 ただ、ボムは写真下の真ん中で、なんと「MC Joe」さんによるミックステープです・・・King3LDKさんのレーベルから出たようで、このテープの存在は知らなかたです!!


DSC09560.jpg
DSC09562.jpg
DSC09558.jpg

 そして、今度は「マイナー」系ですね・・・これもドマイナーなのが沢山発掘出来ました。

 一番上の3本は、地元で活躍をしてた「DJ Olee Lou」という方のテープで、ジャケがイカしてたので買いましたが・・・家に帰って調べたら、あのMOSADのAkiraさんの実兄さんのようで、今もAkiraさんと兄弟で洋服屋さんを経営されている方のようです!!
 冒険買いの類で買ってみましたが、こういう経緯が分かると、買って良かったな~と思います。

 んで、真ん中の写真は、詳細は分からないけど、面白そうなので買ったのですが、真ん中の黄色いテープは宮崎のDJさん(DJ Meek)のようで、なんで名古屋にあるんでしょう・・・旅をしたんでしょうね。
 また、その黄色の右のはチョット当りだったかも・・・Ulticut系のミックスで、こういうDJをされる方は少ないので、嬉しいです。

 また、写真下は、勘違いをして買っちゃった(買っちゃったかも?)系です(^^;)

 左上の黒いのは「DJ Screw」と書いてあったので、あの亡くなったUSのDJ Screwのテープか?と思ったら大阪のDJのようです・・・
 また、右のテープは「DJ Double K」と書いてあり、三木道三さん関連のテープを出してた方かな~と思ったら、ちょっと違うっぽいですね・・・レーベルがDJ Yoshiiさんがやってたレーベルから出てるので、ちょっと謎です・・・
 あと、下のはDJ Bennyさんは、多分、渋谷のユニオンの店員をされてた方の作品だと思います・・・活動地区である水戸の電話番号が書いてあったのでそうなのかな・・・


DSC09559.jpg
DSC09556.jpg

 最後は海外モノと、他店で購入したレゲエテープで〆ましょう!

 海外モノはちょこっと増えていて、全部は抜かなかったですが、あのBad Boyがそんなには大きくなかった(?)時にストリート用に出していたミックステープや、Frankie KnocklesのFMテープなど、ツボなのは抜きました(^0^)
 また、ビックリなのが、そういうテープもあるんだ~系で、あの「Aphex Twin」のテープアルバムが抜けた他に、恐らく国産になりますがトランスのミックステープもゲット出来ました。

 また、今回の旅ではレゲエが不調で、悔しい思いもしましたが、ちょこっとだけレアなのが抜けました・・・それもジャンル外の店で抜けたのがうれしいです(^0^)
 これまで、コピーテープでしか聞いたことがなかったSessio Inpossible2001のオリジナルテープ(Pt2だけ)がゲットできたり、98年ごろ、大阪のJugglin Link CityでBlack CatとJudgmentのダンスの実況テープなど、現場系のテープが掘れてうれしいです・・・だけど、初日の京都で買えなかったMightyのアレは欲しかったです・・・


DSC09564.jpg

 そんな訳で、今回の旅の報告は終わりです・・・今回も、頂いたレコード袋で〆てみましょう(^0^)

 まず、今回のレコ屋周りですが、旅行をしている途中でも、釣果的にはアレだな~と思いながら回っていました・・・

 在庫のタイミングもあるのかも知れないですが、個人的には釣果は減り、もうちょっとガツっと買いたかったな~と思いました。
 また、この業界自体、そんなには元気がないことを考えると、レコード屋さんが縮小をしたり、路線変更をしたり・・・全体的に勢いが減ったかな~とも思いました。

 ただ、これだけ買えたのには喜ばないと・・・基本「そのとき買わないと無い」商品達なので、出会えた喜びは大きいです(^0^)

 また、今回の旅、レコ屋周り以上に、飲食を楽しんだように思えます・・・これも楽しみで旅行をしているのですが、串カツだったり、甲子園でのビールだったり、名古屋のひつまぶしだったり・・・沢山の元気をもらいました。


 ちょっと、釣果的にはアレだし、ちょっとマンネリもしてきたので、来年は行くかは微妙なところですが、気ままに旅をするのはイイですね(^0^)
 個人的には、月末から秋の出張シーズンに突入で、レコ屋は抜きで仕事で色んな地方に行くようですが、今回の旅で貰った元気で、年末まで乗り切りたいと思います!!

 では、今回の記事はコレで終わりです・・・

 ブログに関しても、引き続き、頑張って更新をしたいと思います・・・気ままな更新になりますが、宜しくお願い致します。

 なお、ちょっと先の話にはなりますが、面白いもので、昨日の新幹線の中で3日目の記事を書き終え、缶チューハイを飲みながら、色々と考えていたら、毎年恒例の10月初旬のアニバーサリー記事のネタが突然思いつきました・・・
 すこし準備がいるネタ(今回の旅にはちょっと関係あるかも?)なので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

 ではでは、長い文章でしたが、読んで頂きありがとうございます!!







----------------------------------------------------
<編集報告> 2013/8/18 9:30
 旅行先で書いた内容で、間違っていた部分や、アレなところは書きなおしました・・・旅行中は頭がおかしいので困りますね(^^;)
 あと、タイトルも変更したり、読み返して変なところがあれば、ちょこっとだけ編集を入れました。








DJ Kaya 「Le Paradis - Okinawa Calling !」
DSC09439.jpg

 え~、気付いたら8月になり、全く夏らしいことをせずに毎日が過ぎて行きますが、世間的には夏休みですね・・・

 先週末は、某四国へ空路で出張してきましたが、行きの飛行機が早めに帰省するお子様達で一杯で、その騒がしさで「そうか、夏休みなんだよな~」と気付いたぐらい、どうでもいいことになっています(^^;)
 ただ、私は子供の頃、田舎がなかったので余計羨ましいのかも知れないですが、到着する空港で待っているお爺ちゃんと、飛行機から降りてきた子供たちが、嬉しそうに再会している姿はイイですね・・・いい夏休みを送ってくれればいいな~と思ったりもしました。

 ちなみに、某四国、久しぶりにまともな時間に前乗りしたので、レコ屋を回りましたが、残念ながら坊主でした・・・
 でも、地方のレコ屋は面白いですね・・・久しぶりに訪問した某店では、狭い店内の床に、恐らく店主さんの飼い犬(シーズーかな?)が静かに伏せしてて、スーツ姿で大汗をかきながら掘り掘りしている私を見つめながら「お兄さん、頑張ってね・・・」と語りかけるようにハアハアしてて、ちょっと萌えました(^^;)
 

 そんな訳で、蛇足ネタから始まりましたが、この時期にぴったりな作品の紹介です!!


DSC09440.jpg DSC09441.jpg

 大好きなDJ Kayaさんの作品で、沖縄の「熱い一夜」を切り取った素敵な作品のご紹介です!!

 この作品は、現在も沖縄で営業をしている名物クラブ「火の玉ホール」で、Kayaさんが行っていたパーティー「Le Paradis」でのライブミックスを収録したテープになります。

 KayaさんのDJは鉄板ですが、沖縄クラブ界の良心とも言える火の玉ホールでのプレイとあって、沖縄らしい「特別な空気」が感じられるミックスで・・・最高です!!
 昨年紹介したDJ Hikaruさんのミックスもそうですが、沖縄にしかない空気感が最高で・・・熱さもありつつも、独特なレイドバック感があり、その土地にしか出せない内容になっているかと思います。


 では、内容のご紹介です!

 まず、選曲的な話からいくと、週末のパーティーなので盛り上がる曲も多いですが、Kayaさんらしい選曲の幅広さと深さがありつつ、沖縄の「熱さ」と「静けさ」みたいのをバランスよく表現しているかと思います。

 持ちレコだけでの紹介になるので、紹介的にはアレですが、A面では、「Savanah Band / SunShower」のようなスローで気持ちいい曲からスタートし、徐々にHouseなどのトラックで熱く踊らせて行き、ピークで「Donna Summer / Hot Stuff」でダメ押しする・・・みたいな選曲と流れを取っており、グッときます。

 選曲的にはかなり幅広い選曲を行っており、A面ではHouseを中心に割とアッパーな「熱さ」を出したミックスで、B面ではサンバテイストを交えたラウンジーな「静けさ」を出しており、両面でのバランスも良いですが、こういった「空気感」は唯一無二だと思います。
 私も沖縄には行ったことが無いので、明確に表現が出来ないですが、光があれば影があるみたいな感じで、決して「熱さ」だけではない感じがリアルです・・・聴いててHikaruさんのミックスのような心地よさもあるのが、沖縄を表現してて、大変素敵ですね!!

 また、ミックス面も素敵で、サラッと2枚使いを入れたりしつつ、基本的にはスムースなミックスを軸にグルーブで繋いでいく感じが素敵です。
 この点もKayaさんらしいのですが、全体的なKayaさんらしいグルーブを出しつつ、ライブだけに段々と上げてったり、和みの展開を作ったり・・・ミックス自体のストーリー性も大変イイですね!!



 かなりザックリとした紹介になりますが、沖縄の素敵な夜を切り取った素敵な作品だと思います。

 ライブ録音ものだと、その音源をCDなりテープにしたとき、ライブゆえに作品にしづらいことも多々あるのですが、しっかりと「作品」にしており、この点はKayaさんのDJの上手さがあってだと思います。
 KayaさんのDJ,個人的にはMakiさんに近い「優しいグルーブ」が出せるお方なので、興味のある方は是非探して聴いてみてくださいね!!






<Release Date>
Artists / Title : DJ Kaya 「Le Paradis - Okinawa Calling !」
Genre : Soul、Disco、House、Breakbeats、HipHop、RareGroove・・・
Release : 2003年ごろ??
Lebel : Oh! Tape Joint OJT-28





-----------------------------------------------
<独り言>

DSC09444.jpg

 次回の更新は、予告通り「レコードの旅」になる予定です!!

 一応、初めて読む方もいるかもしれないので指摘をしておくと、私のお盆休みを利用して、関西と名古屋のレコード屋さんに掘りに行くことを中心に、飲んだり食ったり、遊んだり・・・な珍道中を紹介する内容になると思います(^^;)
 2年前と昨年にも旅をし、ここ毎年の恒例行事になりましたが、今年も羽を伸ばしに行ってきたいと思います・・・詳細は、以下の記事をご参照ください!

・ レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2011年8月
・ レコード屋探訪(京都・大阪・名古屋) 2012年8月


 天気予報を見ると、メチャクチャ熱そうで、体調にも気をつけながらの旅になりますが、関西圏&名古屋地区のレコ屋さん等にはお世話になりたいと思います。
 また、今回も、その日の夜に更新をしていきますので、お盆休みの暇つぶしに読んで頂ければ幸いです・・・週中からスタート予定ですので、お楽しみに・・・

 では、今回もイイ旅になるといいな~と祈りつつ、あと数日は頑張って働きたいと思います!!




DJ Shimone 「Disc-O-Tech Throwbackmix 2012 Summer」
DSC09416.jpg

 ここ最近、普通な更新(?)をしてなかったので、久しぶりに普通な作品紹介です(^^;)

 昨年の冬に発掘をした作品ですが、これを昨年の夏に聴いてたら、確実にTroopers大賞にノミネートしてた素晴らしい作品ですよ!!


DSC01011.jpg DSC00998.jpg

 今回は、昨年の夏にリリースされたらしい、オリジナルKODPメンバーでお馴染みの「DJ Shimone」さんによる夏ミックスのご紹介です!!
 ある意味、Shimoneさん版の「Diggin' Ice」とも言っても過言ではなく、選曲、ミックスとも素晴らしい作品に仕上がってます!!

 まず、Shimoneさんの紹介になりますが、古くよりMUROさん周辺でDJをしてて、MUROさん同様に深堀な手腕が魅力的なお方で、知る人ぞ知る存在(失礼!)かな~と思います。

 正直、ここ最近は目立った活動はしてなく、自分のペースに合わせてDJをしてるのかな~と思いますが、ミックス作品もチョコチョコあり、結構好きなDJです。
 このブログでも、過去にリリースされたミックステープ(共作が多い)を何度か紹介をしたことがありますが、渋めなプレーがマニアにはグッときて、お好きな方も多いかと思います・・・

 そんなShimoneさんですが、もはや自身のホームパーティーに近いイベント「Disc-O-Tech」を長年に渡り開催してて、今回の作品は、そのパーティー発のミックス作品になります。

 パーティー自体は、10年以上前から開催してて、場所を変えつつ、現在も開催しており、もしかしたら遊びに行ったことがある方もいるかも知れませんね・・・当時の懐かしいフライヤーを貼ってみましたが、どうでしょうか??
 私自身は残念ながら行ったことはなく、このパーティーのフライヤーがカッコよく、よく集めていましたが、HipHopをベースにSoulやFunk、DiscoやReggaeなど、KODP直系のレコ馬鹿感が満載で、お好きな方も多かったと思います!


 そんな訳で、Shimoneさんらしい「深堀り」を出しつつも、この作品においては選曲の良さや、ミックスの上手さが光り、MUROさんの「Diggin' Ice」的な涼しくって、気持ちいいミックスを爆発させており、この作品を入手以降、結構パワープレイをしてて・・・今年の夏はお世話になっております!!

 リリースの詳細は不明な点も多く、イベント来場者へのノベルティーの可能性もありますが、販売もしていたようで・・・何とも言えません。
 ただ、某ユニオンの中古ミックスCDコーナーで出てて、詳細は分からなかったですが、シモさんの名前と、ジャケの雰囲気だけで「ヤバいかも?」と思って買ったら大正解で・・・こういう掘り方でイイのを引き当てると格別ですね(^0^)

 では、以下で詳しく紹介をしたいと思います。


DSC09424.jpg DSC09423.jpg 
DSC09419.jpg DSC09420.jpg

 内容的には、いわゆる「Diggin' Ice」的なチルでクールなミックスになるのですが、この作品においては、まず「選曲面」がヤラれます!!
 
 まず、個人的には、シモさんの作品を聴いていると、あえて「マイナーな選曲」をしてて、堀り師根性が強いのかな~と思っていましたが、この作品においては、その方向性をシフトさせ、定番曲を多くプレイしつつ、別方向での堀の深さを出していて、結構ヤラれました!!

 それこそ、KoolのSummer Madnessから始まるのですが、夏には気持ちいい「Tania Maria / Come With Me」をのような旧譜系の曲を気持ち良くプレイしつつも、「Ghost Town DJ'S / My Boo」のような新譜系の曲をサラッとプレイしています・・・

 個人的には、シモさんというと、圧倒的に「マイナーな旧譜」というイメージがあり、下手したら00年代以降の曲をプレイしないのかな~と思うぐらいなんですが、現行の曲もしっかりと押さえ、自分のプレーに消化してる点は流石です。
 当然ながら、旧譜系の選曲も間違えなしなんですが、普通にAlcia KeysやAshantiなんかも流れでプレーしてて、全体的な涼しさを演出してくれます。

 また、定番曲も多くプレイしてて、それこそ「Mtume / Juicy Fruit」から「De Barge / Saty With Me」なんかをプレイするのですが・・・さり気なく「Biggie」繋ぎでプレイしてきたり、きいてて「にやっ」とさせる使い方をしてて・・・この辺も流石です。

 次のテクニック面の話とも被りますが、定番曲は割とストレートなプレイをしてるように見えて、かなり「ひと手間」加えており、ネタ繋ぎや関連曲繋ぎなど渋い仕事を入れており・・・全体的なグルーブを失わず、作品に深みを出してて上手いですね。
 MUROさんもそうですが、定番曲でも高次なプレイをして更に良く聴かせる点は、Diggin' Iceの「魂」を表現してて、グッときます!!


DSC09421.jpg DSC09425.jpg
DSC09427.jpg DSC09428.jpg

 そう、この作品においては「ひと手間」が異常に冴えており、選曲面の良さを、Simoneさんの「渋い技」で更に光らせており、かなりヤラれます・・・

 例えば、先ほどBiggieの関連曲繋ぎでも触れましたが、関連曲で繋ぎつつも渋い技を入れてくることがあり、個人的にも大好きな「Nicole / Ney York Eyes」であれば、そこからNY繋ぎで2009年にリリースされた「Alicia Keys / Empire State of Mind (Part 2)」というアカペラに近い曲をプレイするのですが、さり気なく「MC Shan / Bridge」や「BDP / The Bridge is Over」のインストをブレンドしてて・・・上手すぎです!!
 もしかしたらマッシュアップ系の曲かも知れないですが、アカペラの上にNYらしい「にやっ」とするブレンドをカマしてくるのにはヤラれます・・・Biggieの部分も、サラッと関連繋ぎと書きましたが、かなり渋い仕事をしつつプレイしてて、ここもヤラれます・・・


 また、その曲を光らせる上で、絶妙なタイミングでプレーしてくる部分も多く、後半でピークへ向かう過程で、サラッと「The Cool Notes / You're Never Too Young」を絶妙なタイミングでカットインする部分もイイですね!!
 曲がいいのは無論ですが、その曲に一気に引き込むタイミングが上手く、DJミックス自体も上手すぎです・・・申し訳ないですが、シモさんは、技術よりも「掘り」な人なのかな~と思っていたので、このミックスの上手さにはビックリさせられました。

 そして、ミックスの上手さや、シモさんの渋い仕事、選曲の妙が一番光ったミックスとしては、ピークな選曲である「Kevie Kev / All Night Long」から「T's Wife / Plastic Love」の繋ぎではないでしょうか・・・トラックリストを見ずに聴いてたら、思わず「おー!」と声をあげてしまいました!!
 
 選曲的には、ネタ曲のMary Jane Girlsで渋い2枚使いをしてからKevie Kevに繋ぎ、Diggin' Iceらしい気持ちいい展開にしつつ、Kevieのサビである「♪ワタシハトウキョウスキ♪」からPlastic Loveのイントロにカットイン・・・この繋ぎには本当に痺れました!!
 トウキョウ繋ぎでコレをもってくるアイデアも素晴らしいですが、Plastic Loveの良さを更に引き立てるミックスで・・・MUROさんのDiggin' 96におけるT氏からJ.R.Balleyへのミックス級に「殺し」てくれ最高です・・・



 自分が思ってたほど、あんまり上手くまとまりませんでしたが、選曲、ミックス、技術、アイデア、どれをとっても素晴らしい出来で、個人的には「Diggin' Ice」の名前をつけて出しても良いぐらいの作品だと思います。

 全体的なグルーブも、Diggin' Ice的な冷涼感のある内容に統一されてて、気持ちいいグルーブで進ませつつも、選曲やミックスで流れを作り、奥深い展開があるのが素敵で・・・聴いてて本当に気持ちいいです!!
 
 作品的にはCD-R作品で、ほぼ手売りに近い内容で、入手がかなり難しいかもしれませんが、Diggin' Iceが好きな方なら絶対に好きになる作品です・・・
 私のブログのポリシーでもある「DJミックスをすることでプレイした曲が更に光る」のお手本とも言える作品でもあるので、是非聴いてみてくださいね!!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Shimone 「Disc-O-Tech Throwbackmix 2012 Summer」
Genre : Soul、R&B、Dance Classics、Hip Hop・・・
Release : 2012年夏
Lebel : No Lebel No Number






----------------------------------------------------
----------------------------------------------------
<毎度の独り言>

DSC09429.jpg

 今回のシモさんの作品、かなり入手しづらい作品ではありますが、このブログにしては珍しい「新譜」な作品でしたね・・・
 最近、あまり新譜のミックス作品の話をしてなかったので、そんな話をしたいと思います。

 今年も半分を過ぎましたが、色々なミックス作品がリリースされており、散財と喜びの日々を繰り返しております・・・まあ、買ってもそんなには聴いてないのも多いですが、内容が良い作品が多く、日々の活力を頂いております。

 特に今年は、大好物なDisco系の作品が多く、MUROさんやNoriさんのSalsoulも素敵でしたが、個人的には、楽しみだったUltimate 4thさんの新作「Rubber Funk」が大ヒットで、かなりヤラれました!!
 
 大人気Funkイベント「In Business」のサブフロアー担当DJによるグループで、メンバー4人で織りなす独特の選曲・グルーブが素晴らしく、今まで出たミックス作品はどれも良く、今回のもかなり期待をして買いましたが、流石ですね・・・
 個人的には、ディスコ路線を担当する仲山慶さんのミックスが好きで、今回のミックスにはヤラれました・・・詳細はネタばらしになるので、書きませんがMelbaからアレへの繋ぎは最高スギです・・・ちょうどLarryの作品紹介を書いてる時だったので、なおさらグッときました!!


 ちなみに、皆さんはどうかは分かりませんが、私はミックス作品を買う時も、買って作品を聴くときも、あえて「トラックリストは見ない」で買ったり、聴いたりしています。

 まあ、購入する時点で「こういうジャンルのミックス」というのは分かってはいますが、そのDJがどういう選曲をするのかが楽しみなので、あえて見ません・・・あと、沢山ミックス作品を買ってるので、いちいち見るのが面倒・・・というのもあるかも??

 今回のUltimateも、かなり期待をしてたのでトラックを見ずに聴きましたが、ホント選曲の幅の広さやアイデア、ミックスの上手さなどが素敵で・・・トラックを見ないで初めて聴いたときの感動ったら最高でした!!
 多分、クラブで踊りながら聴いてることに近い聴き方なのかも知れませんが、何が起こるか分からない状態で聴くのも面白いので、興味のある方は、最初に聴くときだけは、トラックを見ずに作品を聴くことをお勧めしますよ!!

 あと、Ultimate 4thさんに関しては、次回作も超期待してます・・・ソロ作(大自然さんのホーンミックスも良かったです!)も期待してますので、頑張ってください!!
 そういえば、全然作品紹介をしてないので、近いうちに紹介をしないと・・・ですね(^0^)