HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Atsushi 「You Can't Call Nobody?」
DSC09829.jpg

 また更新が2週間ぶりですね・・・独り言で書きますが、仕事が多忙&体調不良で記事を書く余裕がありませんでした(^^;)
 
 その辺の愚痴(?)は下で書きますが、忙しい時は耳に優しいミックスを聴きたくなり・・・暫くはコレを聴いてました!
 珍品な部類かもしれないですが、かなり好きなテープです!!


numata_001.jpg DSC04181_01.jpg

 今回はFront/Blast世代にはド直球なお方「沼田充司さん」によるミックステープのご紹介です。

 まず、沼田さんは、我々世代としては、必読書だった「Front/Blast」で初期よりライターとして参加しており、NYからのコアな現地情報を提供したり、盟友であるグラフライターのStak氏との痛快鼎談が最高で、お好きな方も多いかと思います。

 私個人としては、お好きなレベルじゃなくって、沼田さんがいなかったらFrontとBlastは成り立たなかったぐらいだと思っており、超信頼&尊敬をしています!!
 FrontやBlastでの情報も参考にしてたし、レゲエ系フリーペーパー「Riddim」での情報も参考にしてたし・・・HipHopらしいラグトな内容&文体でしたが、深く読むと丁寧で愛のある内容が多く、日本にHipHopを広めた影の功労者として間違えないでしょう!!


 そんな沼田さん、00年代初期に「DJ Atsushi」名義でミックステープをコッソリと出しておりました。

 リリースに関する情報が分からないのでアレですが、インデックスなどを見る限りだと、渋谷にある地域FM「Shibuya-FM」でやっていたDJ番組「World Famous」のマークがあり、記憶だと沼田さんもレギュラーをしてたので、その繋がりで作ったのかな~と思われます。
 沼田さん自体は、ライターとしての活動の方が有名になっていますが、元々はHipHop系のProducer/DJで、現地NYでもDJをしてたので、こういうのを作ってもおかしくないですが・・・誌面でしかしらない人にはちょっとビックリですかね??


 では、作品の紹介に行ってみましょう!!


DSC09830.jpg DSC09831.jpg

 内容的には、これまたビックリで、90年代中頃のR&Bや当時の新譜R&Bなどを用いたラウンジーな選曲・ミックスになっており・・・個人的にはかなり好きです!!

 選曲的には、当時、大ヒットした「Carl Thomas / I Wish」のようなスロー系の楽曲を中心に、アルバムオンリーな「Sweetback / Gaze」などのような渋い曲も多くプレイしつつ、心地よい空気を与えてくれるミックスになっています。
 まるで、沼田さんが住んでいるNYの深夜の自室で、街のトワイライトを感じながら、素直に作った感じがして・・・大変素敵な内容です。

 まあ、誌面の沼田さんしか知らないと面を食らう内容かと思いますが、個人的には、このテープの内容が沼田さんらしい「優しさ」が生きた内容でかなり好きです!!

 正直、沼田さんのイメージというと、Frontの連載などでのラディカルな部分が先に出てしまい、ハーコーなHipHopでは?と思ってしまうかもしれません。
 ただ、沼田さんって、イイ意味で「大人」な部分があったり「ロマンチック」な部分があったりして・・・Frontなどでのラディカルな側面の内側には「優しさ」があると思っています。

 もし、興味があれば読んで頂きたいのですが、沼田さんの半生を綴った快著「It's My Thing」を読むと、NYでタフに生きつつも、沼田さんの真摯な姿勢に感銘を受けると思います・・・不器用に生きてるのかもしれないけど、凄い優しい方なのが分かるかと思います。
 私の一方的な考えなので、必ずしもそうとは言えないかもしれないですが、このテープを聴いてて、その優しさで作った感じがあるんだな~と思ったら、凄い入っていけて、仕事疲れを優しく癒してくれました・・・ありがとうございます!!



 そんな訳で、ちょっと抽象的な紹介になってしまいましたが、お勧めのテープです!!

 入手に関しては、私もかなり探した上でゲットしたモノなので、結構手に入れるのが大変かもしれないです・・・欲しい方は頑張って探してみてね!!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Atsushi 「You Can't Call Nobody?」
Genre : R&B・・・
Release : 2000年ぐらい
Lebel : No Lebel No Number


 



-------------------------------------------------
-------------------------------------------------
<独り言>

DSC09833.jpg

 え~、前回の更新でも軽く愚痴りましたが、先月末から今月末までは仕事が佳境で、空前の出張ラッシュ、そして帰ったら事務処理&会議地獄で・・・残業も休日出勤もしまくりで、おかげさまで今週は見事に体調を崩しましたが、なんとか最後の出張をやっつけました(^^;)

 今期は、色々なことがありましたが、結構辛かったです・・・でも、無事に終わり、仕事の成果や内容、後輩たちが育ってきたことが嬉しく、頑張った甲斐があったな~と思いました。
 あんまり、仕事の事を書くのもアレですが、このブログ自体が、ミックステープやDJの素晴らしさを伝えることと、私の愚痴を書く為にあるので・・・許してください(^^;)


 そんな訳で、自分の時間を潰して仕事をし、日々の掘り活動が自粛気味でしたが、チョクチョクは掘ってたので、愚痴りつつも、釣果報告です~


DSC09815.jpg
DSC09821.jpg
DSC09814.jpg
DSC09818.jpg

 まず、先週末の土日、泊まりで九州に行く仕事があり、大好きな福岡周りで行けるので、2年ぶりに「福岡のレコード屋」を攻めてみました!!

 今年の冬にもコッソリと福岡には行ってたのですが、その時はレコ周りが一切できない日程で、かなり悶々としてました・・・ので、今回は、土曜日が移動日みたいな感じだったので、早めに福岡に入って、久しぶりにレコ屋周りをしてました(^0^)
 ただ、後でも話しますが、渋谷のユニオンであった鬼テープセールには参加ができなかった・・・そんな未練のまま飛行機に乗ったのは言うまでもありません(^^;)

 まず、どこもそうですが、ここ最近のレコ屋さん、ロック系のお店が大変元気で、福岡もロック系のお店が元気でした!!

 Ticroの並びにある「ボーダーライン」さんは、ちょうどポール・マッカートニーが来福した直後で、ポールコーナーを中心ににぎわってたし、広島に本店がある「グルーヴィン」さんは、広島から送られてきたゴツイ量の和物45が素敵だった(吉澤さん、コレですよね!)し・・・地方のレコ屋さんは面白いですね。
 流石に抜いたのはなかったですが、グルーヴィンの45は質が良く、レコをめくってるだけで元気になる(?)感じがあり、素敵でした!!

 ただ、その反面、クラブ系は元気が無かったように思えます。

 福岡に行ったらとりあえずお伺いするTicro(とDicro)も、在庫はありますが、なんかパッとせずアレだし、数少ないクラブ系のお店だった「Whistle Sounds」さんは9月で閉店(Don'sさんも閉店?)してたし・・・残念です。
 まあ、クラブ系はどこのお店でも同じような傾向なので仕方が無いのですがちょっと寂しかったです・・・救いは、Dicroで手を真っ黒にしながら掘ってる若者がいたこと(福岡はどこのお店でもこういう若者がいてイイですね!!)ですかね・・・みんなで頑張りましょう!!

 ちなみに、前回の更新で書いたDicroのレジ後ろにある私物らしきテープ、買うモノが無く、店員さんに聴けるタイミングが無かったので今回は不戦敗です・・・遠目で見る限り、凄いゴツいテープがある訳じゃないですが、ミラクルが起きるかもしれないので、これからも狙いたいと思います・・・


DSC09822.jpg
DSC09828.jpg

 そして、今回、福岡に行きたかった理由は、このお店に行きたかったのがあるかも??

 市街地から外れた所にある「Teenage Dream」さんで、2年前に福岡に行った際のリベンジ(?)をしたかったからです・・・

 2年前に初めて訪れ、かなりヤラれたお店で、ロック中心なお店ですが、在庫量が半端無く、特に和物レコードが充実してて、福岡の隠れ名所みたいなお店かと思います。
 ここ最近の和物ブームの流れだと、注視すべきが、和物のプロモ系レコードで、有線落ちなどゴツいのが結構あり、LPだけで1箱コーナーがある(!)ぐらいで、45もLPも大変充実しており、素晴らしいお店です!!

 んで、文頭で書いたリベンジというのは・・・2年前に伺った際、メチャクチャ取りづらい位置にプロモ繋がりで「アドバンステープ」が大量にあり、その時は全てがチェックできなかったので、今回は全て掘りつくそう・・・それが目的でした。
 特に、ここ最近、日本語ラップ系のアドバンスを中心に、市場が動き始めた所があるので、あの在庫をすべてチェックしたらゴツいのが出てくるのでは?と思っていたので・・・結構、狙いをつけて来店をしました。

 そんな訳で、スーツのオッサンが、汗をかき、手を汚しながら、全ての在庫(300本ぐらい!)をチェックしましたら・・・上記のを捕獲しました!!

 日本語ラップ系のは全滅でしたが、個人的にはツボなアドバンスが抜けましたかね・・・大半が95年前後のHouseとReggae系のコンピCDのアドバンスでしたが、ある意味レアなのが抜け、ちょっと感動をしました。

 写真の左下・緑のテープは「Jugglin City Collection」というレゲエ系CDのアドバンスで、製作は大阪の伝説的サウンド「Killasan Movement」です・・・ソロバンさん、グッと来るでしょ??
 また、右下・黄色のテープは、中を開けてビビりました・・・「アルティメイトDJアンセム」なる胡散臭いHouse系ミックスCDのようでしたが、中に製作者として「Ko Kimura」さんのお名前が!!

 まあ、凄いレアなのが掘れた訳ではないですが、夢を託して未知のテープを掘りに行き、ちょっとは成果があったのが嬉しいですね・・・渋谷のリベンジ(?)もココで果たせたような気がします??

 あんな場所に置いてあるテープを掘る人は、お店的には怪しい(ましてスーツだし)はずですが、温かい目で見て頂いた店主さんにはビガップです!!


DSC09832.jpg

 そして、日曜の夜、東京に帰り、翌日も仕事をし、なんとか仕事を終わらせ、閉店間際でしたが、件の渋谷のテープセールを掘りに行きました!!

 このブログを読んでいる方だと、当日は並んで争奪戦(Nujabesさんのって幾らだったんだろう?)に参加された方もいるかもしれないですが、相当な量のテープが出て、かつ、マニアックなタイトルが多かったので、私も並びたかったです・・・
 ただ、かなりマニアックなのが多そうだったので、レアなのはないけど、中途半端にマニアックなのは残ってるだろう・・・と踏んで、行ってみたら大正解でした!!

 釣果は写真のような感じで32本、プラスで欲しかった「Lesson 1,2&3」のオリジナル盤(万以下で買える日が遂に来ましたね~)も勢いで買い、スーパーファミコン1台なお会計でした!!

 狙ってたタイトルが無かったりもしましたが、初めてみるドマイナーなテープがごっそり残ってたり、こっそりと集めているCeloryさんのテープが大量にあったり、早く書きたいけど記事に起こせない某テープ(Yさん、遅れてすみません!)用にラジオ録音モノのテープを大量ゲットしたり・・・テープ馬鹿の面目は保てた釣果でした。
 これが、セールに並んで買ってたら、もっと一人で買ってたのでしょうが、まだまだ知らないテープが沢山あるんですね・・・並んで買った方からすれば、そんなのを拾うのかよ!と思うかもしれないですが、残りモノには福がありましたよ(^0^)
 
 あと、閉店間際だったので、テープの袋を切る面倒な作業をさせてしまって、店員さんには申し訳ない・・・これからも沢山買いますのでガツガツ仕入れてくださいね、よろしくお願いします!!

 ちなみに、オチとして、月曜ぐらいから風邪っぽい感じがあり、渋谷のユニオンには少しフラフラして行ったのですが、久しぶりに同時に同じテープを意味もなく2本買っていました・・・なんで気付かないんだろう・・・(--;)


DSC09834.jpg

 そんな訳で、本編より長い愚痴と報告でしたが、色々とありますね(^^;)

 12月は割と暇っぽいので、ブログの方は真面目に更新をしたいと思います・・・紹介したいと思って聴いてたテープが溜まってきています(^^;)

 そして、12月と言えば、ユニオンのセールですが、10月、11月と満足にレコ屋に行ってないので、12月は弾けたいと思います・・・Disco系のセールが少ないのがアレですが、ガンガン買いたいと思います!!
 あと、踊りも行きたいっすね・・・海外系はDimitriが来るみたいで、時間を合わせて行きたいところです(^0^)


 では、年末っぽい終わり方になりますが、年末まで頑張りたいと思います。

 皆様も、体調管理だけはしっかりと・・・ではでは(^0^)





スポンサーサイト
DJ Ben The Ace 「Doragon 2000 Mix Tape Volume 1. - Funk Special」
DSC09807.jpg

 気づいたら暦は11月で、秋をすっ飛ばして冬に近づいてきましたね・・・家で軽く飲む焼酎の水割りが、お湯割りに変更になり、冬に近づいていることに気づきました(^^;)
 
 月並みな表現ですが、本当に「秋」が最近は無いですね・・・寂しいような気もしますが、厚着好きな私には嬉しいような・・・微妙なところですね(^^;)

 そんな訳で、やっと「揃った」系の作品の紹介です・・・


DSC09808.jpg

 今回は、言わずと知れたBen the Aceさんのミックステープシリーズで、やっと揃ったので紹介をしたいと思います。

 Benさんは、東京のHipHop系Procucer/DJで、活動歴が大変長いお方で、それこそ90年代初期にはYou the Rockさんと活動をしてたり、90年代後半には自身のレーベル「Spellbound」を興して、TwigyやMuroさんと曲と作ったり・・・日本語ラップファンにはお馴染みですね。
 私自身も、Spellbound発のMUROさんの12inchとかは普通に買ってた世代で、Jay-Deeっぽいスペイシーなトラックが好きでした(^0^)
 現在も元気に活動をしており、Organ barでレギュラーパーティーを開催しつつ、全国でDJをしてたり、定期的にミックス作品をリリースしてたり、頑張っておられます。

 そんなBenさん、ミックステープ全盛の00年代初期には多数のミックステープをリリースしており、テープとしては合計12作をリリースしています。

 私自身は当時は買ってなかったですが、結構売れていたテープで、お好きな方も多かったはず・・・どの作品もBenさん視点が利いた選曲になっており、今回のようなネタモノや、SouthやWestモノなどのような意外な選曲など、独自視点が生きた作品が多いです。
 なかなか言葉にしずらい感覚なのですが、Benさんらしい「Funk」視点が通った作品が多く・・・冷涼感がありつつも、ドロッとした質感がある感じで・・・好きな方には堪らないと思います!!

 そんな訳で、今回は第1作目から紹介をしたいと思います(^0^)



DSC09809.jpg DSC09811.jpg
DSC09810.jpg

 第1作目はタイトル通り「Funk」選曲で、いわゆるネタモノミックスなのですが、Benさんらしい雰囲気が生きた作品になると思います。

 手持ちのレコードの範囲で紹介すると、全ての世界観が紹介出来ませんが、クラシックな「Parlament / Mother Ship Connection」のようなFunkクラシックや、「Brick / Dazz」のようなブレイククラシックなど、HipHopを通過した方なら絶対に好きな選曲になっています。
 Benさんらしい「Funk」視点が全体に生きた内容で、それこそParlamentが直球ですね・・・Dreネタとして有名ですが、それ以上にLowRiderアンセムな曲で、冷涼感がありつつも、ドロッとした質感がある感じが堪らなく、ラウンジーな要素もあるので、リラックスしながら聴くと大変良いです。

 また、ミックス自体は凝ったミックスはしていませんが、要所要所でBenさんらしい手腕が生きていて、個人的には「Diana Ross / Love Hangover」がヤラれました・・・
 前半はスローで、後半で曲が変調し、急にアップテンポになるフロアークラシックですが、前半のスロー部分のみをプレイし、かつその前半を「Funk」としてプレイしているのが新鮮で、流石です・・・



 作品紹介としては以上になってしまうのですが、分かる人にはしっかりと分かる作品(シリーズ)だと思います。

 通向けと言ったらそれまでですが、Benさんらしい「Funk」が生きた作品で、リラックスをしながら聴くのには最適です・・・RareGrooveミックスと言った方が近いかもしれないですが、HipHopを通過したからこそできるミックスだと思います。

 テープ自体は中古市場では結構あり、買いやすい作品なので、期になる方は是非探してみてくださいね~




<Release Date>
Artists / Title : Ben The Ace 「Doragon 2000 Mix Tape Volume 1. - Funk Special」
Genre : Soul、Funk、RareGroove・・・
Release : 2000年
Lebel : Spellbound


Notice : テープについて
 あまり書きづらい話なので、サラッと書いておくと、Benさんのテープ、シリーズを通して「シンガポール産」のテープでプレスしているので、大半の作品が「キーキーテープ」です(--;)
 分からない方は「この記事」を参照してほしいのですが、ミックスはイイのに、テープが聴きづらい(場合によっては聞けない?)テープが多く、大変困ります・・・掘る方は注意してくださいね。




-----------------------------------------
<独り言>

 明日、お世話になっている下北ユニオンでテープのセールがありますが・・・仕事があって行けません(--;)
 う~ん、個人的に欲しいマニアックなタイトルも出るし、ゴツイのも出るので行きたかった・・・後日に行きますが、欲しいのが残ってるといいな~(^^;)
 お好きな方は、是非、下北に行ってくださいね~

  ↓

追記 2013年11月11日 22:30

 気になってたので、今日、仕事が奇跡的に早く終わったので、下北に行ってみたら・・・全くありませんでした(--;)
 テープ、買ってる方が増えてるんですかね?? 今日はN村さんと会えなかったので、詳細は分からないですが、同士がいるのは嬉しいやら悲しいやらです(^^;)

 そして、今週末、突然渋谷でセールをするそうですが・・・週末は連泊の出張で行けません・・・(--;)

 これは悔しいですね・・・つい先日「前ノリであれば遅い便で行くとユニオンのセールに行ける」なんて書きましたが、甘い罠(?)に乗ってしまい、土曜の朝一から移動で・・・全く行けないです。
 写真やデータを見ただけで、欲しいのがワンサカ・・・残りモノでもイイのが残ってればイイですね・・・参加される方、チョットは残しておいてくださいね~

 ただ、甘い罠も楽しみです。

 今回、某九州へ出張で、福岡周りで行くので、現地には夕方に着けばいいのに「福岡のレコ屋」という甘い罠に負けてかなり早い便をとり、福岡で掘ってから移動をすることにしました(^^;)
 凄いゴツいのが抜ける地区ではないですが、テープセールに参加できない悔しさを爆発させたいと思います!!

 ただ、今年もDicroの店頭にある「私物テープ」を見せて欲しいと交渉するも玉砕するんでしょうね(^^;)
 
 では、愚痴りたくて追記しました(^^;)

 
  
Danny Krivit 「A Special Night of Danny Krivit」(@amate-raxi,2013/11/3)
DSC09802.jpg

 え~、また突然ですが踊ってきましたので報告です~

 ただ、毎度の「朝のみ」の参戦・・・最近、ちゃんとした形でクラブに行ってないっすね(--;)


DSC09803.jpg DSC09804.jpg
DSC09805.jpg DSC09806.jpg

 今回は、大好きなDanny先生の単独プレイということで、なんとか時間を合わせて行ってきました。

 この時期、個人的にはかなり忙しく、今週も昨日まで連チャンの都内出張&連日仕事飲み・・・みたいな感じでズーッと頑張っておりました・・・

 本当は、夜から入って行きたかった所ですが、昨日は仕事の清算で普通に10時ぐらいまで仕事し、寝ないと死ぬな~と思い、家でサラッと寝て、始発移動で朝インしました・・・
 悲しいかな、オッサンになると、どんなに疲れてても、5時ぐらいに普通に一度起きてしまうので、今回も普通に起き、そそくさと家を出ました・・・(^^;)


 そんな訳で、6時チョイには会場の渋谷amate-raxiに到着しました。

 個人的には、かなり前に同所にあったSimoonに1回行った(MuroさんのYa Digかな??)記憶がありますが、殆ど初めての箱です。
 場所的には、渋谷から並木橋方向に向かうとあるお店で、ここ最近、elevenなんかでやってたようなパーティーが開催されることが多く、Emmaさんも最近プレイしていましたね・・・その流れなのか、今回のDannyのパーティーも決まったのでしょうか??

 私が到着した時点では、お客さんが引き始め、フロアーも適度に混んでいるぐらいな感じで、Dannyも朝方系のしっとりとしたダンクラをプレイしてて・・・フロアーに入った瞬間から踊り始めてました(^^;)
 amate-raxi、あまり音とかフロアーの評判を聞かない箱でしたが、木板のフロアーが踊りやすく、音も四方から包む感じでイイですね・・・フロアーはチト狭いですが、スピーカーにAlphaさんのプレートが確認できたので、音は結構イイですね。


 そんな訳で、数時間前まで仕事でヒイヒイ言ってたのに、Dannyのプレイに合わせて踊りましたが・・・今回は行って良かったです(^0^)

 入って踊り始めた時間は、割とスローでしっとりとした朝方選曲をしてましたが、その流れでクラシックな「Diana Ross / Boss」をプレイ・・・コレにはヤラれ、みんなで大合唱です!!
 そして、Deep House系の楽曲で、気持ち良く踊らさせてくれた7時ごろには「Phyllis Hyman / You Know How To Love Me」もプレイ・・・コレにもヤラれ、歌いながら気持ち良く踊ったました(^0^)

 ここ最近のDannyのプレイ、割と「耐える」DJ/選曲が多く、安易にクラシックはプレイしないことが多いのですが、今回の朝方は、個人的にはツボなクラシックが多く、久しぶりに「優しいDanny(?)」が味わえたな~と思います。

 プレイに関しては、Dannyも結構ノリノリで、こういった歌モノは、ニコニコしながらプレイをしていたのが印象的だし、Dannyらしいファンキーな曲も多く、終始踊りまくりです!!
 フロアーも、Dannyのパーティーでお馴染みなDazzle Drumsさん(WarmのDJを聴きたかった・・・)がサポートしてたり、照明には元elevenの町田さん(You Knowのライティングは流石です!)など、安心できる仲間が多かったから、こういうプレイになったのかな~と思います。

 また、今回は踊ってて、体的には結構疲れていたはずなのですが、Dannyの音を聞いてると、自然と体が動きつつ、そのファンキーなんだけど、優しいグルーブがとても心地よかったです・・・
 気づいたら、目をちょっと閉じて、音に体をゆだねながら、無心になって踊っている時間もあり・・・仕事の疲れを癒してくれました!!


 あと、Dannyの凄い所って、全然知らない曲や渋い曲でフロアーを踊らせることの方が大きいですよね・・・

 今回も、全然知らない曲や、なんか聴いたことがあるな~って曲が多く、HouseやGarageなど、幅広いDance Musicをプレイしており、参りました・・・
 私が気づいた渋めな曲だと「People's Choice / Here We Go Again」ぐらいでしたが、ホント勉強になります・・・幅の広さと言えばそれまでですが、これこそ熟練の技でしょう!!

 あと、終わり間際は、メッセージプレイもあり、外が小雨模様だったので雨の曲(聴いたことはあるけど曲名がでない・・・)をプレイしたり、Stevieの曲で感謝の意を伝えたり・・・流石です!!


 んで、9時前ぐらいに、個人的にはDannyクラシックな「Teena Marie / I Need Your Lovin’」をプレイし、コレにもヤラれ、歌い踊りつつ・・・数曲はさんで、9時チョイにアンコールなしで終了しました。
 私も全てのプレイを聴いてないのでアレですが、かなり全力投球をした上でのプレイエンドで、アンコールの必要のないぐらいのプレイだったと思います・・・下りてこられたときに、感謝の意を込めて、つい握手を求めてしまいました!!
 

DCIM0076.jpg

 そんな訳で、最後は豪快に手ブレをした終了後の写真で〆ますが、今回は踊りに行って本当に良かったです!!

 なんか、こう書くのもマヌケですが、DannyのDJでリフレッシュし、沢山の元気をもらいました!!

 今月も出張が多く、根性の日々が続くのですが、Dannyの音楽で踊れたので、何とか乗り切れそうです・・・がんばるぞ!!

 では、ちょっと雑な報告でしたが、以上です~♪