HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ DDT-Tropicana 「Sea Side Situation Vol.1 - Sea Side Situation」
DSC00250.jpg

 先週、馬鹿みたくテープを購入した話をしましたが、今週はそれらのテープをチョコチョコ聞いており、刺激を受ける毎日でした・・・いや~、まだまだビックリするようなブツが多いっすね(^0^)

 どう面白いかは、なかなか説明が出来ないですが、マニアの欲求を満たすことが多く、大枚を払った価値があるな~と思いました(^^;)
 あと、先週の件がきっかけで、多数の方からコメントを頂き、嬉しい限りです・・・年度末で超忙しかったですが、日々の疲れが吹っ飛び、助かりました!!
 
 そんな訳で、今回も「ある程度揃った」ので紹介のブツです(^0^)


ddt_01.jpg DSC00257.jpg

 ミックステープのブログをやっている立場からすると、紹介するのが超遅くなってしまいましたが、歌モノ系のミックスにおいては、今でも右に出る者が少ないDJである「DDT-Tropicana」さんの人気シリーズの作品を紹介します!!

 まず、DDTさんに関しては初めての紹介になるので、分かる限りの紹介を入れておきたいと思います。

 DDTさんは、現在も都内を中心に活躍するDJで、現場でのプレイもさることながら、歌モノを中心にポップなミックス作品を多数リリースされており、ご存知の方も多いかと思います。
 かなり巨漢の御大(失礼!)ですが、イイ意味でポップな選曲とミックスが出来る方で、現場でも、ミックス作品でも、幅広い層から支持を得ている方で・・・だけど、しっかりと深い選曲も出来、頼もしい存在かと思います・・・ちなみに、私と同じ昭和55年組のようですよ!!

 そんなDDTさん、業界的には今回紹介するミックステープシリーズで評価された部分が多く、一時期は「レア歌モノ」関連の最先端として評価されたいたかと思います・・・

 時期的には00年代初期の話ですが、レアなR&Bや、ヨーロッパ系の歌モノPopsなど・・・歌モノという意味での90年代の様々なR&BやPopsが掘られ、中古レコード市場が活況していた時期があるんですよね・・・

 今でもEU系のはドマニアックな部類はそうですが、一般的なR&Bから掘りのレベルが深化し、ドマイナーな曲がとんでもない値段で取引されていた時期がありました・・・いや~、当時はまだガキだったので、値段とかを見てると目の毒でした(^^;)
 正直、コレ系で生計を立てていたレコ屋も多かったぐらいで、今はネットに以降している808さんなんかは代名詞かと思いますが、ホント熱かったです・・・よく分からないFrance産のレコードが平気で五ケタになってるみたいな感じで・・・時期的にはあまり目立たなかったけど、影で激熱だった時期があったんですね・・・

 その流れで評価されていたのがDDTさんで、コレ系の流れで人気があった記憶があります。

 ココでポイントになるのが、それらのレアR&Bのシーンって、凄い狭い世界だったので説明がしづらい部分もあるのですが、DJ達が掘ってきた歌モノを紹介する場所が「ミックステープ」になっており、DDTさんも発表したミックステープで名前を上げていた記憶があります。
 同時期であれば、Nooriさんや、Hirokiさんなんかがテープで業界内の評判を上げていた部類で・・・ミックステープが、ある業界での「コレクター勝負」の土俵になっていたんですね・・・この点は、私も同時代を生きていましたが、あまり知らない部類なので、もっと勉強をしたいと思います!!


 ちなみに、テープのリリース元は、もしかしたら初めてな紹介な「Favorite」で、ここもミックステープ掘りとしては外しが無いレーベルですね!!

 00年代初期から中期位まであったテープレーベルで、結構な量をリリースしており、特に歌モノ系は強く、このレーベルのテープは、見つければ必ず買っています!!
 当時は残念ながらスルーしていましたが、歌モノを中心に色々リリースしており、最高なテープレーベルですね・・・その内にちゃんマトめますが、日本には、ミックステープ専門のレーベルが結構あり、Favoriteはその一つで、最高ですよ!!



DSC00251.jpg DSC00252.jpg
DSC00253.jpg DSC00256.jpg

 そんな訳で、DDTさんの作品の紹介ですが、流れで第1作目から紹介をしますね~

 DDTさんのテープに関しては、年度ベストモノもありましたが、コアな歌モノミックスは6作品までリリースされており、当時はボチボチ人気があったかと思います。

 先週のMarさんと同じになっちゃいますが、記事を書こうとして調査をしてたらパーフェクトじゃなかった(今回は6が無い・・・)ので、個人的にはテンションが下がる所ですが、DDTさんの作品は、結構売れていた印象があります。
 それこそ、DMRのようなメジャーなお店で一般客にも売れつつ、コアなユーザーにも売れていた感じで・・・作品上、コアな選曲をしてるんだけど、内容的に一般人にも聞きやすい内容だった・・・部分があり、大変素晴らしいですね!!

 そう、DDTさんの作品って、コアな選曲をバンバンしてるんだけど、凄い聞きやすい内容になっているのが魅力だと思います!!

 今回紹介をする第1段では「Sea Side Situation」と銘打ち、A面では太陽が降り注ぐ日中をイメージした選曲、B面では日が落ちた夕方以降の選曲をしており・・・要所要所でコアな選曲をしてるんだけど、凄い聞きやすい内容にしている点は秀逸だと思います。

 選曲面を紹介しておくと、歌モノ系では鉄板な名カバー曲を多く選曲(もしかしたら無意識にかもですが・・・)しており、グッと来ました・・・それこそ、オリジナルよりも大好きな部類の曲も多く、クラシックな「Swing Out Sisters / Am I The Same Girl」「Courtney Pine / I'm Still Waiting」などをプレイし、夏を小粋に盛り上げています。
 また、個人的にコアだな~と思った部類では、当時としてはニュースステーションのイメージが強く、DJがプレイする曲としては想定外だった「Candy Dulfer / Bob's Jazz」」や、実はバックがスカパラなマイナーカバー曲「Thriller U / Let's Stay Together」など、当時としては「歌モノ」に属さなかった曲を積極的にプレイしており、グッときました・・・

 一応、指摘をしておくと、紹介したレコ、全盛期は万越え近くいったのもありますが、今回、聞いていて、レア盤だからプレイしている感じはなく・・・イイ曲だからプレイしている感じが強く、大変イイですね!!

 選曲を見返していると、当時としても直球な歌モノ(US系R&Bなど)は外し、UK系の渋い所を入れつつ、当時の最新ヒットをサラッと入れてたりし・・・この塩梅は流石ですね!!
 この辺は、レコードを掘ってないと分かりづらい部分かもしれないですが、適度にレアなレコや、知られていないレコをプレイしつつ、副題の「夏の海辺」に合うような爽やかな選曲になっており・・・曲を知らなくっても全然楽しめる感じが素晴らしく、この辺はセンスの賜物だと思います(^0^)




 そんな訳で、やや適当な紹介になりましたが、結構お勧めなDJの作品紹介でした!!

 こういう選曲が素敵な作品を聞くと、知ってはいたけど、聞いたら凄いカッコよく聞こえる曲があるんですよね・・・
 おかげさまで、今回も数曲、捕獲対象になりました・・・聞いた人にこういう「思い」を与えられるミックス作品こそ、評価しないと行けないですね!!

 市場的には、名前が先行して、ややレアな感じもありますが、探すと全然出ない部類のテープなので、お好きな方は探してくださいね~




<Release Date>
Artists / Title : DJ DDT-Tropicana 「Sea Side Situation Vol.1 - Sea Side Situation」
Genre : R&B、Pops、UK Soul、EU・・・
Release : 2001年ごろ
Lebel : Favorite Rec FT-B





--------------------------------------------------
--------------------------------------------------
<独り言(やっぱり書いちゃうな~)>

DSC00249.jpg

 この画像は、東京近郊でレコを掘っている方と、ユニオンの店員さんしか分からないっすね(^^;)

 え~、4月より増税ということで、一般的には前倒し購入が多いかと思います・・・私は、どちらかというと無関係かと思ったら、やっぱりレコ関連はそうでした(--;)

 何度か書いた気がしますが、購入したレコードやCDやテープはノートに記入してて、月末に清算的なことをしてるんですが・・・先ほど、記録を整理してたらら、今月はビックリするぐらい買ってました!!
 
 まあ、先週の下北のテープセールが超大きいのですが、ユニオン的には決算シーズンで割引があったので、結構買ってんですよね・・・仕事的には忙しかったですが、都内店も地方店も攻めていて、その証拠が上の写真になります・・・
 一応、関東圏以外の方にも説明しておくと、3月中旬よりユニオンの店頭で購入した際、増税を見越してるのか、4月以降に使える割引券になるのですが・・・3月中旬から配られたはずなのに、手元には9枚ありました・・・(--;)

 つまり、色々なユニオンで9回ほど会計をしている訳ですね・・・以前は、こういう割引券、結構あり、すごい重宝をしていた(2000円で200円引きとか)のですが、最近は他の割引の方が濃く、今回の割引券は適当にしてたのですが、こんなに貰ってたんだ・・・
 買ったレコードやテープ代は振り向かないようにしていましたが、この枚数をみて、私は大丈夫なのかな~と久しぶりに思いました(^^;)

 まあ、なんていうんでしょう・・・元気にレコ掘りをしている証拠と思えばOKなんでしょうかね??

 ここ最近、主軸であったDisco系の12inchは、欲しかったレコが手に入り、後は相当レアな部類だけだな~とペースダウンしたと思ったら、突然とHipHopのオリジナル12inchブームが舞い降り・・・結局は散財の日々を送っています(^^;)
 テープは無論で、恐ろしい幅の広さと熱意で買っていますが・・・なんらかんらで、レコ屋で色々と買っています(^^;)

 あと1年ちょいで、レコード歴20年になる予定なのですが、よく飽きずに買ってますよね・・・気付いたら人生の半分はレコードやテープ・CDと付き合っているのですが、よく飽きないですね(^^;)

 その理由や答えを見つける気はないのですが、ここまで続くと立派な部類かもしれないですね・・・
 なかなか人前では言えない趣味ですが、ここまで飽きずにやってこれたのは立派なのかもしれないですね??


 そんな訳で、上の写真をなんとなく撮影したら、ココまで愚痴れました・・・
 4月になって、写真の割引券を何枚使えるんでしょうね・・・あんまり考えてないですが、増税後も、ガンガン買ってそうな自分が想像でき、ちょっと怖いです(^^;)







 





スポンサーサイト
DJ Mar 「三度の飯よりBreakin' Vol,3」
DSC00235_20140323113507f59.jpg

 え~、今週は後輩に地方出張を譲れたので、ストレートに3連休・・・嬉しい限りです(^0^)

 花粉症の身ではありますが、春めいてきて、お出かけするのも、家でゴロゴロするのもしやすく、日々の仕事疲れを癒しております・・・まあ、一番下でも紹介しますが、かなりイルな3連休みたいですけどね~(^^;)

 そんな訳で、だいたい揃ったので紹介が出来るテープです・・・深く聞き直したら凄くイイですね!!


mar_00.jpg DSC00236.jpg

 今回は、ダンサー業界では有名なDJである「DJ Mar」さんのミックス作品のご紹介です!!

 このブログで紹介をしているミックス作品は、どうしても語る上では「DJ視点」や「クラブ音楽ファン視点」として扱うことが多く、今回紹介する「ダンサー視点」での話は殆どなかったので、まず、その点から話をしましょう。


 まず、ダンサーとミックステープ・・・ある時期は必需品だったモノだと思います。

 一般的なイメージでも十分理解できる話ですが、彼らは音楽に合わせて踊る訳で、その元となる音楽としてミックステープ(ミックスCD)が利用されていました。
 それこそ、練習で踊る際、音楽的に切れ目がなく、グルーブが一定なミックス作品は踊るのに最適で・・・今はデータかもしれないですが、ストリートやスタジオとかで踊っていると、ラジカセを置いて踊っている姿が印象的だと思います。 

 ただ、ここで面白いのが、普段レコードとかを買っている人が求めるミックス作品と、ダンサーが求める作品が微妙に違うということです。

 レコードとかを買っている人は、どちらかというとDJの名前だったり収録曲などを判断材料にしているかと思いますが、ダンサーは「それで踊れるかどうか」がポイントになるようです・・・名前が有名で無くっても、聞いてて踊れるモノであれば何でも良かったようです??

 
 そうなると、こういった「ダンサー用のテープ」が存在する訳で・・・90年代後半~00年代初期は結構ありました!!

 コレ系は、割とダンサーが好みそうな洋服屋さんなどを中心に流通してて、海外モノや国内モノなどがあり、テープを掘っていると結構見つかる存在です。
 渋谷だとTop NationさんやBREAKBEATSさんなんかがダンサー向けのテープとかCDを置いてて、買ってた方も多いかも・・・BREAKBEATSなら店主さん(?)だったKogatarooさんのや、海外産の謎のテープが人気だったし、Top Nationさんはダンサー系のレコードもあり、良く掘りに行っていました・・・

 内容的には、とにかく「ノリをキープ」した内容が多く、踊るジャンルによって音楽が分かれるので、割と細分化はされていたと思います・・・ただ、視点が少し違うのが面白く、普通プレイしないような曲もプレイしてて、聞き方に寄ってはフレッシュな内容も多いですね(^0^)
 ただ、これらのテープ、基本的にダンサー系の方が購入すると、後になって不要なので中古レコード屋さんに流れてくることが少なく(ダンサー系の方は、我々みたくレコードやテープに執着がそんなにないみたいです??)・・・これらのテープ、結構探すのが大変ですね。


 そんな訳で、今回の主役のMarさんに話を戻します。

 Marさんは、現在は原宿にある洋服店(Dancer's Collection)を営みつつ、各種ダンス大会の運営や、バトルでのバックDJなどを行う・・・業界では超ベテランさんですね!!

 DJ業界では殆ど知られていませんが、ダンサー業界ではホント有名なお方で、B-Boy/ブレイカー系のバトルのバックDJには欠かせないお方で、ある意味、裏方として日本のブレイカー業界を支え、盛り上げてお方かもしれません。
 キャリア的にも、80年代末よりダンサーと平行をしながらレコードを買い始め、00年代初期には全盛を極めた有名クルー「早稲田ブレイカーズ」のショー曲を担当し、この頃からブレイカーバトルのバックDJを担当しているそうで・・・詳しくは「このインタビュー」を参照ですが、ブレイカーだとお世話になった方は大変多いかと思います。

 ブレイカーのバックDJっていうと、ピンとこない方も多いかもしれませんが、MCのバックDJと同様に、ステージに立っている人を盛り上げる為に存在している訳で、基本的にはそんなには変わりません。
 ただ、とにかく、ステージに立っているブレイカー達を燃え上がらせ、カッコよく踊ってもらうための選曲をしてるようで・・・実は凄い深い選曲で、平気に2枚使いをしながらブレイクしてく感じがカッコよすぎで、HipHopのOld Schoool期からの伝統を引き継いだ心ゆきを感じ、最高です(^0^)


DSC00237.jpg DSC04693.jpg

 では、実際の作品の紹介に行きましょう。

 この「三度の飯よりBreakin'(通称:三飯)」は1999年ごろよりリリースされたシリーズで、テープでは合計5本リリースされた人気作品です。
 今回は、個人的に内容がツボった3で紹介をしますが、トップの写真の通りDMRなんかでも売られてて、結構人気なシリーズでもあります・・・ちなみに、同名のバトルイベントも開催してて、関東圏のB-Boyの登竜門的なイベントだったようですね!!

 
 まず、内容的にはシリーズを通して「掘り」が利いてて・・・コレが個人的には意外でした!!

 ブレイカー系の作品って、00年代初期に流行ったDef Cut系のBreakbeats的な曲がウケやすく、そういうのが多いのかな~と思ってたら、かなり深いっすね・・・
 この作品だと、A面ではDeep Funk以降のド渋なFunk選曲で、ベースラインがカッコいい「Sapo / Been Had」なんかをプレイしてて・・・また、B面の最初では、クラシックな「Ray Barretto / Passtime Paradise」をプレイ・・・これらを「ブレイク」としてプレイしているのが面白く、そこまで掘ってたことにビビりました!!

 なんか、ダンサー系のだと、個人的な思い込みかもしれないですが、音に合わせて踊ってはいるけど、音楽はそこまで詳しくない・・・分かりやすい例えじゃないかもしれないですが、クラブに行って上手く踊っているダンサー的な子が、クラシックな歌モノになると歌えない・・・みたいなイメージがあり、聞き直してみて、素直にヤラれました・・・

 トラックリストが無い作品なので、全てが把握できていませんが、選曲的には「あんた、掘りが最高だよ!」という掘りっぷりが素晴らしく、結構驚いてしまいました!


 そして、もっと評価しないと行けないのが、そういう深い選曲を「ブレイカー向け」にプレイしている・・・つまり「踊らす」内容に仕上げている点で、このマジックは素晴らしいですね!!
 
 Ray Barrettoが分かりやすいかもしれませんが、決してブレイカー向けな曲じゃないんだけど・・・Marさんがプレイすることでブレイカー向けの曲に昇華されており、これはマジックとしか言いようがありません。
 また、その一助として、カッコいいブレイクの2枚使いやクイックミックスを多用してて、持ちレコが少なかったので強引な紹介ですが、DLネタでもお馴染みな「Secret Weapon / Must Be The Music」の美味しいブレイクをワンパンチでカットインし、次に繋ぐみたいな・・・技術的な部分も素晴らしいです!!


 なんか、今回、この作品を聞いてて素直に思ったのが、HipHopのOld Schoool期からの伝統を守った上で、昇華をさせているな~と思いました。

 それこそKool HarcやBamの頃、DJが2枚使いすることで生まれた「HipHop」ですが、そこにはブレイクダンサーの存在がある訳で・・・彼らを踊らす為の伝統(2枚使いやブレイクという概念)を生かしつつ、他のDJに負けない為の選曲の掘りや、テクニックやグルーブの良さなど・・・HipHopという存在を純粋に守りつつ、過去に縛られない感じがあり・・・聞いてて、レコ屋で掘り掘りしている我々よりも「HipHop」だな~と痛感しました!!
 やっぱりHipHopって、お尻(=Hip)を振る(=Hop)する為の音楽なのかな・・・こういう「踊らす」感覚を忘れては行けないですね!!
 


 そんな訳で、あんまり作品の紹介が出来ませんでしたが、かなりお勧めなシリーズですよ(^0^)

 ダンサー諸子にはモチロンですが、どちらかというと、ダンサー向けのミックス作品はアレだよね~とスルーしてた方の方がお勧めかも・・・Marさんの作品は、ダンサー向けと言う時点でノリとグルーブが秀逸で、更に深い選曲が聴けるので、ミックス作品の理想的な内容だと思います!
 ただ、コレ系の作品、なぜか中古市場には出てこない(テープは5があるらしいが、私は未入手・・・)ので、お好きな方は頑張って探してくださいね~




<Release Date>
Artists / Title : DJ Mar 「三度の飯よりBreakin' Vol,3」
Genre : Funk、Latin、Rock、RareGroove、Dance・・・
Release : 2002年11月
Lebel : No Lebel No Number

Notice : シリーズについて
 テープはVol,05までリリースされてたようで、現在はCDで7までリリース(テープのもリマスターCD化)をされているそうです・・・
 ただ、ダンサー系のお店だとあるようですが、それ以外のお店だと殆ど見たことが無く、こういう所にダンサーとDJの壁を感じたりします(^^;)





------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
<独り言(釣果報告)>

DCIM0132.jpg

 この紙が登場するのは久しぶりですね・・・

 昨日、いつもお世話になっているユニオンの下北クラブ店で「ミックステープの大量放出セール」があったので、朝から参戦してきました!!

 セールがあるという話はチラッと聞いていたのですが、内容は知らず、告知のブログを読んで概要を知りましたが・・・マニアしか分からない「熱」がバンバン伝わってきて、個人的には「とんでもない放出」になると読み、当日を楽しみにしておりました(^0^)
 正直、事前情報だけだと、割と普通な放出で量が多いだけじゃない?・・・と思うのが普通なのですが、写真に見え隠れする全く見たことのないテープや、リスト上での謎の商品、異常な放出本数・・・など、久しぶりに期待が出来るセールと一方的に思っていました(^0^)
 
 そんな訳で、真面目に早め移動で10時ごろに到着し、現地に着いたら先客の方がおられ、私は2番目の順番をゲット・・・開店時も+1名で、後からゾロゾロといった感じで、そんなには注目をされなかったかもしれません。

 実際にも、いわゆる「鉄火場」な感じはなく、ハードなコレクターさんはいない感じで、ゆるかったですが・・・ただ、釣果は以下の通りです・・・


DSC00212_20140323142928cb4.jpg

 いや~、買いましたよ・・・100本越えです!!

 写真では分かりづらいかもしれませんが、100本越えです・・・一気ににココまで買ったのは初めてで、帰りの荷物が凄い重かったです(^^;)

 私自身も、ココまで買うとは思わず、手持ちの現金が足りず、カードで購入をしましたが・・・周りのお客さんも、店員さんも、そして私もビックリな購入です!!
 金額は流石に書けませんが、テープを掘れば掘るほど見たこと無いブツの連続で、久しぶりに我を忘れて掘りまくり、一人鉄火場をしていました(^0^)

 今回のセール、本数に対して掲載されたリストの数が少なく、リスト以外の出品の方が気になっていたり、ココまでの本数と、出たテープのリリース時期(90年代~00年代初期)を考えると、放出元はアレな方かな~と思ったり・・・絶対にヤバいと思った上での参戦でしたが、ここまで爆発するとは思いませんでした。
 ただ、出たテープ、相当のマニアでないと手が出ない(値段じゃなくって、不明すぎて手が出ない)のが多く、大半の参加者の方は「あの人はなんであそこまで買うんだろう?」と思うかもしれません・・・待ってる時に1番の方とお話しましたが、死ぬほどテープを持ってるけど、まだまだ知らないテープが多い・・・それが一気に爆発した放出だったと思います!!

 そんな訳で、戦利品の一部を下記に紹介しますね~


DSC00219.jpg

 まず、結構探しているDJ Missieさんの「Missy」時代のテープで、告知のブログで出た時点で狙っていました(^0^)

 リリースは恐らく90年代末で、当時はFat Beatsで手売りに近い形(もしくは自分の宣伝用に配布?)だったので、コレが放出される時点で、当時のこの業界にいた方からの放出だろうな~と思っていました。
 コレは本当に出ないブツで、まだ何本あるのかが分かりませんが、頑張って掘って行きますよ~


DSC00218.jpg

 んで、告知の時点ではインデックスしか分からなかったけど、蓋を開けたらビックリなのがコレでした!!

 写真の通り、Hazimeさんのミックスで、多分当時あった洋服屋さん(?)のノベルティーかな~と思いますが、初見の一本・・・そしてビビったのがサイドMCでShakkazombieの両名がガッツリ参加です!!
 こういうのは、ホントまだありますね・・・コレ系も頑張って掘りますよ!!


DSC00229.jpg

 そして、コレも手にとってインデックスを見てビビった一本・・・死ぬほど探してました!!

 このテープ、以前紹介したことのある有名MC「Gore-Tex」氏が作成したテープで触れた作品で、当時、渋谷Harlemでやっていた「4 in the Celler」というパーティーで配布されたらしいテープのようです!!

 ジャケが全く分からない作品で、知らないテープだな~と思って、ジャケを深く読んでいたら「あれじゃん!」と気付いた訳で・・・分かる人には分かるブツですね(^0^)
 ちなみに、こういうセールだと、知らないモノは全て取るのですが、今回、後で戻したのが殆どなく、どんなに濃いんだよ!と一人突っ込みを入れるほどでした!!


DSC00231.jpg

 今まで紹介したのは、ちょっとは値段が付いた(それでも1000円台)ブツですが、今回のセール、ホント、マニアでないと理解できないテープが多く、お店の方も、レアなのは値段は付けるが、よく分からないのは押さえ目にしてて・・・それもガンガン買いを助長しました(^^;)
 
 その中では、いわゆる「海外モノ」も多く、Tape Kingz系が大量にあり・・・FlexやCamiloなど、ビックリする位の量が出ていました・・・大半が「特価品」扱いでの放出でガッツりと買わせて頂きました!!

 そんな中で、ボムだったのがTony Touchで、これも写真のように大量ゲット・・・その中で写真右下のがボムでしょうか・・・50番目の作品で、それを記念して50名の有名MCのフリースタイルのみでテープにしたという歴史的名作ですね!!
 これは欲しかったんですが、意外と出ない作品でした・・・90年代の海外モノ、日本でも結構売られていたはずなのですが、なぜか中古市場には出ないんですよね・・・コレ系のヒストリーミックスも今後も探していきますね!!


DSC00213.jpg

 んで、今回の放出においては、他の参加者にとっては「?」だけど、私には「素敵!」と思わせた存在として「レゲエ」があり、これが嬉しくなるほどレアなのが炸裂で、最高でした!!

 例えば、写真のVIPですが、普通にテープを掘ってる方だと「Master Key」がミックスしたヤツじゃない?と思うかもしれませんね・・・ただ、ポイントは文字が「銀色」になっている所ですね~

 実はコレ、マスターと同時期に出た作品で、VIPのJA関連ミックスで、こっちは全然出なくって結構探してました・・・正直、レゲエ系のカテゴリーなので、知ってる方は少ないと思いますが、コレ系のレゲエでもレアなのが出てましたね~


DSC00220.jpg

 それでいくと、コレはレゲエ系のテープを買ってる人でも悶絶かも?

 大阪を代表するサウンド「Mighty Jam Rock」のサウンドテープ(#2)です・・・1~3は出現率がとにかく低く(手売りだった?)、2だけでしたが、ビビりました!!
 
 今回、現場系のテープは少なく、どちらかというとHipHopよりなRaggae(それこそCamiloですね)が多かったのですが、かなりコアなのも多く、嬉しい限りです・・・
 レゲエも全然出ないジャンルなので、こういうのと出合えるのは嬉しいですね~


DSC00217.jpg

 あと、これも分かる人しか手を出さない系だと思いますが、完全プロモ用のテープで、レゲエ系ではDef Jam Japanからリリースされた「Crystal Movement」のプロモテープで、ミックスがAsian Starさん・・・コレもイイですね!!

 プロモ系もボチボチあり、Inter FMで活躍をしてたJoey Slickさんによる「Wu-Tangミックス」なんかを購入しましたが、コレ系の放出があったのも嬉しかったです・・・



DSC00232.jpg

 そんな訳で、本編よりも長い釣果報告でしたが、個人的には大満足・・・久しぶりに嬉しい悲鳴です(^0^)

 実は、金曜日の日は、何となく柏と北浦和のユニオンを攻め、そこでもテープを合計20本以上買ってる(!)し、今月は意外とテープを買ってるようで・・・今月だけで140本購入・・・写真のように、聞いてないテープの山が出来ております(^^;)
 ただ、テープって、ホント出会ったときに買わないと出会えないのも多いので、コレは仕方が無い・・・まだまだ買っていきますよ!!


 あと、今回、購入以外で嬉しかったこととしては、テープを買う方が着実に増えていることです。

 実際にも、私より先に並んでいた方は、私のブログの記事を読んで頂き、当時持っていたのを買い直しするために来店(無事ゲットできて良かった!)され、こういうセールには初めて参戦されたそうです。
 また、女性の方や、子供連れの方など、今回は普段のセールで見ない方の方が多く、ちょっと嬉しかったです・・・でも、私の買う量を見て引いてただろうな~(^^;)

 このブログ、ミックステープとかを通してDJミックスの面白さを紹介していますが、今となっては過去の産物でしかないテープを、このブログがきっかけで手にとって頂けるのであれば本望です!
 

 そんな訳で、ヘビーな釣果報告でした。

 N村さん、そして下北店の皆さん、いつもありがとうございます!!
 まだ、ストックが結構あるはずなので、気になる方は下北店へ足を運んでくださいね~



追伸
今回の大量購入があったので、もうちょいで本数的には大台に乗るかもしれない(乗ったか?)です・・・この辺も、その内に報告できると思うので、宜しくです(^0^)




DJ Kensei 「Music For Party Rockers Vol.1 - Da Cheeba Breaks」
DSC00188.jpg

 え~、3月になり、季節も着実に春に向かっておりますが、花粉症の身としては辛い時期に突入です・・・今年は目や鼻よりも、風邪っぽい症状の方が強く、なんかダルイです(^^;)
 毎年、同じことを書いているような気がしますが、早く春にならないかな~

 ではでは、調査がやっと完了(?)した作品の紹介です~


av8_001.jpg DSC00193.jpg

 今回もマニアックな作品の紹介ですが、90年代終わりから00年代初期までに、インディーではありましたが一応メジャー作としてリリースされていたミックスシリーズ「Music For Party Rockers」のテープ版の紹介です。

 私と同世代の方でも「ありましたね~」と記憶の片隅に追いやられているかな~と思うし、ここ最近にHipHopを聞き始めた方には分からない部分も強いので、はじめにこのシリーズの概要や背景などから紹介をしたいと思います。

 
 このシリーズは、現在もクラブ系音楽の大手レーベルとして有名な「株式会社KSR」が活動の初期にリリースしていた作品で、USの有名HipHopレーベル「AV8」の音源をライセンスし、国内の有名HipHop系DJにミックスしてもらったシリーズになります。
 
 まず、AV8ですが・・・HipHopを「レコード」を通して好きになった方なら直球なレーベルで、このレーベルを知ってるか知らないかで世代が確実に分かれると思います(^^;)

 このレーベルは、一般的な音楽レーベルと比べるとちょっと特殊なレーベルで、大雑把に説明すると「クラブDJ向け」の「使える音源」をリリースしていたレーベルで、いわゆる「トラックス」モノを多くリリースし、一時代を築いたレーベルです。

 今回の紹介では注釈が多いのが恐縮ですが、既存の有名楽曲の美味しい部分を使用したメガミックス的なインスト曲を「トラックス」と呼び、アナログ全盛な90年代~00年代初期には、アナログ使用のDJを中心に大変重宝された音源になります。
 これらの音源は、お客さんを煽るようなフックが多かったり、足を止めさせないノリの良いトラックを使用したインスト楽曲が多く、クラブプレイなどにおいて「場つなぎ」や「煽り用」に重宝され・・・正に「クラブDJ向け」の音源でした。

 HipHopにおいては、元々は80年代にHipHop界隈で流行っていたメガミックスの流れがありましたが、トラックスに関してはクラブプレイを前提にノリの良さを追求した構造になり、メガミックスにあった作品性を押さえ、現場で使える素材集みたくしていて・・・割とHouseでやっていた手法を引き継いだ感じがあります。
 今でも有名な楽曲であれば、Kenny Dopeが作成した「Get on Down」が分かりやすいかと思いますが、90年代~00年代のアナログDJの頃は、大変多くの楽曲が作成されました。

 このトラックス、ある時期からホント流行ってて、私も好んで買っていた時期があります。

 基本的に「ノリ」を出す為の楽曲なので、DJプレイをする人しか手を出さない存在なので、知らない方も多いかもしれないですが、お世話になった方は凄い多いと思います!
 今となってはPCや便利なエフェクターが標準的になっているので必要が無いのかもしれないですが、アナログDJ時代は、そういったエフェクト的なことが出来なかったのでトラックスが重宝されたんですね・・・繋ぎに困った時や、ノリを出したい時には大変便利で、現場にいればいるほど使用する率が高かったと思います。
 
 また、アナログでHipHopを聞いているリスナーにも人気があり、私はその流れで買ってました。
 基本的にノリが良いので聞いてて面白いし、鉄板なクラシック曲をバンバン使用してるので、当時は高額だったクラシック系のレコードの代用として買ってたことがあり・・・結構お世話になりました(^0^)
 

 そんなトラックスの大御所になるのが「AV8」で、トラックスと言えばAV8と即答出来るぐらいにHipHop業界では有名なレーベルでした。

 元々はHouse系の有名DJ/ProducerであるArmand Van Heldenのトラックスをリリースしており、それでレーベル名がAV8(Hはスペル順だと8番目)になったらしく、初期はHouseとHipHopのトラックスを出していたのですが、段々とHipHop系の需要が高まり、良質な作品を多く出していたようです。

 それこそ煽り番長として名高いFatman Scoopが大活躍してたり、Crooklyn ClanやDJ Excelなど直球なトラックを作れるクリエイターが多数参加し、その当時にヒットしていた楽曲を上手くトラックス化し、世界全土のクラブで重宝されていたと思います。
 面白いのが、そのヒットした楽曲を基本的には無許可に近い形で転用(サンプリング)してた訳ですが、アーティスト側も、自分の曲を後押ししてくれる存在として歓迎していた部分があり・・・AV8に関しては、アーティスト側からの信頼も大きかったと思います。

 私自身も、AV8に関しては一時期ハマってて、96年から98年ぐらいの作品(カタログでいう50番ぐらいまで)は、当時のヒット曲よりもクラシック系の楽曲を上手く使っているのが多く、メガミックス的な流れで買ってました!
 中古で安かったのもありますが、Crooklyn Clanなどは鉄板で、かなり持ってましたね・・・ただ、HipHopの興味が薄れた時期に売っちゃったんですよね・・・今となっては勿体ないことをしたな~と思っています(^^;)


 そんな訳で、そのAV8の音源を借り、日本国内でDJミックスをしたのが今回のテープになります・・・


av8_003_00.jpg av8_002_00.jpg

 このシリーズは合計5作作られており、詳細は最後に書きますが、担当するDJに関しては「現場」を知り尽くした方がミックスをしており、今回紹介をする第1作目は「Kensei」さんが担当をしています!!

 AV8の音源は、現場でプレイしてこそ光る楽曲が多いので、現場を知っている方がプレイするのが一番なんでしょうね・・・Kenseiさんに関しては、90年代はHipHop系DJのトップセッターとも言え、Harlemでやっていた「Daddy's House」などでもプレイしてたので、かなり使っていたと思います。
 当時のFront(1997/APR)でトラックスの特集をした時もインタビューに答えており、かなり早い時期から使用していたそうで・・・今回のAV8も、初期系を中心に渋くプレイをしています!!

 内容としては、Crooklyn ClanやArmand Van Heldenといった初期作品を中心にプレイしており、中々の出来です・・・

 メガミックス的な曲が多いので、それらの曲をプレイするだけで全体的にもメガミックス感のある作品になり、なんとも評価しずらい所ですが、各トラックの良い部分をプレイし、気付いたら首を振ってる感じはあります・・・

 特に初期のAV8は、クラシック系の音源を使用したのが多く、否が応でも反応しちゃうトラックが多いんですよね・・・まして、クラブプレイで煽り用に使ってるぐらいなので、一発で反応するフレーズも多く、聞いててノレる部分は強いです。
 個人的にも、この辺は中古で掘ってた部類で、写真に上げた「Crooklyn Clan / Coffee Breaks(AV08)」「Armand Van Helden / The Buddha Baboons(AV04)」など、好きだった12inchからプレイされてて、結構グッときました・・・

 ただ、トラックスは、あくまでも「刺身のつま」な部分があり、原曲の引き立て役みたいな部分を考えると、トラックスだけプレイしてもあまり光りません

 この作品では、AV8の楽曲のみでのプレイなので、ノリは悪くはないのですが、パンチがない感じが出てしまい、ミックス作品としてはチョット辛いですかね・・・最初にメガミックス感と書いた理由はコレで、全体的に平坦なイメージになっています。
 それを察してなのか、Kenseiさんのプレイもメガミックス的な感じでプレイしてて、ミックスとしては面白い内容に仕上げてきたな~と思います・・・流石Kenseiさんです!!



 んなわけで、作品紹介は少なく、むしろトラックスの説明になってしまいましたね・・・

 なんか書いてて思ったのですが、トラックスもそろそろ掘り返しがあっても面白いかもしれないですね・・・AV8に関しては初期のは結構面白く、今回の記事を書いてて、私も買い直そうかな~と思ってしまいました(^^;)
 トラックスって、それだけのプレイでは地味ではあるのですが、プレイの仕方によっては華開く部類だと思います・・・その意味では「DJ」の力量があっての楽曲なので、一回りした現在の状況だと、結構面白いかもしれないですね・・・MUROさんやKocoさん辺りが作ったら面白そうだな~

 そして、テープに関しては、割と見かける部類で、Kenseiさんのだけ名前があるので高値ですが、シリーズを通して全然掘れる部類だと思いますので、気になった方は探してね~




<Release Date>
Artists / Title : DJ Kensei 「Music For Party Rockers Vol.1 - Da Cheeba Breaks」
Genre : HipHop・・・
Release : 1998年
Lebel : K.S.R.Co.,Ltd KSCD003

Notice : CD盤について
 本文では書きそびれてしまいましたが、このシリーズ、本来は「CD」向けの作品で、テープの方は副産物に近い形で作られました。
 この当時、一般市場はCDでしたが、HipHopをアナログで聴いている層はテープはだったので、テープも作られたのだと思います。


Notice : その他のシリーズ作品について

DSC00189.jpg DSC00190.jpg
左 Vol.3 DJ Ken-Bo
右 Vol.4 DJ Ko-ya

DSC00191_20140316104646c08.jpg DSC00192_2014031610464791c.jpg
左 Vol.5 DJ Ko-ya
右 別作品「Dancehall Rockers DJ ken-bo」

 このシリーズ、合計5作リリースされているようで、2を除き3~5は上記のようにテープ版も存在しています。
 2に関しては、House系DJであるDJ Hiraguriさんが作成したAV8のHouse系トラックでの作品のようで、その関係からかテープ版は作成されてないようです・・・ただ、プロモのアドバンスとかでテープはありそう・・・それは欲しいな~(^^;)

 ちなみに、KSRからは下段右のテープもリリースされており、それはKen-BoさんによるReggaeモノ(VP音源)のミックスになります・・・個人的にはコレが2なのか?と思いこんでいましたが、調査をしたら違ったので、一安心をしました・・・(^^;)






-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
<独り言>

DSC00194.jpg

 いつも私の日常を書いている「独り言」ですが、本当は別に書かなくてもイイのですが、最近は、この独り言を書かないと「記事が完了しない病気」になったみたいなので・・・今日も書きたいと思います(^^;)

 テープを掘ってると、ミックステープと同等に出現するのが「テープアルバム」で、これも好きなタイトルや、値段が安かったら買ってたりするのですが・・・ほんと色々とありますね!

 たまたま、某ユニオンで2週に渡って小出しにテープアルバムが悪くない値段で出てたので、買ったのですが・・・写真のJB関連編集名盤や、Super Flyのサントラなど、アナログでお馴染みなSoul/Funk系のテープであったりし、結構ビックリしました!!

 テープアルバムというと、写真奥のHipHop系のが中心かと思ったら、Soulとかも結構テープがあり、今回のディグではHustlers Conventionのテープも入手です・・・個人的にはHipHop以外のテープアルバムは結構ツボなジャンルで見つければ買うようにしてますが、JBのとSuper Flyはミックステープ的にも聴けそうなので、買えて嬉しいです(^0^)

 あと、HipHopの名盤系のも引き続き買っているのですが、やっぱりミドル~ニュースクールまでのはテープで聴くとイイですね!!

 最近は、レコードを持ってないのに、テープは買うみたいな感じで、Finneseの1stとかは直球ですね・・・サンプリングの良さとか、ラップの良さとか・・・結果としてイイ音楽なので、ミックステープ的に聴けるアルバムは大変良いですね(^0^)
 ちなみに、なぜか私の中では、今年に入りHipHop再評価ブームが始まり、レコも安くなったのが多いので、昔はレア盤系のをガンガン買っており、今年はHipHopのミックステープをもっと紹介したいな~と思っています!!


DSC00166.jpg

 んで、昨日、久しぶりにユニオンの下北クラブ店に行ったのですが、託していたシール福袋残り僅かになったそうです!!
 
 正直、出した立場としては、本当に売れるのかな~と思っていたので、ココまで売れたのは嬉しい限りです・・・ご購入を頂いた方には感謝感謝です(^0^)
 
 宣伝じゃないですが、欲しい方はお早めにご購入くださいね~

 ちなみに、次回作は仕事が忙しくって全然作業をしていないです・・・4月~5月ごろまでには形にしたいと思いますので、温かく見守ってくださいね(^^;)






V.A. 「Woman Wi Name」
DSC00180.jpg

 え~、仕事が忙しかったりで、久しぶりに週末の更新が出来ず、2週ぶりの更新です(^^;)

 年度末も近いことから仕事も増えたり、出張したり、会議をしたり・・・2週間休みなく働いていましたが、自分の時間は殺しまくりで、すっかり更新のことを忘れてました(--;)
 う~ん、春先までこんな感じなのかな・・・とりあえず、消費税対応は面倒です・・・10%のことを考えると、段階的にやるよりも、まとめてやってくれた方が作業的には楽なんだろうな~と無責任に思っています・・・

 そんな訳で、色々あって久しぶりのレゲエモノの紹介です~


DSC00181.jpg

 今回はドマニアックなテープですが、97年5月に新宿のHi-Timeというクラブで開催されたレゲエ系女性アーティスト中心のライブイベント「Woman Wi Name」を現場録音したテープの紹介です!!

 まず、レゲエに関しては、HipHopと同等に「テープ」が重要だった文化として何度か取り上げたことがありますが、その中において「現場録音」のテープは重要な存在だったと思います。

 例えば、クラブでのイベントのDJプレイを収録したモノや、アーティストのライブを収録したものなど・・・レゲエ用語で行くと、前者はサウンドシステムの現場テープ、後者はラバダブショーの録音など、色々な現場録音のテープが流通しています。

 なにが原因かは明言出来ませんが、とにかく「現場」が「音楽文化の発生源」と捉えている部分が強いので、その現場の録音が世に出回り、それを聴いて楽しんだり、影響を受けた方が大変多く、現場テープの存在が一般化していたと思います。
 レゲエって、かなり広い解釈をすると「既存の曲を自分達流にアレンジして表現する」みたいな部分があり、レゲエ版のDJバトルとも言える「サウンドクラッシュ」なんかのように「現場」でしかその内容が表現出来ない部分があると思います・・・その意味で、その場でしか聞けなかった「音」を、テープに録音し、それが広まるのは当然のことで、全世界的に一般的だったと思います。

 んで、今まで御案内した範囲だと、Mighty Crownのサウンドクラッシュテープのような「サウンドモノ」がありましたが、今回は現場モノのもう一つの華である「ラバダブ」モノを紹介します。

 改めて整理をしておくと、この手のレゲエの現場モノは「サウンドシステム(クラッシュ・ジョグリンなど)」と「ラバダブ」に分かれることが多く、両者とも人気な存在です。
 実数で行くとサウンドモノの方が多いのですが、各アーティストの現場でしか聞けないライブが聴けるのがラバダブの醍醐味で、CDやレコードでは聞くことの出来ない部分が多く聴け、結構面白いです。

 ラバダブ(Rub-a-Dub)とは、厳密に説明をすると、いわゆる既存曲のインストに、歌い手達(レゲエだとDeeJayか?)が自身の持ち曲を披露する様式で、HipHop的には持ちネタでフリースタイルをやる感じですかね?
 サウンドがプレイするインストトラックの上に、様々な歌い手が登場するスタイルが主になるのですが、この言葉は拡大解釈として「アーティストライブ」と同義語とされることもあり、いわゆるアーティストのパフォーマンスタイム(ミニショーか?)を指していたりもします。

 今回のテープは後者の「ライブ」が主軸の作品になり、深く掘り下げると色々と面白い部分が多いです!


DSC00182.jpg

 そんな訳で、このテープの詳細をご案内しましょう。

 このテープは、1997年5月に開催されたイベントの録音テープで、主催者も参加者も「女性」中心という一風変わったイベントで、今となっては大変有名な方が多数参加されたイベントになります。

 主催は「Time Machine」というサウンドシステムで、あの「Hemo & Moofire」のお二方が在籍されていたと言われる女性だけのサウンドになります。

 色々と調べると、以前紹介をしたことのあるNY在住の女性DJ「DJ Mihoko」さんも在籍されたそうで、90年代中頃に都内を中心に活動をしていたようです。
 男性社会が色濃いレゲエ界において、女性だけのクルーは皆無に等しいですが、レゲエにおいての女性アーティストの存在は大切で、どういう活動をしていたかは分かりませんですが、人気はある程度あったのかな~と思います。

 んで、このイベント、テープの中でも「やりたかった」イベントと公言してて、全国各地のレゲエ系女性アーティストを呼び、主催者も演者も「女性のみ」というイベントだそうです!

 女性だけのイベントって、今はあんまりないですが、昔は結構あり、どうしてもクラブだとナンパ目的の野郎がいて邪魔だったりするので・・・異性に気にせず、同姓だけで楽しもう・・・みたいなノリで開催されてたと思います。

 ただ、このイベント、どちらかと言うと、そういう意味ではなく、レゲエ界において「女性」の「アイデンティティー」を披露するために開かれた感じがあり・・・なかなか頼もしいですね。
 今はそういう空気は無いかと思われますが、男社会が強いレゲエ界で、自分たちの存在を知らしめるために開催をしたのかな・・・時期的な部分を考えると、完全にビガップな話で、当時のRiddimによると来場者が800人(!)もあったそうで、大成功だったようです!!




① Machaco


② Pushim

 そんな訳で、テープの紹介です!!

 こういうライブ音源は、音を上げないと分からないので、久しぶりに音源を交えての紹介です・・・先日、コメントで「音源を使わず、言葉だけで伝えたい!」と書いたのですが、早速、路線変更です(^^;)

 このテープでは、全国から集まった女性アーティストのライブショーケースが中心に収録されており、今となっては結構レアな音源かもしれないです。

 98年頃というと、レゲエ界的には冬の時代かもしれないですが、アンダーグランドでは有望なアーティストが切磋琢磨をしてた時期とも言え・・・この時期の音源は貴重でもありながら、そういったレベルの高いアーティストのパフォーマンスが大変良いです。
 特に、今でも活動をしているベテラン達の若手時代のライブも入っており、これは意外性もありながら、当時からレベルが高かったんだな~と思ってしまいます。

 サンプルとして上げた2本は、現在も名古屋で活躍をしてるシンガー「Machaco」さんのライブと、今となってはレゲエ女性シンガーの大黒柱とも言える「Pushim」さんのライブ音源です・・・好きな方なら卒倒な内容でしょう!!

 Machacoさんは、90年代前半から活動をしているベテランで、今よりもDeeJay感が強い(?)ライブが意外で、現在の活動にもつながる「歌の優しさ」が感じられてイイですね・・・これは毎度コメントを頂いているソロバンさんなら絶対にグッとくると思いますよ!!

 そして、下のPushimは大阪時代(Tokiwaのころ)のようで、堂々としたスタイルで、圧倒的なグルーブが素晴らしすぎます・・・他のアーティストも多数収録されていますが、Pushimと比べると雲泥の差で、やっぱり昔から才能があったんですね・・・

 両者とも歌が上手いのですが、何よりも「進行」が上手いんですよね・・・これはレゲエ的な話かもしれないですが、歌以上に「マイクさばき」が上手くないとリスペクトされないというか・・・歌と歌との間のMCが上手いんですよね・・・
 それこそ、後ろで音源をプレイしているサウンドに対しての指示(よく「ロー!」とか言ってるやつね)や、お客さんをひきつける言い回しや間合いなど・・・場の仕切り方の上手さもポイントで、私もラバダブモノだと、こういう点を楽しんでいます。

 今回の音源であれば、②のPushimのライブの最後で、Machacoさんが入り、コンビネーション曲を披露する部分(9:00以降)があるのですが、Machaco姉さんの「止めて止めて!」からのアカペラスタートは最高ですね・・・こういう部分がライブの醍醐味だと思います。



③ Kaana & Hac

 そして、このブログを読んでいる方だとレゲエに明るい方はちょっと少ないと思うので、興味のある話題も入れておきます!

 よく「Reggae」と「HipHop」は兄弟関係と言われることがあるかと思います・・・黒人の自由な発想で生まれた音楽で、歴史を遡れば、実は相互関係のある音楽になり、この点は疑いがありません。
 実際にも、ReggaeとHipHopのアーティストがコラボすることも多く、今となっては両者の壁は殆どないかと思います。

 その限りにおいて、日本の90年代のReggaeシーンにおいては、日本語ラップ関係者がよく出入りしており、凄いタイトな関係がありました。

 有名な話でいけば、YouさんやTwigyの雷系の人たちはTaxi Hi-Fiと親交が深く、音源も色々と出してますね・・・渋いところだと、レゲエDeeJayのBoy-Kenさんは、須永辰緒さん門下の方だったり・・・クラブの暗闇の中で繋がっていることが多かったと思います。

 んで、このテープでも、その交流があり、上の音源になりますが、90年代後半から00年代初期にレゲエ系シンガーとして活動をしていた「Kaana(Little Kaana)」さんと、さんぴん世代には直球な「Hac」さんのコラボ音源が入っています!!

 実際はKaanaさんのライブにfeatでHacさんが出ている感じですが・・・日本語ラップファンには響くところがあるかな??
 Hacさんに関しては1枚しかシングルを出してないので、このラップが何の曲なのかは分かりませんが、あの独特の節回しが聴けるのにはグッときます!


 ただ、それ以上にKaanaさんが上手すぎですね・・・この音源のライブはシビレますね(^0^)

 Kaanaさんは短期間で活動を終了してしまった(確か病気をされて、引退された?)方ですが、当時の日本語R&Bブームの中では結構評価されてた方で、私も同時から好きでした・・・
 写真とか見ると、割と小柄な感じなんですが、歌うと魂が弾けるような歌唱が魅力で、印象的なボーカルラインが歌え・・・シングルカットされた「そっと目を閉じて」は名曲ですね!!

 んで、このKaanaさんのライブ・・・音源化された曲よりもライブの方が最高ですね!!

 聴いてて、この人、やっぱり「レゲエ」の人なんだな~と思ってしまうマイクさばきには納得だし、何よりも圧倒する歌が素晴らしいですね・・・

 当時、凄い評価された方ではないのですが、もっと活躍して欲しかった方かもしれません・・・ちなみに、超蛇足ですが、Kentaさんの新しいミックスにオマケで付いてたCDが、この辺の曲をプレイしてて、最高でした・・・そろそろ日本語R&Bの再評価があってもイイかもしれないですね~



 毎度の如く、まとまりが無い紹介になってしまいましたが、90年代後半の日本のReggaeの熱さが体感できる貴重なテープになるかと思います。 

 まあ、このブログが好きな方だと、レゲエが好きな方が少ないのでアレですが、日本語ラップが好きな方にもお勧めできるかな・・・そんな意図があり紹介をしました(^0^)
 探すとレゲエの現場に日本語ラップ関係者が参加してる作品がボチボチあり、かつ、日本語ラップでは少なかった現場の音源が入ってたりするので、マニアにはたまらん御馳走ですよ・・・ただ、この手のテープ、90年代モノは全然出てこないので、気合を入れて探してくださいね~





<Release Date>
Artists / Title : V.A. 「Woman Wi Name」
Genre : Reggae、HipHop・・・
Release : 1998年ごろ?
Lebel : No Lebel No Number


Notice : このイベント、披露された曲の詳細について ※2014/3/15追記

 文中でも登場をしましたが、いつもお世話になっている「ソロバンさん」のブログで、このイベントの詳細や、各歌い手が披露した曲の詳細を超詳しく説明されております!!
 ご興味がある方は、下記リンクよりご確認ください(^0^)

   【レア音源】WOMAN WI NAME 1997


Notice : このテープの未発見テープ
 今回紹介をしたテープ、テープのインデックスと、音源を聴いている限りだと、もう1本、別のテープが存在してるかもしれないです。
 今回のテープには「2」と書いてあり、音源でもラバダブショーの後半戦みたいなことを発言しており・・・前半戦にあたる「1」が存在しているようです。
 んで、それでいくと、MachacoさんのMCで「Twigy」にビガップ発言をしており・・・その前半戦に登場をしてたのかな・・・どうなんでしょう??


Notice : Hac繋がりのテープ

DSC00184.jpg
「V.A. / Sister in Style」

 今回、某日本語ラップコレクターI氏と下北のセール前に色々と話をしてた中で、こういうテープがあったことを思い出し、それで記事にしましたが・・・家掘りしてたら、Hac繋がりのがもう一本出てきましたので紹介です(^0^)

 恐らく、90年代末に女性レゲエシンガー「Sister Kaya」さんが主宰したレーベルよりリリースされたテープで、これも日本国内のレゲエ系女性アーティスト限定のコンピ作品です。
 この作品も、今回のテープの影の功労者であるHemo & Moofireのお二方が参加をしているようで、当時も少しだけ話題になったような気がします。

 んで、内容は、割とマイナーな女性アーティストが多い中、Hacが2曲参加しており、1曲はfeat、もう1曲はフリースタイル的な曲になります・・・後者は「Life」というタイトルで、ラップは聞いたことがないので、一応、曲として完成はしていたんですかね??
 ただ、もっとボムなのが、ジャケットがHacさんの直筆(!)だそうですよ・・・だれも注目をしてない捨て値テープですが、こういうのがまだ埋まっているので、これからも精進して発掘活動をしたいと思います(^0^)





-----------------------------------------
-----------------------------------------
<独り言>

DSC00185_20140309161335002.jpg

 え~、たまに書いていますが、私の変わった趣味の一つとして、私が収集しているミックステープや、そのテープを再生するためのテープレコーダーを収集する目的で、都内各所の「フリーマーケット」通いがあります。

 割と釣果が良かった時は書いたりしてるので、ご存知の方も多いかと思います・・・それこそ、ミックステープを聴く為の最高の相棒「ショックウェーブ」は、フリーマーケットを通じて地道に収集し、今となっては無くてはならない存在です。
 また、ミックステープもボチボチ出ることが多く、出品者が昔の物品過ぎて思い入れがない(?)場合が多く、結構美味しい思いをしてきました・・・去年、色々と披露した和物テープは結構フリマでゲットしましたね~

 そんな訳で、今日もレコ屋周りの前に行ってきた訳ですが・・・今日はちょっとセンチな気分でのお出かけです・・・

 昨年の終わりぐらいからチョコチョコ書いていたのでご存知な方が多いかと思いますが、フリーマーケットの聖地とも言える「明治公園」が、隣にある国立競技場の改修に伴い、使用が出来なくなる(資材置き場になる?)そうで・・・情報公開後の数回開催をしていましたが、今日の開催が事実上のラストらしく、時間を開けて行ってきました!!

 もしかしたら、まだ開催があるかもしれない(それに期待をしたい!)ですが、4月以降に改修が始まることを考えると、事実上、最後と考えるしかなく、実際に会場に行くと、あちらこちらで「最後だね~」と残念がる方も多かったです。
 
 明治公園に関しては、規模的にも都内屈指の会場で、出店数もさることながら、色々な出品者が集まるので、ホント素晴らしい会場でした・・・
 会場に向かうのはちょっと遠いですが、これまでもショックウェーブを始め、ミックステープ、ミックスCDなど、なかなか買えないブツをゲット出来た奇跡の場所で、無くなってしまうのは本当に残念です・・・


DSC00187.jpg

 そんな訳で、最後の明治に行ってきた訳ですが・・・最後はフリマの神様が降りてきました・・・でも、微妙な降り方でした(^^;)

 基本、行っても坊主な日も多いのですが、最後の方に回った手持ち出店ブースで、ショックウェーブの迷彩をゲット・・・ただ、出品者の方も言ってた通り「動かない」ブツでした(^^;)
 最近、初期モデルに関しては、動かないと言われてもゲットしていて、家でメンテナンス(エアダスターで掃除とか)をすると復活する場合があり、それ狙いで買いましたが・・・今回のはモーターが飛んでるみたいで、ダメでした・・・


 あと、もう一つ、もしかしたらのミラクルがありました。

 私が恥ずかしくってお声をかけませんでしたが、先日、放出をした「シール企画」のブツにおいて、恐らく、実際に購入頂いた方なのか、あのブツの一部のシールを販売してた方がおられました・・・お見かけし、「もしや?」と思い、数枚めくると記憶にあるシールばかりで、面白い再会ですね(^0^)

 結果的には転売なのかもしれないですが、何よりもあのシールを購入頂き、そしてフリマというアナログな方法で再放出してくれたこと・・・そして、それが最後の明治で出会えたことはメチャクチャ嬉しかったです!!
 どこのどなたか分かりませんが、ありがとうございました!!


 ネット時代の昨今において、この間のシール企画もそうだし、今回のフリマもそうだし、こういった「アナログ」な方法でもモノをちゃんと動かすことが出来ます・・・
 個人的には、こういう方法だからこそ、思いもよらない出会いがあり、それが好きで「アナログ」な方法ばかりをしているようです・・・

 明治公園の復活を願いつつ、まだまだ「アナログ人間」として、ディグ活動に精を出したいと思います!!