HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Daddykay 「R&B Mix Vol.1 - Essential 90's Cuts」
DSC01602.jpg

 ついこの間、日が暮れるのが早くなりましたね~なんて話してたら、今週は8月なのに「秋」な感じで何ともでしたね・・・

 今週は、思わず上着を着てしまうぐらい寒かった日もありましたが、まだ8月なんですよね・・・なんか不思議な1週間でした。
 ただ、厚着派の私としては、上着がオフィシャル(?)に着れるのはちょっと嬉しかったです(^^;)

 そんな訳で、やっとテープが揃ったので紹介出来る作品(DJ)です!!


DSC01601.jpg

 今回は、R&B系ミックステープにおいては、メチャクチャ重要なお方である「DJ Daddykay」さんのテープを紹介したいと思います!!

 今まで、不思議なぐらい紹介をしなかったお方ですが、先週の下北のセールで無事にテープを揃えることが出来、やっとの紹介です・・・
 R&B系のテープに詳しいお方であれば「何で今まで紹介しなかったの?」とお叱りの言葉を頂けるぐらい、R&B系ミックステープのトップネームのお一人です・・・意外と揃えるのが苦労しました(^^;)

 そんな訳で、まず、Daddykayさんの紹介から行きましょう。

 Daddykayさんは、情報によると、80年代初頭からDJ活動をされている超ベテランで、R&BやSoulやHipHopといった、いわゆる「ブラックミュージック」が強いDJになります。
 それこそ、日本のブラックミュージック業界において重鎮とも言えるJAMさんやICEさんと肩を並べているお方で、日本において「R&B」というジャンルを陰ながら牽引をしていたお方で・・・もはや「ブラックミュージックの生き字引」的なお方と言っても過言ではありません。

 そんなDaddykayさんと言えば、我々世代とすると写真の「ミックステープ」が重要で、これらにヤラれた方は大変多いかと思います!!

 ミックステープについては、あの「Sugar Bitz」より、同レーベルの看板役者である「DJ Komori」さんと双璧をなす形でリリースしてて、当時、購入してた方は大変多いかと思います。

 イメージとしては、どちらもライトユーザーでも楽しめる作品としてもリリースをしていましたが、Daddykayさんの方が若干「玄人(くろうと)」向けで、00年代前半にあった「レアR&B」シーンも引っ張っていたようなイメージがあります。 

 当時、Daddykayさんのテープは、DMRなどでライトユーザー向けにかなり売れていましたが、レアR&Bシーンへの影響度は高く、Komoriさん以上にレア盤に「Daddykay Play」とキャプションが付く比率が高かったような気がします・・・
 それこそ、このシーンを動かしていたDJたちよりも一回り上の世代で、知識も経験も、そしてブラックミュージックに対する「愛」は比類せず、この世界の先輩として格を見せていたテープシリーズだったかもしれませんね・・・当然、若手のDJ達がDaddykayさんを見て育っていったとも思います・・・

 私に関しては、残念ながら当時はオンタイムでは触れていなかったお方ですが、今回、ちゃんとテープが揃ったので、改めて聴き直したら・・・やっぱり「格が違う」感じがあり、かなりヤラれてしまいました!!

 では、便宜上、第1作目の紹介を通して、Daddykayさんの素晴らしさを紹介したいと思います!!


DSC01607.jpg DSC01604.jpg
 
 まず、この第1弾では、副題の「Essential 90's Cuts」が示す通り、90年代の「R&B」を中心とした選曲になり、Daddykayさんが得意とするNew Jack Swingなどの90年代前半のR&Bが多くプレイされています。

 選曲的には・・・流石すぎて、頭が上がりませんでした(^^;)

 恐らく、同時期にリリースした「Komoriさんの第1作目」と比べると分かりやすく、Komoriさんは定番系を攻めているのに対して、Daddykayさんは「ド渋なライン」を攻めており、これが凄いです!!

 いわゆる「レアR&B」だったり「お宝リミックス」系になるんでしょうが、とにかく渋いんですよね・・・
 
 残念ながら、私が持っているレコが言葉足らずな状況で、全てを語るのは辛いレコ写になります・・・これでも、週末に頑張って探したりもしたので、許して下さいね・・・

 まず、Daddykayさんが得意とするNJSのラインであれば、直球はあまりプレイせず、写真の「Ⅱ Close / Call Me Up (Extended)」のようなあまり知られていない曲をプレイしています・・・
 また、定番系の曲もプレイしているのですが、クラシックな「Zhane / Hey Mr DJ」であれば、オリジナルでなくてリミックスでプレイしています・・・なんでしょう、他の曲であれば、UK盤だけに入ってるリミックスとか、一般的にあまり知られていないリミックスなんかを多くプレイしています・・・

 う~ん、コレでは例示にならないのですが、とにかく「深くって渋い」選曲です!!

 例えば、3 Shades BrownやRiffといった今でも超高額盤な曲や、そんなのあったんだ!といった感じのレアミックスなど・・・レア系R&Bの教科書的な選曲でヤラれます・・・

 今回、いろいろと調べさせて頂きましたが、いやー、勉強になりますね・・・

 方向的にはEU系の歌モノには流れず、US系のレアR&Bでプレイという感じですが、とにかく深く、そして渋く・・・Daddykayさんのキャリアが生きた選曲だと思いました!!
 個人的にグッときたのが、A面の最後でQuincy Jones feat Brandyの「Rock With You」のカバーをプレイし、B面の最後ではそのRock With You使いのR.Kellyのお宝リミックスで〆ており、そういった遊びにもヤラれました!


DSC01603.jpg DSC01605.jpg

 また、その選曲を踏まえて、ミックス面を聞くと・・・Daddykayさんらしい「跳ねたグルーブ」が生きていて、流石です!!

 選曲面で「渋い」と書きましたが、これって裏を返すと「マイナーな曲」ばかりで、下手したら聴いてる人に馴染みがなく、なかなかミックスに入りづらい選曲だと思います。
 その中で、Daddykayさんのミックスは、そういった渋い曲の中にある「跳ねたグルーブ」を丁寧にミックスし、曲と曲を繋げることで、更に跳ねたグルーブが生きてくる・・・そんなミックスと選曲をしていて、誰が聴いてもノレるミックスになっています!!

 特に感じたのが、今回選曲している曲達がもつ「ブラックミュージック感」みたいのを上手く活用したミックスだな~と思いました。

 その一つが、先ほども指摘した「跳ねたグルーブ」になると思いますが、角が立たないようにミックスしつつ、流れに幅を持たせる意味で山谷を作るようなミックスと選曲が上手いですね・・・
 写真のクラシック「Yashin / Wanna Dance」であれば、全曲のZhaneからのミックスで、ZhaneがHipHop感の強いラグトなRemixでやや下がったグルーブですが、誰でも反応する歌で徐々にのせていき、そこからロングミックスでYashinへ・・・グルーブを溜めていた分、Yashinに繋いだ時に弾け方が大変いいですね!!

 また、これもブラックミュージック的だな~と思ったのが、とにかく「歌」を重視してる選曲/ミックスがあるな~と思いました。

 トラックが跳ねた曲を多く選んでプレイしている様相もありますが、聴いていると、そのトラックに負けないぐらい「歌」が素敵な曲を多く選らび、その歌が映えるようなミックスで曲と曲を繋いでいる印象がありました。

 それこそ、Keith Sweatがプロデュースした「Kut Klose / Lovely Thang」のように、ややスロー気味な曲でも、曲の歌に「ソウル」が入っている曲は、そのソウルを引き出すようなミックスをしてて、その曲の歌が映えるようなミックスをしていると思います・・・
 なんでしょう、思わず聴きながら、段々と歌ってしまう感じで・・・Daddykayさんが、しっかりと「歌」の部分まで理解した上で、その曲の良さを引き出すようなプレイをしている証拠かと思います!!



 う~ん、あんまり上手く説明が出来ないのが恐縮ですが、Daddykayさんのもつ「ブラックミュージック」が如実に表現されたミックスであることは間違えありません!!

 また、これはオリジナル世代だからこその魅力になると思いますが、誰も聴かなかった、又は気づかなかったことを、自分の感性で掘り起こし続けてきた世代だからこそ出来るレベルの高さがあります・・・後追いではなく、自分で手を汚してきたが故のレベルの高さがあると思います!!

 今回、深く聴きこんだことで、Daddykayさんの「魅力」が分かり、他の作品を聞いてみるのがちょっと楽しみになりました・・・暫くはDaddykay祭りになりそうです(^0^)




<Release Date>
Artists / Title : DJ Daddykay 「R&B Mix Vol.1 - Essential 90's Cuts」
Genre : R&B、New Jack Swing・・・
Release : 2000年ごろ?
Lebel : Sugar Bitz ST-005

Notice : CD再発について
 記憶だとCDで2007年ごろに再発をしていますが、今となってはCDの方が入手しづらいかもしれないです??



----------------------------------------------
----------------------------------------------
<独り言>
 今週は特にないのですが、月末なので8月のレコード&テープ購入費を清算したら・・・今までで一番お金を使った月になりました(^^;)

 金額は、とてもじゃないけど書けませんが、よくもそんなに買ったものです・・・ちなみにテープは182本でした・・・

 ただ、個人的には「買いたい」と思ったモノを、こうして買えているのは、私自身が元気でないと出来ないこと(=行動力と気力がないと出来ないこと)だと思っているので、健康な証拠なのかな~と思ったりもしました・・・

 まあ、9月はちょっと自粛気味にしたいと思いますが、シルバーウィークと、ユニオンの半期決算セールが大変怖いです・・・ドデカイ放出と、心が揺らぐ割引がないことを祈ります(^^;)








 
スポンサーサイト
Takuji a.k.a. Geetek 「Pineapple in the House」
DSC01576.jpg

 お盆休みも終わり、リフレッシュした体で仕事をしようと思ったら、毎度の如く、今週は気合が入らず・・・何ともな感じでした(^^;)
 
 ただ、お盆を過ぎると夏の終わりを感じますね・・・

 気づいたら日が暮れる時間が早くなったり、朝と夕方が涼しかったり・・・今年もそんなに夏を満喫してなかったので、ちょっと寂しい部分もあります??

 そんな訳で、聴いてみたら夏の終わりにピッタリな感じのミックス作品を紹介です!!


takuji_000.jpg

 今回は、沖縄に在住するDJ/Producerである「Takuji a.k.a. Geetek」さんによる、沖縄らしいグルーブが素敵なミックス作品を紹介します!!

 まず、Takujiさんについて紹介しましょう。

 Takujiさんは、生まれ育った沖縄で80年代中頃より活動をしているDJ/Producerで、90年代は東京で活動をし、House~Breakbeats~Drum'N'BassなどのDJとして活動をしていたかと思います・・・ちょっとこの辺は記憶が曖昧ですみません。
 90年代末頃からはアーティスト活動も活発化し、ソロ作品の発表、各種リミックス作品、そしてDJ KawasakiさんとのユニットG.K.としてのリリースをする等、当時はかなり活動をしていたお方になります。
 また、時期はちょっと分からないですが、00年代初期ぐらいには沖縄に戻り、沖縄らしさを生かした楽曲作りを押し進め、沖縄の伝統的音楽(踊り)である「カチャーシー」のリミックス作品やDJミックス作品を発表したりしています。

 そして、このミックステープは東京時代(90年代末?)に作られたと思われる作品で、リリース元は沖縄ミックステープ界の立役者である「DJ Kaya」さんのレーベル「OH! Tape Joint」からのリリースになります!

 KayaさんやOH!の事は何度か紹介したことがありますが、今回のTakujiさんについては、Kayaさんのことを交えて説明すると分かりやすいかもしれないですね・・・
 
 Kayaさんも、東京でDJ活動をし、沖縄に移住して、沖縄に根付いた音楽活動をしてた訳ですが・・・その点はTakujiさんも一緒で、特に「沖縄らしいグルーブ」と「間違えない選曲」が近いんですよね・・・

 沖縄らしい解放感がありつつ、独特のクールな感じが特徴的で、表現としては「琉球アンダーグラウンド」がしっくりとくるでしょうか・・・同名アーティストもおりますが、正に同じ世界観で、そのクールな質感がイイですね!
 Takujiさんについては、この点は沖縄三線の心地よい響きを生かしたビートメイクに大いに反映されていて・・・なんでしょう、夏の疲れを癒してくれるグルーブがあり、このミックスでも生かされていると思います。

 また、選曲ですね・・・コレは、今回のテープを聞いて「間違えなし!」と思いました(^0^)

 選曲面の良さは、以下の作品紹介でご案内しますね!!


DSC01580.jpg DSC01581.jpg
DSC01578.jpg DSC01599.jpg
 
 まず、内容としてはHouseラインのダンスミュージック選曲で、大変素晴らしい内容になっています!

 出だしは「D'angelo / Devil's Pie」からゆっくりとスタートし、そこからHouseに流れていくのですが・・・ホント「気持ちイイ」選曲です!!

 選曲的には、このテープを作った頃のヒット曲である「Donna Allen / He Is The Joy」のような新譜や、製作時においてもクラシックな「Earth People / Dance」「Crystal Waters / Gypsy Woman」のような旧譜などを幅広くプレイしています。
 HouseだけでなくTechnoラインの曲だったり、先ほどのD'angeloだったり、後で紹介するSylvesterだったり・・・選曲は深く掘り下げるとかなり深く、かなりヤラれます!

 ただ、重要なのが、プレイしている曲が「とにかく気持ちイイ」点だと思います!

 先ほど「琉球アンダーグラウンド」と表現しましたが、澄んだ大海原の深海で漂っているような感じのクールさがあり、この点が全体を覆った選曲になっており、大変気持ちイイです・・・

 この点は、Houseに疎い方だとピンとこないかもしれないですが、Devil's Pieのトラックをイメージすると分かりやすいですかね?
 そう、しっかりとビート感はあるんだけど、聴いてて「癒されるグルーブ」があるんですよ・・・この点は、曲を知らなくっても癒されるグルーブがあり、ホント素晴らしいです!!

 また、その発展的な話として、その癒しのグルーブを出す為に、あえて「上げない」選曲/プレイをしているのも素晴らしいです!!

 例えば、Houseが詳しい方なら分かるかもしれないですが、「Donna Allen / He Is The Joy」みたいなピークタイムにプレイされそうな歌モノクラシックがプレイされています・・・その時点で「クール」とはちょっと思いづらいですよね。
 ただ、ここでは歌詞が殆ど登場しないダブバージョンをあえてプレイして、グルービーな部分だけを使用しています・・・Earth PeopleもGypsy Womanも同じような感じでプレイしてて、あえて「上げ」としてはプレイせず、選曲のグルーブを演出するためにプレイしてるのが大変上手いです!!


DSC01577.jpg DSC01579.jpg

 そして、その「癒されるグルーブ」を更に高めているのが、この作品の「ストーリー性」にあると思います!

 この作品においては、A面→B面も続くワンミックスになっているのですが、作品のストーリー性が凄く良く、つい何度も聴いてしまいました・・・
 特に選曲の流れだったり、盛り上げ方だったり、個人的には「クラブでのプレイ」が分かってないと出来ないストーリーがあり、これで踊れたら最高だな~と思います!

 序盤は、それこそD'angeloが分かりやすく、クールな世界観に入り込ませるための選曲を行い、徐々にそのグルーブにハメていき、段々とグルーブを上げていきます。

 そして、ピークとまで行かない程度にグルーブを高めた折り返し地点(ちょうどB面になったあたり)では、それまでの選曲を切るかの様にフロアクラシックな「Sylvester / Over and Over」をプレイ・・・
 House系の曲は、トラックが中心の選曲だと、聴いてて単調になりかねない場合があります・・・その限りにおいて、Sylvesterをプレイすることで、流れに刺激を与えつつ、みんなが知っている曲で更に引き込んでいくプレイが上手いです!

 んで、更に気持ちイイ流れを繋いで繋いで、最後のピークでクラシックな「Chante Moore / This Time」をプレイ・・・この展開にはグッときました!
 流れ的にはストレートに盛り上がる歌モノをプレイしなかった流れの上で、気持ち良く聴いている(踊っている)人に最後のご褒美みたいなプレイが秀逸で、選曲のグルーブと相まって素晴らしいプレイになっています!!

 少しストーリー性を紹介する為に、選曲の流れを書いてみましたが・・・端的に書くと「起承転結」型のストーリーになっているかと思います。

 ただ、その塩梅だったり、グルーブの引っ張り方や組み立て方が上手いんですよね・・・ホント、Chnate Mooreへの運び方は上手すぎで、久しぶりにココが聴きたいが為に、帰り道を遠回りするぐらい、素晴らしいストーリーです!!
 


 思ったより上手く紹介出来なかったのが残念ですが、選曲、ミックス、ストーリー、全てが秀逸で、作品としての完成度が非常に高いです!!

 多分、これが一番の褒め言葉なんでしょうが、何も知識がなく聴いても、気づいたら気持ち良いグルーブを感じられ、何度も聴いてしまう・・・そんな作品だと思います!

 House系のテープも探せば結構あるのですが、新譜ミックス的な作品が割と多く、しっかりと作品性があるモノは意外とないです・・・その中で、この作品は間違えない出来で、かなりお勧めです!!

 あまり市場では見かけない作品ですが、気になる方は是非探してみてくださいね・・・やっぱりKayaさんモノに外しは無しです(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : Takuji a.k.a. Geetek 「Pineapple in the House」
Genre : House、Techno、Garage、R&B・・・
Release : 1999年頃?
Lebel : OH! Tape Joint No Number




------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
<独り言>

DCIM0485_00.jpg

 この紙が出たということは・・・毎度の釣果報告です(^^;)

 先週、関西+名古屋に行って、結果的に今年も豊漁だったことをお伝えしましたが、今週も今週で闘っております・・・もう、休む暇がなく、大変です(^^;)

 今回は、お世話になっているユニオンの下北沢クラブ店で久しぶりの大型テープセールが開催されるとのことで、気合を入れて参戦してまいりました!!
 前回の春の際のテープセールも、流石な品揃えでヤラれましたが、今回も私としてはヤバめな匂いがプンプン、そして欲しいのが大量にあり、土曜の出勤は同僚に代わってもらい、同日に備えました・・・

 まず、当日、大変恥ずかしい話ですが・・・8時には並んでおりました(^^;)

 かなり欲しいテープが満載で、狙っている人も多いかな~と思い、モヤモヤと心配するぐらいなら並んじゃえと思い、8時にはあの場所に座っておりました・・・
 その後、テープセールの常連でもあるIさんが9時半ごろ来られ、まさかの事態(開始時に一人だった)は避けられましたが・・・心の保険として、朝早くに行って待つことは大切です(^^;)

 そして、11時半には私を含めて4名ほど集まり、平和な感じにゴング開始・・・

 安心の整理券1番だったので、一番欲しかったのは真っ先に抜き取り、後はひたすら掘り掘りです・・・今回もピースフルな鉄火場で、割と探しやすかったのですが、今回は、欲しいのが色々とあったので、血眼になりながら一人鉄火場状態で、掘っておりました(^^;)

 その甲斐あって、成果はこんな感じです・・・

DSC01582.jpg

 じゃーん、下北では60本ほど抜かせて頂きました!!

 そして、実はな話ですが、旅行に行っている間に、最近、ほんと調子が良い柏のユニオンでもテープセールがあり、ここも後追いで月曜に行ったら爆釣で・・・旅行でも散々買ったのに、今週だけで80本オーバーの大豊漁です!!

 流石に、コレだけ買うと整理も大変だし、それ以上に購入資金が大変で・・・久しぶりに「こんなに買っていて大丈夫なんだろうか?」と私の人生に不安を覚えてしまいました・・・

 まあ、買うのに朝8時から並んだり、時間をかけて移動をしたり、色々と苦労はしていますが、テープは出た時に買わないと出会えないのが多いので、これは試練でもありつつ、テープの神様からのプレゼントだと理解(割り切って?)して、散財をするしかありません・・・

 でも、でも・・・今回は「ホント欲しかった」テープが沢山出てきてくれ、無事にゲット出来たのは凄い嬉しいです!!

 このブログをやっている私だからの表現になっちゃいますが、今回のゲットしたことで「やっと紹介が出来る」作品が何本もあり・・・暫くはネタに困らなさそうです(^^;)

 ではでは、先週に引き続き、今週も戦利品の紹介です・・・
 なお、整理してる過程で混ざってしまったので、下北と柏でゲットしたブツをまとめて紹介です~


DSC01586.jpg

 まず、今回の下北、そして柏でトップに欲しかったのがコレですね!!

 今の和物人気を広めた「和ラダイスガラージ」の前身イベントである「ギラギラナイト」からのミックステープです!!

 このテープ、今年の春先に一部のテープがCD再発されたことでテープがあることを初めて知った位、鬼アンダーグラウンドなテープで、まさか短期間にコレだけ集まるとは思いませんでした!

 柏と下北で上手く入手でき、まだ抜け番がある感じですがコレは欲しかった・・・無事に買えて良かったです(^0^)

 まだ、そこまで深く聴いてないのでアレですが、コレはこれから価値が出そうなテープですかね??


DSC01589.jpg

 そして、これもやっと入手することができたテープです!

 柏でゲットさせて頂いたブツで、あのCrazy Ken Bandの横山剣さんが、インディー時代に作ってたテープで、リリースしてた曲のデモ版みたいのが収録されたテープシリーズになります!

 これは、CKBファンの間では割と知られているようですが、数が少なく、あまり市場に出ないブツだったり、出ればスグ売れちゃうブツなので、機会があったらゲットしたいな~と思ってたら、今回の柏で運よくゲットできました!
 内容的には、剣さんがラジオ番組風に進める内容で、もしかしたら未発表曲も入っているかもしれないっすね・・・これは、テープ馬鹿として押さえておきたかったテープです。

 なお、同時に、私としては初めて見た「ロマンポルシェ」のテープ(右上)も買わせて頂きましたが・・・ロマンポルシェらしい「ヒドイ(笑)」内容で、これもツボりました!!


DSC01592.jpg
DSC01593.jpg
DSC01594.jpg

 そして、今回の下北においては、コレらが一番欲しかったテープかもしれません!

 今回の下北は、異様に「R&B」系のテープが多く、それも微妙にマイナーなテープが多く、告知の写真を見た時点で「持ってないのは全部ゲットしてやる!」と息巻いていました(^^;)
 
 R&B系のテープって、良く売れていたKomoriさんやMakiさんのテープは数があるので探しやすいのですが、あまり名の知れてないDJだと意外と出ないんですよ・・・

 例えば、コレ系に詳しい方なら、なんで今まで紹介してないのかが不思議に思う「DJ Daddy Kay」さんのテープも、実はコレクションに穴があいている状態で・・・探してはいたけど、中々遭遇することが出来ず、今まで紹介することが出来ませんでした。
 
 そんな歌モノ、写真のDaddy Kayさんを始め、DJ Toshiさん、DJ Cookieさんなど、渋いラインのテープがごっそり出てて、抜けていたテープはだいたい回収をさせて頂きました(^0^)
 その他、ドマニアックな歌モノも入手でき大変嬉しいです・・・これでDaddy Kayさんが紹介出来るようになったのが一番嬉しいかも??

DSC01591.jpg
DSC01596.jpg

 あと、他のミックステープでも、かなり面白いものがゲット出来ました!

 写真上のは、名古屋モノですね・・・DJ Hazuさんの知られざるテープ(左下のは新宿で買いました)があったり、Home Made家族のDJ U-Ichiさんのミックステープだったり・・・まだまだありますね~
 なお、右上のHazuさんのミックスは、結構な値段でしたが、B面が日本語ラップミックス・・・Iさん、ごめんなさい!!

 そして、写真下はもっと強力かも・・・まず、左下のテープは結構探してたブツで、Def Jamが日本で出来る間際に、あの「Da Cypher」とコラボした販促用テープで、RikoさんがMCをしているテープでした!!
 往年のリコ節が聴ける唯一のオフィシャルブツでもあるので、これは押さえておきたかった・・・なお、コレ系のテープも、コレが入手できたので、その内に特集が出来そうですよ(^0^)

 また、もっと強力なのが、右上のテープで、なんとManhattanの裏にあった頃のStill Diggin'が手製でコピーしてた頃のテープで、Buckwild(!)のミックステープを2次コピーしたブツです!!
 これは、個人的は衝撃的で、94年ごろのテープですが、このころはMUROさんが働いてて、King of Diggin'を手刷りで刷って売っていた頃なんですよね・・・こんな感じで出てたのを考えると感涙です!!


DSC01584.jpg

 そんな訳で、ザックリとですが、釣果報告でした・・・

 なお、下北のセールについては、釣果以外にも嬉しい話がありました!!

 ここ最近、テープセールがあると、私の血眼になっている姿を見て、きっとこの人がMixtape Troopersだろうと思われるようで、一部の方からお声をかけて頂くことが増えています・・・昨日も尋常じゃない量を掘ってましたので、バレバレですね(^^;)

 その中で、I坂さんというお方からは、きっとこういうテープが好きだろうということで、写真の和物の渋いアルバムテープをプレゼントとして頂いてしまいました・・・もー、ありがとうございます!! ドリカムのテープが、私の持っているテープとジャケ違いだったので、それに感涙でした(^0^)
 また、O方さんという方からは、今後に繋がるような御提案を頂きました・・・ご提案頂いたブツは楽しみにお待ちしてますね!!

 こういった形で声をかけていただいたり、そこから貴重なテープを頂いたりすることは・・・ほんと、ブログをやっていて良かったと思う瞬間です!!

 ブログという媒体は、実は「一方通行の作業」だったりします・・・

 つまり、運営者が思うことを文章と写真で一方的に書きあげる媒体になり、読んで頂いた方からの拍手やコメントを頂く仕組みにはなっていますが、読んでいる方のダイレクトな反応は感じづらく、基本的には「孤独な作業」だと思っています。
 モチロン、いつもコメントを頂く皆さまには感謝でいっぱいですが、読んでいる方の思いを文字に起こすのにはきっと限界があり、私のブログを読んで頂いて、感じたことや思ったことを伝えるのには限界があったりすると思います・・・
 
 その限りで、直接お会いして、私のブログのことをお話して頂けるのは・・・読んでいる方の顔が見え、本当に嬉しいです!!

 今回、お店でも声をかけて頂いたり、実況中継的に書いたTwitterでも応援的なコメントがあったり・・・私のブログも含め、私のことを応援して頂いている方が多いことが、大変励みになりました!!

 また、今回のように、私のブログを読んで、実際にテープに興味をもって頂き、今回の下北のように足を運んで頂ける方が増えてきているのも嬉しいです・・・
 今回のセールでも、結構な方が餌箱に群がっていましたので、私の思いが着実に届いているのかな~とも思います。

 今後も、皆様が喜んで頂けるようなブログを続けて行きたいと思います・・・引き続きのご愛顧をお願い致します!!


DSC01583.jpg

 ンな訳で、釣果報告は終わりです~

 最後に、一部のコアな人からは反応がありますが、渋谷のユニオンで、超久しぶりにミックステープの買い取り表が公開されました!!

 ユニオンで、テープの買い取り表を出すのは、渋谷時代のN村さんが作った禁断リスト以来で、コレは嬉しいサプライズです!!

 買い取り金額については賛否はあると思いますが、Missieのアレと、コモさんの1番を入れてくる辺りは流石です・・・ここ何年もテープに接していない方にとっては「えっ、こんな値段で動くの?」と思うんじゃないでしょうか?

 こういった買い取り表の意図としては、お店に対して売る行為を誘発させる点もありますが、興味の無かった人に対して興味を持たせる効果もあると思います・・・

 買い取り金額なので、概ね、この2倍の値段が売価と考えてみてください・・・これらのタイトルは、欲しい人であれば5ケタの値段で買う人もいっぱいいると思います・・・
 是非、おうちのタンスにテープが眠っているというお方がおられましたら、モノによっては、コレだけの値段がすることもありますので、ユニオンさんに声をかけてみてくださいね~

 ちなみに、私は左上のNujabesさんのテープのみ未入手です・・・これも、その内に欲しいな~


 ではでは、今回はテープ尽くしな更新でしたね・・・

 まだ、数えてないので断言はできませんが、いよいよ私のテープ所持数の大台突破が見えてきましたよ・・・
 今月は、目算ですがひと月で170本ぐらいテープを買ってるようですので、もしかしたら超えたかもしれないです(^^;)

 まあ、こうして元気にテープが掘れるのも、応援していたいている皆さまがいるおかげです!
 これからも皆さまのご期待に添えられるように、イルな更新を続けていきたいと思います!!

 ではでは、引き続き、宜しくお願いいたします!!








レコード屋探訪(京都・大阪・神戸・名古屋) 2015年8月
DSC01508.jpg

 さー、やってきました地獄旅・・・これから開始です(^^;)

 例年と行動は殆ど変わらない旅にはなりますが、男一人のブラリ旅・・・これより西に向かいます!

 今年の目標は「あまり無理をせず、ブラブラ旅をする」としましたので、リラックスしながら各地のレコ屋等をゆっくりと訪問し、レコ&テープの発掘、そして美味しいものを飲み食いし、自分の為にリフレッシュをしたいと思います!

 ただ、基本的に目標を立てても、気分しだいで撤回しちゃうダメ人間なので、炎天下を必死な顔でレコ屋めがけて歩き回ってたり、閉店ギリギリまでレコ屋を回ってたり・・・いつもと変わらない旅にもなりそうなので、心構えだけはしてあります(^^;)
 あと、今年は天気がちょっと心配・・・今日だけ雨のようで、現地での雨よりも、新幹線の移動に影響がなければいいな~と思います・・・ただ、上手くいけば、雨をすり抜けて行くような旅になりそうかな??

 そんな訳で、夜にその日の動きをブログで更新しますので、連休がお暇な方は、是非お付き合いください!!

 また、Twitter「@mixtapetroopers」では、動きに合わせてオンタイムのつぶやきを入れていきますので、それもお楽しみに・・・

 ではでは、元気に行ってきますね!!


 なお、写真のレコードマップが古いよ!という突っ込みもあるでしょう・・・気づいたら、この12-13のが色々と書き込みがあって、私にとって一番分かりやすいレコードマップになっているので今年も使用します(^^;)
 また、以前も書いた「短パン×ユニオンのエコバック」が今年も目印ですが、釣果がなかったらエコバックを使用してないです・・・その時は悲しくなっている場合もあるので、優しい目で見守ってあげてください(^^;)



『1日目 8月13日』 2015/08/14 00:10アップ

DSC01509.jpg
DSC01512.jpg

 こんばんわ! だいぶ酔っていますが、今日の報告です♪

 初めてこの記事を読む方にとったら謎の旅かもしれないですが、初陣は・・・やっぱり「京都」です(^^;)

 基本的には、この旅は関西圏のレコード屋を回ることを中心に旅を考えているのですが、そうすると京都は外せません・・・場所的にもレコ屋が多い都市で、個人的にも凄い好きな街なので、今年も問答無用で京都で下りました(^^;)
 なんか、パブロフの犬じゃないですが、大阪に入る前に京都に寄るのが鉄則になったようで、問答無用で京都下車を決めてしまいました・・・変わり映えがなくってすみません・・・

 11時ごろに京都につき、ゲンを担ぎでいつも行く東本願寺さんで頭を下げ、ブラブラ歩きます・・・天気については、着いた時は小雨が降っていましたが、その後は曇天という感じで、ちょっと京都らしくはなかったかな??
 んで、今回の旅はガツガツしないことが目標の一つだったので、そのまま北上し、錦市場をブラブラ歩きながら新京極方面にある聖地へ・・・写真下の「スタンド」さんですね!!

 もー、ココに行きたいが為に京都に行ってるようなものです・・・いわゆる「飲み屋」になるんでしょうが、その空気感とツマミの上手さが最高ですね!!
 昼間ビールという背徳感もありますが、お店の空気感も、シンプルなツマミも最高で・・・私にとっては、旅モードに切り替える為のお店かもしれません・・・スタンドさんで、大ジョッキを煽った瞬間から旅が始まります(^0^)
 毎年行ってるのに、なかなかホームにならない(1年に一回じゃ当たり前か?)お店ですが、ツマミで出るハムの美味さにはヤラれます・・・今年もサクっと飲んで、京都掘りに対しての「気合注入」をしました!


DSC01513.jpg
DSC01516_20150813231347cea.jpg
DSC01518_20150813231422cf9.jpg

 そんな訳で、京都の釣果報告です!

 呑みの聖地である「スタンド」さんでサクッと呑み、その足で京都唯一のテープの聖地である「スーパーミルク」さんで、ニューストックなテープを少々ゲットして、初陣引きが良かったのですが・・・凄い良い釣果ではなかったです(^^;)

 まあ、京都自体、凄いゴツいのが引けるとは思っていませんでしたが、もうちょっと欲しいな~と思う釣果でしたかね??

 京都の中でクラブ系が強いお店であるArt Rock No,1さんでは、探してたHouse皿はなかったのですが、プロモオンリーな国内ダンクラ・カバー12inchをゲット・・・加藤某嬢でin the nightって・・・これは即死でした(^0^)
 また、京都に行ったら必ず寄るVinyl 7では、探してたDisco系12inchを少々・・・結構探してたレコもあったのですが、コンディションがアレで泣く泣くスルーでした(^^;)

 う~ん、今年も京都は晴れなかったですね・・・

 京都自体、死ぬほど掘れるとは思っていない場所です・・・悲しい事実として、某レコ屋で、個人的には万超えで競って買ったレコが、激安で出てるのに、1年経ってもそのレコが動いていない・・・そんな場所です・・・
 なんでしょう、天狗な言い方になっちゃいますが、レコの動きがユルすぎるんですよ・・・まあ、それが逆に良さだったりするのですが、あんまり在庫が動かないのは厳しいっすね~

DSC01519_2015081323321068c.jpg

 また、京都ほど「晴天」が欲しい場所なんですよね・・・

 個人的には、鴨川から見る「青空」が大好きなんですよ・・・あんな大きな都市なのに、抜けるような青空が見えるのが好きだったんですよね・・・
 まとまった雨こそ降りませんでしたが、今年は曇天な京都で、個人的には不満足・・・まあ、これは仕方がないっすね・・・天気はこちらでは決められないですから・・・

 そんな、余韻があり、京都掘りを終えて、大阪でリベンジと思って移動したら、乗ったバスが渋滞にハマり、なかなか動かない・・・やっとで京都駅について、大阪移動を目論んでJRの新快速に乗ろうと思ったら、目の前で扉が閉まる・・・もう、負の連鎖です(--;)

 こうなってくると、私にとって「曇り」はダメなんでしょうね・・・関東は雨のようで、それを逃げて西にきましたが、大阪に着いた後に考えていた計画も狂い始め・・・旅の難しさを感じました・・・


DSC01522_20150813233833543.jpg
DSC01523.jpg

 そうなると、大阪についても微妙でした・・・

 とりあえず、私の仕事(?)になると思い、我らの「ユニオン大阪店」の出店の場所を、誰にも求められてないですが、勝手に下見をしてきました(^^;)

 場所は大阪の中心でもある梅田(大阪駅)から数分歩いた所にあるACTⅢというテナントビルで、以前はレコード祭りなんかが行われていた場所のようです・・・個人的には、横浜の横浜西口店的な距離感で、ユニオンらしい場所を選んだな~と思いました!
 なお、現地の同業者さんや、レコ掘りさん達のお話だと、やっぱり出来るのは楽しみなようで、特に新譜がちゃんと買えるお店が出来るのは嬉しいそうです・・・今の状況で行くと、クラブ系はどうしても弱そう(きっとロック中心なんでしょうね~)ですが、この辺も押さえた方が良さそうですよ・・・

 ただ、この為だけに梅田の外れに行くのは勿体ないので、その近辺にあるレアグル・Jazzに強いバンブーさんに行こうと思ったら、夏休みだったようで・・・レコ掘りに関しては、もう諦めムードになっちゃいました(^^;)
 今日は、負の連鎖ですね・・・大阪に入るのが遅れたのもありますが、荷物を持ったまま、そのユニオン出店近辺の梅田~堂町周辺を久しぶりに掘りましたが・・・私の欲しいのは当らず、今日はダメな日なんだなな~と諦めました(^^;)

 だけど、大阪の街を歩いていると・・・凄い不思議なんですが、元気が貰えるんですよね!!

 特に、ユニオンの更に奥の商店街(阪急東通商店街)を歩いてたら、元気に風●の呼び屋の兄ちゃんがいたり・・・大阪の「商店街文化」の素晴らしさに改めて痛感しました!!
 なんでしょう、突然現れるアーケードに、飲み屋だったり、遊び場所だったり、男の溜まり場だったり・・・なんか、歩いているだけで元気になれる「商店街」があるんですよね!
 それは、東京にいるとワガママな話かもしれないですが、普通と不謹慎な部分が上手く混ざっているんですよね・・・ユニオンに関しては、大阪レコ屋の中心地とは離れますが、ユニオンらしい地殻変動を起こしてほしいと思います!!


DSC01533_2015081323541501c.jpg
DSC01534.jpg

 そんな訳で、今日の掘りは「もう無理」と判断し、定宿に入り、風呂でさっぱりし、大阪に行ったらやりたい男遊びを某所で行い・・・だいぶ酔っぱらいながら、この報告を書いています(^^;)
 一応、ダメ話を入れておくと、その男遊びを行く過程で、梅田に寄るので、阪急でやっていたレコード祭りに閉店15分前なのに寄っていたのは私らしい・・・この間の浅草レコ祭りと在庫が変わってないことに気づき、ここでも運がないな~と思い、速攻で阪急電車に乗りました・・・(^^;)

 まあ、今日は運がなかったんですかね・・・釣果も写真の通りです(^^;)

 でも・・・楽しみにしてた、大阪の「串」にヤラれました!!

 ここ最近、東京でも串を利用してますが・・・大阪の串の次元は違いすぎますね!!
 とにかく、ネタの上げ方も、お店の兄ちゃん・姉ちゃんのフレイバーも最高すぎ・・・明日も行く予定です(^0^)

 
 そんな訳で、もう寝たいので、更新終了です・・・

 明日は、甲子園、神戸、そして本丸のアメ村+日本橋のレコ屋です・・・釣果はアレですが、天気は晴れそうなので、いい方向になって欲しいですね!!

 では、明日もお楽しみに~


 ちなみに、Twitterの更新、意外と面倒くさいっす・・・統一しようと思ったハッシュタグ(#レコ旅2015)も忘れるし、性に合わないのかな・・・頑張ります(^^;)



『2日目 8月14日』 2015/08/15 00:10+07:15

DSC01535.jpg

 いやいや、今回の旅は「ゆっくりと」なんて書きましたが、いつもと同じ「くそ忙しい」旅になっています・・・もう、宣言は撤回です(^^l;)

 大阪に泊まり、二日目は毎年恒例の「甲子園」からスタートです!!

 ほんと、野球少年でもなかったし、野球好きな人でもないのに・・・甲子園には、毎年吸い込まれてしまいます!!
 これは、自分でも不思議なんですが、毎年、甲子園に行きたいが為に、大阪に来ているですよね・・・言葉にできないですが、つい、行ってしまいます!!

 そんな甲子園、今年も「あえて試合内容を確認せず」スタイルで、現地に行って初めて知るスタイルで参戦・・・滝川二高vs仙台育英となってて、直感で、散々出張で行ってた仙台が好きだったので・・・仙台育英側のスタンドに入りました!

 まあ、滝川がモロ地元なので、凄い込んでるかな~と思ったのもありますが・・・結果として大正解でした(^0^)

 結果として、試合内容が面白かったり、仙台育英の勝利だったのもありますが・・・やっぱり「音」が良かったです!!

 いわゆる「応援団」の話なのですが、今年も良かったです・・・育英は、手数の多いバスドラのドラミングが熱く、終始、前に押していたのに対し、滝川はホーン多めの構成がヤバかったけど・・・育英のドラミングが勝ってました(^0^)
 どちらも、スペクトラムのサンライズ(ハンセンのテーマ)とか、エックスの紅とかをやってましたが、やっぱりドラムが重いのはグッときますね・・・今年もイイものを貰いました(^0^)

 なお、家に帰る途中で発見した「Numberの記事」なのですが、やっぱり「応援歌」「応援団」に着目しているお方がいるんですね・・・甲子園の「音」が好きな立場からすると、目から鱗な記事でした!


DSC01537_20150814224826147.jpg
DSC01538_20150815065618368.jpg

 そんな訳で、本当は途中で出るつもりでしたが、試合が良すぎて最後まで甲子園で観戦し・・・試合終了後に急いで移動したのは「神戸」です・・・行った目的は「テープの聖地」に向かうことです!!

 その聖地とは、業界的には「カオスな店」として有名な「Freak Out」さんですが・・・甲子園で貰った元気があって、ガッツリと掘らさせて頂きました!!

 一般的なレコ掘りからしたら、無造作に置いてあるレコードにヤラれ、スルーしてしまうお店かもしれないですが、テープは何かが眠っている匂いがしてるお店です・・・
 昨年も、ボチボチ掘りましたが、今年は色々と知識をつけ、ここだったらボムが出来ると信じた上での参戦です・・・結果として、今年は気合を入れて全部の在庫を見て、約20本オーバーの大爆釣でした!!

 ここ最近、和物のミュージックテープにミックステープ的な面白さがあることに気づき、ガンガン掘っている訳ですが・・・この辺の在庫はやっぱりヤバすぎで、かなり面白いのが掘れました!
 特に、この前に紹介した「シングルテープにはインストが潜んでいる」の話であれば、なんと「竹内まりや」さんのインストテープ(それも正規プレス!)が発掘出来るなど、掘れば掘るほど面白いのが出てきます・・・やっぱり、この店はヤバいっす!!

 うーん、見るだけで敬遠しちゃう在庫の山、根性を決めて掘り進んだ甲斐がありました・・・崩壊寸前なクソ重いボックスを慎重に移動しながら、全部の在庫をみました・・・きっと、あのテープの在庫を全部見返したのは私だけでしょう(^^;)
 もー、掘り中はイルな顔で、汗をかきながらの掘り作業・・・掘ってる途中に、フラッと立ち寄ったジーちゃんに「テープは見るのは大変じゃろ」と声をかけられる位、必死に掘りましたが・・・そんな苦労は無問題!やっぱり「聖地」でした!!

 ちなみに、Freat Outさんは陳列方法がカオスとして有名かと思いますが・・・何年も行ってると、見慣れてしまうのでしょうか、今年は結構綺麗だったかな~と思います(^^;)
 むしろ、更に奥の「Wild Honey Pie」さんの方がカオスだと思います・・・ここでも、大量の演歌テープをすり抜け、やや面白いのを抜きましたが、レジ付近に乱雑にCDやテープが積み重なっている姿を見ると、個人的にはWildさんに軍配を上げたいと思いました(^^;)


DSC01541.jpg
DSC01542.jpg

 そんな訳で、神戸はカオスな高架下のレコ屋しか寄らず(!)、阪神電車に飛び乗って、向かったのは「心斎橋」です・・・この旅において、ある意味「勝負」な地区です!!

 アメ村周辺と書いた方が分かりやすいかと思いますが、素晴らしい個人経営のレコ屋が点在する地区で・・・今となっては、日本屈指の「レコード街」だと思います!
 毎回、書いていますが、大阪に行きたいが為に、旅行の日程を組んでいる位で・・・今年も楽しみにしていました(^0^)

 3時前に心斎橋に到着し、いつも期待をしていても、なかなか掘れないキングコングでは、奇跡的にミックステープが全然目立たない所に陳列されてて、発見した時は思わずガッツポーズ・・・神戸の幸運が引き続いていました!

 そして、その神戸の幸運を引きづりながら向かったのは、大好きな「Groovenut Records」さんです!!

 実は、今回の旅においては、凄い欲しいミックステープが個人的にあり、もしかしたらGroovenutさんであれば入手出来るかと思い、コッソリとオファーしてましたが、結果的にゲットは出来ませんでしたが・・・・面白いボムがありました!!

 店主さんとお会いし、色々と話してたら、お店に来てた常連な畏兄さんから「Mixtape Troopersさんでは?」と声をかけられました・・・遂にバレちゃいました(^^;)

 凄い嬉しいのが、京都から移動をしてる際に、同行してた友人に私が大阪に来ている話をしてて、Grooveさんについたら、私がいる訳で・・・店主さんと共々に、色々と面白い話が出来ました!!

 私自身、このブログが、どの位の人に読まれているのかが分からず、適当に更新してますが・・・結構な皆さんがリアルに読んで頂いてるようです。
 私が書いていることは、凄い意識をもって書いている訳ではなく、表現でいけば「適当」です・・・なんか、その適当に書いていることが、読んでいる方に影響が及ぼしているんだな~と思うと、凄い嬉しいです!

 なので、つい嬉しくなってしまい、持ってなかった高額盤を手に出してしまいました・・・店主さんのサービスプライスもビガップです!!
 お店自体は、凄い怪しいビル(すみません・・・)の2Fにあり、なかなか入りづらいですが、解放感のある店内が居心地がよく、大変素敵です・・・あのテープのお話も、引き続き宜しくお願い致します!!


 そして、そんな運気を背負ってしまうと・・・当りが良すぎで、あとは連チャンモードでした!!

 レコード梁山泊で有名な某ビルのRare Grooveさんでは、結構探してたDannyプレイの高額盤が・・・Danny先生が現場でプレイして以来、結構探していましたが、今年の春にDanny先生によるリエディットを出たことで探すのが更に困難になるのか・・・と思っていたので、やっとご対面が出来て嬉しかったです!

 ただ、冷静な自分も少しいて、これまた大好きなAfro Juiceさんでは、探したて高額12inchhがありましたが、ここで買っちゃうと、名古屋の購入資金に影響がでそう(?)だったので、耐えてみました(^^;)
 旅で掘ると、どうも金銭感覚がおかしくなり、そのレコの相場観が分からなくなっちゃう時があります・・・旅から帰って、やっぱり買っとけばよかったかな~とも思いましたが、きっと、もうちょっと安く買えるはず・・・この辺の心の葛藤も旅の思い出です(^^;)


DSC01543_20150814234436bcb.jpg

  そんな訳で、アメ村周辺を掘り、心斎橋→道頓堀というベタな道筋で大阪観光を楽しみながら、レコ馬鹿にはお馴染みな「日本橋」周辺に流れました・・・

 京都の更新の時も書きましたが、道頓堀周辺の大阪らしい「商店街文化」はヤラれます・・・観光者も、お店の人にも活気があるのは気持ちいいですね!

 んで、日本橋です・・・レコ&テープ馬鹿な私からすると、和物のレコか国産のテープになるわけですが・・・ボチボチとボムれました!

 業界的には、和物に信頼が厚い店である「Naka」さんでは、いい感じのテープアルバムをゲットしましった・・・また、近辺の相性の悪かったはずのレコ屋でもボチボチ掘れて嬉しいです!

 どのお店もそうなんですが、店頭のどこかにテープが置いてあることが増えているような気がしました・・・

 日本橋周辺はミュージックテープを置き始めたお店があったり、アメ村周辺のレコ屋さんでも、海外のテープアルバムを調度品として飾ってたり(Groovnutさんのはカッコ良い並べ方だった!)、何年か前は冷遇だったテープが、ここまで増えてくるとは思いませんでした・・・おこがましいですが、テープを広めた張本人の一人として、凄い嬉しい事です!
 ただ、大阪に関しては、ミックステープを始め、まだ「テープの全て」を出しきっていないと思います・・・ユニオンの出店もありますが、関西圏の底力を是非見せてください!!


DSC01546_20150814234452a11.jpg
DSC01547.jpg
 
 そんな訳で、〆は今日も串です・・・いや~、旨かった!

 串の旨さもありますが、店員のお嬢ちゃん達の会話もイイツマミ・・・関西弁の「ありがとう(語尾が下がる感じ?)」が大変癒されました(^0^) 

 釣果的にはこんな感じで、結構掘れましたね!

 明日は名古屋ですが、こちらも頑張って掘りたいと思います!!

 なお、翌朝、書いた文章を見直したら、相当、酔っぱらってたので、色々と文章や写真がメチャクチャでした・・・レポも書くのも大変です(^^;)


 
『3日目 8月15日』 2015/08/15 18:30

DSC01549.jpg
DSC01551.jpg

 そんな訳で、最終日の報告です・・・一通り、掘りを終えて、祝杯をし、近くにあった喫茶店でビールをユックリ呑みながら書いております・・・

 最終日は、関西方面からの帰宅途中にある都市で、毎年、途中下車の意味で寄る「名古屋」です!!

 今年は、仕事の関係で名古屋近辺にはチョクチョク行っており、確か今年の年明けに、仕事終わりの夜に掘ったことがありましたが・・・こちらも時間をかけてゆっくりと回りたい都市です。
 メチャクチャ、レコが多い訳ではないですが、個人的には好きなレコ屋さんが多く、つい行っちゃいますね・・・毎度の近鉄アーバンライナーでゆっくりと移動し、昼前には到着しました!

 そんな名古屋掘り・・・序盤は冷や汗でした・・・

 行くところ、行くところ、全く掘れず、期待をしてたバナナの大須店も坊主です・・・私が買うレコ&テープの守備範囲は広いはずなので、何か一つでも買えればと思っていましたが、食指が全く動かず、泣く泣く退散です・・・

 今回の旅では、あまり書きませんでしたが、このレコ旅では「初陣」が大切で、その都市で最初に寄ったお店の釣果が良くないと、それから回るお店の釣果に響く・・・という、ある意味で迷信(?)があります・・・

 今年の旅では、初日の京都はボチボチ、二日目の神戸・大阪は神戸で爆釣だったので、実は運が良かったんですよね・・・なのに、名古屋は絶不調です・・・
 そして、不調の波を切るべく、昨年は奇跡的に運を貰った「ファミマのキレキレ店員さん」に会いにいくも、この日は不在で、やっぱりダメなのかな~と思いました・・・

 ただ、いつも頭を下げている大須観音さんで、しっかりと「名古屋でも掘れますように」と頭を下げて、近くのGreatest Hitsさんに行ったらヒットです!!
 ボチボチ探してたオールドスクールのレア盤がニューストックであり、がっつりゲット・・・やっぱり、神様は見捨ててなかったんですね~


DSC01558.jpg
DSC01556_20150815175837d75.jpg

 そんな、レコ運が上がった状態で向かうのは、ミックステープの聖地である「Mega Mix Records」さんです!!

 毎年、結果的に旅の最後で寄るお店になりますが、今年も40本近くを購入し、大爆釣でした・・・大須観音さんで、ちゃんとお願いしておいてよかったです(^0^)

 店主さんも「在庫が全然変わってないよ」と言うものの、こちらはこちらで掘りが日々進化しており、見たことがないテープや、抜けのテープ等を購入・・・今年もガッツリいきました!

 もう、ドマイナーなテープばかり攻めており、一般的には「なぜそれを買うの?」と思うかもしれない内容ばかり攻めました・・・だけど、そういった中にこそ、後で「面白い!」と思えるテープもあり、自分の興味に任せて掘ることは大切だと思います・・・
 まあ、買ったテープは殆ど聴かない(!)のですが、今後も知らないテープがある限りは、ガンガン掘って行きたいと思います・・・


DSC01560.jpg

 そんな訳で、Mega Mixさんで、実質的な掘り〆を行い、名古屋に行ったらつい足が伸びてしまう、某ひつまぶし屋さんで、ビール&ウナギで、祝勝会・・・今年も頑張りました(^0^)

 結果は、明日に書きたいと思いますが、荷物が大変です・・・重すぎます(^^;)

 釣果的にはレコは7枚ぐらいだと思いますが、テープは多分60本ぐらいイッたと思います・・・いや~買いましたね!
 もう、自分の興味が広がりすぎて、それはミックステープではないモノも攻めてますが、これだけ買えるんだから、旅の元は取れたのかもしれません・・・つまり、泣くほど散財をしたんですね・・・(^^;)

 ただ、この旅は、レコやテープを掘ることに加え、日常を忘れて「旅」をすることが目的です・・・ほんと、いい気分転換になりました!!

 気づいたら、私も旅好きな人間になりました・・・人とはかなり違う旅ではありますが、旅はやっぱりイイですね・・・我々の言葉でいえば「心の洗濯入れる一服」にですかね・・・今年もリフレッシュができました!!
 
 そんな訳で、更新記事も順調に書けたので、コレから名古屋駅に向かい、山ちゃんで手羽先でも食べながら一服し、リラックスしながら東京に帰りたいと思います・・・

 ただ、東京に帰ったら帰ったらで、実家に帰ったり、ユニオンのゴツいセールを後追いで拾いに行ったり(なんで、私がいない間にDiscoとテープのセールがあるんでしょう・・・)、そして、来週末はN村さんの下北ユニオンでテープセールがあったり・・・行動もさることながら、いったいいくら使わせるんだろうと思う感じで、戦々恐々です(^^;)

 今年も、もう半分が過ぎましたが、年末まで頑張って走り続けたいと思います!!

 では、明日の後日談をお楽しみに~




------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
『結果報告』 2015/08/16 16:15アップ

DSC01561.jpg

 さてさて、毎度の結果報告です・・・これも重労働ですが、コレを書かないと、記事が〆られないので、頑張って書きますね~

 昨日は、ブログを更新した後、予告通り、山ちゃんで手羽先を食べ、新幹線の中では缶チューハイをチビチビやりながら東京に到着し、帰宅して即就寝・・・
 そして、今日は、気合で朝はちゃんと起き洗濯をしつつ、買ってきたブツの整理を行い、やっとのことで結果報告に辿りつきました・・・もう、疲れちゃった(^^;)

 清算の結果、レコは10枚、テープは78本という釣果で、万々歳な釣果でした(^0^)

 金額は怖くて書けませんが、旅費の元は取れたかな~と思います・・・そう「思っておかない」と、旅費を出してまで行った意味が否定されちゃいますので、今回も「思い込んで」みたいと思います(^^;)

 そんな訳で、以下では今回の釣果を紹介しましょう・・・かなり面白いのが買えたので、ネタにはなるかな??

DSC01563.jpg
DSC01562.jpg

 まずは、レコードから・・・個人的には欲しかった「Disco 12inch」から行きましょう!

 上は、Groovenutさんで購入した「Bionic Boogie / Risky Changes」のアメ盤と、Rare Grooveさんで購入した「Thelma Houston / I'm Here Again」のアメ盤です!

 どちらもソコソコな値段は出しましたが、一時期に比べたら安くなりましたね・・・ただ、これらのレコって、欲しい時に探すと意外と見つからず、ゲットするまでに時間がかかるんですよね~
 Risky Changesは、割と以前は見かけてたけど、もうちょっと値段が安くなったら買おうと思っている内に見かけなくなり、Thelmaは1年位前から探してたのに一向に見かけられず、やっとの入手でした。

 世間的には、45とLPに注目が集まっていますが、こういったオリジナルの12って、逆に今が買いやすいと思っています。

 注目から外れているからこそ、相場が押さえられてて、値段的には凄い嬉しいですよね・・・その反面、注目されていないから売る人が少なかったり、レコ屋さんが買い付けなかったりで、意外と流通量が少なかったりします。

 結論じゃないですが、買うのは結構苦労するけど、値段は押さえられているので結果的には買いやすい状況だと思います・・・これからも買える限りはガンガン買いますよ!!

DSC01564.jpg

 んで、レコの珍盤(?)としては、こちらを・・・京都のArt Rock No,1さんで購入をしたブツで、2005年に日本国内企画で、国内の人気アーティスト達によるダンクラカバー集の、プロモオンリーと思われるアナログ盤です!!
 加藤ミリヤさんやSoul'd Outさんなんかが参加してて、視聴したミリヤによる「Cheryl Lynn / In The Night」のカバーが最高すぎて、速攻で購入です・・・こういうレコは嬉しいな~

 国内プロモ系12インチは、このレコのみを買いましたが、今年の旅では結構見かけたような気がします??

 坊主ではありましたが、名古屋のバナナではボチボチあったり、某所では野村沙知代のレコが出てたり・・・90年代後半~00年代位の、微妙な国内プロモが割と見かけられました。

 この辺のレコって、レコを掘っている人じゃないと分からないかもしれないですが、関係者止まりなことが多く、市場にあんまり流れないんですよね・・・
 裏を返せば、当時のDJなどがレコードを手放し始めているのがポイントかと思いますが・・・探すと、結構面白いジャンルかと思います。

 市場的にも、若干、注目されてきた感はあり、この間の下北ユニオンの日本語ラップセールでも、歌モノという範疇で、この辺が出て、結構売れていた印象があります・・・
 また、90年代後半~00年代位だけではなく、80年代~位の国内プロモ12inchも、探すと美味しいのがあり、この間も某所で笠井嬢の12をゲット・・・やっぱり12は音がイイんですよね~

 日本のレコード会社も、ズーット前も、少し前も、実は結構プロモで12を作っているので、その掘り返しも面白いですね・・・個人的にはディスコラインのは追って行きたいと思います!!


DSC01568.jpg
DSC01566.jpg

 んでは、レコは以上で、こっからは全部テープです・・・なかなかイルな買い物が出来ましたよ!

 まずは、分かりやすい範囲(?)で、和物テープアルバムから行きましょう・・・大半が神戸のFreak Outさんで購入しましたが、ミックステープ的に聞けそうなテープが結構買えて嬉しいです!

 上段はベスト盤的なヤツと、大好きな曲が入っているテープですね・・・工藤静香、Wink、ドリカム、中山美穂、渋いところでは阿川泰子さんが「Miss A」として製作したアルバムなど・・・これから聴くのが楽しみです(^0^)
 まだ、それぞれの詳細は調べてないですが、美穂はCDとは写真違いらしいです・・・この辺も掘りの楽しみかもしれないですね~

 んで、下段は「夏物」です・・・Tubeは結構探してて、やっと見つかりましたが、南佳孝さんのコレがテープであるとは・・・あと、勢いで「カクテル」も買ってみました(^^;)
 やっぱり、車で聴くとかがあるので「夏物」はテープで多いですよね・・・この辺も、今後も掘りたいと思います~♪

DSC01565.jpg

 そして、流れで「和物シングルテープ」も結構掘れました!!

 この間の更新で、80年代のシングルにおいて、7インチのEPにはインストが入っていないけど、テープシングルにはインストが入っているかも?と報告しましたが・・・その裏付けを行うべく、意識的に掘り、結構面白いのが掘れました!

 この分野は、今後、もっと研究をしたい部類で、個人的にも色々と勉強になった掘りでした・・・

 手前左の「森川美穂 / Show Me」、奥左の「Wink / 悲しい熱帯魚」にはインストが入ってました・・・いわゆる「カラオケ」用でとして入っており、森川はテープのみにインストが入っていると思われます。
 だけど、奥右の「プリンセスプリンセス / ダイアモンド」はインストがなく、A面、B面とも同じ内容・・・シングルテープだと、こういう構成のもあるようですね・・・

 ただ、一番ビビったのが、手前真ん中の「竹内まりや」さんのテープで、テープの内容が全てインスト(カラオケ用)というテープです・・・それも、オフィシャルでリリースされたブツです!!

 残念なのは、プラスティックラブなど、アップな曲はなく、けんかをやめて、本気でオンリー・ユーなどのミッド~スロー系の曲が6曲ですが・・・達郎ワークの根底が聴けて、中々ですね・・・
 正直、インストが必要な人はDJ的嗜好がある人か、このジャンルの本旨であるカラオケ用だったりする訳ですが、達郎さんのアレンジしたオリジナル・トラックが聴けるのは面白いですね・・・使えるかどうかは別として、他の曲も探してみたいです・・・

 この「インスト(カラオケ)」については、もし7インチとテープが同時期にリリースされてたとして、結果としてテープだけにインストが収録されている可能性は凄く多くはないと思います?

 時期的な話もありますが、80年代後半で、それこそ、短冊CDも同時に出てたのであれば、短冊の方にも確実にインストが入っているだろうし、また、結果として、何らかの形でインストがリリースされている(まりやさんのも、もしかしたら数年前に出たベスト盤のボーナスディスクでインストが公開されているらしい)かもしれません・・・
 ただ、テープシングルについては、何か金脈が眠ってそうなジャンルかも・・・和物が好きな方は、是非、チェックしてみてください・・・


 んで、まりやさんもビビりましたが、手前右のもボムです・・・Winkと工藤静香と書いているヤツで、これもいわゆるカラオケ目的で製作されたテープですが、その内容が鬼イルマティックです!!

 まず、権利の関係で本人と全く別の人が歌ってて、トラックも他のバンドが演奏してます・・・そして、もっともビビるのが、トラックの右が歌で、左がインストになっています・・・
 つまり、ラジカセなどでスピーカーバランスを調整できる機種であれば、右に振り切ればインストになったり、ちょっとだけ左を入れれば歌がちょっと入り、ボーカルガイドが付いたりする・・・そんな発想で作られたテープです!!

 調べてみると「音声多重」というジャンル(?)のようで、今回の「もしかして・・・」シリーズはボチボチあるみたいです・・・今回はコレしか買いませんでしたが、他のテープも少々ありました。

 また、その発想自体にもヤラれましたが、結果的にレアカバーにもなってるんですよね・・・全く別の人が歌っていますが、それなりに上手く、トラックも全然イケます・・・
 なんでしょう、若干「安っぽく仕上がっている」感じがレアグルーブですね・・・Winkの愛が止まらないが、微妙にヤル気がない感じが美味だったり、工藤静香の無言が、ちょっと演歌が入っているのにグッときました(^^;)

 レコードを掘っている方なら、分かるかと思いますが、国内企画で海外の名曲やヒット曲を、キャバレーとかの専属バンド(通称:箱バン)に演奏してもらったレコが結構あるかと思います。
 コレ系は、テープも結構あり、Disco系のはさり気なく収集していますが、内容的には「レアカバー」になるかと思います・・・ただ、聴き方としては、微妙にテンションが低いのがポイントで、それをどう評価するかですよね(^^;)
 割と海外の曲が多い中で、今回の「和物」は中々面白いかもしれないっすね・・・今後も、見つけたら掘りますね~

DSC01569.jpg
DSC01570.jpg

 そんな訳で、今度は海外編・・・こっちもイルなのを掘りましたよ!!

 海外のテープアルバムの楽しみ方としては、US産の場合はジャケの変更具合がカッコいいのが多いのに対して、US以外のは発想がフレッシュで、それが逆に良かったり、また、全く心がこもってなくって結構ヒドイのがあったりで・・・それが楽しみだったりしています(^^;)

 今回、掘ったのだと、右上のGeorge Bensonの名盤のジャケの使い方はいいですね・・・こういう「上手い!」っていうのがあると、つい買ってしまいます!
 また、この間、夏のテープアルバムの記事で紹介したKoolのベスト盤は、USプレスを発見しましたが、やっぱりジャケの使い方が上手いっすね・・・日本産と台湾プレスは「この写真」ですが、やっぱりUSの方がカッコいいです!

 んで、US以外となると、ホント謎なのが多いです・・・

 右下のアースは、あのベスト盤とは全く別のインドネシア産のベスト盤のようで、一応、オフィシャルのようです・・・これは、ジャケの具合が結構イイですね~
 んで、右上のは、あのケミストリーのタイ限定のテープ版のようで、これもジャケの切り取り方はカッコいい・・・というか、こういうJ-POPの海外でなぜかテープにプレスした作品は、探すと結構あるんですよね~

 ただ、上真ん中のStevieはベスト盤のようで、恐らく東アジアプレスだと思いますが、In Square Circleのジャケを強引に拡大コピーして作ってますね・・・多分、オフィシャルには無いベスト盤(=ブート)ですね(^^;)

 その上で、今回ボムッたのは、下の写真のですね、Sadeのベスト盤とマライアの名作ですが、韓国プレスのハングル表記です!!
 両作品とも、US産はテープで持っていて、ジャケはほぼ一緒なのですが、ハングルのインパクトが凄いですね・・・それも、掘ったタイミングも面白く、神戸のFreak OutさんでSadeを見つけ、ビックリしてたら、隣のWildさんでマライアを発見するという奇跡がありました!!

DSC01572.jpg
DSC01573.jpg

 んでは、最後はミックステープのブログなので、ミックステープを!

 紹介ベースで行くと、和物なりのテープアルバムを多く買った印象がありますが、本数で行くとミックステープの方が多く買ってて、凄いゴツいテープとは巡り合えなかったですが、欲しかったのマイナーなのをMega Mixさんでガッツリと買ってきました!

 例えば、最近、これもカタログを揃えたいと思ってた名作新譜ミックスシリーズである「DJ Dask / Vinyl Express」シリーズは、デッドストックを大量に購入し、抜け番号が大体埋まりました。
 それ以外にも、DJ Tomokiさんの「Fact」や、昨年に大量購入してからも集めているDJ Caujoonさんのテープ等、新譜系ミックスを大量に買いました!!

 新譜系ミックスに関しては、正直、ミックス作品として作品性が薄いので、紹介は難しいのですが、ジャケが面白いのが多く、結構集めています。

 ただ、マンスリーとかで作っているので、基本的に本数が多く、集めるのが大変なので、集めると決めたDJの作品だけ買ってるのが現状です・・・
 まだまだ、スルーしてるのが多く、それこそ「DJ Yoshio」さんのマンスリーなど、手を出してないのが多いのですが、この辺も掘らないとな・・・Mega Mixさんは、こういうの程、デッドで大量に残っているので、来年以降の課題も見えたりしました・・・

DSC01574.jpg

 あと、Mega Mixさんが不思議なのが、在庫的にはそんなに変って無いのですが、掘ると見つかってしまうマイナーモノがあるんですよね~
 
 左上のはDJ Matsuokaさんなるお方の手刷りで、結構探しているドラムンモノ・・・その下のDJ Showは大阪の人らしく、フリースタイルでエムラスタや西成氏が入ってたり・・・数は掘れなかったですが、意外なのが掘れたかと思います。
 また、海外系のも意外と掘れ、真ん中下のはテクノの名レーベルWarpからのミックス作品のテープ版、Strictry Rhythmのは、海外のDJ雑誌のオマケのようで、DJ Pierreによるメガミックス・・・まだまだありますね~

 今回の旅、ミックステープに関しては、決して素人向けではないドマイナーな作品ばかり掘りました・・・分かりやすい表現だと、内容が不明すぎたり、手を出さないテープだったり・・・とにかく、ドマイナーなのが中心です。
 ただ、まだ私が知らないテープも多く、旅は続くんだな~と思っています・・・変な表現ですが、ユニオンとヤフオクに出ないモノを探す為に旅に出ているような所でしょうね・・・これからも頑張ります!!


DSC01575.jpg

 そんな訳で、3日間の掘りで、こんなのが掘れました・・・いや~、今年はイル度が高い釣果でした(^^;)

 今年は二の足を踏んでいた旅でした・・・正直、旅費に見合った金額が掘れるとは思わなかったんですよね・・・
 ただ、神戸のFreak Outさんが予想以上にヒットしたり、大阪のレコ屋さんが欲しかったレコがあったり、名古屋のMega Mixさんも例年通りの好アベレージで・・・恐ろしい散財をしましたが、レコ旅として成立はしましたかね??

 んでは、最後の地獄である、執筆作業が終わったので、コレにて終了・・・もう、疲れたので、近所の銭湯にザブンしてきます・・・(^^;)

 では、お付き合いを頂き、ありがとうございました!!




DJ Doo Wop 「Cool Out #1 (Cool Out '94)」
DSC01499_20150809100017495.jpg

 夏になると必ず聞きたくなるのが「MUROさんのDiggin' Ice」「Kid KapriのOld School」なのですが、紹介をするという観点になると、他のも聴かないと・・・ということで、カプリと同線上で語らないといけないDoo Wopの作品を紹介です!

 いや~、やっぱりカプリ同様で、色々な意味で強力でした(^0^)

doowop1.jpg

 まず、Doo Wopさんについて紹介しましょう・・・あまり情報がないお方なので、分かる範囲での情報です・・・

 Doo WopさんはNYで活動をするHipHop系DJ/Producer/MCで、NYのHipHop系DJではもはや大御所なお方ですね・・・

 歴史的には90年代初期からNew JerseyとNew Yorkで活動を開始し、カプリと同様にミックステープを「作品」としてストリートにリリースし、そのテープの評判と共にDJの人気を博したお方になります。
 それこそ、そのDJにしか作れない内容・グルーブが折り込まれたミックステープを作り、ミックステープが「作品」として成立し、ミックステープという存在を広めたDJの一人になると思います。

 また、レコード業界的には、結構「レコードをリリース」しているDJとして有名で、HipHopマニアな方ならご存知な方も多いかもしれません・・・

 Doo Wopさん自体、自身のクルー「Da Bounce Squad」を率いてラップグループ(?)としても活動してて、90年代初期のインディー時代の作品はマイナーニュースクールの好盤として珍重されていますよね~
 また、この次のテープの話でも紹介する「95 Live」に収録された人気MC達のフリースタイルを収録したブート盤みたいなレコを出してて、これは高校生時代にオンタイムに買いました・・・最近、ちょっと相場が上がってますが、フリースタイルなので、曲として完成しておらず、使いにくかったな~という苦い記憶があります(^^;)

DSC01504_20150809100019722.jpg

 そんな、Doo Wopさんですが、やっぱりこの人は「ミックステープ」の人ですよね!!

 特に重要なのは、長い期間に渡って「ストリート向けにミックステープ」を作り続け、NYのミックステープシーンを作った一人と言われております・・・それこそ、DJ ClueやDJ Green Lanternなどが作ってたようなミックステープの下地を作ったお方だと思います。

 この点は、NYローカルの話なので、なかなか捕捉しづらいのですが、Doo Wopに関しては、ラジオじゃ絶対無理なカオスワードをバンバン出しながら新曲をカッコよくプレイすることで、ストリートから信頼された経緯があると思われます。
 それこそ、ストリートと同じ視線でミックステープを作ってたと言え、本当の意味での「HipHopのミックステープ」を作り、リスナーからの信頼に加え、アーティストからの信頼もあり、リリース前の新曲なんかも入り、この「ストリート向けミックステープ」の下地を作っていたDJの一人だと思います。

 ストリート・・・漠然と書いた単語ですが、HipHopにおいては凄い重要な場であり、感覚だと思います。

 つまり、メジャーなレコード会社やラジオ局とは異なる場所・ベクトルとしての存在がストリートで、HipHopが本来もつ「自由な動き」を表す場所なんだと思います。
 HipHopという存在を考えると、一般的な動き(=メジャーな動き)とは関係なく、自分たちがカッコいいと思うことをブチ込んでいくスタイルだと思います・・・その考えや姿勢、そして場所が「ストリート」という言葉に集約されると思います。

 この辺の話は、専門家ではないので上手く表現出来ないのですが、Doo Wopに関しては、カオスワードを交えたMCを入れた「ストリートらしいDJスタイル」がウケたのは明白で、結果的に業界に対して「ミックステープの面白さ」を伝えたDJの一人になるんだと思います。


 また、個々のミックステープ作品については、新譜中心な作品が多い中で、初期のテープは個性的な作品があり、今回紹介する「Cool Out」シリーズ「Live」シリーズは有名でしょう・・・

 Cool Outについては今回の作品紹介の方でご案内しますが、Doo Wopが人気MC達にお願いして録りためたフリースタイルのみを収録した「Live」シリーズは、先ほどの紹介したレコードにプレスもされる等、かなり人気を博し、Doo Wopを有名にしたシリーズだと思います。
 このCool Outでもその片鱗はあり、フリースタイルというよりも「ダブプレート」的な録り方をしてるのも面白いですが、ミックステープがDJミックスをするだけではなく、面白い方法だったら何でもOKなことを示唆しており、タイミング的にもミックステープ史における重要作だと思います。


DSC01500.jpg DSC01505.jpg
DSC01502_20150809111404047.jpg DSC01503_2015080911140552a.jpg

 そんな訳で、作品の紹介です!!

 まず、今回の作品紹介にあたり、まず、先にキーワードを提示しておくと「ストリートらしい豪快さ」です!

 内容的には、タイトル通り「クールアウト/チル」ものになり、現地のNYでは定番のお題目になるのですが・・・まー、カプリ以上の豪快さにヤラれつつ、不思議と和んでしまう感じが素敵で・・・さながら「ゲットー・チルアウト」といった感じの内容です(^0^)

 まず、選曲面から案内をすると、A面はスロー中心、B面はミッド~アップ系で、Doo Wop氏の熱いマイクを重ねつつ、カプリ同様に幅広い選曲があり、かなりヤラれます・・・

 A面では、HipHopラインでのチルクラシックな「Delegation / Oh honey」「Isley Brothers / Between The Sheets」のような曲をプレイしており、自然と和んでしまいます・・・
 後半ではR Kellyなんかもプレイしたり、かなり渋いSoulなんかをプレイしてて、聴いてて「親父ソウル」率が高いというのでしょうか・・・なんでしょう、Ghostface Kilerの親父ソウル・ネタ使いのような世界観が分かる選曲で・・・非常に黒い内容で素敵です・・・

 また、B面は、割とアップな感じで、NYクラシックな「Fonda Rae / Over Like A Fat Rat」のような定番から、「Force MD'S / Let Me Love You」のような渋い曲なんかをプレイしてて、こちらもイイですね・・・
 クールアウトというと、聴いてて涼しくするためのチルっぽい曲を連想しますが、B面は割と夏を盛り上げる(=Heat)的な内容でしょうか・・・この辺は夏のNYらしく、涼しくすることと、盛り上げることを含んで「夏を楽しむ」という意味なんでしょうね~

 ちなみに、少し蛇足する話ですが、今年の冬、MUROさんと対談させて頂いた際に、確か、MUROさんがDoo Wopのテープには影響を受けたとおっしゃっておられました!
 それこそ、このテープの範疇であれば、Diggin' HeatでForce MD'Sがプレイされていましたが、やっぱり影響を受けたんでしょうね・・・夏向けなどのコンセプトがあるミックスだったり、過去のSoulやR&Bをジャンルの壁に関係なく現代流にプレイすることなどに影響を受けたんでしょうね・・・

 そこで、この作品での選曲の話に戻ると、Soulから始まり、R&BやDanceClassicsなど、カプリと同様に古びないクラシックな曲をノンジャンルでプレイしており、それがMUROさんなりの「レコードでDJすることの原型」があるんだと思います!
 特に、カプリもそうですが、NYのストリートなり、人々に愛され続ける曲の説得力は高いです・・・そして、その説得力を見抜いて、その曲を輝かせるプレイをするのが「DJ」であり・・・そういった基礎の重要性を教えてくれる選曲です!


DSC01506_201508091629250aa.jpg DSC01507.jpg

 ただ、ただ・・・選曲以上にDoo Wop氏の「プレイの豪快さ」がポイントになり、選曲のレベルをガツっと高めてくれます!!

 この限りにおいて、特に重要な要因は「マイク使い」「DJスタイル」になります!!

 それこそ、カプリと同じようなDJスタイル(=NYの伝統的なHipHopDJスタイル)ではあるのですが、カプリ以上に「豪快さ」が魅力で、大変良いです!!

 例えば、マイク使いであれば、カプリと同じように曲のブレイク等にマイクを入れられる場所があれば必ずブチ込んでくる感じなのですが、必ず「Fu@kin」とか「Math@fuc@in'」などのカオスワードが満載で、テンション高めな「ゲットーなノリ」があり、聴いててカプリのマイクの方が上品だな~と思うぐらい、ゴリゴリなマイク使いです(^^;)

 基本的には、シャウトアウトとか、自分をレペゼンする内容が多く、プレイしている曲にグルーブを注入しているようなマイクインで、それがスローな曲だろうが、アップな曲だろうが構わずブチ込んできます・・・とにかく「黒いノリ(=ゲットーノリ)」というんでしょうか、豪快なマイクを入れることでグルーブが格段に高まっています!
 憶測にはなりますが、ラップもやっている人なので、それ故にマイクが多いんでしょうか・・・カプリと違い替え歌はあまりないですが、A面のド頭ではBarry Whiteの上でフリースタイルをブっコんでくるのは素敵です(^0^)

 そして、これもカプリ同様なのですが、DJミックスの方も、ありえないタイミングでカットインしてきたり、プチプチいうレコードでも平気でプレイしてたり・・・もー豪快です!
 全てがそうではないのですが、とにかく「グルーブで押し切る」感じでミックスを進めているのが気持ち良く、一般的なDJプレイからしたら豪快ですが、ハマった時の爆発力は凄いです!!

 特に、マイクと連動したDJミックスがカッコよすぎで、これがかみ合った時のカッコ良さと言ったら・・・最高です!

 A面であれば、プリンスのスローをプレイしてて、突然「Taana Gardner / Heartbeat」のブレイクにカットインし、入った瞬間からリズム感良くシャウトアウトを繰り返し、ブレイクが終わる間際でAl GreenのLets Stay Togetherにカットイン・・・スロー→アップ→スローの展開が違和感なく繋がれているのにビビりました!
 B面であれば「Emotions / Best of My Love」の繋ぎがヤバいっす・・・前曲からカットインで入れてくるのですが、入れる直前に渋く「C'mon!」と入れつつ、Emotionsの印象的なイントロをブっ込み、これで一気に持ってかれ・・・歌前には「Ladies、What You Say Baby~」とマイクをいれて歌なりサビを際立たせる技は流石です!!

 つまり、Doo WopのDJは、聴いていると「DJ」と「マイク」が連動したDJスタイルで、これはカプリに引けを取らない素晴らしさです・・・DJがスクラッチや2枚使いをするのと同じ意味で、プレイする曲を彩る為に活用されており、やっぱりNYらしくってイイですね(^0^)
 なお、ただ、お茶目なところもあり、ミックスの後半になると疲れてしまうのか、マイクインの数とテンションが下がっているのには、グッときました(^^;)



 そんな訳で、あまり上手く説明できませんでしたが、カプリ以上に「ゲットーノリ」が満載なのに、なぜかクールアウトが出来てしまうのが不思議な作品です・・・

 何か、イメージ的な話ですが、イイ感じに冷えたアイスコーヒーと、出来たてな激甘アップルパイを同時に食べるような感じでしょうか・・・
 激甘で熱いんだけど、不思議と涼しくなるような感じです・・・体感的に冷ますのではなく、甘いという「心地よさ」で和ませていく感じなのかな・・・??
 
 もうちょっと、上手くまとめたかったのですが、言葉にしようとすると次元が高すぎでした・・ゲットーノリを理解するのも結構大変ですね(^^;)
 ただ、カプリが好きな方なら、絶対に共感できる内容で、夏にはお勧めです・・・ただ、タイトルを頼りに普通の方が聴いたら「暑苦しいな~」と思う内容かもしれません(^^;)



<Release Date>
Artists / Title : DJ Doo Wop 「Cool Out #1 (Cool Out '94)」
Genre : Soul、R&B、Dance Classics、HipHop・・・
Release : 1994年ごろ?
Lebel : Tape Kingz No Number

Notice : 他のタイトルについて
 今回紹介している「Cool Out #1」は、どうやら1994年の夏向けに作ったモノになるのですが、調べてみると93年版があり、なんでこれが#1なのかは不明です・・・
 というか、こういう部分も豪快っすね・・・これはDoo氏が悪いのではなく、Tape Kingzだからですね・・・(^^;)

Notice : トラックリストについて
 んで、Tape Kingzなので、トラックリストもアレで、私が持っているテープでは、曲名のみ表記でした・・・なので、今回の紹介をするにあたり、独自にトラックリストを作ったので、貼り付けておきますね!
 なお、A面一曲目のDubは、謎の歌グループにDoo Wop賛歌な歌を歌わせている内容で、正に「ダブ」ですね・・・こういった仕事があり、Liveのテープに繋がっているんでしょうね~

[Side : A]
??? / Special Dub
DJ Doo Wop / Freestyle (track Barry White / Playing Your Game, Baby)
Teddy Pendergrass / Come Go With Me
GQ / I Do Love You
The Floaters - Float On
Delegation / Oh honey
Lillo Thomas / Holding On
Prince / If I Was Your Girlfriend
Taana Gardner / Heartbeat
Al Green / Lets Stay Together
Take 6 / Spread Love
Foster Sylvers / Misdemeanor
Isley Brothers / Between The Sheets
Earth, Wind & Fire / Reasons
Prince / Adore
Stephanie Mills / Keep Away Girls
Jodeci / Feenin'
R. Kelly / Bump N' Grind (Old School Mix)
Mint Condition / You Send Me Swingin'

[Side : B]
Queen Latifah / Just Another Day (Blend Mix)
Tevin Campbell / Can We Talk (Full Remix)
Snoop Doggy Dogg / Ain't No Fun
Midnight Star / Curious
Force MD'S / Let Me Love You
Lisa Stansfield / All Around the World (American Club Rmeix)
Luther Vandross / Never Too Much
Howard Johnson / So Fine
Fonda Rae / Over Like A Fat Rat
The Whispers / And The Beat Goes On
Shalamar / A Night To Remember
The Temptations / Treat Her Like A Lady
Emotions / Best of My Love
Michael Jackson / Rock With You
Jackson 5 / Sugar Daddy
Michael Jackson / PYT
Michael Jackson / Don't Stop 'Til You Get Enough



追記 2015/08/10
トラックリストで分からなかった曲(Lillo Thomas / Holding On)が判明しましたので、修正をしました。
今度、紹介しようかな~と思ってた某テープを聞いたら、この曲が入ってて、思わずビックリです・・・Shazamでも分からなかったのに、こういうことがあるんですね~ 自分でも驚きました(^^;)

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------
<独り言>

DSC01498.jpg

 え~、Doo Wopの紹介をして、このテープが出るとは・・・でも、買っちゃったので報告です(^^;)

 昨日は、ユニオン各店で結構ボム目のセールがあり、日中は買い回りをしてました・・・そんなに狙ってるのはなかったのですが、欲しかったモノがボチボチと見つかり、帰りはつい、早目の時間から祝杯を上げてしまいました(^^;)
 んで、個人的には飲んだ後のレコ屋って、意外と当る(私だけでしょうか?)ので、ベロンベロンには酔わない程度で失礼をし、残りのレコ屋に行ったら・・・な話です。

 ここ最近、ココナッツディスクさんがアドバンスや和物のテープを良く出してて、この日も代々木でも買い、そして酔った勢いで行った池袋では上記のブツを目があってしまいました・・・美空ひばりさんです・・・

 よく、和物のミュージックテープを掘ってると「演歌」のテープをかき分けて探している・・・と報告していますが、逆の言い方をすれば「演歌には手を出さなかった」んですね・・・

 一応、私の中では、ミュージックテープが「ミックステープ的に聴ける」のであればOKとしており、この間に紹介をした「オメガトライブ」など、だいぶ発掘作業が進んでいます・・・
 ただ、進めば進むほど、自分の中での世界が広がり、初期には手を出さなかった部類まで手を出すようになります・・・昨日であれば、和田アキコさんのシングルベストなアドバンスや、阿川泰子さんがディズニーの名曲をスタンダードカバーしたアドバンス、さらに特殊なのだとSMAPの曲を交響曲にしたアドバンスなど・・・蛇の道を確実に進んでいます(^^;)

 そこに来て、ひばりさん・・・ボチボチな値段でしたが、見た瞬間「あっ、買いだ・・・」と思ってしまい、遂に「演歌」に手を出してしまいました(^^;)

 ひばりさんに関しては、その活躍と功績は皆さんもご存知だと思います・・・私も、これが購入の理由になるのでしょうか、いつだか、NHKで放送してたひばりさんの最後の東京ドーム公演に関するドキュメントを見て、ひばりさんと、ひばりさんを愛するファンの方々の素晴らしさに感銘してたので・・・手を出してしまいました。
 ひばりさんの素晴らしさは、私の言葉では表せませんが、歌を歌うことで人を励まし、喜ばせ、時として悲しみを与え・・・音楽を通して人に感動を与えていたのは明白ですね・・・

 そして、これは年齢を重ねたからでしょうか、私の中で演歌が結構好きになってきてるんですよ・・・

 なんか、仕事のお付き合いで2周りぐらい上の偉いサン達とカラオケに行くと、自然と演歌が歌われる訳ですが、歌が上手い人の歌を聞くと、歌詞が刺さるんですよね・・・
 演歌って、歌詞が先にある音楽(ですよね?)なので、その歌詞の世界観がまず重要で、歌い手が心を込めて歌うことで、その世界観が更に高まるものと考えます・・・私は独身だし、大した仕事もしてないので、世間では一人前ではないかもしれないですが、演歌の世界で語られる人生の苦労話なんかに反応をして、たまに励まされたりします・・・


 今回の演歌話はここまでですが、自分の音楽の境界線を広げる意味で、手を出してしまいました・・・
 また、酔いの力もあったので、同時に出ていた島倉千代子さんとちあきなおみさんもゲット・・・これから、聴きこんで「ミックステープである」ことの理由づけ(いい訳?)を考えたいと思います(^^;)

 ただ、歌詞が重要な音楽なので、DJミックスで繋ぎやすいジャンルかもしれないですね・・・歌詞の意味だけで繋げることができるので、一本の映画を作るみたいなDJミックスをしたら面白い対象かもしれませんね・・・是非、誰か、挑戦してみてください(^^;)


 あと、来週は例のレコードの旅の予定ですが・・・神戸の高架下が演歌地獄なので、結構怖いです(^^;)
 まあ、天気も崩れなさそうなので、熱中症に注意して、頑張りますね・・・いつから開始かは秘密にしておきますが、お暇ならお付き合いをお願いいたします(^0^)







DJ Mitsu 「The Great Dance Classics」
DSC01490_201508010839576ab.jpg

 お熱うございます・・・今週はホント熱かったですね!

 今月は、割と外に出る仕事が多かったのですが、熱いというか、太陽の日差しが強すぎて、半袖のシャツが着れず、長袖シャツでUVカットでした(^^;)
 また、訪問先によっては、馬鹿みたくエアコンを入れてて、長袖が寒さ調整でちょうどイイんですよね・・・こうやって、確実にオッサンになるんでしょうね~(^^;)

 そんな訳で、夏というと「涼」を求めるミックス作品になりがちなので、夏を盛り上げる「ヒート」な作品で紹介です!


mitsu_no_00.jpg

 今回は、あのnobodyknows+の「DJ Mitsu」さんによるファンキーなダンクラミックスの紹介です!

 DJ Mitsuさんは、名古屋を拠点に活動をするHipHopグループ「nobodyknows+」のDJ/Producerで、nobodyやソロでの活動の他、スタジオ業もこなし、名古屋を拠点に現在も多忙な日々を過ごしているお方になります。
 ほんと、たまたまですが、近況では2年ぶりにnobodyの新譜も出るそうで、その他にも地元球団「中日ドラゴンズ」の応援歌CDの製作に携わったり、名古屋の河村市長と対談をしたり・・・名古屋に根を張り、しっかりと活動されており、こういう地に足付いているお方は頼もしいですね!

 そんなMitsuさんですが、以前、Mitsuさんが変名でリリースした作品「黒虎」を紹介して以降、その内容の良さから、ミックスがあれば買うようにしてて、この作品も、その流れで発見しました・・・
 Mitsuさん自体、ミックステープはそこまで本数を出してなかったようですが、1998年ごろは少しリリースがあったようで、これも大変内容が良く、ここ最近、結構聞かさせて頂きました!!

 持論になっちゃいますが、90年代末ぐらいから00年代初期のテープって、時代が味方をしてたのか、作品の良さがケタ違いですね・・・

 結構前に書いた「この記事」でも紹介をしましたが、時代的にはDJブームまっただ中で、参加者は若く、そして熱意があり・・・情報は今ほど多くはなかったので、不器用に掘ったレコードで作るミックステープには、なにか特別な「グルーブ」があると思います。
 なんか、本来は記事の最後で結論として書くべきかもしれないですが、この作品にもそういうグルーブがあり、大変元気のあるミックスで、通勤電車で聴いてて、メチャクチャ元気を貰いましたよ!!

 では、作品の紹介です(^0^)


DSC01491_2015080108395937d.jpg DSC01493_20150801084000ab5.jpg
DSC01494.jpg DSC01495.jpg

 タイトルの通り「ダンクラ」なミックスで、全編に渡ってファンキーな選曲が心を揺さぶり、聴いてるとつい盛り上がってしまう、素敵な作品です!!

 まず、選曲的な話ですが、いわゆるカタカナな「ダンクラ」な選曲で、ド定番の曲を中心に渋い曲を絡めてくる感じで、ミッド~アップを中心に選曲をしています。

 それこそ、ド定番な「Ray Parker Jr. & Raydio / It's Time To Party Now」「Kool & The Gang / Ladies Night」のような、当時の日本でもプレイしてたダンクラが多く、つい腰が反応しちゃいます(^0^)
 それも、割とGarageとしてよりも、Funkとしてのダンクラが多く、「Funkadelic / One Nation Under A Groove」「SOS Band / Take Your Time」なんかのFunk~Dnace系の曲が多く、いや~、聴いてて踊りたくなっちゃう選曲です!!

 なんでしょう、ダンクラってジャンルは、イメージ的には70年代~80年代のダンス楽曲を指すのですが、GarageのようにHouseの系譜を辿った曲がある半面、Funkの系譜を辿った曲もあり、微妙に毛色が違いますよね。
 私の中では、線引きはなく、ごちゃごちゃに入り混じってますが、Garageが「夜」のイメージ、そしてFunkラインは「日中」のイメージがあります・・・それこそ、日中の野外フェスで、みんなと一緒に盛り上がる楽曲ですかね??

 んで、こういったFunk選曲って、面白いものでHouse系のDJがプレイするのと、HipHop系のDJがプレイするので、微妙にニュアンスが違く、HipHopDJの方が、より盛り上がらせ方が上手く・・・このMitsuさんのミックスは、そのお手本になるぐらい、素敵なミックスです!!

 象徴的なのは、HipHopDJらしく、カットインやショートミックスで展開良く攻めていくのですが、Mitsuさんに関しては、前後の曲のメロディーやベースラインの調和を考えたミックスが聴きやすく、まず、曲がもつグルーブを生かした選曲をしています。
 そして、その上で、展開の山谷を作りつつ、確実に盛り上がる曲はボムらせる展開を作ってて、とにかく曲の「躍動感」を優先した選曲/ミックスが素敵で・・・ジブさんの言葉をお借りすれば「選曲で盛り上がるパーティー」的なミックスが素晴らしいです!!

 また、全体的な流れも素敵で、選曲もダンクラ一本ではなく、ちょっとスローな曲を入れたり、RareGroove寄りな曲を入れたりすることで、作品の流れに幅を持たせ、飽きの来ない展開にしているのもイイですね!
 個人的には、B面のラスに「SOS Band / Take Your Time」をプレイしてるのですが、ライン的には、ちょっとグルーブを落とし、エンディングに向かう展開をみせた後のSOSで・・・最後の〆でファンキーなグルーブと、熱いボーカル曲を持って来て、みんなで大合唱みたいな展開は上手すぎで、もー、落とし方も上手いっすね(^0^)



 そんな訳で、夏は夏で、涼を求めるばかりでなく、夏の暑さに便乗して盛り上がるミックスも必須ですね!!
 
 ちなみに、これも大切なことですが、こういう「良作」ほど、聴きこめば聴きこむほど、渋い曲の魅力にヤラれるんですよね・・・そうすると、レコ探しの旅に向かいます・・・
 今回も、沢山のレコードをコレから探さないといけない(?)ので、嬉しい悲鳴です(^^;)

 テープ自体は、そんなには見かけない作品ですが、こういうミックスがお好きな方なら探す価値がありますので、是非、探してみてくださいね~



<Release Date>
Artists / Title : DJ Mitsu 「The Great Dance Classics」
Genre : DanceClassics、Funk、Soul、R&B、RareGroove、HipHop・・・
Release : 1998年
Lebel : Stax Records No Number

Notice : ジャケは、同じく名古屋を拠点に活動をされている「若野桂(もしの・かつら)」さんです。この画風を見て、グッとくる人と、そうでない人で、世代が分かれるような気がします・・・私はもちろんグッとくる世代です(^0^)




----------------------------------------------
----------------------------------------------
<独り言>

DCIM0425.jpg

 たまたま、行ったら鎮座されておられましたので報告です!

 渋谷のタワレコで、上記の故Dev Largeさんのモザイクアートが飾られておりました。

 これは、先日の追憶イベントでも掲げられていたようですが(babaさん、どうも!)、DLさんが自分のメモ用に撮影していた「写メ」を、アパレルブランドApplebumがモザイクアート化をしたそうで・・・一見して、そのインパクトにヤラれました!!

 拡大写真は「こちら」ですが、素晴らしすぎですね・・・DLさんの頭の中を拝見してるようで、見ていてウンウンと頷いたり、こういうのをチェックしてるんだ~と驚いたり・・・とにかくグッときました!
 
 期間は、下の情報を見る限りだと、もう終わっているのですが、まだあるようなので、気になる方は渋谷タワーの6Fへどうぞ!!

 ● D.L a.k.a. BOBO JAMESさん追悼パネル展示中


DSC01496_00.jpg

 そして、こちらの方が本題でしょうか・・・今年も行くことにしました!!

 お盆休み辺りに、毎年恒例の「京都・大阪・神戸・名古屋へのレコード掘りツアー(aka 俺の旅)」を敢行することにしました(^0^)

 今回は、先に告知しちゃうパターンですね・・・深い意味はないのですが、今年は(今年も?)行こうか行かないか凄い迷ってて、65%位は行こうという感じで、ブログで公開して既成事実を作っちゃえば、行かざるを得ないので・・・告知してみました(^^;)

 まあ、今年に関しては、ホテル代の異様な上昇にはゲンナリで、これが「行かない」の後押しをしてました・・・

 いつも泊まる大阪市内のホテルが早目に予約をかけても1.5倍ぐらいで、相場自体が上がってるんですね・・・また、宿自体が取るのが難しい状況で、日本の景気が良くなったのと、海外の観光客が増えているのを実感してます・・・
 また、旅費を払った分、レコやテープが回収できるかというと、それはそれで難しいところで・・・その辺の乙女心(?)もあって、暫く悩んでいました・・・

 ただ、ここ数年はそうだったのですが、普通に「旅行」として楽しんでいた部分もあり、今年はどちらかというと、こっちの方がメインかもしれません・・・

 なんでしょう、京都の熱いけど綺麗に澄み渡った空や、大阪の元気な繁華街、名古屋のレイドバックした感じなど、旅先の雰囲気を楽しみに行っている部分があり・・・レコ掘りに加えて、普段行かない場所の空気を吸って元気になっていたんですね・・・
 あと、30半ばのオッサンが、連休に家で一人でいるのは耐えられないので、行かざるを得ません・・・また、部署が変わって、全然地方出張が出来なくなったので、その辺の逆ストレス(?)も後押ししています(^^;)


 そんな訳で、今年も、日ごろのストレスを吹き飛ばし、元気を貰いに行こう!ということで、昨日、勢いで新幹線のチケットを買い、行くことが確定しました(^0^)

 目標じゃないですが、今年は「そんなにガツガツ掘らない」にして、ゆっくりとブラブラ歩きながら各所を回りたいと思います!

 例年、貧乏根性で、旅費分はレコやテープが欲しいので、無理して回ることが多く、熱中症の恐れ、そして膝と腰を壊しかねない旅なので、今年は無理せず行こうと思います・・・

 そして、関西方面、名古屋方面のレコ屋の皆さまへのお願いですが、30半ばの短パン男が、ユニオンのエコバック片手に徘徊をしていますので、優しい目で見守ってあげてくださいね(^^;)
 また、ミックステープやアルバムテープなど、そんなの買わないだろうと思うモノをポツっと商品として置いて頂くと、猫なで声をしながらすり寄って行きますので、ご配慮を頂けると嬉しいです(^^;)

 あと、毎度の経過報告もやりますし、今年はTwitterでのつぶやきも入れる予定ですよ・・・お楽しみに!!