HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Nori 「My Choice '89 - '92」
DSC03732_01.jpg

 まず、先週のビックボムには多くの方から反応を頂き、ありがとうございます!

 今回のは結構時間をかけて企画していたので、皆さんに喜んで頂き、嬉しい限りです・・・今後も、出来る限りは皆さんがビックリするようなボムをブチ込んでいきますので、引き続きのご愛顧をよろしくお願いします!

 そんなわけで、ビックボムの追い込み作業をしてる時に聴いてたら、凄いヤラれた作品の紹介です!


nori_san_01.jpg

 今回は、もはや日本DJ界の至宝とも言える「DJ Nori(ノリ)」さんによるミックス作品を紹介します!

 Noriさんについては、説明不要かもしれないですが、念のため、Noriさんのキャリア等を紹介しますね~

 Noriさんは、DJ歴30年を超す超ベテランでありながら、常に現場とブレない姿勢が頼もしい御大で、もはや全てのジャンルの音楽ファン、そして同業者のDJから尊敬される存在かと思います。

 DJ自体は70年代末よりプレイを開始し、80年代中ごろにはクラブシーンの中心だったNYに渡米し、あのLarry Levanとの出会いを経てGarage~Houseの洗礼を受け、90年代初期には芝浦にあった伝説的なClub「Gold」のオープンに合わせて帰国し、胎動し始めた日本のクラブ~Houseシーンを引っ張り続けたDJになります。
 今となっては、MUROさんとの「Captain Vinyl」の活動があって、様々なジャンルのファンに知られるようになりましたが、Larryにも通じる豊かな音楽性がバックボーンにあり、常に「Good Music」をプレイし続ける御大です!

 私自身は、やっぱり凄い好きで、2009年に新木場ageHaで行われたNoriさんのDJ30周年パーティーで洗礼を受け・・・その後も色々なパーティーでNoriさんのプレイに酔いしれ、ホント大好きなDJです!
 2014年の夏に行ったLarryのトリビュートパーティーでは、朝方に魂を込めてのプレイが最高で、やっぱりNoriさんって凄いな~と思いながら踊ったり、Noriさんがメインではないパーティーでも、気付いたらNoriさんのプレイの方がヤラれたり・・・もう、「ありがとうございます!」の一言です(^0^)

 そんなNoriさん、活動に関しては現場でのDJが中心とも言えるので、こういったDJミックス作品や音源制作はそんなには無く、一般的なリスナーからすると実は馴染みがないかもしれないですね・・・

 そのような背景がある中で、このミックス作品は「Noriさんの魅力」が素敵に織り込まれており、かなりお勧めです!

 この作品は、NoriさんがNYに滞在中~行き来をしていた「1989年~1992年のNYの音」を詰め込んだ作品で、Noriさんらしい珠玉の選曲とDJミックスが楽しめる作品になっています。
 タイトルは、NoriさんがNY時代にLarry LevanとDJをしていたクラブ「Choice」と、東京に戻ってMaki&Taikiと一緒に働いていたお店「DJ's Choice」にちなんで付けられたそうです・・・その辺の詳しい話や、Noriさんの歴史については「こちら」をご参照ください!


DSC03733_2017020508454354c.jpg DSC03734_20170205084546da4.jpg 
DSC03738_20170205084546fc9.jpg DSC03739_20170205084547001.jpg

 では、作品の紹介です!

 この作品は2枚組になっており、当時のNYのラジオやクラブでは様々な音楽が分別なく楽しまれていたことを踏まえて、ジャンルレスなダンスミュージックを選曲した「Groove Mix」と、音楽として進化し、多くのクラバーを踊らせていたHouseの曲を選曲した「House Mix」になっています。
 発売時のインフォを読むと、最初は1枚組を想定していたそうですが、作っていくうちに、当時のNYの音楽の多様さや熱さを表現するのであれば、この2つのミックスにしないとダメだと行きついたそうで・・・Noriさんとしても相当気合いを入れて作り、しっかりと「Noriさんらしさ」が出た作品になっています!

 では、まずは「Groove Mix」から紹介しましょう!

 こちらは前述したとおり、様々な音楽をプレイしてて、ある意味で「Noriさんの音楽の広さ」が分かるミックスでありつつも、Noriさんにしか出せない「気持ちよさ」や「聴きやすさ」があるかもしれません?

 選曲をひも解くと、割とミックス作品が好きな方なら馴染みやすいジャンルレスミックスになっており、それこそR&BよりなHouseとして「The Brand New Heavies / Never Stop」のDavid Morales Remixを選曲したり、MUROさんなどもプレイしてた「Tom Browne / Funkin' For Jamaica」のようなダンスポップスをプレイしています。
 イメージとしては、スロー~ミッド程度のグルーブで、クラブであれば開店後からお客さんが集まる前ぐらいの時間に、大きく翼を広げて踊っている時間帯にプレイされそうな「気持ちいい曲」が多いですかね・・・

 ただ、注目すべきは・・・出だしから続く「レゲエ」のプレイでしょうか?

 もー、これがグレイトで、最高ですね・・それこそ「Shabba Ranks / Mr. Loverman」のようなNYっぽいレゲエもプレイしつつも、グルービーに選曲とミックスをしていく感じが気持ちよく、これは素敵すぎます!

 この「レゲエ」と「NY」の関連性については補足を入れておきましょう・・・

 まず、当時のNYを考えると、まずジャマイカからの移民がいたのでレゲエの文化が栄えており、その上でクラブサイドの方々が比較的近くで栄えていたレゲエに反応し、積極的にプレイをしていた経緯がありました。
 それこそ、大きなスピーカーで音楽を鳴らして人を踊らすことや低音が重要になっている点は共通し、クラブサイドからするとBPMが少し遅い曲といった認識で愛されていたかと思います・・・実際にも、Garage~Houseの文脈では手法としての「Dub」に影響を受けたり、LarryがSly & Robbieとタッグを組んで曲を作ったり、NYの有名Reggae系プロデューサーであるBobby Kondersが元々はHouseの製作者だったり、NYのクラブシーンとレゲエは良い友好関係の元で、お互いが影響を受けていたと思います。

 その上で、Noriさんもレゲエには影響を受けたようで、この作品ではレゲエを「スローなダンスミュージック」としてプレイしているのが最高です!
 レゲエファンからすると、ちょっとラウンジーすぎてアレかもしれないですが、レゲエを知らない方にとっては気持ちよく聴ける選曲/ミックスになっており、素晴らしすぎます!


 そして、もう一枚の「House Mix」ですが・・・もうドープすぎて降参です(^^;)

 選曲的には、今となっては「90's House」という言葉がしっくりとくる選曲で、当時のヒット曲である「Tribal House / Motherland」などをプレイしており、当時のNYを象徴する「アンダーグラウンド」な感じがバリバリと伝わる選曲で、こっちも凄すぎます!

 プレイした曲は、Goorve Mixがラジオなどで楽しまれていた曲としたら、こちらのミックスは「クラブに行かないと聞けない曲」、つまり「クラブで聴くからカッコいい曲」を多くプレイしてて、その点がアンダーグラウンドになるかな~と思います・・・

 アンダーグラウンド・・・つまり「現場」になりますが、Noriさんの選曲では、現場で「踊るために愛された曲」を多く選曲してて、ある意味で「ドマイナー」、いや「Houseファン以外は知らない」曲ばかりです・・・
 それこそ、この作品はトラックリストが無いので、作品紹介の基礎資料としてトラックリストを作ってみましたが、Shazam先生もお手上げなドープな曲が多く・・・もー、アンダーグラウンドです(^^;)

 ただ、こちらも聴いていると、気持ちよく聴け、プレイしている曲が凄くカッコよく聞こえます!

 私自身、Houseは元々好きでしたが、この辺の90'sっぽいのは、なんか「もっさり」した感じ(Chicago~Acidっぽさ?)が好きではなかったです・・・

 ただ、Noriさんのミックスを聴いてると現在の「Deep House」に通じるような選曲/ミックスをしてて凄い聞きやすいんですよね・・・
 それも、中心にはしっかりと「ダンス」という点がブレずに存在してるので、凄い聞きやすく、これらの曲の「本当の良さ」が分かったような気がします!
 
 陳腐な表現、いや、ダンスを愛する私としては最高の賛辞である「聴いてて踊りたくなる」選曲/ミックスになっているのはホント素晴らしいです・・・
 ちょっと恥ずかしい話ですが、今回、Shazam先生で曲を調べている時、家のスピーカーがちょうど頭の位置に配置してるので、立ちながらスマホをスピーカーに近付けていたら・・・気づいたら、Noriさんのグルーブにヤラれ、ステップを踏んでいましたよ!



 そんなわけで、80年代末~90年代初期の「NYの音」を素敵に詰め込んだ一作でした!

 この作品は、どうしてもHouseファンしか聞いていない作品かもしれないですが、「DJ Nori」という偉大なDJの素晴らしさが詰まっているので、今となっては全ての方に聞いて頂きたい作品になります。

 もう一つ、これも私にしか出来ない最高の賛辞を送るのであれば、気付いたらこの2枚のCDを交互に聴いている自分がいたので・・・私にとっては「最高のミックステープ」でした!





<Release Date>
Artists / Title : DJ Nori 「My Choice '89 - '92」
Genre : House、Dance、Reggae、R&B、HipHop・・・
Release : 2012年
Lebel : My Choice MC-001


Notice : トラックリストについて

 この作品は、恐らくNoriさんの意向でトラックリストはついていません。

 この点を私なりに解釈すると、それこそクラブのように、曲名が分からなくても、その「プレイされている曲」をその場で楽しむことが大切なので・・・あえてトラックリストを出さなかったのかな~と思います。

 ただ、トラックリストがないと、この作品に興味を持った方への「門戸を閉めている」ようにも感じるので・・・パーフェクトではないですが、私が作ったトラックリストを掲載いたします。
 分からない曲も多いし、もしかしたら間違っている曲もあるかもしれませんので、ご理解の上でお読みください・・・そしてNoriさん、許してくださいね!

【Groove Mix】
Barrington Levy / The vibes is right
Sister Nancy / Bam Bam
J.C. Lodge / Telephone Love
J.C. Lodge / Telephone Love (DUB)
Gregory Isaacs / Rumours
Shabba Ranks / Mr. Loverman (DUB)
Shabba Ranks / Mr. Loverman
Ska Danks / Whole World African
Innocence / Let's Push It
The Brand New Heavies / Never Stop (Remix)
Inner City / Whatcha Gonna Do With My Lovin
Kwanzaa Posse / Wicked Funk
Tom Browne / Funkin' For Jamaica
Angelique Kidjo / Batonga
? / ?
Ziggy Marley / All Love (KRS-One Edit)

【House Mix】
Celia Cruz / Chango
Basil Hardhaus / Make Me Dance (Hard For The D.J.)
A Guy Calleed Garald / Voodoo Ray (HAC09 Manray Edit)
Tribal House / Motherland
? / ?
Jay Williams / Sweat (Sweat The Club)
Bang The Party / Bang-Bang You're Mine (Vocal)
Bang The Party / Bang-Bang You're Mine (Dub)
Sueno Latino Featuring Carolina Damas / Sueno Latino
? / ?
Susan Clark / Deeper
Black Rascals Featuring Roger Harris / Keeping My Mind
? / ?
? / ?

※注意
 上記トラックリストは、CDのトラック番号に準じて作成をしました。
 一部の曲はトラックが変わっても同じ曲があり、発売当時は「トラックの付け方に誤りがある」と指摘もされていましたが、聞いた感じだと「Vocal⇔Dub(Inst)」にミックスをしてるのが多かったので、CDのトラック番号に準じたリストにしました。間違っていたらすみません・・・




---------------------------------------------------------
<独り言>

DSC03740.jpg

 いやいや、先週のボム記事は、1月に入ってから本格的に記事本文を書いていたので・・・実は1月は全然レコード屋に行ってなく、ちょっと欲求不満でした(^^;)

 まあ、1月については、ユニオンが顕著ですが、12月にゴツいのを出してしまった分、あまりモノが出ない月ではあるので、元々出勤回数が減る時期ではあります・・・
 ただ、今回に関しては、作業をしてて「真剣に書かないと間に合わない」と思い、平日の夜なべ作業に加え、週末はレコ屋にそんなには行かず、家で地味に作業をしていました・・・その甲斐あって、速報値では1月は約2万5千円のみの出費で、お財布に優しかったです(^^;)

 ただ、書き終わったら、なんか安心してしまい、途端に「レコ屋に行って散財したい」となってしまい・・・2月早々で、なかなかゴツい買い物ができましたよ!

 写真のMUROさんのレア作品「Swagger Hrajyuku Flagship Open」「The North Face Music Journey - 2005 Spring Summer Issue」を立て続けにゲットしました!

 両方とも渋谷のユニオンで、前者は平日に放出され、ボムを書いた直後だったこともあり、ちょっと高かったけど、書き上げた「ご褒美」として購入です・・・
 そして、後者は、昨日、今回の作品紹介で足りなかった「House Mix」の収録曲を探しにいったら、ポツっと置いてあり、割引の魔の手の影響もあり、つい購入です・・・

 この辺のレアCDは、セールで並ぶほどではないけど、安価だったり、たまたま発見したり・・・何となく「出会ったら買う」ようにしています。
 特に、履歴書でも書きましたが、万近~万超でもビビらなくなってしまったので、お財布に余裕がある限りは購入することにしています・・・う~ん、出会いというか「何となく買っているだけ」なんですけどね・・・

 ただ、こういう「出会い」があると、また「MUROさんとの出会い」もあるのかな~と思ってしまいます・・・

 まあ、どうなんでしょうね・・・今年は自分から出向いてみようかな??


 なお、こういったタイミングだったので、久しぶりにMUROさんの作品リストも更新しましたよ~

● DJ MURO Mix Tape 作品リスト

● DJ MURO Mix CD 作品リスト


 気付いたら、MUROさんのレアCDがコンプ直前に近づいて来ましたね・・・こうなったら揃えるしかない!

 うん、こういった「揃えるしかない!」と思うこと自体がコレクターとして元気な証拠です・・・これからも頑張るぞ!!






スポンサーサイト