HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Lazy Sak 「That's The Joint」
DSC03812_20170305091517f88.jpg

 え~、今週は独り言に連動して、レコードなりDJが好きな畏兄さん達とお会いする機会があったのですが、改めて皆さんがこのブログを読んでくださっているんだな~と痛感しました!

 本人としては、自分の興味に任せて進ませているだけで、ブログの更新は「その興味が溜まったから放出する」の繰り返しだと思っています・・・そう、それは「一方的な自己発信」なんでしょうね~

 ただ、その自己発信を楽しみにしてくださったり、喜んでくださったりすることは、気恥ずかしさもありながら、凄い嬉しいことで、直接お会いして、そのお話を聞けるのはメチャクチャ嬉しいです!

 引き続き、のんびりペースではありますが、頑張っていきますのでよろしくお願いいたします・・・

 では、今週の紹介です~


DSC03813_20170305091518dc6.jpg

 今週は、大好きなSgrooveさんのレーベル「KE.T Drive」関連の作品として「DJ Lazy Sak(レジー・サク)」さんの作品を紹介します!

 まず、Sakさんのことを簡単に紹介しましょう・・・かなり情報が無いお方なので、断片情報のみです・・・
 
 Sakさんは、現在は伊豆を拠点に活動をする「The mole」というバンドの関係者であり、KZAさん周辺でもDJをされている方で、恐らく90年代後半からDJをされている方のようです。
 テープの情報から読み取ると宇田川町ラインなお方なようで、クラブでいけばOrgan Bar~Harlem辺りでDJをされていたんだと思います・・・
 なお、お名前からすると、私は「女性なのかな?」と思っていましたが、いろいろと調べると「男性」のようです・・・謎が多いです(^^;)

 そんなSakさんですが、信頼できるテープレーベル「KE.T Drive」からミックス作品を2本リリースしており、その時点で期待が出来ます・・・

  KE.T Driveの作品は、主宰者であるSgrooveさんの作品を含め、作品のレベルの高さが必ずあり、数少ない「レーベル買い」が出来る存在になっています・・・
 そのため、このSakさんの作品も聞いてみるとやっぱり良く、渋谷~宇田川町のDJ/レコード文化のグルーブがしっかりと感じられ、かなりお勧めです!

 では、リリースした2本は両方とも良いのですが、今回は1作目で作品紹介をしましょう!


DSC03816.jpg DSC03814_201703050958506b2.jpg
DSC03819_201703050958546b0.jpg DSC03818_20170305095853bf2.jpg

 まず、選曲やDJの方向性は、MUROさんのSuper Disco BreaksからUlticut Upsを経由した感じで、いわゆる「HipHopが基軸のオールジャンル・パーティーミックス」になり、今回、深く聴いてたら、かなりヤラれました(^0^)

 選曲面ではCut Up系の曲を多用してて、それこそ「James Brown / The Payback Mix」であれば、同盤に収録されているCold CutとNorman CookのRemixをリレープレイしてて、かなりノリノリな展開です!
 ただ、そういったノリの良さの中で色々な曲も選曲してて、リリース時の新譜曲になる「People Under The Stairs / Hang Loose」や、「Jangle Brothers / On The Road Again (Q-Tip Rmix)」「Stetsasonic / Hip Hop Band」のようなノリの良い旧譜などを上手く挟んでプレイしてて、飽きのこない選曲もイイですね!

 選曲面をみると、どうしてもMUROさんだったり、Ulticut Upsの影響は多少は感じてしまいますが、全体的な選曲の塩梅が「分かってらっしゃる」感じのツボの押さえ方で、その部分があるから、今でもしっかりと聞ける内容になっているかと思います。

 それは、Cut Up系の曲のノリの良さや派手さを上手く利用しつつ、巧みに選曲の流れをコントロールしている印象があり、A面・B面ともしっかりとしたストーリーを設定し、聞いている人をしっかりとロックさせている点は大変秀逸です!

 そして、ミックス面については、派手な展開はないものの、こちらでも巧みな技が利いていて、この選曲の良さを更に引きたてています!

 例えば「Jangle Brothers / On The Road Again (Q-Tip Rmix)」であれば、サビ前のスクラッチ音(♪じゅくじゅくじゅくじゅく、おん~)の部分を生かすため、前曲からショートミックスでこの曲につなぎ、曲がこの曲に変わったら、つかさずこのスクラッチ音部分で2枚使い・・・これも「分かってるな~」と思いました!
 Ulticut級に超絶なルーティーンはないものの、こういった細かい技が多少あり、結構グッときます・・・この辺の技を聴いてると、現場のプレイにおいて、遊びに来ている玄人も初心者も「みんながノレる技」を分かりやすく使っており、実は「現場感」が巧みに使えるお方なんだな~と感じました。

 また、選曲~ミックスの部分にも、そういった「現場感」の上手さを感じる部分があり、B面の前半でJB系のCut Upを連続プレイしてノリを高めつつ、だんだんと飽きてくる頃合を見計らって「Stetsasonic / Hip Hop Band」をショートミックス気味にカットイン・・・もう、あのブレイク後のホーンフレーズで大爆発ですよね!
 現場であれば、そこまで45分単位のストーリー性は考えないでしょうが、ある程度のレベルで「10分後にボムるように」みたいな展開は考えますよね・・・Sakさんにおいては、その10分後も考えつつ、作品としての全体の流れも考えており、現場感を上手く作品に落とし込んでいますね!



 かなりベタ褒めしましたが、やっぱりミックステープ黄金期(90年代末~00年代初期)の作品に外しはありませんね!

 かなりマイナーな作品で、市場では注目されていませんが、Super Disco Breaks~Ulticut Upsがお好きな方ならお勧めですので、探してみてくださいね~





<Release Date>
Artists / Title : DJ Lazy Sak 「That's The Joint」
Genre : Hip Hop、Cut Up、Breakbeats・・・
Release : 2002年
Lebel : KE.T Drive KE.T-012






-----------------------------------------------------------------
<独り言>

DSC03823_20170305104601e1e.jpg

 今週の独り言はコレに尽きます・・・無事にゲットしましたよ(^0^)

 このCDは、我らの和物番長こと「DJ 吉沢dynamite.jp」さんが現場限定で販売し始めた作品で、私自身が大好物な「80’s歌謡」をミックスした作品になります。

● 吉沢さんのブログ記事「現場オンリーMIX CD」


 まず、私の話から始めますが、和物の良さ、特に、この作品で取り扱う「80’s歌謡」の良さは吉沢さんに教わった部分が大変大きく、歴史的名作である「ニュースクール 歌謡ダンスクラシックス!」で開花しました・・・そのため、吉沢さんの久しぶりな80’sであれば反応しない訳がありません!

 ただ、この辺の選曲は色々とあって大手を振って売れないこともあり、吉沢さんのご意向で、吉沢さんがDJをするパーティーでのみ手売り販売という形になりました。
 
 普段、こういった形でリリースされた作品は、現場に行くという時間的な制約や私自身が面倒なことは好まないので、殆ど買うことがないのですが・・・これだけは別格なので、即行動しました(^^;)

 ちょうど金曜日の夜、吉沢さんが盟友のChintamさんと回すパーティーが渋谷のHot Buttered Clubという所であるとのことで、早速お邪魔してきました!

 そして当日は、金曜の夜の定番(=残業)をこなしつつ、10時ちょいにはお店につき、早速、吉沢さんとご対面・・・大歓迎を受けながら、無事にCDを購入させて頂きました!

 実は、吉沢さんとはメールやTwitterでは交流がありましたが、面と向かっては初めての対面で、少し緊張しましたが、吉沢さんはもちろん、一緒におられた仲間のDJさんや常連さんともMix Tape Troopersのことをご存じだったようで、直ぐに打ち解けました・・・

 もう、皆さん単純にレコードやDJがお好きな方ばかりなので、お話がしやすく、吉沢さんとはDJミックスのことや和物のことなど、濃密な談笑をさせて頂きました・・・こういう時間は嬉しいですね~
 また、私のブログについても話があり、私のブログを楽しんでいる感想を聴くだけで嬉しいです・・・特に吉沢さんのような、私自身が影響を受けた方からのお言葉は大変嬉しく、またブログを続ける元気を頂きました!


 そして、土曜も仕事だったこともあり、パーティーは終電前にゴメンナサイをして帰り、早速、聞いてみました・・・いや~、やっぱり「最強」ですね!

 ここ最近、和物の作品は増えているし、サンクラなどにも沢山音源がアップしている中で、DJとしての「説得力」のレベルが全然違います・・・しばらくはヘビーローテーションです!

 特に、80’s歌謡というと、皆が知ってる「馴染みやすい曲」でありつつ、その半面で取り扱い方を間違えると「飛び道具」になってしまうところを、その「飛び道具」感を逆に上手く利用して、吉沢さんらしいグルービーなDJミックスに上手く落としこんでいる印象があります・・・
 昨日は昨日で、仕事帰りにレコ屋回り→祝杯でホロ酔い気味なところでコレを聴いたら即死で、段々と「次に何がプレイされるかが楽しみ→それを聴いて悶絶→サビで合唱」となり、完全に吉沢さんの「DJ」にハメられました!

 うん、まだそんなに聞きこんでいないので明確な表現ではないですが・・・吉沢さんのDJが上手いからこそ出来る「フック大合唱」ミックスになっており、30代~40代の畏兄には悶絶ミックスです!
 
 吉沢さんのお話だと、これは現場限定で通販も受け付けないそうです・・・是非、現場で吉沢さんのDJを楽しみながら、このCDを買い求めてくださいね!

 最後に吉沢さんへの謝辞です・・・これからも作品のリリース構想があるそうなので、大ファンとして楽しみにしています!今度は吉沢さんの現場でのDJプレイが聞けるようにしますので、引き続き、よろしくお願いいたします!!


DSC03826.jpg

 あと、割と好調だったので、釣果についても報告しておきますね~

 昨日は新宿のユニオンで小~中規模のテープセールがあり、当日は日中は仕事だったので、夕方に参戦しました・・・ココで言うのもあれですが、ホント、最近は仕事してますね~(^^;)

 事前情報的には、割と定番ラインが多く、リスト外でどのくらい「渋い」のが出るかな~と思ってて、かつ、オープン時には行けないのでそれらが残っていればイイな~という感じで夕方に行きましたら、割と渋いのが残ってて11本の釣果でした(^0^)
 そして、その足で、何となく渋谷にいったら、渋谷も渋谷でニューストックが入ってて、そちらもお買い上げ・・・夕方だけで合計14本の釣果は嬉しいですね~

 内容的には、新宿ではDJ Tonkさんの見たことないRevolutionモノのテープを筆頭に、掘ってて初見のが多く、テンションが上がります・・・この辺が残っててくれて、本当に良かったです(^0^)
 また、渋谷も、昨年の秋に某スニーカー店のノベルティーとして配布されたGrooveman SpotさんのシングルテープやG系などをゲット・・・渋谷のテープは安定してますね!

 この歳で言うのもアレですが、きっと仕事のご褒美でしょうね・・・テープの神様は優しいお方です(^0^)


 んで、今週はMUROさんのメジャー新作が出たので、早速購入しましたよ・・・半分、忘れかかってたのは秘密です(^^;)

 今回はR&B系の大本命シリーズ「Taste of Chocolate」で、早速、聞きましたが流石ですね・・・ネタばれになるのでアレですが、イイ感じの90年代前半スローR&Bをプレイしてて、これもヘビロになりそうです!
 私事で恐縮ですが、日曜はブログを書く日なので、必要な家事や洗濯を早めに済ますので、今日も普通に早く起きたのですが・・・このテープを聞きながら、日曜の朝の布団の気持ちよさ(akaまどろみタイム?)を味わっておけばよかったな~と思うぐらい、やっぱり良い作品です!


 ここ最近、仕事が忙しくって、あまりレコ屋には行ってないですが、こうやって「元気にさせてくれるミックス作品」に囲まれ、毎日を元気に暮らせることは、大変、嬉しいことですね!

 では、また来週~






 
 

 
スポンサーサイト