FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
御無沙汰しております(独り言のみ)
DSC_1533.jpg

 御無沙汰しております・・・3週間ぶりの登場です(^^;)

 まあ、この間の3月の無更新と同じように馬車馬のごとく働いています・・・

 も~、アレなぐらい働いているので、ブログ作業をする時間が一切なく、更新が出来ませんでした・・・すみませんね~

 んで、あんまり更新を飛ばすのもアレなので、独り言だけ報告しますね~


DSC_1540.jpg
DSC_1526.jpg
DSC_1537.jpg

 まずは先週、実は初めてな「札幌」に出張に行ってきました!

 来年、札幌で大きなイベントをやることになり、その下見を兼ねての出張でした・・・

 今月の前半は、都内での特大イベントがあり、これを何とか突破し、その疲れが取れないままの出張でしたが、仕事は無事に終えました・・・
 
 札幌に関しては、今までも行こうと思えば行けたのかもしれないですが、なぜか縁が無かった地区で・・・個人的には是非とも行きたかった街になります。

 それは、観光とか、飲食もありますが、やっぱり「レコード屋」さんですよね・・・なかなか良いレコード屋さんが市内に固まっていることもあり、是非とも行きたかった街にまります。

 特に、私の主要捕獲物となる「ミックステープ」は、90年代初期から、DJ SeijiさんをはじめとしたDJ達が先駆的にリリースしていたことから、かなり期待できる地区だったので、是非行きたかったんですよね・・・

 ただ、今回は、予定を組んだ時点で、偉い方のアテンド役でもあったので、どう考えてもレコ屋に行くのは無理でした・・・

 恥を忍んで報告すると、姑息な手段として、一番行きたかった「キングコング札幌店」に近いと思われる所に宿をとり、前乗りの夜の懇親会の前にチェックインさせ、1時間後に懇親会に行きましょうね→その間にキングコングへ、という腹案を仕組んでいましたが、偉い方の自由さに時間が押され、ホテルに入ったのは懇親会の30分前でした(^^;)
 ホテル到着後、走ってキングコング方面に向かってみましたが、予想以上に到着までに無理な距離で、なくなく諦めました・・・平日の明るい夕方に、真剣に走り、公園通りのテレビ塔の横で挫折したアラフォーは、何とも切なかったです・・・

 ただ、次で紹介する夜の札幌を堪能した後も、キングコングに行きたかったことは頭に残り・・・おっさんなので早起きしてしまい、リベンジで店の前だけは視察しました(^^;)

 う~ん、来年、札幌に行く時は、必ずレコ屋に行くぞ!!


DSC_1527.jpg
DSC_1532.jpg
DSC_1551.jpg

 んで、公園通りで挫折した後、素直にホテルに戻り、地元の方のアテンドで札幌の夜の街へ・・・もう、最高でした♡

 札幌に行った人はみんな、食も、酒も、そして人も素晴らしいという話を聞いていたので、こちらも楽しみにしてましたが、ほんと素晴らしいところですね~
 
 札幌に着いた夜の懇親会は、わーおな「カニ」で舌鼓・・・そのあと、ススキノに流れ、気づいたら夜中にラーメン横丁らしき所で〆の味噌ラーメン・・・
 〆のラーメン、絶対に入らないのに、なんで美味しいんでしょうね・・・うん、美味しかった・・・

 そして、翌日も、地元の方のナイスなアテンドで、美味しいお寿司を頂いたり、帰る間際にはジンギスカンを頂いたり・・・とにかく食べて飲んだ出張でした(^0^)

 おかげ様で、太る前に、日ごろの不摂生な生活がたたり、今週の後半は体調不良・・・週末もちょっと体調が辛かったです(^^;)

 ただ、札幌はいい所ですね・・・人が優しい方が多く、来年行う仕事も頑張らないとな~と思いました!


DSC_1560.jpg
DSC04645_2018062423280620f.jpg

 そして、その体調不良を引きずりながら週末へ・・・土曜もしんどい中、なんとか仕事をこなし、失意のまま、ユニオンへ・・・

 本当は、この土曜で、やっと仕事地獄を抜けそうだったので、FK御大が西麻布Yellow閉店後10年目の記念ギグを渋谷Contactでやるとのことで、これに準備をしていましたが、どう考えても体調がついていけなさそうなので、泣く泣くのキャンセルです・・・

 ただ、本当は体調が悪いんだから、家に帰って静養すればイイのに、週末のセールがあったことで、足は自然とユニオンへ・・・持論ですが、風邪はユニオンで直すものと思っている(?)ので、普通に行ってしまいました(^^;)

 特に、今週末は新宿でDisco12inchのセールがあったので、開店並びは出来ないものの、売れ残ってたらゲットしたいなと思うブツがあり、結構、気になっていました。

 んで、夕方過ぎに伺ったら、目的のブツはまだ壁におられる・・・値段はちょい高めだけど、試聴をしたらコンディションは問題なし・・・
 結構、ゴツい値段でしたが、これまでの仕事の御褒美で即決購入です!

 購入したのは「Risco Connection / It's My House」のアメ盤です・・・いやいや、意外と出会うまで時間がかかりました!!

 MUROさんがDoggin' Heat 99でプレイをしたレゲエ・ディスコ・カバーで、なかなか出ない1枚です・・・再発のブートはたくさんありますが、オリジナルはなかなか出なかったです!
 特に、個人的には、今年の新春、Dimitri大先生のパーティーのエンドに、この曲の原曲である「Diana Ross / It's My House」をプレイしたことで、やっぱりイイ曲だな~と思い直し、俄然とRiscoのカバーが欲しくなったところだったので、結構嬉しいゲットでした。

 この、Risco Connectionの12inchは、他のDisco系のレコードと比べ、レゲエに近いプレス工場で作ったレコードだからか、異様にキズが付きやすく、不純物が多いレコが多く、ほんとコンディションが良いレコードが探すのが大変なんですよね・・・
 今回のレコは、かなりコンディションは良く、その状態ならこの値段もあり得るかな~と思い、即決購入・・・ここで買わないで、その後で後悔するよりも、ちょっと高い値段で買った方が精神的には良いようです(^^;)

 おかげ様で、この嬉しい出会いで、体調は少しは良くなったのかな・・・実際は、そんなに良くないですが、仕事から解放されての喜びは、やっぱりプライスレスですね~


DSC_1511_01.jpg

 そんなわけで、最後は意味不明な写真で・・・

 今月、私の誕生日だったことから、上司&後輩たちが、私の仕事っぷりを不憫に思ってくれたようで、ケーキで祝って頂きました・・・これは素直に嬉しかったです(^0^)

 私も気づいたら、年齢的にはアラフォーに近づいてきています・・・仕事の底力はあるのでしょうが、根本的な体力は落ちてきたな~と思っています。

 そのためか、週末が疲れてしまったり、野暮用があったりで、なかなかブログが更新出来ず、すみません・・・

 ただ・・・現在、大物を仕込んでいますよ(^0^)

 チョコチョコと記事を用意をしてたら、予想以上に大物になりそうで、何とかして6月中には公開をしたいと思います・・・内容が上手く膨らませることが出来たら、私の所持テープ4000本突破記念として公開してもいいかも?


 そんなわけで、雑な独り言になりましたが、以上です~

 とりあえず、今週も頑張りましょう!!



===================================================-
追伸


マサキオンザマイクのアンダーグラウンドヒップホップ天国
第4回  90sHIPHOP MIX TAPE特集


 以前、報告をしましたマサキオンザマイクさんの番組が公開されました!
 
 かなり面白い番組になり、ここまでミックステープを取り扱ってくれたことには嬉しいです!

 お時間があれば、是非、上記のアーカイブをご覧くださいね~







スポンサーサイト



DJ PMX 「Hittin' Switch 001」
DSC04616_20180603142655755.jpg

 気づいたら、もう6月・・・だいぶ夏に近づいてきましたね~

 周りを見ると、日中は半袖の方も多く、エアコンで冷房もちらほら・・・ただ、寒がり体質な私は、未だ長袖です(^^;)

 あと、最近、気づいたのですが、この時期の日焼けが結構弱いようで、シャツの腕を捲って歩いているだけでも、腕が結構焼けてしまいヒリヒリするんですよね・・・体質なんでしょうか??
 そのため、熱くても外に出る時は、なるべく長袖で、腕をまくらず普通に着ています・・・結構熱いです(^^;)

 そんなわけで、夏っぽい作品の紹介です!!


3S4C0098_ok2-1.jpg

 今回は、日本のGangsta Rap業界、いや、日本のHipHop業界に無くてはならない大御所である「DJ PMX (ぴーえむえっくす)」さんのミックステープを紹介します!

 まず、PMXさんは、日本語ラップがお好きな方であれば、知らない方はいないかと思いますが、簡単に略歴等を紹介しておきましょう・・・

 PMXさんは、HipHop系のProducer/DJになり、いわゆる「Gangsta Rap~West Coast Hip Hop」を得意とするお方になります。

 活動は長く、1980年代後半から活動し、90年代半ばより自身のグループである「DS455」を率いて、日本のGangsta Rap~West Coast Hip Hopシーンを引っ張り続け、シーンからの信頼は絶大なお方かと思います。
 特に、Produce活動が印象的で、様々なアーティストにトラック提供をしつつ、後輩アーティストたちを育てるような姿勢があり、PMXさんに育てられた方は多いですね・・・もはや兄弟仁義な関係とも言える「Maccho(OZROSAURUS)」さんが特にそうで、PMXさん無くしてはMacchoがいなかったと言っても良いぐらいかと思います!

 また、こう書くと「G系」が中心かと思われがちですが、その信頼からか、交友範囲は非常に広く、それこそ「日本語ラップ」勢との協力関係も重要ですかね・・・
 近年になり判明した逸話では、初期のMajor Force~File周辺の楽曲等のプログラミングを行ってたそうで、ブッタの人間発電所のループを作ったのがPMXさんになります・・・日本語ラップを作っていった上でも、重要なお方ですね!

 なお、参考として、私の過去記事と、PMXさんの活動が分かるインタビュー(最高です!)を張り付けておきますので、ご参照ください・・・

Mix Tape Troopers DJ PMX 「Locohama Crusing 002」

Amebreak 「BEAT SCIENTISTS 〜HIP HOPのおとづくり〜 feat. DJ PMX(前編)」
Amebreak 「BEAT SCIENTISTS 〜HIP HOPのおとづくり〜 feat. DJ PMX(後編)」


DSC04628_2018060315073363d.jpg

 そんなPMXさんですが、DJ活動の一環で、上記のようにミックステープを数多く発表しており、ミックステープを通して「Gangsta Rap~West Coast Hip Hop」を広めた点も大きいかな~と思います。

 大きく分けると、2001年~04年ごろに作っていた名物シリーズ「Locohama Crusing」と、そのシリーズの後期に別ラインとして作られた「Hittin' Switch」シリーズになり、どれも「現場」で愛されていたテープになります。

 現場・・・それは、つまり「車の中」になるかと思います。

 Gangsta Rap等は「アメリカの車文化」と密接に関係し、車なくしては成り立たない部分があり、ある意味で「車の中で聴いてこそ最高の音楽」とも言えるかもしれません。
 その意味で、聴いている側も「車の中」で聴くことが多く、実はミックステープを含む「カセットテープ」が珍重され、自慢の愛車の中で聴いてた方が多いかと思います。

 この点は、日本でもそうで、日本のLowrider文化の発展には、G系ラップの影響は大きく、PMXさん等のG系DJ達のミックステープの影響は非常に大きかったと思います。

 以前、名古屋周辺でG系テープをリリースしていた「Drug Funk レーベル」の紹介でも触れましたが、日本においては、DJ側は「とにかく車で聴いて良い内容」のミックステープを作り、それらを車乗り達が好んで聴いていて、結果的にG系音楽のファンを、そして車好きを増やしていった経過があるかと思います。
 この点で興味深いのが、DJやクラブ好きではない、それこそ「車が好き」というDJ業界からしたら門外漢な方々に「ミックステープ」が愛されていたことになり・・・ミックステープが「人も文化も問わずに良質な音楽を届ける存在」だったことを裏付ける事実として、重要です!


 なお、PMXさんのテープは、G系テープの中では比較的に遭遇しやすいのですが、車業界的にもCDでないと聴けなくなってしまった04年ごろのテープ(シリーズの後期)は、あまり本数が刷られていないのか、結構見つけるのが大変です・・・
 また、前述したとおり、DJ業界とはちょっと異なるラインで売られたことで、ユニオンなどの車業界と縁遠いところには中古で流れてこない傾向もあり、意外と見つけるのが難しいんですよね・・・

 また、蛇足話ですが、実は、先日、抜けていたタイトルがやっと買え、シリーズが揃ったと思い、今回の紹介に繋がるのですが・・・記事を作成するにあたり、色々と調べていたら、後期のHittin'に「3」があることが判明しました・・・
 こういったことは、謎が多いミックステープ業界の中では日常茶飯事なのですが、まだまだ道が遠いのが分かり、改めてG系テープの収集は難しいな~と思っております(^^;)

 そして、これも蛇足っておくと、PMXさんのテープは、中古で購入すると、結構「キズが付いている」状態のが多いですね・・・
 うん、それだけ「現場で愛されていた=車の中で聴かれていた」証拠ですよね・・・テープは聴いてナンボなものなので、こういったキズがあった方が愛着が湧いたりもします!


hs_001.jpg hs_002.jpg
hs_003.jpg hs_004.jpg

 では、今回は後期シリーズである「Hittin' Switch」の第1作目を紹介しましょう!

 このシリーズは2004年ごろから作られたシリーズのようで、CD版と併売(CDメインのミックス)として作られたシリーズのようです。
 当時のインフォを確認すると、「ローライダーに向けた新シリーズ」としてリリースされたようで、タイトルの「Hittin' Switch」が示すように、ローライダーに乗って、スイッチをひねって車高を変えている「本格派」に向けたシリーズなのかな~と思います。

 まず、選曲的には、西海岸~南部のG系ラップを中心に選曲し、PMXさんらしい「スムース」なグルーブで作られていることから、ローライダーに乗らずとも「気持ちいい」と思う内容になり、なかなかの好作品です!

 私自身がG系に全く知識がないので、選曲の深い話は全然出来ないのですが、何も知識なく聴いても「おおっ、気持ちいいな」と思う内容で、今週のナイトクルーズ(aka 徒歩での深夜帰宅・・・)でも大活躍をしました(^0^)

 選曲を少しだけ紹介すると、まずは「ローライダー」に向けられていることから、歌詞の内容的に「ローライダー」的な曲が多く、それこそチカーノ系の大御所アーティストの「Lil Rob feat David Wade / Can We Ride」や、南部テキサスの「E.S.G. & Slim Thug feat Daz / Ride With You」など、曲名を見ただけでも「車」系の曲が多いでしょうか?
 また、どうしてもG系の曲は、私の知識が少なく、掴みどころがないので、ネタ系に走ってしまうのですが、Love Come Downネタの「Lil Keke / High Come Down」や、たぶんSADEネタな「Lil' Rachett / Deadly Sins」など、独特のネタ使いでメロウなグルーブがある曲を上手く使っていますね~

 シリーズを通して、そこまでガンガンと盛り上げる選曲ではなく、G系特有のグルービーな感じを上手く表現するための選曲に徹していて、車を運転している限りでは、アクセルを強く踏ませるためではなく、心地よく風を切る程度のアクセルを踏ませる感じが上手いですね!

  この点を更に分析すると、Locohama Crusingにも通じる「ナイトクルーズ」感というのでしょうか、車を低速で流すのに最良なグルーブをイメージされ選曲されており、このHittin'シリーズでは、比較的「日中」をイメージした部分があるのかな~と思います。
 ただ、日中といっても、アメリカ西海岸の日中というのでしょうか、ガンガンと日差しがある半面、その日差しの影があるところは暗いみたいなコントラストも含まれた感じがあり、そのグルーブの中に哀愁さみたいのも含まれ、大人な感じもありますかね・・・

 そのため、こういった内容なので、車で聴かなくても、かなり内容が良く、結構ヤラれてしまいました!

 前述した徒歩でのナイトクルーズでも、段々と蒸し暑くなってきた夜道を、あえてユックリと歩き、独特なグルーブに酔いながら、気持ちよく風を切りました・・・
 うん、G系って、やっぱり独特のグルーブがあり、上手いDJほど、そのグルーブを高めてくれるので、結果的に知識が無くても楽しめるのかな~と思ってしまいました(^0^)




 そんなわけで、選曲にあまり知識がないので、紹介はこれまでです・・・

 このシリーズは、そこまで出ないシリーズなので、気になる方は頑張って探してね・・・
 そして、私も3を探さないと・・・やっと「揃った!」と思って喜んだのに、後で「まだあった」というのは、結構精神的ダメージが大きいので、早くリカバリーをしたいです(^^;)




<Release Date>
Artists / Title : DJ PMX 「Hittin' Switch 001」
Genre : HipHop(Gangsta Rap)
Release : 2004年9月
Lebel : DSC Entertaiment AE-HS01-02





------------------------------------------------------------
<独り言>

DSC04614.jpg

 ここ最近、仕事が忙しく、下手したら3月のブログが更新できなかった時期並に働いており、週末ディグが厳しくなっております・・・
 そのため、おのずと「夜」にユニオンに行くのですが、夜掘りは時間を考えながらの掘りなので、ちょっとバタバタしてしまい、あまり好きではないです・・・

 ただ、週中で写真のCDがユニオンに再入荷するとあり、一人でザワザワしていました(^^;)

 写真は、我らのMUROさんが、ニュージーランドの人気アーティストである「Lord Echo」さんの曲をミックスした作品で、今年3月の来日公演で限定販売されたものになります。
 本当は、来日公演での物販のみで売られていたようですが、4月ぐらいに少量が一般店でも販売され、速攻で売り切れてしまい、買えなかった私は涙をぬぐいながら、タイミングが合えば欲しいな~と思っていたCDになります。

 そして、週中の水曜日に一部のユニオン各店で再入荷したとアナウンスがありました・・・ただ、私はすぐには動けませんでした・・・

 ここ最近、夜も忙しく、日中は打ち合わせ、夜は翌日の打ち合わせのための資料作りの連続で、夜にユニオンに行きたくても行けない状態でした・・・
 そのため、売れ切れちゃったかな?と思い、モヤモヤとしながら週末を迎え、ギリギリで某店でまだ残っていたので、無事にゲットさせていただきました・・・

 今回ばかりは、ユニオンの在庫検索をして、意外なお店にストックがあることが分かり、そのお店に行って、店員さんに在庫を探してもらい、無事にゲットです・・・

 ユニオンだと、門外漢のお店に狙いの在庫があることが稀にありますよね・・・
 こういった場合、まずお店のどこにあるかが分かりづらく、かつ、店員さんも専門外なのでどこにあるか分からないこともあり、結構探してもらっちゃった・・・夜の閉店間際なのに、探して頂き、感謝感謝です!

 んで、肝心の内容は・・・やっぱり最高ですね!

 Lord Echoさんのもつ「ダブっぽさ」を上手く掴み、最高にメロウにミックスした好作で、夜のリラックスタイムには最適な1枚かな~と思いました!
 MUROさんのミックス作品は、買いづらい作品こそ、実は素晴らしいミックスが入っていることがありますよね・・・今回がまさにそうで、これは普通に買えるようにした方が良いぐらいの良作だと思いました!



 ではでは、今週はここまで・・・

 6月はスケジュール帳がビッシリで、もしかしたら更新できないタイミングがあるかも・・・その辺は許して下さいね~

 では、今週も頑張りましょう!!