FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Nori 「Spirit Of Sunshine - Nori's West End Mix」
IMG_0119.jpg

 2週間ぶりの更新です・・・すみませんね~(^^;)

 2週間連続で仕事をしてたので、まったく更新をする暇がありませんでした・・・なんか、仕事に関しては師走感のある日々を過ごしております・・・

 ただ、おかげさまで、ユニオンのセールの波(?)にも上手く乗れず、もやもやな毎日です・・・年末になると、気持ちがセールに向けて気合が入るようになるのですが、今年は気合が入らないです(^^;)

 そんなわけで、あまりミックス作品を聞いている暇もなかったので、大好きなダンクラ~ガラージもので紹介しますね~


IMG_0120.jpg

 今週は、あの「DJ Nori(のり)」さんが、名門ディスコレーベルである「West End」を題材にしたミックス作品を紹介します!!

 まず、製作者であるNoriさんですが、ここ最近、ほんとDJの活動が活発で、Houseのシーンにとどまらず、HipHopに近いシーンでも馴染みになり、お好きな方も多いかと思います。
 特に、MUROさんとのユニット「Captain Vinyl」の活動は大きく、この活動を通してNoriさんを知り、そしてNoriさんの良さを知った方は多いですよね・・・
 
 私に関しては、もうほんと大好きなDJで、数少ない「この人のグルーブであれば、心と体を素直に任せられるDJ」だと思って、信頼と尊敬をしております!

 先日も、Kim Lightfootの来日ギグで共演したNoriさんのプレイが最高で、改めてNoriさんって凄いな~と思い、この作品に手が出た次第です・・・

 Noriさんのもっと詳しい紹介は、下記の記事をご参照ください・・・

 ・DJ Nori 「My Choice '89 - '92」


 そして、そのNoriさんが「West End」の音源をミックスした作品が、この作品になります・・・もう、悪い訳が無いでしょ!!

 West Endも簡単に紹介をしておくと、70年代後半から80年代前半に存在したNYのDisco系レーベルで、Discoファンにとっては、このピンク色のスリーブを見てトキメかない人がいないぐらい、重要なレーベルになります。
 
 それこそ、このレーベルから出された曲は、NYの伝説のクラブ「Paradise Garage」で、あの「Larry Levan」がプレイし、幾多の夜を彩り、ダンサーたちを愛に包んでいった歴史があり・・・この流れがあったからこそ、今の「クラブ」という存在/文化が出来たと言っても過言ではありません。
 West Endのオーナーであるメル・シェレン氏が、公私にわたって陰からParadise GarageやLarry Levanを支えていたこともありますが、West Endの曲は、NYのDisco~Clubを照らし続けた名曲が多く、まさに「Garage(=Paradise Garageでプレイ=本当のクラブでプレイされていた曲)」を体現していたレーベルになるかと思います。

 そんな、レーベルの音源を、実際にParadise Garegeに通い、その音楽に酔いしれていたNoriさんが作るんだから・・・間違えありません!!

 では、以下で詳しく紹介しましょう・・・なお、West EndやLarryの詳しい情報は以下の記事をご参照ください!

 ●West Endについて
 ・DJ Spinna 「West End - New York City Classics」

 ●Larry Levan、Paradise Garageについて
 ・Larry Levan 「Live at the Paradise Garage」
 ・DJ関連書籍 「ダンスカルチャー 歴史・紹介本」


IMG_0121.jpg
IMG_0124.jpg

 まず、選曲面ですが・・・個人的には「勉強になりました!」が最初の一言でした(^0^)

 選曲の傾向としては、West Endの中でも有名な曲を中心にせず、あまり知られていない曲を中心にした構成になります。
 今回、改めて聞いたら、私自身も知らなかった曲が多いのですが、Noriさんのフィルターを通すと、ほんとカッコよく、そして踊れてしまう選曲になっており、ヤラれてしまいました!

 それこそ、比較的有名な「Loose Joints / Is It All Over My Face」から始まり、West End屈指のレア盤である「Jakki / You're A Star」など、渋い曲が多いんです・・・
 Loose Jointに至っては、男性voのバージョンから、女性voのバージョンにつなぐなどの一手間もあり、これも凄い・・・

 ただ、選曲の説得力が違うというのでしょうか、ほんとNYらしい、いや「クラブのアンダーグラウンド感」を意識した選曲が冴えわたり、聞いているだけで、暗いクラブのフロアーに誘い出されるようなグルーブが生まれ、なんとも言えません!

 それは、このレーベルのもつ「煌びやかさ」以上に、踊る人たちに愛されたレーベルらしい「ボトムの太さ」や「心に響くメロディー」を、正直に選曲/ミックスした結果に生まれるグルーブで・・・長年、フロアーを揺らし続けたNoriさんだからこそ出来る技かと思います。

 また、こういった知らない曲でミックス作品を作ることも大切で、Noriさん自身は、きっと、知っている曲で作品をクリエイトするよりも、知らない曲でロックさせることこそ「DJ」だと思って作られたのでしょうね・・・
 
 うん、クラブのフロアーを知れば知るほど、この作品から発せられるグルーブは最高で、ほんと「踊らさせて」くれます!


IMG_0122.jpg

 そして、その「踊らす」ことは、全体的なストーリー作りにも反映されてて、なんでしょう、「静と動」が意識されたストーリーが最高です・・・

 ダンスフロアーを愛している方なら分かるかと思いますが、ズーっとアッパーな曲がかかるよりも、選曲に「静と動」があった方が心に響きますよね・・・

 例えば、ちょっと静かな曲の後、うまい具合に動く曲が入ったら、体も心も高ぶってしまいますよね・・・

 Noriさんは、こういったクラブの気持ちよさを表現するために、選曲の組み合わせでストーリーを作り、作品の中で上手く演出しておられるようです・・・

 個人的には「Kenix feat Bobby Youngblood / There's Never Been (No One Like You)」への選曲が印象的です・・・

 この曲は、中盤~終盤にプレイされるのですが、それまで、West Endが持つベースラインの太さを意識した選曲/DJプレイを行いつつ、段々とダンスグルーブを高める中、この曲の前には「Peech Boys / Don't Make Me Wait」をプレイします。
 Peech Boysは、割と「下げ」にしたいストーリーを意識してるのか、12inchや7inchを駆使して、ダビーな部分を強調した選曲/ミックスにしてて、ストーリーとしては、一度、グルーブをダウナーに落としてきます・・・フロアーは、暗さがありながら、少しだけ青い感じでしょうか・・・

 その、暗さの中、おもむろにKenixを優しくプレイ・・・暗い青が、だんだんとミラーボールの太陽によって彩られるような選曲で、もう最高です!!



 今回、あまり準備が出来ず、説明も曖昧な部分が多いですが、ほんといい作品ですね(^0^)

 もう、Noriさんにお任せすれば問題なし・・・今度、Noriさんだけでロングセットがあったら聞きに行きたいな~

 なお、作品については、既に廃番な作品になりますが、探せば割とあると思うので、気になる方は探してみてね~




<Release Date>
Artists / Title : DJ Nori 「Spirit Of Sunshine - Nori's West End Mix」
Genre : Disco、Garage・・・
Release : 2013年
Lebel : Octave-Lab / Ultra-Vybe OTLCD5055




------------------------------------------------------
<独り言>

DSC_1797.jpg

 2週間も更新してないと、紹介するミックス作品よりも「独り言」の方が多くなりますね・・・

 ただ、この独り言があれば、MTTさんが仕事に埋没せず、ちゃんと掘っていることが確認できるので、私が元気かどうかのバロメーターになるようです(^^;)
 
 では、独り言の一つ目は・・・残念な「閉店」の話です・・・


 このブログをお読みの方ならご存知かもしれませんが、レコード店の不毛の土地でもある代々木で孤軍奮闘をしていた「Coconuts Disc 代々木店」が11月25日をもって閉店をしました。

 ●Coconuts Disk 代々木店 閉店(twitter)


 私自身、気づいたらこのお店に引き寄せられ、かなりこのお店にお世話になったかと思います・・・

 それこそ、昨年の冬、休日出勤な土曜日に、歯医者に行くと言って、会社を中抜けして誰もいないロシア産のテープ放出に立ち会ったり・・・ほんと、いろいろとお世話になりました!

 そんなお店が諸事情により閉店となりました・・・悲しい限りです・・・


DSC_1802.jpg

 そんなわけで、最後のお別れを言おうと思い、絶賛休日出勤な11月23日(金・祝)の会社帰りに寄りました・・・

 まず、正直に言いますね・・・

 閉店セール・・・全然、代々木らしくなかったですね・・・

 私としては、あの代々木店は、名物店主の横さん(Sir Y.O.K.O.PoLoGod.)さんのお店だったと思っています・・・

 横さんが、10月末に退店されて以降、代々木に行っても「横さんの匂い」がせず、割引だけが最後は目立ってしまい・・・ちょっと残念だったと思っています・・・

 横さんの匂い・・・

 私自身、横さんと凄い深いお付き合いをしたわけではないですが、私としては、MUROさんに近い「色気のあるビックリ箱」が、横さんの魅力だと思っていました。
 それは、凄い明確に書けないけど、テープの放出では相当お世話になったし、ユニオンにはないドープなレコードの放出など・・・横さんのマジックに翻弄されていたことが事実なのかな、と思っています・・・

 それこそ、レコだと、相場が上がる前にお店に出されてたものを、結果的に横さんの手腕を信頼して買っていたのが多く・・・寺田創一さんの万置きレコード(一万円ジャケのやつね)や、スペクトラムのトマト一発のプロモ12inchなど、誰よりも早く、無意識化もしれないですが、ドープなレコードを出してくれてましたね・・・
 この点でいくと、日本で、バスキアのテストプレスや、BOARDS OF CANADAのサプライズ12inchなどを出した人ですよ・・・ほんと、横さんは素晴らしい「レコード人」でした!!
(上記のURL、代々木店が無くなっても、消滅させてはいけません・・・日本のレコード史においては無くしてはならないページです!!)

 
DSC_1799.jpg
DSC_1800.jpg

 そんなわけで、横さんがいないココナッツへ最後の訪問・・・

 もう、だいぶ掘られた店内には、欲しいものはあまりなく、なんか殺伐とした空気しか残っていません・・・

 ただ、噂の階段下の倉庫部分で、恐らく他の店舗で余ったであろう和物テープが100円で投げ出されてて、それを救出できたのは、最後の救いなのかな・・・

 和物と言っても、古賀政男先生や桂銀淑さんのテープです・・・ただ、代々木だからこそ、これが「レアグルーブ」と感じでしまうのが不思議でした・・・

 
 なんか、こうやって書くと、代々木店のことに「ありがとう」とコメントをしていた多くの方の思いに、横やりを入れてしまい、ひどく心苦しいです・・・

 ただ、ただ・・・私なりに、誰よりも代々木店に通っていた思いからすると、横さんがいなくなった1か月間は・・・代々木店じゃなかったと思うので、あえて書いてみました・・・


 とりあえず、横さん、お疲れさまでした!!

 そして、ココナッツ代々木店さん、ありがとうございました!


DSC_1846.jpg

 そして、今週の独り言・・・やっぱり「この紙」が出ないとね!!

 このブログを書いている12月2日(日)、ちょっと欲しい和物の放出情報があったので、N村さんがおられる下北クラブ店に並んでみましたよ~

 ・12/2(日)和モノ中古レコードセール!!!


 先ほどもチラッと書きましたが、ここ最近は、2週間連続で働きづめで、働き方改革が進む一方でまったく改革が進まない生活をしていました(^^;)
 
 そうなると、休みの日はレコード屋に行きたくなるもの・・・気づいたら、日曜のセールにロックオンしていました(^^;)

 まあ、今年のユニオンのセール的には、私が欲しいDiscoの12inchや、ミックステープは、どちらかというと後半に偏っていたので、そのことを受けて「あえてロックオン」した部分もあったかも・・・

 なぜなら、ユニオンの年末セールって、独特の空気感があり、参加者が目当てのレコを真剣に狙っているので、生半端な気持ちでは参加ができないので、今回のセールで「セール慣れ」をしておきたかったんですね・・・
 これは、私だけかもしれないですが、年末モードに切り替えてセールに臨まないと、セールで負けちゃう可能性が高くなるのです・・・なので、あえて本命じゃないセールで「練習」をすることもあり、参加をした次第です・・・


DSC_1849.jpg

 今回は、下北店の和物は、他の店舗の和物に比べて、そこまでキラーじゃなく、そこまで並ぶ人がいないだろうと思っており、お店には整理券配布の15分前に到着しました・・・よかった、誰もいないので、1番だ!

 そして、結果的には3名での開戦・・・N村さんのご配慮もあり、壁だし情報を聞けたので、若干ドキドキとしながらも目的のブツを難なくゲット出来ました・・・

 ただ、その後は和物狙いな外人さんが来て、棚を一掃したり、フリッパーズ狙いかと思ってた女性がゴツい値段でプラスティックラブを買ってたり・・・おかげさまで、壁出しは写真の通り、綺麗になっていいました(^^;)

 これは、私の私見ですが、ここ最近のセール、ほんと争奪戦ですね・・・

 2番手の方(アザス!)の話だと、前日のトライブのUSプロモが出たセールでは、早めに並んだのに7番目という感じで、レコードを真剣に買うがゆえに、セールに人が集う状況になっていると思います・・・
 
 こればかりは、ネットの情報では理解できないですよね・・・やっぱり、現場に行って、肌で感じないと分かりません・・・

 やっぱり、1/3は練習気分で行きましたが、セールに行ってよかった・・・無事に年末モードの気合が入りました!!


IMG_0126.jpg

 そんなわけで、和物で欲しかったのは、あの柔道アニメ「YAWARA」のOP曲である「永井真理子 / ミラクルガール」のプロモ45です・・・CD移行期なので、これがレコであるとは思いませんでした!

 あと、昨日はミックスCD運がよく、下北のBGMでかかってた新宿ディスコナイトのミックスCDをつい買ってしまったり、その後に訪れた渋谷では、本当は行きたかったSadar先生のパーティーで販売されたらしいミックスCDなり、嬉しい買い物でした!

 今年は、どのくらいセールに行けるかは自信がないですが、12月としては良いスタートダッシュが切れたかな~と思います。
 
 うん、気合を入れて買っていくぞ!

 では、また来週です~



追伸
 YAWARA繋がりだと、今井美樹さんの「雨にキッスの花束を」ってレコがないのかな・・・時期的に、有線ぐらいはありそうな気がするけど・・・
 ただ、オリジナル版と、アニメ版では、じつは曲の構成が違うので、これは再発という形でもいいので、レコを作ってほしいな・・・期待をしたいと思います!!




---------------------------------------------------
<追記>2018/12/04 00:20
独り言において、ココナッツ代々木店さんの部分を、少し修正をしました。
この記事を書いた翌日、電車の中で改めて読み返してみたら、ココナッツディスクさんに失礼なことが多く書いてあったので、自主的に修正しました・・・申し訳ございません・・・




スポンサーサイト