HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
MURO 「Diggin' Ice '97」
muro_digginice_97

 MUROさん、二連発! 久しぶりに聞きましたが、いいっすね(^0^)


 本作は、Diggin Iceシリーズの第2作目に該当し、タイトル通り、夏を涼しくする内容になっております。
 このシリーズの意義的な部分は、前回紹介した「96年」で私の考えを書いたので、今回は早速紹介に行きましょう!


DSC07259.jpg DSC05059.jpg
DSC07257.jpg DSC07260.jpg

 まず、今回の2本目はどちらかというと、スムースなソウル感が強く、一番レイドバックした印象があります。
 他の作品だと、結構涼しいけど盛り上がり感が強い曲も収録されてますが、個人的な感想だと比較的に冷涼感のある曲が多く、電車に揺られているときに聞いてると、一番「睡眠に落ちやすい」テープだと思ってます・・・表現が変ですが、かなり褒めていますよ(^^;) 

 ただ、実際にテープを聞いたり、トラックリストを見ると・・・流石King of Digginと唸ってしまいます。

 例えば、結構直球な「Jackson 5 / Maybe Tomorrow」のような名作スローや、Mary Jネタで有名な「Rick James / Moon Child」なんかのような定番はしっかりと押さえつつ、あまり知られてない曲や意外と気付かない名曲も多くプレイされてます。

 例えば、写真左下の「Emotions / A Feeling is」であれば、大名曲である「Best of My Love」が収録されているLPで、メチャクチャ安いレコードですが、意外と気付かないスローをしっかりと抜いてきてますね・・・なお、この曲は45でシングルはあるみたいです。
 また、写真右下の「Collage / Winners and Losers」なんかだと、結構知らない方が多い曲かもしれないですね・・・MUROさんってCollageって結構好きみたいで、よくプレーしてますが、個人的には「Get In Touch With Me」と双璧をなす、Collageクラシックな曲です(^0^)

 この頃のMUROさんって、超ド級のレア盤もプレイしつつも、定番の曲や気付かれない名曲を上手くプレイするのが魅力で、聞いてるとホント勉強になりますよね!
 それでいて、しっかりと涼しくなるように選曲/ミックスしてるのは流石で、こういった所にヤラれます・・・

 なお、ミックスも素敵で、要所要所で「おおっ」と来る繋ぎがあり、A面の「Tomorrow」のカバー繋ぎなんかも最高です!
 

DSC05062.jpg DSC07258.jpg

 また、このテープにも「MUROクラシック」が多く、ヤラれます!!

 それこそ写真に上げた「Judy Roberts / Sweet Sticky Thing」「Atlantic Star / Second to None」はMUROさんから教わり、この繋ぎは鉄板でヤラれ・・・いつも「殺してくれる」大好きなミックスです(^0^)
 そんなわけで、両方の曲ともオリジナルのレコードを「買わせて」くれました・・・こういう点は結構重要ですよ!

 MUROさんって、安い曲でもレアな曲でも、有名な曲でも知られてない曲でも、それを「カッコよく」プレイし、聞いた人が「この曲のレコードが欲しい!」って思わせちゃうところが・・・凄いと思います。
 他のテープでも色んな曲を教えて貰い、それに感化され、色々なレコードを買いましたが・・・普通に聞いたらピンとこないんだけど、MUROさんのDJミックスを通してその曲を聞くと、その曲の「良さ」が分かるんですよね~

 これこそ「DJの仕事」ですよね・・・自分がイイと思う曲を、カッコ良くプレーし、聞いてる人に影響を与える・・・ホント素敵な事です!!


 また、MUROさんに関しては、プレイした曲の良さを伝えることに加え、そういった良い曲を「掘らないとダメだよ」って教えてくれた点も大きいかな~と思います。

 ネット時代の今であれば、曲名とかを検索すれば簡単に見つかりますが、昔ってタイトルと歌手名が分かっても、自分の足で探さないとオリジナルのレコードをゲット出来なかったので・・・MUROさんに曲を教わり、その曲を探す過程の中で「掘る」という行為の醍醐味を教えてくれたような気がします。
 写真に上げたJudy Robertsなんて、凄い素敵なカバー曲(オリはOhio Playersね)で、Cypherとかでもプレーしててズーっと気になってたけど・・・曲とレコードが一致したのは数年前で、そこから気合を入れて捜索し、発見した時は凄い嬉しかったです・・・探してた曲を発見した時の喜びってメチャクチャ大きいですね!

 あと、ちょっと脱線しますが、若かりし頃にMUROさんと何度かレコード屋で遭遇し、それも個人的には大きいです!
 渋谷のFaceとかUnionの新宿Soul館なんかで遭遇しましたが、面白いのは、遭遇する時は真正面から見ることはなく、いつも「背中」を向けてエサ箱と対峙してる姿のみで、レコード掘り師としての正しい姿(男は黙って掘れ!って感じでしょうか!)を教えてくれました(^0^)
 今でも都内のレコ屋を攻めてると、たまに遭遇しますが、いつもMUROさんから頂く「オーラ」が私の日々の励みになってます・・・


 作品にしろ、実際の姿にしろ、MUROさんって直接は言わないけど、間接的に「何か」を教えてくれることが多く、これからもMUROさんの背中を見ながら追いかけていきたいと思います・・・




 んなわけで、誰にでもお勧めできる1本です! 

 個人的には季節を問わず聞いていますが、初夏から夏にかけては絶対にお勧めですよ(^0^)




<Release Date>
Artists / Title : MURO 「Diggin' Ice '97」
Genre : Soul、DanceClassics、R&B・・・
Release : 1997年
Lebel : KODP No Number


Notice : CD再発について

DSC07261.jpg

 2011年5月に、上記のようなCD再発がリリースされました。
 ただ、トラックリストはついていない(検索すればわかるけど)ので、ご注意ください。




---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------

<編集情報> 2010年1月11日
暇だったのと、数ヶ月前にJudy Robertsを買ったので、文章を再編集しました♪

<編集情報> 2011年5月21日
CDの再発情報を入れるついでに、文章を整理しようと思ったら・・・結構文章が書き変わってしまいました(^^;)
レコ写も増やしましたが、A面は殆ど持ってないっすね・・・そろそろRainbow BrownとCutisのアレは安くなったし欲しいな~







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック