HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
MURO 「King of Diggin' Ⅱ」
muro_kingofdiggin_2

 MUROさんの定番ミックス「King of Diggin'」シリーズの第2作目です。 本作もHipHopの元ネタが「これでもか~」というぐらいミックスされてます。

 以前紹介した第1作目「King of Diggin'」では、このテープがリリースしたことの意義などを紹介しましたので、今回は別方向で攻めたいと思いますww

 まず先にテープの内容ですね^^ 1作目と同様に、HipHopのサンプリング元であるSoulやFunk、Jazz、RareGrooveなどの楽曲が多数収録され、聞いていて大変勉強になります。 今回も前作同様にHipHop黄金期の曲の元ネタが多く、若干Jazz寄りのネタが多いかな~と印象があります。
 また、比べてはいないですが、1作目よりも1曲をかける時間が長めにとられており、Jazzネタと相まって、非常にリラックスして聞けると思います。
 ただ、ミックスの展開なり、技術は、このシリーズでは特に考慮してない作りになってるので、テープ全体を把握するのは結構難しいです。 まあ、このシリーズに関しては、あまたのネタをミックスするだけではあるのですが、そのようなことはMUROさんにしかできず(レコードを持ってる・掘ってるの意味でです)、ミックスするだけでMUROさんの個性を表現出来ちゃうので、あまり技術的なことに触れても仕方がありません・・・です^^

 今回のテープの紹介は以上にして、今回ちょっと力を入れて紹介したいのが「アートワーク」です。
 MUROさんの作品は、Tape、CD、その他もろもろを問わず、「企業ロゴ」や「商品ロゴ」、または「過去のレコード」などをサンプリングしたものが多いですよね。 今回のDiggin'シリーズもそうだし、他のミックスシリーズでも色々なものがサンプルされてますね。 また、MUROさんがプロデュースする洋服なんかでも、このサンプリング感覚は多分に発揮されてます。
 今回のテープは「某ハンバーガーチェーン店」のロゴを使用しているわけですが、すごくインパクトがありますよね。 他のテープもデザインをしっかりと覚えてるものも多いです。
 MUROさんの「アートワークにおけるサンプル」に関しては、本当に「ネタ」のチョイスがうまいですよね・・・ Iceシリーズが「水もの」に統一してたり、Heatシリーズは「火もの(ジッポのオイルとかね)」だったりと、テープの意義的なところと重ね合わせるところはさすがです。
 遊び感覚から始まる「サンプリング」であるとは思いますが、元の意匠が持つ「インパクト・イメージ」を使用しつつ、MUROさんが行いたい「表現」に昇華してしまうわけで、それも自身の活動の中で一貫して行われてる点は素晴らしいと思います。 サンプリングなので、純粋なオリジナルアートでないわけですが、これも「センス」がないと出来ないですよね・・・
 デザイン自体は、MUROさん自身がMACの前に座って書いてるわけではないでしょうが、この類い稀な「センス」はもっと一般レベルでも評価されるべきだと思います。 

 ただ、ひとつだけ長年の疑問があります。
 このテープと前作がそうなのですが、実際にこのデザインを作った方が、Hydeoutでおなじみの、あの「Nujabes」さんなのか?ということです。
 このテープの一番下に「INDEX; MADE BY NUJABES」と記入があり(トップ写真参照)、Nujabesさんの活動が盛んになったあと、このテープを聴きなおしてみた時にその記載を発見し、以後、私の中では疑問として残っています。
 アーティストネームとしてあまり思いつかない部類の名前だと思うので、同姓同名ではないと思いますが、今のNujabesさんの活動からすると、ちょっと縁遠いデザインですよね。
 この点は、どうなんでしょうね・・・本当だったら、面白いですね^^

 んなわけで、ミックステープ史上において重要作のご紹介でした~

<Release Date>
Artists / Title MURO 「King of Diggin' Ⅱ」
Genre : HipHopネタモノ(Soul、Funk、RareGroove、Jazz・・・)
Release : 1996??
Lebel : ???
notice : No Track List

ps MUROさんの関わったイベントのフライヤーもデザインが秀逸なものが多いので、そのうちまとめて紹介しますね^^




-----------------------------------------------
追記 2015年1月28日

 文中でも触れております、このテープのデザインは、MUROさんのTwitterでの発言で、表記のテープでのデザインがNujabesさんのお仕事だったことが判明しました!
 このテープの1と2が、Nujabesさんのお仕事で、もしかしたら、他の作品でもデザイン協力をしてるかもしれないですね・・・かなり嬉しい情報でした!!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近このテープを中古で入手しました!
MUROさんのMIXはいくつかもっていますが、カセットテープは初めて買いました。
この配色、つなぎかた・・・・・・当時のセンスがひかりますね!
2013/06/23(日) 09:02:43 | URL | Fumiya #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>Fumiyaさん

コメント、ありがとうございます!!
テープで作ったミックス作品は、テープで聴くのが一番だと思っているので、Fumiyaさんみたいな方がいるのは大変うれしいです(^0^)
Diggin' Iceなどもテープ版の方が良い(と私は思っている)ので、是非、探して聴いてみてくださいね~

では、今後とも宜しくお願い致します。


2013/06/23(日) 22:27:39 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック