HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
You The Rock 「Old Blend Ⅱ」
youtherock_old_blend_02

 前回、個人的に思い入れが強かったので、その思いを爆発させちゃった「みんなの兄貴」こと「You The Rock」氏の続編(?)をご紹介・・・
 前回と同じ方向性と思いきや、意外な展開(?)でヤラれます!!


YTR.jpg DSC07251.jpg

 まず、前回紹介したユーさんのミックステープ第一弾「Old Brend」は、とにかくユーさんの「ハチャメチャ」感が表現されたおり、ファンにはたまらない内容になってます。
 特にユーさんが入れる「マイク」がDJの内容を凌駕しちゃう辺りがグッと来て、ナイトフライト世代なら直撃な内容だと思います。
 
 んで、このテープも同じ感じなのかなと思って購入し、聞いてみたら・・・びっくりです!

 なんと「マイク」が全く入っておりません!! 

 普通であれば、またユーさんのラップとか合いの手が入ってるんだろうな~と思うところですが、この作品の内容自体は淡々と曲をミックスし、派手な仕掛けなど全くないまま進みます・・・
 最初聞いた時は「そりゃねーよ、ユーさん・・・」と思い、軽く裏切られました(^^;)

 ただ、内容としてはかなり良く、ユーさんらしい「ハチャメチャ」感も、最終的には表現出来ていると思う・・・そんな良作なので紹介します(^0^)


DSC07253.jpg DSC07252.jpg

 まず、ミックスに関しては、基本フェードアウト・フェードインで淡々とミックスをし、まったくもって派手なミックスはしていません
 聴き方によっては「ロフトスタイル」のような感じもして悪くはないのですが、かなり「地味」なミックスになっています・・・まるでNHKのFMを聞いてる感じです(^^;)


 ただ、この作品の肝の一つは「選曲」であり、普通に聞いてる気付かない所もありますが、ユーさんらしいアナーキーなところが爆発してて、何度も聞いてるとクセになる良さがあったりします!!


 選曲的には、ほんと色んな曲をプレーしてて、写真に上げた「Madonna / Like A Virgin」「Olivia Newton-John / Physical」みたいな80年代ポップスから始まり、RockやSoul、R&BやHipHopなど・・・有名無名を問わず、ほんと色んな曲をプレーしています。
 さり気無く自分のネタ曲なんかもプレーしたり、かなり意外な曲(コーネリアス!)なんかをプレーしたり、それはどうだろう?っていう曲をかけたり・・・ユーさんっぽい無軌道な広さを感じます?

 ただ、DJミックスとして流れで聞いてみると、その「選曲の広さ」が災い(?)して、ユーさんらしいハチャメチャさが出てきてるな~と思う所もあります。

 例えば、A面の後半ではU.N.K.L.EとかOl' Dirty BastardのようなHipHopを選曲したと思ったら、そこからOasis→Sid Viciousロックっぽい方向に持っていき、そのままロックにいくのかと思ったら・・・次にプレーするのが「Diana Ross & The Supremes / Baby Love」ですよ!
 んで、なぜMotownサウンドに行くのか?と思ったのもつかの間、その次は「RUN DMC / Peter Piper」に繋いでいきます・・・どういう選曲をしてるんだよ!って思ってしまいます(^^;)

 全体を通して、こんなメチャクチャな選曲が続くわけではないですが、冷静に聞いてると「どうしてこの曲の次に、コレをプレイするんだろう?」と思う部分もあり、こういった選曲にユーさんらしさが出てて・・・なんか逆に安心します!


DSC07256.jpg DSC07254.jpg

 ただ、そういったメチャクチャな選曲や、いつものユーさんと違う淡々としたミックスも・・・何度も聞いてると不思議なもので、凄く良いミックス/選曲に聞こえたりします!!

 HipHopって「Bad」が「Goodである」みたいなところがあると思うんですよ・・・
 
 なんでしょう・・・「イル」を愛でる文化って言うんでしょうか、ダメなところをむしろ強調して良くしちゃう・・・みたいなところがあると思います。

 この作品自体、凄い地味にミックスが進み、選曲面での「いびつ」な感じもあるのですが、それが「ユーさん」が作った・・・っていうと、不思議ですが悪いところも「味」として認めちゃう感じがあり、気づいたら好きになっちゃうんですよね・・・
 まるで、Biz Markieのミックステープで、ド下手な2枚使いを聞いてるみたいな・・・感じですかね??
 

 ただ、この作品においては、その「イルを愛でる」っていう点は、コレだけではないと思います。

 もちろん、選曲のダメさもあるのですが、ホント地味~な選曲で、ミックスも空き間があるフェードイン/フェードアウトで・・・普通に聞いてると「ユーさんらしくない」部分の方が強く感じでしまいます。

 そう、そこなんですよ! このテープを聞いてると、元気なユーさんの姿ではなく、元気なユーさんの「背中」を見てるみたいで・・・それがユーさんの「本当の姿」みたいのを表現してて・・・それが「味」になってると思います!!

 なんだろう・・・元気な人って、意外と「裏」があると思うんですよ・・・ユーさんって進んでピエロ役をしてたとこもあるけど、根は結構真面目な人で・・・芯は熱い人だったと思います。
 ナイトフライトを聞いてた方は分かるかと思いますが、間違ったことはちゃんと「それは違う」って声を上げてたり・・・それこそ、ユーさんが信奉してたKRS-ONEと同じ「ティーチャー(=先生)」的な部分があり、不器用なんだけど、曲がらない部分があったんですよ。

 ただ、そういった側面があったんだけど、You The Rockっていうキャラクターが独り歩きしちゃって、カメラやマイクが彼に向ったら元気でいないといけない・・・みたいなところがあり、気づいたら本当の姿は見せなくなった・・・ような気がします。
 今となってはアレですが、家庭があるのに「ミドリ」で逮捕されちゃったのも、その一端かもしれないですね・・・ユーさんを擁護するわけじゃないですが、You The Rockと竹前裕のギャップに悩んでたのかもしれないですね・・・


 そんな、ユーさんの本当の部分を、この作品を聞いてると感じてしまい・・・切なくなるんだけど、味があって好きになります。

 選曲的には、B面でなぜか「Sade / Kiss of Life」のTop BillinのRemixをプレーした後、「Jamiroquai / Space Cowboy」のオリジナル(今となってはDavid MoralesのHouse Mixの方が有名なのに!)をミックスし・・・凄い哀愁のある流れなんだけど、温もりがあるミックスで・・・ミックス自体もイイんだけど、そういったユーさんの事を考えて聞くと・・・凄くイイです!
 他の曲やミックスも、凄い地味で変な選曲なんだけど、ユーさんの影の部分がプレーされてるみたいでイイんですよね・・・「Olivia Newton-John / Physical」なんかも、普通は懐かしさみたいのを感じるんですが、まわりまわって「淋しさ」みたいのを感じてしまい・・・不謹慎かもしれないですが、イイですね・・・




 この作品に関しては、ある程度は選曲を考えてプレイしてるけど、ユーさんが「自分の好きな曲」を思いついた順にかけてる・・・っていうのが正解なような気がします。
 それこそ、かなり昔な表現になりますが、ラジカセでひたすらピンポン録音して作った「マイ・ベスト・テープ」みたいな感じですかね・・・それも一人だけで車の中で聞く為のテープみたいな・・・

 ただ、今となっては、ユーさんの本当の姿が見える・・・そんなミックスになっており、非常に味わいのある作品になっていると思います。
 
 ナイトフライト世代な方だと、結構「ヤラれる」と思いますので、探して聞いてみてくださいね!!




<Release Date>
Artists / Title : You The Rock 「Old Blend Ⅱ」
Genre : Pops、80's、HipHop、Rock、Soul、R&B、BreakBeats・・・
Release : 2000前後??
Lebel : You ザ Rock Cafe ??




----------------------------------------------
----------------------------------------------
<編集情報>2011年5月18日
 なんとなく、文章を直してたら、大幅に変更してしまい、2008年に書いた文章ですが、ユーさんが逮捕されたことを踏まえた文章に変えてみました・・・





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/03(金) 02:15:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック