HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Cut Chemist / DJ Shadow 「Brainfreeze」
brainfreeze

 今日は仕事納めで・・・まあ、夕方からはダラダラと残務を処理しつつ飲むわけで・・・すでに出来てます(^^;) ただ、流石に外は激寒なので、2次会にはいかず、帰ってきましたww
 んなわけで、今回は歴史的名作をご紹介~です(^0^)

 詳細は説明しないぐらい有名な作品ですが、ShadowとCut ChemistがFunkなどの「45’s=7inchのレコード」をベースにセッション形式でミックスした作品です。 
 いや~、これは影響なり衝撃を受けた方は多いでしょう・・・7inchで2枚使いとかスクラッチをしちゃうところ各種アイデア満載のミックス、そしてそれまでほとんどのリスナーが未体験であった「DeepFunk」を魅力的に調理するところ・・・など、それまで誰もやったことのないことをした1枚です。
 個人的には、これを機に「DeepFunk」が世界的に広まった原因と考えています。

 まず、ShadowなりCut Chemistの、個々の説明は省きますが、この2人の「出会い」がカッコいいですよね・・・ 
 年齢はお互い近いと思いますが、90年代初期より、アメリカ西海岸の別々の場所で「堀り」を開始し、時期はずれますが、アーティストとしてデビューをします。 その流れで、お互いが知らないところで、Double Dee & Steinski / Lesson シリーズを引き継いだ「Lesson 4」をリリース(Shadowの方が先かな?)し、そのことでお互いが引き寄せられ、そしてお互いを認め合うことで、互いの曲をRemixなどをし、今回のプロジェクトにつながっていきます・・・
 いや~、実にいい出会いですww だって、Lesson自体、当時は知ってる人はほとんどいないわけで、ましてNYにいない、白人の青年がそれを掘りあて、影響され、お互いが勝手に続編をつくり、出会う・・・これは奇跡ですよ!! 掘ることの素晴らしさを教えてくれる、貴重なお話なので、後世にも残して行きたいですね・・・(^0^)

 んで、このCDのご紹介です~
 この作品は、1999年にリリースされたもので、「Future Primitive Soundsession」というサンフランシスコでのパーティーで限定販売(1000枚)され、その後、何度かブート込みで再リリースを経て、世界的に広まったものになります。 
 ちなみに、資料にしたサイトの情報によると、私の手持ちはブートで・・・というか、現地以外で販売されたものはブートと思われます。
 もともと、上記パーティー(著名DJ二人が共演することを主眼に置いてるパーティーのようです・・・ちょっと前のageHaで開催されてたDouble Troubleが分かりやすいか?)にオファーされた二人が、何をするか考えたのちに、Funkの7InchでHipHopのようなミックスしたらどうか・・・となり、試行錯誤を繰り返し、上記パーティーを開催したと思われます。
 んで、この作品自体は、そのパーティーで披露するルーティーンの練習ミックスを録音したものになり、CD自体もトラック1とトラック2に分かれ、各25分程度のミックスになっています。

 まず、重要な点は、使用している楽曲が、その当時、まだ世界的に注目をされてなかった「DeepFunk」を用いてる点です。

 私自身も、DeepFunkに関しては、競ってDeepFunkの45を買ってはいないのので、正しい説明になるか不安ですが・・・大変素晴らしい音楽だと思います。
 70年代初期の、JB以降のFunkにおいて、JBなどに影響を受けた者たちが、バンドを結成し、音楽活動をしますが、メジャーに上がれるものはごく少数で、ほとんどの者たちは時代とともに消え、人の記憶からも抹消されていきます・・・ その限りにおいて、消えていったバンドらの楽曲に焦点を当てたのが「DeepFunk」で、つまり、マイナー止まりだったFunkと言っても過言ではないかも知れません。
 マイナー止まりなので、アルバムは出せず、シングル(=7inch)しか出せないバンドが多数ですが、それらの音源は、当時は受けいられなかったのかも知れない「ヘビーなビート&リズム」「荒っぽさ」なんかが内包され、RareGroove、HipHop以降の「ビートカルチャー」を通過した耳にはなじみやすく、かつ気持ちいい音楽だと私は思っています。
 また、JBなり、Metersなり、あまたのFunkの楽曲はRareGrooveだったり、HipHopを通して、なじむわけですが、DeepFunkと称さされる楽曲には、メジャーなプロが演奏する以上に「熱かったり」「情熱」なんかがこもっていて・・・それこそ、普段は清掃員なんかをしてるメンバーが、頑張って貯めたお金を元に、「売れてやるぞ!」と意気込んで作ったものであれば、気合いがこもっているわけです・・・ 

 Brainfreezeよりも前には、Keb Dargeなり、Jazzmanだったり、ごく少数のものが、その楽曲の良さに気付いて掘り、そしてDJなどで披露することで、広まってきたかと思いますが、この作品においては、それらの楽曲を「分かりやすい形」「注目を引く形」でリスナーに提供し、かつDeepFunkの魅力を世界的に広めた意義は大変大きいかと思います。

 作品を作るにあたっては、4タンテ、2ミキサー、そしてDJ用エフェクターを使用してるようで、当時としては大変衝撃的な出来になっています。
 だって、当時としては45rpmの7inchを2枚使い&スクラッチをするだけでも異端だったと思いますし、上記のような単純なセットで、Lessonスタイルを踏まえたHipHopスタイルでミックスをしちゃうわけですから・・・ 
 当時としては、知らない楽曲のBreak部分を2枚使いし、そのトラックの上で、フレーズを擦っちゃう・・・わけで、今となってはUlticut Upsのスタイルなんかが近いので、一般的になってきていますが、当時としては「そんなことしていいんだ・・・」という驚きがあったと思います。

 実際のミックスなり、2枚使いなどは、Lessonスタイルをしっかりと踏まえ、気持ちいい具合に進行していきます。 実際、知らない曲も多いのですが、HipHopのネタ曲なんか(Gangstarr / BYS ネタの、あのレア盤も!)もミックスされ、DeepFunkを知らなくとも、HipHopとして聴けちゃうところも多いですね(^0^) 
 ちなみに、自分たちのネタ曲も披露してるのですが、2セット目の中盤より始まる「Shadowメドレー」がヤバいです! Number Song → Number Song (Cut Chemist Remix) → Organ Donor なのですが、どの曲も、ネタレコードを用いて再構築しており、元曲を知ってるほどビビります!! 特にOrgan Donor のミックスはヤバイですね・・・真似したくなりますし、実際、最近出た誰かのミックスCDでも、ここの部分を使ってる方がいましたねww

 なんか、上手い説明ができなかったですが、歴史的名作につき、お手に取る機会があれば、ぜひ聞いてみてください~ DeepFunkを知らなくとも、気づいたら好きになってるかも~です(^0^)

<Release Date>
Artists / Title : Cut Chemist / DJ Shadow 「Brainfreeze」
Genre : DeepFunk、Soul、HipHop
Release : 1999年
Lebel : Sixty 7 Recordings,US
Notice : No Track List

<補足①>
資料として、下記定番サイトを参照しました・・・ 英語だけど、ブート関連の話や、トラックリストなんかも掲載があります~
 ・ Discogs DJ Shadow & Cut Chemist - Brainfreeze
 ・ Wikipedia(US) Brainfreeze (album)

<補足②>
brainfreeze_001 brainfreeze_002
CD版の他に、上記・左のアナログ盤も出ています。 ちょうどトラックが2つにわかれてるので体裁よくおさまってます・・・が、音はそんなによくないっす(^^;)
また、右のような「ネタ集」も出ています。 何種類かありますが、本人とは関係ないところで出してるのかな・・・? でも本人たちも加担をしてそうww
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
少し前から楽しく拝見させてもらってます。

この作品はホントに素晴らしいですね。Cut Chemist、Shadow、それにUlticut Ups!も大好きです。

しかし、スゴい量のテープをお持ちなんですね。勉強になります。
それと、誠に勝手ながらリンクをはらせていただきました。またお伺いします。


余談ですが、僕も某ミックステープブログ読んでました 笑
2008/12/27(土) 23:32:55 | URL | chikashi #-[ 編集]
Re: タイトルなし
書き込み、ありがとうございます(^0^)
私も早速、chikashiさんのブログを拝見しましたよ・・・好みが結構似てるかもですねww 紹介品が結構ダブってるww 竹内の12inchは、私も今年、探してやっと購入できましたよ・・・ww
ここ最近は、レコード以上にテープとCDを掘ってるので、出来る限り紹介したいと思っています・・・なので、引き続き見てくださいね~
リンクは基本フリーなので、どうぞ~です(^0^)
2008/12/28(日) 17:03:18 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック