HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
L.L.Cool J太郎 「L.L.Cool J太郎」
llcoolj-taro

 あけましておめでとうございます(^0^) まあ、元旦ということで、当然酔い気味なのですが、暇なので更新します~♪
 んなわけで、新年1発目にまったくもって相応しくない作品(笑)ですが、ミックステープ・コレクター定番の1本をご紹介です(^0^)

 見ての通り「杉作J太郎」さんです(^0^)
 Jさんが「HipHop」をしてる(?)もので、ミックステープではなく「デモテープ」みたいなものです・・・ 
 これを知らない方も多いと思いますので、いろいろと背景を説明しながらご紹介したいと思います。 なお、今回は結構「記憶」で書くので、間違ってるところがあるかも知れないです。 予めご了承ください。


 まず、これに関してはテレビでの企画がスタートになっています・・・
 2000年ぐらいにCS放送「スペースシャワーTV」で放映されていた「goofy(グーフィー)」という番組があり、この中でのミニコーナーが発端になります。
 この番組は、あの「You The Rock」さんがMCをしていた番組で、当時私も結構見てましたが、ユーさんの番組なので・・・はちゃめちゃな内容でした! 
 ユーさんはこの頃、スぺシャに結構フックアップされてて、色々と番組をやってましたね・・・それこそ、今はココリコ田中の嫁さんになった「小日向しえ」さんと一緒に電リク番組をやったり・・・ただ、基本的にはユーさんらしい内容が多かったですね(^^;)
 
 んで、この「goofy」なのですが、内容はそんなに覚えてないのであれですが、ゲストを呼んで、いろいろとトークなんかをして、ミニコーナーとしてJさんが出演されてました。 タイトルは「L.L.Cool J太郎のI'm Badでいいかしら?」だったと思います。
 Jさんの活動に関しては、当時もタモリ倶楽部などでそのキャラクター(分かるよね?)が広く知れ渡っていたこともあり、goofyで白羽の矢が立った・・・と思います。
 実際の内容は、アイドルのこととか、女性のこととか・・・そういった「Jワールド 」的なことを永遠としゃべる・・・だけで、意義を考えると「ある意味HipHop・・・だ!!」という内容でした(^0^)
 もう、この辺は・・・スタッフ側の一点突破でしょう!!
 名前に関しても、絶対「思いつき」だと思うし、Cool J なので、実際の衣装も「カンゴール&ゴールドチェーン」で、微妙に揺れながら(Jさんのうる覚えなラッパー像・・・みたいです?)、一生懸命「おバカ」なお話をされてました(^0^)
 ユーさんの番組だけあって、こういうことが許された・・・んでしょうね! ビガップ!

 そして、この企画がどうやら好調だったことがあり、スタッフ側が考えた「企画・ギャグ」として、このテープが作成されたと思います。
 一応、販売はされず「無料配布」という形になり、当時の番組での告知だと、下記の写真のDMR渋谷店の店頭(DMRとは無関係)で配布されました・・・
dmr

 時期は忘れましたが、2001年11月ごろで、当時告知は見てましたが、タイミングが合わず、その時はゲットすることができなかったのですが、数年前、中古でやっとゲットできました・・・値段はその時は、ボチボチでした(^^;)


 概要はこんな感じで、まあ「企画もの」の一種ですね・・・
 ただ、「分かる人にはたまらない」内容になっており、制作陣も意外と豪華です(^0^)

 まず、内容的には「デモテープ」という範疇なので、A面1曲、B面1曲、合計2曲が収録されてます。
 楽曲は・・・もうここまで来たら一点突破だ!というスタッフ側の意気込みがあり「クールJ」で一点突破です!
 A面は「I Need a Beat」のカバー(?)、そしてB面は「I Need Love」のカバー(?)で統一し、ジャケ関係も統一しています。
 トップのジャケは「Mama said・・・」のLPだし、下記のような写真、文字なんかも・・・馬鹿みたく(失礼!)こだわっています!
llcoolj-taro_002 llcoolj-taro_003

 まあ、これらのジャケ関連だけで、ある意味「優勝」だったりするのですが、楽曲の制作陣も凄いことになってます。
 基本的には、上記で紹介した楽曲のカバーになるので、一から作ってはないと思いますが、その楽曲のプログラミングは「Latin Ras Kaz」さんです!!
 そして、楽曲の客演として「シーモネーター(現SEAMO)」「ダースレイダー」「AFRA」が参加しています!! 
 各参加者の説明は省きますが、意外と豪華&間違えない人選だと思います・・・ 初期LLの808系ビートであれば、Kazさんで間違えないし、Jさんの世界についていけるラッパーは、当時のシーモ(名古屋時代は大変変態的で好きです)とダースで間違えないと思います。


 んで、実際の楽曲の紹介をします・・・
 あくまでも「J太郎」なので、「Jワールド」全開の素晴らしい内容になっています・・・が、理解できない人には理解できない内容だと思いますww

 まず、基本的にはJさんは「ラップ」をしないですww 
 そして、タイトル&バックビートは上記のクールJを使っていますが、この楽曲がラップ曲というよりも、Jさんのトークを中心とした「ラジオ番組」みたいな感じで・・・一応カバーであることを完全に無視して、奇跡の楽曲化に成功しています!
 まあ、番組でもラップはせず、永延といつもの「Jさん節」を披露してたので、こういう形態になったのもおかしくない・・・どころか、個人的にはこれで正解だったと思います。
 ラッパーというものが、自分の内から発する思いをストレートに表現する人物と考えれば、Jさんの話は間違えなくそうだと思います。 
 また、HipHopの「自由さ」を考えると、ラップを「しないといけない」わけはなく、Jさんのようなスタイルも間違えではない・・・と思います。
 ただ、聞いてみて「フレッシュ!」とか「イルだな~」と感じないと・・・ダメだと思います。 その点は、間違えなくクリアーをしてると私は思います。 

 んで、実際の楽曲の細かい内容なんですが・・・ ここでは書けないww 
 まあ、いつものJさんの感じです・・・が、放送に乗らないということで、かなり突っ込んだ「内容」「話」になってます! 
 しいて内容を書くとすれば・・・Jさんの変態性というか「エロ」が中心で、大爆笑の連続です!
 また、ラジオ調ということで、フリートーク、交通情報、中継なんかを入れるのですが、どれもぶっ飛んだ内容で最高です!!

 そして、その内容に応えるべく、リスナーからの電話みたいな形で、シーモとダースがライムをキックするのですが・・・これも最高のライムに仕上がってます! 
 個人的には、シーモは今と違って、ガッチリと韻を踏みつつ、変態的なライムをキックし、かなりカッコイイ出来になってますね(^0^) ダースも主眼点が変態ですww
 また、当時売出し中だったAFRAが、ビートボックスをA面で一部分で披露するのですが、その技のうまさもさることながら、Jさんのビートボックスに対する「お話」が・・・これまた最高です(^0^)


 内容は細かく書けないのであれです、HipHopを利用した「ギャグ」を通過して、「なんでもあり」という精神をしっかりと引き継いで、しっかりと「HipHop」になっている姿が最高ですね! 
 私は、昔っからコサキンとか伊集院さんのラジオを聞いて育ったので、「おバカ」な内容には理解・耐性があるので一発で好きになりました・・・が、分からない人にはちょっとキツイ内容かもしれないです。
 ただ、これに関しては「スタッフ」サイドの「熱意」があって、出来た1本だと思います。 内容もそうですが、ジャケなんかを見れば一発で分かりますし、細かいところも頑張ってます!
 こういった「企画もの」って、ジャンルを問わず、昔からあると思いますが、HipHopとして、しっかりと完成されたものは皆無に等しいので・・・貴重な、いや奇跡の一本ですよ!!


 ちなみに、ここ最近は中古で出ても、ボチボチ安い値段で出てるので、もしご興味があれば、購入をお勧めします・・・衝撃的ですよww

 元旦から、不真面目な内容を、真面目に書くのも疲れますが、今年もこんな感じで行きたいと思います~ 今年もよろしくお願い致します m(_ _)m

<Release Date>
Artists / Title : L.L.Cool J太郎 「L.L.Cool J太郎」
Genre : HipHop???
Release : 2001年11月ごろ
Lebel : Space Shower TV

< 補足 >
 その後、このテープが好評だったのか、2003年ごろ、ミニアルバム「プッチRADIO」をCDのみでリリースしていますww
 どうやら、今回のテープの楽曲も収録されてる・・・みたいですね(^^;) 私は持ってないので確認できないですが、ちゃんと収録されてるのかなww

 また、ちゃんとリリースされたので、PVなんかもあり、下記にそのPVを張り付けておきます。 おっ、これでは「Rock The Bells」をカバーされてますねww

★ L.L.COOL J太郎 - すべてまぼろし feat.ダースレイダー


 ちなみに、客演してるダース氏がラップ指導をしたそうで、ちゃんとJさんがラップしてますよww 今回のテープの内容の片鱗(テープの方が内容がヒドイww)が分かると思います。

 あと、そのリリース時に、これまた「HipHop業界きっての好事家」である「宇多丸師匠」との会談が、当時のタワーレコードの情報誌「bounce」に掲載があったようで、その内容がアップされてたので、こちらもリンクを張っておきます。 
 宇多丸師匠、先を越されて悔しかったようですww
 ★ 巷でウワサのL.L. COOL J太郎に、宇多丸がリスペクト全開で挑む!!

<追記> 2009年3月1日
J太郎氏が出演したイベント(Latin Ras Kazさんガラミ)のフライヤーがあったので貼っておきます~♪
DSC00941.jpg DSC00966.jpg 

<追記> 2009年7月20日
リリース(配布)日が分かったので、追記しました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック