HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Dimitri From Paris - Japan Tour 09 (@air 2009/01/10)
dimi_20090110

 また、こっそりと踊りに行ったのでパーティーレポートです(^0^) 疲れましたが、結構良かったですよ~

 行ったのは、上記画像の通り、フレンチHouseの第1人者「Dimitri from Paris」のDJを聴きに行ってきました(^0^)

 ちょうど、DimiのミックスCD「Playboy Massion」を紹介したのでちょっと火がついたのと、去年の7月に同所で開かれたパーティー(これもPlayboy Massion関連)が大変良かったこともあり、踊りに行くことにしました・・・

 12時をちょっと回ったころにairに到着し、中に入ると・・・かなり人が入ってる! スタートが早え~なとか思いつつ、身支度(気合の半袖Tシャツ!)をし、フロアーに行くと、すし詰めに近い状態・・・なぜ?
 ちょうど、その時は「Jazzin' Park」という、日本人Houseユニットの方々がDJをしてました・・・が、ちょっとな~というDJ(失礼!)をしてました・・・ただ、客は踊らずに盛り上がってる!
 う~ん、いわゆる「乙女ハウス」っぽい選曲で、個人的には好きじゃないので、静観モードでいました・・・
 客の盛り上がり方が「ライブ」的・・・というか、すし詰めなところで「縦ノリ」な感じなので、踊りたかった私は、「まあ、DimiがDJをすれば変わるだろう・・・」と思って、ビール飲んだり、煙草を吸ったりしてました。 趣味が合わないのは仕方がないですよね・・・

 後で知ったことなのですが、HMVとMTVでなんか(招待とか?)あったようで、そんなにクラブに来ないようなお嬢ちゃん(お姉ちゃんでないww)達が結構いて、だからか・・・と思い返しました。
 可愛い子が結構いたので別にいいですが(え~ww)、そのお嬢ちゃんたちの元気もこれから始まる「ダンス地獄」になっても続くかな・・・なんて思い、一人ほくそ笑んでましたww

 んで、そのDJの人のライブ(ブラジリアンな感じだけど、乙女チックな部分が強く、まあまあかな・・・)が1時頃から30分ぐらいあり、1時30分ぐらいより、待ちに待ってた「Dimitri」のDJ開始です!

DSC00547_01.jpg

 写真は、終わった時にフロアー上部より撮影しましたが、開始時が一番込み合ってましたね・・・ 
 今回は、上記のような一般のお嬢ちゃん達に加え、外人さんが多数おり、airっぽい(Yellowっぽいにも近い)混み方をしてました。
 まあ、時間がたつにつれて「脱落」して、フロアーが空いて、踊りやすくなるだろう・・・と思ってたので、最初は「我慢」モードで体を揺らしてました。
 
 ちなみに、DJセットは、タンテ×2、CDJ×2(3?)、パイオニアのミキサー&エフェクター、3バンドぐらいのアイソレーター・・・のようです。 ただ、それぞれの配置が微妙に悪そう(ミキサーの手前で、一段落ちる位置にアイソとか)でした・・・
 あと、今回は、なぜか、DJブースを真裏から見ることが出来るようになっていて、Dimiのアイソ捌きなんかを見ることができましたよ(^0^)

 DimiのDJは、最初にDJをしていた「Jazzin' Park」の雰囲気を一気に変えるべく、かなり強めな選曲でスタートします。 
 スタート時のフロアーでは、私と同じような「踊りたくてうずうずしてる」輩もちょっといたので、止まってた「足」が動き始めます・・・
 開始時は、すし詰め状態で、フロアーに入る人&出る人の流れに翻弄されながら、踊りやすそうなところまで流されていました・・・
 ちょうど、フロアー左後方のスピーカー前が、いい感じに踊れるスペースがあり、ここぞとばかりに、周りに威嚇する意味を込めて、リズムに合わせて強めに踊り、スペースを確保! 周りの方、すみません(^^;) 
 でも、早い時間で「気合入れて踊ってる人」がいると、踊るのが恥ずかしくっても、踊りやすくなる・・・でしょ(^0^)

 んで、2時がちょっと回ったころから、待ちに待っていたピークタイムが!!
 記憶が曖昧ではありますが、こんなのが選曲されてました・・・
sunburastband relightmyfire
 たしか、Sunburst Band / I'll Be There For You → Dan Hartman / Relight My Fire → Rufus / Any Love ・・・のような流れだったと思います。
 この辺から、私も個人的に盛り上がり始め、周りを見ずに踊り始めていましたww ただ、DanとRufusは、Dimiの特別エディットで、面白い構成ではありますが、歌いにくいっすねww

 そして、それ以降は、周りも火が付き、ダンス天国・・・です(^0^) 新し目のHouseもかかってましたが、旧譜(=定番)率が異常に高かったです!
 とりあえず、かけてたので、印象に残ってるのをアップしておきます。
 spacecowboy theboss
 lovesensation DSC00558.jpg
 DSC00557.jpg
 この辺は、否応なしに盛り上がりますね(^0^) 左上から、Jamiroquai / Space Cowboy、Diana Ross / The Boss、Loleatta Holloway / Love Sensation、Sylvester / I Need You、 Evelyn Champagne King / Shameっすね。
 個人的には、上の2枚は、Dimiがかける印象がそんなになかった(というか、Timmyの18番っすよね)ので、意外だな~と思う反面、踊り歌いですww
 また、Shemeは、久しぶりにクラブで聴きましたが、ベースラインがヤバいこと・・・音のいいクラブだと、一気に持ってかれる感じでした(^0^)
 あと、これらの曲も「Dimiエディット」をかけてて、特にLoleattaのは、タメをしっかりと作り、一気に歌に持っていく感じで大変良かったです。

 あと、Dimiの最近の趣味で「60年代」っぽい曲を、自身でエディット&音圧上げをしてかけてるんですよ・・・
 たしか、Diana Ross & Supremesの曲とかをかけてましたが、本来であれば、Houseの文脈でかかることは滅多にないですよね。
 ただ、これが滅茶苦茶いいんですよ!!
 最新リリースの「Return of the Playboy Mansion」で、その手をかけ始め、前回来日時もかけてましたが、当時の楽曲が持つ「温もり」みたいのが・・・大変良いです。
 特にベースラインが太く、聞いていて(=踊ってて)、大変心地よい・・・感じです。 フロアーは、赤や青のミラーボールの光に包まれ、心地よく時を刻んで行きます・・・
 この辺は、Dimiの新境地で、今後も掘りさげてほしい・・・です。 今度CD出すときは、この辺をいじるんだろうな~とちょっと楽しみであります。

 そして、その60年代の流れを受けて、ある曲をプレイ・・・
marvin
 そう、Marvin Gaye / What's Going On です!! 実際はHouse調のRemixでしたが、これにはヤラれました!
 普段は、絶対かからない類ですが、もう、ハードコアダンサーは大合唱(^0^) 私も大合唱です!
 これに関しては、もしかしたらですが、あの「Tom Moulton」のリミックスバージョンなのかも・・・です。
 以前、Groove誌で、Dimiが、Tomより「What's Going On」のTom Remixを譲り受けた・・・と言っていて、ず~っと聞いてみたいな~と思ってました。
 しかし、結構Houseっぽい音づくりなので、もしかしたらTomのじゃないかも・・・どうなんですかね?

 そうこうしてるうちに、終わりに近づき、Dimiが焦らしながら、最後まで残ってる「ゾンビダンサーズ」に対して「プレゼント」をくれる時間になります。
 音を切り、客電をつけて、数分の焦らしをし、Dimiがリクエストに応える形になり、フロアーが真っ暗になりまる・・・そして印象的なアカペラが・・・かかったのがこれです・・・
DSC00556.jpg
 Jocelyn Brown / Somebody Else's Guy です! これは全く予想ができない選曲で、もう私もたまらず、合唱&泣き踊りです(^0^) Dimiって、こういった演出がホント上手いんだよな~
 この後も「とろとろ」なダンクラ連発で、ほんと最後の力を振り絞って、激しく踊りましたよ・・・
 あんまり記憶がないですが、Change / The Glow of Love とかもかかり、フロアーは愛で溢れ、気づいたら私も「ニコニコ」しながら踊り、周りの知らないお兄ちゃん、お姉ちゃんとかと手を取り合ってました(^0^)
 あんなに、踊ったのは久しぶりでしたが、私の近くにいたお兄ちゃんが、私の踊りを見て、「あっ、自由に踊ればいいんだ・・・」と気づいてくれたみたいで、突然ステップを踏み始めたのはちょっとうれしかったですww

 そして、最後は、最近のDimiアンセムをプレイ!
DSC00554.jpg
 この前でた、Return・・・で初出した、Dimiエディットの「Marvin Gaye & Tammi Terell / Ain't No Mountain High Enough'」です!!
 写真は、そのエディットを唯一アナログで収録してる盤で、去年リリースされましたが、あんまり仕入れてるところが少なく、ゲットするまで時間がかかりました・・・
 もちろん、Inner Lifeのカバーが、フロアーの永遠のアンセムでありますが、このバージョンも本当に良すぎです・・・ 
 さっき、ちらっと書いた「60年代趣味」があってだと思いますが、音の温もりだったり、歌詞だったり・・・そしてMarvinとTammiの「愛の悲劇」・・・下手したら、Inner Lifeのカバー以上に「愛」が詰まった好エディットになっております・・・
 もう、私もイントロがかかった瞬間、久しぶりに震え、周りの気づいたら沢山いた「ハードコアダンサー」達も、うれし泣きをしながら大合唱・・・Dimi、ありがとう・・・・です!!


 以上、ザラっと書きましたが、Dimiって、ハードコアなHouseフリークからすると、ちょっとセルアウトしてる・・・と思われてる節があると思います。
 しかし、そんなことは微塵にないですよ!! もう、Loft、Garage・・・などから続く「音楽と愛」を、選曲ができる数少ない方だと思います。
 確かに、Joe等のように「スピリチュアル」な雰囲気は作れないですが、盛り上げ方なんかは、かなり上手ですよ・・・ それも、乙女ハウス的なというよりも、ストレートなHouseとしてです・・・

 今日なんかも、最初は、普通なお客さんが多かったですが、後半に近づくにつれ、好き者な方しか残らず、ホントいい雰囲気で終わりました・・・
 時間的には、airなので、6時に終わりましたが、むしろ、ダラダラするよりも、潔い終わり方でよかったと思います。 もうちょっと踊りたかったし、聴きたい曲(originalsとかね)もありましたが、それは次回に取って置くことにしました!
 あと、今回は、初めて聞いたエディットも多かったので、その内、新しいCDが出るのかな~と思わせる内容でもありました。 この点も今後楽しみにしましょう~

 んでは、かなり適当に書きましたが、以上でございます~
 ここ最近、このブログをはじめ、またクラブ熱が再発し、知識が無駄に増えた分、選曲などの理解度が高まり、異常に一人盛り上がり・・・をするようになりました(^^;)
 ああ、着実に「ゾンビダンサー」の道を進むようです・・・気持ちいいからいいけどww
 今度は、Noriさんの30周年で、ageHaでイベントがあるので、それに行くと思いますww あっ、Houseのイベントしか行ってないや・・・HipHopとかも、面白いのがあれば行くんですけどね~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック