HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
白夜ムック43 「DJ'S ROOM」
djs_room.jpg

 たまたまご紹介をした「BOSEさんの本」のご紹介で、「DJ部屋本」のことをちらっと紹介しましたが、久しぶりに読んだら面白かったのでご紹介です~


DSC08916.jpg DSC09214.jpg

 この本は、1999年に刊行されたもので、国内のプロ・素人のDJの部屋を紹介した本で・・・・かなりマイナーな本になります。
 まあ、時代からみて、DJブームといっても間違えない時期で、明らかに出版社側に「山師」的な匂いがプンプンする本ですね・・・

 この時期前後のDJ関連の本って、クラブ紹介本だったり、DJレッスン的な本だったり、シーンやDJの紹介だったり・・・微妙に内容が適当なものが多く、ひと山狙ったんだろうな~と思うものが多いです。

 ただ、そういう本も、今読み返してみると、笑いも込みで一回りして「読める」内容のものが結構あり、近年は掘っていて、「DJ部屋本」も対象の一つになっています。

 まあ、音楽雑誌などでも、インタビューでDJさんの部屋で行い、奥の方にチラっと見えるレコード棚が気になったりすることは誰でもあるのかな~と思います。
 私は結構興味がある方で、それこそ、どんな機材を使ってるのか?、どんなレコードがあるのか?とかが気になり、それを尺度に凄いな~と思ったりして楽しんだり、勉強したり、参考にしたりすることが多いです。
 
 ただ、あっても雑誌の企画で少しとかが大半で、一冊まとめた本となると意外と少なく、あればチョコチョコ買っています・・・
 結構、真面目に作っている本も多いですが、やっぱり山師的なノリで作った本もあり、どちらも好物ではあるのですが、コレに関しては完全に後者で、高円寺の某古本屋で見つけたのですが、速攻でゲットさせて頂きました(^^;)


DSC09215.jpg
DSC09217.jpg

 では、実際の本のご紹介です~

 内容的には、プロ・素人を問わない形・順不同で合計43名のDJ部屋が紹介され、いろいろと思うこと・笑えるところ・突っ込みどころが多いです(^^;)

 まず、分かりやすいところで「プロDJ」のお部屋の辺りからご案内すると、私が確認した限りでいくと、MUROさん級のDJはいないですが、なかなかナイスな人選になっています。
 順不同に紹介するとDJ Ichiroさん、大貫憲章さん、DJ Aisaさん、長谷川賢司さん、藤井悟さん・・・などがが登場をしています・・・渋い人選ですね??

 生活の匂いがしつつも、レコードや機材に溢れてる部屋もあれば、きれいに部屋を片付けてあったり、まさに十人十色ですね(^0^)
 人選的にはHouse/Garage系のDJが多く、Urei×アイソとかが置いてあって、カッコイイな~と思うDJ部屋が多く、特に、DJ Ichiroさん(写真上)のレコ棚が、レーベル別に仕切りをつけて、天井まで積み上げてるのですが、かっちょいいですね!!


 んで、次は、当時は素人に近かったが、今は有名になった人ですかね・・・これも結構面白い人選です。

 例えば、洋服ブランド「MackDaddy」の代表である「日下部司」さん(写真下)とか、ファミ通でレビューをしてる「ローリング内沢」さん辺りが割と有名なのかな?
 後は、美容師関係でお店を持った方とか、元々アーティストで今でも活動をされてる方とか、BMXのライダーさんとか、FM番組のディレクターさんとか・・・今となってはDJの匂いが全くしなくなっちゃった方が多いですかね。

 やっぱり、有名になっている方だけあって、素人時代(?)でもセンスはイイですね~


DSC09220.jpg
DSC09218.jpg

 そして、いわゆる「本当の素人」さんなんですが・・・これが個人的な読み方だと「一回りして大変素晴らしい」です!!

 99年ということなので、95年ぐらいのDJブームを高校生ぐらいで体験し、学校を卒業した20代前後の輩が多いのですが・・・私も同世代で、同じような経験をしてるので、色々とグッとくる所が多いです。
 全ての方がそうではないですが、自宅で「学習机」か「タンスの2段目」をDJスペースにし、音だし用のアンプは「ミニコンポ」か「ラジカセ」・・・みたいなのが結構いて、大変「懐かしい匂い」がします(^^;)

 初心者DJにありがちな、DJセットは買ったけど、置くスペースとアンプがない・・・の典型で、高校生DJ達はかなりこの構成が多かったですよね!
 私も最初はそうでしたが、DJセットはお金を貯めて買ったけど、他のに手が回らなかった・・・ってやつで、同じことをしてた方が多いのではないでしょうか??

 また、学生時代からいた部屋となると、タグとかグラフが上手い奴が書いたと思われる「落書き」が部屋の壁に書いてあったり、レコード屋で貰ったフライヤーとかシールが無造作に貼ってあったり、懐かしい匂いがしますね~(^0^)
 
 あと、これはマニアックな読み方なのですが、素人さん特有の「結局はそんなに知識がない」「コダワリがない」みたいのが炸裂してて、これもグッときます!

 ページの片隅にその人のバイオ的なことが書いてあるのですが、機材の商品名が間違ってたり、床にDJセットを置いてたり・・・読んていて突っ込みどころが満載ですね(^0^)
 個人的に一番グッときたのが、その人のレコメンド・ディスクみたいな表記があるのですが、渋谷にあった某レコード店(リバプー●)が作っていたブート版のレコを堂々と紹介してる方がいました・・・それもコンピ形式の盤なので、表記が上手く読めない(?)のか、これまた堂々と「Cheryl Lynn / I Belive in Miracles」と紹介してて・・・大変イイですね!!
 



 当時のブームを考えると、DJという存在が、ほんとアイテムとしての「ステータスシンボル」であり、タンテとかを持ってるだけで「@@ってDJらしいぜ!」って言われ、それだけでレベルが上がっちゃうアイテムでした。

 この本には、プロのDJにはない、その「ステータスシンボル」としてのDJ像が掲載されている点は貴重で、今となっては楽しめる存在ですが・・・裏を返すと、DJブームの遺影みたいな感じもし、ちょっと影を感じる部分もありますかね・・・
 私の視点はかなり曲がった読み方かも知れないですが、素人の方でも「この人、音楽が好きなんだろうな~」と思わせる方(特に女性の方が多いかも?)も多く、色々と楽しめる部分は多いと思いますので、興味のある方は探してみてくださいね~

 



<Release Date>
Artists / Title : 白夜ムック43 「DJ'S ROOM」
Genre : DJ部屋紹介
Release : 1999年4月
Lebel : 白夜書房 ISBN4-89367-592-3





<関連本・関連雑誌>

DSC05092.jpg

 今回の紹介でポイントにした「素人DJのDJ部屋」ですが、本以外でいくとファッション誌などを中心にボチボチ特集や紹介があり、ナイスなのも多いです。
 特にDJブーム時代(90年代後半)は、雑誌文化の最盛期ともあって、時代の最先端アイテムやトレンドとしてDJが取り扱われ、その中で素人DJの部屋が紹介されることが多かったかな~と思います。

 それで行くと、個人的には「東京ストリートニュース」が鉄板で、イイのが多いですね!!
 
 いわゆる「高校生ブーム」を後押ししてた雑誌で、高校生DJ(=素人DJ)がワンサカ登場し、学習机DJが多く、今となっては「イイ部屋」が多いですね・・・詳細は以下の記事に書いてありますので、ご参照ください。

 ● 90年代中ごろにHipHop/DJなどの情報が載った昔の雑誌


 なお、未発掘の分野だと、ファッション誌の流れで「カッコいい部屋本」みたいのにも、素人さんの家にDJセットがある・・・みたいな紹介があり、そっちも面白いかも知れないですね??






-------------------------------------------------
編集情報 2013/5/3
記事の再紹介をするにあたり、記事の再編集を行いました。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック