HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ KZA 「Pimp The System Mx Show」
kza_pimpthesystem.jpg

 今日は、ミックス作品に関してはマニアックな作品を連発してて、個人的には大好きな「KZA」大先生の1本をご紹介です~♪

 KZAさんといえば・・・「四街道ネイチャー」なり「Force Of Nature」などの活動が有名かと思いますが、個人的には「掘り師」として重要視してる御大で、その「言動」を注目してる方であります。
 なんて言ったらいいのか・・・発言がいい感じで壺に入るマニアックさ・・・というか、インタビューなりで発せられる「特殊な電波」が堪らないんですよね・・・(^^;)

 分かりやすいところだと、結構前のFRONTの特集では、各DJがお薦めのレコードを紹介をする中で、出だしが「Death Mixの元ネタが全て解明しました!」と・・・言ってるわけですよ、脈略が全くないのに!
 また、BeatBopのオリジナルが欲しいと公言し続けたり、Daniele Baldelliに凝り始め、イルなイタロ・ハウスを研究してみたり・・・とHipHopの枠を大幅に超えた「マニアック」な姿勢が、個人的には大好きです。
 半年ぐらい前から始まった、JetSetでの氏のブログは、1日1枚レコードを紹介する・・・ということをしてるのですが、これがまたマニアックで、タマランですねww 
 ここ数日は、Seven Minutes of Funkの12inchのバージョン違いを連日アップしたり・・・最高です(^0^)

 そんな氏のミックス作品なわけですから・・・当然、マニアックなものが多いです!!
 ミックス作品はボチボチ出していて、それぞれにマニアックな方向に働いているものが多いのですが、今回のこれも、ある意味マニアックですね(^0^)


 今回紹介する作品は、全編にわたり、有名HipHop楽曲の「インスト」のみを使用してミックスする・・・という、思いつきそうなネタではあるが、なかなか実行できないことにトライしています!

 この「インスト」のみというのは、意外と実行したDJは少なく、「インストっぽい曲」を選曲した作品は結構ありますが、Rap曲の「インスト」のみを使用した・・・ってのはあまりいないと思います。
 何作かは思いつく作品はあるのですが、今回のKZA氏の作品のように、ストイックに追求したものは・・・あまりないと思います。

 それもこれも、Rap曲のインストは、あくまでもMC達の「バックトラック」であり、Rapの引き立て役・・・という使命が強いので、インスト曲としては地味で、盛り上がりが乏しく、ミックスしても凄い地味な印象になる・・・ので、DJ達が扱いづらいんじゃないか・・・と思うからです。
 なので、Shadowとか、Camとか、いわゆるインストメンタルで成立する楽曲と混ぜて、Rap曲のインストを使う・・・程度の作品が多いかと思います。

 その限りにおいて、流石KZAということで、100%インストでトライしています・・・ んで、肝心の内容は・・・かなりいい出来に仕上がってます!!


 チョイスしたネタは90年代初期から中期にかけた、派手さはないけど、ニューヨークっぽいトラックが中心で、今で言うと「Jazzy Hip Hop」と形容される曲が多いかと思います。
 収録されている曲だと、Gangstarr / Mass Appeal、Grand Puba / I Like It、Intelligent Hoodlum / Street Life、Black Sheep / Without a Doubt・・・などのような、決して派手ではない、ワンループ中心の曲で、冬のニューヨークに合いそうな曲を中心に選曲しています。
 ただ、それぞれの楽曲の、裏方であるバックトラックを、静かに聞いてみると・・・ドラムなりベースラインなり、うわもの等の「粒の立ち方」もさることながら、ワンループの魅力が光った曲が多いかと思います・・・
 
 そして、実際のミックスは、派手なギミックは全く使用せず、淡々とミックスをし、地味目にロングミックスをしてひたすら繋いでいく・・・感じになっていて、選曲した楽曲の、淡々とした「世界観」をさらに引き延ばしているような印象が・・・大変いいですね!!

 つまり、HipHop特有の「ワンループの魔力」というか・・・一聴しただけでは分からない、そのループを聴き続けることで分かる「気持ちよさ」を理解した上でミックスしてる・・・感じがして、そのワンループの気持ちよさが分かる者にとってはタマラン内容に仕上がってます(^0^)


 私も、今日、久しぶりに通勤時に聴きましたが、永延と回り続ける、RawなHipHopビートが、私の頭の中で回り続け、気づいたら、この作品の世界観に引き込まれちゃう・・・みたいな感覚になり、やっぱりHipHopっていいな~と思いました。

 ワンループの魔力って、HipHop楽曲の方法論に対して、開眼しないと分からない・・・と思いますが、個人的にはやっぱり大好きです。 
 Gagleは「雪の革命」なんて言ってましたが、冬の季節のような、派手なことが出来ない分、ストイックな趣きで、かつ、その真ん中には熱い何かがある・・・みたいな曲が「ワンループ」の魅力だと思います。 
 人それぞれによって形容が変わると思いますが、「内に秘めた肉体性」みたいな意味かもしれないですね・・・


 そんな、ループミュージックの良さを、結果的に引き出しているこの作品は、KZA氏のマニアックな嗜好と相まって、かなり高水準なミックスになってるのが奇跡と言ってもいいかも知れないです・・・
 単調なインストを、あえてシンプルに用いることで、ループミュージックの「根幹」を提示し、かつその気持ちよさを表現出来たのは・・・ホント奇跡に近いですよ!!

 誰しも、思いつく「ミックスネタ」ではありますが、実行をした勇気と、作品に仕上げ、かつリスナーに心地よい衝撃を与えることが出来たわけで・・・ホント、KZA大先生にはリスペクトです!!

 
 一聴しただけでは、理解がしづらい世界観ですが、中毒性は高く、特に、今現在の冬の時期には・・・たまらないですよ!!
 凍てつく寒さで冷え切った夜道を、言葉を発しずに、淡々と歩く時に、このテープをヘッドホーン越しに聞いてると、だんだんとループの魔力にハマり、首をふりつつも、歩くスピードが速くなる・・・みたいな感覚に襲われ、結果的には「気持ちいい」みたいなミックスですね!!

 中古価格では、そんなに高くないので、ご興味がある方はぜひ聞いてみてくださいね~♪

Artists / Title : DJ KZA 「Pimp The System Mx Show」
Genre : 90's Hip Hop - Instrumental
Release : 2005年5月
Lebel : Lesson Breed No Number
Notice : 
①No Track List → ただ、発売時にリリース元にメールを出すと、トラックリストが貰えたサービスがあったようです。
②CD版について → 近年、CD版でも発売されていますが、ジャケットがほぼ一緒で、この内容のものと、エレクトロなミックスのモノがリリースされています。 印字の色なり、シールなりがちょっと違うようです。      
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック