HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Pranut Butter Wolf 「Fusion Beats」
pbw_fushionbeats.jpg

 え~、明日も土曜なのに仕事になり、残業続きで疲れてたこともあり、早めに帰宅・・・ 早めに寝ようかな~と思いましたが、作品紹介の更新が遅れ気味なので、がんばります(^^;)

 2002年にリリースされた、日本企画のオフィシャル・ミックス作品で、DJは・・・言わずと知れた「Pranut Butter Wolf(以下PBW)」です!
 氏の所有するレーベル「Stone Throw」の運営方針と同様で、DJ面でも期待を裏切らない方ではあり、この作品でも期待を裏切らない選曲をしてますよ(^0^)

 
 まず、リリース元は、avex trax / cutting edge 傘下の「Brownsugar Records」という、一応メジャーレーベルよりリリースをしました。
 このレーベルは、世間的にはあまり知られてないですが、意外と活動してたレーベルで、2000年頃より活動を開始し、結構コテコテなSoul関係の作品のリリースや、オーガニックなUK歌もの作品などのリリース、またはミックス作品・コンピレーションの発表、あと旧譜の再発っぽいことをしてた・・・記憶があります(^^;)
 一応、手持ちを探したら、下のJaki嬢のHeavenの再発12inchがあったので、貼っておきます・・・このロゴ、見覚えがあるかな?

DSC00647.jpg DSC00648.jpg
DSC00649.jpg

 上は、個人的にはMUROさんのピッチ+4でのミックスにヤラれ、原曲も知っていたが、DJのミックスにより「好きになった曲」の代名詞で、オリジナルも、値段が上がる前に買いましたww 一時期、結構高かったすよね~、avexロゴのやつ・・・
 
 あっ、話を戻します(^^;) 
 私も当時はこのレーベルを、ほとんど注目してなかったですが、それこそElisha La'Verneとか、鷺巣詩郎さんがいたな・・・とか、DJ Sakuraiさんがミックス作品を出したり・・・とかしてて、メジャーながら意外と頑張っていたレーベルです。
 ただ、今は終わってしまったようですね・・・残念!


 んなわけで、なぜかこのBrownsugar Recordsより、2002年にこの作品がリリースされました。
 なぜ、PBWに指名があったのかは不明ですが、レーベルが得意とした「オーガニックな雰囲気」を出すべくPBWに指名が回ったのかな~と思ってます。
 ただ、さすが「Stone Throw」の首領だけあって、ミックスは一筋縄にはいかないナイスなミックスに仕上がっており、かなり良いジャンルレスミックスに仕上がってます。


 出だしは、PBWのお膝元である西海岸の名門レーベル「Solar」のクラシック「Dynasty / Adventures in the Land of Music」からスタートします。
 いつもなら、ここでその12inchを紹介するのですが、なぜか持ってないので、このまま紹介を進めます・・・(^^;)
 個人的には、上記楽曲がこのミックスでは意外と重要で、このテープの世界観を分かりやすく紹介する、よい導入部になってると思います。

 つまり、上記楽曲の「しなやかで、幻想的で、かつレイドバックをした雰囲気」がこのミックス作品の主題であり、それにPBWの持つオリジナリティーとか、西海岸フレイバーが合わさった、ナイスなミックス・・・ということです。
 Solarの他の楽曲も、NYの曲とは違う、レイドバックをした趣きがあると思いますが、まさにそれを利用した出だしになっていて、大変良いです。
 そして、この後も、この雰囲気を維持しつつミックスは進行します・・・


 選曲された楽曲は、上記のような主体性の元、流石「Stone Throw」といった感じの曲が選ばれており、レーベルカラーである、HipHopのような現代的なBeatと、Soul/Funk/Jazz/RareGroove等の旧譜の世界観をうまく混ぜたミックスに仕上がっており、まさに時代を飛び越えた「Fusion(混ぜるって意味ね) Beats」を体現しています。

 Stone Throw自体、初期のころ(90年代中頃)は、盛り上がってきた西海岸のHipHopレーベルの一つという印象でしたが、時間が進むにつれ、Madlibだったり、Egonだったり、故JayDeeだったり・・・優秀な人材が集まり、それらの人の「個性」を昇華し、各人の個性をしっかりと表現したレーベルだと思います。
 Grooveの記事などで、彼らのレコード掘りに対する一面を伺うことがありますが・・・勝てない・・・ですよね(^^;)
 Egonなんかは「そんなの掘ってるのかよ!」の連続だし、Madlibもなかなかですよね・・・
 

 んで、首領のPBWも・・・やっぱり「勝てない」存在ですよねww
 過去に「Female Rapper」のみのミックスCDを出したり、マニアックなクリスマスものの曲を集めたCDを出したり・・・流石な御大です(^^;)
 PBW自身は、レーベル参加メンバーに負けない趣味を持ち、かつメンバーを束ねる存在なわけで、レーベルの持つ「新譜と旧譜の融合性」を一番理解してる・・・存在だと思いますので、今回のミックスのような「時代を飛び越えた」ミックスが出来たのかな~と思います。


 全体的なミックスに関しては、どちらかというと、選曲のチョイスの上手さが目立ったミックスで、新譜系&旧譜系の混ぜ具合が絶妙で、大変良いです・・・

 特に、レーベルに契約をしてる・・・というか、レーベルにとって大切な人物である「Madlib」関係の楽曲は多数チョイスされており、これがいい雰囲気を醸し出してるんですよね~

 私自身は、あまりMadlibを追ってはいないのですが、それこそBlueNoteのカバー集とか、Stevieのカバー、Weldon Irvineのカバーとか・・・流行の流れで買いましたが、そのグルーブにはやっぱりヤラレましたよ・・・

DSC00654.jpg DSC00653.jpg
DSC00652.jpg

 上記のMadlib作品は、このテープには選曲をされないですが、上記のようかMadlibの世界観・・・うまく説明できないですが、現在と過去の楽曲をつなぎ合わせ、幻想的な雰囲気を現代的に表現する・・・みたいな曲が多数チョイスされており、PBWの選曲眼の良さに負けます・・・

 他の曲でもトライブのラストアルバムの未シングル曲だったり、MF Doom のSadeネタのDoomsdayのような新譜勢や、Tuff Crewのようなマイナーミドル、B.T.ExpressやS.O.U.Lのような旧譜をうまくミックスしてますね~

 
 あと、それらの楽曲は、レイドバックした雰囲気を維持するミックスに終始し、派手なミックスはなく、気持ちいぐらいのロングミックスを決めたりしてて大変良いですね!
 ミックスをする楽曲と楽曲が溶け合うぐらいのロングミックスで、このミックスの主題にあった、ミックスだと思います。 
 細かく聞くと、2枚使いもしてるのですが、むしろ「雰囲気」を延ばすためのトリックで、その心がけが大変いいですね。


 今回も、ダラダラと書きましたが、非常に雰囲気のあるミックスに仕上がっており、個人的にはお勧めです!!
 日曜の朝、気づいたら早く起きて、日差しが入り込み始めた時間帯に、布団の温もりに翻弄され、気だるくも、気持ちいい瞬間・・・のようなミックスで、個人的にはかなり好きです(^0^)

 CD版の方が入手しやすいかも知れないですが、こういうのはテープで欲しいですね・・・是非どうぞです!!

Artists / Title : Pranut Butter Wolf 「Fusion Beats」
Genre : HipHop、DanceClassics、Funk、Jazz・・・
Release : 2002年10月
Lebel : Brownsugar Records RRTD-88379
Notice : CD版もあります・・・というか、CD版の方が有名です(^^;)

--------------------------------------------------------
追記 2009年2月25日
 追加調査によると、最初はCDのみのリリースを予定していたが、渋谷のレコード屋「DMR」からのリクエストで、テープ版も作ったそうです・・・ホントかな~??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック