HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Savage - Shop Sale Flyer -
2006apr_02_20141116110553caf.jpg

 久しぶりのネタ企画・・・やっと揃いましたので公開です(^^;)

 MUROさんのお店「Savage」における、セール時のフライヤーをまとめてご紹介致します!



『Savageについて』

DSC00145_1.jpg
DSC00144_1.jpg

 Savageは、96年11月頃にオープンしたMUROさんのお店で、渋谷・宇田川町のあまり目立たない(?)ビルの2階で営業をしていました。
 場所的にはセンター街をずーっと突き進み、終点付近のビルで、一時期はレコード屋さんが多く入居していたビルなので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 お店に関しては、残念ながら2008年の夏まで営業をしており、約12年間、渋谷のBをサポートし続けたお店になります。

 同じビルには、Savageがあったからかどうか分かりませんが、レコード関係のお店が結構あり、3階には「Sounds of Blackness」が長く営業し、4階「Demode」というアングラ系のレコ屋があり、その後Reggaeの「Gloria」が、5階は1年くらいだけ「Ebony」がありました。
 あと、右上の写真で看板が出てますが、最上階の6階には風俗店があったり、飲み屋があったりしました・・・ちなみに、MUROさんもレギュラーだった「Da Cyper」で、Rikoっていう飲み屋が話題になりましたね!


DSC00758.jpg

 そして、店内に関しては洋服やグッズが中心のお店で、大変MUROさんらしいお店でした。

 店舗には窓がなく、照明の明かりだけなので、結構暗く、所狭しと物品が陳列されていましたが、通えば通うほどアットホームな雰囲気が感じられ、まるで「Bな輩の秘密基地」みたいな感じだったと思います。

 洋服以外だと、レコードが熱かったり、各種の色々なグッズがあったり、レアなブラック映画のポスターが貼られているなど、MUROさんらしいセンスのよい物品が多かったです!
 ちなみに、店名は、同名の「ブラック映画」より拝借したんでしょうね・・・この辺を押してたのは、MUROさんが早かったですね!!

 以下で、このお店の要点を少しまとめておきましょう。

 まず、洋服は「買い付け」「オリジナルライン」を展開していて、大物から小物までMUROさんのセレクションが利いた品揃えだったと思います。

 買い付けは、NYを中心に定期的に行ってたようで、ラルフローレンとかが多かったかな?
 結構、値段はイイ値段をしてたので、私は買えませんでしたが、ホント「お洒落」なものが多く、MUROさんってセンスがいいな~と痛感していました!

 また、オリジナルラインの洋服「MUROさんの代名詞」でしょう・・・MUROさんのセンスが生かされ、たくさんの名作がリリースされたと思います。 

 残念ながら、私個人としては、いわゆる「B系」な服は全く似合わないことから、Tシャツは何枚か買ったことがある程度で、ほとんどの服は買ったことがなく、資料も残ってないのですが、デザインが秀逸なものが多かったと思います。
 それこそ、Tシャツとかのデザインは優れたものが多かったし、毎年リリースされるスタジャンとかはカッコいいですよね・・・この点に関しては、後ほど紹介するフライヤーでその片鱗が分かると思います・・・

 そして、レコードですね・・・個人的にはコレが中心で、かなり掘らせて頂きました(^0^)

 内容はMUROさんらしく、ネタモノのSoulやRareGrooveに始まり、HipHopやR&BやDiscoなどの12inchなどがあり、今思うと、かなり良心的な値段で出されていたと思います。
 特に、お店が初期のころは、洋服の買い付けと同時にレコードも買い付けてきて、まだレコード店が少なかった渋谷の中で、優秀なレコード配給場所の一つだったと思います・・・それこそ、セールの時は、必ずレコードを放出するので、結構レコード目当ての輩が目を光らせて掘ってましたね!

 あと、MUROさんの個人的なレコードが出ることが多く、MUROさん自身も「自分で買ったけど、イマイチなのはお店に流す・・・」なんて言っており、実際に店舗を閉める直前(2008年)には、日本盤のレコードがMUROさんの動向に合わせて置いてありました!
 なお、レコードに関しては、Savage以外にレコード店が周りにも結構出来たことから、レコードはそんなに力を入れなくなり、お店を占める2年くらい前から浜松の「Soul Clap」のレコードを委託で置くようになり、トーンダウンしていきました・・・


DSC00192.jpg

 あと、個人的には「MUROさんのミックス作品」を買うときは、必ずSavageを利用していました・・・

 ManhattanでもCiscoでもUnionでも、どこでもMUROさんの作品は買えましたが、たまに上記のようなオマケが付くことがあり、それを狙って買ってたりしました(^^;)
 写真では凄く分かりづらいですが、お店の開店10周年の記念のボールペンセットだったと思います・・・他にもライターとかステッカーとか、ちょくちょく貰ってましたね。

 ただ、ある時期からはMUROさんに一番近いお店であれば、MUROさんへの「利益」が一番大きいだろう・・・と考え、MUROさんの活動を「応援」する意味で買ってました!
 その甲斐あって、お店に行くと、店員さんから「こんどコレが出ますよ・・・」と教えてもらったもしてました・・・イイ思いでですね~


 最後に、Savageに関しては「スタッフ」の存在が象徴的です。

 最初に「アットホーム」と書いたのは、このスタッフさんたちの存在が大きく、凄い素敵な方が多かったと思います。

 初期のころは、ホント「親族経営」で、MUROさんの妹さんである「サチコさん=Lil' MURO」とか、MUROさんのお母さんらしき方、そしてMUROさん本人がお店で接客などをしていました。
 また、KODPクルーに属してる若いメンバーが店員をしてることが多く、それこそ現ニトロの「Gore-tex、S-Word、Suiken」辺りは店に立ってたと思うし、その後のKashiとか、Goriki、Joe-Choとかもスタッフとして働いていたような気がします(間違ってたらすみません)。

 個人的には、MUROさんのパーティー「Back to the Old School」でMCをしてた「ヒコさん」とは、クラブで馬鹿見たく一人で騒ぐ私を覚えてくれたようで、お店でも色々と話をしてたのが印象的です・・・凄い親切なお方でした!
 あと、名前は分からないのですが、同時期にDJ中のMUROさんのレコードを出し入れしてた方も、お店で働いてて、色々と教えてもらいまいた・・・いい思い出です。


2008aug_01.jpg

 そして、お店に関しては、2008年8月に、惜しまれながら店舗での販売を終了しました。

 個人的には衝撃でした・・・ああ、やっぱりSavageもダメだったか・・・と思いました。

 時期的な話にはなりますが、レコード人気も陰りがでて、渋谷にあった多くのレコード屋さんが店を閉めたり、ネット販売などに以降してたり・・・状況的に厳しい時期でしたので、仕方がないことですね。
 また、当時聞いた話だと、ビルの再開発(取り壊し)があったみたいで、それも影響だったかも知れません・・・ただ、その後、リーマンショックなどがあり、暫くは取り壊されなかったのは皮肉です・・・

 実際、お店は閉じましたが、MUROさんの洋服はインターネット販売「King.inc」に移行をし、元気に継続をしています。
 ただ、MUROさんといえば、レコードに関してはですが「実店舗」で買うことにコダワっていたわけで、お店の価値観/重要性を知っている方なので、断腸の思いで店を閉じたんでしょうね・・・寂しい限りです。 





『Sale Flyer』

 んなわけで、肝心な本編です!

 Savageでは、年数回「セール」を行い、そのセールに合わせて、これからご紹介をするフライヤーを発行していました。
 ポストカードの大きさで、実際にトップの写真を見て分かるとおり「料金別納郵便」と印字し、他の洋服屋さんとかと同様に、顧客に送ってたのだと思います。

 セールは、1月頃の「New Year」5月頃の「ゴールデンウィーク」11月の文化の日辺りに「オープン@周年記念」みたいな感じで展開してたと思います。

 1月は別にして、5月と11月だと、「夏物」と「冬物」の売り出しスタートの時期でもあるので、結構気合を入れていたようです。
 特に、このセールの中心は「オリジナル・クロージング」の新作発表なので、フライヤーには、その新作のイメージなり、アイデア元が反映されることが多く、実際の洋服のイメージを集約した内容だと思います。

 今回の紹介では、MUROさんの洋服なりデザインの「センスの良さ」を、このフライヤーを通してご紹介したいと思います。

 本当は、実物の洋服などを紹介した方が分かりやすいのかもしれないですが、私は殆ど洋服は購入しなかったので、以下のフライヤーで代替え的に紹介します。
 ちなみに、こういったフライヤー、実家に大量にあるので、必死になって手持ちのフライヤーを探した次第です(^^;)

 なお、掲載は、実際に私がお店に行って貰ったフライヤーで、2001年からになります・・・これより前も行ってたのですが、貰わなかったのかな??



<2001年>

2001 unknown
2001may.jpg
2001nov.jpg



<2002年>

2002apr.jpg
2002nov.jpg



<2003年>

2003jan.jpg
2003apr.jpg
2003nov.jpg



<2004年>

2004apr_1.jpg
2004nov_01.jpg



<2005年>

2005jan.jpg
2005apr_01.jpg
2005Nov_01.jpg



<2006年>

2006jan_01.jpg
2006apr_01.jpg
2006nov_01.jpg



<2007年>

2007jan_01.jpg
2007apr_01.jpg
2007sep_01.jpg
2007nov_01.jpg



<2008>

2008jan_01.jpg
2008apr_01.jpg



 ザーっと掲載しましたが、センスがいいのが多いですね!!

 個人的には、2006年の中段「The North Face」とコラボしたTシャツを出した時のフライヤーで、そのTシャツが凄くカッコよかったので、クラブ用に買おうと思ってたら、Mサイズが売り切れで、悲しい思いをしました(^^;)
 また、2008年の1段目の「S」には、MURO/Savageが作成したマーク類をコラージュし、かっこいいですね・・・目を凝らして見てみると、懐かしいデザインもありますね(^0^)

 個人的には、MUROさんの服なりデザインは、商売を抜きにして「自分が好きなものをチョイス・デザインする」という姿勢がにじみ出ていて、大変良いですね。
 「自分が着たいものを着る」って意味でもあると思いますが、HipHopの正しい姿なのかな~とも思います・・・形式としての「B」な服ではなく、メンタルとしての「B魂」がしっかりと表わされていますね!!


 では、Savageの復活を祈りつつ、終了です~






-------------------------------------------------
編集情報 2014年11月16日

 下記の記事をアップするにあたり、この記事を参照する必要があったので、大幅に編集をしました。

 素晴らしき「レコード袋」の世界

 なお、掲載より4年以上経過した現在では、MUROさんの店舗が復活し、原宿で「Digot」という名前で営業をしております。往年のSavageと同じで、MUROさんの良いところがでたお店ですね(^0^)


 あと、追加資料として、Savage関連の情報は、下記のMURO本に掲載があります。探してみてね~

 『白夜ムック137号 All About King of Diggin' MURO』





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
僕もそのフライヤーいくつか
家に届いたことありますね。
すべて残してあるって驚異的ですよ!

Soul Tranquilizerって何かのノベルティーですよ、たぶん。普通に売ってたのは
見たことないです。ですから自分は聴けてない。。。詳細が知れてありがたいです!

MUROMIXでトラックリストがない物や
そういったノベルティー物のレビュー
お願いできればと思います。
2009/03/09(月) 01:46:41 | URL | matsuno #-[ 編集]
Re: こんばんわ!
いつもどうもありがとうございます(^0^)
ちょっと狙って書いてみましたww

MUROさんのは、探したり、頭をひねったりすれば、
まだまだご紹介できそうなのが多いので、
気長にお待ちくださいね~♪

あと、Soulの件は、ノベルティーの線もありそうですね・・・
いま、MUROさんのテープは再発が進んでるので、
時期に詳細が分かってくればいいな~っと思ってます。

数年前のことなのに、全然覚えてなかったり、資料がなかったり、
頭をひねったりするので、意外と大変ですが、
これからも頑張りたいと思います(^0^)

今後ともよろしくお願い致します m(_ _)m

ps ブログ拝見しましたよ♪ 私も当然、Tribeは先週末にゲットし、ヘビーローテーションですww
2009/03/09(月) 22:22:04 | URL | mixtapetroopers #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック