HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Maki the Magic 「Fish」
maki_fish.jpg

 久しぶりにMakiさんのテープを紹介・・・これも初期作で第3弾です。

 Makiさんのテープで、98年ごろにリリースされたと思われる1本です。
 今回の作品も第1作目第2作目と同様に、Deepなダンクラ・Garage路線を踏襲し、HipHopライクなミックスで攻めており、なかなかな好内容に仕上がってます。

 今回の作品では、タイトルの「Fish」が示すとおり、海の中にいるような・・・まるで、月の光が優しく照らす夜の海の中で体に任せて漂うような・・・感じで、個人的には結構好きな感じに仕上がってます。
 一応、Fishってタイトルは、90年代中ごろに渋谷Caveで金曜日に行われてたパーティーの名前だそうで、いわゆる「Maki & Taiki」のコンビでDJをされてたそうです・・・Caveって行ったことがなかったですが、洞窟(=Cave)というだけあって、異常に「暗い」クラブだった・・・らしく、ある意味タイトル的には当たってるかな~とか思いました。

 んで、そんなテープは、A面、B面とも、表情は変えながらも、気持ちいい内容のミックスに仕上がってます。
 映像化するとすれば、エヴァのエンディングみたいな感じですかね・・・このテープの内容を100%表すわけじゃないですが、こんな感じっす・・・久しぶりに見ましたが、いいですね~(^0^)




 脱線したので、テープの内容に戻ります(^^;)
 ミックスについては、HipHopライクなザクザクとした印象ではありますが、Makiさん特有のDeepな選曲眼が発揮されています。
 出だしから、まるでこのテープの内容を示すように「Mark Stewart / This is stranger Than Love」から始まります・・・いい曲ですね~♪
 その後は、この流れに従って、気持ちよく進行していきます・・・Soulとか、Reggaeとか、AORなんかを攻めつつ、上手く選曲を揺らしながらミックスするあたりは、選曲に立体感を与え、選曲のストーリー性を高めていて、大変いいですね(^0^)

 Makiさんのテープって、深く考えて聞くよりも、素直に聞いた方が、ミックスの世界観に入っていけるので、結構聞き流しながら聴いたりするのですが、掘りさげて聞いてみると、掘りのレベルの高さが伺え、今でも勉強になります
 昔は理解できない曲・探しきれない曲も多かったですが、インターネット時代の今となっては、収録曲を検索すれば、どんなジャケのレコードなのかも分かり、聞きながらトラックリストを見て、気になった曲を検索し・・・週末のレコードハンティングに役立てってます(^^;)
 今回のテープも、もちろんそうなのですが、初期作は割とDeepな選曲をしてるものが多いので、勉強するのにはお勧めですよ~♪


 では、Makiさんのナイスな作品のご紹介でした~♪ 今回の作品は、頭をからっぽにして聴く時には最適ですよ(^0^)
 
<Release Date>
Artists / Title : DJ Maki the Magic 「Fish」
Genre : Soul、Garage、DanceClassics、Reggae、AOR
Release : 1998年
Lebel : Groove Serchers


<追記> 2009年7月13日
資料が見つかったので、文章をちょっと追加しました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック