HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Ulticut Ups! 「Bang Bong Disco Baby」
ulticutups_bingbang.jpg

 気づいたら1000ヒット!! 何にも告知とかしてないのに、嬉しい限りです・・・これからも頑張りますです(^0^)
 そんなわけで、大好きなUlicutモノで、好きな1枚をご紹介です~♪

 

 日本が誇るミックスマスターデュオこと「Ulticut Ups!」の通算4作目の作品です・・・この作品はUlticut Upsを聞いたことがない人でもかなり聞きやすく、かつ聴いたらその「虜」になってしまうかも知れない作品です・・・

 タイトルの通り「Disco」にこだわった作品・・・ではなく、彼らの感性から発せられる「Disco」をFunkyに表現している一枚になっており、あまたの音楽ジャンルを駆使し、全編を通してDisco的な「Groove」を表現している一枚になります。

 彼らに関しては、他の作品から分かるように、HipHopを基礎としながら、関連ジャンル+α以上のジャンルを必要以上に鬼掘りしてるスタンス・・・に加えて、ビックリするぐらいシェアなコンビ技、スクラッチ&2枚使いで攻めまくり、異常に完成度の高いミックスの構築&流れの創出が出来、それらが融合し、気づいたら「とんでもない所」にまで昇華しちゃうスキルがあり、今回の作品も、大変素晴らしいです!!
 特に、今回の作品は、DeepなHipHopは少なめで、Disco、Garageなどの聴きやすく、かつノリやすい過去曲をうまく挟みこんでいるので、初心者の方には取っ付きやすいと思いますし、玄人でも末長く聞ける一枚だと思います。

 今回の紹介では、選曲の流れとともに「使用曲」を紹介しつつ、選曲とミックスのアイデアが織りなす彼らの「ミックスの上手さ」を中心に紹介をしたいと思います・・・



DSC02052.jpg DSC02051.jpg

 まず、今回の作品では、出だしからヤラれます・・・

 ライブでも、作品でも大活躍な「That's the Joint」のコスリですが、本作では、同ネタである「Nice & Nasty 3」の上でFunky4の「♪That's the Joint♪」という声をコスリ倒してます・・・もう、この展開&コスリにヤラレない方はいない思います!!
 ライブで見ると分かりやすいのですが、メンバーであるYuuさんとTaharaさんが交互に「That's the Joint」をコスリ、一人では出せないスピード感を演出しており、首振り必死な展開ですね(^0^)

 ターンテーブリストが見せるスクラッチと違い、ノリとFunkyさを最重要視してるコスリ方は、ホントタマランですね!!
 処女作である「Lesson」なんかでも同系統のコスリを披露していますが、今回のコスリは彼らの良さを集約してるコスリだと思いますので、ぜひ聞いてみてください・・・

 なお、今回の作品では、2枚使い、スクラッチ、コンビ技などは他の作品に比べると、若干は少ないのですが、要所要所で大爆発していますよ(^0^)


DSC02062.jpg stetasonic
DSC05052.jpg DSC05051.jpg 

 んで、このノリノリなオープニングの後、カットイン気味にミックスするのが、左の「KC & The Sunshine Band / That's the Way ( I Like It)」ですよ!! いや~、この展開は思いつかない&ヤバイですね~
 
 That's the Wayに関しては、オリジナル曲ではなく、80年代末に多発していた「過去曲を再発ついでにリミックス」な曲(写真左上)なのですが、ドラムが太く、しっかりと流れをキープできており、ナイスチョイスです・・・
 そして、この辺も掘ってるのか~と痛感させられました・・・だって、そんなに高くないし、結構「穴」なレコードですから・・・素敵です(^0^)
 
 毎回、Ulticutの「掘り」に関してはDeepなものが多数で、ネットで検索するとヒットしないのも多いのですが、こういった意外なのを使うのも上手いです!

 また、あまり知られてない曲を使うのもポイントですが、後半ではド定番の「Stetsasonic / Takin all that Jazz」のDimitri Remixを使います・・・
 ただ、使用してるのが本編ではない、途中のドラムブレイクに変わる部分をサラッとミックスしており、定番曲でもネタ使いの上手さが証明されてます。

 なお、私はレコードを持ってないので、未確認ですが「Janet / Go Deep」も上記のStetsasonicと同様に、全然本編じゃない所を抜いて、かなりナイスにミックスしていますね・・・
 単純にレアなレコードを並べるのではなく、気づかない所をサラッとミックスされちゃうと、聞き逃したりすることも多いので、気づいた時には・・・素直に完敗です!!


 そして、選曲的な話もしておくと、一応「Disco感」にこだわった選曲ではあるのですが、今回も幅広いジャンルをホローしており、知らない曲なんかを検索してると、知らないHipHopとか、初期のHouseレーベルより出てるBreakbeatsとか、マイナーなメガミックス・・・なんかを入れていて、ホントDopeな品揃えです!!
 Disco系は以下で書きますが、中古ではかなり安い穴レコである「A Skillz and Krafty Cuts / Tricka Technology」のようなカッコいいBreakbeatsや、自分たちの曲である「Abnormal Yellow Band / Berval Summit」などのような「非Discoな曲」を多数使用してる点も彼ららしさを表してるな~と思います(^0^)



DSC02063.jpg DSC02064.jpg
DSC02066.jpg DSC02067.jpg

 そして何よりも「Disco」です・・・この作品の核は、Discoを始めとする「旧譜の曲」を上手く使用している点で、どの曲も「突っ込み方」や「使い方」がホント上手く、今作品のキーポイントになってる部分が多いです!!

 まず、一例としてあげるのは、序盤の選曲で、HipHop的な流れとして「Manzel / Midnight Theme (Remix)」を選曲し、そこから「Mighty Riders / Evil Vibrations」へミックスを行っており、HipHop的なブレイク感を維持しつつ、グルービーな印象があるミックスしており・・・展開のつけ方がメチャクチャカッコいいです!

 また、これまた序盤の選曲ですが、カッコいいな~と感じたのは「The Temptations / Treat Her Like a Lady」の使い方で、前の曲(HipHop)からイントロをロングミックスしつつ、流れをガラっと華やかに変えちゃう「突っ込み方」がタマランです!!
 そして、テンプスの後は、あまり知られてない「Atlantic star / Armed and Dangerous」にノリを完全にキープしつつミックスするのですが、こういったマイナーな曲とかを入れてくるのも上手いっすよね・・・ちなみに、Atlantic Starは、東京では中々発見できず、大阪出張時に彼らのお店「Vinyl 7」で買わせてもらいました(^0^)

 序盤から中盤にかけては、HipHopやBreakbeatsなどの非Discoの曲と、Disco外の旧譜を上手く混ぜ、非常に展開のあるミックスを構築しており、選曲と使い方が巧み過ぎてノックアウトです・・・


DSC05053.jpg DSC02068.jpg

 そして、この旧譜関係を上手く使ったミックスは、中盤以降も爆発し、後半になるほどヒートアップし、直球のDisco系の曲を選曲/ミックスし、彼らの「Disco観」が大爆発します!!

 一例でいくと、HipHop/Breakbeats的な流れが暫く続いた後、サラッと「Cerrone / Hooked On You」をピッチ早めでロングミックスし、グルービーな方向に進ませつつ、テンションが上がり切ったところで「Logg / I Know You Will」にカットイン! これがメチャクチャカッコいいです!!
 すこしHipHopなどで地味な展開だったミックスを、一気にDiscoラインに変更してるわけで・・・その手腕のレベルの高さもさることながら、まるで、HouseのDJが焦らした後にビックボムな曲を選曲するみたいな効果もあって、大変イイですね・・・

 また、この選曲で、一気にDisco路線に違和感なくチェンジしており、選曲の組み立て方においても、秀逸だと思いました(^0^)
 前半は、割とブロックパーティー的な感じだったのが、この選曲を期に、4つ打ち感のある流れに変更しており、尻上がりにテンションが上がっていく方向が素敵で・・・その後もサラッと「A Touch of Class」なんかの鬼レア盤を使ってる辺りもポイント高しです!


DSC02104.jpg DSC02071.jpg
DSC02069.jpg DSC02070.jpg

 そして、ミックスの上手い点は、まだまだ続きます・・・Discoっぽい4つ打ち選曲が続き、Salsoulラインな選曲になるのですが、彼らの「アイデア」が爆発してますよ!!

 まず「First Choice / Love Thang」の印象的なイントロを鬼カッコいい2枚使いで攻め、テンション&グルーブを高めてるのですが、使用してる曲がGrandmaster Flash大先生の「Salsoul Mix」に収録されている「Love Thang」で・・・観客の声入りのヤツです。
 そこから、クイックで、イントロ2枚使いの雰囲気を利用して、Love Thangのイントロが出だしで被っているFlash版の「Silvetti / Spring Rain」にカットイン! ちょうど「あのMC」が入っているところで、ここもミックスの流れを一気にSilvettiにもって行くグルーブの引っ張り方が秀逸です。

 ただ、ここでは終わりません・・・そのままSilvettiでグルーブを引っ張りますが、ブレイク部分で、HouseリミックスのSpring Rainにスイッチします!!
 もう、全然違和感がなく、4つ打ちの流れに変更をしちゃっており・・・ここもメチャクチャカッコいいです!!

 わずか、2分程度の中に、超高濃度のミックスが収まっており、それに加え、グルーブの維持や、路線の変更など・・・ホント「彼らの技」が生きたミックスで、考えれば考えるほど上手すぎです!!

DSC02074.jpg DSC05124.jpg

 特に、このDisco→Houseへのミックスは、2007年にリリースされた「Cut up Salsoul」でも多様してる技で、この作品で布石を掴んだ・・・と言ってもいいかも知れないですね~ この作品もヤバいっすね!!
 んで、流れを4つ打ちに変えた後は、最後までHouseの流れをキープし、ハウスクラシックな「Blaze / Breathe」でフィニッシュ・・・最後まで気の抜けないミックスです(^0^)



 流れとしては、大雑把に説明すると、前半・中盤まではHipHopやBreakbeats中心の選曲の中で、ポンっと印象的な旧譜をミックスしたりして「押したり・引いたりのミックス」をして、後半に向けて徐々にテンションを上げていき、中盤のある時点から一気にDiscoラインに持ち込み、更にテンションを上げ、最後はHouseでBPM早めに終わるみたいな・・・感じで、作品のストーリー性も大変素晴らしいと思います。
 月並みな表現になりますが、車を運転しているときに聞いてると、気づいたらアクセルを多めに踏み込みつつ、首は振りまくりでリズムを刻む・・・みたいな、快楽的なスピード感を内包したミックスになっていると思います。
 

 今回の紹介では、彼らの「ミックスの上手さ」を中心に進めましたが、最後に一言加えておくと、これらの上手さは全てミックスの流れの中で生きているので、意識せずに聴いてるとサラッと流れます・・・なので、普通に聞いても気持ち良く聞けるミックスになっています。

 しかし、彼らの素晴らしさの「一つ」であり、ここだけはしっかりとしたいと思い、読みづらいかもしれないですが書きなぐりました(^^;)
 もちろん「選曲の深さ」や「全体的な作品感」も大変優れており、それをメインに聞いてもイイわけですが、Ulticutに関しては「テクニカル」な部分を考えながら聴くと、更に彼らの「イルな感性」にヤラれるはずですよ!!


 結論として、ミックステクニック+掘りっぷり+ミックスセンスが加算と乗算を繰り返すと、ここまで高度なミックスになってしまう・・・みたいな好例だと思います。 
 なんか、作品の紹介としては難しく書いちゃいましたが、かなり聞きやすく、かつノリノリなミックスなので、全ての方にお勧めしますよ~ん♪
 特に、MUROさんの「Super Disco Breaks」なんかが好きな方ならお勧めで、まだまだ安く変えるので、ぜひ買ってみてくださいね~(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : Ulticut Ups! 「Bang Bong Disco Baby」
Genre : Disco、Garage、DanceClassics、HipHop、House、BreakBeats・・・
Release : 2003年12月
Lebel : Flat Rock FRCD0002 ※Bull Jun氏のレーベルよりリリース


<Notice> 
①CDのトラック番号
 CDのトラック番号とトラックリストにズレが生じる部分があります・・・Track7辺りでズレ、トラック番号が一つ多いまま進行し、36辺りで帳尻が合うようになります

②テープについて

DSC00069.jpg

 今回の作品は、上記のテープが同時にリリースされていますが、ミックスは両方同じで、CDをメインに考えた作り方(ワントラック)をしてるので、CD版をご紹介しました。

③ジャケットについて
 言わずと知れてますが・・・CurtisのOSTジャケの丸使い!!



--------------------------------------------------------
<追記> 2009年4月3日
DSC02104.jpg DSC02105.jpg
 適当にお借りしちゃった「Love Thang」を、帰宅時に新宿・ユ●オン・ソ●ル館でお手頃価格でゲットしてきましたので、写真と文章を差し替えしました。
 写真の通り、正規とプロモの2枚ゲットでき、コンディションはボチボチ(私はラベル書き込みは全然気にしないです)ですが、これからUlticutバリに2枚使い大会をしますね(^0^)
 それにしても、帰宅時に思いつきで買いに行って、普通にあって、値段も嬉しい・・・って、私の今日の運勢が良かったのかも知れないですが、東京のレコード屋はなんらかんら言ってスゲーですよ!!



---------------------------------------------------------
<編集情報> 2010年1月11日
 記載内容に一部誤りがあり、それを直すついでに、悪い癖で文章を少し手直ししました・・・でも、まだ読みづらいな~(^^;)

<編集情報> 2010年1月24日
 収録曲のレコード(Blaze)で買えたのがあったので、追加しておきました。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いつもブログ拝見させていただいております。
コメントさせていただくのは、はじめてです。

コメントするには遅すぎるのかもしれないのですが、どうしてもお尋ねしたいことがあります。

このミックスに収録の、That's the Wayのリミックスのことなのですが、
ジャケの写真を載せられているレコード、もしくは、これが収録されているレコードを探し続けているのですが、まったく見つかりません・・・。

かなりのレアものなのかと思いつつ探していたのですが、ブログを見て
>そんな高くないんすよね~♪
と書かれていることから、レアではないのかな?と思い直して探しているのですが、

ブログを更新されてから半年ほどたった今も、まだ見つけられていません・・・。

店舗や、オンラインなどでもこの一枚を気にしてみているようにはしているのですが・・・。

写真から確認できる、
that's the way special limited edition remix
と検索すると、ほとんど情報は出てこないし、

クレジットに表記の、
that's the way new york style remix
で検索すると、某レコ屋で売り切れの情報が一件出るのみです。

検索の仕方が悪いのでしょうか・・・?

ほかにも何か情報あればよろしくお願いします。。。


2009/10/03(土) 00:21:25 | URL | iu #SFo5/nok[ 編集]
Re: はじめまして
iuさん、初めまして(^0^) コメント&質問は大歓迎ですよ!
ご質問の件、私が分かる範囲でご紹介しますね・・・

That's the Wayのリミックス、これは89年ごろにドイツオンリーでプレスされた12inchで、この当時よくあった「昔の曲をぱぱっとリミックスしました」みたいなシリーズからの1作になります。
まあ、いわゆる「再発盤」の範疇にはいるシリーズで、「Special Limited Edition - Remix」っていうのは、どうやらそのシリーズ名のようです。
このジャケットの質感ので、別の作品では、BB&Q Band / On the Beat とか、Odyssey / Going Back to My Rootsとかがあります。

んで、実際の曲のリミックス名は「New York Style Mix」です・・・ちなみにリミキサーは「Wild Boys」って人みたいです・・・誰(^^;)
ド定番曲だけに、多数のリミックスがあるようですが、どうやら、この「NY」は、このドイツのレーベルの12inchのみしかリリースされてないようで、同レーベルより、もう1種類、別の形でリリースしたものがあるようです・・・
もっと細かい詳細は、下のURLにデータだけあったので、参考にしてください・・・あんまりマニアック過ぎて、Discogsでも写真がないですね(^^;)

一覧 http://www.discogs.com/artist/KC+%26+The+Sunshine+Band 
私が紹介したレコ http://www.discogs.com/KC-The-Sunshine-Band-Thats-The-Way-I-Like-It/release/193969
別のレコ http://www.discogs.com/KC-The-Sunshine-Band-Thats-The-Way-I-Like-It/release/909332

んで、このレコード、記録によると、私は2006年5月に渋谷ユニオンで購入したようで、その時は2100円でした。
たしか、R&Bの棚から抜いたと思います・・・当時、私もこの曲を探してて、ジャケットも知らない状態で掘ってましたが、タイトルと値段で「ピーン」ときて、視聴したらヒットで、即決で買いました(^0^)
ユニオンも市場価値(Ulticutが使ったとか)を知っててつけた値段っぽく、もしかしたら、割と昔から有名な盤なのかもしれないですね・・・

そして、その後も、ユニオン中心になるのですが、R&Bの棚とか、Disco系の12inchの棚でボチボチ遭遇し、値段も2000円前後が多かった印象があります。
ただ、乱造された再発盤と評価される場合もあり、1000円以下で売ってるのも見た記憶があります・・・
また、逆に個人系のお店だと、高い値段をつけてるのを1,2回は見たことがあり、5000円ぐらいをつけてたのもあります・・・
あと、ネットだと、何度かは見たことがあります・・・UlticutのVinyl7でも見たことがあったような???

私個人は、レコードは店舗で買うことが多いので、実店舗の話が中心になりますが、遭遇率で行くと、3か月~半年に一回ぐらいかな~と思います。
そんなに頻繁には出ないと思いますが、通常の棚出し(放出セールではない)で出ることが多く、もし可能であれば、ユニオン辺りを定期的に通い、網をかけておけば、その内引っかかりそうな・・・感じです?
お勧めの棚は、新宿ユニオン・ソウル&ブルース館の12inch(回転がかなり速い)、渋谷ユニオン・2Fのダンクラ12inch、そして各店のR&Bの棚(特に渋谷と新宿)・・・この辺を掘っておけば間違いないと思います(^0^)

参考になるかどうか分かりませんが、私が知ってる情報は以上です。
iuさんが、このレコードを発見できることをお祈りします・・・Let's Diggin'!
私も気に留めておきますので、見かけたらまた情報を紹介しますね~♪

2009/10/03(土) 10:26:09 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック