HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Spinbad 「Needle to the Groove」
DSC00153.jpg

 週末あたりは、歴史本を読み返していて、すっかりミックス作品の更新をしてなかったですね(^^;)
 んなわけで、写真は撮ったけど、ずーっと紹介するのを忘れてた大名作のご紹介です!! 今回も写真が多めですよ・・・


DSC01553_.jpg DSC02137_.jpg

 好きな方にはたまらない、DJ Spinbadの2000本限定シリーズの第2弾のご紹介です。
 結構前に第1段の「That's my Shit」第3弾の「The Classics」という、鉄板でヤバい作品をご紹介しましたが、この作品はその間にリリースされた第2弾で99年7月頃にリリースされた作品です。
 作品の体裁的には、第1段の流れでシリアルが打ってあり、日本ではManhattanが激プッシュしてた・・・というか、Mの独占企画みたいな感じでリリースされたので、一応USリリースの形はしてますが、大半は日本で売れた作品だと思います。
 当時はしっかりとSpinbad中毒だったので、発売日に当然購入し、当然ヤラレた一本です(^^;)
 ちなみに、前回の紹介の間に、いろいろとフライヤーを発掘してたので、Spinbadの来日フライヤーを何となく貼っておきますww


 まず、この作品ではいわゆる「R&B」を取り扱っているのですが、個人的にはSpinbadの「ぶっ飛んだ発想力」が発揮された一本だと考えています。

DSC02385_01.jpg

 第1段の「That's my Shit」であれば鉄板のHipHopクラシックス第3弾の「The Classics」ではこれまた鉄板なDanceClassicsを・・・と選曲面で見ると、定番は外さない選曲で、超ドープなスキルと構成力で聴く者を逃さない・・・DJミックスの醍醐味を存分に発揮していました。

 しかし、Spinbadの魅力として、その内紹介はしますが、上記の「80's Megamix」のような「ぶっ飛んでる発想力&選曲力」も魅力だと思います・・・
 誰も思いつかないようなミックスだったり、誰もチョイスしない曲を選んできたり・・・Spinbadに関してはそういう点が実は結構イルで、80'sであれば、今では一回りして80'sモノは再確認がされましたが、誰もが無視をしてた90年代中頃に、全編にわたってフューチャーし、それをビックリするぐらいイルなアイデアでコスリ倒し、ミックスしちゃう・・・ってのは中々思いつかないです。
 んで、この作品・・・予備情報がない状態で買いましたが、聞いて一発でSpinbadのそんなイルなセンスにぶっ飛ばされました・・・



 DSC02397.jpg DSC02396.jpg

 導入部であるA面の最初では、James Brown / The Payback、Marvin Gaye / Inner City Blues などのブレイクビーツ・クラシックを比較的落ち着いた印象で選曲し、印象的な2枚使いなどを披露していきます。
 技に関しては、流石のポテンシャルの高さで、ビビります・・・

 んで、この旧譜の流れから、徐々にCaron Wheeler / Livin' in the Lightのロウなビートに移動していき、それを受けてThe Brand New Heavies / Sometimes などの比較的ロウな感じの歌ものにシフトをしていったと思ったら・・・ビックボムの投入です。

DSC02377.jpg DSC02378.jpg

 なんと「Moomin / Windy Lady」ですよ!!
 曲については、言わずと知れた達郎さんのカバーで、リリースした当時は、HipHop勢のフックアップがあり、私も流れで購入し、今でもクラシックな一枚です。
 ただ、このテープ聞いてて突然Moominが聞こえてきた時はカルチャーショックでした・・・外人の人が作ったテープで普通に日本語が出てくるわけですから・・・
 まあ、今になって思い返してみれば、日本でホボ売れちゃうテープなので一種の「サービス」をしたのかな~とか、日本に来た時に貰って気に入ったとか・・・そんな理由だと思いますが、NYにいる人が普通に日本語の曲を使ってるのにビックリさせられました。
 なお、結構お気に入りのようで、B面でもRemixを使用しています・・・(^^;) そして、そのB面では、MUROさんの曲を連続ミックスです!!
 
 そして、この辺からSpinbadのイルな魅力が発揮してきます。

DSC02363.jpg DSC02365.jpg
DSC02366.jpg

 Moominの後には、なんと「Maxwell」をチョイス! それも超ドープな2枚使いをMaxwellで披露です!!
 
 やっとこのテープの本旨の説明になりましたが、今回のテープはR&Bがメインなんだけど、Maxwellのような90年代中頃以降の「NewSoul以降」の曲を中心に使用し、およそコスリとは縁遠い曲を2枚使いしちゃうん・・・ですよ。
 
 他のアーティスとのことは順を追って説明しますが、まさかMaxwellで2枚使いをしようとは一般人では思いつかない・・・と思います・・・それも99年の時点でやってるわけですから、スゲーです!
 聴いたことがない方は、視聴してみると分かると思いますが、2枚使いができそうな跳ねたR&B(New Jackとかね)とは違う、オーガニックな質感で、耽美な世界観がある曲を作るお方ですが・・・それをスゲーカッコよく調理しちゃいます。
 特に、LPオンリーの「The Urban Theme」での2枚使いは、使い方の上手さもさることながら、選曲のチョイスにも高い選眼力が伺えます。

 このMaxwellが象徴的なので書きましたが、Spinbadって「誰も使わない曲」を使い、2枚使い&スクラッチでカッコよく仕上げちゃう・・・ってことが出来るDJで、技ばっかりに目が移りますが、楽曲をチョイスする「選曲眼」の高さも忘れてはいけないと思います。
 Spinbadの場合は、MUROさんみたいに「高度な掘り」ではなく「意外性」を含んだチョイスに長けていて、80'sとか今回のとか、誰もチョイスしないところを抜いてくる・・・みたいなところがあり、それが魅力の一つだと思います。
 んで、意外な曲を1曲とか入れるとかは誰でも出来ますが、それを作品として「1本の作品」として成立させちゃう・・・わけで、それもカプリが2枚使いするような跳ねたR&Bでなく、落ち着いたR&Bですから・・・う~ん「イル」としか言いようがないですね!!

 ちなみに、私もこのテープを聞いて、Maxwellが好きになり、いろいろと掘りましたが、1st辺りを聞いてみると、都会的な質感とオーガニック感が上手くマッチしつつも、ボトムが結構太いことに気づき、結構好きな作風です。
 中古屋では「捨て値」で登場することが多いので、お財布に余裕があったら買ってみてね♪

DSC02371.jpg DSC02373.jpg
DSC02369.jpg DSC02368.jpg
DSC02367.jpg DSC02372.jpg

 そんなわけで、コスリとは無縁なR&Bを使うわけですが、Maxwell以外にも90年代に成立したNewSoul以降な曲を使っています。
 特に「Epic」関係の曲が多く、個人的にも好きなレーベルなのでボチボチ持ってましたので、貼りましたが、Groove Theoryとか、源流であるSADEとか、そのSADEのバックバンドの別プロジェクトSweetback等をチョイスしてますね。
 2枚使いもスクラッチも、そして細かいブレンド作業(後で説明します)なんかをしつつ、ミックスしてますが、個人的には、結構深い曲まで使っててヤラレました(^^;)
 一般的にはアルバムオンリーなGroove Theory / 10 minute high (探せばプロモで12inchはアリ)とか、Slave使いが印象的なGroove Theory / Baby Lov (Remix) とか、けっこう渋い曲を使ってて、選曲眼の高さが伺えます。

DSC02374.jpg DSC02375.jpg

 また、同じ流れで他のアーティストの曲も当然入れており、いわゆる「スロー」も平気で2枚使いをしてて、ドープです。
 上記のErykahでも、Chicoでも・・・スローな曲で違和感なく2枚使いを成立させちゃうのは・・・技術があって始めて可能にするとは思いますが、一般人には思いもつかない考えですね(^^;)

DSC02382.jpg DSC02384.jpg

 そして、選曲面での最大のボムはココでしょう・・・B面の最後でお出迎えです・・・
 先ほどご紹介したMoominからMUROさんに行き、次に紹介しますが、MUROさんのビートでRootsをブレンドして、断ち切るようなカットインでJamiroquai / Cosmic Girlにミックス・・・完全に流れを無視してるんだけど、すげーカッコイイ流れですよ!!
 んで、そこからは、まさかのChemical Brothers / Block Rockin' Beatsですよ!! それも、中盤では鬼カッコイイ2枚使いです・・・
 大ヒット曲ではありますが、こんなのをチョイスしてくるなんて・・・当時聞いてて「ああ、音楽には壁がないんだな~」と思ったりしました(^^;) 
 ちなみに、この後はSound of Blacknessに繋いでいきます・・・イルな感性が爆発ですね!! 



aaaaa.jpg DSC02383.jpg
DSC02381.jpg aass.jpg

 んで、このテープのもう一つの醍醐味は「メガミックス」と「ブレンド」ですね。
 Spinbadのメガミックスといえば、上記のような12inchもあるように(80'sは家庭内紛失をしてるので、写真は借りました・・・)、結構有名なのでご存知の方も多いかと思います。
 今回の作品であれば、左の80'sに収録されてるMichael Jackson / Bad が初出という形で収録されており、ヤラレます。
 最高峰は、右のHipHop vs Rap になりますが、BadではBDK / Raw ネタで有名なBobby Byrd使いで盛り上がらない訳がなく、SpinbadのMegaMixに外れはないですね!!

 そして、メガミックスとは同ラインになるのですが、今回の作品については「ブレンド」が細かく展開され、リスナーには気づかれないステルスっぷりをマニアックに発揮してます!
 恐らく、エディットを作ってミックスしてる曲や、オンタイムでブレンド(インスト+アカペラ)してるのもあるようですが、流れを断ち切らないブレンドをしており面白いですね。
 例えば、Moominのところでチラッと書いた「MURO / Dig on Summer」では、本編をかけて、ワンバースが終わったら、トラックはMUROさんのまま、Roots / Don't See Us(写真は借りました・・・) をブレンドでカットイン・・・・みたいな使い方をしてて、流れを全く断ち切ってないのがスゲーです。
 ただ、ホント細かすぎて、聞いてて気づかないのも多く、どちらかというと「選曲の流れ」を重視したブレンドをしてて、分かる人にはグッとくるミックスをかましてます!!


 最後に、全体的なミックスについての話と、技術面の話を・・・
 ミックスの流れについては、今回のはそんなに考えてない感じですが、要所要所で盛り上げポイントを作っており、何度も聞いても、そのポイントが待ち遠しくなり、ミックス作品としては成立してると思います。
 しかし、選曲される曲が「ド定番」とはかけ離れているので、好きじゃない人には辛いかも・・・って感じです。

 また、スクラッチ等の技術はレベルが高く、地を這うようなスクラッチが堪らないですが、他の作品でスクラッチの話なんかをしてるので、今回はちょっと違った側面の話をしましょう。
 
 Spinbadに関しては、「言葉」を意外と重視したスクラッチ&2枚使い&ミックスをしてて、普通に技を炸裂してるんだけど、細かい仕掛け(遊び)をしてるのが個人的には好きです。
 私も英語が全て理解できないのでアレですが、その仕掛けに気付くと、アハ体験じゃないですが、結構嬉しくなったりします(^^;)
 今回のテープであれば、・・・よくあるフレーズで♪Hold the Beats、Stop the Beats、Drop the Beats~♪ってあると思いますが(Caron Wheeler / Livin' in the Lightsとかね)、これの♪Stop the Beats♪のところで音を止め(=Stop the Beats)、次の曲にミックスするとか・・・結構細かいですね(^^;)
 でも、この点は気付くと嬉しいですよww


 また、長ったらしい文章になりましたが、かなり大好きな1本のご紹介でした。
 Spinbadのどの作品でも共通なのですが、選曲ができ、スクラッチもできるのであれば・・・やっぱり最強でしょう!
 けっこう安い値段で売られてますので、興味のある方はどうぞ~です。


<Release Date>
Artists / Title : DJ Spinbad 「Needle to the Groove」
Genre : R&B
Release : 1999年7月
Lebel : Cold Cutz Crew


ps この作品も好きなので、何本もストックしてます(^^;) ブートのシール無しも持ってたりして・・・
DSC00154.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私もこのテープ聴いてMaxwellのCD買いに行きましたよ(笑)
ただMレコ独占企画?だとは知りませんでした
確かにそれだとMUROさんとMoominの曲が使用されてたことにも合点がいきますね
最近ネットに上がってる90s megamixも最高でした
2009/04/30(木) 20:09:08 | URL | sin #-[ 編集]
ありがとうございます(^0^)
sinさん、いつもどうもありがとうございます(^0^)
コレを聞いてMaxwellにハマったのは私だけじゃなかった・・・ホッとしました(^^;)
あと、90'sは知らなかった・・・早速落としてみましたが、いや~張り切ってますねww
細かく聞いてないのであれですが、Rock使いとか、細かい言葉使いとか、Spinbadらしくって面白いですね(^0^)
これからも、頑張って更新していきますので、よろしくお願いします~♪
2009/04/30(木) 23:38:10 | URL | mixtapetroopers #-[ 編集]
このテープは僕も未だに聴いてますよー。
先日渋谷のユニオンに売っていて2個になりました。。
2009/05/26(火) 10:12:13 | URL | dainamu #-[ 編集]
はじめまして~
dainamuさん、書き込みありがとうございます(^0^)

おおっ、私も流石に追加購入はしなかったですが、確かに売ってましたねww
この作品って、そんなには注目されてないけど、結構いい内容なので、私もたまに聞いてます(^0^)

spinbadモノは、まだまだあるので、追ってご紹介します・・・今後ともよろしくお願い致します♪
2009/05/27(水) 22:40:00 | URL | mixtapetroopers #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック