HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Danny Krivit - 718 Sessions CD Pre-Release Party @air (2009/05/01)
DSC02441.jpg

 え~、ここ何カ月かは仕事が忙しく、ブログの更新が遅れたりしてましたが、気づいたらクラブにも行ってない!!
 んなわけで、大好きなDannyのパーティーがあったので、仕事を早く切り上げ、参戦してきたので報告です~♪

 なお、今回の記事は、Houseが分からない方でも分かるように・・・願わくば「洗脳」されてしまうように・・・書きたいと思います(^^;)


<Who is Danny Krivit ? >

 どうやら、このブログを読んでいる方は「HipHop」がメインの方が今のところ多いようなので、Dannyの補足を入れておきます。
 
DSC02443.jpg DSC00403_01.jpg
DSC02455.jpg DSC02456.jpg DSC02444.jpg

 NY出身/在住のDJで、ジャンル的にはHouse/GarageのDJになりますが、正確に言うと「Dance Music」のDJです。
 キャリアは30年オーバーの超ベテランで、それこそDisco黎明期のころより恵まれた環境(両親がクラブを経営してた・・・とか)を元にデビューし、NYスタイルを貫き通す職人系のDJですね。
 DJとしての活動がメインではありますが、ミックス作品の発表であったり、Dannyの代名詞でもある「リエディット」ものの発表なり、ハーデストワーキンなお方です。
 もっと詳しいバイオとかは「ここ」なんかや、Dannyのサイトをご参照ください・・・

 実際のプレーでは、いわゆるDeepHouseっぽい選曲をしつつも、Dannyの代名詞である「Disco」を交え、一夜をFunkyに・・・そしてSweetに彩ることができるDJで、あまたのDJより称賛をうけるお方です。
 それこそ、Larry Levanに「Dannyほど美しく優しいスイートな世界をクリエイト出来るDJはいない」と言わせ、盟友であるFrancois Kからは「自分を唯一惨めな気持ちにするDJ」と言わせ、私自身もクラブでのプレーや作品を通して、Larryとかが言った意味を痛感する日々が続いております。

 プレーについての紹介や、彼の人柄については、今回のパーティー報告でクローズアップをしますが、現在は「Body&Soul」のメンバーとしての活動や、自身の活動で世界各地を回り、多忙な日々を過ごしており、日本では熱いクラウドに支えられていることもあり、年に何回も来日をしております。

 ちなみに、去年、日本人歌手の「ak」と婚約し、公私共々、生活が充実している模様です(^^;)
 去年の夏のパーティーでは、嫁が婚約発表を行い、後ろでニコニコしながら「愛してるよ」と目で合図を送っている姿が印象的で、50を過ぎても「男」なのにはある種の感動を覚えましたww


DSC02451.jpg DSC02452.jpg
DSC02450.jpg DSC02454.jpg
DSC02453.jpg runaway
DSC02461.jpg DSC02446.jpg
DSC02447.jpg DSC02448.jpg DSC02449.jpg

 んで、一見するとHouseのDJなので、HipHopが好きな方には縁遠いな~と思う方も多いかと思いますが、彼の活動を振り返ると、結構お世話になっていることに気付くと思います。
 上の写真のブートっぽいレコードは持ってる方も多いかと思いますし、お世話になってる方も多いと思います。
 実はこれらの12inchは、80年代にDannyが名前を隠して(?)オリジナルの楽曲にエディットを施してリリースした12inchで、結局はブートになるのですが、ホント素晴らしい作品です。
 80年代のDannyは、「Danny Rock」の名前でHipHopDJをしたり、「Mr,K」として上記のようなエディット作品を作ったりしてて、今のHouseDJとしてのDannyとはちょっと遠い活動をしてたりもしてました。
 まあ、HipHop勢であれば「Feelin' James」は持ってるだろし、「Brazillian Rhythm」なんかもお世話になってるだろうし、「Love is the Message」のフロアライクなエディットを使う方も多いと思います。

 これらの作品に言えるのは、悪意のあるブートではなく、彼が作品を愛しているからこそ出来るエディットで、オリジナルの作品の良さを更に引き延ばすことを前提にしている・・・という点です。
 事実、ブートとしてリリースしながらも、後年になってオフィシャルでリリースした作品(Runnwayとかね)が出たり、リエディット作品が新作としてリリースされたり、大変な評価を得ていると思います。

 Dannyのエディットは、オリジナルを重視しつつも、フロア用に全体をボトムアップする感じで、Dimitriなんかのエディットと比べると「繊細」な印象があるのですが、現場でHouse・Disco等のエディットを聞くと、原曲と思いこんでしまうぐらいの作り込み方で、大変良いですね。

 なお、80年代のDannyエディットについては、旧Groove・2000年10月号にDannyのインタビューと共に、彼が作ったエディット作品の紹介が載ってますよ♪


DSC02459.jpg DSC02460.jpg

 また、Dannyについては、上記のエディット作品にも反映されてますが、膨大なレコードコレクション&知識&音楽愛があるからこそDJなりエディターとしての活動が成立するとも思います。
 日本版のWaxpoetics#3で、12inch紹介コーナーに翻訳が載ってたので、各所でスゲーという声が上がってますが(左はオリジナルの英語版での掲載記事)、五万枚オーバーというレコード馬鹿っぷりを発揮しています(^^;)
 いつだかのNextRecordsのブログで、来日する度に来店するDannyの話があり、ん万円するDiscoの12inchをUSドルで買った(!)話が出てますが、ホントレコード好きなようで、来日でDJする時はCDをメインとしつつも、アナログも必ず持ってきてくれ、特にDisco関係はプチノイズ入りのレコードで気合いを入れてプレーしてくれます(^0^)

 
<今回のプレー>

 予想異常に長い前ふりになりましたが、以下では「Dannyのプレー」と「Dannyの人柄」なんかを、昨夜のパーティーを振り返りつつ、ご紹介致します。

DSC02457.jpg 718.jpg

 今回のパーティーは、彼がNYで主催している「718 Sessions」のCDがリリースされる「予定」で、そのリリースパーティーに当たるそうです。
 ただ、あくまでも「予定」であり、現時点でどんなCDなのかの情報は全くなく、謎のリリースパーティーでしたww
 私を含む参加者も、主催者も、CDのことは全く気にせず、DannyのDJが楽しめればそれでいい・・・・と割り切っていたかもです(^^;)

 一応、パーティーはリリースパーティーなので、その「718」な感じがでたパーティーだったと思います。
 まあ、普段と同じ感じのDJでしたが、718のことをちょっと説明しておきましょう・・・

 Dannyが個人パーティーとして始めたもので、当時開催していたブルックリン(現在はマンハッタンで開催)の市外局番を冠にしたパーティーで、Body&Soulと同様に、日曜の午後に行われるアフタヌーンパーティーです。
 上記の写真のように、Disco期の有名ジャケットを使用したフライヤーが有名で、私は現地のパーティーは参加したことがないので、あれですが、Dannyの好きなHouseとDiscoを中心とする様々な音楽をプレイし、観客たちはその音の旅に酔いしれ、踊り狂う・・・そんな感じのパーティーだと思います。

 まあ、日本でプレーするときは、718と同様なプレイを行っているので、いい意味で「いつも通り」なプレーなのですが、今回も・・・大変良かったです(^0^)

 
 金曜は仕事だったので、マキで仕事を終え、帰宅して飯食って、仮眠をとって・・・寝過ぎて終電ギリギリで渋谷につき、ソバを食って、歩いてairへ・・・
 airについたのは12:30頃で、ボチボチ人が入ってましたが、まだ満員とまでは言えず、ビールを飲みながら気持ちよく踊れる程度・・・の混み方でした。
 いつもの通り、DannyがオープンよりDJをしていて、DeepHouseっぽいHouseを淡々とプレイしてて、準備がてら、その音の波に乗り、踊り始め汗をかきます・・・

 Danny等のNYのHouseDJ達はオープンからラストまでDJをすることが多く、そのDJに「一夜を任せる」ことが伝統になっていると思います。
 HipHopやTechunoのパーティーなんかだと1時間交代とかでDJが変わり、一人でDJするのはレコードも必要だし、体力も必要だし、大変だろうな・・・と思うかも知れませんが、自分のペースで一夜をクリエイト出来るので、力量があるDJであれば自分の魅力を存分に発揮できると思うし、観客側も徐々にテンションを上げながら、DJの提示する世界観に同調し、気持ちよく上がっていく・・・みたいなことができると思います。
 その限りにおいては、DJと観客は「一夜を共にする関係」なわけで、男女関係じゃないですが、観客はDJに音楽旅行のアテンドを任せ、DJが奏でる音楽旅行に観客は声を上げて応えたり、踊りで応えたり・・・するような「信頼関係」があって始めて成立する関係だと思います。

 個人的には、3年ぐらい前からHouseの現場も通うようになり、その過程でDannyを知り、一発でやられ、来日する度に踊りに行って・・・気づいたら私の中で「確実に信頼が出来るDJ」になり、今に至ってます(^^;)
 もう、「Dannyに任せておけば間違いなし!」みたいな感じですよ・・・自分の好みなんかが変わったのもあるかも知れないですが、行ったパーティーごとに発見があり、大変お世話になっております。


strigsoflife DSC02464.jpgDSC02462.jpg
 
 話が脱線したので、当日の話に戻します。
 DeepHouseの流れは暫く続き、珍しく2:30頃まで引っ張ってました。
 かかった曲に関しては全く分からないですが、今までは割と早い時間に一発「ピークタイム」を持ってくることが多く、突然「Earth,Wind&Fire / September」とか「Soul Central / Strings of Life」なんかを選曲し、フロアーを「起爆」させることが多い・・・んですよ。
 ただ、こちらもDeepHouseの「音の波」に乗っかり、気持ちよく踊りつつも、DannyのDJも実は段々とアグレッシブになっていて、聴くだけでは凡庸なDeepHouseの曲をアイソレーターで強弱をつけ、徐々にフロアーのテンションを引っ張られていた・・・ようです。

 また話を脱線しますが、「アイソレーター」って分かるかな?
 House以外だと使うことが少ないと思いますが、低域・中域・高域の3つのバンドをダイヤルをひねって増やしたり・減らしたりする・・・機械で、ミキサーについてる「EQ」よりも幅広く調整が出来、マイナスはゼロまで絞れる機械です。
 恥ずかしいですが、私のアイソ(ベスタの旧機械)を貼りますが、写真の上にある「太いノブ」をグリグリいじってる姿は・・・映像とかでみたことがある方が多いかと思います。
 私の機械は、メジャーでない(ミキサーに合うように、ハーフラックのを探してて、これに巡り合いました。でも、ハーフラックのって結構人気なんすよね)のでこれとかこれとかこれなんかが有名ですね。
 HouseのDJ達がどのように使うのかは、なかなか説明がしづらいのですが、アイソを使い、リズムやメロディーと同調するように音を削ったり、増やしたい音を増やしたり・・・することが多く、変な話、エフェクターなんかを使うより、肉体的な操作をするので、プレイしてる音に立体感を与え、観客とDJを一体化にする魔法の機械ですかね・・・
 自宅でも、いい感じの曲を買った時は、グリグリしてます・・・だって気持ちいいんだもん(^^;)

 なお、Dannyに関しては、盟友である「Joe Claussell」のような感情を一体化したようなアイソ捌きはしないですが、今回のような、地味な曲をアイソを使ってビルドアップしていく技なんかを聞いてると上手いと思うし、後半でテンションが上がってくると、ジョーばりに感情をこめてアイソを切る様にはグッとくるところがあります。


DSC00673.jpg

 話を元に戻します(^^;)
 そんなわけで、アイソを使い、徐々にフロアーのテンションを高めていき、遂に「お待ちかね」を投入です。
 永遠のフロアーアンセム「Inner Life / Ain't no Moutain High Enough」ですね!!
 イントロがかかった瞬間、私を含む数人が奇声を上げ、飛び跳ね始めてますww

 Houseって、よく「耐える音楽」と言うと思います。
 長時間のプレイについていく・・・って意味もありますが、好きな曲がかかり、最高潮するまで、ひたすら耐えて待つ・・・って意味が強いと思います。
 まあ・・・大好きな「ごちそう」がある前提で、すぐ食べるのと、何かと苦労をして食べるのでは、後者の方が美味しく感じますよね・・・そういった方法論をDJで実践してるのがHouseだと思います。

 んなわけで、待ちに待ったピークタイム&大好きな曲とあって、私も歌いながら踊ってましたww
 
 Dannyはしっかりと後半のインスト部分もかけ、ホントかけてる曲を大事にしながらプレイしています・・・・
 Dannyを語る上で外せないのが、一曲一曲を真摯な姿勢で選曲し、その曲の良さを引き出すべく「大事にプレイ」している点です。
 リエディットものの作成においても同様なことが言えますが、プレイにおいてもその姿勢は変わらず、聞いてる者にも、その姿勢がビシビシ伝わり、心の底から「音楽を楽しもう!」みたいな気持ちにさせてくれます。

 私はHipHopを好きになったことで、この道を進むようになりましたが、Houseの現場に行き、1曲を大事にする気持ちを知り、カルチャーショックを受ける反面、音楽との接し方が「楽になった」ような気がしました・・・
 HipHop等でも「定番曲」「人気曲」などがあり、聞けばやっぱり盛り上がります・・・しかし、HipHop的な選曲は「矢継ぎ早に」ミックスすることで、その曲の良さを「全て味わう」ことが出来ない・・・と感じるようになり、場合によっては物足りないミックスの仕方をする様にも思えるようになりました
 クイックで繋ぐことで、テンションを維持していくミックスも結局は好きなのですが、Dannyのように、気持ちをこめて1曲をかける行為が、非常に「男らしく」感じ、「好きな曲だから小細工はなしだ!」みたいに思えるようになり、装飾をしない「自然」の状態が素晴らしいんだよ・・・と教えてもらい、肩肘張らずに好きなものは好きって言っていいんだ・・・といった感じになり、楽になりました・・・

 よく「良い曲は良い」みたいな話がありますが、まさにその言葉の境地を知ったわけですよ・・・
 Dannyは、彼が持つ真摯な姿勢と音楽に対する愛が機能して、観客たちを優しく包み、フロアーのテンションを上げていきます・・・
 

DSC02465.jpg

 Inner Lifeの後は、同系統のDisco(曲名不明・・・)に繋いで、またDeepHouseを選曲していき・・・そのまま4時中頃まで引っ張ります。
 今回のDannyはやけに引っ張るな~とも思いましたが、全然OKです(^0^)

 4時を過ぎると脱落者が増え、フロアーにゆとりができ、踊れるスペースが流動的ではありますが、増えていき、お待ちかねのDiscoタイムに突入です。
 Dannyなり718を指すとき、やはり有名なのが70年代にリリースされた「Disco」モノを積極的にプレイすることで、ホントかけ方も上手いと思うし、選曲のチョイスも間違いないし・・・何よりも楽曲が持つ「ポジティブ」な雰囲気をフロアー中に広げ、みんなが喜びながら声を上げ、踊りだしちゃう・・・そんな「幸せなひと時」を作るのがホント大好きです。
 Disco期のレコードって、自分もDannyなんかに影響されて積極的に買うようになり、理解ができるようになりましたが、当然ながら人の力で楽器を演奏してて、かつ踊らすための楽曲・楽しむための楽曲が多いので、ホント「楽曲のグルーブ」がいい曲が多く、個人的な嗜好はありますが、大好きです。

 また、それらの「古い」曲は、いいサウンドシステムで聴くと・・・ビックリするぐらい良く聞こえます
 個人的にはairの音響は嫌いでなく、低音なんかはYellowの方が良かったかな~とも思いますが、フロアー全体に音を包み、DannyがかけるDiscoものも良さが引き出すシステムだと思います・・・
 昨年、代官山UnitでDannyのパーティーがありましたが、あんまりシステムが良くなく(Dannyと合わない?)、システムとの相性って結構重要なんだな~とここ最近は痛感しています。
 そして、良いシステムで聴く音は、レコードを作ったミュージシャンたちの鼓動がしっかりと伝わり、ハイハットやキックの音が格段に違います・・・airが最強とは言えないですが、こっちも乗ってきてるので、ヤラレちゃいますね(^^;)
 ちなみに、今回のセットは、CDメインで、タンテが2台、ミキサーは多分Ureiで、アイソはベスタ・・・かな?

 そんな曲たちを、Dannyは1曲1曲に気持ちをこめてプレーをし、観客たちも踊り、歌い、笑い・・・様々な表現で応えていきます。
 5時台では、写真のDouble Exposure / Ten Per Sentでピークに持って行き、後は残念ながら私の知らないDisco/Garage(曲は知ってるけど、名前は知らないのも有り)をかけてて、勉強になりつつも、気持ちよく踊りました(^0^)
 Bahannon / Let's start a Danceなんかもかけてたっけな・・・今回に関しては知らない曲が多く、写真が貼れないですが、知らない曲でも気持ちよく踊れるんですよね~
 ただ、正直に話すと、踊ることに集中してて、何をミックスしてたのかを忘れてました(^^;)


DSC02412_003.jpg
DSC02415_001.jpg DSC02413_01.jpg

 観客はこの時間を楽しみに来る方も多く、12時頃から頑張って踊り、この時間帯は写真のように、照明も若干明るくなり(写真は6:30頃)、各々が気持ちよさそうに踊り、手を上げ、声に出し、まさにパーティーといった雰囲気です。
 ここ最近は、クラブへは一人でいくことが多く、どこまで踊ることが出来るのか・・・みたいな自分との戦いみたくなっており、個人的には早い時間よりもこの時間の方が踊り狂い、歌ってますね・・・周りが引くぐらい(^^;)

 Houseというか、Garageというか・・・これらの曲って個人的には「踊る」「歌う」「楽しむ」を恥ずかしがらずに表現していいジャンルの曲なんのかな~と漠然と考えてます。
 一人でいくのもそうですが、周りに合わせて自分を潰すことは、実社会では多々ありますが、フロアーの上ではそんなの関係ない・・・自分を正直に開放する・・・そんな気持ちよさがあります。
 まあ、ちと恥ずかしいですが、30近くになり、やっとクラブの良さ、DJのミックスの良さ、踊ることの良さ・・・みたいのが分かりました(^^;)

 あと、このくらいの時間になるといつも気付くことがあります。
 周りを見ると、いつもDannyのパーティーに来てる男子・女子が多く、知り合い・友達じゃなくとも、同じ空気をシェアしてる間柄なわけで、妙な連帯感があります(^0^)
 話しかけたりはしませんが、いつもいるお兄ちゃんがいたり、お姉ちゃんいたり・・・姿を見るとちょっと安心したり、目が合えばお互い笑顔で返したりもします。
 もしかしたら、私もその一人で、いつも一人で踊ってる人だな~と思われてるかも知れないですが、みんなDannyの大きな子供たちですよ・・・う~ん、「One Nation Under the "Danny" Groove」 ってところでしょうかね! 


DSC02445.jpg DSC00672.jpg

 んで、6時で一度音を止め、アンコールタイムに突入です。
 5時台からは盛り上げつつも、スローな曲とかもプレーし、フロアーがいい感じに温められ、アンコールでは、Dannyクラシックである「Brainstorm / Lovin' is Really My Game」とか、ちょっとDannyがプレイするのは意外だった「Diana Ross / The Boss」なんかの、ド定番をかけてくれ、いや~盛り上がりましたね!!
 アイソで切ったりして、アクセントは付けてますが、曲に加工することなく、曲の良さを最大限に引き出すプレーにはヤラれます・・・こういうかけ方だったり、かけるタイミングだったり、ホントDannyは信頼できますよ!!

marvin

 あと、この時間では「Steve Wonder / Don't you worry 'bout a thing」が確かかかってましたね・・・コレは意外だったけど、すげー気持ちよかったな~♪
 個人的には、Dannyからの「メッセージ」と受け取り、「あんまり細かいことを気にせず、頑張って生きていけよ!」みたいに一方的に感じました(^^;)

 そう、NYの伝統として「選曲でメッセージ」を伝える・・・ってのがありますね。
 個人的な経験だと、やっぱりDannyで、いつだかのairでのプレーで5時頃、スピーカーの低音が飛んでしまい、満足なプレーが出来ない状態になり、Dannyが「Marvin Gaye / What's Going On」をかけました・・・
 その時は、分からず、低音の抜けたWhat's Going Onが新鮮で、踊ることはできなかったですが、歌詞に入っていけ、スゲー良かったのですが、思い返すと、サウンドマンに対して「What's Going On?=どうしたの?」と問いかけてる・・・んだと気づきました。
 一種の言葉遊び(?)に近いのかも知れないですが、そのメッセージが分かった時の感動・驚きは何事にも変えることができません。
 この間行ったDJ NORIの30周年パーティーでも、NORIさんからのメッセージに気付いた時の感動は・・・忘れられないです・・・
 
 ただ、英語があまり理解できないので、英語の曲で全てを理解するのは難しい・・・ので、最近は「一方的にメッセージと受け取る」って言うのも有りかな~と思ったりします(^^;)
 まあ、いわゆる「思い込み」になるのですが、人の解釈は千差万別と考えれば・・・そういった姿勢でもいいんじゃなかろうか・・・と思います。

 でも、DJミックスにメッセージを織り込むなんて、かっこいいし、粋だし、美しいし・・・何よりも信頼しているからこそメッセージを受け取ることができるんだと思いますので、Dannyってやっぱりスゲーなと思ったりします。


<最後に>

 いや~、またダラダラと書いてたら、こんなになっちゃった(^^;)
 
 私は、6時半ごろ、2回目のアンコールがあった直後に、もう終わりだろうな~と思ったので、身支度して、暫くはフロアーを眺めつつ、写真を撮ったりして、帰りました。
 本気なHouse野郎からすると、「6時半なんか早い時間に帰りやがって・・・黙って昼まで踊れよ!」となるかも知れないですが、ちゃんと寝ないと死にそうだったので、帰りました(^^;)

 最後にDannyの良さをまとめてみたいと思います。
 
 Dannyに関しては、今の一般的なHouseのトレンド(それこそEMMAさんとか)のど真ん中にはいないと思いますが、Dannyらしいグルービーで深いHouseをプレイでき、必ず盛り上げることの出来る、数少ない「職人」系のDJだと思います。
 その中で、他のDJと違うのが、Dannyが持っている「Disco」フィーリングを駆使し、時にアグレッシブに、またポジティブに・・・ダンスフロアーに「愛」をもたらすことができる点だと思います。
 キャリア30年オーバーが裏打ちするかの如く、幅の広い選曲とプレイスタイルで、観客を魅了し、彼の真摯な姿勢が、観客たちの心を開き、気持ちを解放できる・・・素晴らしいDJだと思います。
 Larry Levanに「Dannyほど美しく優しいスイートな世界をクリエイト出来るDJはいない」と言わせる所以はこんなところにあるんじゃないかと・・・思います。
 私にとっては、100%をお任せできるDJで、これからもお世話になりたい・・・と思います。

 今回はHipHopが好きな方でも、Dannyの良さ、Houseの良さが分かるように書きました・・・
 変な話、HipHopバカだった私が、Houseに目覚めたのはDannyのお陰だし、DannyのテイストはHipHopバカでも理解できるようなFunkyさを持っているので、是非作品を聞いてみたり、クラブなんかに足を運んでもらいたいものです。
 Dannyに関しては、いつか真面目に書きたいな・・・と思ってた方なので、これを読んで、少しでも興味なり影響があればいいな~とも思います。

 私自身は、このブログを通して「DJミックスの素晴らしさ」を表現できたら・・・と思い、ミックス作品の紹介をしていますが、現場でのDJのこともできる限りホローしたいし、現場で学んだ経験なんかも反映できればいいな~と思ってます。
 現場に行くと、ミックス作品では表現できない様々な事柄があり、現場で得た経験が、このブログでの表現活動(?)の「知識・経験・精神」的な支えになったりもします。
 
 う~ん、上手くまとめられないですが、「DJミックスに幸あれ!」ってことにしておきましょう(^^;) では~♪


---------------------------------------------------
※注意 記入したプレイ曲の順番は、記憶で書いてるので、間違いがあるかも知れないです。 間違ってたらごめんなさい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうも初コメ失礼致します。
なんだか素晴らしいレポートで非常に勉強になりました。

Danny Krivitは僕も尊敬しているDJで彼のエディットを、他のDJのエディットとは違って繊細だ、という部分に納得させられました。数年前に彼のエディットだけを集めたコンピCDが出てましたが、オリジナルのバージョン違いと言っていいような仕上がりでしたね。

にしてもDannyのプレイするパーティへ行きたくなりました。

ではでは。
2009/05/03(日) 11:01:51 | URL | yuki #4jeLTJQM[ 編集]
Re: タイトルなし
yukiさん、初めまして(^0^) 読んで頂き、ありがとうございます♪
Danny、ホントいいですよね~ 是非是非、機会があればパーティーにも足を運んでくださいね♪ お会いしちゃったりしてww

それで、yukiさんのお名前にURLがあったので飛んでみたら・・・ほわっ! Discoの45のページの管理人さんでしたか!!
飛んだ瞬間、見慣れてる画面が出てビックリしました(^^;)

Disco関連についてはまだ勉強中の身ですが、これからもいろんなジャンルのミックス作品を紹介したいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します m(_ _)m
2009/05/03(日) 22:58:44 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
リンクありがとうございます。
こちらもリンクさせて頂きました。
これからも色んなレポート楽しみにしてるんで。ヨロシクお願いします!
2009/05/04(月) 03:53:11 | URL | yuki #-[ 編集]
Re: タイトルなし
yukiさん、こちらこそリンクありがとうございます(^0^)
これからも作品紹介とかパーティーレポートとか、頑張って更新して行きたいと思います♪
今後ともよろしくお願い致します m(_ _)m
2009/05/04(月) 09:41:16 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
はじめまして。fc2訪問者リストからたどってきました。日本でもこんなイベントあったんですね。体験できて羨ましい。私のようなおじさんにはもう無理なので、mixtaptroopersさんのレポで行った気になるようにしますのでこれからもよろしくです。
2009/05/08(金) 09:51:30 | URL | chanpara #-[ 編集]
ありがとうございます (^0^)
chanparaさん、書き込みありがとうございます(^0^)

訪問者リストの存在は、今始めて知りましたが(え~)、yukiさんのブログでリンクが張られてて、興味がある内容(タイトル)なので訪問した次第です・・・そんな仕組みがあったとは(^^;)

てへへ、私ももう少しで30になりそうですが、周りの若いガキンチョを尻目に、気合いで踊ってます・・・というか、ダンクラ等の知識が増え、ホント踊るのが楽しいです(^0^)
なお、もう一回り年齢が上の方もいたりして、そういう「悪い大人」から色々と学んで、今の私がいたりして・・・(^^;)
あっ、でも、現状ではビルボードとかコットンとかの方が行きづらいかも・・・(--;)

chanparaさんのブログもしっかりと拝見させて頂き、感想はchanparaさんの方に書きたいと思いますが、是非リンクに入れたいので、さっそくリンクに入れさせて頂きました(^0^)
ご了解を頂ければ幸いです・・・

では、今後とも頑張って更新いたしますので、よろしくお願い致します m(_ _)m
2009/05/08(金) 23:11:26 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
LINKありがとう
Link有難うございます。私の方も喜んで早速Linkさせて頂きました。また早速コメントいただきThanksです!今夜はもう寝ますので明日レスしますね。mixtape troopersさんの過去の記事も徐々に読ませていただきます。よろしく!!
2009/05/09(土) 00:22:57 | URL | chanpara #-[ 編集]
Re: LINKありがとう
> chanpara さん
こちらこそ、Linkありがとうございます(^0^) 確認しましたよ♪
今後ともよろしくお願い致します m(_ _)m
2009/05/09(土) 22:50:15 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック