HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Lincoln 「Searching - Playing the Real Stuff」
DSC01525.jpg

 連休も今日で終わり・・・でも、今週って2日行けばまた休みなんですよね・・・人間が腐っちゃうよ(^^;)
 んなわけで、あんまり見かけないけど、欲しい人には欲しい1本をご紹介です~♪


 DSC01948.jpg DSC02126.jpg

 東京近郊に在住の方で、上記のようなFunk・Soul期のアーティストの写真をモチーフにしたフライヤーを見かけたことがある方は多いかと思います。
 2000年より開始した人気パーティー「Searching」のフライヤーで、今回のテープはこのパーティーの主催者・レジデントDJである「DJ Lincoln」氏の作品です。
 パーティーの内容を表すかのようなDeepなFunkとSoulをコンパイル・ミックスをし、嗜好性は高いですが、お勧めの1本です。


DSC02555.jpg DSC00488_01.jpg
DSC02292.jpg DSC02173.jpg DSC01636.jpg

 まず、パーティーについては、現在も続く有名パーティーで、日本における「DeepFunk」の総本山的なイメージがあり、それに付随してJazz、Soul、RareGroove等の過去の生音ジャンルもプレイする・・・イベントだと思われます。
 私はSearchingには行ったことがないので、紹介が憶測になってしますのですが、参加DJ等を見てると理解できる部分が多いですね。
 レジデントである黒田大介氏Deepな作品(Kickin')をリリースし続けてますし、もう一人のレジデントである尾川雄介氏は言わずと知れた有名レコード店「Universounds」(写真は現在の高円寺の外観)の主宰者です。
 また、ゲストとして参加してるメンツも、Keb Dargeから始まり、Jazzman GeraldSnowboyIan Wright・・・などの大物がかなりの頻度で参加しており、パーティー自体が凄いDeepであることが分かると思います。 

EP00000104p.jpg DSC01451.jpg

 んで、このパーティーの主催者である「DJ Lincoln」については・・・日本に在住している外人さん(イギリス人)なのですが、あまり表に出ないお方なので、詳しいことは分からないのです(^^;) 
 Searchingのほかには、UKが発祥の「JazzDance」に拘ったパーティー「BeBopSquare」も主催し、DeepFunk、Jazz、Soulなどの「Deepな生音」で踊らすことができるDJだと思います。

 ちなみに、バイオなんかを見ると面白く、もともと生まれたイギリスで80年代よりJazz、Soulシーンなどで音楽活動を開始し、この間紹介したKeb Dargeのイベント「Legendary Deep Funk」のオリジナルメンバーとして活躍をしてて、90年代の中頃に日本に移住をして、このイベントを開始したそうです・・・
 つまり、イギリス時代に培った「Keb直系のDeepFunk」と「UKのJazzDance」を操ることができる、貴重なDJだと思います。

 なお、もっと知りたい方は「Searching」と「BeBopSquare」のサイト(下記に貼り付け)をご参照ください~♪ 
 DeepFunkとJazzDanceについては、凄い詳しい記述がありますので、分からない方は是非読んでみてくださいね(^0^)

 ・ SOS WEBSITE


 そんなわけで、実際のテープのご紹介です♪

 A面は「Funk Side」、B面は「Soul Side」と分けており、ノーミックス=フェードアウト・フェードインでミックスをしていますが、両サイドとも「ダンス」することを念頭においた選曲で、思わず体が動きそうになり、大変良い選曲&ミックスだと思います。
 残念ながら私の知識が少ないので、楽曲の細かい解説は出来ないのですが、知識がなくとも楽しめる内容になってはいます。

 A面は「Funk Side」としてますが、いわゆる「DeepFunk」と呼ばれる楽曲のオンパレードで、分かる方がトラックリストなり曲を聞けば唸ってしまう・・・そんな内容だと思います。
 試しに、海外のレアなレコードのオークション結果の検索ができるpopsike.comで検索をしてみると・・・45率が高く、そして値段が大変なことになってます!!
 う~ん、値段と曲の良さ・DJの良さは比例させたくはないですが、流石ですね・・・でも聞いてて踊りたくなります♪

 また、B面の「Soul Side」は、いわゆる「Modern Soul」っぽい曲が多く、こちらも45&高額の連チャンなのですが、フロアーで聞いてたら・・・つい踊り出したくなる選曲です。
 A面と比べると、若干「油っぽさ(?)」がヘリ、スムースな曲が多く、晴れた日に、部屋でマッタリとする時なんかにも良い選曲だと思います。

 あと、レアな45ばっかりでなく、現行にリリースされたFunkの楽曲(=SHARON JACKSONって人の曲)なども選曲されており、チョイスした楽曲のレアリティーを第一に置かず、チョイスする楽曲の雰囲気・良さ・タイミングなどを念頭に置いてミックスしているのかな・・・と思い、非常に好感が持てます。
 ノーミックスなので、ミックスについては評価しづらいのですが、日が当たらずに時代という時の流れに埋もれていってしまった「楽曲たち」を救いだし、選曲することで楽曲を「光らせる」ってことには大変価値があり、DJミックスという技術を超えた「選曲力」がある・・・と私は思います。


 んなわけで、実際の内容の説明は適当になってしまいましたが、総じて「ダンサンブル」な内容に仕上がった好内容で、DeepFunkなりModernSoulを知らなくっても、聞いてるだけで踊りたくなりますよ♪
 お手に取る機会があればどうぞ~です(^0^)


 <Release Date>
Artists / Title : DJ Lincoln 「Searching - Playing the Real Stuff」
Genre : DeepFunk、ModernSoul
Release : 2002年4月
Lebel : Freee-K Productions / Oh! Tape Joint  OTJ-21


<補足事項> リリース元について

DSC02556.jpg DSC02558.jpg

 今回、調査してて気づいたのですが、このテープは意外にも「DJ Kaya」「DJ Hinga-Higa」などの作品リリースで有名な「Freee-K Productions」からリリースされています。
 Kayaさんの作風・コネクションなんかを考えると、Lincoln氏がココから出してるのは超意外で、謎が残ります・・・ディストリビューションだけお願いしたのかな???
 また、今回初めて知ったのですが、写真右の内川マサヒコ氏の作品もココから出していることが判明したり、Houseの大御所「DJ Hiro」の作品があったり・・・個人的にはもっと調査したいレーベルに格上げされました(^^;)
 う~ん、値段は全然高くないんですけど、中古市場ではあんまり出ないんですよね・・・こうなったら沖縄に行くか・・・(--;)


-----------------------------------------------------
<追記> 2009年5月7日
ご紹介した「Searching」の実際のパーティーのフライヤー集をオマケとして作成しました(^0^)

● Searching Flyer

実際には、フライヤーを出したくって、このテープを紹介した・・・って側面もあったり、なかったりします(^^;)
ご興味があればどうぞ~



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
deep funkやModern soulのブームって最近落ち着いてきた感じですが、去年は凄く持て囃されてましたね。hip hop的な流れで人気だったんでしょうね。
2009/05/07(木) 10:51:25 | URL | yuki #-[ 編集]
いつもありがとうございます(^0^)
いつもどうもありがとうございます~(^0^)
そうそう、去年ぐらいにはじめて「Modern Soul」って言葉を知りましたもん・・・私は(^^;)
でも、Deepすぎて、まったく手が出ないです・・・

あと、今日も今日とて、付録のフライヤー集を作成しましたので、どうぞ~です♪
ではでは~
2009/05/08(金) 00:30:45 | URL | mixtapetroopers #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック