HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Shun 「Don't Stop the Rock」
DSC01516.jpg

 この作品は、ジャケットのインパクトで割と有名かな?
 各種バトル系大会で優勝&入賞を果たしたDJ Shun氏の作品で、ノリとキレが良いスクラッチで、ゴリンゴリンなMiddleものや80'sエレクトロなんかの上でコスリ倒しちゃう・・・そんな作品で、結構お勧めな1枚です(^0^)


DSC02407.jpg DSC02408.jpg
DSC02344.jpg DSC02346.jpg DSC02347.jpg

 まず、DJ Shun氏のご紹介です~♪
 詳細は分からないのですが、現在は「降神」などが所属・運営をするHipHop系レーベルTemple ATSに所属するDJで、降神のバックDJなどをされてるようです。
 彼のバイオなんかによると、1998年よりDJを開始し、2000年辺りよりバトル大会に参戦し、国内の各種大会で優勝経験もある方で、スクラッチ&2枚使いの腕は悪い訳がありません。
 ちなみに、このレーベルは、ラップ作品がメインリリースのようですが、ミックス作品もボチボチ出している・・・けど、あんまり目立たないっすね(^^;) むしろ、今回のShun氏の作品が一番有名かも・・・です?

DSC02719.jpg DSC02718.jpg

 なお、2000年前後のバトルDJということで、気づいたことを一つ・・・
 この2000年以降の日本のバトル業界って、DJ Hangerとか、DJ Kentaroなどの「新世代」が出始めた時期で、スクラッチの腕もさることながら、アイデアや個性に富んだDJ達が登場し始めた時期で・・・今から思い返すと「激戦区」だった時期だと思います。
 記憶があいまいだったり、完全に追ってはいなかったので、アレですが、Hangerがトランスを使ったり、Kentaroがジャグリングでいろんなジャンルのビートを再構築したり・・・ホント個性的な面々が登場し、現在でも活躍されてる方が多数ですね。

 そんな激戦区の中で勝ち上がっていったShun氏の腕は間違いないと思いますし、勝ち抜くべく何か「秀でるところ」があるのかな~と思う中でで、このDJ Shun氏は・・・ターンテーブリストらしからぬ「Deepな選曲」が、この作品を聞く限り光っており、非常に興味を引かれました。


DSC01518.jpg DSC02726.jpg

 ジャケは、言わずと知れた「Play That Beat Mr DJ」で、そのアイデアで負けちゃった・・・所もありますが、選曲的には、そのPlay That Beatのような「80'sエレクトロ」「80年代末から90年代初期のHipHop=MiddleSchool」を選曲しており、バトルDJらしからぬDeepな選曲を発揮しています。
 ちなみに、ジャケの「腕毛」は・・・ご愛敬ですね(^^;) おそらくご本人様の手なんでしょう・・・

 バトルDJらしからぬ・・・と書きましたが、個人的には「選曲性」においても秀でてる才能があるバトルDJは・・・残念ながら少ないと考えています。
 これは、私個人の穿った見方なのかも知れないですね・・・以前も「Q-Bert / Demolition Pumpkin Squeeze Musik」をご紹介した時に持論を展開しましたが、ミックス作品として聴きやすいものが正直少ないと思います・・・

 分析するに、①スクラッチなどの技を披露すること、②スクラッチしやすいトラック、などが考慮され、曲と曲をつなぎ合わせての「ミックスの流れ」だったり、盛り上げたりな「選曲性」なんかが考慮されていないケースがあったりするのがポイントだと思います。
 変な話、バトル系のテープを聞いて、凄いスクラッチだな~とは思いますが、収録されてる曲はちょっと・・・といったところで、海外系の作品なんかだと、変なエレクトロライクな高速ビートで、あまり変わり映えがない曲がずーとミックスされ続けるのはチト辛いっすね(^^;)
 つまるところは趣味性が強く、「需要がある曲がミックスされない」場合が多く、一般的なファンからは乖離しちゃう可能性が非常に強い・・・と思います。
 まあ・・・一概にこうだとは言い切れない(SpinbadとかMelo-Dとか・・・優れた選曲性を持ってる方も多いですからね~)ですが、なかなかバトル出身DJの作品には馴染めない方も多いと思います。


DSC02722.jpg DSC02723.jpg
DSC02229.jpg DSC02725.jpg

 その限りにおいて、この作品が面白いのが、それこそ貼りつけたDJ Viblamとか、Ulticut等が使用したような、Funkyで速めなHipHop・・・それもDeepなMiddle近辺の「掘らないと巡り合えない曲」を使用して、分かりやすい例示だと「Koco」さんの世界観に近いミックス(=ドープな選曲&スクラッチ)を展開してる点です。
 いや~、バトル系の人でしっかりと「掘ってる」方って少なく、大ベテランのTa-shiさんなんかはネタモノのクイックミックスをやられたりしてますね・・・でも、現実的に「人気なライン=需要アリ」をしっかりとホロー出来てるバトルDJは少ないので、なかなか面白い方向性だな~と思いつつ、しっかりと「首」を振りながら聴いてしまいます(^0^)


 Shun氏のシェアーなスクラッチでスタートし、実質的な1曲目は「Maestro Fresh Wes / Let Your Backbone Slide」でファンキーにスタート!!

 前半は、一般的にはDeepなHipHopなんだけど、好き者にはたまらないMiddle系で、BPM早めのHipHopの連続でヤラれます・・・この辺は、全然追ってないので、レコはないですが、DJ Magic Mikeとか、Divine Stylerとか、Hijackとか、45kingとか・・・その筋には堪らない楽曲の連続で、その早めの楽曲の上で、気持ちいいスクラッチが炸裂してて、楽曲のスピード感&Funky感を更に高めています。

 2枚使いなんかは少なめなんですが、とにかくそれらのビートに合わせたスクラッチが最高で、個人的には、Hijack / The Syndicate Outta Jail でのコスリが半端なくカッコいいです・・・Funkyな味付けをつけつつも、ビートのスピード感を高め、聞いてる者の「首」をしっかりと上下に動かしてくれます!
 スクラッチもいろいろと種類があり、一般人には理解できない部分まで進化しちゃってる昨今、選曲する楽曲の雰囲気をさらにプラスにするスクラッチには好感が持てましたよ(^0^)


DSC02720.jpg DSC02721.jpg

 なお、今となっては、この手の速めなMiddleも耳慣れたところがありますが、Viblam氏だったり、Ulticutだったりのプレーがあって一般化(Viblamの赤は2000年、UlticutのLesson1は2001年)したのかな~とも思いますが、きっとShun氏もこの流れに影響を受け、レコードをしっかり買ってたんだろうな・・・と思います。
 私も、パッと聞いた時はViblam氏っぽいな~とも思いましたし、実際にViblam氏の写真の楽曲がミックスされていたり・・・影響はあるのかな??


DSC01517.jpg

 んでもって、後半以降はいわゆる「80's エレクトロ」に流れを変え、ピコピコした流れの中でしっかりとHipHopライクな流れを維持し、なかなか良いですね(^0^)
 それこそ、ジャケのPlay that Beatのような定番もあれば、いわゆるGarageラインの曲である「Paul Hardcastle / Rain Forest」のようなところまで飛び出し、今回聞き直して、しっかりと掘ってるな~と痛感させられます。
 
 また、他の点でもそうですが、Play that Beatであれば、X-Ecutionersのカバーから本編に移動するなど、ネタ繋ぎなんかもサラッとしてて、細かいところもこだわっており、聞いてて「おっ・・・オツなことするな~」と思ったりもしますよ(^0^)


 今回は、あんまりうまく説明できなかったですが、スキルフルなバトルDJが、しっかりと選曲面もホローしている好作品のご紹介でした。
 Kocoさん、Ulticut、そしてViblam氏なんかが好きな方には、その選曲面と、彼が選曲した楽曲の良さを更に高めるスクラッチで・・・・ヤラれちゃいますよ(^0^)
 こういう作品を聞いてると、「ああ、自分ももっとスクラッチが上手くなりたいな・・・」って思い、一瞬だけ「練習しようかな・・・」と考えます・・・結局、練習はしないけど(--;)


<Release Date>
Artists / Title : DJ Shun 「Don't Stop the Rock」
Genre : HipHop(Middle、80'sElectro・・・)
Release : 2006年4月
Lebel : Temple ATS TATSMIX-002
Notice : この作品のミックスは、変形ジャケットでおなじみの「Mista Donut」氏が担当してます! 保存するのに幅を取るので変形ジャケットを連発してたDonut作品はそんなに好きではないのですが・・・「類は友を呼ぶ」っといった所なんですかね?
DSC02727.jpg


<追記> 2009年5月23日
発売時のフライヤーを発見したので、追加で貼り付けしました。


------------------------------------------------------
<独り言・・・>
今日、渋谷のユニオンのブログを見てたら、今週末よりKoco氏のミックス作品が配布のニュースを発見!!

DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA│MIX-TAPE・MIX-CDプレゼント!!

いや~、マニア泣かせな企画だこと・・・とりあえずテープからゲットかな? でも、最近、1万も買うものがないので、どうしましょ・・・(^^;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kocoもらってきました
初めまして
mixtape好きで
kocoさん調べてたら、たどり着きました
昨日は渋谷ユニオンでcdゲットしてきました
tapeゲット出来ました?
hiphopのみで1万はつらかった
2009/05/17(日) 05:29:51 | URL | funky.president #-[ 編集]
Re: kocoもらってきました
こちらこそ始めまして(^0^) 検索ってすごいな~

え~、昨日の会社帰りに渋谷のユニオンに行きましたが・・・買うものがなく、新入荷の欲しいものだけ1500円ぐらいを買って帰りました・・・(--;)
欲しい高額商品があれば一撃でしたが、無理して買うのも辛い金額&条件ですね・・・
ただ、トラックリストは見ましたが、流石な内容のようで、どんなテクを披露してるのかも気になるところですね!!

1万の道は厳しそうですが、レシートの合算がOKらしいので、今後、頑張ってみます(^^;)

今後もいろいろと更新していきますので、今後ともよろしくお願い致します♪
2009/05/17(日) 18:25:20 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
すみません、いろいろとmixcd探していますが販売してもらえませんでしょうか?
データのみでも結構です・・・
djshun探しています。よろしければtabo.1123488@gmail.comにご連絡ください。
2013/12/09(月) 23:21:37 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>???さん

コメント、ありがとうございます。

残念ながら、このブログでは、掲載した作品の音源の譲渡(販売)は行っていません。
ご希望にはお答えできません・・・ごめんなさい。

それにしても、随分渋い作品のご指名で、ちょっとビックリしました!
ターンテーブリスト系のミックス作品を探しているのかな??

この作品、今となってはマイナーな作品になり、それ故に市場ではでなくなっちゃいましたが、注目されないが故に、ユニオン辺りで出れば底値な感じですかね・・・
このブログ的な発想になりますが、言えるのは「気合を入れて掘ってください!」になります・・・指を汚すのは大変かもしれないですが、頑張って掘ってくださいね(^0^)

では、今後とも宜しくお願い致します。



2013/12/10(火) 21:44:22 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック