HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Lil Louis 「Mix the Vibe - 27 years in the Mix 1974 - 2001 」
DSC02738.jpg

 出張前で雑務をこなしたり、ホームラン級のミスが振りかかったり、更新出来なくって申し訳ないっす(^^;)
 ただ、出張で関西に行くんですよ、大丈夫だろうか・・・会社の命令で中止にならなきゃいいな~レコード屋に行けなくなるので(^^;)
 んなわけで、インフルエンザに関係ないテープのご紹介です。


 トップの写真だと何なのかよく分からないですが、現在はDJ稼業を引退されてしまった「Lil Louis」の有名ミックス作品「Mix the Vibe - 27 years in the Mix 1974 - 2001 」のテープ版・・・というか、日本国内・販売店向けの「視聴用テープ」です。
 本来はジャケットが付いてるとは思いますが、私が購入したのはジャケがなく、現在は自宅にある適当なケースに入れています(^^;)


DSC02739.jpg DSC02741.jpg
DSC02742.jpg

 まず「視聴用テープ」のことですが・・・ミックステープコレクターになると、結構避けられないジャンル(?)のテープで、私も機会があれば必ずゲットしてる類のテープです。

 視聴用テープってのは私が付けた俗称ですが、分かりやすく言えば、レコード会社が発売前のCD作品の内容をテープにして、CD販売店等に配り、参考にしてもらい、その作品を注文してもらう・・・為のテープです。 まあ、レコードで言う「プロモ=PROMO」ですね。
 時期はあれですが、2000年代の初めぐらいまではテープが結構使用されていて、その後は当然CDなんかになってますが、意外とカセットテープが頑張ってたんですよね・・・
 考えてみると、今はCD-Rが簡単に作れますが、CDが簡単に作れなかった頃なので、小ロットで作れたのがテープであったり、音質がCDよりも劣るため、発売前の海賊版を避ける効果があったり、商品価値としてCDよりテープの方が低いので、横流ししてもあんまり市場に影響がなかったり・・・とそんな理由でテープが珍重されてたのでは・・・と考えてます。

 ちなみに、探してみると、上記のようにHouseも、HipHopも、Techonoも・・・いろんなジャンルがあり、ミックス作品としてリリースされる予定のものも、テープになってるモノが多いです。
 ただ、時期的には、メジャーではミックス作品が少なかった時期なので、圧倒的に「アルバム」的なモノが多く、ミックステープの尺度からすると面白くないものも多い・・・・のですが、以前紹介したMUROさんのアルバムサンプラーのように、たまにボムがあったりするので、避けては通れないジャンルです!

 あと、一般販売してないものなので、市場にあるのも変なのですが・・・CD販売店に勤務されてる方から「放出」することが多く、フリマなんかを巡ると、元販売員(現かも?)が捨て値で放出させてることがあり、たまに行って、出てるのがあれば買い漁ってます(^0^)


DSC02444.jpg DSC02745.jpg
DSC02455.jpg DSC01587.jpg DSC02402.jpg

 そんなわけで、このテープは、有名ミックスCDシリーズ「Mix the Vibe」の一作で、リリース元は言わずと知れた「King Street Sounds / Nite Grooves」ですね。
 NYのDeepHouse系の名物ミックスシリーズで、「King Street Sounds / Nite Grooves」音源を、トップDJ達が自分の持ち味なんかを披露しつつミックスを展開するシリーズで、今までJoeとか、Dannyとか、Spinnaとか、Moralesとか・・・NY系の有名どころには殆どご指名がかかってますね。
 NYらしい、Smoothで、Deepな作品を連発してるレーベルで、いろんなレーベルが潰れちゃってる現在、最後の砦に近い存在で、これからも頑張ってほしいレーベルです。

 ちなみに、知らない方もいると思うので、捕捉しておくと、レーベルのオーナーは日本人の「Hisa Ishioka」さんで、日本におけるHouseの普及にホント尽力を尽くしている御大だと思います。
 海外DJのブッキングや、ツアーなんかも結構担当していて、クラブに行って「King Street Sounds / Nite Grooves」の垂れ幕がかかってたら、彼のイベントで、私が大好きなDannyのイベントは高確率でHisaさん関係で、この間のレポしたパーティーもそうでした。(^0^)
 Hisaさんは、数回、クラブで見かけたことがありますが・・・若々しく、いい意味での「悪い大人」の代表みたいで・・・ちょっと憧れたりする感じがします(^^;)


966.jpg DSC02743.jpg

 んで、やっと作品のご紹介(^^;)
 結局はプロモなので、オリジナルの方が世間的には有名な訳で・・・私は持ってませんが、左のジャケットのCDが実際の作品になります。
 Mix the Vibeシリーズの中では割と売れた部類になるのかどうかは分かりませんが、作品の内容的にはHouse一辺倒ではないので、結構好きな作品です。

 Lil Louisについては、House外の人には分かりづらいかも知れないですが、Houseの誕生の地=Chicagoにて70年代よりDJ活動を開始し、Houseの音楽フォーマットが固まった80年代中頃より音源制作を開始し、インディー活動の後、メジャーであるEPICと契約し、「French Kiss」等の大ヒット曲をリリースし、80年代末以降の世界的なHouseの拡大に一役買ったDJだと思います。
 私はLil Louis氏のDJを生で体感したことはないので、全てを捕捉できないですが、一般的には「変態」な作風と言われており、「French Kiss」なんかが象徴的ですが、耽美な美意識が発揮された曲が多く、個人的にはかなり好きです(^0^)
 気づいたら12inchは、全然買ってないことに気づき、軽く凹みましたが、上記の「Nyce & Slo」なんかも耽美な感じで大変良く、避けては通れないDJ/Producerですね!

DSC02744.jpg
 
 作品は、彼の長期に渡るDJ活動を総括するような構成を、メジャーライセンス(権利クリア―)を逸脱しない限りで選曲し、現代的なHouseの曲と、いわゆるGarageラインの曲で構成されています。
 Mix the Vibeシリーズは、リリース元である「King Street Sounds / Nite Grooves」音源のみを使用するケースが多く、担当するDJの「味」は出るのですが、現代的なHouseの連続で選曲の幅が少なく、ガッカリすることもあります・・・しかし、今回の作品については、他社ラインセンスなどで旧譜ラインも抑えており、これが非常に良いアクセントになっています。

 私が持ってた上記の「Work that Body」の他に、カルトな人気を得ている「Arthur Russell」モノなんかをうまく使い、Dubライクでアバンギャルドな世界観を維持しつつ、Houseの波で攻め立てる構成にはヤラれます。
 Arthurモノは、まだ手を出してないのでアレですが、そろそろ買わないといけないのかな・・・やっと「良さ」が分かってきたので、5000円以下で買えるのであれば・・・手を出そうかな(^^;)

 また、これまた持ってはいませんが、アバンギャルドな流れとしてTechonoクラシックである「The Aztec Mystic / Jaguar」なんかが飛び出す辺りもいいですね・・・ChicagoとDetroitの繋がりを暗に表しているようで、面白いチョイスですし、聞いてて音の出し方がヤバすぎてブッとびますね!

 
 ただ・・・どのHouseのミックス作品にも言えるのですが、現場で聴いた時に感じる「圧倒的な音の波」は、DJ側も作ることが出来ず、個人的には平凡な印象があった点は指摘せざるを得ないです。
 Houseという音楽こそ、DJと観客が「ひとつ」にならないと生まれない「化学変化」あると私は考えており、これを作品として提示するのはホント難しいと思いますので、この作品も現場での高揚感までは引っ張れなかった印象があります。

 また、リップサービスみたいですが、自身の楽曲「French Kiss」などをチョイスし、耽美的な世界観でミックスをしなかった・・・のも勿体無いような気がします
 自身の曲は、結局選曲されてないのですが、「Arthur Russell」モノが提示するようなアヴァンギャルドな雰囲気を広げて、French Kissなんかが象徴的ではありますが、もっと「マッドな雰囲気」を提示しても良かったのかな~とも思います。


 正直、点数としては普及点には及ばないところもありますが、旧譜ラインのチョイスは悪くなく、dubっぽいHouseが好きな方にはお勧め出来ると思います・・・
 だけど、テープで買う必要は全くないので、CDで買ってくださいね・・・


<Release Date>
Artists / Title : Lil Louis 「Mix the Vibe - 27 years in the Mix 1974 - 2001 」
Genre : House(DeepHouse)、Garage
Release : 2001年10月
Lebel : King Street Sounds  KCD-223
Notice : 視聴用テープ


ps ここ数日の来店者数が凄いっすね! 方耳が良かったのかな?(^0^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
方耳ヘッドホン面白かったです。自分は現場にはいない人間ですが、もし現場に出たら使ってみたいですね。社会出てから一度もクラブに行けてませんが 泣
2009/05/24(日) 12:56:59 | URL | yuki #-[ 編集]
ありがと
いつもコメントありがとうございます(^0^)

方耳、気合いを入れて書いたので、喜んで頂いて光栄です!
私は、社会人になってからの方が真剣にクラブに通うようになり、年甲斐もなく踊ってますww

あっ、あと、帰宅して、yukiさんの日記の方を拝見してたら、フィリピンモノをご紹介してましたが・・・私も確かフィリピン産の謎のミックステープがあることを思い出しました(^^;)
その内、それも紹介しますね~

では、今後ともよろしくお願い致します~♪
2009/05/27(水) 22:36:21 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック