HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Take-G / DJ Shimone 「Bronx Express」
DSC01492.jpg

 たまにはストレートなHipHopを・・・でもちょっとレアな1本かも?
 KODPクルーのTake-GとShimoneによるHipHopミックスで、DITC関係(=Bronx関係)の楽曲をフューチャーした男汁満載の一本です(^0^)


DSC00319_11.jpg DSC00317_000.jpg

 このテープはA面を「KODP#7」である「Take-G」が担当し、B面を「KODP#6」である「Shimone」が担当・・・という共作の形態をとっており、KODPクルーの親分であるMUROさん譲りの「ブットいHipHop」をかましてくれます!

 B面のDJであるShimone氏については、以前紹介した「King of Diggin' #7 - I ♡45's The Crate Invaders」でもご紹介しましたが、KODPクルーとしては古参で、MUROさんとは付かず離れずの関係をキープする「いぶし銀」ですかね・・・今でも現役で頑張ってます!
 一方、A面のTake-Gは、このブログ上では初登場ですが・・・残念ながらよく分かりません(^^;)
 個人的な調査だと、90年代のKODPクルーでの活動では登場する方で、それこそ写真左のように、分かりにくいですが、名前が明記されています。
 しかし、今は何してるんでしょう・・・もしかしたら裏方さんになったのかな???

DSC00493_00.jpg

 そんなご両名が99年ごろ出した作品がこれで、MUROさんが、FinesseやAGといったDITCクルーと共演した「The Vinyl Athletes」のリリース(99年)によって、渋谷・宇田川町とBronxの間で生まれた「絆」を体現した作品・・・だと私は考えています(^0^)
 実際、タイトルもしかり、収録曲もしかり・・・KODPからDITCに送った「リスペクト」みたいなもんかも知れないですね・・・!


 んで、実際のテープの内容をご紹介~♪
 今回は、ビックリするぐらいレコがないです(^^;)

 A面はTake-G氏が、B面はShimone氏が担当しており、A面とB面で内容が違うのかな~と思いがちですが、選曲、DJのスキルともあんまり大差はありません(^^;)
 両者とも2枚使いやスクラッチなど、スキル面での披露は全くなく、淡々と繋いでいく・・・そんな感じのミックスで、個性を読み取るのが難しく、ちょっと地味な印象が拭えません。

 ただ、収録曲は濃いですよ~!!

 100%がDITCものではないですが、定番ものは全て押さえており、当時から高値だったFinesseなり、Showbizなり、Diamondなり・・・のレコは絶対オリジナルでまわしてる・・・みたいな匂いがプンプンする選曲で、たまりません!
 また、シングル曲だけでなく、アルバム曲とか、彼らがプロデュースした曲なんかも押さえてるようで・・・流石KODP! 当然、Diamondも鬼レアなプロモ2LPでまわしてるんでしょうね~(^0^)

 んで、スクラッチなどの技術は少ないですが、選曲自体は「分かってらっしゃる」みたいな所もあり、選曲は上手くまとめたな~という印象があります。
 それこそ、分かりやすいところだと、Slick Rick / Hey Young World から OC / Time's Up につなげるみたいな・・・声ネタ繋ぎがまさにそうで、ちょっとマニア向けだと、Finesse / Funky Technician から、Finesseの♪I'm mystical, musical, I might confuse a few~♪を声ネタにした Mysterme / Unsolved Mysterme にカットインとかはイイですね!!

 あと、要所要所で入るシャウトアウトも、Finesse、AGのDITC勢のほか、MUROさん、Gore-Tex、Boo、KashiなどのKODPクルーからもあり、KODP勢は必ずライムをキックしててカッコ良いです!
 また、彼らがスクラッチとかが出来ない分、無理矢理インスト曲で誰かがスクラッチをする・・・みたいな方式でDJ Wataraiが登場します・・・ただ、ワタさんよりも、B面でPut it On の上で擦ってる人(聞き取れない)の方が上手いっすね(^^;)


DSC03080.jpg

 最後に私が思ったことを一つ・・・
 このブットい選曲は、後のKODPメンバーである「Jyo-Cho(Chill Rob Jay)」なんかは色濃く影響され、以前紹介した「Fat Ride The Rhythm」なんかは、かなり選曲の世界観は近いですね。
 こういった「伝統」は、しっかりと先輩から後輩に受け継がれるんでしょうね・・・いいことです(^0^)
 

 んでは、まとめです(^^;)
 結論としては、Kocoさんのプレーなんかが一般化しつつある現在にあっては地味な印象がありますが、ド直球なDITC印の選曲で、気づいたら首を振ってる感じで悪くない作品です。
 
 でも・・・無理して探し出して聴くほどでもないかな??
 う~ん、マニア向けか?(^^;)


<Release Date>
Artists / Title : DJ Take-G / DJ Shimone 「Bronx Express」
Genre : HipHop(DITC・・・)
Release : 1999年
Lebel : KODP


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いよっしゃーーっ!!!!

これ始めたら女釣れすぎーw ww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://dopyun.quitblue.com/t5LqyZe/
2009/06/25(木) 21:11:56 | URL | 祖ちン #rIECbtzM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック