HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DSK Invisible 「Invisible Black vol,1」
DSC03515.jpg

 熱いですね・・・夏は嫌いじゃないですが、熱いのはね・・・(^^;)
 まあ、夏だからってわけではないですが、この時期にピッタリな1枚のご紹介です~


DSC03519.jpg DSC03517.jpg

 現在も渋谷Roomで開催されている「breakthrouth」のレジデントDJとして有名な「DSK Invisible」さんのミックス作品で、黒いんだけどメローなグルーブで統一し、一服の清涼剤になるような・・・ナイスなミックスを披露している作品のご紹介です(^0^)
 
 DSKさんの細かいところまでは分からないですが、現在はJazzy Sportに所属するDJで、DJ Jinさん、Masaya Fantasistaさんと共に「breakthrouth」としての活動や、別名義(Ladi Dadi)でのDJ活動Physical Sound Sportのメンバーとして音源製作をしたり・・・色んな事をしてるようです。
 プレイスタイルに関しては、実際のプレーは聞いたことがなく、ミックス作品を聞いた限りでの話になりますが、HipHop的なセンスを核に様々なジャンルをプレイする・・・感じで、それこそ「breakthrouth」や「Jazzy Sport」の持ち味(=多様性のあるHipHop??)を体現してるようなDJだと思います。

 ミックス作品は、そんなには出していませんが、割と聞くことが多く、特にこの作品はかなり好きなので今回の紹介になりました~♪


 では、さっそく紹介でございます・・・今回はレコなしです(^^;)

 ジャケットの質感やタイトルの通り、旧譜の「黒い」曲をチョイスし、全体的にメローな流れを演出するミックスになっています。


 ジャンル的には、Soul、Funk、RareGroove、Jazz、Disco、Reggae・・・などの旧譜群を幅広くチョイスし、バックグラウンドに「サンプリング」というHipHop概念が見え隠れするような感じで・・・選曲をしています。
 つまり「ネタっぽい」曲がメインだったりするのですが、MUROさんのKing of Diggin'のようなブツ切りミックスでなく、その曲の良さを汲み取ったミックスになっており、大変聞きやすいです・・・
 実際にネタ曲も入っていて、Buddhaの「休日」ネタの「Joe Thomas / Coco」とか、MUROさんの「三者凡退」ネタとか・・・「あっ、聞いたことがある・・・」みたいな曲が多いのですが、その曲の取り扱い方が丁寧で、曲の良さを引き出すことを念頭に置いたミックスに徹しています。
 まあ、ネタになるぐらいの曲は、メロディーが良かったり、グルーブが良かったり、何か秀でてる部分があるわけで、その秀でた部分を丁寧に伸ばしたミックス・・・みたいな感じですかね。

 また、全体の統一感が上手くまとめられていて、それこそ「黒いメローグルーブ」って表現になるのかな・・・肉体的な音なんだけど、爽快感・清涼感がある感じ・・・で、個人的にはかなり好きです。
 曲で例示をあげるのであれば、Curtis Mayfield / You're so good to meとか、Curtis繋がりじゃないですが、山下達郎 / Dancer とか・・・う~ん、メローな感じですね(^^;)
 今の時期だと「冷凍庫で冷やしたちょっと苦めのチョコレート」って感じですかね・・・口に入れた時は冷たいんだけど、だんだんと口の中で溶けて、甘みが広がる・・・そんな感じです?


 んで、DJミックスの方は・・・なかなか良い出来ですよ!

 曲の良さを提示するミックスなので、ロングミックスかカットインなどで地味目なミックスではあるのですが、しっかりと曲の「グルーブ」を繋げる繋ぎをしており、選曲の組み立て方が大変良いと思いました。
 全体的な流れは読めませんでしたが、チョイスした曲の「動き」をしっかりと読み取り、ミックスの流れの中で「山と谷」を細かく作ってるあたりは、聞いていて抑揚があり、選んだ曲たちが更に光るような印象がありました。
 個人的には、Debarge / Stay With Me → Joe Thomas / Coco → Reggaeへ・・・ の流れなんかは好きですし、センスがないと出来ない選曲ですね・・・Joe Thomasって最近高くないし、そろそろ買おうかな・・・(^^;)

 ミックスについては、「曲を光らせる」ミックスが主軸になり、曲とかを相当知ってないと出来ない芸当な訳で・・・上記した「選曲性の良さ」があるからこそ出来るミックスだと思います。


 メローグルーブって言ってしまえば、一言で片付いてしまうのかもしれないですが、芳醇な「黒さ」が全体に行き渡り、絶妙なグルーブを提供する作品ですかね?
 特に、HipHopが好きな方、Blackっぽいのが好きな方には絶対お勧めな1枚で、メローな雰囲気は一服の清涼剤になりますので・・・・夏の時期は手放せなくなる・・・かもな作品です(^0^)
 
 今回は、クーラー代わりになるかもしれない「大変気持ちいミックス」作品のご紹介でした~


<Release Date>
Artists / Title : DSK Invisible 「Invisible Black vol,1」
Genre : Soul、Funk、RareGroove、Jazz、Disco、Reggae・・・
Release : 2004年
Lebel : Jazzy Sport SECD:003
Notice : No Track List

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Buddhaネタの高騰が一時ひどかった時期はありましたよね。
僕も1年ほど前、渋谷のUnionにJoe Thomasを売ったとき買取値が3000円でびっくりした記憶があります。一緒にうったミルトンナシメントは800円だったのに,,,
ところで、管理人様が以前レビューされてたDJ KocoのMixをレンタルして頂けないでしょうか?謝礼はMix音源かレコードだと助かるのですが。
突然の申し出で大変恐縮です。
不適切な書き込みであれば削除して下さい。よろしくお願いします。
2009/07/20(月) 13:58:58 | URL | Koba #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kobaさん
書き込みありがとうございます(^0^)

おー、持ってましたか・・・Joe Thomas! 買取値段もそのぐらいでしょうね・・・
Buddhaというか、DLのネタ使いって、日本人の琴線に触れるものが多く、ネタ自体が凄いいい曲が多いですよね♪
私は、あんまりネタ関係のレコードは買ってないですが、コレ系は欲しいな~と最近思ってます(^^;)

あと、レンタルの件は・・・申し訳ないです、私からは出来ません。
うまく説明が出来ないのですが・・・MUROさんの言う「No Compilation, No Bootleg」の精神というのでしょうか・・・「頑張って掘りあててください」としか言えません。
まあ、著作権的なところもあるし、道義的なところもあるし・・・基本的には「音楽」に関する「P2P」と「シェア」は反対の立場なので・・・申し訳ないの一言です、すみません。
この点は、もうちょっと整理しないとな・・・

ただ、紹介する文章は気合を入れて書いてますので、今後とも掘る時の参考にしていただければ・・・幸いです。
また、Kocoのアレ(A to Zのだよね?)は、たまに中古で出て(ユニオン)、5000円前後で出ることがあるかな~と思いますが、個人的にはそこまで高い価値はない(内容の範囲でね)と思います。

あと、せっかく書いていただいた文章なので、削除はしないですよ♪
これからもバシバシ書き込んでやってください(^0^)

では、これからもよろしくお願いいたします~♪
2009/07/20(月) 23:43:43 | URL | mixtapetroopers #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック