HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Force of Nature(KZA & DJ Kent) 「Hotel Aroma Bowery」
DSC03598.jpg

 熱いですね・・・なので今回もクールアウト物をご紹介~(^0^)
 こういうのは夏場にホント重宝しますね・・・

 一見すると「DVD」と思われますが、2CDの作品で、あの「Force of Nature(KZA & DJ Kent)」が作った1作です・・・個人的には今年出た作品の中で、かなりヒットだった作品です。
 ただ、リリースされた「いきさつ」がかなり面白く、取材なんかもしちゃったので、以下で掘り下げてご紹介しますね~♪


DSC03609_01.jpg DSC03608_01.jpg

 まず、「Force of Nature」のことをご紹介しましょう・・・

 以前、KZAの作品を紹介した時は触れなかったですが、言わずと知れた「KZA」と「DJ Kent」のDJ/ProducerユニットがForce of Natureですね。
 母体は、日本語ラップ好きならご存知だと思いますが、90年代に活動していたラップグルーブ「四街道ネイチャー」で、この四街道から発展し、ジャンルを超越するブレイクビーツを操り、音源製作・DJ活動など幅広い活動を行っています。
 作品の方はそんなには追ってないのでアレですが、HipHopが母体なんだけど、Houseでも、Breakbeatsでも・・・なんでも食べて消化しちゃう「雑食性」があり、海外リリースなども行い、今後の活動も楽しみな存在です。
 詳しくは、彼らのホームページからどうぞ~♪

 そして、ミックス作品については、Forceとしてもありますし、両者がソロで出すことも多く、見逃せない作品が多いですよ!!
 まず、写真で貼った「ソロ作品」は、両者とも結構ミックス作品を出していて、特に写真左のKZAは前回も紹介しましたが、マニアックな作品を連発し、かなり好きなものが多いですね・・・一方の写真右のKentさんも、作品数は多くないのですが、濃い作品を制作してて、両者とも目が離せない存在になっています。
 んで、Forceとしてのミックス作品も、オフィシャルのMixCDなど、ボチボチあり、今回紹介するコレも一つになると思います・・・

 KZAの名前なり、Kentの名前なり、ソロとしても両者は十分有名なので、ソロ作品と位置付けるのにも疑問が残りますが、彼らの作品を聞いてると、両者間で「個性の違い」が微妙にあり、その辺が分かるようになると結構面白いですよ♪


DSC03568.jpg DSC03567.jpg

 んなわけで、この作品のご紹介です~♪

 リリースインフォによると、今年の1月末にリニューアル・オープンした横浜にあるデザイナーズ・ホテル「Hotel Aroma Bowery」を経営する友人より、リニューアル記念のプロモーショナル用にこのCDの製作依頼がForce of Natureの両氏にあり、限定制作されたもの・・・だそうで、当初は記念品みたいな形で配られていたのが、今年の4月ごろになり、一般販売もされた・・・CDになります。
 ただ、本人側の意向なのか、あまり宣伝とか流通をしなかったので、知らない方も多いのかな~と思います。
 割と小さいレコード屋では売っていましたが、Unionとか、DMRとか、Manhattanとかでは売ってなかったと思います・・・私自身もリリースの情報を聞いて、買ったのが代々木のCoconutsでした。

 リリースインフォをパッと見たとき「デザイナーズ・ホテル」っていうので、ココ何年かで出来始めた高級志向なホテル(リッツカールトンとか、マンダリンオリエンタルなど)とか、Tei Towaの弟さんでデザイナーの「鄭秀和さん(元DJですね)」が老朽化したホテルをリホームしたホテルとか・・・ちょっと「ラグジュアリーな感じのホテル」なんだろうな~と思いました。
 なので、そのラグジュアリーな雰囲気を更に深めるような内容のCDだろう・・・と思ったし、その「Hotel Aroma Bowery」自体も、横浜って言うんで、結婚式でしか行ったことがないけど、みなとみらい周辺のホテル(パンパシフィックとか)のような感じで「ハイセンスな感じ」なんだろう・・・と思い、内容もこれに準ずるんだろう・・・と思っていました。
 まあ、大好きなKZAものだし、トラックリストはなかったですが、クールアウトものらしいので、とりあえず買ってみて聴いたら、予想してた感じ・・・いや、予想以上の仕上がりにビックリしました。

DSC03569.jpg DSC03566.jpg
DSC03570.jpg DSC03573.jpg

 そんなこんなで、ココ最近聴く機会が多かったこの作品なんですが、ある時「Hotel Aroma Bowery」ってどんな所なんだろう・・・と思いホテルのホームページを調べてみてビックリしました・・・
 結論としては、高級志向なホテルなんですけど、いわゆる「ラブホテル」なんですよ・・・ね(^^;)
 
 まあ・・・最近のラブホと言えば、ミョーにオシャレなのが増え、「東京1週間」とかで普通に取り上げられ、やましい気持ちがない、カジュアルなホテルが増えてきてますよね・・・
 私は何年もラブホを利用したことがないのでアレですが、バリ風なヤツ(新宿の明治通り沿いのヤツとか)なんかがそのハシリだったと思います・・・

 う~ん、全く得意分野でないから結論付けられないですが、経営側も利用者側もラブホテルに対する考え方が「カジュアル」になった結果、雰囲気のいいホテルが増えたんでしょうね・・・このホテルもきっと、改装をして、そういう需要を狙ったんでしょう・・・
 ただ、その限りにおいて、オープン記念で「ミックスCD」を配るなんて・・・カジュアルどころか「粋」なことをしやがりますね!!

DSC03575.jpg DSC03571.jpg

 ・・・そんなわけで、「確認をしないといけない・・・」と思い、現地調査をしてきました(^^;)
 実は、上記で貼った写真は、私が先週末に横浜方面へレコードを買いに行ったついでに、現地に行って撮影した写真でした・・・ホントココまでヤルなんて思わなかったです(--;)
 当日はこのCDを聞きながら「現地聞き」スタイルで行きましたが、短パン&半袖で大型ヘッドフォンを装着してる姿でラブホの周りをウロウロしてた訳で・・・明らかに「不審者」ですね・・・通報されなくって良かった(^^;)

 場所は・・・横浜の「みなとみらい」ではなく、関内駅からすぐの「伊勢佐木町」のはずれにあり・・・現地に詳しい方なら分かると思いますが、家族連れなどでにぎわってる商店街(写真左)を奥に進み、ちょっとズレると「ホテル街」「風俗街」があり、更に進むと「黄金町」があるわけで・・・青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」が象徴的ですが、元々「大人の社交場=盛り場」な土地なんですね(^^;)
 詳細な場所は、ホテル街とは全然違う位置にあり、ビックリするぐらい目立たない所にあるのですが、そこがイイんでしょうね・・・お忍びとかで行く時は・・・
 まあ、流石に中に入っての調査は・・・相手がいないので出来ないので、外だけを撮影してきましたが、写真を見れば分かる通り、ラグジュアリーなホテルではなく「ラブホテル」で間違えないです(^^;)
 
 いま思い返せば、なんで一つの作品を紹介するのに、ホテルの撮影をしにいかないといけないのか・・・と思いましたが、私の「作品に対する愛情」の表れなんだ・・・と一点突破で理解するしかないですね(--;)

 では、やっと作品の「本編」のご紹介です~♪


DSC03615.jpg DSC03607.jpg

 2CD仕様で、一枚をKZAが、もう一枚をKentが担当し、HipHopライクな「クールアウト」な曲を選曲しています。
 DJミックスは、一部してるようなところもありますが、フェードアウト・フェードインのスタイルをとっており・・・無理矢理考えれば「ロフトスタイル」な感じなのかな~とも思いますが、まあ「コンピレーション」という位置づけになるでしょう。
 ただ、選んだ曲に関しては・・・それこそTapeKingzなどの海外物にありがちな「CoolOut/ChillOut」系のド本命な曲を選びつつも、四街道らしいディープな曲などもチョイスし、(ラブ)ホテルで男と女が二人の愛を確かめ合う時、最適な「潤滑液」になるのに適した選曲をしており、大変良いですね!!

 海外物のクールアウトだと、写真右のDoo Wopとか、Kapriとかは・・・ちょっと大味な感じもし、マイクなんかが入るので、二人の間に割り込んできそう・・・ですね。
 その大味感が嫌いじゃない(むしろ好き!)けど、まあ、愛を確かめ合うときはちょっと・・・って感じがします・・・経験したことがないので何とも言えないですが・・・(^^;)
 この限りにおいて、この作品では、結果としてDJミックスをしなかったことで上記のような大味感を排除し、スムース性が高められ・・・BGMでありながら、雰囲気を高める選曲を結果としてしており、個人的には大変評価ができます。

DSC03603.jpg DSC03604.jpg
DSC03605.jpg DSC03606.jpg
DSC03599.jpg DSC03602.jpg

 ざっと収録曲を並べてみましたが、定番ばっかりですね!
 KZAサイドは、割とこういった定番系を攻め、Kent側は定番を入れつつも意外な部分を入れたり・・・みたいな感じになっています。
 ただ、繰り返しになっちゃいますが、これらの曲を、DJミックスせずに入れたことで、その一曲一曲の「素材の良さ」が光り、全体的にスムースな流れにしてる点は秀逸です。
 ド定番の曲だけに、選曲の仕方を間違えちゃうと、うるさくなっちゃう場合もありますが、先ほど「潤滑液」と表現したように、曲たちが「主張」をしない程度に流れてくれ、二人の間を円滑にしてくれるような・・・感じには参りました。

 また、流石「四街道」な部分もやっぱりあり、Kentサイドでは、ネタとして使われそうな、あまり知られてない「インストSoul」とか「Fusion」みたいなのを選曲しており、その流れで「四街道ネタ(I'm Coming)」をチョイスしたり・・・抜かりがないですね(^0^)
 トラックリストがないので、曲名が分からない(知らない)ですが、いいところついてきますね・・・

 あと、この辺の違いはは、もしかしたらKZAとKentの「個性の違い」が出てるあたりなのかな~とも思いました・・・・
 個人的には、このKentサイドを聞いて、Kentさんの「センス」が結構好きになりましたよ♪



 んなわけで、作品の紹介はさっくりと終わりましたが、かなりイイ作品だと思います!!

 本来は「男と女」の為の選曲なのかもしれないですが、選んだ楽曲のポテンシャルの高さと、結果としていい方向に転んでくれた選曲方法(=No DJミックス)が功を奏し、普通に聞いても間違えがない作品です。
 リラックスが出来る・・・と言えばそれまでですが、まさにその言葉なわけで、Force of Natureの力量の高さが発揮されてると思います。

 まだ、探せば売ってる作品なので、興味がある方は是非買ってみてくださいね~


<Release Date>
Artists / Title : Force of Nature(KZA & DJ Kent) 「Hotel Aroma Bowery」
Genre : CoolOut/ChillOut(Soul、R&B、Fushion・・・)
Release : 2009年4月
Lebel : ???
Notice : No Track List


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック