HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Mighty Crown 「Mighty Crown Vol,7 - Vital '98 Sound Clash Taxi Hi-Fi vs Mighty Crown」
DSC03776.jpg

 また、得意分野ではないですが、ミックステープコレクターにとっては外せない一本のご紹介です~♪
 日本が世界に誇る最強サウンド「Mighty Crown」のクラッシュを現場録音した作品です!!


DSC02170_01.jpg DSC03778.jpg

 Migthy Crownといえば、説明が要らないぐらい有名ですよね・・・

 横浜をベースに活動をするReggaeのサウンドで、巧みなマイクさばきと、キラーなダブで世界を制覇した・・・方々で、日本はもとより、Reggaeの本場であるジャマイカや世界各地からプロップを得ています。
 近年では、横浜の夏の風物詩でもある横浜レゲエ祭りの開催が有名で、ちょうど本日開催をしますが(今日は天気が良さそう・・・参加者はうれしいでしょう!!)、メジャーには媚を売らず、独自の姿勢を崩さない姿勢は・・・Reggaeが好きではなくとも尊敬に値します。
 
 彼らに関しては、世界チャンプのなったのも大きいですが、ハードコアな姿勢を崩さずに、日本のレゲエシーンを広げた功績は大きく、ナンパなレゲエも増えている現在において、ストレートな姿勢を続け、レゲエシーンを牽引してる姿には頭が上がりません!!
 だって、横浜スタジアムを満員(3万人)埋めることができるんですよ・・・苦難の道があったのは事実ですが、マスコミに媚びずに、自分の信じるレゲエを発信し続けるわけですから・・・ほんとリスペクトです!!

 もっと詳しい情報は、彼らのサイトなんかを見てください・・・


DSC02114.jpg DSC02774.jpg

 ただ、彼らのことだったり、このテープを理解しようとなると、もうちょっと説明が必要になります・・・Reggeも独特の文化ですからね。
 私個人もあんまりReggaeのことは詳しくはないのですが、Reggaeのことが分からない方もおられると思うので、今回紹介する範囲での周辺情報をもっとかみ砕いて説明します。

 まず「サウンド」ですかね・・・いわゆる「クルー・グループ」に該当する言葉で、そのグループで「セレクター(=DJ)」、「MC」、そしてスピーカーを含む「サウンドシステム」を擁したグループを指す・・・レゲエ独特のグループ形態です。
 実際の現場では、自分たちのサウンドシステムを持ち込み、MCが観客を煽ったり、流れをコントロールしながら、セレクターが選曲を重ね、観客を盛り上げていく・・・そんな感じです。
 今回のMightyのように数名で運営してるものもあれば、一人でやる場合もあり・・・ほんと多種多様で、現在の日本では津々浦々に大小さまざまなサウンドが爆音を鳴らしています。

 特に注意すべき点は、サウンドと名乗ってるグループは、そのサウンドの「こだわり」があり、かける曲だったり、盛り上げ方だったり・・・千差万別ではありますがそのサウンドの「Reggae魂」を表現するのを念頭において活動をしています。

 そのこだわりの中で、もっとも力を注いでいるのがオリジナルの「サウンドシステム」と「ダブプレート」だと思います。

 まず、スピーカーを含む「サウンドシステム」ですね。
 本格的なサウンドになればなるほどこだわりが半端なく、どのサウンドも自分たちで作ったスピーカー&システムを駆使し、自分たちの「音」をお客さんに提供し、楽しんでもらうことには気合が入っており・・・それこそ写真右のような壁のようなスピーカーを持ち込み、レゲエ特有のベース音をブリブリ鳴らしながら、気持ちよくバイブス(=グルーブ)を高めていきます。
 サウンドの皆さんは、クラブでの派手な振る舞いとは対照的に、ほんと苦労をしながらスピーカーを運転・維持・発展してるようで、それこそ、クラブとかに持ち込むのが大変だったり、セッティングが面倒なのに組み立て・・・実はかなり地味で大変です・・・
 個人的な実感&体験だと、バカでかいからといって耳が痛くなるほど「うるさく」はなく、逆に音の塊が気持ちよくぶつかってくる・・・感じで、スピーカーと対峙して踊るのが非常に気持ちいいです(^0^)
 ちなみに、サウンドに関しては「ここ」とかを見ると・・・いろんなサウンドがあり、どれも大きく、個性的でやられますよ!
 
 んで、「ダブプレート」ですね・・・これもレゲエ特有なものでしょう。
 現場のプレイでは、市販品のレコードも当然回しますが、そのサウンドがあるアーティストにお願いして、自分たちだけの曲を録音させてもらい、レコード化(昔はアセテート、今はCD-Rかデータ)したものがダブプレートで、そのサウンドだけが所有する「完全一点もの」なレコード(曲)を指します。
 たとえば、そのアーティストの有名な曲で、歌詞の一部をそのサウンドの名前を入れて歌い直してもらったり・・・が一番分かりやすく、お客さんも知ってる曲の歌詞にそのサウンドの名前が入ってたら、びっくりして、盛り上がりますよね? そんなところが狙いだと思います。
 サウンドマンたちはこの「ダブ」にも相当なこだわりがあり、変な話、誰も持ってないレア盤みたいなもんなので、自然と「優劣」が出来、他のサウンドには舐められてはいけないので、どのサウンドも競ってダブを作ります・・・
 なので、すごいサウンドだと、相当数のダブが手元にあり、それがそのサウンドの「宝」でもあるので、そのダブを基にミックス作品なんかを出すことが多いですね・・・


DSC03780.jpg DSC03781.jpg DSC03782.jpg

 そういうわけで、音にこだわりのあるグループが何組もいると、当然「競争」が生まれるわけで、その競争を「対決」という形でショーアップしたのが「Sound Clash(サウンドクラッシュ)」です。
 種類はいろいろとありますが、単純な例であれば、同じクラブの右と左にそれぞれが陣取って、45分交代でそれぞれがプレイし、最終的にお客さんに「どっちのサウンドがヤバかったか?」を決めてもらう・・・みたいのが分かりやすいかと思います。

 ただ、サウンドマンとして負けるわけにはいかないですし、負けると今後の営業に響くので、先ほどご紹介した「こだわり」を更に気合をいれるわけで・・・このクラッシュの限りだと「ダブ」は相当仕込みます・・・
 相手のサウンドがかけられないダブとか、相手をディスする内容の曲とか・・・かなり準備をして作ることが多く、日本だとダブのことを「仕込み」なんて言ったりもする所以ですね。
 まあ、賞金とかも出ることがありますが、それ以上にプライスレスな「名声」をつかむためにクラッシュをする・・・ことが多いかな~と思います。

 今回紹介するMightyも、99年10月にNYで行われた「World Clash」にて海外初タイトルを奪取したことで、世界的に名声が広がり、日本でも不動の地位を得た感じがあり・・・それに続けと日本各地で様々なサウンドが狼煙を上げ、近年のレゲエブームの基礎を作ったと思われます。
 ちなみに、99年の写真は、有名レゲエフリーペーパーStriveの前身である「港横浜レゲエタイムス」の当時のバックナンバーより撮影・・・資料を探すとこういうものが出てくるので「家掘り」が大変です(^^;)

 
 ふう、長くなりましたが、このテープを紹介するうえでの補足事項は以上です・・・
 以上の内容を踏まえて、このテープの中身をご紹介していきます(^0^)


DSC03785.jpg DSC03784.jpg

 このテープは、いわゆる「現場録音」ものにあたり、1998年4月27日西麻布Yellowで行われたSoundClashの模様を収めたテープです。
 
 当日は、今回の主役である「Mighty Crown」と、80年代末より活動をする「Taxi Hi-Fi」の一騎打ちとあり、当時はまだ若手な位置であったMightyとベテランサウンドの対戦とあって、なかなか面白い組み合わせなのかな・・・と思います。
 ちなみに、Taxi Hi-Fiは、日本のダンスホールレゲエの創始者で、現在も元気に活動しているRankin' Taxiさんがオーナーのサウンドで、今でもそうですが、サウンドシステムがバカでかいことで有名ですね・・・

 当日は、両者がサウンドシステムを持ち込み、別々のブースでプレイしているようで、どうやら45分交代で進行をしたようです・・・
 ただ、このテープは、Mightyのレーベルからリリースされたものなので、収録されているのが「Mighty」のプレイのみなんですよ・・・なので、Taxi側のプレイが収録がなく、実際のクラッシュの全体像は詳しくは分からず、結果としての勝敗も・・・明確には分かりません。

 でも、テープを聞いてる限りだと、圧倒的に「Mighty」有利な展開で、Mightyのヤバさが大爆発したテープになっています。

 サウンドとしてのMightyのヤバさって、誰も持っていない・作れないダブとか、巧みなMCなどが重要で、観客への盛り上げ方が半端ないんですよね。
 当日のサウンドシステムは、おそらくTaxiのほうが強力で、Mightyよりも相当大きいのを持ち込んでいるのですが、曲とマイクに関しては音源として比較ができないのが残念ですが、明らかにMightyの方がバイブスが高いです!!
 まるで、大きな軍艦(Taxi)を、小さいながらも火力が半端じゃない船に、有能な軍師が乗り、あの手この手で攻める・・・見たいな構図ですかね(^^;)

 ダブに関しては、対Taxi用に仕込んだのは少ないようですが、流石のコレクションのようです・・・
 日本人であれば、PapaBon現FireBallのメンツJuniorDeeなどの横浜人脈や、Ryo the Skywalker、NG Head、Jambo Match、Pushimなどの関西勢など、現在でも活動をしてるDJたちのスペシャルが多く、コンビネーション(多数のアーティストがマイクを回す曲)なんかも多いですね。
 また、海外ものもヤバく、Sizzlaとか、Bounty、Luciano・・・など、詳しくはわからないですが、名前だけは聞いたことがある有名どころがぶち込まれています。

 正直、収録曲については、私のレゲエの曲に対する知識が少ないので、どのくらいヤバいのかは分からないですが・・・MCであるMasta Simonの曲の扱い方が半端なく、知識がなくても上がってしまいます。
 たとえば、ダブであるアーティストに「♪Mighty Crown~♪」と歌ってもらってる曲であれば、その部分がでる直前に「誰がこの場所を仕切ってるんだ?」と入れて、曲で「Mighty Crown」と答えるような感じで・・・上手いな~と思わせるところが多いです。

 特に、Taxiに対してのマイクでの攻撃がカッコよく、名パンチラインの連続です!! 以下で印象的なのを書き出すと・・・こんな感じです。

「思ったより曲とか持ってなくてビックリしたよ」
「(かけてるダブが)8割はジャパン、2割はジャマイカン・・・2流サウンドのプレイだね」
「オリジネーターサウンドって言うけど、音がでかいだけで、曲はだめ」
「曲で勝負しろ!」
「誰がサウンドクラッシュを流行らしたんだ!」


 当然、Taxi側からも攻撃はあるわけですが、これらのパンチラインをほんと効果的に使い、お客さんの心をつかんでいくわけで・・・現場で聞いたらたまらないだろうな~という内容です(^0^)



1998/4/27 Mighty vs Taxi 竹中直人ダブ

 また、最後になりますが、このテープが有名なのが、ある「ダブ」が収録されているからです・・・

 なんと俳優/芸人として有名な「竹中直人」さんのダブが収録されているんですよ!!

 いわゆる「飛び道具」に近いですが、これがインパクト絶大で、Mightyが「おれたちは、こういうReggaeじゃない有名人にだってダブをお願い出来るんだぞ!」って意味でかけたのかな~と思います。
 普通のサウンドがやったら「セルアウト」みたいですが、Mightyがやると敵いませんよ・・・
 一応、曲は、DJをしてるのではなく、いつもの「おどけた感じ」で、Mightyのサウンドが素晴らしいことを力説(?)しています(^^;)

 
 んなわけで、テープ自体の紹介は少なめになりましたが、Mightyが世界を制する前の貴重な音源なので、聞く機会があれば聞いてみてくださいね~
 でも、この辺って、ヤフオクだと高いし・・・中古だとあんまり出ないんですよね~(^^;)


<Release Date>
Artists / Title : Mighty Crown 「Mighty Crown Vol,7 - Vital '98 Sound Clash Taxi Hi-Fi vs Mighty Crown」
Genre : DanceHallReggae
Release : 1998年?
Lebel : ラガチャイナ(Mightyのお店) テープシリーズの第7段です
Notice : No Track List



Notice : 2本組み作品について(2011年7月18日)

DSC07393.jpg

 この作品には写真の中に左の「2本組み」の作品がリリースされていたことが判明しました!!

 1本組みはMighty側のリリースでしたが、こちらの2本組みの方は主催者側(Gloria Records??)が作ったようで、大変素晴らしい内容になっています。

 1本組みの方は、Mightyのプレイのみを収録しているのに対して、2本組みの方はTaxiのプレイも収録されており、本当の「戦い」が収録されているように思えます。
 特に、最後では「Tune Fi Tune」をやるのですが(1本には未収録)、完全にMightyが主導権をとってて、明らかにTaxi側が追い詰めれている感じがリアルで・・・堪らないです!!

 こういう現場モノのテープは、内容的にも「バイアス」が無い方がイイですね!!




-------------------------------------------------
<追記>2012年10月21日
 このテープの次の作品になる「Mighty Crown Vol.8 - Fivestar Cup 98 頂点」を紹介したついでに、竹中直人ダブの音を上げてみました。






 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
き、きたーっ!!

いつも楽しく拝見させていただいてマス♪
今回、レゲエねたということで思わず書き込みさせてもらいました^^

激おたくな(褒めてますよ)ミックステープトゥルーパーズ様のblogなので、こりゃ私もヘタなことは書けんな、と思いますが……この同時期に“マイティ・クラウンvsジャッジメント”という世界チャンピオン同士の幻のクラッシュがあったことはご存知でしょうか??
あれはパパボン(現パパB)の“スオードマンツアー”の横浜公演中のできごとだったのですが、当時イケイケのクラッシュ・サウンドとして頭角を現していたマイティにタッカーがマイクで宣戦布告!
得意のフォンデーションでゆっくり攻めるマイティに対し、「オレらはそんなにゆっくり行かないよ」とCOME DOWNオケの一連でジョグってたのが印象的でした(もちろん突発的なことだったので明確な勝敗はありませんが)。
これは現場音源として市販されてたわけではなく、「知る人ぞ…」的なエピソードなのでお口汚しかも知れませんが小ネタとして書いておきます。

これからも更新楽しみにしてます!
個人的にDJポールの続編に期待してます!!

※注釈:ジャッジメント……
99年、イギリスの『グローバル・ゴールド・カップ』というクラッシュで優勝し、世界一の座に輝いた日本のサウンド。
この年はマイティもNYの『ワールドクラッシュ』で初優勝を遂げ、まさしく日本レゲエにとってエポック・メイキングな年であった(ふたつのタイトルの違いはボクシングでいうWBAとWBCの様にとらえてほしい)。
ちなみにジャッジメントのMC(兼セレクター)タッカー氏は現在ロッカーズアイランド代表取締役として世界のレゲエビジネスを先導する存在。
2009/10/05(月) 21:43:58 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

初めまして、激オタクなMixtapeTroopersです(^^;)
レゲエは得意分野じゃないですが、喜んで頂いて光栄です(^0^)

ジャッジメント(タッカーさん)の話題はマニアックですね・・・やっぱり現場レベルだと、そういうレアなクラッシュがあるんですね!
タッカーさんのことはRiddimの連載を通して存じておりますが、現場ってホント面白いですね・・・
一度、クラッシュは体験したいな~と思いますが・・・なかなか現場に行く機会がなく、ミックステープで満足しちゃってます(^^;)

ソロバンさんのブログも拝見させていただきました・・・なるほど、プロじゃないすか!!
内容が濃すぎです・・・Sing J Royさんの話はいい話ですね・・・やっぱり苦労してたんだな~
また、フライヤー関係もマニアックだな・・・レゲエも奥が深いですね!!

クラッシュのテープって結構リリースはされてますが、自分はそんなには持ってないので、また何かあれば紹介しますね・・・
もちろん、ポールさんは大好きなので、バシバシ紹介しますよ~♪

今後ともよろしくお願いいたします m(_ _)m

2009/10/05(月) 22:39:29 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
今日、ひっそり北浦和ユニオンで行われたテープセールに行ってきました。色々ありましたが、自分は、特価品だけを攻めた結果、BAD BOYの無地プロモmixや、Marley marlとPete rockの「future flavas vol.1」というmixのツアー限定仕様(これも無地)、JAZZY SPORTの初作テープ(Zeebraさんが、ustで披露していたプロモテープの様なタバコの箱っぽいケース入り)、そして、Bobbitoのレーベルの国内産コンピのプロモテープ(DJ YASさんの曲順違い & edit無しミックス)、スチャダラパーのBOSEさん作のビデオ、そして、まさかのラガチャイナのミクステなどをゲットしてきました。ただ、お好きそうなそのほかのレゲエ系や、ラジオ録音モノなどは残しておいてありますので、よろしければ。いや~、過去最高の釣果でした。
2015/05/31(日) 21:16:35 | URL | baba #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>babaさん

コメント、ありがとうございます!
私もイレギュラーな方法(?)で行ってきましたよ(^^;)

Twitterでは何となく書きましたが、今週末は出張で名古屋に行ってて、同僚から逃げることができず、名古屋掘りが出来ないまま、東京に向かってしまい・・・テンションが変だったので、出張の大荷物のまま、東京駅から北浦和に夕方、直行しましたよ・・・
北浦和の情報を見て、これは行かないと行けないと思ってたので、今回はこんなルートでの参戦でした・・・普通に考えたら、ちょっと頭がおかしいですね(^^;)

んで、釣果は・・・babaさんが残しておいて頂いたおかげで、がっつり30本オーバー+レコも爆釣で、仕事を頑張ったご褒美を無事に頂けましたよ(^0^)

私も基本的には特価品狙いでしたが、レゲエがヤバすぎですね・・・Burn DownやRed Spiderあたりが結構揃ってるのにまさかの特価品で、抜け番が全て揃ったり、特価ではないですが湘南の風関連の初期作が売れ残ってたり・・・もう、疲れが吹っ飛ぶ位の買い物が出来ました!
babaさんも、相変わらず渋いのを攻めてますね・・・これは褒め言葉、私も絶対に掘っている部類のテープですが・・・私がストライクなのを残して頂いて嬉しい限りです(^0^)

ではでは、今後とも宜しくお願いします!

追伸
Twitterで有吉さんのテレビ番組のことを教えて下さってありがとうございます・・・
今回の出張、Tも確認できないほど大忙しなスケジュールで、有吉さんの番組の時間帯は、酒を飲み過ぎて潰れていました(^^;)
ただ、時代は確実にきてますよね・・・嬉しい半面、ライバルが増えてしまって困ったり・・・なんともです(^^;)

2015/05/31(日) 22:10:11 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
MTTさんにお褒めいただくとは、光栄の極みです。いや、とんでもないルートですね! 流石です。とても真似できる気がしないです。Red Spiderは、なんとなく、気になりましたが、うまいことパスが通ったようでよかったです。有吉さんの番組、お色気民謡なるものや、中国のお経というカオスすぎるものがかかっていて、最高でした。是非、機会があれば。では。
2015/05/31(日) 22:52:09 | URL | baba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック