HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Koco a.k.a Shimokita 「Koco's Jazzy Grooves」
DSC03788_01.jpg

 ストレートなHipHopモノってここ最近紹介してなかったっすね(^^;)
 ンなわけで、Kocoさんの処女作のご紹介です~♪


DSC00340.jpg DSC00341.jpg
DSC00920.jpg DSC00921.jpg

 Kocoさんの説明は、以前紹介した「A to Z」でちらっとしたのと、ミックステープ界では有名なのでいいですよね・・・
 その代わりと言ってはなんですが、今回は超レアなフライヤーからご紹介です(^0^)

 Kocoさんがミックステープデビュー(今回の作品)をした2003年の前年、2002年ごろに開催されていたイベント「Cut Like This」のフライヤーで、当時はKocoさんのことは全く知らず、フライヤーのレコ写に誘われて保存していたものになります。
 イベント自体はいつまでやってたかは分からないですが、メンバーを見ると、現在も続くKoco人脈のDJ(Sunaoさん、Okaさん)の名前も確認でき・・・仲間内でやってたイベントなのかな~と思います。
 
 ただ、このフライヤーのレコ写を見ると、KocoさんのDJスタイルに関係ある感じのレコードが多く、見返すと大変興味深いです。
 すべてのレコ写がKocoさんの趣味ではないと思いますが、BladeとかAlphabet Soupとかのマイナーミドルとか、ネタモノとか・・・そして今回のテープの題材であるJazzy Hip Hopなんかが掲載されており、デビュー前からしっかりと基礎があったんだな~と痛感させられます。

 また、Jazzyモノは、今回の作品でも使われてるレコードが何枚か入っており、Jazzyな感じの曲が当時は好きで、その流れでこのテープを作ったのかな・・・とも思え、今回のテープの素養が分かる資料かな・・・と思います。

DSC01029.jpg DSC01030.jpg

 んで、作品のご紹介です~♪

 今回は、収録作のレコを持ってないので、レアなフライヤー写真で逃げてますが・・・上は、このテープが販売された時の宣伝用フライヤーで、このテープのジャケットを手を加えず流用した・・・だけで、値段とか日付すら書いてないっす(^^;)
 え~、誰も知らないですが、色違いなのでコレクターズアイテムです・・・このテープ自体は後になって中古で買いましたが、当時っから気になったフライヤーは収集してたのでコレも手元にあったんですね・・・

 脱線したので仕切り直し・・・この作品は、いわゆる「Jazzy Hip Hop」をミックスした作品になるのですが、Kocoさんらしいドープな掘りが発揮された作品で、かつKoco印の切れたスクラッチ&2枚使いを駆使し・・・ナイスな作品に仕上がっています。

 まず、選曲的な話からすると、ファラオ使いで定番作なBoogaloo / Freedomとか、Jazz Not Jazzとか・・・今ではHipHopの棚に入ることが多い、Jazzy Hip Hop系の定番作から始まり・・・Kocoさんらしい「なんだそりゃ」な感じの詳細が分からない曲まで収録されています。
 トラックリストを元に調べてみると、いわゆる「Club Jazz」に該当する、HipHopの棚には入ってないレコードも多く、分かりやすいところだとUFO(矢部さんのね)とかそうで・・・90年代初期のClub Jazzブームの曲も割と多く、誰も注目してない時期にしっかりと掘ってるあたりは流石ですね!

 また、全体的には「もろJazz」って感じなのは少なく、HipHopのドラム感がある楽曲を中心に、生楽器が絡んできたり、Rapが入ってたり・・・まさにJazzy Hip Hopな選曲です。
 Jazz特有のスイング感だったり、ハードボイルドな感じだったり・・・Jazzのグルーブを選曲&ミックスを通して上手く表現していると思います。
 ミックスに関しては、ストーリー性がちょっと少ないかな~とは思いましたが、グルーブを損なうことなくミックスをつなげており、流石の手腕です。

 んで、Kocoさんといえば「切れたスクラッチ&2枚使い」ですよね・・・この作品でも発揮されてますよ(^0^)
 流石に、現在の作品のように「ゴリンゴリン」にはやってなく、要所要所で顔をだす・・・みたいな感じですが、現在に通じるような質感もあり、素晴らしいです。
 2枚使いなんかがそうですが、Kocoさんがミックスすると、曲のイメージが良い方向に強化され、すごい印象的になったりするんですよね・・・Spinbadなんかにも該当しますが、技を入れることで「聞く者を引きつける」効果があると思います。
 この作品でも、聞いてるとヤラれるところが多かったっす!!



 ンなわけで、そんなには強いジャンルではないので、サクっと書きましたが、なかなかの良作ですよ・・・市場では3000円前後の高値ですが、機会があれば聞いてみてくださいね(^0^)
 もろHipHopってわけでもないので、結構普通な人が聞いても楽しめる作品だと思いますよ♪


<Release Date>
Artists / Title : DJ Koco a.k.a Shimokita 「Koco's Jazzy Grooves」
Genre : JazzyHipHop、ClubJazz、JazzyBreakbeats・・・
Release : 2003年8月
Lebel : Donuts Records DN-003


ps この間、渋谷ユニオンのHipHopのところで、Kocoさんと遭遇し、アンダーグラウンドの棚を普通に掘り、視聴も普通にしてました(^^;) こういう姿をみると上がりますよね!
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック