HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Kou-G 「grooveman spot」
DSC04675.jpg

 今月は、出張が多く、更新が全然出来ないっすね・・・すみません(^^;)
 更新する気はあるのですが、なかなか前に進めない・・・そんな日々が繰り返しています・・・
 んなわけで、出張ネタとかぶせて、ミックステープ市場では定番の一本のご紹介です。


Grooveman+Spot.jpg DSC04676.jpg

 言わずと知れた「Grooveman Spot」こと「DJ Kou-G」さんの一作で、彼が得意とするJazzyでMellowなHipHopをミックスした人気作です。

 Kou-Gさんは、仙台出身のHipHop系プロデューサー/DJで、現在は東京を活動の拠点にし、同じ東北の仲間であるJazzy Spotに所属し、自身のグループである「Enbull」での活動に加え、ソロ活動も精力的にこなすお方です。
 今となっては、DJよりもプロデューサーのイメージが強く、今回のテープで紹介するようなJazzyなトラックを多く量産し、ソロアルバムをはじめ、リミックス作品など、多数の作品をリリースし、好きな方には堪らない方だと思います。

 ミックス作品に関しては、そんなに多作ではありませんが、良作をリリースしており、私自身はそんなには深追いしてはいませんが、市場では結構人気なタイトルも多いですね・・・
 特に今回紹介する「grooveman spot」は、彼の名前を広めた作品として有名ですし、JazzyなHipHopの良さを広めたり・・・と、結構重要な作品で、一時期よりは相場は落ちましたが、今でも人気な一本だと思います。


DSC04677.jpg DSC02431.jpg

 では、矢継ぎ早ですが、作品の紹介に移ります・・・

 あまり好きな言葉ではないですが、いわゆる「Jazzy Hip Hop」をメインに構築した作品で、90年代中ごろの懐かしい匂いのする作品だと思います。

 それこそ、PeteRockや、DJ PremierBuckwildJayDee・・・などが作り出した、メローなネタをループし、適度な緊張感がありながらも、気持ちよさも含まれている・・・みたいな曲が多く、収録された曲がリリースしたときに、個人的に好きで買っていた曲も多く、非常に懐かしいですね・・・
 その手のレコードは結構売ってしまって、写真が貼れないのですが、写真左のKool G Rapのアルバムに収録されたBuckwild作の隠れた名曲「Blowin' Up In The World」など、ド直球ではない「渋い」曲が多く、流石の選曲です・・・Kool Gの曲は私も当時から好きな曲だったので、普通にこのテープを聴いてて「ニヤリ」となってしまいました(^0^)
 
 これらの曲って、90年代中ごろ以降は市場では埋没してしまった印象があり、誰も注目していなかった様相があり・・・一時期はレコ屋の100円コーナーで見かける作品が多かったと思います。
 その流れがあるの中で、Kou-Gさんが、この作品がリリースされた2003年の時点で、しっかりと世界観を統一し、HipHopの美学みたいな点を提示した点は評価しないといけませんね!!


 また、この作品が有名なのは、写真右に上げた12inchにも収録され話題になった「Common Sense / Resurrection」のオリジナル・リミックスが収録している点も大きいです。

 言わずと知れた大名曲ですが、元ネタである「Ahmad Jamal / Dolphin Dance」のちょっと違う部分をループしたリミックスで、オリジナルと同じ空気感なんだけど、ちょっと切なさがプラスされたような好リミックスで、この作品でもA面の最初に、元ネタからミックスされ・・・作品の世界観を高めています。
 ちなみに、B面には、同12inchにも収録されている「George Benson / Face It Boy , It's Over」のオリジナル・リミックスからスタートし・・・こちらでは、この原曲をネタにしたPete Rockの曲に繋ぐ辺りは流石ですね・・・Artifactsでない所が逆に素敵ですね(^0^)

 この12inch自体、リリース時にかなり話題になり、このことがあってKou-Gさんの存在を知った方も多いかと思います・・・私自身もそうで、DMRで再入荷したときに運良く買え、面白い人がいるんだな~と思わされました!
 ちょうど、GagleやJazzy Spot勢が東北方面より狼煙を上げ始め、シーンで話題になり始めた頃とも合致し、既に東京で活動をしてましたが・・・東北のシーンって面白いな~と思ったりもしました・・・


DSC04659.jpg DSC04664.jpg
DSC04667.jpg DSC04672.jpg

 え~、話を強引に持ってってしまいましたが、ここで私の「出張話」になります(^^;)

 実は、先日の3連休の後半で「杜の都・仙台」に出張に行き、色々と思うところがあり、帰宅をし、この作品を聴き直し、この記事を書いていたりします・・・

 仙台は初めて行ったこともあり、仕事の合間に観光したり、知り合いの業者さんから美味しい牛タンを御馳走になったり(思わず「旨い」と声が出てしまった!)・・・そして仕事も予想以上に成功したり・・・いい所だな~と思いました。
 そして、こんなブログをやってるので、当然レコ屋も周りますよね・・・ちょっと期待はしていたのですが、個人的に欲しいライン(DiscoとかMixtapeとか)は殆どなく・・・こちらは残念ながら撃沈でした・・・そして「夜の街」も、業者さんのミスで行けなかった・・・ああ、国分町の灯が見たかった(^^;)

 ただ、改めて痛感したのが「Jazzが似合う街だな~」ということです。


 レコ屋でもJazzは本当に強く、写真に上げた「Disknote」のような日本屈指の名店もあれば、街レコレベルの店までJazz系の品ぞろえが強く・・・レコード文化は残念ながら死滅しつつあるようですが、Jazzの持つ「底力」を感じました。
 実際に、定禅寺ストリートジャズフェスティバルなるものも毎年開催されているようで(アテンドしてくれた業者さんが教えてくれた)、街を通してJazzを応援してるようですね・・・

 私自身は、今まで仙台とかかわりがなく、具体像が分からなかったのですが、今回のテープがリリースされた頃より、GagleやJazzy Spotが活躍し始め・・・東北地方とJazzの関連性が気になっていました。
 歴史的なものを見ても、「ジョニーズ・レコード」のようなJazz系自主レーベルがあったり、良質なジャズ喫茶が顕在だったり(山形に行ったとき、普通の喫茶店と思って入ったら凄い店だった!)し・・・きっと「何か」があるのかな~と思っていたのです・・・


 んで、今回、初めて仙台に行き、レコード屋をまわってる過程で、あることに気づきました・・・東京とかと比べると「空気の緊張感」みたいなのがあるんですよね・・・

 まあ、北の方なので、当然、気温なども低いのですが・・・空気が澄みきり、乾いた風が吹いたりし・・・ちょっと外れの街を一人で歩いてると「緊張感」を感じる空気があるんですよね・・・私が住む関東でも、真冬の夜に街の外れを歩いてる感覚と似ています。
 また、人口が多い都市ではありますが、郊外となると道路は広いけど、歩いてる人はあんまりいない・・・みたいな所もあり、街の「孤独感」みたいのも感じました。

 このことと「Jazz」の関連性は明確には結ぶことは難しいですが、モダンジャズ・HipHopが花開いたNew Yorkの緯度(北緯40度)と、東北各都市の緯度が近い(仙台は北緯38度、盛岡は北緯39度)点は見逃すことが出来ず・・・結論として「気候の相違」が音楽を作るのかな~と思いました。
  
 つまり、緊張感のある空気や、都市の孤独さ見たいのが音作りに影響し、NYではモダンジャズが発展し、そのJazzに影響を受けたHipHopもNYで成長し・・・そのNYの気候が近い東北方面では「環境的」に受け入れやすかった・・・という結論になりました・・・
 明確な答えじゃないかもしれないですが、個人的には凄く納得し、Jazzが盛んだったり、GagleやJazzy Spot、そして今回のKou-Gさんが輩出されのも納得が出来ました。


DSC04669.jpg DSC04671.jpg


 話を、このテープに戻しましょう・・・

 今回、仙台に行き、その空気を感じ、Kou-Gさんのバックグラウンドが理解でき、改めて聞いてみると・・・作品の「味わい」が高まったような気がしました。
 緊張感がある雰囲気を出しながらも、その環境の中で強く生きる人たちの「ぬくもり」みたいのも感じられ・・・Kou-Gさんにしか出来ない世界観を創出してるな~と痛感しました。

 べた褒めも変なので、ちょっとマイナス面も指摘しておくと・・・ミックスの「流れ」に関しては曖昧で、印象的な選曲ラインは少なく、また技術的な面でも微妙なところがあり・・100点満点は出せないかな??
 個人的には、選曲に「決め球」みたいなのがなく、ミックス全体の統一感はあるものの、ミックスが「間延び」しちゃってる印象があり・・・この点が非常に残念です。


 ただ、彼でないと出来ない「選曲」が味わえる一本になっていることは間違えなく、名作であることは疑いの余地がありません!!
 冬の夜道で聴くのには最適な一本です♪

 ここ最近は、値下がってる1本なので、機会があれば是非聞いてみてくださいね~♪


 
<Release Date>
Artists / Title : DJ Kou-G 「grooveman spot」
Genre : HipHop、Jazz
Release : 2003年
Lebel : Oreo Jazz Adventure Black No Number
Notice : CD再発有り(2006年2月)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック