HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Paul 「Connectin' Soul Style vol,05」
DSC04766.jpg

 いや~、年末は更新が出来ないっすね・・・私は来週の月曜までが仕事です(ーー;)
 んで、今回は・・・久しぶりになっちゃいましたが「DJ Paul」氏の作品のご紹介・・・この第5弾も大変良い作品です・・・MUROさんのミックスが好きな方なら是非!!


 
 2000年11月にリリースされた「vol,05」で、ある程度、ミックステープを追いかけてる方であれば、このジャケットは見たことあるかな?
 個人的には、Paul作品の中では割と市場で売れた印象があり、Paulさんの良さを上手く表現している作品だと思います。
 また、シリーズとしても半年に1回のペースで作品をリリースしていた時期なので、かなり「脂の乗ってる」時期の作品だとも思います(^0^)
 ちなみに、ジャケットは「若野桂」さんですね・・・当時は流行りましたっけね・・・

 内容としては、今までの作品と同じように、この作品でもA面が比較的「アップ」な内容で、その裏のB面が「スロー」な感じに仕上がっており、他の作品とは比類出来ない素晴らしさがあります。



DSC04767.jpg DSC04768.jpg
DSC04781.jpg DSC04780.jpg

 まず、聞いてて感じるのがMUROさんに引けを取らない「掘りの良さと深さ」を今回の作品でも感じます。

 個人的には、A面の序盤での「ネタ繋ぎ」ミックスが秀逸で、違和感なくミックスをしつつ、選曲のグルーブをしっかりと作り出し、かつ「そんなの掘ってるの!」とビビらせてくれます(^0^)

 ど定番な「Pharoah Sanders / You've Got To Have Freedom」(写真左上)であれば、今でも割と高額なPharoahネタの「REP / Look Up(See Whats Goin Down)」をミックス・・・その次には「Sun Palace / Winning(X-Mix)」(写真右上)を違和感なくミックスし、更にビートをネタにした「Lighthouse Family / Question of Faith (idjut Boys Mix)」をミックスしてきます・・・
 浮遊感を主軸にミックスした感じで、ネタの元曲は有名で私も持ってますが、ネタ曲は知らなかった・・・調べるとMUROさんも使ってた曲らしいですが、2000年の時点でIdjut Boysをチョイスしてる辺りは素敵ですね!!

 また、B面では、もろDiggin'Ice的な選曲をしており、MUROさんがプレイしてたな~って曲も多いですが、写真左下の「Shalamar / This is for the Lover in You」のような定番スローや、写真右下の「2 Men 4 Soul / Ribbon in the Sky」のような隠れた名曲(名カバー)を使い、クールだけど芯が熱い・・・そんな巧みな選曲を行っています。

 MUROさんのミックスが好きな方だと、聞いてみると「MUROさんっぽさ」が随所で感じられ・・・場合によっては「二番煎じ」に感じるかもしれないですが、個人的に聞いた限りだと、Paulさんの手腕が発揮され、独自の選曲が感じられるミックスに仕上がっていると思います。


DSC04771.jpg DSC04770.jpg

 んで、Paulさんなのでミックスの「グルーブ作り」と「ストーリ作り」がしっかりと作られており、この作品でも手腕が披露されています。

 特に、先ほど紹介したA面序盤でのネタ繋ぎの後に繋がるミックスが素晴らしいですね・・・

 浮遊感のある選曲で統一し、IdjetのRemixで感じられる4つ打ち感を利用し、難なく「Sergio Mendes / Mas Que Nada(Remix)」に繋ぎ、4つ打ちの気持ちよさをプラスしてミックスを進め・・・そのHouseな流れの後には「RAH Band / Perfumed Garden」を選曲し、何とも言えない素晴らしいミックスを披露しています。
 言葉にするのは難しいですが、幻想的(=浮遊感)な森の中を進み、行きついた先には素敵な香りのする桃源郷があった・・・みたいなストーリー作りで、大変素敵なミックスです(^0^)

 また、この流れは、様々なジャンルの曲の中から「浮遊感」みたいなテイストで巧みに選曲し、それぞれの曲の「グルーブ」を上手く使い分け、動きのあるミックスにしてる点も重要で、異ジャンルの曲を一つの流れにまとめ、しっかりとグルーブ作りしてる辺りも素晴らしいです!!


DSC04775.jpg DSC04777.jpg

 んで、DJミックスの「技術とセンス」も随所で光っており、この作品では上記で説明したストーリー性を高めていると思います。

 またA面の話になりますが、後半の方で上記写真の「MFSB / Love is the Message」をミックスし、期待感のある印象的なイントロをミックスするのですが・・・ドラムが始まるところで、写真右の「Dennis Lasalle / I'm So Hot」のイントロドラムロールにカットインするという・・・メチャクチャカッコいいミックスをしています!
 もー、これは、原曲を知った上で、普通に聞いてたら「そう来たか!」と膝を打ってしまうミックスで、Paulさんのセンスが発揮されてる・・・と同時に、ミックスのストーリー性に「パンチ」を与えており、大変よいミックスだと思いました・・・



 んなわけで、紹介しようと思えばもっと紹介出来るのですが、しつこくなってしまうので以上にします(^^;)

 個人的な印象だと、Paul作品の中では一番「MURO色(特にIce色が)」が強い作品ですが、見事にPaulさんの掘りの深さと技術、そしてセンスが開花した良作だと思います(^0^)
 作品自体も大変聞きやすく、鬼上げではないですが、何度でも聞き返したくなる作品で、特にMUROさんのIceやHotが好きな方なら絶対聞いた方がいい作品です!!
  
 テープは最近見かけないですが、CD再発もありますので、是非聞いてみてくださいね~♪



<Release Date>
Artists / Title : DJ Paul 「Connectin' Soul Style vol,05」  
Genre : Jazz,Soul,DanceClassics,Garage,House,HipHop,R&B・・・ 
Release : 2000年11月
Lebel : G.A.S Sound Production Css-005
Notice : CD再発あり



ps セールについて

DSC04782.jpg DSC04783.jpg

 12月に入り、我らのユニオンの年末セールが続き・・・散財の日々が続いておりますが、今日は渋谷と新宿でレアグルのセール! 
 レアグル系のセールは、自分が欲しいレコがそんなにはないので、勉強と見物程度で必ず参加していますが・・・今回は「新宿」がボムでした!!

 Jazzmanが再発し、海外オークションで5000ドルを超えたJohn Heatsmanが、緊急出品したそうで、値段がなんと「55万円」!!
 ユニオンの普通の値札に「550,000」と印刷され、手で普通に触れられる位置に展示されており、近くのレコ棚には800円ぐらいのレコードがあるのに・・・そんな金額のレコードが普通に置かれてる(中身はないけど)ことに、なんか笑ってしまいました(^^;)

 まあ、本気で「売る」つもりでその値段をつけたわけではないでしょうが・・・それを仕入ちゃった(海外ディーラーから買ったみたいです)ユニオンの「心ゆき」にビガップです!!
 ちなみに、私が行ったときは、Ryuhei氏も掘り掘りしてましたよ♪


 あと、セールとは話がずれますが、夏以降、ミックス作品のリリースが連打してるMUROさんのニューミックスがリリース・・・したのですが、ちょっと様相が異なります!
 写真右のヤツですが、ミックス作品としてのリリースではなく、MUROさん特製の「CDケース」としてリリースし、そのおまけに「ライブ録音のミックスCD」がついているそうで・・・扱ってる店も少なく(ユニオンだと入荷してない店もあり!)、プレス数も相当少ないみたいです。

 内容的にはライブ録音の45セット(in Businessからの録音)のようですが、MURO作品でライブ録音が殆どないので、かなり貴重かも・・・ですよ(^0^)
 実は、夏以降のMURO作品は、リリース量の多さから、そんなには買ってなく、買ってないのは中古でちょっと安くなってから買おうと思っていましたが・・・これは速攻でゲットです!
 年明けにも「渋い」のが出るみたいですが、MUROさん、ホント精力的ですね!!




 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック