HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Komori 「R&B Mix Vol,02 - Brightest Star」
DSC04855.jpg

 お正月も終わり、仕事も始まり・・・ましたが、気合が全く入りません(^^;) やることは微妙にあるんだけどな~♪
 ただ、ミックス作品の紹介は・・・頑張りますよ(^0^)



DSC04856.jpg DSC04857.jpg

 R&B系ミックステープではド定番のコモリ作品ですが、夏ごろより回収を本格的に開始し・・・遂に「R&Bシリーズ」はフルコンプしました!!
 まあ、テープだけの話で、他のシリーズ(Oceanとか)はフルコンプではないですが、かなり「売れた作品」だけあって、遭遇率が高く、ストレスなく揃えることが出来ました(^0^)
 まだ、見つからない作品もありますが、発見次第コレクションに入れていきますが・・・気づいたらDaddyKay氏などの他のR&B系DJも収集にし始めてしまい、大変です(^^;)

 なお、話はちょっと脱線するのですが、余興を一つ・・・
 コモさんの作品を揃えてて気づいたのは、今回紹介する「Vol.02」のトップ写真にも貼られているように、やけに「DMR」の値札が付いていることが多いんですよ!
 当時はコモリ作品は全く買わなかったで記憶での話になりますが、DMRはかなりプッシュして売ってたような気がするので、値札のシールが貼られてる点は納得しました・・・
 ただ、なぜシールが貼られてるかというと、今も昔もそうですが、DMRって値札シールを、その商品に直接貼りますよね・・・だから残ってることが多いんでしょう・・・
 しかし、これって、特にレコードとかだと、入口の所にあるセンサーに反応する金属片が内蔵されている値札が付いており、あれって剥がすのに失敗すると、ジャケが破れたりすることが多く・・・正直、迷惑なので止めてほしいっすよね(^^;)
 
 
 んなわけで、話をコモさんに戻します・・・私が聞いてる限りだと、「R&Bシリーズ」はミックスの主題がそれぞれの作品で異なり、聞いていて面白いですね!
 殆どの作品が収集目的で買ってるので、あんまり深く聞けてないですが、パッと聞いただけでも「主題」が分かり、かつその主題に沿った分かりやすいミックス&選曲に仕上げており、昔から売れてるだけあるな~と今さらながら思いました(^0^)

 そういうわけで、不定期ですが、コモさんの作品は「R&Bシリーズ」を中心に紹介します・・・聴きこむのが大変だ(^^;)


DSC04844.jpg DSC04845.jpg
DSC04849.jpg DSC04851.jpg

 では、早速、紹介に移りましょう・・・

 コモさんの名物ミックスである「R&Bシリーズ」の第2弾で、リリース時期は不明なのですが、2000年前後にリリースされたと思われます。
 時期に関しては、DMRとかManhattanの資料を読み返せば分かると思うので暫しお待ちを・・・

 この第2弾では、副題が「Brightest Star」とあり、おそらく、この作品にも収録されている「Drizabone」の曲名から拝借したと思います・・・
 日本語だと「一等星」なんて訳しますが、それこそジャケットのように、夜空に光り輝く星のような「街の明かり」を表したような・・・スムースなんだけど、夜の艶みたいなのがある作品に仕上がっています。
 陳腐な表現ですが、夜の首都高を流す時に最適な・・・スムースさとテンポの良さを兼ねそろえた選曲になっていると思います。


 その限りで面白いのが、Houseっぽい「4つ打ち」のR&Bを中心に選曲して夜の感じを出しており、リズムが4つ打ちのR&Bだったり、R&BのHouseリミックスだったり・・・普通のR&Bミックスだと思って聴くと驚くかもしれないです。

 それこそ写真に貼った「Randy Crawford / Give Me The Night」「Robin S / It Msut Be Love」なんかは、定番R&Bの範疇ではありますが、4つ打ちのフィーリングがある曲だと思うし、「Tony Touch / I Wonder Why (MAW remix)」とか「Mary J. Blige / Everything ( Curtis & Moore Vocal remix)」などのようなR&B曲のHouseリミックスを多用しており、大変良いです。
 
 曲によってはモロHouseもあったりするのですが、Komori流のR&B目線での選曲が気持ちよく、実際にはBPMは結構早目の選曲ではあるのものの、せわしなさを感じさせない、ユッタリとしたミックスに仕上がっており、手腕の高さに脱帽です・・・
 その瞬間で聞くと「House」だと思いますが、コモさんのミックスの流れで聞いてると「R&B」としての聞かせ方になっており、ミックスの雰囲気作りが上手いな~と思いました。

 また、R&Bリスナーにとって、B面とかにあるHouseミックスって普通聞かないですよね・・・それをしっかりと拾い上げ、自身のミックスに昇華してる点も見逃せないです!!
 調べてみると、B面系のHouseミックスはかなり多用しており、流石コモさんと思わせる掘りの深さに脱帽です・・・
 ただ、この点が進み過ぎて、B面の最初の方では「2 Step」や「UK Garage」の曲やRemixを使用しており、この点は・・・ちょっとアンマッチかな・・・と私は思いました??
  

 あと、偶然かもしれないですが、結構「カバー曲」が多く、写真に貼った4枚もそうだし、他の曲もカバー率が高いです・・・もしかして裏テーマだったのかな??
 まあ、カバーしてるのが昔のダンクラが多く、Houseアレンジはしやすいので、自然とカバー曲が増えたのかもしれないですね・・・


DSC04848.jpg DSC04847.jpg

 んで、肝心なミックスは、やっぱりコモさんの作品だけあって上手くまとめています!

 A面、B面とも、明確な方向性はないものの、ガツっと盛り上げるパンチラインのある選曲が随所に見られ、曲の良さを引き立てつつ、流れのあるミックスに仕上がっています。

 個人的には、上記の2曲の使い方が素敵で、大名曲の「Nuyorican Soul / Runaway」だと、12inchのみのミックスに入ってるイントロブレイクを上手く使い、ブレイクが切れるところで始まる、あの印象的なギターフレーズに入るようにミックスし、曲の押し方が上手いな~と思いました。
 また、これまたド定番な「The Brand New Heavies / You Are The Universe」では、R&B系のDJが多用しているアルバムバージョンではなく、Houseミックスを使いますが・・・Runaway同様に入れ方が上手く、B面の最後で、Houseフィーリングの流れでグルーブをチョイ落としたところで一気にミックスし、曲を盛り上げている点は秀逸です!

 そして、全体的に聞いてると、曲調としてHouseの曲が多いこともあり、Houseでありがちな「ビートの抜き差し」を上手く利用してるな~感じました。
 いわゆる、ドラムがゼロになり、メロディーだけが流れ、頃合いをみてドラムが入り・・・みたいな展開なんですが、これを上手く利用することで、ミックスの展開に「山と谷」を作っており、派手なミックスではないものの、動きのある流れにしてる点は上手いですね・・・



 んなわけで、ややザクっとした説明になりましたが、かなりお勧めのミックスです!!

 House的なフィーリングなんだけど、R&Bマナーで貫き通した選曲とミックスが気持ちよく、ホント夜の首都高で、銀座とか渋谷付近のビルのネオンが間近にあるところなんかを流すのには最適なミックスに仕上がっており、気づいたら首を振りながらアクセルを踏んでしまいそうな・・・そんな作品に仕上がっています。
 実際には、かなり深い選曲をしてはいるのですが、その敷居の高さを感じさせないコモさんらしさも魅力で、初心者にもマニアにもお勧めな一本です(^0^)

 R&Bシリーズは、これからも紹介していきますので、楽しみにしてくださいね~♪



<Release Date>
Artists / Title : DJ Komori 「R&B Mix Vol,02 - Brightest Star」
Genre : R&B、House、2 Step、UK Garage・・・
Release : 2000年(?)
Lebel : Sugar Bitz ST-007

Notice : CD再発もありますが、かなり枚数は少ないはずです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
残念ながらコモリさん自身も感じているみたいですが、ちょっと時代を先取りしすぎたみたいで、売上的には、、、みたいです。
ただ、この数年後に出るMIX CD「MIDNIGHT CRUSING」の布石ではあったと思います。先見の明は当時かなりあったと思います。
長文失礼しました。
2010/01/06(水) 19:48:03 | URL | DJ色彩 #3un.pJ2M[ 編集]
Re: タイトルなし
>DJ色彩さん

こちらこそ、あけましておめでとうございます(^0^)
今年もよろしくお願い致します~♪

へえ~、そうなんですか・・・コモさんもそう感じてたんだ・・・確かに一般的なR&Bを想定して聞くと面を食らうでしょうからね・・・
当時だったら、HouseとR&Bの壁は絶対あったと思うし、レコードを買った時のB面のHouseミックスなんて、聞かない人の方が大半でしたからね!
その限りでは、確かにコモリさんの先見の明はあった・・・という指摘は正しいと思います(^0^)

私は、あんまりコモリさんのことを追ってなかったので、補足を入れていただけるのは大変助かります!
今後もガシガシ更新していきますのでよろしくお願い致します(^0^)


2010/01/06(水) 22:09:59 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック