HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Maki the Magic 「Tears」
DSC05109.jpg

 久しぶりのMaki作品のご紹介~♪
 いや~、この作品に関しては、流石の掘りっぷりです(^0^)


 多作なMakiさんですが、この作品は80年代のGarage/DanceClassicsを中心に選曲し、Maki作品の中では、かなり深い選曲をしています。
 タイトルの「Tears(=涙)」が何を意味するのかは分からないですが、選曲してる曲が「こみあげ系」の良曲が多く、感情移入をして聞くと・・・場合によっては「ほろっ」ときちゃうかもしれない・・・そんな感じの作品です。


DSC05112.jpg DSC04770.jpg 
DSC05111.jpg DSC03825.jpg

 とりあえず、収録曲で分かりやすい曲を貼っておきましたが、曲単位でも「グッとくる系」の曲が多いかな~と思います。
 左上の「Billy Griffin / Hold Me Tighter in the Rain」とか、右上の「Rah Band / Perfume Garden」なんかは分かりやすく、今回の記事を書くにあたって、何度か聞き返しましたが、聞くたびに「グッ」ときました(^^;)

 また、この作品に関しては、あまり知られてない曲を中心にミックスを作っており、収録曲を調べれば調べるほど・・・その選曲の深さに脱帽です!
 例えば、写真左下の「Quincy Jones / Beatcha' Wouldn' Thurt Me」なら、Q御大の大名曲「Razzmatazz」のB面曲だし(無論LPにも収録)、MUROクラシックとして有名な「J.R.Baily / That's Love」なんかのチョイスも渋いです・・・
 私の手持ちのレコードの範囲で説明しましたが、とにかく選曲が「深く」、私も知らなかった曲の方が多く・・・その深い選曲を通してリスナーに「グッとくる」優しい刺激を与えてくれるところは流石です!!


 ただ、実際のミックスは、Makiさんらしい「ザクザク」としたHipHopラインのミックスなので、悪くはないんですが・・・もったいないな~と感じるところも多かったです。
 テンポよくカットインして行く感じが多いのですが、その曲が盛り上がる前に次の曲にカットインしたり、ミックスの流れがそんなには考えられてなかったり・・・もうちょっと戦略的にミックスを作ってくれれば、メチャクチャいい選曲だけに、もっと良くなるのにな~と思いました。
 まあ、ミックスにおける「現場感」はバッチリで、Makiさんらしいと言えばそれまでなのですが・・・う~ん、もったいない・・・そう思うのは私だけかな??



 ンなわけで、ミックスのテーマ、選曲性なんかは流石な作りで、ちょっとマニア向けかもしれないですが、お勧めの一本です~(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : DJ Maki the Magic 「Tears」
Genre : DanceClassics、Garage、UK、Freesoul・・・
Release : 2004年3月
Lebel : Groove Serchers No Number



<編集情報> 2010年2月9日
発売日が分かったので訂正をしました・・・ちなみに、ジャケネタは「Cannonball Adderley / Soul Zodiac」だそうです・・・渋い!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック