HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Jazzanova(Alexander Barck) 「Sunday Morning」
DSC05213.jpg

 いやいや・・・なんかここ最近、仕事で帰宅が遅く、疲れてるので・・・通勤時に聞くミックステープが「チル」ぽいモノに偏ってきてます(^^;)
 そんなわけで、かなりお勧めな「チル」ミックス作品のご紹介です~♪


jazzanova.jpg DSC05214.jpg

 ことある毎にプッシュしている良質なミックスシリーズである「EMTシリーズ」からの一本で、ドイツが誇るCrossoverJazz集団である「Jazzanova」の中心メンバーである「Alexander Barck」が選曲をした、ナイスな作品です!

 Jazzanovaは、6人のメンバーからなるDJ/Producer集団で、CrossoverなJazzスタイルで有名な集団で・・・作品のリリースも多く、メチャクチャ有名なので、説明はいいかな?
 世界で活躍するJazz系DJと同様に、様々な音楽を「Jazz」という感性の元で昇華をしており、特にHipHopやHouse、Technoといった「打ちこみ系」の音の影響は強く、個人的にはドイツらしい無機質でクールネスなビートながら、音楽性が豊かな音作りをしてる・・・と思っています。

 んで、今回の作品を担当する「Alex氏」(写真左の真ん中のヒゲ&眼鏡の人)は、グループにおいては「DJ部門」を担当されているお方で、世界各国でDJを行い、さながらJazznovaにおける「顔役」をされています。
 当然、日本にも何度も来日しており、来日の度に幅の広いCrossoverスタイルでプレイをし、それこそ「Jazzanova」のスタイルをDJで体現しており、ファンの方が多いかな~と思います。

 ミックス作品に関しては、メジャー作が中心になりますが、ボチボチ出しており・・・個人的には写真右の「Circles」がかなり好きです。
 日本企画の作品で、1曲目に日本人Jazzの最高峰とされる「白木秀雄 / 祭りの幻想」を選曲しており・・・現在の和Jazzブームのきっかけになった作品といわれています・・・まったくブームでもなかった頃なのに、白木をチョイスしてくる掘りの深さとセンスの高さが堪らなく、作品としてもメチャクチャイイです!!
 このCDも、今回の作品もそうですが、ミックスモノに関しては、ホント素晴らしい選曲っぷりで、ミックス作品がJazzanovaの魅力を伝えてる一つのフォーマットだな~と思います(^0^)


DSC03820.jpg

 んでは、早速紹介に行きましょう~♪

 タイトルの「Sunday Morning(=日曜の朝)」が示す通り、非常にリラックスした内容で、DJミックスはされていないですが、ロフトスタイルの如く、レベルの高い選曲で、ヤラれます・・・

 その人にとっては「日曜の朝」って感覚は違うと思いますが、大半の方が「休みの日の朝」ということで、緊張感が有るようで無い・・・そんな感じの朝なんじゃないかと思います。
 私自身はかなり好きな朝で、平日は出勤前に忙しなく身支度などをしている同じ時間なのに、布団の中でヌクヌクしてたり、朝日を浴びながらボーっとしてたり、スロースタート気味に朝飯を食べたり・・・平日とは対照的な朝で、一種の「心の洗濯」が出来る瞬間だな~と思ってます。

 この作品では、そんな日曜日の朝というシチュエーションに合う曲を、様々なジャンルから選曲し、その雰囲気を更に盛りたてる・・・そんな感じの選曲に仕上がっています。
 
 選曲に関しては、ホント色んなジャンルから選ばれており、それこそBobby HutchersonのようなメローなJazzや、Brazil(MPB)もの、SoftRockSoulなんかの口当たりの良いスムースな曲が多く選ばれており、その曲の詳細は分からなくとも、気持ちよく聞けます・・・
 ただ、スムースではあるのですが、曲によってはサウタージした感じや、躍動感がある感じや・・・色んな要素が詰まっており、選曲のアクセントの付け方も悪くなく、作品自体の多様性もイイですね・・・・

 また、深い曲ばっかりではなく、写真のようなド定番「Patrice Rushen / Remind Me」なんかも選曲しており、個人的にはヤラれました!!
 この文章を書くにあたり、通勤時に久しぶりに聞いてたら、それまで知らない曲の連続だったのに、突然「Remind Me」が流れてくるわけで・・・それまで和んでいた心に、心地よい電流が流れるみたいで・・・ちょっと電車の中でホロっとしてしまいました(^^;)
 この曲が象徴的なのですが、この作品が、志向性の強いDJにありがちな「レア曲」でまとめたわけではなく、あくまでも「イイ曲」を差別なく選曲している・・・という表れでこれも大変良いです(^0^)


 ちょっと、話はずれますが、今回の選曲を担当しているAlex氏は、実は冷戦下の東ドイツ出身で、インタビューによると、抑圧されていた環境にいた分、音楽に関しては「情熱」を持って対峙されていたそうです・・・
 手に入れたいけど手に入らない音楽が多く、相当苦労もしたそうで、そういった原体験がバックグラウンドになり、音楽に対して真面目で、オープンマインドな姿勢になっているそうで・・・この作品を聞いて、彼の音楽に対する「真摯な姿勢」が感じられ、Jazzanovaという価値観が理解できたような気がします。

 特に、このEMTシリーズは、アンダーグラウンド作品だけに「権利の壁」を考えず選曲が出来ることや、同じような情熱を持つ、信頼が出来る極東の仲間が作ってるシリーズだけに、かなり「パーソナルな選曲」が出来たとも思えるので、先ほど紹介をした「Jazzanovaの根底」が上手く表せた作品になっていると思います。



 あまり中身の話が出来なかったですが(詳細が分からない曲が多いので・・・)、かなりお勧めの一本です!!
 日曜の朝というテーマの元、幅が広い選曲と、DJの個性をしっかりと出しつつも、作品としてぶれてない点が秀逸で、季節を問わず、日曜の朝に聞きたくなる・・・そんな作品だと思います(^0^)
 中古で出ても、全然高くないので、興味のある方は聞いてみてくださいね~♪

 ちなみに、明日の日曜の朝は・・・クラブ帰りの朝になると思いますが、この「朝」にも絶対合うだろうな!



<Release Date>
Artists / Title : Jazzanova(Alexander Barck) 「Sunday Morning」
Genre : Jazz、Brazil(MPB)、SoftRock、Soul、R&B・・・
Release : 2003年3月
Lebel : Especial Records No Number
Notice : No Mix 作品



<独り言>
 今日はこれからクラブに行きます・・・みんなが待ち望んでいた西麻布の「あの場所」へ・・・激混みが予想されるので、早めに出ますが、久しぶりに楽しみな夜になりそうです・・・(^0^)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック