HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Timmy Regisford 「The Shelter」 (@eleven 2010/02/20)
DSC05224.jpg

 いやいや、行ってきましたよ!
 TimmyのDJなので、だいぶ疲れてしまいましたが、ここ最近は仕事続きだったので、いい気分転換になりました(^0^)
 んなわけで、早速レポでござんす♪



< Yellow → eleven >

DSC05223.jpg DSC05219.jpg

 一部ではかなり話題になったのでご存じな方が多いかと思いますが、日本屈指の名店であった「西麻布Yellow」の跡地に、Yellowの元スタッフが新たな新店「eleven」をオープンしました。

 まず、Yellowのことは・・・説明しないといけないかな?

 日本のクラブシーンにおいて、非常な重要なクラブとして有名で、1991年のオープン以来、非常に良質なパーティーを提供し、日本のクラブシーンを作り上げた・・・そんなクラブで、写真左のロゴを見れば分かるかな?
 西麻布という、微妙に繁華街とは離れた場所にあり、今思えばこんなところでクラブ営業が成立するのか?と思う場所で、初めて行くお客さんは「絶対に道を迷う場所」として有名でした・・・が、逆に「分かる人しか来ない場所」でもあるので、セルアウトすることなく営業が出来た・・・とも思います。
 良質なサウンドシステムの元、HouseやTechno、HipHop、Drum'n'Bass、Jazz、RareGroove・・・ほんと様々な音楽がプレーされ、特に海外の優秀なDJを頻繁に呼び、クラブ文化の「おもしろさ」を広めたクラブであり、影響を受けた方も多いでしょう・・・

 そんなYellowは2008年6月をもって閉店をしました・・・閉店の理由は、入居していたビルを解体する為ということで、最後は皆に惜しまれつつ閉店をし、当時の情報では、すぐ再オープンが出来る場所が見つかり次第、Yellowを復活させる・・・そんな話が有りました。
 マニアックな話&ホントかどうかは分からないですが、Yellow閉店後、スタッフを温存するため、オーナーが実は一緒だった「渋谷・module」にスタッフを移動させ、再オープンに備えていたようで、年明けの2009年頃に再オープンするのでは・・・と言われてました。

 しかし、閉店後、Yellowのオーナーが所得を隠し、脱税を行っていたことが判明し・・・気づいたらYellow復活の話も聞かなくなり、終わったものだと思われていました。


 そんな流れがあり、私自身も復活しないだろうな~と思っていた矢先・・・今回の復活劇の話が持ち上がり、個人的には喜んでしまいました!!

 今回の復活では、取り壊す予定だったビルが、どうやらリーマンショック&不動産バブル崩壊などで、取り壊しをせず、そのままビルが残っていたようで、写真右のようにビルはご健在でした・・・なんか写真を撮るのが恥ずかしかった(^^;)
 そして、中身も微妙な変化はありましたが、殆ど変わりがなく・・・変な話、elevenという新店がオープンしたというよりも、Yellowが名前を変えて復活した・・・っといった感じですかね?
 なお、経営者はどうやらYellowの頃とは全く別のようで、スタッフは元Yellowの方が多いのかな?? 

 なぜ、復活したのかは、現時点では詳細が分かりませんが、個人的には「大歓迎」です!!
 だって、Yellowが閉店してから、音楽主体の良質なパーティーが減ったのが手にとって分かり、セルアウトしたものが多く・・・東京のクラブシーンが変わってきた・・・と感じ、Yellowで行われていたような「ある意味ハードコア」なパーティーが体験出来なくなってきたからです。
 あのフロアーで感じた怪しい雰囲気や、圧倒する音素晴らしいDJ笑顔なお客さんたち・・・うまく表せないですが「Yellowのクオリティー」が戻ってくることは大歓迎です。
 
 なお、私自身は、行きたいパーティーがあれば行っていた程度で、行っていた頃は、そんなには思い入れがなかったですが(閉店間際も結局行かなかったし・・・)、クローズした後の方が、思い入れが強くなったような気がします・・・
 理由としては、上記のような点が理由になりますが、そのことに当時から気付いておけばよかった・・・と後悔もしています・・・


 そんなこんなで、待望の復活ということで、そのオープンウィークの最終日である昨日に、大好きなDJの一人であるTimmyのDJを聞きに行ってきました(^0^)



< elevenについて >

DSC05218_01.jpg

 では、実際のクラブの様子を、私の行動と共に紹介しましょう・・・写真は、帰る直前に気合で撮影したフロアーです・・・なんか懐かしいでしょ!!

 当日は、事前の情報だと「鬼混み」という情報や、ロッカー(クローク)がメチャクチャ少ない・・・ということを受け、ちょっと悩みましたが、かなり早目の11時頃到着を目標にしました。
 久しぶり(2年ぶり?)に六本木に到着し、六本木通りを渋谷方向に進み・・・体が覚えてるのか、迷うことなくelevenに到着しました・・・現地に着き、同じビルが残っていたことに一安心したり、昔と同じで、スタッフが外にいて、そのスタッフに言葉を出さずに目礼をし、大きな扉を開けることに懐かしさを思い出したり・・・なんか考え深かったです。

 んで、11時の時点でも並んでるかな?と思ってましたが、予想に反して並んでなく、スムースにお金を払い、ロッカーも普通に空いてて、荷物を入れて、身支度をし、店内に・・・私が真っ先に感じたのは「Yellowが綺麗になった!」です。

 結局は建て壊す前提だったので、Yellow閉店後も、店内の構造をイジルことはしなかったみたいなので、メチャクチャ大きな変化はなく、バーなり、フロアーなり、DJブースなり、場所は全く一緒で、同じ場所に新しいカウンターなどを入れた・・・みたいな感じで、Yellowが綺麗になったという表現が真っ先に出ました。
 また、Yellowという店に愛着が有ったものからすれば、昔の雰囲気が色濃く残っていることは嬉しいことで、私もそうですが、ニコニコしながら店の中を見回している人が結構多かったです(^^;)

 ただ、細かいところで変わったところもあり、真っ先にビールを買い、ビールを飲みながらぐるぐる回って確認をしたので、変更点を下記にまとめましょう・・・細かいっすよ


<ロッカー&クローク>
・ロッカーは、階段のところにはなく、キャッシャーの横のスペース(Yellowの時は事務所だったかな?)に移動しましたが、数が少ない・・・増やさないと厳しいかも??
・クロークは、相変わらず中階段のB1のところにあり、通行時は人の列が大変邪魔で、なんか懐かしかったです(^^;)

<バー>
・場所は全く同じところに2か所(B2とB1)あり、配置の仕方も一緒ですが、凄い綺麗になっています。
・B1のバーの横の溜まり場みたいな場所は大幅に変更され、解放感のあるスペースになってました。
・ちなみにバーのビールはハイネケンで、自販は「キリン」です・・・個人的には「一番搾り」「ボルビック」が入ってるのが嬉しいですが、相変わらず値段が高いっすね(^^;)

<トイレ>
・構造は全く一緒ですが、壁が綺麗に塗り替えられているので、凄い綺麗に感じました・・・が、朝近くになると、いつもの汚い感じに戻ってました(^^;)
・ただ、構造・位置が一緒なので、鬼混みの時は、並んだりするのがキツイっすね。

<フロアー>
・同じ配置でDJブースがあるが、DJブースの中は新しく作った模様・・・個人的にはDJブースとフロアーの仕切りの壁が高くなったと感じました。
・DJブース奥にあった「ラリーの写真」がなくなりました(涙)
・フロアーはYellow時代の「木製の板」で、貼り替えは行わず、表面を削って綺麗にした感じで、一部痛んでる板のみを貼り替えたみたい??
・フロアーの奥にあった「螺旋階段」がなくなりました!!

<サウンドシステム&ライティング>
・スピーカーとアンプ系は全て新設のようで、また、ライトもほぼ新設みたいです・・・後で詳しく書きます。

<スタッフ>
・下っ端はバイトが多いですが、見たことある顔も多かったです。バーにいたタトゥーの人はいなかった??


 ざっと、書いていましたが、あまりYellowとは変わりが有りません。

 しかし、誰しもが驚くのが「螺旋階段」がなくなった点ですね・・・ある種「名物」でありましたが、完全に撤去され、フロアーから上ってB1のトイレまで行く道もなくなり、ちょっと残念ですね。
 ある種の休憩場所でもあったし、何よりも通路からDJブースが覗け、DJたちの技が見れた場所だけに残念です・・・かなり危険な道でもあったのは確かですけどね・・・また、なくなったことで、フロアーの螺旋の付近で踊ってて、外に出ようとすると、人を分けて移動をしないといけないので、個人的には残念です。
 まあ、なくなったことで、フロアーはちょっとだけ広くなり、音を遮る障害物もなくなったので、フロアー的にはプラスなのかな??

 なお、お客さんに関しては、やっぱりYellowっぽいっすかね?
 他のクラブでも見かける顔も多かったですが、Yellowでしか見かけなかった「堅気じゃない人(?)」も多く、それこそ「ゴーゴーボーイ」みたいなマッチョなお兄さんとか、個性的なファッションの方とか・・・いい意味で「アウトロー」な方も多く、ちょっと安心しました。
 無論、Yellowというと、年齢が高いお客さんや、可愛い女の子なんかも多い印象は変わらず、やっぱりYellowなんだな~と思いました。


 そんなわけで、中を一通り見まわし、フロアーで踊り始めました・・・

 外も並んでなく、11時の段階では凄い空いてて、フロアーで踊るのも、音を聞くのもいい状態で出来たので・・・まあ、早く行って良かったかな?

 なお、事前情報では、きっと週末なので、昔みたく「鬼混み」では?とありましたが、個人的にな実感だと、人は結構いましたが、ビックリするほど混んではいなかったと思います・・・
 Yellowに関しては、むりやり人を押し込む印象がある店だったので、ある程度の覚悟をしてましたが、死ぬほどではなく、移動も出来るし、水も普通に買えるし、トイレも待たないし・・・何よりも普通に踊れるぐらいだったので、ラッキーだったかもしれないですね。

 早い時間は、TimmyではなくサポートのDJ(Tomoyuki Yashudaさん)が1時ぐらいまで、割とテッキーなHouseをまわし、空いてるフロアーで、気持ちよく踊ることが出来、チェックもしやすかったです(^0^)

 フロアーは、Yellow時代と同じ「木製の板」で、綺麗になった分、メチャクチャ踊りやすいですね!!
 まあ、後半は酒がこぼれたり、タバコの吸い殻が落ちてたり・・・で、踊りにくくなりましたが、やっぱり「分かってる」感じに仕上げており、イイですね!!

 また、ライト関係は、おそらく新設のようで、結構こだわっている感じがしました。
 ミラーから出る光も良く、ストロボもばっちりだし、ライティングも見やすい位置(DJブースの右)にあるので、フロアーを見ながらコントロールできるように設計してる点が印象的で、Yellowの頃よりも、幅が広がったように感じます。
 当日は、男性と女性の方がライティングを担当され、たまに外してましたが、かなりDJのプレイに合わせ、効果的に操っていたと思い、DJと呼吸が合えば、素晴らしく効果的なライティングが出来そうですね。
 なお、スモークが常設になったのと、謎のプロジェクターみたいなライト(?)があり、この辺は使い方に慣れないと厳しそうですね・・・


 んで、肝心の「音」・・・これはまあ、まだ動き出したばかりなので仕方がないでしょう・・・今後に期待です!!

 スピーカー&アンプシステムは完全に新設で、サウンドデザイン・セッティングは「alpha recording system」が担当したみたいですね・・・ブースの奥にフラッグが貼られてます。
 House関係に強い新興オーディオメーカーとして有名ですが、クラブのサウンドデザインなども行っており、その筋では有名なのですが・・・個人的には「もうちょっと・・・」という気持ちになりました。
 某情報によると、音響系機器が入れられたのが、ほんと直前だったらしく、細かく調整が出来なかったそうで・・・個人的な感想だと「高音」の調整が甘いかな?と思いました。

 どこのメーカーのスピーカーかは分からないですが、昔のYellowと同じ感じの「壁」っぽいセッティングでスピーカーをフロアーの4つ角に4基配置し、フロアー全体を包む感じです。

 まず、低音に関しては、申し分がなく、Yellow時代も体感できた「体に感じる」感じがたまらなく、かなり立体感のある感じに仕上がっているかな~と思います・・・Yellowの頃もそうですが、House系のパーティーが多かったのは、この辺の良さがあったからだと思います。
 しかし、中・高音に関しては、普通にHouseっぽい曲だといい塩梅なのですが、ダンクラやGarageっぽい曲だと、バランスが悪くなり、結構「耳が痛い」時もありました・・・まわりでも、けっこう耳を押さえながら踊ってる人もいたので、これは頑張って改善してかないと厳しいかも??

 総じては、Yellowらしい音で、パンチもありましたが、Dannyとかが朝方にかけてたような「温もり」みたいのがまだなく、今後に期待・・・ってところですかね!
 なお、朝方ぐらいになると、耳が馴染んだのか、かなりイイ音になっていたことを付け加えておきます・・・
 


< Timmyのプレイ >

DSC05228.jpg DSC05227.jpg
DSC05230.jpg DSC05226.jpg

 んで、1時をまわった頃から、Timmyのプレイがスタート! 感想は、ちょっと攻めあぐねたところも感じましたが、普段のTimmyらしいアグレッシブなプレイが堪らなかったです!!
 ちなみに、今回はCDのみのプレイで、おそらくalphaのダイヤルミキサーとアイソ、そしてパイオニアのエフェクターでプレイしてたみたいです。

 序盤はShelterらしいディープなHouseで攻めてましたが、音とフロアーの様子を伺ってる感じで、完全に攻め切れてなく、私自身はちょっと眠くなってしまいましたが・・・2時半ごろに、待望のボムで「Sylvester / You Make Me Feel」をプレイ! 個人的には上がります!!
 だけど、観客はイマイチ・・・あっ、みんな曲を知らないのか・・・そんなに盛り上がらない・・・

 ここ最近、Houseの現場に行くと、ビートを重視するけど、歌モノ系の曲は知らないってお客さんが多く、カッコよく踊ってるけど、口は動いてない・・・みたいなことが多いかな~と思います。
 昨夜もこんな感じで、後でも書きますが、Timmyクラシックもそんなには反応が良くなく、Timmyのプレイに油が注げなかった印象が有り、割とビート重視なプレイになってしまったのは個人的には残念です。
 また、フロアーの音の設定が、先ほど書いたように、中・高音の調整が甘いことから、クラシック系の曲だとキツイ音になり、Timmyもそれを感じたのか、Sylvesterの後は「Aztec Mystic / Jugar」のようなビート重視な曲をプレイしていました。

 その後も「Rufus & Chaka / Any Love」なんかを突発的に入れてきて、フロアーの反応だったり、出音の鳴りだったり・・・だいぶ様子を見てるようで、結果として「Strings of Life」のようなHouseっぽい音を選んだプレーだったと思います。
 特に、後半になるにつれクラシック選曲は避け、普段のプレーっぽいアフロテイストのHouseを多くプレイするようになり、気づいたら裸になってノリノリになり、アグレッシブなエフェクト&アイソ使いでかなり熱かったです!!
 Timmyクラシックも楽しみでしたが、総じてプレーは流石です・・・かなり踊ったので疲れました(^^;)


DSC05233.jpg DSC05229.jpg
DSC05225.jpg DSC05232.jpg

 また、今回のプレーにおいては「ブレンド」を結構多用してた印象が有ります。

 例えば、クラシックな「Fingers inc / Can You Feel It」の印象的なビートをループしたトラックの上で「Michal Jackson / Rock Wiht You」をブレンド(Fingersじゃないかも?)してプレーをしてました。
 現場だと、割と多用することが多いですが、今回は異常に多く、「Earth,Wind&Fire / Boogie Wnderland」「Jamiroquai / Space Cowboy」なんかをブレンドしてましたね・・・

 個人的には、Timmyクラシックな曲をブレンドすることが多く、原曲の方で踊りたいな~と思い、ちょっと残念でしたかね?
 先ほども書きましたが、フロアーがビートを求めてたのと、クラシック系の曲の鳴りが悪いことなんかを考慮した上でのプレーだったのかもしれないです・・・アースとかなんでみんな歌わないんだろう??歌えば絶対オリジナルにクイックミックスすると思ったのに・・・


 ンなわけで、Timmyのプレイは朝になるにつれ、アグレッシブなプレイになり、朝方は独特なグルーブの元、だいぶ踊らされました(^^;)
 朝になると、フロアーに隙が出来てきましたが、他のクラブからの梯子組もいたみたいで、朝もイイ感じに混んでいて、よかったですが・・・正直、選曲が一辺倒になってきて飽きてきたので、私は6時半ごろ帰りました・・・もしかしたら昼ぐらいまでやってたのかな?どうなんでしょう??



< 最後に >

 まず、このクラブに関しては「これから」なんだと思います。

 もちろん、Yellowという大きな遺産がある時点で他とは違うわけですが、雰囲気作りだったり、音だったり・・・Yellowが持っていた「世界観」を是非継承して、更なる高次に高めて欲しいと思います。

 特に、個人的に感じたのが「スタッフ作り」だと思いました・・・頑張ってフロアーでグラスを回収してましたが、タバコを吸ってるやつは注意しないし(フロアーは禁煙)、スピーカーの中にジャンパーを置いてるやつを注意しないし・・・挙句の果ては、トイレでタバコすってさぼってるスタッフにも遭遇したし・・・頑張ってほしいな~と思います。
 フロアーに関しては、個人的には「禁煙派(タバコ吸ってるときからそうでした)」なので、なんとかなってほしいですね・・・

 今後、どのような展開になるのかは分かりませんが、東京のシーンを活発化させるために、ぜひ頑張ってほしいと思います・・・JoeとDannyのプレイは是非実現させてくださいね!!



< 余談 >
 多分、着用してる輩が多いかと思って、Yellow時代に貰ったアニバーサリーTシャツを着ていきましたが、誰も着てない・・・(--;)
 無論、ShlterのTを来てる人は多かったですが、そうか、着ないのか・・・一部の分かってる店員さんが、目で「ナイス!」って返してくれましたが、残念ですね・・・粋だと思ったのに・・・
 あと、昨日に関しては、有名人系が殆どいなかったですね。初日に来ちゃったのかな??



<追記> 2010年2月26日
 某情報によると、結局、夕方4時までプレイしてたようです!!
 Timmy、やっぱりスゲーな!! こういうときって、逆に朝から出勤した方がイイのかな?? クラブ活動も難しいっすね?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです(汗)

クラブ活動レポ楽しく読ませて頂きました
23時~6時ですか!!
若いなあ(笑)

DJはその後16時までとは(驚)

まさに体育会系ですね
2010/03/05(金) 09:44:09 | URL | chanpara #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>Chanparaさん

おはようございます&お久しぶりです(^0^) 書き込みありがとうございます!
まだまだ若いんですかね・・・考えてみると、もっと若いころの方が、酒の力に飲み込まれ、撃沈することが多かったので、今の方が元気です(^^;)
ただ、DJの方が凄いですよね・・・よくマラソンセットなんて呼んでますが、まさにそれで、体力と気合と愛(←これ重要)がないと出来ないんでしょうね・・・流石についていけません(^^;)
では、今後ともよろしくお願い致します~♪

2010/03/06(土) 07:43:29 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック