HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
MURO vs Zoo-shimi 「Super Funky Reggae Breaks」
DSC05271.jpg

 すみませんね・・・年度末ってことで結構忙しくなってしまい、さぼってましたが、覗いて頂いている方が多く(感謝です!)励みになります・・・
 ただ、この作品に関しては・・・書くのに自信がなくて、放置をしてたました・・・(^^;)


 言わずと知れたMUROさんの人気シリーズである「Superシリーズ」において、テープ最終作である「Super Funky Reggae Breaks」をご紹介します。
 この作品も、今までのSuperシリーズと同様にテープ2本組みになっていますが、他のSuperシリーズとは異なり、MUROさん一人での作品ではなく「共作」という形態をとっており・・・シリーズの中では割と「変化球」な一本かと思います。
 
 私自身は、あんまりReggaeには詳しくないので説明に自信がないですが、避けては通れない道なので・・・頑張って書いてみたいと思います!


DSC05267.jpg DSC05278.jpg
DSC05280.jpg DSC05281.jpg

 まず、MUROさんとReggaeに関して考えてみたいと思います・・・

 MUROさん自身は割と昔から「Reggaeは好きだ」みたいなことを公言しており、色々な時期においてReggaeの影響を感じさせる作品を発表していると思います。
 特にここ最近は活発で、Reggaeモノのミックス作品を多く出しており(写真左上参照)、最近はDubにハマってるそうで、DubにHipHopが持っていた「自由」があることに気づき、結構掘ってるそうですよ・・・
 また、過去に目を向けると、Diggin' IceなどにはLoversモノなんかが入ってたり、写真右上の「Jah Music」のような名カバーを作成したり、ネタとして掘ってたり・・・結構好きなジャンルのようですね。

 ただ、今まで「Reggae一色」の作品は出したことがなく、その初めての作品が今回紹介する作品になります・・・ 

 なぜ、この作品をリリースしたのかは明確には分かりませんが、個人的には2000年くらいから始まった「南国嗜好」の行きついた先なのかな?と考えています。
 ちょうどこの作品が出た前後には、ここ最近市場では急上昇な「Tropicooool Boogieシリーズ」(写真左下)を出してたので、その線が濃厚なのかな・・・と妄想しています。
 ただ、Superシリーズが段々と「ワンジャンル」に特化したシリーズに変化してきた流れがあり、その流れでReggaeに白羽の矢が立ったのかもしれないですね。


 個人的には、この作品が出た頃ぐらいはオンタイムでMURO作品を買っていたので、この作品が出た時は結構驚いた記憶があります。
 待望のSuperシリーズとあって、Funkの次は何でくる・・・と思ってらReggaeですからね・・・そう来たか~と思いましたよ!!
 この頃は、MURO信者(?)になってたので、MUROさんの作品は掘ったり、追ったりしてましたが、Roots ReggaeやDubのような「直球のReggae」になるとMUROさんのイメージから外れていると考えていたので、ちょっと意外かなと思ったからです。

 また、この作品がSuperシリーズなのに「共作」でリリースした点もビックリしました。
 下にちょっと書きますが、Zoo-shimiさんという方と共作で、全然名前の知らない方との共作だったので、リリースされ、レコ屋で手にとって「これ誰だ?」って思いました(^^;)
 なぜ、共作をしたのかは分かりませんが、写真右下の「WKODシリーズ」がこの作品のリリース前後にあったので、共作路線もおかしくは無いし・・・何よりもZoo-Shimiさんが「好敵手」として認めたから・・・こうなったんでしょう!


DSC05274.jpg DSC05279.jpg

 そんなわけで、今回の対戦相手である「Zoo-shimi」さんのことを書きたいと思います・・・はっきり言って「謎の人物」です!

 Zoo-Shimiさんは、現在は栃木県佐野市にある日本屈指のレコード店「Rock & Shake」のオーナーで、Reggaeには大変造詣の深いお方です。
 ここ数年だと、このブログを読んでる人だったら絶対読んでいる「Groove」のレコード屋・名店特集(2008/秋)で表紙を飾ったレコード屋さんで、私はまだ行ったことがないですが、内装の質感や、取り扱うレコード(Ska,RockStedy,RootsなどのビンテージReggaeが中心)の質の高さなどから、全国のレコード馬鹿より支持が高いレコード店と言われています。
 また、Reggaeに大変詳しいことから、日本版のWaxPoetics#2では、Prince BusterとJackie Mittooに関するインタビューを受けており、大変濃い話が炸裂しております。

 ただ、調べてみると、結構面白い歴史を持つ方で、かなり幅が広く、そして奥深い「Reggae」を知ってるお方なんだな~思いました。
 調べてみると、80年代末期よりReggae道を進まれたそうで、どうやらMighty Massa氏の弟子筋にあたるそうで、新宿にある「Orenge Street」というReggaeの名店の店員を経て、現在の道に進まれているそうです。
 また、同郷(=佐野市)の先輩には「須永辰緒」さんがおり、いわゆる「London Night系」の人脈があり、Ska系の人脈も強いようです・・・

 私が各種資料を漁った限りでの検索結果ですが、一言にReggaeといっても、相当「濃い」範疇を網羅し、MUROさん自身もお店に通い、Zooさんと交流を深め、共作相手として申し分がないので依頼したのかな・・・とも思います。

 また、マニアックな話ですが、この作品を出した頃は、お店が「足利」にあったそうですが、色々とあり「佐野市」に移ったそうです・・・移転の理由は何となく分かりましたが、あえて書きません・・・ただ、辰緒さんの男っぷりが素敵過ぎます!!


10625210.jpg DSC05273.jpg

 では、作品の紹介にいってみましょう・・・かなり自信なしです(^^;)

 Superシリーズということで、2本組み仕様の作品になり、1本目をMUROさんが担当、2本目をZoo-shimiさんが担当する作品になり、それぞれの個性が光った作品になっています。
 Reggaeの系統的には、Dancehallより前のスタイルが中心で、Roots ReggaeやDub、Rock Steady、Skaなどの「Vintage Reggae」の類が選曲されており、タイトルの「Funky Reggae」という表記がポイントで、Reggaeが本職の方には出来ない選曲になっているかな~と思います。

 まず、MUROさんのサイドから説明しましょう・・・
 多面的な姿勢があるMUROさんの嗜好において、MUROさんらしい選曲も光っている・・・という感じで、ReggaeっぽいHipHopの曲(Ghostfaceとか)の選曲だったり、ネタっぽい視点だったり、カバー曲だったり・・・要所要所でMUROさんらしさが感じられる選曲とミックスになっています。
 写真左の「Rock Steady Hits of 69」に収録したChampのカバーである「Tramp」など、MUROさんが紹介したとも言ってもいい曲も収録されているようで、選曲面は流石です・・・私自身は、収録曲はコレしか分からなかったけど(^^;)
 ミックス自体は、割とラフに行っている感じで、淡々と進んでいきますが、Reggae特有のドラム&ベースの太さだったり、クールな空気感だったり、メロディーがあったりと・・・選曲面での統一感は流石で、Reggaeを知っているお方であれば、結構驚かせる選曲&ミックスかもしれないですね。

 対するZoo氏の方も、MUROさんと同路線のミックスを行っており、カバーモノだったり、視点がちょっと異なるReggae(Soulの曲やSKAなど)を選曲するなど、ド直球なReggae選曲を中心としつつ、ちょっと異なる感じで攻めてるみたいです。
 実際にZoo氏のスタイルが分からないので、アレですが、MUROさんのスタイルに合わせてきた・・・そんな感じかもしれないですね。
 個人的にはZoo氏のミックスは嫌いではなく、ミックスに流れみたいのを感じ、ドロドロした曲や、スムースな曲を巧みに使い分けてる感じがしました。


 そして、全体的な作品の感想を紹介すると・・・う~ん、言いづらいですが、一言でいうと「地味」ですかね・・・

 もう、個人的な感想なので、こう思わない方も多いかと思います・・・ただ、Reggaeに知識がないとかなりキツイ内容で、タイトルが指す「Funky Reggae」っぽいスタイルも感じましたが、他のシリーズのような明確なFunkyさが私には理解が出来ず、地味だな~と思ってしまいました・・・すみません・・・
 実際に、私がコレを購入して聞いた時も、最初は「こう来たか~」と思いましたが、引っかかるところが少なく、すぐ聞かなくなってしまったし、今回聴き直してみても、以前よりは理解度が増えたとは思いますが、正直テープが擦り切れるまで聞きたい・・・という内容ではないかな~と思いました。

 もちろん、趣味の問題もあるのですが、個人的な実感だと、MUROさんらしい「Reggae」を表現しきれなかった・・・とも思えます。
 なんて言ったらいいんでしょう・・・Reggaeマナーに従い過ぎて、MUROさんらしさを出しきれなかった感もあり、個人的には、この作品の続編にあたる「Super Funky Reggae Breaks 2」の方が好きですかね・・・MUROさんのHipHop感はこっちの方が出てるかな~思います。
 作品としての「空気感・グルーブ」みたいのは申し分がないのは分かるのですが、普段HipHop周辺を聞いてるリスナーにとっては、いきなり直球のReggaeが来ちゃって理解がしづらい・・・という側面もあると思います。

 また、今回の作品がテープ2本組みというボリュームなので時間が長いことから、作品としての主眼点が分散し、内容が間延びしちゃってる印象もあり・・・聴いてて飽きてしまう時もありました。
 その観点から行くと、この作品以降のCD作品の方が、限られた時間を上手く使い、タイトな仕上がりになっていると思うので、そっちの方がお勧めかな・・・今年の正月に出た「Dub2」なんか、知識がなくっても気持ち良く聞ける作品だったと思います!



 え~、説明は以上です(^^;) 短いですね・・・

 MURO作品としては初のReggaeモノですが、流石「キング」の作品だけに、かなり本格的に作られており、Reggaeを真剣に聞いてるお方であれば、MUROって凄いな!って思う内容に・・・なっていると思います。
 ただ、本格的に作り過ぎてるので、Reggaeを詳しく知らないものにとっては結構厳しい内容かな~とも思います。

 市場でも、この作品だけ中古値が安い印象があり、これを聞いたことがある方も「これはちょっと・・・」って思う方が多いんですかね??
 う~ん、コレクターの方は買わないとダメですが、Reggaeミックスとしては近年のCD作品の方がイイと思います・・・どうでしょう??

 今回は、ホント文章がまとまらなかったです・・・すみません・・・(--;)



<Release Date>
Artists / Title : MURO vs Zoo-shimi 「Super Funky Reggae Breaks」 
Genre : Reggae(RockSteady、Ska、RootsReggae・・・)、HipHop、Soul
Release : 2004年2月
Lebel : KODP / Savage
Notice : No Track List

 
 
--------------------------------------------------
<追記> 2012年10月21日

DSC08786.jpg

 マニアックな指摘ですが、この作品に関しては、写真右のような1本モノのブートテープが存在しています。

 内容としては、Zoo-Shimiさんのミックスだけをコピーしたテープで、MUROさんとは全く関係ない形でリリースされています。
 誰が作ったのかは分かりませんが、恐らくレゲエ関係の方だと思います・・・

 一応、レゲエ関係のブートテープの話で、もうちょっと突っ込んだことを書きましたので、そちらをご参照ください。

● Mighty Crown 「Mighty Crown Vol.8 - Fivestar Cup 98 頂点」
   ※この記事の下の方に書いてあります。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トラックバックもしておきました!
>ただ、Reggaeに知識がないとかなりキツイ内容で

そうですね~。
このテープっていわゆる“レゲエの現場”(ここでは一番ポピュラーなダンスホール系に限定します)でかかる曲、全部外してるんですよ。狙っているのかいないのか知らないけど。
ダンスホール系でも早い時間は“アーリーウォーム”の名目で、若いセレクターがオールドスクール物(ちょうどこの作品で選曲されてるような年代ですね)をかけたるのがお決まりなんだけど、そこでかかるような曲も全部外してる!
「すげぇな~」とは思うんだけど、それと作品聴いて楽しいと思うかは……別問題ですよね(^^;)

実際全体の流れは平坦だし。
まぁロックステディものなんかで起伏に富んだ流れを作ることじたい難しいんですがね……(レゲエ本業のやつでもそうです)。
まぁでも“掘り”のすごさは伝わりますよ!

ちなみに、『ディギンアイス』に収録されてたラバーズといえば『DON'T THROW IT ALL AWAY』(バーリントン・リービー)ですかね。96年?でしたか。
そのテープでイッコ前に入れられてた『ララは愛の言葉』(スイングアウトシスターズ)……まぁ大ネタですが、レゲエ界では「故・アルトンエリスの曲」として広く知られております(定番)。
そのへんやっぱ知識ある人なんだなと思うっすね。

あと、昔脱線3のKING3LDKが作ったレゲエのテープ持ってます??
あれはいい感じに定番詰めてあって、今でもたまに聴く、いいテープですよ♪
「ヒップホップばっかでレゲエ門外漢」
なら、是非あれは聴いた方がいいと思うっす。
2010/03/15(月) 03:18:25 | URL | ソロバン #JalddpaA[ 編集]
Re: トラックバックもしておきました!
>ソロバンさん

いつも、熱いコメントありがとうございます!!

今回の作品は、かなり自信が無かったので、補足的な説明を入れていただき、助かります・・・やっぱり、かなり「コア」な内容だったんですね・・・(^^;)
理解はしたいですが、ソロバンさんがおっしゃる通り『「すげぇな~」とは思うんだけど、それと作品聴いて楽しいと思うかは……別問題ですよね』って言うのが本音ですよね!

ただ、次のことは、本文で書くのを迷った(考えがまとまらなかった)のですが、ソロバンさんなら分かってくれそうなので書くと、レゲエも結局は「現場の音楽」で、でっかいスピーカーの前とかで聞いてみないと分からない「かも」・・・ってことも考えていました。

私もクラブでの「サウンド」経験はそんなに無いですが、新木場のageHaとかに行って、その時いたサウンドの人(マスターピースとかBlast Starとか)のプレイを休憩がてら聴くこと(=踊ること)がありますが、彼らが持ってる「サウンドシステム」から発せられる音の魔力が、Reggaeの魅力の一つなんだろうな~っと思ったりしてます。
昔のYellowなんかでHouseを聞くのと似てるのですが、スピーカーから出る「音」が、優しく殺してくれる・・・って表現が一番いいんですかね・・・曲は知らずとも、そのスピーカーからでるグルーブが堪らないんですよね!

正直、サウンドを聴き比べたことがないし、フルシステムのサウンドは体験したことがない(ageHaだと持ち込みシステムが小さい!)のですが・・・もし、MUROさんが、MightyやTaxi、あとJah Shakaや・・・Reggaeの巨人級のサウンドを所持していて、このテープ見たいなプレイを体験したら・・・好きになったかも・・・みたいなことを考えました。

また、その「妄想」の反面として、MUROさんにそういう経験が無いから、Reggaeの作品として「説得力がない」みたいなことも考えました。

う~ん、書いてましたが、考えが上手くまとまらなかったですね(^^;)
MUROさんに関しては、個人的には「現場の人」って認識はあるので、Reggae的な「現場」の意義も絡ませようかな~と考えた結果、こんな感じのまとまらない考えになりました・・・実は結構考えながら書いてはいるんですね(^^;)


また、DON'T THROW IT ALL AWAYは98年ですね・・・でも良く覚えてらっしゃいますね(^0^)
私もここ最近、Diggin' Iceを聞き直し、Loversモノを掘ろうかな~と思い、最近はレゲエの棚を掘ることも増えましたが、この前、某所で売ってたんですよね・・・BarrigtonのLP・・・ちょっと高かったのでスルーして、今度買おうかな~と思ってたら無くなってました(^^;)
ただ、Barrigtonにしろ・・・イイ所を突いてきますよね!!

あと、KING3LDKって渋いところ突きますね! 流石、関西圏ですね(^0^)
実は3LDKモノは結構持ってるのですが(オートロックっていうテープレーベルをやってましたね)、Reggaeモノは知らなかった・・・ここ最近は聞いてないですが、結構DJが上手く、色んな作品をリリースしてるので、あってもおかしくないか・・・今度探してみますね♪


では、気づいたら、長いコメントになってしまいましたが、今後ともよろしくお願い致します~♪


2010/03/16(火) 00:42:24 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
zoo-shimi
地元がちかいです。zoo-shimiさんと何度かお会いしました。jah shaka japan tour などを最近ではplay!昔はaltonaliceがzoo-shimi宅を訪問しています!わたしは心のなかでzoo-shimi氏にnuf respectをおくります。
2010/07/28(水) 23:18:03 | URL | stereo #-[ 編集]
Re: zoo-shimi
>stereoさん

貴重な情報ありがとうございます(^0^)
Zoo-Shimiさんの情報があまりにもなさ過ぎて、書くのに迷ったぐらいでしたよ・・・評価しないといけない方は評価しないといけないですね!!
あまり、レゲエは詳しくは無いですが、好きなジャンルなので、今後も更新していきますので、今後ともよろしくお願い致します!!

2010/07/29(木) 21:23:03 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック