HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ MURO 「Heatin' System」
DSC05317.jpg

 ここ最近は、なぜかMURO作品の更新が多いですね・・・特に理由はありませんが、やっぱり好きなんでしょうね(^^;)
 そんなわけで、冬の代名詞である「Diggin' Heat」の続編シリーズを御紹介します~♪



DSC05318.jpg DSC05322.jpg

 MUROさんと言えば「季節」に応じたコンセプトミックスが魅力の一つだと思います。

 夏であれば「Diggin' Ice」だったり、この間紹介をした「Tropicooool Boogie」があったり・・・また冬であれば人気シリーズである「Diggin' Heat」(写真右)がありました。
 Diggin' Heatでは「寒い冬を暖かく・・・」みたいなコンセプトを元に、MUROさんにしかできないオールジャンルミックスをしており、個人的には「97年」のはかなり好きです!

 そんな冬ミックスの続編にあたるのが、今回紹介する「Heatin' System」シリーズで、内容に関しては更に深くなり、聞いてる者の心を温めてくれます(^0^)

 作品のリリースに関しては、この間紹介をした「Tropicooool Boogie」と同じで、Superシリーズが本格化する直前である00年でDiggin' Heatをストップし、Superシリーズが始まり・・・その過程で「音楽的な広がり」があり・・・そのSuperシリーズが一段落し、続編としてリリースされたシリーズだと思います。
 実際に、なぜこのシリーズがリリースされたのかは分かりませんが、Tropicoooolと一緒で、季節ものをまた作りたくなったのかな・・・どうなんでしょう??

 ただ、MUROさんの「音楽的な広がり」が、Tropicooolと同様に爆発し、このシリーズも大変素晴らしいシリーズになっています。

 Tropicooolでは、南国嗜好みたいのが尖鋭化した印象がありましたが、このシリーズでは「寒い冬を暖かく・・・」のコンセプトを守りつつも、更に広がった「MUROさんにしか出来ない選曲」が爆発しており、印象として「音楽の幅=温め方の幅」が広がったように思えます。
 実際にHeatよりも選曲している音楽ジャンルの幅はグッと広がり、更に濃い選曲になっていますし、温め方の方法も広がっている・・・と思われます。

 では、作品の紹介をしてみたいと思います~♪


DSC05359.jpg DSC05360.jpg
DSC05319.jpg DSC05320.jpg

 選曲されているジャンルはホント幅広く、色んなジャンルの曲を絶妙なさじ加減でミックスをし、一つの世界にまとめ上げてる点は凄すぎです・・・
 HipHopから始まり、R&B、DiscoにHouse、JazzやRareGroove・・・というのがザックリとしたジャンル分けになりますが、収録曲を調べてみると「深さ」にヤラれます!!

 HipHopであれば、有名ターンテーブリストであるRob Swiftの曲や、微妙なミドルモノ(Unity 2!)なんかを使用したり、R&Bであれば微妙なサントラ(Ride)からAdriana Evansの良曲を抜いてきたり・・・LPオンリー系の使い方が素敵です!
 また、旧譜っぽい範疇で行くと、最近になり火が付き始めているModernSoul系の45だったり、6ケタ級のレア盤であるFrancisco AguabellaのようなLatin Jazzだったり・・・市場で火がつく前に既に掘ってる(使用してる)ところが勝てないですね・・・北欧のSSWなんかも使用しており、太刀打ちが出来ません(^^;)
 
 個人的には、今はDiscoものが好きなので、自然と耳がそっちの方に行きがちですが・・・Latin系Discoのメチャクチャ渋いところを掘ってますね!
 この作品に感化されて買いましたが、写真左上の「Key Hano / Love Theme From "Love Boat"」であれば、アメリカのTVドラマである「The Love Boat(邦題:恋の豪華客船)」のテーマ曲のラテン・ディスコカバー(フロリダ産!)だったり、写真右上の「Jimmy Sabater / To Be With You」であれば、Latinの大御所であるJoe Cuba(最近出たWax Poetics・US・40号で特集されてますね!)の曲を、これまたラテン・ディスコカバーした逸品だったり・・・勉強になります。
 また、B面のラスで、軽快なDiscoだな~と思ったら・・・イージーリスニングの帝王(?)であるポール・モーリアを入れてるのにはヤラレました・・・まだ発掘してないですが、MUROさんって「一回りして深い(意外な)レコ」を掘ってる点は敵わないっす!!

 ただ、深い選曲であることは確かなんですが、門扉が狭い選曲ではなく、誰でも入れるように選曲している点も重要かな~と思います。
 強引に話を繋げちゃいますが、写真左下に上げた「T Ski Valley / Catch The Beat」のリミックスなんかが分かりやすく、誰でもノレるような曲もしっかりと押さえており、ツボを抑えた選曲をしてるかと思います。
 ちなみに、この12inch、Dimitriの名物リミックスの一つとして有名ですが、針圧をマックスにしても針飛びすることでも有名ですね・・・MUROさんも苦労したかな?
 また、写真枠が余ったので、写真右下の12inchはT Skiのオリジナルの中で、一時期、MUROさんがプッシュしてオランダ盤で、いなたいインストミックスが素敵ですね・・・昔は鬼高でしたが、今はその面影もなく安く買え、つい買ってしまいました(^^;)


 んで、全体的な話をすると・・・深い選曲で、ジャンルも横断した選曲なのですが、不思議と統一感があり、大変聞きやすくなっており・・・主題である「寒い冬を暖かく」をしっかりと達成してる点が素晴らしいです!!

 トラックリストだけ見てると、選曲は小難しいし、統一感が無いな~と思われがちですが、作品を通して聴いてると、色々な表情を見せつつも、気づいたら「温まってる」印象があり・・・作品として「ミックスの流れ」をしっかりと作ってる点がポイントだと思います。
 個人的にはA面が秀逸で、スタートのRob Swiftの硬質ながら暖かい雰囲気を軸に、ジワジワとBPMを上げることで体感温度上げていき、最後のT Skiの頃には温まりきってる・・・みたいな展開が素晴らしく、ホントMUROさんってDJが上手いな~と思います!
 てんでバラバラな選曲であるのに、一つの世界(=ミックス)にまとめ、音に思いを託すなんて・・・トップDJとも言えど、簡単には出来ないしょう・・・それも鬼高度な掘りが入った選曲ですから誰にも真似出来ないですね!!

 この作品に関しては、Heatなんかであった一発必中の「殺しミックス」は無いし、ミキシングのテクに関しても特筆すべき技は無いし・・・かなり「地味」なミックスだとは思います・・・
 ただ、作品としての「トータルバランス」が素晴らしく、分析するに、誰にも出来ない深い選曲を駆使して、ミックスの流れ(=グルーブ)を効果的に作っている点は、他の作品以上に優れていると思います。
 つまり、ミックスの「流れ」だけで「作品」として成立させてるんだと思うんですよ・・・プロのDJといえど、簡単に出来ることではないですよ!!



 ンなわけで、少々雑な説明になりましたが、お勧めな作品です(^0^)
 桜も咲き、春めいてきましたが、今の時期でもしっかりとイケる作品なので、機会があれば是非聞いてみてくださいね~


<Release Date>
Artists / Title :  DJ MURO 「Heatin' System」
Genre : HipHop、R&B、Disco、House、Jazz、RareGroove、SSW・・・・ 
Release : 2002年12月
Lebel : KODP/Savage No Number



<追記> 2010年4月11日
収録曲で原盤が買えた曲(Jimmy SabaterとKey-Hano)があったので、写真と文を追加しました~♪
ユニオンの割引を駆使して買えばこの辺も安く買える・・・嬉しい限りです(^0^)


---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------

<独り言・・・>

DSC05323.jpg DSC05324.jpg

 え~、新年度も始まり、公私共々、色々ありましたが、今週は個人的にはミックス作品の新作ラッシュでした・・・ただ、色々ありましたよ(^^;)

 まず、写真左のMUROさんの新作「Rap-A-Dub」・・・自分でも悲しくなる位「おバカ」をしました・・・
 事前の情報では500枚のみという稀にみる小プレスということで、昔からのクセで「発売日に買わないといけない病」が発病してしまい、発売日である3月31日(今週の水曜)に買いました・・・それもタクシーでユニオンに乗り付けて・・・(--;)

 3月31日と言えば、年度末処理とかでいっぱいやることがあったり、定年で退職する上司を送ったり・・・いつも以上にやることがあり、気合で仕事を処理しつつ、頭の隅では「MUROさんのCDが売り切れないかな・・・」と考え・・・なんとか仕事が終わったのが8時40分・・・変なテンションになり、会社を飛び出し、タクシーを拾い、会社から一番近い池袋のユニオンに閉店5分前に到着し、無事に買えました。
 ミックス作品に関しては、こんなブログをやってるぐらいなので、相当「おバカさん」なわけですが・・・また「開けてはいけない扉」を開けてしまったような気がします(^^;)
 ちなみに、作品の方は・・・かなりイイと思います!! 素人向けではないですが、HipHopのレコードなのに、使い方一つでReggaeになっている点はビックリです!! また、近年のレアHipHopに一石を投じるようなセレクションも堪らないですよ!!
 ただ、MUROさん・・・この日に発売するのは・・・キツイので止めてください(^^;)

 
 んで、右のCDは、吉澤先生の待望の新作「Super 和物 Beat 3」で、これもプレス数が少なめなようなので発売日である本日、やっぱり会社近くの池袋ユニオンで買ってきました(^0^)
 今、聞きながら書いてますが、こっちもかなりイイですね・・・マニア向けではありますが、お好きな方は早めに買った方がイイですよ~♪
 ちなみに、池袋のユニオンは、新作のCDを買うと、新品商品の割引が出来るクーポンを配布する珍しい店舗(地方系だとある)で、新作系は安く買えることもあり、頻繁に利用しています・・・今回は、MUROさんのを買った時にクーポンをもらったので、タクシー代の元をとるため、吉澤さんのCDは200円引きで買いました(^0^)

 ただ・・・オチになりますが、今日、池袋のユニオンに行き、ミックスCDコーナーを見ると・・・MUROさんのCDが普通に売れ残ってます(--;)
 なんで、タクシーに乗って買いに行ったんだろうな・・・はあ・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック