HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Master Key 「Hardest Working Vol,01」
DSC05777.jpg

 最近、割と有名な作品ばかり紹介してたので、ちょっとマニアックな作品のご紹介・・・時代を感じますが、こういうのは嫌いじゃないです(^0^)
 言わずと知れたトップDJである「DJ Masterkey」さんの初期作で、ゴリゴリなHipHopがたまらないっす!


dj_masterkey.jpg DSC05778.jpg

 この作品は、1996年頃にリリースされていた作品で、マスターのミックス作品としては初期の作品になります・・・時期的には日本にBuddhaの一員として戻ってきて、人間発電所がリリースされた前後ぐらいの作品かと思います。
 調べによると、この作品は「Rhyme Clothing」という洋服屋さんが製作&配給をしていたようで、写真右のように、シリーズとして計6本計8本がリリースされており、今回紹介するのはシリーズの第一弾に当る作品です。


 以前も書いたことがありますが、90年代前半から中盤にかけて、HipHopを支えた存在として「洋服屋」さんの存在は大変大きく、色んな意味で「協力」をしてた存在だと思います。

 HipHopって、なんらかんら言って「ファッション」が重要な音楽・文化なので、初心者がHipHopを表現したいときは・・・今も昔も「ファッション」から入るので、洋服屋さんが「入口」になることが多かったと思います。
 特に、90年代中ごろのHipHopブームが起こった頃は、HipHopの音楽や文化が分からなくっても、ダボダボなジーンズとオーバーサイズなTシャツを着てればOK・・・みたいな流れがあったので、音楽市場以上に洋服屋さんには人もお金が流れてたと思います。

 この限りにおいて、人も資金もあった洋服屋さんは、結果としていろんな形でHipHopに対して貢献があり、その一つが、この作品のように「ミックス作品の配給」だと思います。

 当時って、ミックステープとかってそんなには大っぴらに売ってなかったり、レコード屋さんでもそんなには扱ってなかったこともあり、洋服屋さんが貴重な入手場所の一つでした・・・今もミックスCDが洋服屋さんで買えますが、当時の方が貴重だったかな~と思いますし、地方でレコード店などがない方だとメチャクチャ貴重だったと思います。
 特に、音楽は知らないけど、ファッションは興味があるってお客さんが、ミックステープが置いてある洋服屋さんでテープを購入し・・・それがHipHopを好きになる「きっかけ」になった方は多いかと思います。

 また、お店側としても、安価でありながら、商品として「イケてる」存在であるので、買いつけのついでに海外もののテープを買ってきたり、DJに依頼(資金提供)をして独自にテープを作ったり・・・流通の面でも影響があったと思います。
 当時はレコード屋さんが独自に企画するってのも殆どなかったし(Ciscoのノベルティーぐらいかな?)、DJ達も自分たちで簡単に作れない(資金だったり、流通だったり)のもあり・・・その点において、ミックスを作る「DJ」と、そのミックスを欲しがる「お客さん」の間において、洋服屋さんが上手く調整役として機能していた・・・と思います。
 まあ、当時はDJ(MCもかな?)だけでは食えないので、洋服屋さんでバイトしてた・・・ってDJはかなり多く、その流れで作りやすかったってのもあるかも知れないですね・・・


 そんなこんなで、この作品は、恐らくですが上記のような理由があり、このテープが洋服屋さん経由で作られたのかな~と思います。

 私自身は、テープを掘り始めた数年前にこの作品を購入しましたので、実際のところは分かりませんが、私が中高生の頃、洋服屋さんでテープを買ってたことが結構あったので、このテープが洋服屋さんを中心に売られていた・・・ことは間違えではないかな~思います。

 ちなみに、当時の色んな洋服屋さんでは、海外モノのテープ(ラジオ録音モノとかTapeKingz系など)が中心で、国産モノはまだそんなには無かったかな?
 ただ、個人的には、渋谷の洋服屋さんなんかでCeloryさんのHiger LevelとかNishimiyaさんのテープとかを買っててて、人気なDJの作品は結構早く売り切れてましたよ・・・Kenseiさんの「Ill Vibes」なんかも、洋服屋さんで売られていた・・・ような気がします。


 んでは、前ふりが長くなりましたが、作品の紹介をしてみましょう~♪


DSC05779.jpg DSC05781.jpg

 今回紹介する第一弾は、96年頃流行ったHipHopなミックスで、ミックス自体は特にテーマがなく、無難にミックスが進んでいきます(^^;)

 収録曲でいくと、写真に上げた「Grand Puba / I Like It」とか、「Pete Rock & CL Smooth / Searching」とか・・・当時流行った曲が多く、いわゆる「新譜」ミックスみたいな感じです。
 ただ、個人的には、HipHopを本当に好きになった頃に流行ってた曲が多く、結構好きだったりします・・・レコードは売っちゃったけど「Smif-N-Wessun / Sound Bwoy Bureill」とか「ODP / Shimmy Shimmy Ya」とか「Jeru The Damaja / The Frustrated Nigga」とか・・・普通に聞くと地味だけど、ヘッズには堪らない曲が多いっす(^0^)
 
 また、ミックス自体はA→Bとミックスが続き、もしかしたらクラブなどでのライブ録音なのかな~とも思わせるぐらいラフなミックスで、作品性はあまりないのですが、ミックスについては「マスター節」全開な2枚使いが炸裂しており、堪らないっすね・・・
 バトルDJのようなシェアな技ではないですが、とにかく人間味にあふれたゴリゴリとした2枚使いが炸裂し、ミックスに「無骨さ」みたいのを与えており、HipHopらしさを更に増えています・・・うまく説明出来ないですが、男らしい「太さ」がある・・・ってところでしょうか!
 マスターの2枚使いは、結構好き嫌いが分かれると思いますが・・・私ぐらいの世代には、今聞き返してみてもグッとくると思いますよ(^0^)


 え~と、作品の紹介は以上です(^^;)

 随分、文章を伸ばしましたが、結局のところ、96年頃の新譜ミックスなので、特筆すべき点は無いんですよね・・・
 マスター節は全開なので、好きな方は反応できるミックスだし、HipHopのイイ時代の曲がボチボチ収録されているので選曲的にもイケるかもしれないですが、ミックス自体がラフに作ってるので、これを今となって聞き続けるのは・・・正直キツイと思います。

 ただ、ミックステープ界の中で「服屋もの(?)」を象徴するテープだったり、マスターの初期作品だったり・・・するので、価値的にはボチボチだと思います。
 このシリーズがたまに中古で出ると、いい値段をつけることもあり、揃えたい方は気合を入れて掘ってくださいね・・・私も結構気合を入れて掘りつくし、やっと揃えることが出来たぐらい・・・です!
 まあ、ミックステープにおいて、シリーズものを揃えるってのは、楽しみの一つだったりするので、お暇な方は地道に掘ってみてくださいね♪

 ではでは、今回はマニアックな作品のご紹介でした(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : DJ Master Key 「Hardest Working Vol,01」
Genre : HipHop
Release : 1996年
Lebel : Rhyme Co. RMT-J96101
Notice : トラックリストなし


 


-----------------------------
編集情報 2012/6/30
いまさらですが、このシリーズが8本あることが分かり、本数の部分を訂正しました・・・頑張って掘らないと(^^;)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シリーズVol. 4
ハロー
オーストラリア人ですが、日本語に変なミスなどがあれば許してくださいね。
これはとても懐かしい作品です。
当時私も中学生でした。オーストラリア、タスマニア州の中学校に通っていて日本の留学生と友達になりました。彼は日本のCDやミックステープなどいろいろ持っていて、(それに当時、現地のものよりずっと進化していた、ヘッドホンがぷるぷる振動するSHOCKWAVEウォークマン)、そしてそこでこのテープと同じシリーズの4作目を聞くチャンスがありました。
日本語の勉強を始めるきっかけのひとつともなったが、いつも「また、聞きたいな」、と思ってます。
どっかでアップロードしていないかな?
それか、どっかで売っていないかな?
Masterkeyのホームページでは売ってないですね。

また聞きたいっす!!
2010/09/23(木) 13:50:46 | URL | ジョー #-[ 編集]
Re: シリーズVol. 4
>ジョーさん

初めまして!! 海外の方からの書き込みにビックリしました(^0^)

ジョーさんの思い出、大変イイですね・・・テープは旅をするんですね!!
貴重なお話、ありがとうございます(^0^)

そして、このシリーズのVol,4の件ですが、恐らくですが、相当マニアックな部類のテープなので、アップロードとか販売は無いと思います。
市場でも、今となってはほとんど出回らない作品なので、知ってる方もいないと思います・・・

一応、私はVol.4持っているので、やろうと思えば音源はアップロードは出来るのですが、このブログのルールで音源はアップロードしないことにしてますので、ご要望にはお答え出来無さそうです・・・申し訳ないです・・・

ただ、画像だけは紹介出来るので貼っておきますね・・・これかな?
http://blog-imgs-29.fc2.com/m/i/x/mixtapetroopers/DSC06226.jpg

では、今後ともよろしくお願い致します(^0^)



2010/09/23(木) 23:47:37 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
すみません。あなたの知識を見て凄いと思い、もし分かったら教えていただきたいのですが。

DJ Master Key 「Hardest Working Vol,04」のbuddha sideの序盤に入ってる曲で1曲どうしても分からない曲があります。

この曲の前の曲は多分、Wu-tangです。
曲調としては、深い森の中に彷徨うような曲調(分かりづらくてすみません)です。ターン ターンというワンループです。

僕は、あなたと同い年だと思いますが、やっぱここら辺のテープには思い出があります。。

マンハッタンの店員にも何回か聞きましたが結局分かりませんでした。


2010/11/23(火) 21:53:56 | URL | Youske #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>Youskeさん

ご質問、ありがとうございます!

件のテープ、早速聞いてみましたので、ご返答です。

Buddhaサイドの序盤ということで、次の曲順のヤツですかね?

Group Home / Suspended In Time
Raekwon / Incarcerated Scarfaces
? / ?
Wu-Tang Clan /  ?(2ndあたりの曲?)
 ? / ?  ←←ご指摘の曲?
 ? / ?
Mad Skillz / Extra Abstract Skillz


結論から言うと・・・残念ながら私も分かりません・・・・

時期的には96年ぐらいの作品で、いわゆる「アンダーグラウンドHipHop」と言われるような非メジャーな作品が出始めた時期で、それ系の曲かなじゃないかと思いますが、いや~分からないっす(^^;)
また、何度か耳コピもしてみましたが、分かりませんでした・・・フックで「Non Phixion」って言ってたので、同名グループかな~と思いましたが、違いました・・・

今回はお役に経てませんでしたが、今後ともよろしくお願い致します!!


ps 私も中高生の頃、MとかCとかの店員さんに、恥を忍んでテープを聞いてもらって曲名を教えてもらおうと何度かトライしましたが・・・Youskeさんと同様に玉砕しました(^^;)
ちなみに、「Da Grassroots Music / Drama」が答えで、10年近く後になって自力で分かりました・・・レコ屋の店員さんって、意外と詳しくなかったりしますよね・・・無論、人にもよるんですけどね~


2010/11/25(木) 07:13:43 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
早速ありがとうございました。 個人的な質問にかかわらず、本当に申し訳なかったですm(_ _)m  
2010/11/25(木) 21:51:45 | URL | Youske #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック