HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive) 「Harmony in Rhythm」
DSC05975.jpg

 やっと、引っ越しの日取りが決まり、荷づくりをしたり、新しく買う家電の手配をしたり・・・ってことをしないといけないのに、なぜか更新です(^^;)
 理由は・・・現実逃避ってやつでして・・・本当に引っ越しが出来るんでしょうか?

 ンなわけで、夏向けのナイスミックスのご紹介です~♪


_MG_1609_00.jpg DSC02860_01.jpg

 個人的には大プッシュをしているミックステープシリーズ「EMTシリーズ」の首謀者(?)である「沖野好洋」さんによるナイスミックスで・・・夏には大変合うブラジリアンテイストのJazz/JazzFunk/Fushion/Boogieミックスを披露しています!!


 DJ業界で「沖野」といえば・・・有名DJ/Producerである「沖野修也」さんの名前が真っ先に上がりますが、その修也さんの実弟にあたるのが今回紹介する「沖野好洋」さんになり、ClubJazz業界では縁の下の力持ちのような存在になると思います。
 兄の修也さんは東京で活躍し、好洋さんは大阪で活躍をしており、好洋さんもDJ/Producerとして活動をしていますが、ClubJazz系レコードショップ/レーベルの名店「Especial Records」を運営しており、兄弟ユニットである「Kyoto Jazz Massive」関連のリリースや、沖野関連の作品のリリースを全世界に発信をしており・・・兄と比べると「事務方」な匂いもあります(^^;)
 
 ただ、今回紹介をしている「EMTシリーズ」は、好洋さんが製作していたと思われるシリーズで、このテープシリーズの出来の良さなんかを考えると、好洋さんの存在は侮れませんよ!!

 このテープ自体、以前の記事で書きましたが海外の有名DJ達との尊敬を伴うコネクションがあって成立してるし、個人的にはこのテープを聞いて選曲の良さにヤラれたり・・・好洋さんのDJとしての実力を知りました!!
 現場のDJだと、大阪でのJazz系名物パーティーである「Freedom Time」を長年にわたって運営されており、兄とはちょっと違うDJでパーティーを沸かせているそうですし・・・何よりもEspecialのセンスの良さは好洋さんあってだと思うし、なかなか表立たない存在ではありますが、さすが「Kyoto Jazz Massive」だな~と思います(^0^)

 特に、このテープでは、好洋さんが得意とする「ブラジル系」の選曲を、他のジャンルの曲(Jazz/JazzFunk/Fushion/Boogieなど)で表現し、何とも言えない気持ちよさが出ており・・・好洋さんのセンスの良さが感じられると思います。

 では、紹介に行ってみよ~♪


DSC05976.jpg DSC05112.jpg

 この作品では、DJミックスはせず、フェードイン&フェードアウトの「ロフトスタイル」でミックスしており・・・かなりリラックスした感じのミックスに仕上げ、ミックスの流れはそんなにはないですが、巧みな選曲についヤラれてしまいます・・・

 特に選曲において面白いのが、好洋さんが得意とする「ブラジル」っぽさを、ブラジル系の曲を全く選曲せずに、JazzやFushionといった別ジャンルの曲を使って表現しており・・・ブラジルっぽいカラッとした質感だったり、気だるい質感だったり・・・とにかく「夏に合う」感じの選曲が堪らないですね。
 色んなシーンに合うとは思いますが、バケーションシーズンの南仏を、クラシックなヨーロピアンタイプのオープンカーでドライブしてる感じだったり・・・歴史のある木製テーブルが並ぶ街中のカフェのテラス席で、オーガニックなレモンをブレンドしたペリエを飲んでる感じだったり・・・頭をフル稼働して例示を書きましたが、なんか「大人の夏」を感じるミックスに仕上がっています(^^;)

 好洋さん自身は、このテープがリリースする以前より、写真左のようなブラジルモノのテープとか、Jazzモノのテープをひっそりリリースするなど、旧譜系の知識はメチャクチャ強く、簡単に「ブラジル」モノの作品が作れるだけの実力はあるんでしょうが・・・それを別ジャンルで表現してるってのは素敵です!!
 私も聞いただけでは理解できなかったのですが、テープについている小川充さんの解説や、選曲を調べてみて分かりましたが・・・DJとしての「余裕」が感じられ、流石だな~と思いました。

 また、意外な選曲もみられ、写真右の「Billy Griffin / Hold Me Tight in the Rain」をプレイしたり、CameoやMtumeなんかの曲をプレイしたり・・・意外と知れ渡ってるレコードをプレイしてて、カッコいいですね!!
 特に、Billy Griffinは、B面の最後の方でプレイし・・・まるで夕立のような突然の雨のように、ホントは嫌な雨なんだけど、蒸し暑さを消し去り、熱くなった体をクールダウンしてくれ、逆に元気を与えてくれるような感じで・・・個人的にはヤラれました(^0^)



 なんか抽象的な紹介になってしまいましたが、なかなか作ることのできないタイプのミックスで、夏には大変重宝する作品だと思います(^0^)

 ただ、真夏の通勤電車には・・・あんまり合わないかな? こういうのは、休みの日に海に向かう時になんかに聞きたいものですね・・・泳がなくってもイイから、海はそろそろ行きたいな~♪



<Release Date>
Artists / Title : Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive) 「Harmony in Rhythm」
Genre : Jazz、JazzFunk、Fushion、Boogie・・・・  
Release : 2003年3月
Lebel : Especial Records No Number



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック