HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
MURO 「from my best crates - Diggin' Ice」
DSC06072.jpg

 もう9月ですが熱いですね・・・熱いです(^^;)
 そんなわけで夏物で、やっと登場する名盤の紹介です~♪

 我らのMUROさんの名物ミックスである「Diggin' Ice」のオフィシャル盤(メジャー盤)です・・・タイトルとジャケから「間違えなし」ですが、夏にはメチャクチャ重宝する一作で、気づいたら何年も聞いてます(^^;)


DSC06074.jpg DSC06075.jpg

 この作品は2004年10月頃にリリースされた作品で、メジャーレーベルである「ユニバーサル」からリリースをされた作品です。
 時期的には、MUROさんのミックス作品がテープからCDに移行する前後に作られた作品で、権利の縛りのあるメジャー作品でありながら、MUROさんの名物ミックスである「Diggin' Ice」の世界観をしっかりと表現し、聞いてたら涼しくなる・・・そんな素晴らしいミックスに仕上がっています(^0^)


 ただ、この作品を語る上で、ちょっと大切なことがあるので、作品の紹介の前に、その点を整理したいと思います・・・
 
 この作品は、MUROさんがブート(=権利なし)で作っていた「Diggin' Ice」を、ユニバーサルの音源を使ってミックスしたわけですよね・・・
 つまり、本来は権利を持ってるので著作権侵害などで訴えることが出来る立場の人たち(=今回はユニバーサル)が、その世界観を認めて、MUROさんに製作を依頼してる・・・という点はメチャクチャ重要だと思います!!
 
 そう、これって・・・メジャーがアンダーグラウンドを認めたってことだと思います!!

 それまで、ミックスCDなどはメジャーでも多少は作られていましたが(スーパーユーロとかは除く)、MUROさんがやっているような「コンセプトミックス」は殆どなかったと感じます。
 まあ、メジャーにおいては、新譜を売ることに集中し、旧譜を売ることはあまり真剣に考えてない流れがあったこともあり・・・旧譜中心のコンセプトミックスはリリースする発想もないし、一般のリスナー側にも経験があまりないので、リリースするのは難しいと考えていたかもしれないですね。
 また、「選曲」って発想がCD業界には殆どなかった・・・とも考えられ、ラジオなどでは盛んだったのに、メジャーのレコード会社だと「権利の壁」があって、あまり率先して作らなかった・・・とも考えられます。

 その限りにおいて、MUROさんが行っていて、ジャンルや年代やレーベルを無視して、予め決めたコンセプトを盛り上げるようなミックスは・・・それまでメジャーが考えられなかった(行動出来なかった)ことな訳で・・・それを認めたって所は痛快ですね!!
 それも、アンダーグラウンドで作っていた「法律違反」な作品を、メジャーが認めた上で作ってる訳ですから・・・私にとって、この作品は「DJミックス」が世間に認められた瞬間だと考えており・・・個人的にはメチャクチャ重要な作品だと思います(^0^)
 

 この件については、もうちょっと話も出来ますが上手くまとまらないので留めておきますね・・・この作品があったから、MUROさんがメジャーでもミックス作品を出せるようになった・・・と考えてもおかしくないと思います(^0^)
 まあ、MUROさんもユニバーサルのカタログなら作れるな・・・と思ったからGOサインを出したんだと思いますが、MUROさんの歴史においては、結構重要な作品だと思います。

 ちなみに、写真左のように、MUROさんの名物シリーズである「Super Disco Breaks」もメジャー版として同時リリースしていて、こっちもヤバいっすね(^0^)

 んでは、作品の紹介に移ります~♪


DSC06081.jpg DSC06085.jpg
DSC06082.jpg DSC06080.jpg

 基本的には夏を涼しくするチル選曲なんですが・・・限られた音源で、上手くまとめられた作品だと思います。
 
 イントロからいきなり大ネタな「Kool & the Gang / Summer Madness」からスタートし、コレだけでもヤラれちゃいますが、これまたド定番である「New Edition / Mr. Telephone Man」も飛び出すなど・・・チルアウトクラシックが連発しています!!
 他にもドレネタとして有名な「Parliament / Mothership Connection」や、ラリーミックスで有名な「Gwen Guthrie / Close to You」など・・・聞いててると何となく「涼しくなる」ような曲が多数選曲されています。

 レーベルとしては、当時のユニバーサルが持っているレーベルだけになるのですが、意外と美味しいレーベルが多く、PolydorやMCA、Motown、Casablanca、A&M、DeLiteなどのカタログを使用しており・・・全てのレーベルのイイ所を抜いてきたな~という印象があります。
 コレだけレーベルが揃ってるってこともラッキーではありますが、限られた音源の中から、良い曲をチョイスし、ミックスで組み立てる・・・って作業の完成度の高さは流石MUROさんだと思います!!

 また、選曲の幅も広く、Marvin GayeといったSoulから始まり、中心となるダンクラや80's、はたまた現代的なR&Bなど・・・MUROさんにしかプレイ出来ない選曲になっているのもポイントですね!!
 オールジャンルミックスって言えばそれまでですが、全てに統一感がある感じはMUROさんの真骨頂で、素晴らしい音楽旅行に連れてってくれます!!
 

 個人的には、最初のDiggin' Iceの質感が一番近いかな~と思いますが、あんまりマニアックな選曲にならず、定番を上手くミックスしてる感じが凄い好きですね(^0^)
 結構、テープで選曲されてる曲も多く、テープを聞きこんでいるリスナーにも満足させる内容に仕上がってると思います!!

 やっぱり夏は・・・ベタでもイイからNew Editionを聞きたいですね!!


DSC06084.jpg DSC06077.jpg
DSC06225.jpg DSC06079.jpg 

 また、MUROさんと言えば・・・MUROクラシックな曲や、キラーなミックスも聞きどころですね・・・この作品でも爆発しています!!

 まず、MUROクラシックと言えば、個人的には「Rick James / Moonchild」「Atlantic Starr / Second to None」なんかがそうですかね・・・
 メチャクチャ安いレコードなのに、聞いてみるとメチャクチャイイ曲な類で・・・この作品でもイイ感じに光ってますね・・・こういうチョイスの上手さはMUROさんって凄いですね~
 ちなみに、いい話として、このミックスCDを作ってるときに、Rick Jamesが亡くなられたそうで、オマージュの意味を込めて多めに選曲したそうですよ!!

 また、MUROクラシックでありながら、聞いてる者を一気に引き込んでいく曲も多く、この作品では「Kurtis Blow / Day Dreaming」から「Ta Mara & The Seen / Affection」にはヤラれました!!
 曲も単純にイイ曲なんですが、MUROさんの場合はミックスの仕方が素敵で・・・徐々に選曲で盛り上げつつ、一気にぶち込んできたり・・・はたまた、その曲の良いグルーブを引き延ばしたり・・・ホント上手いっすね(^0^)
 以前の記事では「殺しのミックス」なんて書きましたが、結構この作品でも悶絶してます(^^;)


 最後に全体的な話をしておくと、作品としてのストーリー作りもかなり上手いと思います!!

 一発目のSummer Madnessで聞く者の心をつかみつつ、徐々にペースを上げていき、New Edition辺りで一度爆発させ、そのまま気持ちいいグルーブを引っ張りつつTaMaraでピークを作り、Soulなどの楽曲で少しグルーブを落としつつ、Atlantic Starrのカットインで空気感を気持ちいいグルーブに変換し、そのままDeBargeでもう一度盛り上げて・・・みたいな、結構緻密なミックス設計になってると思います!!
 まあ、基本的にはチルミックスなので、肩ひじ張らないぐらいがいいとは思いますが、単調な曲が多くなってしまう恐れがあるので、しっかりとミックスに動きを入れてる辺りは流石で、結果として涼を求めた選曲でありながら、一つのストーリーを作れちゃうのはヤバいっすね(^0^)



 ンなわけで、ちょっと雑な説明になりましたが、かなりの良作です(^0^)

 このレベルの選曲・ミックスを、選曲の縛りのあるメジャーで作っちゃうわけですから・・・MUROさんってやっぱり凄いですね!!
 Diggin' Iceの世界観をホント上手く表現してて、夏にはホント重宝しますよ・・・今年の夏は何回聞いたか思い出せません(^^;)

 今となっては、テープのDiggin' Iceを聞ける環境の方が少なく、あれもまだ再発してないので、もし興味があるのであれば、そんなに入手は難しくないCDなので、是非聞いてみてくださいね~

 9月に入っても熱い日が続くみたいので・・・コレでも聞きながら、テキトーに力を抜いて、頑張りましょう(^0^)



<Release Date>
Artists / Title : MURO 「from my best Crates Diggin' Ice」
Genre : Soul、Funk、DanceClassics、80's、R&B・・・  
Release : 2004年10月
Lebel : Universal Music(Japan) UICZ-3038





追伸 明後日から出張で九州の方に行きますが、行き先がレコ屋不毛の地みたい・・・残念(--;) ただ、帰りに福岡に一瞬移動(空港に行くため)するので、チャンスを見て色々とまわるぞ~っと(^0^) 福岡はやっぱりTicroとかになりますかね? あと、パソコンも持っていくので、暇だったら出張先で更新します~♪



------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

<編集情報> 2010/09/21
Kurtis Blowがやっと買えたので、文章を少しだけ変更しました。






 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉ!ついに来ましたか!
このMIX僕もこの夏何回聞いたか分からないくらいヘビロテしてました(^O^)
ICEシリーズで一番好きかもしれません!!

このルーティーンをよく真似してました(笑)流れ、ストーリー展開が堪りません!

特にカーティスブロウでグループを抑えめにしてからアフェクションをカットインする繋ぎは悶絶モノです(笑)その後の哀愁ある流れも堪らなく鳥肌モノですね…
DIGGINICEを意識したMIXは結構ありますが、やはりMUROにはかなわないですね。
まったく飽きないので、きっと何年経っても聞き続ける永遠の夏のクラシックですね!
2010/09/08(水) 18:58:29 | URL | りょう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>りょうさん

こちらにもコメントをありがとうございます(^0^)

そう、この作品はストーリー展開がイイんですよね・・・私もKurtis Brow → TaMaraの流れは死ぬほど好きです(^0^)
ただ、記事ではKurtisのレコがなぜか買えなくって・・・紹介が出来なかったっす(^^;)
なんか、レコ写優先で記事が変わるってのも変ですが、掘り師の掟でそうなってます・・・

なんか、自分と同じことを思ってる人がいるってのは嬉しいですね!!

今後とも、更新は続けていきますので、よろしくお願い致します(^0^)


2010/09/08(水) 22:21:57 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック